グアテマラ

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

座標15°30'N90 °15'W / 15.500°N 90.250°W / 15.500; -90.250

グアテマラ共和国
グアテマラ共和国  スペイン語
モットー: 
  • " Libre Crezca Fecundo " [1](スペイン語)
    (英語:"Grow Free and Fertile"
国歌: 
Himno Nacional de Guatemala
(英語:「グアテマラの国歌」
3月:
ラグラナデーラ
(英語:「擲弾兵の歌」
Location of Guatemala (dark green) in the Western Hemisphere (grey)
グアテマラの場所(濃い緑色)

西半球 (グレー)

資本
そして最大の都市
グアテマラシティ北緯14度38分西経90度30分
 / 14.633°N 90.500°W / 14.633; -90.500
公用語スペイン語
民族グループ
(2018 [2]
宗教
(2017)[3]
住民の呼称グアテマラ
チャピン(非公式)
政府単一 大統領 共和国
• 社長
アレハンドロ・ジャマテイ
• 副社長
ギレルモカスティージョ
アラン・ロドリゲス
•最高裁判所長官
ネスターバスケスピメンテル
立法府ペルー共和国議会
独立
スペイン帝国から宣言
1821年9月15日
• メキシコ第一帝政から宣言
1823年7月1日
• 現在の憲法
1985年5月31日
領域
• 合計
108,889 km 2(42,042平方マイル)(105番目
• 水 (%)
0.4
人口
•2018年の見積もり
Neutral increase17,263,239 [4]67日
• 密度
129 / km 2(334.1 / sq mi)(85th
GDP  PPP2018年の見積もり
• 合計
1452億4900万ドル[4]75位
• 一人あたり
$ 8,413 [4]118番目
GDP  (名目)2018年の見積もり
• 合計
79.109億ドル[4]68位
• 一人あたり
$ 4,582 [4]103位
ジニ (2014)48.3 [5]
HDI  (2019)Increase 0.663 [6]
ミディアム ・ 127位
通貨QuetzalGTQ
タイムゾーンUTC -6 CST
日付形式dd / mm / yyyy
運転側
市外局番+502
ISO3166コードGT
インターネットTLD.gt

グアテマラ/ ˌ ɡ W ɑː T ə M ɑːリットルə / 聞くAbout this sound GWAH -tə- MAH -lə ;スペイン語:  [ɡwatemala] 聞くAbout this sound)、正式にグアテマラ共和国(スペイン語:リパブリカデグアテマラ)、さ北と西はメキシコ、北東ベリーズカリブ海、東はホンジュラス国境を接する中央アメリカの南東にエルサルバドル、南に太平洋。推定人口は約1720万人で、[7] [8]中央アメリカで最も人口の多い国であり、南北アメリカで11番目に人口の多い国です。グアテマラは代表的な民主主義です。その首都で最大の都市は、中央アメリカで最大の都市であるグアテマラシティとしても知られるヌエバグアテマラデラアスンシオンです。

メソアメリカ全体に広がっマヤ文明の中核は、歴史的に現代のグアテマラの領土に基づいていました。 16世紀には、この地域のほとんどがスペイン人によって征服され、ニュースペインの副王権一部として主張されまし。グアテマラは1821年にスペインとメキシコから独立しました。 1823年にグアテマラは中央アメリカ連邦共和国の一部となり、1841年までに解散しました。

19世紀半ばから後半にかけて、グアテマラは慢性的な不安定と内戦に苦しみました。 20世紀初頭から、ユナイテッドフルーツカンパニー米国 政府の支援を受けた一連の独裁者によって統治されていました。 1944年、権威主義的指導者ホルヘ・ウビコは民主主義を支持する軍事クーデターに打倒され、10年にわたる革命開始し、社会的および経済的改革を一掃しました。米国が支援する軍事クーデター1954年には革命を終了し、独裁をインストールしました。[9]

1960年から1996年まで、グアテマラ、軍によって行われたマヤ人の虐殺含む、米国が支援する政府と左翼の反政府勢力との間の血なまぐさい内戦に耐えました[10] [11] [12]国連が交渉した和平協定以来、グアテマラは高い貧困率と犯罪、麻薬カルテル、不安定さに苦しんでいるものの、経済成長と民主的選挙の成功の両方を達成してきました。 2014年の時点で、グアテマラは人間開発指数の観点からラテンアメリカとカリブ海諸国の33か国中31位にランクされています[13]

グアテマラの豊富な生物学的に重要でユニークな生態系には、多くの固有種が含まれており、生物多様性ホットスポットとしてのメソアメリカの指定に貢献しています。[14]

語源

「グアテマラ」という名前は、ナワトル語のCuauhtēmallān (nahwiki)、または「多くの木」を意味するキチェのマヤ語の派生語である「多くの木の場所」に由来します[15] [16]。 Cuate / CuatliツリーEysenhardtiaの場合これは、スペインの征服中にペドロデアルバラード同行したトラスカルテカの戦士がこの領土に付けた名前でした[17]

歴史

コロンブス以前

グアテマラでの人間の居住の最初の証拠は、紀元前12、000年にさかのぼります。国のさまざまな場所で見つかった黒曜石の などの考古学的証拠は、紀元前18、000年には人間の存在を示唆しています。[18]初期のグアテマラ人入植者が狩猟採集民であったという考古学的証拠があります。ペテンと太平洋岸からの花粉サンプルは、トウモロコシ栽培が紀元前3500年までに人々によって開発されたことを示しています。[19] 6500 BCへサイト出会い系で発見されているキッシュの高地地域、およびSipacateエスクイントラは、中央太平洋沿岸に。

考古学者は、メソアメリカのコロンブス以前の歴史を古典期(紀元前3000年から西暦250年)、古典期(西暦250年から900年)、および後古典期(西暦900年から1500年)に分けています。[20]最近まで、先古典期は、人々が通常、恒久的な建物がほとんどない小さな村の農民の小屋に住んでいた形成期と見なされていました。

この概念は、そのような中、祭壇としてその時代の記念碑的な建築の発見により、後半20世紀以来、挑戦してきたラ・ブランカサンマルコス1000年BCから、。紀元前801年からのミラフローレスとナランホの儀式用地。最も初期の記念碑的なマスク;そして、ミラドール盆地の都市Nakbé、Xulnal、エルTintal、Waknáとエル・ミラドール

2020年6月3日、研究者たちは、メキシコで最も古くて最大のマヤサイトであるAguadaFénixの発見について説明した記事をNatureに公開しました記念碑的な建築物、長さ約1,400メートル、幅約400メートルの高台の長方形の高原が特徴で、土と粘土の混合物で構成されています。西には高さ10メートルの土墳があります。他の構造物や貯水池の残骸も、Lidarテクノロジーによって検出されました紀元前1000年から800年にかけて建てられたと推定されており、マヤが初期から大規模で記念碑的な複合施設を建てたことを示しています。[21]

メソアメリカ文明の古典派は、マヤ文明の高さに対応しています。最大の集中はペテンにありますが、それはグアテマラ全体の無数のサイトによって表されます。この時期は、都市化、独立した都市国家の出現、および他のメソアメリカ文化との接触を特徴としています。[22]

これは、古典的なマヤ文明が崩壊した西暦900年頃まで続きました[23]マヤは中央低地の多くの都市を放棄したか、干ばつによって引き起こされた飢饉によって殺された[23]崩壊の原因は議論されているが、干ばつ理論は、湖底、古代の花粉などの証拠に裏付けられて、通貨を獲得している。[23]そうでなければ季節の砂漠である一連の長期の干ばつは、彼らの密集した人口を支えるために定期的な降雨に依存したマヤを壊滅させたと考えられています。[24]

ポスト・クラシック期間は、次のような地域の王国で表されるイツァKowojYalainKejacheペテンであり、ママKi'che「KackchiquelChajomaTz'utujilPoqomchi」Q'eqchi」Chの高地の「オルティ」族。彼らの都市はマヤ文化の多くの側面を保存していました。

マヤ文明は、この地域を特徴付ける高度な相互作用と文化的拡散により、他のメソアメリカ文明と多くの特徴を共有しています。執筆、碑文研究カレンダーなどの進歩は、マヤに端を発するものではありませんでした。しかし、彼らの文明はそれらを完全に発展させました。マヤの影響は、ホンジュラス、グアテマラ、エルサルバドル北部からメキシコ中部まで、マヤ地域から1,000 km(620マイル)以上離れた場所から検出できますマヤの芸術と建築には多くの外部からの影響が見られます。これらは、直接的な外部の征服ではなく、貿易と文化の交流から生じたと考えられています。

考古学的調査

2018年、グアテマラ北部で、考古学者がLidarテクノロジーレーザーの助けを借りて、60,000の未知の構造物が明らかになりましたこのプロジェクトは、中に2100平方キロメートルの面積にライダーの技術を適用マヤ生物圏保護区でのペテンのグアテマラの地域。新しい発見のおかげで、考古学者は、紀元650年から800年までの古典派後期に、中世のイングランドの推定人口の2倍である700万から1100万人のマヤ人がグアテマラ北部に住んでいたと信じています。[25] Lidarテクノロジーは、樹冠をデジタルで削除して古代遺跡を明らかにし、ティカルなどのマヤの都市を示しました、以前に想定されていたよりも大きかった。Lidarを使用すると、多数の家、宮殿、高架道路、防御的な要塞が明らかになりました。考古学者のスティーブン・ヒューストンによれば、それはマヤの考古学の150年以上の中で最も圧倒的な発見の1つです。[26] [25] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35]

植民地時代(1519–1821)

Painting of a bearded man in early 16th-century attire including prominent ruff collar, wearing a decorative breastplate, with his right hand resting on his hip and his left hand grasping a cane, or riding crop.
コンキスタドール ペドロ・デ・アルバラードは、グアテマラを征服する最初のスペイン語の取り組みを主導しました。[36]

彼らが新世界に到着した後、スペイン人は1519年に始まり、グアテマラへのいくつかの遠征を開始しました。やがて、スペイン人の接触は、先住民を壊滅させる流行をもたらしました。スペインによるメキシコ征服を主導したエルナン・コルテスはゴンサロ・デ・アルバラド大尉とその兄弟ペドロ・デ・アルバラードにこの土地を征服する許可を与えました。アルバラドは最初、カクチケル族と同盟を結び、伝統的なライバルであるキチェ族(キチェ族)と戦った。アルバラドは後にカクチケル語に反対し、最終的には地域全体をスペインの支配下に置きました。[37]

植民地時代、グアテマラはアウディエンシアであり、スペインの総監CapitaníaGeneraldeGuatemala)であり、ニュースペイン(メキシコ)の一部でした[38]最初の首都、ヴィラデサンティアゴデグアテマラ(現在はテクパングアテマラとして知られている)は、1524年7月25日にカクチケルの首都イシンチェの近くに設立されました1527年11月22日、グアテマラのヴィラデサンティアゴに対するカクチケルの攻撃の結果、首都はシウダービエハ移されました。アメリカ太平洋岸の戦略的な場所により、グアテマラは太平洋横断マニラガレオン船の補助ノードになりました。スペインが所有するフィリピンを経由してラテンアメリカとアジアを結ぶ貿易。[39]

1541年9月11日、大雨と地震のためにアグア火山の火口ラグーンが崩壊したとき、新しい首都は浸水しましたその後、首都は現在ユネスコの世界遺産に登録されているパンチョイ渓谷のアンティグア6 km(4マイル)移動しましたこの都市は1773年から1774年にいくつかの地震によって破壊されました。スペイン国王は、首都をエルミタ渓谷の現在の場所に移動することを承認しました。エルミタ渓谷は、聖母カルメンに捧げられカトリック教会にちなんで名付けられましたこの新しい首都は1776年1月2日に設立されました。

独立と19世紀(1821–1847)

クリオーリョは、1821年9月15日のスペインからの独立宣言について知って喜んでいます。

1821年9月15日チアパス、グアテマラ、エルサルバドール、ニカラグア、コスタリカ、ホンジュラスからなるスペイン帝国の行政区域であるグアテマラ総監は、グアテマラ市での公開会議でスペインからの独立を公式に宣言しました。スペインからの独立が得られ、グアテマラ総監はアグスティン・デ・イトゥビデの下でメキシコ第一帝政に加わりました

第一帝政下で、メキシコは最大の領土範囲に達し、カリフォルニア北部から中央アメリカの州(当時はコロンビアの一部であったパナマを除く)に広がりました。中央アメリカは当初メキシコ帝国の一部になることを承認していませんでしたが、まもなく帝国に加わりました。彼らの独立後。この地域は、植民地時代を通じて正式にはニュースペイン副王室の一部でしたが、実際問題としては別々に管理されていました。グアテマラが独自の旗を作成したのは1825年のことでした。[40]

1838年にホンジュラスのリーダーのリベラル勢力フランシスコ・モラサンとグアテマラのホセ・フランシスコ・バランディアはグアテマラに侵入し、彼らはチュア・アルバレス、義父の実行サン・スル、到達したラファエル・カレーラ、その後、軍の司令官とグアテマラの後の最初の大統領を。自由主義勢力は、グアテマラのカウディーリョの信者への警告として、アルバレスの頭をパイクに突き刺した[41]カレラと彼の妻Petrona -彼らは侵略を知ったとしていたとしてすぐに対面モラサンに来ていたMataquescuintlaは-彼らも彼の墓にモラサンを許すことはないと誓いました。彼らは、家族に復讐しない人を尊重することは不可能だと感じました。[42]

カレラが受け取らない数人の使節、特にカレラが冷血で殺したくないバルンディアを送った後、モラザンは焦土作戦を開始し、彼の道の村を破壊し、資産を剥奪しました。カレラ軍は山に隠れなければなりませんでした。[43]カレラは完全に敗北、モラサンとBarrundiaが行進信じグアテマラシティ、および保守の州知事ペドロ・バレンズエラによって救世主とメンバーとして歓迎されたAycinena一族 [ ES ]、リベラル大隊の1を後援することを提案し、しばらくヴァレンズエラとバルンディアはモラサンに、彼が抱えていた経済的問題を解決するために必要なすべてのグアテマラの資源を与えました。[44]両党のクリオーロは夜明けまで、農民の反乱を鎮圧することができたモラザンのようなクリオーロカウディーリョをついに手にしたことを祝った。[45]

中央アメリカの連邦共和国グアテマラシティの資本金(1823年から1838年)。

モラサンはロスアルトスをサポートするために収入を使用し、その後でバレンズエラを置き換えマリアノ・リベララパス、Aycinena一族のメンバー、彼はその一族に復讐では1829に没収された任意のプロパティを返しませんでしたが、ホアン・ホセ・デ・アイシネナ・イー・ピノール溶解するように投票しました少し後サンサルバドール中央アメリカ連邦、モラザンに彼の連邦の任務のために戦うためにエルサルバドールに戻ることを余儀なくさせました。その過程で、モラサンはカレラを助けた罰として、グアテマラ東部で弾圧を強めました。[46]モラザンがエルサルバドルに行ったことを知って、カレラはサラマを連れて行こうとした残った小さな力で敗北し、戦闘で弟のラウレアノを失った。ほんの数人の男性が残っただけで、彼はなんとか逃げ出し、ひどく負傷してサナラテに向かった[47]幾分回復した後、彼はフティアパの分遣隊を攻撃し、彼が同行した志願兵に与えた少量の戦利品を手に入れた。その後、彼はグアテマラシティ近くのペタパを攻撃する準備をしました。そこでは、多くの死傷者が出ましたが、勝利を収めました。[48]

