文法範疇

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

文法範疇または文法的特徴は、言語文法内の項目のプロパティです各カテゴリ内には、通常は相互に排他的な2つ以上の可能な値(grammemesと呼ばれることもあります)があります。頻繁に遭遇する文法範疇は次のとおりです。

用語の使用は著者によって異なりますが、文法範疇と品詞範疇を区別する必要があります。語彙範疇統語範疇と見なされる)は、主に伝統文法の品詞に対応し、名詞、形容詞などを指します。

カテゴリ値の音韻的表現(たとえば、名詞の「数字」をマークする単語の終わり)は、指数と呼ばれることもあります。

文法関係は、構文木の位置に応じて、特定の品詞を持つ単語と句の間の関係を定義します。従来の関係には、主語目的語、および間接目的語が含まれます。

割り当てと意味

式の特定の構成要素は、通常、各カテゴリで1つの値のみを取ることができます。たとえば、名詞または名詞句は、両方とも「数値」カテゴリの値であるため、単数形と複数形の両方にすることはできません。ただし、これらは異なるカテゴリ(数と性別)を表すため、複数形と女性形の両方にすることができます。

カテゴリは、それらが表現するために使用される意味のタイプに関して説明され、名前が付けられる場合があります。たとえば、時制のカテゴリは通常、発生時刻(過去、現在、未来など)を表します。ただし、純粋に文法的な特徴は、必ずしも単純にまたは一貫して意味の要素に対応するわけではなく、著者が異なれば、用語や分析において大幅に異なるアプローチを取る可能性があります。たとえば、時制、アスペクト気分のカテゴリに関連付けられている意味は、3つのカテゴリのそれぞれに対応する個別の文法要素を持たない動詞の活用パターンにまとめられていることがよくあります。時制-アスペクト-ムードを参照してください

カテゴリの表示

カテゴリは、語尾変化によって単語にマークを付けることができます。たとえば、英語では、名詞の数通常単数形の場合は名詞をそのままにし、複数形の場合は接尾辞-sを追加することでマークされます(ただし、一部の名詞は不規則な複数形をしています)。他の場合には、カテゴリーは、それが関係するアイテムに明白にマークされていない場合があり、多くの場合、文法上の合意によって、文の他の文法的特徴によってのみ明示されます。

例えば:

鳥は歌うことができます。
は歌うことができます

上記の文では、名詞の番号は、末尾の-sの有無によって示されます。

走っています。
走っています。

上記では、名詞の数は名詞自体にマークされていません(は通常のパターンに従って屈折しません)が、名詞と動詞の一致に反映されます。単数のトリガー、、複数の数です。

歌っています。
歌っています

この場合、番号は名詞にはっきりとマークされており、動詞の一致にも反映されています。

しかし:

羊は走ることができます。

この場合、名詞(または動詞)の数は文の表面形式ではまったく表示されないため、あいまいさが生じます(少なくとも文を単独で表示する場合)。

文法範疇の指数は、単語の同じ位置または「スロット」に表示されることがよくあります(接頭辞接尾辞encliticなど)。この例はラテン語の場合で、すべて接尾辞です:ros a、ros ae、ros ae、ros am、rosā 「バラ」、主格属格与格対格格)。

カテゴリは、1つの単語(句、場合によっては)よりも大きい文の構成要素にも関係します。フレーズは、多くの場合、その見出しからカテゴリ値を継承します。たとえば、上記の文では、鳥の名詞句 は、鳥の名詞から複数形を継承しています他の場合、そのような値はフレーズが構築される方法に関連付けられています。たとえば、調整された名詞句のトムとメアリーでは、それが構成されている両方の名詞が単数であるにもかかわらず、句は複数形を持っています(複数形の動詞が必要です)。

名詞の文法範疇

従来の構造文法では、文法範疇は意味上の区別です。これは、形態学的または構文上のパラダイムに反映されています。しかし、意味を文法とは別のものと見なす生成文法では、それらは構文要素の分布を定義するカテゴリーです。[1]ロマーン・ヤーコブソンのような構造主義者にとって、文法範疇は「使用のすべての文脈に等しく存在する意味の単一の特徴」の二項対立に基づいた語彙素でした。文法範疇を定義する別の方法は、単一の概念領域からの意味を表現し、他のそのようなカテゴリーとは対照的であり、形式的に類似した表現によって表現されるカテゴリーとしてです。[2]別の定義では、文法範疇と品詞範疇を区別します。つまり、文法範疇の要素は共通の文法的意味を持ちます。つまり、それらは言語の文法構造の一部です。[3]

も参照してください

参考文献

  1. ^ 文法範疇としてのジョーン・バイビー「Irrealis」。人類学言語学、Vol。40、No。2(1998年夏)、257〜271ページ
  2. ^ 文法範疇とは何ですか?-SIL.org
  3. ^ 「文法範疇」言語学の簡潔なオックスフォード辞書。PHマシューズ。オックスフォード大学出版局、2007年。オックスフォードリファレンスオンライン。オックスフォード大学出版局。ブラウン大学。2012年3月31日< http://www.oxfordreference.com/views/ENTRY.html?subview=Main&entry=t36.e1391 >