グローバルデジタル数学ライブラリ

Global Digital Mathematics Library ( GDML ) [1] は、数学に焦点を当てたデジタル ライブラリを確立するために、国際数学連合(IMU)の後援の下で組織されたプロジェクトです

作業グループは、2014 年の国際数学者会議の後、2014 年 9 月に、元 IMU 会長のイングリッド・ドーベシーズとIMU 電子情報通信委員会 (CEIC) のピーター・J・オルバー委員長によって招集されました。現在[いつ?] ]作業グループには 8 人のメンバーがおり、以下のとおりです。

背景

2014 年の春、数理科学の世界的図書館計画委員会は、「数学研究のための 21 世紀の世界的図書館の開発」と題した包括的な研究を発表しました。[2]この報告書は、その戦略計画のセクションで次のように述べています。GDML を通じて リンクされたオープン データとして研究者が利用できるようになります。」

ワークショップ

「数学的知識の意味表現」と題したワークショップが、2016 年 2 月 3 日から 5 日にかけてトロントのフィールズ研究所で開催されました。 [3] [4]ワークショップの目標は、数学的知識の意味表現言語のプロトタイプの基礎を築くことでした。 GDML。ワークショップの主催者は、数学全体の範囲が非常に広いため、個々の数学主題に必要で使用される詳細な概念、構造、演算を計画するのは非現実的であると認識しました。したがって、ワークショップは、追加の数学的結果の構成要素として機能する可能性のある特定の分野における顕著で基本的な定理の表現を含む数学的表現言語の現状の調査と、個々の分野に最適なセマンティックコンポーネントを特定して設計する方法を議論することに限定されました。数学の。

ワークショップの主催者は現在[いつ?] ]ワークショップの結論を要約した報告書を作成し、GDML に向けたさらなる進歩のための推奨事項を作成します。

参考文献

  1. ^ "グローバル デジタル数学ライブラリ ワーキング グループ (GDML WG) - "世界デジタル数学ライブラリ" (WDML)".
  2. ^ 評議会、国家研究 (2014 年 3 月 18 日)。 「数学研究のための 21 世紀の世界的図書館の開発」。土井:10.17226/18619。
  3. ^ “フィールズ研究所 - 数学的知識の意味表現ワークショップ”.
  4. ^ “計算可能な数学のアーカイブ: Wolfram 財団プロジェクト (またはプログラム)”.

こちらも参照

「https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Global_Digital_Mathematics_Library&oldid=1190895568」から取得