その年の9月には、カレラは、グアテマラの首都への攻撃をしようとしましたが、リベラル一般カルロス・サラザール・カストロは、の分野で彼を破ったヴィラヌエバとカレラ後退しなければなりませんでした。[49]ケツァルテナンゴを奪おうとして失敗した後、カレラは自分が取り囲まれ、負傷していることに気づいた。彼は1823年にビセンテフィリソラが到着して以来ケツァルテナンゴにいたメキシコのアグスティングスマン将軍に降伏しなければなりませんでした。モラザンはカレラを撃つ機会がありましたが、フランシスコ・フェレーラエルサルバドル。代わりに、モラザンは武器を持たずに、カレラを三田の小さな砦の責任者として残しました。モラザンがエルサルバドルを攻撃することを知っていたフランシスコ・フェレーラは、カレラに武器と弾薬を与えグアテマラシティを攻撃するよう説得しました。[50]

その間、カレラと彼の軍隊を決定的に粉砕するためのしつこいアドバイスにもかかわらず、サラザールは彼と外交的に交渉しようとしました。彼は、ヴィラヌエバの戦い以来、グアテマラの首都の要塞を撤去することで、カレラを恐れたり不信感を抱いたりしていないことを示すことさえしました。[49]サラザールの誠実さとフェレラの武器を利用して、カレラは1839年4月13日にグアテマラシティを驚かせた。サラザール、マリアノガルベス、バルンディアは、カレラの民兵が到着する前に逃げました。サラザールはナイトシャツを着て、近隣の家々のアーチ型の屋根に避難し[51] [52]、農民を装って国境に到着した。[51] [52] サラザールが去った後、カレラはリベラパスを国家元首として復活させた。

1838年から1840年の間にケツァルテナンゴ市の分離独立運動ロスアルトスの分離国家を設立し、グアテマラからの独立を求めました。グアテマラのリベラル党の最も重要なメンバーと保守的な政権のリベラルな敵はロスアルトスに移り、エルサルバドルに亡命した。[53]ロスアルトスのリベラル派は、リベラパスの保守政権を厳しく批判し始めた。[53]ロスアルトスは、グアテマラの旧州の主要な生産と経済活動が行われた地域でした。ロスアルトスがなければ、保守派は中央アメリカでグアテマラの覇権を与えていた多くの資源を失いました。[53] グアテマラ政府は平和的な解決策に到達しようとしましたが、2年間の血なまぐさい紛争が続きました。

1839年4月17日、グアテマラは中央アメリカの連合州から独立していると宣言しました。1840年、ベルギーは中央アメリカに影響力を行使するために、カレラの独立運動に対する外部の支援源としての役割を果たし始めました。カンパニーBelge製デ植民地化(ベルギーの植民地カンパニー)は、ベルギーの委託国王レオポルドI、の管理者になったサント・トマス・デ・カスティーリャ[54]失敗した英国の交換中米商業と農業会社の東海岸を[54]植民地は最終的に崩壊しましたが、ベルギーは19世紀半ばにカレラを支援し続けましたが、英国はカレラの主要なビジネスおよび政治的パートナーであり続けました。[55]ラファエル・カレーラは1844年にグアテマラの知事に選出された。

ドイツからの入植者は19世紀半ばに到着しました。ドイツ人入植者は、アルタベラパスとケツァルテナンゴで土地を取得し、コーヒー農園を栽培しました。[要出典]

共和国(1847–1851)

1847年3月21日、グアテマラは独立共和国を宣言し、カレラが初代大統領になりました。

独立したグアテマラ共和国の布告コイン1847

大統領としての最初の任期中に、カレラは国を極端な保守主義から伝統的な穏健派に戻しました。 1848年、国が数か月間混乱した後、リベラル派は彼を職から追い出すことができた。[56] [57]カレラは彼自身の自由意志を辞任し、メキシコに向かった。新しいリベラル政権はアイシネナ家と同盟を結び、カレラがグアテマラの地に戻った場合、カレラの処刑を命じる法律を迅速に可決した。[56]

ケツァルテナンゴからのリベラルなクリオーロは、コレヒドールのマリアノ・パレーデス将軍が大統領府を引き継ぐためグアテマラ市に呼ばれた後、都市を占領したアグスティン・グスマン将軍によって率いられました。[58]彼らは1848年8月26日にロスアルトスが再び独立国家であると宣言した。新しい州は、エルサルバドルドロテオ・バスコンセロスの政権と、カレラの宣誓の敵であったビセンテとセラピオ・クルスの反政府勢力のゲリラ軍の支援を受けました。[59]暫定政府はグズマン自身によって率いられ、フロレンシオ・モリーナと司祭フェルナンド・ダビラを内閣のメンバーとして迎えた。[60] 1848年9月5日、クリオーロのアルテンスはフェルナンドアントニオマルティネスが率いる正式な政府を選びました。

その間に、カレラはグアテマラに戻ることを決心し、ウェウェテナンゴ入り、そこでネイティブリーダーと会い、彼らが勝つためには団結し続けなければならないと彼らに言いました。指導者たちは同意し、ゆっくりと隔離された先住民コミュニティはカレラのリーダーシップの下で新しいインドのアイデンティティを開発し始めました。[61]その間、グアテマラの東部では、ハラパ地域はますます危険になった。元大統領マリアノ・リベラパズと反乱軍のリーダービセンテ・クルスは、両方の1849年にコレヒドール事務所を引き継ぐようにしようとした後、そこに殺害された[61]

カレラがウェウェテナンゴのチアントラ到着したとき、彼は2人のアルテンスの使者を受け取り、1840年のように、彼らの兵士は彼の軍隊と戦うつもりはないと言った。カレラからの彼らの唯一の要求は、原住民を管理下に置くことでした。[61]アルテンスは従わず、グズマンと彼の軍隊に率いられて、カレラを追いかけ始めた。カウディーリョは、彼の生まれ故郷の同盟国に助けられて隠れ、ミゲルガルシアグラナドスの軍隊がグアテマラシティから彼を探して到着したとき、彼らの保護下にとどまりました。[61]

警官ホセビクトルザヴァラがスチテペケスのコレヒドールに任命されたことを知ると、カレラと彼の100人のハカルテクのボディーガードは、ジャガーはびこる危険なジャングルを渡り、彼の前の友人に会いました。 Zavalaは彼を捕まえなかっただけでなく、彼の命令の下で奉仕することに同意し、グアテマラシティのリベラル派と保守派の両方に、カレラと交渉するか、ケツァルテナンゴとハラパの2つの正面で戦わなければならないという強いメッセージを送りました。[62]カレラはケツァルテナンゴ地域に戻り、ザヴァラは戦術作戦としてスチテペケスに留まった。[63]カレラはパレデスの閣僚から訪問を受け、彼は先住民を支配しており、パレデスに彼らをなだめることを保証したと語った。[62]使者がグアテマラ市に戻ったとき、彼はカレラが言ったことすべてを大統領に話し、先住民軍は手ごわいものだったと付け加えた。[64]

グズマンは別のパレデス使節団と会うためアンティグア行きました。彼らは、ロスアルトスがグアテマラに再び加わること、そして後者がグアテマラが彼の敵を打ち負かすのを助け、また太平洋に港を建設することに同意した。[64]グズマンは今回の勝利を確信していたが、彼の不在中にカレラと彼の先住民の同盟国がケツァルテナンゴを占領したとき、彼の計画は蒸発した。カレラはイグナシオ・イリゴイエンをコレヒドールに任命し、キチェ語、カンホバル語、マム語の指導者と協力してこの地域を管理するよう説得しました[65]出て行く途中、イリゴイエンは友人につぶやいた。「今や彼はインディアンの王だ!」[65]

その後、グズマンはジャラパに向けて出発し、そこで反政府勢力との契約を結び、ルイス・バトレ・ジュアロスはパレデス大統領にカレラとの契約を説得した。数か月以内にグアテマラシティに戻ったカレラは、人口密度の高い西部の高地からのインド人コミュニティの軍事的および政治的支援に支えられて最高司令官を務めました。[66] 1844年から1848年までの大管長会の間に、彼は国を過度の保守主義から穏健な政権に戻し、フアンホセデアイシネナイピニョールとペドロデアイシネナの助言を受けて、ローマの教会との関係を回復した。1854年に批准されコンコルダートと共に。[67]

第二カレラ政府(1851–1865)

1854年に終身官に任命された後のラファエルカレーラ将軍

カレラが1849年に亡命から戻った後、エルサルバドルの大統領ドロテオバスコンセロスは、グアテマラ政府にいくつかの異なる方法で嫌がらせをしたグアテマラの自由主義者に亡命を許可しました。ホセ・フランシスコ・バルンディアは、その特定の目的のためにリベラルな新聞を設立しました。 Vasconcelosは、グアテマラ東部の「LaMontaña」という名前の反乱派を支援し、お金と武器を提供して配布しました。 1850年後半までに、バスコンセロスはグアテマラとの戦争の進行が遅いことに焦り、野外攻撃を計画することを決定しました。そのような状況下で、サルバドールの国家元首は、保守的なグアテマラ政権に反対するキャンペーンを開始し、ホンジュラスニカラグアに同盟への参加を呼びかけました。ホンジュラスのみフアン・リンド率いる政府が受け入れた。[56] 1851年、グアテマラはラアラダの戦いでホンジュラスとエルサルバドルから連合軍を破った

1854年、カレラは後継者を選ぶ力を持って、生涯にわたって「国の最高かつ永続的な指導者」と宣言されました。彼は1865年4月14日に亡くなるまでその地位を維持しました。保守的な地主を喜ばせるための経済的繁栄の基盤を確立するためのいくつかの措置を追求しましたが、国内での軍事的挑戦とホンジュラス、エルサルバドル、ニカラグアとの3年間の戦争が支配的でした。彼の大統領職。

エルサルバドルの大統領であるヘラルドバリオスとの彼の競争は、1863年に開戦をもたらしました。コアテペケでグアテマラ人は深刻な敗北を喫し、その後停戦が続きました。ホンジュラスはエルサルバドルと、ニカラグアとコスタリカはグアテマラと合流しました。コンテストは、サンサルバドルを包囲して占領し、ホンジュラスとニカラグアを支配したカレラを支持して最終的に解決されました彼は引き続き聖職者党と協力して行動し、ヨーロッパ政府との友好関係を維持しようとしました。彼が死ぬ前に、カレラは彼の後継者として彼の友人で忠実な兵士、陸軍マーシャルビセンテセルナイセルナを指名しました

ビセンテ・セルナ・イ・セルナ政権(1865–1871)

ビセンテセルナイセルナは、1865年から1871年までグアテマラの大統領でした。

ヴィチェンテ・チェル・イー・チェルはいたグアテマラの社長1865年5月24日から6月29日1871年に[68]自民党の作者アルフォンソエンリケBarrientos  [ ES ][69] [フル要出典]:次のようにマーシャルチェルナー政府を説明した[70] [完全な引用が必要]

組織が悪く、意図が悪い保守的で古風な政府が国を担当し、すべての権力をビセンテ・セルナに集中させました。野心的な軍人は、一般的な階級に満足していませんでしたが、軍のマーシャル階級に昇進しました。その階級は存在せず、グアテマラ軍には存在しません。マーシャルは彼自身を共和国の大統領と呼んだが、実際には彼は抑圧されて荒廃した人々の監督であり、彼らが独裁者に革命で彼を脅かすままにすることをあえて言わなかったほど臆病であった。

州と教会は単一のユニットであり、保守的な政権は、当時グアテマラで最大の地主の1人であっカトリック教会の定期的な聖職者力と強く結びついていました。教会と国家間の密接な関係によって批准された1852年の協約チェルナーは、1871年に解任されるまで、法律だった、[71]のようにもリベラル将軍Serapioクルス [ ES ]ラファエル・カレーラの政治的、軍事的存在が実質的に彼を作ったことに気づきました無敵。したがって、将軍は彼の指揮下で戦い[56]、カレラが死ぬまで長い間待った後、飼いならされたセルナに対する反乱を開始した。[72]セルナ大統領の任期中、自由党員は起訴され、亡命させられた。その中で、1871年の自由主義革命を始めた人々。 [56]

1871年、商人ギルドのコンスラドデコメルシオは、独占的な法廷特権を失いました。それらは当時の経済、ひいては土地管理に大きな影響を及ぼしました。1839年から1871年まで、領事館は政権において一貫した独占的地位を維持していました。[73]

自由主義政府(1871–1898)

グアテマラの「リベラル革命」は、国の近代化、貿易の改善、新しい作物と製造の導入に取り組んだユスト・ルフィーノ・バリオスの指導の下、1871年に始まりました。この時代、コーヒーはグアテマラにとって重要な作物になりました。[74]バリオスは中央アメリカを再会するという野心を持っていて、それを達成するための失敗した試みで国を戦争に連れて行き、1885年にエルサルバドルの軍隊に対して戦場で彼の命を失った。

マヌエル・バリラスは1886年3月16日から1892年3月15日まで大統領でした。マヌエル・バリラスは1871年から1944年までグアテマラのリベラルな大統領の中でユニークでした。彼は平和的に後継者に権力を譲りました。選挙の時期が近づくと、彼は3人の自由党候補者に彼らの政府計画がどうなるかを尋ねるために送りました。[75]彼は一般的なものから聞いた話で満足レイナバリオス[75] BarillasはケツァルテナンゴとTotonicapán先住民の巨大な柱が彼のために投票に山から降りてきたことを確認しました。レイナが大統領に選出された。[76]

ホセマリアレイナバリオスは1892年から1898年まで大統領でした。バリオスの最初の任期中に、地方の農民に対する地主の力が高まりました。彼は、グアテマラシティの一部の再建を、広いパリ風の大通りで、より大規模に監督しました。彼は1897年に最初の「ExposiciónCentroamericana」(「中央アメリカフェア」)を主催するグアテマラを監督しました。彼の第2学期中に、バリオスは彼の野心的な計画に資金を提供するために債券印刷し、金銭的インフレと彼の政権に対する大衆の反対の高まりを助長しました。

彼の政権はまた、道路の改善、国内および国際電信の設置、グアテマラ市への電力の導入にも取り組んだ。パナマ運河がまだ建設されていない時期に国際投資家を引き付けることを目標として、大洋横断鉄道の完成が彼の政府の主な目的でした

マヌエル・エストラーダ・カブレラ政権(1898–1920)

マヌエルエストラーダカブレラは、1898年から1920年の間にグアテマラを統治しました。

1898年2月8日にホセマリアレイナバリオス将軍が暗殺された後、グアテマラ内閣は新しい後継者を任命するために緊急会議を召集しましたが、大統領の後継者に指名されたにもかかわらず、エストラーダカブレラを会議に招待することを拒否しました。カブレラがどのようにして大統領になったのかについては、2つの異なる説明があります。最初の州は、カブレラが大統領の資格を主張するために「ピストルを引いて」内閣会議に参加したと述べている[77][78]

50年以上ぶりの民間のグアテマラ国家元首であるエストラーダカブレラは、1898年8月までに政権への抵抗を克服し、9月に選挙を呼びかけました。[79] 1898年、議会はエストラーダ・カブレラ大統領の選挙のために召集された。エストラーダ・カブレラ大統領は、民間の服を着て投票に行った多数の兵士と警官、および彼らが投票に持ち込んだ多数の文盲の家族のおかげで勝利した。 。[80]

エストラーダカブレラの最も有名で最も苦い遺産の1つは、ユナイテッドフルーツカンパニー(UFCO)のグアテマラの経済的および政治的領域への参入を許可することでした彼は自由党の一員として、輸出経済を拡大するために、国の高速道路鉄道港湾のインフラストラクチャーの開発を奨励しようとしました。エストラーダカブレラが大統領に就任するまでに、プエルトバリオスの主要港から鉄道を建設するための努力が繰り返されていました。首都グアテマラシティへ。国内のコーヒー貿易の崩壊によって悪化した資金不足のために、鉄道はその目標を100 km(60マイル)下回りました。エストラーダ・カブレラは、立法府や司法府に相談することなく、UFCOとの契約を結ぶことが鉄道を完成させる唯一の方法であると判断しました。[81]カブレラは、1904年にUFCOのマイナークーパーキースと契約を結び、会社に免税、土地の付与、大西洋側のすべての鉄道の管理を与えた。[82]

エストラーダカブレラはしばしば彼の権威を主張するために残忍な方法を採用しました。彼の最初の大統領時代の初めに、彼は彼の政治的ライバルを起訴し始め、すぐによく組織されたスパイの網を確立しました。あるアメリカ大使は、独裁者が彼を毒殺するよう命令したことを知った後、米国に戻った。マヌエル・バリラス前大統領がメキシコシティで刺殺された。エストラーダカブレラは、UFCOに対する労働者のストライキに激しく反応した。ある事件では、UFCOがストライキを解決するために直接エストラーダカブレラに行ったとき(軍隊が対応を拒否した後)、大統領は武装部隊に労働者の敷地に入るように命じた。部隊は「夜に到着し、労働者の寝室に無差別に発砲し、不特定多数を負傷させ殺害した」。[83]

1906年、エストラーダは彼の支配に対して深刻な反乱に直面しました。反政府勢力は他の中米諸国の政府によって支持されていましたが、エストラーダは彼らを倒すことに成功しました。選挙はエストラーダカブレラの意志に反して人々によって行われたため、彼は報復として大統領選挙を殺害しました。1907年、エストラーダは馬車の近くで爆​​弾が爆発したとき、暗殺未遂をかろうじて生き延びました。[84]エストラーダの極端な専制的特徴は、1907年に彼の人生を試みた後まで現れなかったことが示唆されている。[85]

グアテマラ市1917年のグアテマラ地震でひどい被害を受けました

エストラーダカブレラは1920年の新たな反乱の後で辞任を余儀なくされるまで権力を維持しました。その時までに彼の権力は劇的に低下し、彼は少数の将軍の忠誠に依存していました。彼が革命によって解任された場合、米国は介入を脅かしたが、超党派の連立が集まって彼を大統領から解任した。彼は国会が彼が精神的に無能であると非難した後、解任され、1920年4月8日に彼の代わりにカルロス・エレーラを任命した。[86]

グアテマラは、1921年9月9日から1922年1月14日まで、中央アメリカ連邦でエルサルバドルおよびホンジュラスと合流しました。

カルロス・エレーラは、彼がによって成功した1921年まで、1920年からGuatamalaの社長を務めていましたホセ・マリア・オレリャーナ1926年まで、1921年から務め、 ラザロ・チャコン・ゴンザレスはその後、1931年まで務めました。

ホルヘ・ウビコ政権(1931–1944)

大恐慌は上昇引き起こし、1929年に始まったとひどくグアテマラ経済を損傷し、失業を、そして労働者と労働者の間で不安につながります。人気の反乱を恐れて、グアテマラの上陸したエリートは、州知事として「効率と残酷さ」で有名になったホルヘ・ウビコに彼らの支援を貸しました。ウビコは1931年に続く選挙で勝利し、彼が唯一の候補者でした。[87] [88]彼の選挙後、彼の政策はすぐに権威主義になった。彼は債務ペオンのシステムを残酷に施行された浮浪法に置き換え、土地を所有していない労働年齢のすべての男性に最低100日間の勤勉を要求した。[89]彼の政府は、道路や鉄道を建設するために無給のインドの労働力を使用しました。ウビコはまた、賃金を非常に低い水準で凍結し、土地所有者が彼らの財産を守るために取ったいかなる行動に対しても起訴から完全に免責されることを認める法律を可決した[89][90]彼は警察を大幅に強化し、ラテンアメリカで最も効率的で冷酷な警察の1つに変えた。[91]彼は、労働法違反の疑いのある人々を射殺し、投獄するためのより大きな権限を彼らに与えた。これらの法律は、農業労働者の間で彼に対して途方もない恨みを生み出しました。[92]政府は高度に軍事化された。彼の支配下では、すべての州知事は軍の将軍でした。[93]

ウビコは、しばしばグアテマラに犠牲を払ってユナイテッドフルーツカンパニー大規模な譲歩をするという彼の前任者の方針を続けました。彼は、港を建設するという約束と引き換えに、会社に200,000ヘクタール(490,000エーカー)の公有地を与えました。[94]グアテマラへの参入以来、ユナイテッドフルーツカンパニーは農民を追放し、農地をバナナ農園に転換することで土地所有を拡大してきた。このプロセスはウビコ大統領の下で加速し、政府はそれを止めるために何もしなかった。[95]同社は政府から輸入税と不動産税の免税を受け、他のどの個人やグループよりも多くの土地を管理していました。また、国内で唯一の鉄道、発電可能な唯一の施設、大西洋岸のプエルトバリオスの港湾施設も管理していました。[96]

ウビコは、米国をメキシコの共産主義の脅威に対する同盟国と見なし、その支持を得るために努力した。アメリカ1941年にドイツとの宣戦布告をしたとき、ウビコはアメリカの指示に従って行動し、ドイツ系のグアテマラのすべての人々を逮捕しました[97]彼はまた、パナマ運河を保護するという表明された目的で、米国がグアテマラに空軍基地を設立することを許可した[98]しかし、Ubicoは、欧州の崇拝者であったファシストなど、フランシスコ・フランコベニトムッソリーニ[99]及び自身が「別であると考えナポレオン」。[100]彼は時々自分自身をアドルフ・ヒトラーと比較しまし[101]彼は派手な服を着て、ナポレオンの彫像や絵画で身を包み、それらの外観の類似点について定期的にコメントした。彼は、郵便局、学校、交響楽団を含む多くの政治的および社会的機関を軍事化し、多くの政府の役職を担当する軍の将校を配置しました。[102] [103] [104] [105] [106]

グアテマラ革命(1944–1954)

1944年7月1日、ウビコは、農園労働者の残酷な労働条件に触発された抗議の波とゼネストに応えて、大統領を辞任することを余儀なくされた[107]彼が選んだ後任のフアン・フェデリコ・ポンセ・ヴァイデス将軍は、1944年10月20日にフランシスコ・ハビエル・アラナ少佐ハコボ・アルベンツ・グズマン大尉率いるクーデターによって不在にされた。クーデターで約100人が死亡した。その後、この国は、アラナ、アルベンツホルヘ・トリエロ・ガリドで構成される軍事フンタによって率いられました[108]

グアテマラの民主的に選出された大統領ハコボアルベンツユナイテッドフルーツカンパニーの利益を保護するためにCIAによって計画されたクーデターで倒されました

軍事フンタはグアテマラの最初の無料選挙を組織しました。これは、国をリベラルな資本主義社会に変えたいと考えていた哲学的に保守的な作家兼教師のフアンホセアレバロが86%の過半数で勝利しました。[109]彼の「キリスト教社会主義」政策は大恐慌の間のフランクリンD.ルーズベルト大統領の米国ニューディール大いに触発された[110]アレバロは新しい保健センターを建設し、教育への資金を増やし、より自由な労働法を起草し[111]、労働者が500人未満の職場で組合を犯罪にした[112]。 共産主義者を取り締まる。[113]アレバロは民族主義者の間で人気があったが、彼は教会と軍隊に敵を持ち、大統領時代に少なくとも25回のクーデターの試みに直面した。[114]

アレバロは1950年の選挙に出馬することを憲法上禁止されていました。大部分が自由で公正な選挙は、アレバロ国防相のハコボ・アルベンツ・グズマンが勝利しました。[115]アルベンツは、アレバロの適度な資本主義的アプローチを続けた。[116]彼の最も重要な政策は、1952年に可決された大規模な農地改革法案である政令900でした。[117] [118]政令900は、耕作されていない土地を土地のない農民に譲渡しました。[117]約35万の私有地所有のうち1,710のみが法律の影響を受け、[119]約50万人、つまり人口の6分の1に利益をもたらした。[119]

クーデターと内戦(1954–1996)

国内で人気があるにもかかわらず、グアテマラ革命の改革は、冷戦によって共産主義者と見なされる傾向にあった米国政府と、非常に収益性の高い事業に影響を与えユナイテッドフルーツカンパニー(UFCO)に嫌われました。残忍な労働慣行の終わりまでに。[113] [120]米国政府の態度は、UFCOが実施したプロパガンダキャンペーンの影響も受けた。[121]

米大統領ハリー・トルーマンは、許可操作PBFortuneをニカラグア独裁者の支援を受けて、1952年にÁrbenzを打倒するためにアナスタシオ・ソモサ・ガルシア[122]しかし、あまりにも多くの詳細が公共になった場合の動作は中止されました。[122] [123] ドワイト・D・アイゼンハワーは1952年に米国大統領に選出され、共産主義に対してより厳しい方針を取ることを約束した。彼のスタッフであるジョン・フォスター・ダレスアレン・ダレスがUFCO密接に関係していたことも、彼がアルベンツに対して行動する素因となった。[124]アイゼンハワーは、1953年8月にCIAにPBS成功作戦の実施を許可しました。CIAは、カルロスカスティージョアルマスが率いる480人の部隊を武装させ、資金を提供し、訓練しました[125] [126]軍はグアテマラ市の爆撃や本物のニュースであると主張する反アルベンツラジオ局を含む心理戦の激しいキャンペーンに支えられて、1954年6月18日にグアテマラに侵攻した[125]侵略軍は軍事的にうまくいかなかったが、心理戦と米国の侵略の可能性は、戦うことを拒否したグアテマラ軍を脅かした。アルベンツは6月27日に辞任した。[127] [128]

サンサルバドルでの交渉の後、カルロスカスティージョアルマスは1954年7月7日に大統領に就任した。[127]選挙は10月初旬に行われ、そこからすべての政党が参加することを禁じられた。カスティージョアルマスが唯一の候補者であり、99%の投票で選挙に勝ちました。[127]カスティージョ・アルマスは政令900覆し、1957年7月26日、彼の護衛のメンバーであるロメオ・バスケスに暗殺されるまで統治した。その後の不正な[110]選挙の後、ミゲル・イディゴラス・フェンテス将軍が権力を握った。彼はメキシコ大統領に紳士の決闘を挑んだことで有名ですグアテマラの太平洋岸でのメキシコのボートによる違法漁業に関する確執を終わらせるために南の国境の橋で、そのうちの2つはグアテマラ空軍によって沈められました。イディゴラスは、グアテマラでの5,000人の反カストロ キューバ人の訓練を承認した。彼はまた、1961年に米国が後援し失敗したピッグス湾侵攻失敗したペテン地域に滑走路を提供しました。グアテマラ空軍がいくつかの軍事基地を攻撃した1963年にイディゴラス政府は追放されました。クーデターは彼の防衛大臣、大佐エンリケペラルタアズールディアによって導かれました

1963年、軍事フンタは選挙を呼びかけ、アレバロが亡命から戻って選挙に出馬することを許可しました。しかし、ケネディ政権に後押しされた軍内からのクーデターが選挙の実施を妨げ、アレバロの勝利の可能性を未然に防いだ。新しい政権は、イディゴラス・フェンテスの下で始まったゲリラに対するテロのキャンペーンを強化しました。[129]

1966年、フリオセザールメンデスモンテネグロは「民主的開会」の旗印の下でグアテマラの大統領に選出されました。メンデスモンテネグロは、ポストウビコ時代に起源を持つ中道左派の党である革命党の候補者でした。この間右派民兵組織のように「ホワイトハンド」(のような組織、真野ブランカ)、および反共秘密軍(EjércitoSecretoのAnticomunistaは)形成されました。それらのグループは、悪名高い「死の部隊」の先駆者でした米国陸軍特殊部隊の軍事顧問(グリーンベレー)は、これらの軍隊を訓練し、軍隊を現代の対反乱軍に変えるのを助けるためにグアテマラに送られました。そして、それは最終的にそれを中央アメリカで最も洗練されたものにしました。[130]

1970年、カルロスマヌエルアラナオソリオ大佐が大統領に選出されました。1972年までに、ゲリラ運動のメンバーはメキシコから入国し、西高地に定住しました。1974年の論争の的となった選挙でシェール・ラウゲルド・ガルシア将軍は、キリスト教民主党の候補者であるエフライン・リオス・モント将軍を破りました

1976年2月4日、大地震によりいくつかの都市が破壊され、特に住宅が標準以下であった貧困層の間で25,000人以上の死者が出ました。政府が地震の余波に迅速に対応し、ホームレスを緩和することに失敗したことは、広範な不満を引き起こし、それが大衆の不安を増大させる一因となった。ロメオ・ルーカス・ガルシア将軍は、1978年の不正選挙で政権を握りました。

1970年代には、2つの新しいゲリラ組織、ゲリラ貧しい人々の軍隊(EGP)と軍隊の人々の組織(ORPA)が台頭しました。彼らは、主に軍隊と軍の一部の民間支持者に対する都市と地方の戦争を含むゲリラ攻撃を開始しました。軍隊と準軍組織は、数万人の民間人の死をもたらした残忍な反乱鎮圧作戦で対応した。[131] 1979年、それまで政府軍に公的支援を提供していた米国大統領のジミー・カーターは、人権の広範囲にわたる体系的な乱用を理由に、グアテマラ軍へのすべての軍事援助の禁止を命じた。[110]しかし、それ以来、アメリカの援助が秘密の経路を通じてカーター時代を通して続いたことを示唆する文書が明らかになりました。[132]

リオネグロ虐殺の犠牲者の記念碑

1980年1月31日、先住民のキチェ語のグループがスペイン大使館を乗っ取り、田舎での軍の虐殺に抗議しました。グアテマラ政府軍は、建物を焼き尽くし火事で内部のほぼ全員を殺害する暴行を開始しました。グアテマラ政府は、活動家が火をつけ、焼身自殺したと主張した[133]しかし、スペイン大使は火事を生き延び、グアテマラ警察が意図的に内部のほとんどすべての人を殺害し、彼らの行為の痕跡を消すために火をつけたと言って、この主張に異議を唱えた。その結果、スペイン政府はグアテマラとの外交関係を断ち切りました。

この政府は1982年に打倒され、エフライン・リオス・モント将軍が軍事フンタの大統領に任命されました。彼は拷問、強制失踪、そして「焦土作戦」戦争の血なまぐさいキャンペーンを続けた。国はなったのけ者状態政権からかなりの支援を受けたものの、国際的レーガン政権[134]とレーガン自身はとリオスモントを記載した「偉大な個人的な整合性の男。」[135]リオス・モントは、新しい憲法を制定するために憲法制定国民議会の選挙を要求したオスカー・ウンベルト・メジア・ビクトレス将軍に打倒され、1986年に自由選挙に至った。キリスト教民主党の候補者、ヴィニシオ・セレゾ・アレヴァロ

1982年、4つのゲリラグループ、EGP、ORPA、FAR、PGTが合併し、エルサルバドルのゲリラFMLNニカラグアのFSLNキューバ政府の影響を受けURNGを形成しました田舎での陸軍の「焦土作戦」の結果として、45,000人以上のグアテマラ人が国境を越えてメキシコに逃げました。メキシコ政府は難民をチアパスタバスコのキャンプに配置しました

1992年、ノーベル平和賞、先住民に対する政府支援の大量虐殺に国際的な注目を集めるための彼女の努力に対して、リゴベルタメンチュに授与されました[136]

1996–2000

チチカステナンゴの屋外市場、2009年。

グアテマラ内戦は、そのようなノルウェーやスペインなどの国が激しい証券会社を通じて国連によって交渉ゲリラと政府の間で和平協定、1996年に終わりました。双方は大きな譲歩をしました。ゲリラ戦闘機は武装解除し、働くための土地を受け取りました。国連が後援する真実委員会歴史明確化委員会)によると、政府軍と国が後援するCIAの訓練を受けた準軍組織は、戦争中の人権侵害の93%以上に責任がありました。[137]

過去数年間で、内戦中に犯された犯罪に関連する何百万もの文書が、元グアテマラ警察によって放棄されていることが判明しました。内戦中失踪した45,000人を超えるグアテマラの活動家の家族は現在、デジタル化された文書を検討しています。これは、さらなる法的措置につながる可能性があります。[138]

内戦の最初の10年間、国家支援テロの犠牲者は主に学生、労働者、専門家、野党の人物でしたが、最後の数年間は、ほとんどが田舎のマヤの農民と非戦闘員の何千人もいました450以上のマヤの村が破壊され、100万人以上がグアテマラ内で難民または避難民になりました。

1995年、グアテマラのカトリック大司教区は(REMHI)プロジェクト、歴史的記憶の回復を開始しました[139]グアテマラの長い内戦の事実と歴史を収集するために、「エルPROYECTO・デ・ラ・Recuperaciónデラメモリアヒストリカ」とスペイン語で知られており、それらの年の真実に立ち向かう。 1998年4月24日、REMHIはその作業の結果をレポート「グアテマラ:ヌンカマス!」で発表しました。この報告書は、南北戦争中の数千人の目撃者と抑圧の犠牲者の証言と声明を要約したものです。 「報告書は、グアテマラ軍とその社会的および政治的エリート内の協力者の入り口での残虐行為の80パーセントを非難した。」[140]

カトリック司教フアンホセジェラルディコネデラは歴史的記憶の回復プロジェクトに取り組み、1998年4月にグアテマラ内戦の犠牲者に関する報告書「グアテマラ:ヌンカマス!」の発表を発表してから2日後、ジェラルディ司教は彼のガレージと殴打されて死んだ。[140] 2001年、グアテマラの歴史における軍人の民間裁判所での最初の裁判で、3人の陸軍将校が彼の死で有罪判決を受け、30年の刑を宣告された。司祭は共犯者として有罪判決を受け、懲役20年の刑を言い渡されました。[141]

報告書によると、RecuperacióndelaMemoriaHistórica(REMHI)では、約20万人が亡くなりました。 100万人以上が家を追われ、何百もの村が破壊されました。歴史明確化委員会は、文書化されたすべての人権侵害の93%以上をグアテマラの軍政に帰し、マヤのインディアンが犠牲者の83%を占めていると推定しました。 1999年に、国家の行動が大量虐殺を構成すると結論付けた。[142] [143]

バハベラパスなどの一部の地域では、真実委員会は、グアテマラ国家が南北戦争で特定の民族グループに対するジェノサイドの意図的な政策に従事していることを発見しました[137] 1999年、米国大統領ビル・クリントンは、これらの残忍な民間人殺害に参加したグアテマラ軍を支援したことは米国が間違っていたと述べた。[144]

2000年以降

和平協定以来、グアテマラは経済成長と連続した民主的選挙の両方を行ってきました。最近では2019年です。2019年の選挙では、アレハンドロ・ジャマテイが大統領に勝利しました。彼は2020年1月に就任しました。

2012年1月、グアテマラの元独裁者であるEfrain Rios Monttが、ジェノサイド容疑でグアテマラの裁判所に出廷しました。公聴会で、政府は、1982年から1983年までの17か月の統治期間中に、少なくとも1,771人の死亡、1,445人のレイプ、および3万人近くのグアテマラ人の追放を含む100件以上の事件の証拠を提示した。飛行の危険性はあるが、彼は保釈され、自宅軟禁され、グアテマラン国家市民警察(PNC)によって守られていた。 2013年5月10日、リオスモントは有罪となり、懲役80年の刑を言い渡されました。国家元首がジェノサイドで有罪となったのは初めてのことでした。[145]有罪判決は後に覆され、モントの裁判は2015年1月に再開された。[146]2015年8月、グアテマラの裁判所は、リオスモントが大量虐殺と人道に対する罪で裁判にかけられる可能性があるが、年齢と健康状態の悪化のために刑を宣告されることはできないとの判決を下しました。[147]

元大統領アルフォンソポルティージョは、グアテマラから逃げようとして2010年1月に逮捕されました。彼は2010年5月に、証拠の一部を破棄し、特定の証人を信頼できないとして割り引いた裁判官の委員会によって無罪となった。[148]グアテマラの司法長官、クラウディア・パス・イ・パスは、評決を「不公正のひどいメッセージ」および「権力構造についてのモーニングコール」と呼んだ。その訴えの中で、グアテマラの免責に対する国際委員会(CICIG)、グアテマラ政府を支援する国連司法グループは、ポルティージョカブレラに対する綿密に文書化された証拠の決定の評価を「気まぐれ」と呼び、グアテマラの大統領と彼の大臣は公的資金を処理する責任がないという決定の主張を実行したグアテマラの憲法と法律に反する。[149]ニューヨークの大陪審は、2009年に横領罪でポルティージョカブレラを起訴した。グアテマラでのこれらの容疑で無罪判決を受けた後、その国の最高裁判所は彼の米国への引き渡しを承認した。[150] [151]グアテマラの司法はひどく腐敗しており、新しい指名のための選考委員会は犯罪要素によって捕らえられている。[148]

グアテマラシティは、グアテマラの首都で最大の都市であり、中央アメリカで最も人口の多い都市部です。

ペレスモリーナ政府と「ラリネア」

引退したオットーペレスモリーナ将軍、グアテマラで初めて副大統領に選出された女性であるロクサーナバルデッティとともに2011年に大統領に選出されました。彼らは2012年1月14日に任期を開始した。[152]しかし、2015年4月16日、国連(UN)の汚職防止機関の報告は、バルデッティの民間秘書であるフアン・カルロス・モンソンやグアテマラン内国歳入庁(SAT)。[誰? ] [153]この啓示は、シェール・ラウゲルド・ガルシア将軍の大統領就任以来見られたよりも多くの国民の怒りを引き起こしたグアテマラの不処罰に対する国際委員会(CICIG)は、グアテマラの司法長官と協力して、ワイヤータップを含む1年にわたる調査の結果、「ラリネアとして知られる詐欺を明らかにしました

当局は、輸入関税の割引と引き換えに輸入業者から賄賂を受け取った[153]。これは、グアテマラの36年間にわたる市民の対反乱作戦のための歴代の軍政の資金調達戦術として、国内の税関汚職の長い伝統に根ざした慣行である。戦争[154] [155]

ハッシュタグ#RenunciaYa(Resign Now)を使用したFacebookイベントでは、市民がグアテマラシティのダウンタウンに行ってバルデッティの辞任を求めました。数日のうちに、10,000人を超える人々が出席すると回答しました。主催者は、イベントの背後に政党やグループがいないことを明らかにし、イベントで抗議者に法律に従うように指示した。彼らはまた、人々に水、食べ物、日焼け止めを持参するように促しましたが、顔を覆ったり、政党の色を着たりしないでください。[156]何万人もの人々がグアテマラシティの街を訪れました。彼らは大統領官邸の前で抗議した。バルデッティは数日後に辞任した。米国がビザを取り消したとき、彼女はグアテマラに留まることを余儀なくされました。グアテマラ政府は、彼女が「ラ・リネア」スキャンダルに関与したことを疑うのに十分な証拠を持っていたため、彼女を起訴しました。スキャンダルが勃発した後のグアテマラの政治シーンでのトッド・ロビンソン米国大使の卓越性は、おそらく地域における中国とロシアの存在に対抗するためにグアテマラの正直な政府が必要だったため、米国政府が調査の背後にあるという疑いにつながりました。[157]

それ以来、国連の汚職防止委員会は他の事件について報告しており、20人以上の政府高官が辞任した。一部は逮捕された。それらの事件のうちの2つは、グアテマラン社会福祉局のフアン・デ・ディオス・ロドリゲスと石炭火力発電所会社で賄賂スキャンダルに関与したグスタフ・マルティネスの2人の元大統領秘書官を巻き込んだ。ジャガーエナジー [ es ]マルティネスは、ペレスモリーナの義理の息子でもありました。[158]

反対派の指導者もCICIGの調査に関与している。数人の立法者と更新民主自由党(LIDER)のメンバーが、賄賂関連の問題で正式に非難され、大統領候補のマヌエルバルディゾンの選挙の見通しが大幅に低下した。 2015年9月6日の大統領選挙で、4月まで次のグアテマラ大統領になることはほぼ確実でした。バルディゾンの人気は急激に低下し、彼はグアテマラ内政における国際的な妨害のCICIGリーダーイバンベラスケスに対して米州機構に告発を提出しました。[159]

CICIGは木曜日にその事件を頻繁に報告したため、グアテマラ人は「CICIG木曜日」という用語を作り出しました。しかし、金曜日の記者会見は危機をピークにもたらしました。2015年8月21日金曜日、CICIGとテルマアルダナ司法長官は、ペレスモリーナ大統領とバルデッティ前副大統領の両方が「ラリネア」の実際の指導者であると国民に納得させるのに十分な証拠を提示しました。 "。バルデッティは同じ日に逮捕され、大統領に弾劾が要求された。ペレス・モリーナが2015年8月23日に放送されたテレビメッセージで国に辞任しないことを断固として保証した後、数人の閣僚が辞任し、大統領の辞任に対する叫び声が高まった。[160] [161]

何千人もの抗議者が再び街頭に出て、今度はますます孤立する大統領の辞任を要求した。グアテマラ議会は、大統領の免責を起訴から除外するかどうかを検討するために5人の議員の委員会を指名しました。最高裁判所は承認した。主要な行動の日が8月27日の初めに始まり、全国に行進と障害が発生しました。 4月のスキャンダルが勃発して以来、定期的な抗議行動を主導してきた都市部のグループは、27日、道路封鎖を調整した地方および先住民の組織と団結しようとしました。

グアテマラシティでのストライキは、先住民族の貧しい人々から元気な人々まで、多様で平和な群衆でいっぱいで、公立および私立大学からの多くの学生が参加しました。何百もの学校や企業が抗議を支持して閉鎖した。ComitéCoordinadorデAsociacionesAgrícolas、Comerciales、レオネス・デ・インダストリアレスY Financieras(CACIF)グアテマラの最も強力なビジネス・リーダー、そのペレス・モリナのステップダウンを要求する声明を発表し、起訴から彼の免除を撤回する議会を促しました。[162]

司法長官事務所は独自の声明を発表し、「国を不安定にする可能性のある統治不能を防ぐために」大統領の辞任を求めた。圧力が高まるにつれ、汚職捜査で指名されて辞任した大統領の元国防相と内務大臣が突然国を去った。[163]その間、ペレスモリーナはその日までに支持を失っていた。民間部門は彼の辞任を求めた。しかし、彼はまた、民間部門の商工会議所に所属していない起業家からの支援を得ることができました:マリオロペスエストラーダ-元独裁者マヌエルエストラーダカブレラの孫であり、携帯電話会社の億万長者の所有者-彼の幹部の何人かは空いた内閣の地位に就きました。[164]

グアテマラのラジオ局EmisorasUnidasは、PerezMolinaとテキストメッセージを交換したと報告しました。彼は辞任するつもりかどうか尋ねられて、「私は直面する必要があるものは何でも、そして法律が要求するものに直面するだろう」と書いた。一部の野党は、危機と不正の告発に悩まされていたため、総選挙の延期を要求した。他の人々は、投票を一時停止すると制度上の空白につながる可能性があると警告した。[165]しかし、2015年9月2日、ペレス・モリーナは議会が弾劾した翌日に辞任した。[166] [167] 2015年9月3日、彼はラリネア汚職事件の最初の法定聴衆のために司法省に召喚された[168] [169]

2016年6月、国連の支援を受けた検察官は、ペレスモリーナの政権を犯罪シンジケートとして説明し、別の汚職事件、これはクーペラチャ(キックイン)と呼ばれる事件の概要を説明しました。社会保障研究所の所長と少なくとも他の5人の大臣は、モーターボートなどの豪華な贈り物を購入するために資金をプールし、3年間で470万ドル以上を費やしました。[170]

ジミー・モラレスとアレハンドロ・ジャマテイが権力を握っている(2015年-現在)

2015年10月の大統領選挙では、元テレビコメディーのジミーモラレスが大規模な汚職防止のデモンストレーションを行った後、グアテマラの新大統領に選出されました。彼は2016年1月に就任した。[171]

2017年1月、モラレス大統領は、グアテマラがイスラエルの大使館をエルサレムに移転し、米国に続く最初の国になると発表しました。[172]

2020年1月、アレハンドロジャマッテイが、グアテマラの大統領としてジミーモラレスに代わりました。ジャマテイは、2019年8月大統領選挙で、彼の「犯罪に強い」議題で勝利しました[173]

地理

グアテマラの地図。
グアテマラのケッペンの気候タイプ

グアテマラは山岳地帯で、砂漠と砂丘の小さな斑点があり、南海岸とペテン県の広大な北の低地を除いて、すべて丘陵の谷があります。2つの山脈が西から東にグアテマラに入り、グアテマラを3つの主要な地域に分割します。山の南にある太平洋岸と山の北にあるペテン地方。

すべての主要都市は高地と太平洋岸地域にあります。比較すると、ペテンはまばらに住んでいます。これらの3つの地域は、気候、標高、および景観が異なり、高温多湿の熱帯低地と、より低温で乾燥した高地の山頂との間に劇的なコントラストをもたらします。タフムルコ火山は、4,220メートル(13,850フィート)にあり、中央アメリカ諸国で最も高い地点です。

川は太平洋の流域では短く浅く、カリブ海とメキシコ湾の流域では大きくて深くなっています。これらの河川は含まPolochicドゥルセ川への排水、イサバル湖モタグァ川Sarstúnベリーズとの境界を形成し、そしてウスマシンタ川ペテンとの間の境界を形成、チアパス州、メキシコ。

自然災害

火山の噴火口内のパンアメリカンハイウェイ沿いの町

グアテマラはカリブ海と太平洋の間に位置しているため、1998年のハリケーンミッチ2005年10月のハリケーンスタンなどのハリケーンの標的となり、1,500人以上が死亡しました。被害は風によるものではなく、重大な洪水とその結果としての土砂崩れによるものでした。最新のものは2020年11月のハリケーンイータで、100人以上が行方不明または死亡した原因であり、最終的な集計はまだ不明です。[174]

グアテマラの高地は、カリブ海北アメリカの構造プレートの境界の一部であるモタグア断層沿っています。この断層は、1976年2月4日にマグニチュード7.5の地震が発生し、25,000人以上が死亡したなど、歴史的な時代にいくつかの大きな地震の原因となっています。さらに、主要な沈み込み帯である中央アメリカ海溝は太平洋岸沖にあります。ここでは、ココスプレートがカリブプレートの下に沈んでおり、海岸の内陸で火山活動を引き起こしています。グアテマラには37の火山があり、そのうちの4つが活動しています:パカヤサンティアギートフエゴ タカナ

自然災害は、世界のこの地質学的に活動的な地域で長い歴史があります。たとえば、グアテマラの首都の3つの移動のうち2つは、1541年の火山性の泥流と1773年の地震によるものです。

生物多様性

グアテマラには、マングローブ林から5つの異なる生態系を持つ両方の海洋沿岸に至るまで14のエコリージョンがあります。グアテマラには、5つの湖、61のラグーン、100の川、4つの沼地を含む、252の湿地がリストされています。[175] ティカル国立公園は、最初の混合ユネスコ世界遺産でした。グアテマラは独特の動物相の国です。それは約1246の既知の種を持っています。これらのうち、6.7%が風土病であり、8.1%が絶滅の危機に瀕しています。グアテマラには少なくとも8,682種の維管束植物が生息しており、そのうち13.5%が固有種です。グアテマラの5.4%はIUCNカテゴリーIVで保護されています。[要出典]

ペテンマヤ生物圏保護区は2,112,940ヘクタールがあり[176]ボサワに次ぐ中央アメリカで2番目に大きな森林となっています。2019年の森林景観保全指数の平均スコアは3.85 / 10で、172か国中138位にランクされています。[177]

政府と政治

政治システム

グアテマラは、それによって憲法の民主共和国であるグアテマラの大統領は両方ある国家元首および政府の長、およびの複数政党制行政権は政府によって行使されます。立法権は、政府と共和国議会の両方に付与されています。司法は幹部と議会とは無関係です。

2015年9月2日には、オットー・ペレス・モリナが起因してグアテマラの社長を辞任した汚職スキャンダルと置き換えられましたアレハンドロ・マルドナド1月2016年まで、[178]議会は旧任命大学・デ・サン・カルロス・マルドナドに代わる新しい副社長として社長アルフォンソフエンテスソリア。[179]

ジミー・モラレスは2016年1月14日に就任した。[171] 2020年1月、彼はアレハンドロ・ジャマテイに引き継がれた[173]

外交

グアテマラは長い間、隣接するベリーズの領土の全部または一部を主張してきました。この領土紛争のため、グアテマラは1991年9月6日までベリーズの独立を認めなかった[180]が、紛争は解決されなかった。米州機構の後援の下、現在、交渉を進めており、それを締結しています。[181] [182]

ミリタリー

グアテマラには、15,000人から20,000人の要員を擁する控えめな軍隊があります。[183]

2017年、グアテマラは核兵器禁止条約に署名しました[184]

行政区画

グアテマラは22の部門スペイン語departamentos)に分割され、約335の自治体(スペイン語municipios)に細分されています。[185]

人権

殺害と死の部隊は、1996年の内戦の終結以来、グアテマラで一般的でした。彼らはしばしば秘密の安全装置(Cuerpos Ilegales y Aparatos Clandestinos de Seguridad – CIACS)、組織犯罪。それらは重要な影響力を持っていたが、現在はやや弱まっている[186]が、超法規的殺人は続いている。[187] 2004年7月、米州人権裁判所1982年7月18日、サンチェス平原での188アチマヤの虐殺を非難し、その歴史上初めて、グアテマラ軍が大量虐殺を行ったとの判決を下した。これは、1980年代の焦土作戦で報告された626件の虐殺のいずれかに対するグアテマラ州に対する裁判所の最初の判決でした。[187]これらの虐殺では、犠牲者の83パーセントがマヤで17パーセントがラディーノであった。[187]

グアテマラでの超法規的殺人
2010年 5,072
2011 279
2012年 439
出典:人権における法的措置センター(CALDH)[186]

2008年、グアテマラは、正式に認識した最初の国となったfemicideを犯罪として、なぜなら彼女の性別、女性の殺害を。[188]グアテマラは、エルサルバドルジャマイカに次いで世界で3番目に高い殺人率を示しており、2007年から2012年までの女性10万人あたり約9.1人の殺人があった。[188]

経済

グアテマラの輸出の比例代表、2019年
ケツァルテナンゴのフィールド
地方都市スニルの屋内市場
グアテマラのバナナを輸出用に拾う船。

グアテマラは中央アメリカで最大の経済であり、一人当たりのGDP(PPP)は5,200米ドルです。しかし、グアテマラは多くの社会問題に直面しており、ラテンアメリカで最も貧しい国の1つです。所得分布は非常に不平等であり、人口の半分以上が国の貧困ラインを下回り、40万人(3.2%)をわずかに超える失業者がいます。CIA World Fact Bookは、グアテマラの人口の54.0%が2009年に貧困状態にあると考えています。[189] [190]

2010年、グアテマラ経済は3%成長し、2009年の危機から徐々に回復しました。これは、米国およびその他の中米市場からの需要の減少と、世界的な景気後退の真っ只中の外国投資の減速の結果です。[191]

現在、米国に住むグアテマラ人からの送金は、最大の単一の外国収入源となっています(輸出の3分の2、GDPの10分の1)。[189]

グアテマラの主な輸出品には、果物、野菜、花、手工芸品、布などがあります。バイオ燃料の需要の高まりに直面して、国は成長し、バイオ燃料生産のための原材料、特にサトウキビパーム油の量を増やしています。批評家は、この開発がグアテマラの食事の主要な成分であるトウモロコシのような主食のより高い価格につながると言います。米国のトウモロコシへの助成金の結果として、グアテマラは、収穫量の40%をバイオ燃料生産に使用している米国からトウモロコシのほぼ半分を輸入しています。[192]2014年、政府はケシとマリファナの生産を合法化する方法を検討しており、生産に課税し、税収を薬物予防プログラムやその他の社会的プロジェクトに資金提供することを望んでいました。[193]

2010年の購買力平価(PPP)における国内総生産(GDP)は、701.5億米ドルと推定されました。GDPの最大の構成要素はサービス部門で63%であり、次に産業部門が23.8%、農業部門が13.2%である(2010年推定)。鉱山は金、銀、亜鉛、コバルト、ニッケルを生産します。[194]農業部門は、輸出の約5分の2、労働力の半分を占めています。有機コーヒー、砂糖、繊維、新鮮な野菜、バナナが国の主な輸出品です。2010年のインフレ率は3.9%でした。

数十年にわたる内戦を終結させた1996年の和平協定は、外国投資への大きな障害を取り除きました。新たな外国投資のおかげで、観光業はグアテマラの収入源として増加しています。

2006年3月、グアテマラの議会は、いくつかの中央アメリカ諸国と米国の間ドミニカ共和国-中央アメリカ自由貿易協定(DR-CAFTA)を承認しました[195]グアテマラは台湾およびコロンビアとも自由貿易協定結んでいます。

観光

観光は経済の主要な推進力の1つになり、2008年の経済への観光は18億ドルと推定されています。グアテマラは、年間約200万人の観光客を受け入れています。近年、グアテマラの港を訪れるクルーズ船の数が増加しており、観光客の数が増えています。観光地は、マヤ遺跡(例えば含まティカルTecpanチマルテナンゴとではペテンで、キリグアイサバルで、Iximcheグアテマラシティ)、自然の魅力(例えばアティトラン湖Semuc Champeyなどの植民都市など)や史跡アンティグアグアテマラあり、ユネスコの文化遺産として認められています。

人口統計

グアテマラの人口(1950年から2010年)。[196]
人口ピラミッド2016

グアテマラの人口は17,247,849人(2018年推定)です。[7] [8] 1900年にはわずか885,000人であり、これは20世紀の西半球で最も速い人口増加を構成します。[197]グアテマラ共和国の最初の国勢調査は1778年に行われた。[198] 1778年、1880年、1893年および1921年の国勢調査記録は古紙として使用され、統計情報は保存されていたが、現在は存在しない。[199] 国勢調査は定期的に行われていません。 1837年の国勢調査は当時信用を失っていたことに注意してください。統計家のドン・ホセ・デ・ラ・ヴァッレは、1837年にグアテマラの人口は60万人であると計算しました。[198] 1940年の国勢調査は燃やされた。[200] [199] Data from the remaining censuses is in the Historical Population table below.

Historical Population
Census Population
1778 430,859[198]
1825 507,126[198]
1837 490,787[198]
1852 787,000[198]
1880 1,224,602[201]
1893 1,364,678[202]
1914 2,183,166[200]
1921 2,004,900[200]
1950 2,870,272[200]
1964 4,287,997[203]
1973 5,160,221[203]
1981 6,054,227[203]
1994 8,321,067[203]
2002 11,183,388[204]
2018 14,901,286[2]

Guatemala is heavily centralized: transportation, communications, business, politics, and the most relevant urban activity takes place in the capital of Guatemala City,[citation needed] whose urban area has a population of almost 3 million.[189]

The estimated median age in Guatemala is 20 years old, 19.4 for males and 20.7 years for females.[189] Guatemala is demographically one of the youngest countries in the Western Hemisphere, comparable to most of central Africa and Iraq. The proportion of the population below the age of 15 in 2010 was 41.5%, 54.1% were aged between 15 and 65 years of age, and 4.4% were aged 65 years or older.[196]

Indigenous Guatemalan women in Antigua Guatemala.

Diaspora

A significant number of Guatemalans live outside of their country. The majority of the Guatemalan diaspora is located in the United States of America, with estimates ranging from 480,665[205] to 1,489,426.[206] The difficulty in getting accurate counts for Guatemalans abroad is because many of them are refugee claimants awaiting determination of their status.[207] Emigration to the United States of America has led to the growth of Guatemalan communities in California, Delaware, Florida, Illinois, New York, New Jersey, Texas, Rhode Island and elsewhere since the 1970s.[208] However, as of July 2019, the United States and Guatemala signed a deal to restrict migration and asylum seekers from Guatemala.[209]

Below are estimates of the number of Guatemalans living abroad for certain countries:

Country 2019
 United States 1,070,743
 Mexico 44,178
 Belize 25,086
 Canada 18,398
 El Salvador 9,005
 Spain 7,678
 Honduras 4,681
 France 3,296
 Costa Rica 2,699
 Italy 2,299
Total 1,205,644
Source:DatosMacro.[210]

Ethnic groups

Ethnic groups in Guatemala (2018 Census)[2]
Ethnic groups percent
Ladino
56.01%
Mayan
41.66%
Xinca
1.77%
Afro-Guatemalan
0.19%
Garífuna
0.13%
Foreign
0.24%

Guatemala is populated by a variety of ethnic, cultural, racial, and linguistic groups. According to the 2018 Census conducted by the National Institute of Statistics (INE), 56% of the population is Ladino reflecting mixed indigenous and European heritage.[211] Indigenous Guatemalans are 43.6% of the national population, which is one of the largest percentages in Latin America, behind only Peru and Bolivia. Most indigenous Guatemalans (41.7% of the national population) are of the Maya people, namely K'iche' (11.0% of the total population), Q'eqchi (8.3%), Kaqchikel (7.8%), Mam (5.2%), and "other Maya" (7.6%). 2% of the national population is indigenous non-Maya. 1.8% of the population is Xinca (mesoamerican), and 0.1% of the population is Garifuna (African/Carib mix).[211] "However, indigenous rights activists put the indigenous figure closer to 61 per cent." [212]

White Guatemalans of European descent, also called Criollo, are not differentiated from Ladinos (mixed-race) individuals in the Guatemalan census.[211] Most are descendants of German and Spanish settlers, and others derive from Italians, British, French, Swiss, Belgians, Dutch, Russians and Danish. German settlers are credited with bringing the tradition of Christmas trees to Guatemala.[213]

The population includes about 110,000 Salvadorans. The Garífuna, descended primarily from Black Africans who lived and intermarried with indigenous peoples from St. Vincent, live mainly in Livingston and Puerto Barrios. Afro-Guatemalans and mulattos descended primarily from banana plantation workers. There are also Asians, mostly of Chinese descent but also Arabs of Lebanese and Syrian descent. A growing Korean community in Guatemala City and in nearby Mixco, numbers about 50,000.[214]

Languages

Languages in Guatemala
Languages percent
Spanish
69.9%
Mayan languages
29.6%
English
0.1%
Other
0.2%
None
0.1%
Language map of Guatemala. The "Castilian" areas represent Spanish.

Guatemala's sole official language is Spanish, spoken by 93 percent of the population as either the first or second language.

Twenty-one Mayan languages are spoken, especially in rural areas, as well as two non-Mayan Amerindian languages: Xinca, which is indigenous to the country, and Garifuna, an Arawakan language spoken on the Caribbean coast. According to the Language Law of 2003, these languages are recognized as national languages.[215]


Indigenous integration and bilingual education

Throughout the 20th century there have been many developments in the integration of Mayan languages into the Guatemalan society and educational system. Originating from political reasons, these processes have aided the revival of some Mayan languages and advanced bilingual education in the country.

In 1945, in order to overcome "the Indian problem", the Guatemalan government founded The Institute Indigents ta National (NH), the purpose of which was to teach literacy to Mayan children in their mother tongue instead of Spanish, to prepare the ground for later assimilation of the latter. The teaching of literacy in the first language, which received support from the UN, significantly advanced in 1952, when the SIL (Summer Institute of Linguistics), located in Dallas, Texas, partnered with the Guatemalan Ministry of Education; within 2 years, numerous written works in Mayan languages had been printed and published, and vast advancement was done in the translation of the New Testament. Further efforts to integrate the indigenous into the Ladino[216] society were made in the following years, including the invention of a special alphabet to assist Mayan students transition to Spanish, and bilingual education in the Q'eqchi' area. When Spanish became the official language of Guatemala in 1965, the government started several programs, such as the Bilingual Castellanizacion Program and the Radiophonic Schools, to accelerate the move of Mayan students to Spanish. Unintentionally, the efforts to integrate the indigenous using language, especially the new alphabet, gave institutions tools to use Mayan tongues in schools, and while improving Mayan children's learning, they left them unequipped to learn in a solely Spanish environment. So, an additional expansion of bilingual education took place in 1980, when an experimental program in which children were to be instructed in their mother tongue until they are fluent enough in Spanish was created. The program proved successful when the students of the pilot showed higher academic achievements than the ones in the Spanish-only control schools. In 1987, when the pilot was to finish, bilingual education was made official in Guatemala.

Largest cities

Religion

The Catedral Metropolitana, Guatemala City.

Christianity continues to remain strong and vital for the life of Guatemalan society, but its composition has changed over generations of social and political unrest. Roman Catholicism, introduced by the Spanish during the colonial era, remains the largest denomination or church, accounting for 48.4% of the population as of 2007. Protestants, most of them Evangelical (most Protestants are called Evangelicos in Latin America) in a wide number of different denominations, made up 33.7% of the population at that time, followed by 1.6% in other religions (such as Judaism, Islam, and Buddhism), and 16.1% claiming no religious affiliation. A more recent 2012 survey reveals Catholics at 47.6%, Protestants at 38.2%, other religions at 2.6%, and the non-religious at 11.6%.

Since the 1970s, and particularly since the 1990s, Guatemala has experienced the rapid growth of Evangelical Protestantism, whose adherents currently form more than 38% of the population, and still growing, in different denominations.

Over the past two decades, particularly since the end of the civil war, Guatemala has seen heightened missionary activity. Protestant denominations have grown markedly in recent decades, chiefly Evangelical and Pentecostal varieties; growth is particularly strong among the ethnic Maya population, with the National Evangelical Presbyterian Church of Guatemala maintaining 11 indigenous-language presbyteries. The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints has grown from 40,000 members in 1984 to 164,000 in 1998, and continues to expand.[218][219]

The growth of Eastern Orthodox Church in Guatemala has been especially strong, with hundreds of thousands of converts in the last five years,[220][221][222][better source needed] giving the country the highest proportion of Orthodox adherents in the Western Hemisphere.

Traditional Maya religion persists through the process of inculturation, in which certain practices are incorporated into Catholic ceremonies and worship when they are sympathetic to the meaning of Catholic belief.[223][224] Indigenous religious practices are increasing as a result of the cultural protections established under the peace accords. The government has instituted a policy of providing altars at every Maya ruin to facilitate traditional ceremonies.

A church in San Andrés Xecul.

Between 1990 and 2012, the PROLADES Corporation made a study of public opinion polls in Guatemala.[225] Its data reveal a relative decline in Catholicism and significant growth of denominations within Evangelical Protestantism, people adhering to no religion, and minority faiths (including indigenous traditions). In 2018, Catholics and Evangelical Protestants found common cause against abortion, in a rare public demonstration of unity.[226]

Religion in Guatemala by Census
Census Roman Catholic Protestantism No religion Other*
November 1978[227] 82.9% 12.7% 4.4%**
December 1984[228] 69.6% 24.7% 4.5% 1.2%
March 1991[229] 63.3% 21.1% 13.9% 1.7%
May 1995[229] 65.0% 22.0% 12.0% 1.0%
October 2000 to January 2001[230] 55.1% 25.5% 17.4% 2.0%
February 2002[231] 57.4% 28.9% 11.6% 2.1%
June 2007[232] 48.4% 33.1% 16.1% 1.8%
April to May 2009[233] 53.8% 34.1% 10.6% 1.5%
August 2010[234] 47.2% 39.5% 12.3% 1.0%

*Including Judaism, Islam, Mayan religion, etc. **Including other religions and None/NA.

Immigration

During the colonial era Guatemala received immigrants (settlers) only from Spain. Subsequently, Guatemala received waves of immigration from Europe in the mid 19th century and early 20th century.[clarification needed] Primarily from Germany, these immigrants installed coffee and cardamom fincas in Alta Verapaz, Zacapa, Quetzaltenango, Baja Verapaz and Izabal. To a lesser extent people also arrived from Spain, France, Belgium, England, Italy, Sweden, etc.

Many European immigrants to Guatemala were politicians, refugees, and entrepreneurs as well as families looking to settle. Up to 1950 Guatemala was the Central American country that received the most immigrants, behind Costa Rica, and large numbers of immigrants are still received today.[clarification needed] Since the 1890s there have been small communities of Asians (in particular from Korea, China, Japan, Singapore, and the Philippines) but in recent decades this has been growing. Also, beginning with the First World War, the immigrant population is being strengthened by Jewish immigration.

During the second half of the twentieth century, Latin American immigration increased in Guatemala, particularly from other Central American countries, Mexico, Cuba, and Argentina, although most of these immigrants stayed only temporarily before going to their final destinations in the United States.[citation needed]

Country 2019
 El Salvador 19,704
 Mexico 18,003
 United States 8,871
 Nicaragua 8,787
 Honduras 8,608
 South Korea 1,833
 Spain 1,354
 Costa Rica 1,192
 Colombia 1,186
 Belize 904
Total 80,421
Source:DatosMacro.[235]

Health

Guatemala has among the worst health outcomes in Latin America with some of the highest infant mortality rates, and one of the lowest life expectancies at birth in the region.[236] With about 16,000 doctors for its 16 million people, Guatemala has about half the doctor-citizen ratio recommended by the WHO.[237] Since the end of the Guatemalan Civil War in 1997, the Ministry of Health has extended healthcare access to 54% of the rural population.[238]

Healthcare has received different levels of support from different political administrations who disagree on how best to manage distribution of services – via a private or a public entity – and the scale of financing that should be made available.[238] As of 2013, the Ministry of Health lacked the financial means to monitor or evaluate its programs.[238]

Total healthcare spending, both public and private, has remained constant at between 6.4 and 7.3% of the GDP.[239][240] Per-capita average annual healthcare spending was only $368 in 2012.[240] Guatemalan patients choose between indigenous treatments or Western medicine when they engage with the health system.[241]

Education

74.5% of the population aged 15 and over is literate, the lowest literacy rate in Central America. Guatemala has a plan to increase literacy over the next 20 years.[242]

The government runs a number of public elementary and secondary-level schools, as youth in Guatemala do not fully participate in education. These schools are free, though the cost of uniforms, books, supplies, and transportation makes them less accessible to the poorer segments of society and significant numbers of poor children do not attend school.[243] Many middle and upper-class children go to private schools. Guatemala has one public university (USAC or Universidad de San Carlos de Guatemala), and fourteen private ones (see List of universities in Guatemala). USAC was the first university in Guatemala and one of the first Universities of America.

Organizations such as Child Aid, Pueblo a Pueblo, and Common Hope, which train teachers in villages throughout the Central Highlands region, are working to improve educational outcomes for children. Lack of training for rural teachers is one of the key contributors to Guatemala's low literacy rates.

Culture

A Guatemalan woman selling souvenirs.

Guatemala City is home to many of the nation's libraries and museums, including the National Archives, the National Library, and the Museum of Archeology and Ethnology, which has an extensive collection of Maya artifacts. It also boasts private museums such as the Ixchel Museum of Indigenous Textiles and Clothing and the Museo Popol Vuh, which focuses on Maya archaeology. Both these museums are housed on the Universidad Francisco Marroquín campus. Most of the 329 municipalities in the country have at least a small museum.

Art

Guatemala has produced many indigenous artists who follow centuries-old Pre-Columbian traditions. Reflecting Guatemala's colonial and post-colonial history, encounters with multiple global art movements also have produced a wealth of artists who have combined the traditional primitivist or naive aesthetic with European, North American, and other traditions.

The Escuela Nacional de Artes Plásticas "Rafael Rodríguez Padilla" is Guatemala's leading art school, and several leading indigenous artists, also graduates of that school, have work in the permanent collection of the Museo Nacional de Arte Moderno in the capital city. Contemporary Guatemalan artists who have gained reputations outside of Guatemala include Dagoberto Vásquez, Luis Rolando Ixquiac Xicara, Carlos Mérida,[244] Aníbal López, Roberto González Goyri, and Elmar René Rojas.[245]

Literature

Cinema

The Guatemalan director Jayro Bustamante has gained an international audience with his films focused on Guatemalan contemporary society and politics : Ixcanul in 2015, and Temblores and La Llorona (The Weeping Woman) in 2019.

Media and news

Major national newspapers in Guatemala include Prensa Libre, El Periodico and Siglo21.[248][249] The Guatemala Times is a digital English news magazine.[250] Guatemala also has a few major local channels and radio stations, such as one of Guatemala's major radio stations, Emisoras Unidas.

Music

Guatemalan music comprises a number of styles and expressions. Guatemalan social change has been empowered by music such as nueva cancion, which blends together histories, present-day issues, and the political values and struggles of common people. The Maya had an intense musical practice, as documented by their iconography.[251][252] Guatemala was also one of the first regions in the New World to be introduced to European music, from 1524 on. Many composers from the Renaissance, baroque, classical, romantic, and contemporary music styles have contributed works of all genres. The marimba, which is like a wooden xylophone,[253] is the national instrument and its music is widely found in Guatemala.[254] It has developed a large repertoire of very attractive pieces that have been popular for more than a century.

The Historia General de Guatemala has published a series of CDs compiling the historical music of Guatemala, in which every style is represented, from the Maya, colonial, independent and republican eras to the present. Many contemporary music groups in Guatemala play Caribbean music, salsa, Garifuna-influenced punta, Latin pop, Mexican regional, and mariachi.

Cuisine

Black and red tamales in Guatemala

Many traditional foods in Guatemalan cuisine are based on Mayan cuisine and prominently feature maize, chilies and black beans as key ingredients. Traditional dishes also include a variety of stews including Kak'ik (Kak-ik), which is a tomato-based stew with turkey, pepian, and cocido. Guatemala is also known for its antojitos, which include small tamales called chuchitos, fried plantains, and tostadas with tomato sauce, guacamole or black beans. Certain foods are also commonly eaten on certain days of the week; for example, a popular custom is to eat paches (a kind of tamale made from potatoes) on Thursday. Certain dishes are also associated with special occasions, such as fiambre for All Saints' Day on 1 November, or tamales and ponche (fruit punch), which are both very common around Christmas.

Sports

Football

Football is the most popular sport in Guatemala and its national team has appeared in 18 editions of the CONCACAF Championship, winning it once, in 1967. However, the team has failed to qualify to a FIFA World Cup so far. Established in 1919, the National Football Federation of Guatemala organizes the country's national league and its lower-level competitions.

Futsal

Futsal is probably the most successful team sport in Guatemala. Its national team won the 2008 CONCACAF Futsal Championship as hosts. It was also the runner-up in 2012 as hosts and won the bronze medal in 2016.

Guatemala participated for the first time in the FIFA Futsal World Cup in 2000, as hosts, and has played in every competition from 2008 onwards. It has never passed the first round. It has also participated in every Grand Prix de Futsal since 2009, reaching the semifinals in 2014.

Olympics

The Guatemalan Olympic Committee was founded in 1947 and recognized by the International Olympic Committee that same year. Guatemala participated in the 1952 Summer Olympics, and in every edition since the 1968 Summer Olympics. It has also appeared in a single Winter Olympics edition, in 1988.

Erick Barrondo won the only Olympic medal for Guatemala so far, silver in race walking at the 2012 Summer Olympics.

Other sports

Guatemala also keeps national sports teams in several disciplines such as basketball or beach volleyball.[255]

See also

References

  1. ^ Banco de Guatemala 1996.
  2. ^ a b c https://www.censopoblacion.gt/mapas
  3. ^ "International Religious Freedom Report for 2017: Guatemala". www.state.gov. Retrieved 27 July 2018.
  4. ^ a b c d e "World Economic Outlook Database, October 2018". IMF.org. International Monetary Fund. Retrieved 7 March 2019.
  5. ^ "GINI index (World Bank estimate)". data.worldbank.org. World Bank. Retrieved 7 March 2019.
  6. ^ Human Development Report 2020 The Next Frontier: Human Development and the Anthropocene (PDF). United Nations Development Programme. 15 December 2020. pp. 343–346. ISBN 978-92-1-126442-5. Retrieved 16 December 2020.
  7. ^ a b ""World Population prospects – Population division"". population.un.org. United Nations Department of Economic and Social Affairs, Population Division. Retrieved 9 November 2019.
  8. ^ a b ""Overall total population" – World Population Prospects: The 2019 Revision" (xslx). population.un.org (custom data acquired via website). United Nations Department of Economic and Social Affairs, Population Division. Retrieved 9 November 2019.
  9. ^ Blakeley 2009, p. 92.
  10. ^ Cooper 2008, p. 171.
  11. ^ Solano 2012, pp. 3–15.
  12. ^ Navarro 1999.
  13. ^ "Human Development Index (HDI) | Human Development Reports". hdr.undp.org. Archived from the original on 28 January 2017. Retrieved 15 January 2017.
  14. ^ Conservation International 2007.
  15. ^ Campbell 1997.
  16. ^ Troika study abroad programs 2006.
  17. ^ Rain Forest Wordpress 2013.
  18. ^ Mary Esquivel de Villalobos. "Ancient Guatemala". Authentic Maya. Archived from the original on 23 May 2007. Retrieved 29 April 2007.
  19. ^ Leyden, Barbara. "Pollen Evidence for Climatic Variability and Cultural Disturbance in the Maya Lowlands" (PDF). University of Florida. Archived from the original (PDF) on 6 February 2009.
  20. ^ "Chronological Table of Mesoamerican Archaeology". Regents of the University of California : Division of Social Sciences. Archived from the original on 6 April 2007. Retrieved 29 April 2007.
  21. ^ Bower, Bruce (3 June 2020). "Lidar reveals the oldest and biggest Maya structure yet found". Science News. Retrieved 17 June 2020.
  22. ^ "John Pohl's MESOAMERICA: CHRONOLOGY: MESOAMERICAN TIMELINE". Archived from the original on 8 July 2016. Retrieved 3 July 2016.
  23. ^ a b c Gill, Richardson Benedict (2000). The Great Maya Droughts. University of New Mexico Press. p. 384. ISBN 0-8263-2774-5. Archived from the original on 23 January 2016. Retrieved 6 November 2015.
  24. ^ Foster 2000.
  25. ^ a b "This Ancient Civilization Was Twice As Big As Medieval England". National Geographic News. 1 February 2018. Retrieved 8 September 2019.
  26. ^ "Archaeologists Find Ancient Lost Cities Using Lasers". msn.com. Retrieved 8 September 2019.
  27. ^ "ARCHAEOLOGISTS FIND ANCIENT MAYAN LOST CITIES IN GUATEMALA USING LASERS". Newsweek. 29 September 2018.
  28. ^ "Sprawling Maya network discovered under Guatemala jungle". BBC News. 2 February 2018.
  29. ^ Little, Becky. "Lasers Reveal 60,000 Ancient Maya Structures in Guatemala". HISTORY. Retrieved 8 September 2019.
  30. ^ "Hidden Ancient Mayan 'Megalopolis' With 60,000 Structures Discovered in Guatemala Using Lasers". yahoo.com. Retrieved 8 September 2019.
  31. ^ Berke, Jeremy. "Archaeologists found thousands of hidden structures in the Guatemalan jungle – and it could re-write human history". Business Insider. Retrieved 8 September 2019.
  32. ^ "HIDDEN ANCIENT MAYAN 'MEGALOPOLIS' WITH 60,000 STRUCTURES DISCOVERED IN GUATEMALA USING LASERS". Newsweek. 2 February 2018.
  33. ^ Chukwurah, Precious (30 September 2018). "Archaeologists Discover Ancient Mayan Lost City in Northern Guatemala Using Lasers". Olodo Nation (Nigeria). Retrieved 8 September 2019.
  34. ^ "This major discovery upends long-held theories about the Maya civilization". The Washington Post. Archived from the original on 25 January 2021.
  35. ^ Wehner, Mike (2 February 2018). "Archaeologists discovered an ancient Mayan megacity hidden in a Guatemalan jungle". BGR. Retrieved 8 September 2019.
  36. ^ Lovell 2005, p. 58.
  37. ^ Lienzo de Quauhquechollan Archived 24 July 2009 at the Wayback Machine digital map exhibition on the History of the conquest of Guatemala.
  38. ^ Foster 2000, pp. 69–71.
  39. ^ Connecting China with the Pacific World By Angela Schottenhammer(2019) (Page 144-145) "The wreck excavation could prove that European style jewellery was being made in the Philippines. Some 156 intact storage jars were discovered. Investigations revealed that they had come from kilns in South China, Cochin China (Vietnam), and Siam (Thailand), and one was of Spanish design. The archaeology of the Nuestra Señora de la Concepción, consequently also provides us with intriguing new insights into the trans Pacific trade connection and the commodities involved. Each time a galleon arrived at Acapulco, a market, la feria, was organized. This attracted all kinds of people such as Indian peddlers, Mexican an d Peruvian merchants, soldiers, the king's offi cials and friars, as well as a few Chinese and some Filipinos. From Acapulco, the goods were tran sported into the hinterlands, into Mexico City and various other places, including Peru. The Peruvian port at that time was Call ao and the Ciudad de los Reyes, that is Lima, t he capital of the Viceroyalty of Peru. Generally speaking, much of what was not sold (rezagos) directly i n Acapulco was redirected towards Peru. Peru vian ships, mainly loaded with silver, mercury, cacao from Guayaquil, and Per uvian wines, sailed to ports alongthe Mexican and Guatemalan coasts, returning with Asian goods and leftover cargo from the galleon ships. Besides Callao and Guayaquil, Paita was also frequently a por to of call. For the social and ruling elites, such high quality Chinese fabrics, porcelainsor other lux ury items were, of course, a prestige and statu s symbol. Complying with the prohibition legis lation meant for political authorities and offici als torenounce such luxuries and social presti ge items. It was no wonder that so manydid n ot comply with the law. Dionisio Alcedo y Herr era (1690-1777), president of the Audiencia d e Quito from December 30, 1728 to December 30, 1736,accused José de Araujo y Río, his su ccessor, of having illegally imported Chinese and European clothes of more than 200,000 pesos in value from Acapulco through the port of Paita on the San Fermin. José Llorente, fiscal attorney of the Real Audie ncia of Panama in 1714, had to pay a fine of 2, 000 pesos for having accepted the commercialization and consumption of Chinese clothes that had been transported from Peru. As a part of the clandestine trading networks, Guatemala and Panama, for example, served as intermediate storage locations for Asian goods. In 1709, for example, the Consulate of Lima reported that various French vessels had arrived at ports of Sotavento wi th Chinese cargo, and also Spanish galleons returning from the Philippines were full with Chinese cargo, especially clothes. Other manuscripts confirm that a famous local smuggler, Jos é de Frías, undertook two voyages annually to Acapulco or Zihuatanejo from Callao/ Lima to deposit large quantities of Chinese clothes. The case of the Peruvian ship Santo Cristo de León, in 1716, that belonged to a well known captain and ship owner of Lima, Matías Talledo, may serve as another example. It carried a huge cargo of contraband items, and the captain hadt o undergo interrogation when this was discovered. However, so many people profited from illicit trade that in the end the governor of Panama permitted captain Tallado to return to Callao with Asian and European goods, without sending his ship for inspection, although this incident cost the merchants involved 9,000 pesos. After 1730, smaller ports of Ecuador increased in importance in these networks. In the eighteenth century, Matías de Córdoba, a captain from Lima, was one of the principal actors in the shipment of Asian goods to Peru Between February and October 1725 1,414 pie ces of Chinese clothes (“piezas deropa de China") in total were confiscated in Latin America The benefits from bribes and chantage that the contraband trade yielded for local authorities were simply much more tangible than the compensations offered by the Crown to detect such illegal activities."
  40. ^ "Flag". Guatemala Go. Archived from the original on 26 September 2013. Retrieved 22 September 2013.
  41. ^ González Davison 2008, pp. 84–85.
  42. ^ González Davison 2008, p. 85.
  43. ^ González Davison 2008, p. 86.
  44. ^ González Davison 2008, p. 87.
  45. ^ González Davison 2008, p. 88.
  46. ^ González Davison 2008, p. 89.
  47. ^ González Davison 2008, pp. 91–92.
  48. ^ González Davison 2008, p. 92.
  49. ^ a b Hernández de León 1959, p. 20 April.
  50. ^ González Davison 2008, p. 96.
  51. ^ a b Hernández de León 1959, p. 48.
  52. ^ a b González Davison 2008, pp. 122–127.
  53. ^ a b c Hernández de León 1959, p. ?[page needed].
  54. ^ a b Compagnie Belge de Colonisation 1844.
  55. ^ Woodward 1993, p. 498.
  56. ^ a b c d e Hernández de León 1930.
  57. ^ Miceli 1974, p. 72.
  58. ^ González Davison 2008, p. 270.
  59. ^ González Davison 2008, pp. 270–271.
  60. ^ González Davison 2008, p. 271.
  61. ^ a b c d González Davison 2008, p. 275.
  62. ^ a b González Davison 2008, p. 278.
  63. ^ González Davison 2008.
  64. ^ a b González Davison 2008, p. 279.
  65. ^ a b González Davison 2008, p. 280.
  66. ^ Weaver 1999, p. 138.
  67. ^ Calvert 1985, p. 36.
  68. ^ prensalibre.com. "Vicente Cerna". Archived from the original on 6 January 2015. Retrieved 5 September 2014.
  69. ^ Barrientos 1948, p. 106.
  70. ^ Barrientos & s.f., p. 106.
  71. ^ Aycinena 1854, pp. 2–16.
  72. ^ González Davison 2008, p. 428.
  73. ^ de Ferranti, David (2004). Inequality in Latin America: Breaking with History? (PDF). Washington DC, USA: World Bank. pp. 109–122. Archived (PDF) from the original on 18 August 2017. Retrieved 10 December 2018.
  74. ^ Foster 2000, pp. 173–175.
  75. ^ a b De los Ríos 1948, p. 78.
  76. ^ De los Ríos 1948, p. 82.
  77. ^ Chapman 2007, p. 54.
  78. ^ Arévalo Martinez 1945, p. 42.
  79. ^ Arévalo Martinez 1945, p. 46.
  80. ^ Torres Espinoza 2007, p. 42.
  81. ^ Dosal 1993.
  82. ^ Chapman 2007.
  83. ^ Chapman 2007, p. 83.
  84. ^ de Aerenlund 2006.
  85. ^ Arévalo Martinez 1945, p. 146.
  86. ^ Dosal 1993, p. 27.
  87. ^ Forster 2001, pp. 12–15.
  88. ^ Gleijeses 1991, pp. 10–11.
  89. ^ a b Forster 2001, p. 29.
  90. ^ Gleijeses 1991, p. 13.
  91. ^ Gleijeses 1991, p. 17.
  92. ^ Forster 2001, pp. 29–32.
  93. ^ Gleijeses 1991, p. 14.
  94. ^ Gleijeses 1991, p. 22.
  95. ^ Forster 2001, p. 19.
  96. ^ Schlesinger & Kinzer 1999, pp. 67–71.
  97. ^ Gleijeses 1991, p. 20.
  98. ^ Immerman 1982, p. 37.
  99. ^ Gleijeses 1991, p. 19.
  100. ^ De los Ríos 1948, p. 98.
  101. ^ Shillington 2002, pp. 38–39.
  102. ^ Streeter2000, pp. 11–12.
  103. ^ Immerman 1982, p. 32.
  104. ^ Grandin 2000, p. 195.
  105. ^ Benz 1996, pp. 16–17.
  106. ^ Loveman & Davies 1997, pp. 118–120.
  107. ^ Forster, Cindy (1994). "The Time of "Freedom": San Marcos Coffee Workers and the Radicalization of the Guatemalan National Revolution, 1944–1954". Radical History Review. 1994 (58): 35–78. doi:10.1215/01636545-1994-58-35.
  108. ^ Forster 2001, pp. 89–91.
  109. ^ Streeter 2000, pp. 12–15.
  110. ^ a b c Chomsky, Noam (1985). Turning the Tide. Boston, Massachusetts: South End Press. pp. 154–160.
  111. ^ Streeter 2000, pp. 14–15.
  112. ^ Forster 2001, pp. 98–99.
  113. ^ a b Streeter 2000, pp. 15–16.
  114. ^ Streeter 2000, pp. 16–17.
  115. ^ Gleijeses 1991, pp. 73–84.
  116. ^ Streeter 2000, pp. 18–19.
  117. ^ a b Immerman 1982, pp. 64–67.
  118. ^ Gleijeses 1991, pp. 144–146.
  119. ^ a b Gleijeses 1991, pp. 149–164.
  120. ^ Immerman 1982, pp. 48–50.
  121. ^ Paterson 2009, p. 304.
  122. ^ a b Schlesinger & Kinzer 1999, p. 102.
  123. ^ Gleijeses 1991, pp. 228–231.
  124. ^ Immerman 1982, pp. 122–127.
  125. ^ a b Immerman 1982, pp. 161–170.
  126. ^ Schlesinger & Kinzer 1999, pp. 171–175.
  127. ^ a b c Immerman 1982, pp. 173–178.
  128. ^ Schlesinger & Kinzer 1999, pp. 190–204.
  129. ^ McClintock, Michael (1987). American Connection.
  130. ^ Chomsky, Noam (1985). Turning the Tide. Boston, Massachusetts: South End Press.
  131. ^ LaFeber 1993, p. 165.
  132. ^ McClintock, Michael (1987). The American Connection Vol II. pp. 216–7.
  133. ^ "Outright Murder". Time.com. 11 February 1980. Archived from the original on 11 August 2010. Retrieved 1 June 2010.
  134. ^ What Guilt Does the U.S. Bear in Guatemala? Archived 18 February 2017 at the Wayback Machine The New York Times, 19 May 2013. Retrieved 13 July 2014.
  135. ^ Allan Nairn: After Ríos Montt Verdict, Time for U.S. to Account for Its Role in Guatemalan Genocide Archived 21 November 2016 at the Wayback Machine. Democracy Now! 15 May 2013.
  136. ^ Burgos-Debray, Elizabeth (2010). I, Rigoberta Menchu. Verso.
  137. ^ a b "Conclusions: Human rights violations, acts of violence and assignment of responsibility". Guatemala: Memory of Silence. Guatemalan Commission for Historical Clarification. Archived from the original on 29 December 2006. Retrieved 26 December 2006.
  138. ^ "Los archivos hallados en 2005 podrían ayudar a esclarecer los crímenes cometidos durante la guerra civil" (in Spanish). Europapress.es. 9 February 2012. Archived from the original on 26 September 2013. Retrieved 22 September 2013.
  139. ^ Ogle, Kathy. "Guatemala's REMHI Project: Memory Form Below". nacla Reporting on the Americas since 1967. North American Congress on Latin America. Archived from the original on 10 July 2018. Retrieved 9 July 2018.
  140. ^ a b Stanford, Peter (16 March 2008). "Review of The Art of Political Murder: Who Killed Bishop Gerardi?, by Francisco Goldman". The Independent. London, UK. Retrieved 25 July 2016.
  141. ^ New York Times article by David Gonzalez, 9 June 2001 "Guatemalan Court Sentences 3 Soldiers for 1998 Murder of Bishop" https://www.nytimes.com/2001/06/09/world/guatemalan-court-sentences-3-soldiers-for-1998-murder-of-bishop.html Archived 10 July 2018 at the Wayback Machine access date=7 September 2018
  142. ^ "Gibson film angers Mayan groups Archived 28 November 2009 at the Wayback Machine". BBC News. 8 December 2006.
  143. ^ "GENOCIDE – GUATEMALA Archived 3 February 2004 at the Wayback Machine"
  144. ^ Babington, Charles (11 March 1999). "Clinton: Support for Guatemala Was Wrong". The Washington Post. pp. Page A1. Archived from the original on 19 October 2013. Retrieved 21 September 2013.
  145. ^ Malkin, Elisabeth (10 May 2013). "Gen. Efraín Ríos Montt of Guatemala Guilty of Genocide". The New York Times. Archived from the original on 25 January 2017. Retrieved 16 February 2017.
  146. ^ Guatemala Rios Montt genocide trial to resume in 2015 Archived 14 August 2018 at the Wayback Machine. BBC, 6 November 2013.
  147. ^ Guatemala court: former dictator can be tried for genocide – but not sentenced Archived 11 December 2016 at the Wayback Machine. The Guardian. 25 August 2015.
  148. ^ a b Dudley, Steven (21 November 2011). "Guatemala to Extradite Portillo, but Real Problem Remains". InsightCrime. Archived from the original on 31 July 2016. Retrieved 21 July 2016.
  149. ^ CICIS. "PRESS RELEASE 041: CICIG APPEALS ACQUITTAL OF FORMER PRESIDENT PORTILLO AND TWO EX MINISTERS". Archived from the original on 7 October 2016. Retrieved 23 July 2016.
  150. ^ McDonald, Mike (24 May 2013). "Guatemalan ex-president extradited to U.S. on money laundering charges". Guatemala City. Reuters.
  151. ^ "Sealed Indictment: UNITED STATES OF AMERICA -v.- ALFONSO PORTILLO" (PDF). UNITED STATES DISTRICT COURT SOUTHERN DISTRICT OF NEW YORK. Archived (PDF) from the original on 15 August 2016. Retrieved 22 July 2016. (09CRIM1142)
  152. ^ "New Guatemala President Otto Perez Molina takes office". BBC News. 15 January 2012.
  153. ^ a b Véliz, Rodrigo (17 April 2015). "El Caso SAT: el legado de la inteligencia militar". Centro de Medios Independientes de Guatemala (in Spanish). Guatemala. Archived from the original on 22 April 2015. Retrieved 22 April 2015.
  154. ^ "Caso SAT: Así operaba La Línea según el informe de la CICIG". El Periódico (in Spanish). Guatemala. 10 June 2015. Archived from the original on 10 June 2015. Retrieved 10 June 2015.
  155. ^ Solano, Luis (22 April 2015). "#Caso SAT ¿La punta del iceberg?". Albedrío (in Spanish). Guatemala. Archived from the original on 25 April 2015. Retrieved 25 April 2015.
  156. ^ Itzamná, Ollantay (21 May 2015). "Guatemala: Indígenas y campesinos indignados exigen la renuncia del Gobierno y plantean un proceso de Asamblea Constituyente popular". Albedrío (in Spanish). Guatemala. Archived from the original on 21 May 2015. Retrieved 21 May 2015.
  157. ^ Porras Castejón, Gustavo (19 June 2015). "Los Estados Unidos y su nueva forma de colonialismo en la que no hay necesidad de tropas". Plaza Pública (in Spanish). Guatemala. Archived from the original on 24 September 2015. Retrieved 19 June 2015.
  158. ^ "Capturan al ex secretario general de la presidencia". Emisoras Unidas (in Spanish). Guatemala. 9 July 2015. Archived from the original on 9 July 2015. Retrieved 9 July 2015.
  159. ^ "CICIG sí, pero sin Velásquez, dice Baldizón". ElPeriódico (in Spanish). Guatemala. 29 July 2015. Archived from the original on 29 July 2015. Retrieved 29 July 2015.
  160. ^ "Ex vicepresidenta Baldetti capturada esta mañana por tres delitos". ElPeriódico (in Spanish). Guatemala. 21 August 2015. Archived from the original on 21 August 2015. Retrieved 21 August 2015.
  161. ^ "No renunciaré, enfatiza Pérez Molina". Emisoras Unidas (in Spanish). Guatemala. 23 August 2015. Archived from the original on 24 August 2015. Retrieved 23 August 2015.
  162. ^ "Cacif pide renuncia inmediata de Otto Pérez Molina". Prensa Libre (in Spanish). Guatemala. 21 August 2015. Archived from the original on 19 February 2018. Retrieved 19 February 2018.
  163. ^ "Vuelan dos exministros: Lopez Ambrosio ayer a Panamá y López Bonilla hoy hacia la Dominicana". ElPeriódico (in Spanish). Guatemala. 27 August 2015. Archived from the original on 27 August 2015. Retrieved 27 August 2015.
  164. ^ Olmstead, Gladys; Medina, Sofía (27 August 2015). "El multimillonario rescata a OPM a cambio de un tesoro". Nomada (in Spanish). Guatemala. Archived from the original on 23 January 2016. Retrieved 27 August 2015.
  165. ^ Ruano, Jessica (21 August 2015). "CICIG: Otto Pérez participó en "La Línea"". Guatevisión. Guatemala. Archived from the original on 21 August 2015. Retrieved 21 August 2015.
  166. ^ "Guatemala's President Otto Perez Molina resigns". BBC News. 3 September 2015.
  167. ^ "Renuncia el presidente Otto Pérez". Prensa Libre (in Spanish). 3 September 2015. Archived from the original on 5 September 2015. Retrieved 3 September 2015.
  168. ^ "Pérez Molina se presentará ante el juez dice su abogado". Prensa Libre. Guatemala. 3 September 2015. Archived from the original on 5 September 2015. Retrieved 3 September 2015.
  169. ^ "Tienen toda la intención de destruirme, afirma Otto Perez, ya en tribunales". Siglo 21 (in Spanish). Guatemala. 3 September 2015. Archived from the original on 3 September 2015. Retrieved 3 September 2015.
  170. ^ Alder, Dan (13 June 2016). "Ex-Guatemala Regime Likened to Organized Crime Syndicate". Insight Crime. Archived from the original on 21 July 2016. Retrieved 19 July 2016.
  171. ^ a b "Jimmy Morales inaugurated as new Guatemala president". BBC News. 15 January 2016.
  172. ^ "Guatemala says it will move its embassy from Tel Aviv to Jerusalem". Haaretz.
  173. ^ a b "Guatemala swears in Alejandro Giammattei as president | DW | 15.01.2020". DW.COM.
  174. ^ "Search Called Off For Hurricane Eta Landslide Victims in Guatemala | The Weather Channel - Articles from The Weather Channel | weather.com". The Weather Channel. Retrieved 12 November 2020.
  175. ^ "Guatemala presenta su primer inventario de humedales en la historia" (PDF). Archived from the original on 6 April 2006. Retrieved 1 January 2007.CS1 maint: bot: original URL status unknown (link). iucn.org
  176. ^ "MAB Biosphere Reserves Directory". UNESCO. Archived from the original on 22 March 2017. Retrieved 1 June 2010.
  177. ^ Grantham, H. S.; Duncan, A.; Evans, T. D.; Jones, K. R.; Beyer, H. L.; Schuster, R.; Walston, J.; Ray, J. C.; Robinson, J. G.; Callow, M.; Clements, T.; Costa, H. M.; DeGemmis, A.; Elsen, P. R.; Ervin, J.; Franco, P.; Goldman, E.; Goetz, S.; Hansen, A.; Hofsvang, E.; Jantz, P.; Jupiter, S.; Kang, A.; Langhammer, P.; Laurance, W. F.; Lieberman, S.; Linkie, M.; Malhi, Y.; Maxwell, S.; Mendez, M.; Mittermeier, R.; Murray, N. J.; Possingham, H.; Radachowsky, J.; Saatchi, S.; Samper, C.; Silverman, J.; Shapiro, A.; Strassburg, B.; Stevens, T.; Stokes, E.; Taylor, R.; Tear, T.; Tizard, R.; Venter, O.; Visconti, P.; Wang, S.; Watson, J. E. M. (2020). "Anthropogenic modification of forests means only 40% of remaining forests have high ecosystem integrity - Supplementary Material". Nature Communications. 11 (1): 5978. doi:10.1038/s41467-020-19493-3. ISSN 2041-1723. PMC 7723057. PMID 33293507.
  178. ^ "Maldonado Aguirre revala su terna vicepresidencial". Prensa Libre (in Spanish). Guatemala. 3 September 2015. Archived from the original on 5 September 2015. Retrieved 3 September 2015.
  179. ^ "Fuentes Soria nombrado vicepresidente". ElPeriódico (in Spanish). Guatemala. 16 September 2015. Archived from the original on 17 September 2015. Retrieved 16 September 2015.
  180. ^ Encyclopedia of the Inter-American System by George Pope Atkins Greenwood Press, Westport, Connecticut (1997) p. 36.
  181. ^ Gorina-Ysern, Montserrat. "OAS Mediates in Belize-Guatemala Border Dispute". ASIL Insights. American Society of International Law. Archived from the original on 21 March 2015. Retrieved 29 April 2007.
  182. ^ Jorge Luján Muñoz, director general. (2005). Historia General de Guatemala. Guatemala: Asociación de Amigos del País. ISBN 84-88622-07-4.
  183. ^ "Cancelarán 12 mil 109 plazas en el Ejército". Prensa Libre. 2 April 2004. Archived from the original on 10 July 2007.
  184. ^ "Chapter XXVI: Disarmament – No. 9 Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons". United Nations Treaty Collection. 7 July 2017.
  185. ^ "Municipios de Guatemala". Secretaría de Planificación y Programación de la Presidencia (in Spanish). Guatemala. Archived from the original on 7 July 2015. Retrieved 29 September 2015.
  186. ^ a b Bargent, James (4 July 2013). "Extrajudicial Killings on the Rise in Guatemala". InsightCrime. Retrieved 6 January 2019.
  187. ^ a b c Sanford, Victoria. "Violence and Genocide in Guatemala". Genocide Studies Program. Yale University. Archived from the original on 28 August 2016. Retrieved 22 July 2016.
  188. ^ a b "Where women are killed by their own families". bbcnews.com. 5 December 2015. Archived from the original on 13 December 2015. Retrieved 22 December 2015.
  189. ^ a b c d "CIA World Factbook, Guatemala". July 2011. Retrieved 22 December 2011.
  190. ^ "Guatemala: An Assessment of Poverty". World Bank. Archived from the original on 2 March 2010. Retrieved 9 January 2009.
  191. ^ El Producto Interno Bruto de Guatemala Archived 3 July 2015 at the Wayback Machine DeGuate
  192. ^ As Biofuel Demands Grows, So Do Guatemala's Hunger Pangs Archived 8 January 2013 at the Wayback Machine. The New York Times. 5 January 2013
  193. ^ Guatemala sees opium poppies as potential revenue-spinners Reuters. 7 May 2014. Retrieved 6 January 2020.
  194. ^ Dan Oancea Mining In Central America. Mining Magazine. January 2009 Archived 16 May 2011 at the Wayback Machine
  195. ^ "Guatemala Report 2006: Summary Review". Archived from the original on 8 February 2007. Retrieved 15 January 2007.CS1 maint: bot: original URL status unknown (link) Amnesty International, 2006. Retrieved 26 January 2007.
  196. ^ a b "World Population Prospects - Population Division - United Nations". population.un.org. Archived from the original on 6 May 2011.
  197. ^ "Population Statistics". Populstat.info. Archived from the original on 22 May 2010. Retrieved 1 June 2010.
  198. ^ a b c d e f Squier, E. G (1858). The States of Central America: Compromising Chapters on Honduras, San Salvador, Nicaragua, Costa Rica, Guatemala, Belize, the Bay Islands, the Mosquito Shore, and the Honduras Inter-Oceanic Railway. Franklin Square, New York: Harper & Brothers. pp. 45, 49, 57.
  199. ^ a b Platt, Lyman (1998). Census Records for Latin America and the Hispanic United States. Baltimore, MD: Genealogical Publishing Company. p. 38. ISBN 0806315555.
  200. ^ a b c d McCreery, David (1994). Rural Guatemala, 1760-1940. Stanford, CA: Stanford University Press. p. 346. ISBN 9780804723183.
  201. ^ Library of Congress., Census Library Project; Taeuber, Irene Barnes; United States, Bureau of the Census (1943). General censuses and vital statistics in the Americas: an annotated bibliography of the historical censuses and current vital statistics of the 21 American Republics, the American Sections of the British Commonwealth of Nations, the American Colonies of Denmark, France, and the Netherlands, and the American Territories and Possessions of the United States. Washington DC: U.S.G.P.O. p. 47.
  202. ^ Loveman, Mara (2014). "Racial Classification and the State in Latin America". National Colors: Racial Classification and the State in Latin America. JStor: Oxford University Press. p. 33. ISBN 9780199337378.
  203. ^ a b c d Monaghan, John, ed. (2000). Supplement to the Handbook of the Middle American Indians, Volume 6: Ethnology. Austin, TX: University of Texas Press. p. 227. ISBN 9780292791787.
  204. ^ Holbrock, Mary (2016). Mayan Literacy Reinvention in Guatemala. Albuquerque, NM: University of New Mexico Press. p. 224. ISBN 9780826357236.
  205. ^ The 2000 U.S. Census recorded 480,665 Guatemalan-born respondents; see Smith (2006)
  206. ^ Smith, James (April 2006). "DRC Migration, Globalisation and Poverty". Archived from the original on 27 December 2016. Retrieved 14 July 2007.
  207. ^ "Guatemalans". multiculturalcanada.ca. November 2009. Archived from the original on 20 April 2008.
  208. ^ "Migration Information Statistics". Migrationinformation.org. Archived from the original on 9 June 2010. Retrieved 1 June 2010.
  209. ^ Semple, Kirk (28 July 2019). "The U.S. and Guatemala Reached an Asylum Deal: Here's What It Means". The New York Times. ISSN 0362-4331. Retrieved 29 July 2019.
  210. ^ [1] Guatemala-Emigration 2019. Datosmacro
  211. ^ a b c https://www.censopoblacion.gt/dondeestamos
  212. ^ "Guatemala Minority Rights Group International, State of the World's Minorities and Indigenous Peoples 2013 - Guatemala, 24 September 2013". refworld. Minority Rights Group International. 24 September 2013. Retrieved 15 August 2021.
  213. ^ "History of the Christmas Tree". Archived from the original on 5 September 2006.
  214. ^ Rodríguez, Luisa (29 August 2004) "Guatemala como residencia". Archived from the original on 30 March 2009. Retrieved 1 June 2016.. prensalibre.com.
  215. ^ "Ley de Idiomas Nacionales, Decreto Número 19-2003" (PDF) (in Spanish). El Congreso de la República de Guatemala. Archived from the original (PDF) on 27 September 2007. Retrieved 10 June 2007.
  216. ^ Heimberger, Janet L. Language and Ethnicity: Multiple Literacies in Context, Language Education in Guatemala. Bilingual Research Journal. Vol. 30, Issue 1, pp. 65–86, 2006.
  217. ^ http://citypopulation.de/en/guatemala/cities/
  218. ^ "Quetzaltenango Guatemala". churchofjesuschrist.org. Retrieved 3 February 2015.
  219. ^ "Quetzaltenango Guatemala LDS (Mormon) Temple". Ldschurchtemples.com. Retrieved 3 February 2015.
  220. ^ Jackson, Fr. Peter (13 September 2013). "150,000 Converts in Guatemala". Interview Transcript. Ancient Faith Radio. Archived from the original on 13 October 2014. Retrieved 23 May 2014.
  221. ^ "Orthodox Catholic Church of Guatemala". Orthodox Metropolis of Mexico. 2013. Archived from the original on 7 May 2014. Retrieved 23 May 2014.
  222. ^ Brandow, Jesse (27 August 2012). "Seminarian Witnesses "Explosion" of Orthodox Christianity in Guatemala". St. Vladimir's Orthodox Theological Seminary. Archived from the original on 29 August 2012. Retrieved 23 May 2014.
  223. ^ From Guatemala: the focolare, a school of inculturation Archived 14 August 2011 at the Wayback Machine. Focolare. 28 July 2011. Retrieved on 2 January 2012.
  224. ^ Duffey, Michael K Guatemalan Catholics and Mayas: The Future of Dialogue Archived 18 June 2012 at the Wayback Machine
  225. ^ The Latin American Socio-Religious Studies Program / Programa Latinoamericano de Estudios Sociorreligiosos (PROLADES) Archived 16 May 2015 at the Wayback Machine PROLADES Religion in America by country
  226. ^ Justine Benoit, "Guatemala pro-abortionists retreat in face of religious opposition," LA CROIX INTERNATIONAL, 6 September 2018.
  227. ^ Archives of Births, Grown Population, and other demographics characters in census of Central America in the decades of 1970 and 1980. Central America population center (University of Costa Rica). Guatemala 1978 Census.
  228. ^ 1984-Census of the Population Archived 17 June 2018 at the Wayback Machine CIRMA.
  229. ^ a b "Demographics Census in Guatemala in the 1990s – X Censo Nacional de Población y V de Habitación Guatemala 1994". Archived from the original on 28 April 2017. Retrieved 6 December 2016.
  230. ^ "2000–2001 -Latinobarómetro Database". Archived from the original on 5 July 2015. Retrieved 6 December 2016.
  231. ^ [2] Archived 14 March 2014 at the Wayback Machine Instituto Nacional de Estadísticas
  232. ^ Guatemala profile – Religious Freendom Archived 10 June 2016 at the Wayback Machine The Association of Religion Data Archives (ARDA).
  233. ^ Global Restrictions on Religion Archived 3 December 2016 at the Wayback Machine Pew Research Center's Forum on Religion & Public Life (2009)
  234. ^ The Latin American Socio-Religious Studies Program / Programa Latinoamericano de Estudios Sociorreligiosos (PROLADES) Archived 16 May 2015 at the Wayback Machine PROLADES Religion in L.A by country (2010)
  235. ^ [3] Guatemala-Immigration 2019. Datosmacro
  236. ^ World Bank, Poverty and Inequality, 2003, http://econ.worldbank.org/external/default/main?pagePK=64165259&theSitePK=477894&piPK=64165421&menuPK=64166093&entityID=000094946_0302070416252 Archived 14 July 2014 at the Wayback Machine
  237. ^ The Healthcare System in Guatemala, blog, 2012, http://naranetacrossing.wordpress.com/2012/09/27/the-healthcare-system-in-guatemala/ Archived 15 July 2014 at the Wayback Machine
  238. ^ a b c Universal Health Coverage Studies Series (UNICO), UNICO Studies Series No. 19, Christine Lao Pena, Improving Access to Health Care Services through the Expansion of Coverage Program (PEC): The Case of Guatemala, p. 7, http://www-wds.worldbank.org/external/default/WDSContentServer/WDSP/IB/2013/02/04/000425962_20130204103631/Rendered/PDF/750010NWP0Box30ge0Program0GUATEMALA.pdf Archived 14 July 2014 at the Wayback Machine
  239. ^ World Bank Data, http://data.worldbank.org/indicator/SH.XPD.TOTL.ZS/countries/GT?display=graph Archived 25 May 2014 at the Wayback Machine
  240. ^ a b WHO Country data, Guatemala, 2012, http://www.who.int/countries/gtm/en/ Archived 14 July 2014 at the Wayback Machine
  241. ^ Walter Randolph Adams and John P. Hawkins, Health Care in Maya Guatemala: Confronting Medical Pluralism in a Developing Country (Norman: University of Oklahoma Press, 2007), 4–10.
  242. ^ Education (all levels) profile – Guatemala Archived 12 January 2012 at the Wayback Machine. UNESCO Institute for Statistics. Retrieved on 2 January 2012.
  243. ^ "Development + Cooperation: Guatemala's Social Problems - "Free - but still too expensive"". Development + Cooperation: D+C. Archived from the original on 6 January 2019. Retrieved 6 January 2019.
  244. ^ "retrieved September 28, 2009". Latinartmuseum.com. 1 October 2009. Archived from the original on 26 May 2010. Retrieved 1 June 2010.
  245. ^ "Elmar Rojas y la utopia pictorica latinoamercana". Latinartmuseum.com. Archived from the original on 31 May 2010. Retrieved 1 June 2010.
  246. ^ Menchú, Rigoberta (2009). I, Rigoberta Menchu: An Indian Woman in Guatemala Paperback – January 12, 2010. ISBN 978-1844674183.
  247. ^ Crossing Borders Hardcover – August 17, 1998. 1998. ISBN 1859848931.
  248. ^ "Prensa Libre – Periódico líder de Guatemala". Archived from the original on 14 June 2008. Retrieved 14 June 2008.
  249. ^ "Archived copy". Archived from the original on 3 March 2011. Retrieved 3 September 2015.CS1 maint: archived copy as title (link)
  250. ^ "The Guatemala Times". Guatemala-times.com. Archived from the original on 22 September 2013. Retrieved 22 September 2013.
  251. ^ Bethany Kay Duke (May 2014). Palatial soundscapes : music in Maya court societies (Thesis). University of Texas ScholarWorks. Archived from the original on 14 September 2016. Retrieved 1 June 2016.
  252. ^ "Mayan instrument iconography". bibliolore. International Repertory of Music Literature. 13 October 2014. Archived from the original on 7 August 2016. Retrieved 19 July 2016.
  253. ^ SCHWEITZER, VIVIEN (29 June 2008). "The Marimba, Rich and Warm, Makes Itself Heard". New York Times. Archived from the original on 5 January 2018. Retrieved 4 June 2018.
  254. ^ Saeed, Saeed (22 March 2018). "Also performing at Festival in the Park". The National. Archived from the original on 4 June 2018. Retrieved 4 June 2018.
  255. ^ "Continental Cup Finals start in Africa". FIVB. 22 June 2021. Retrieved 7 August 2021.

Bibliography

Further reading

External links

0.32946705818176