ドイツ帝国

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

ドイツ帝国
ドイツ帝国
1871〜 1918年
ドイツ帝国の紋章(1889–1918)[1]
紋章
(1889–1918)[1]
モットー: 神は我らと共に[2]
( "God with us")
国歌: 皇帝陛下[3]
(「勝利者の王冠であなたに雹を」)
ドイツ帝国1914.svg
ドイツ国(1871-1918)-en.png
1914年のドイツ帝国
資本
そして最大の都市
ベルリン
52°31'N13 °24'E / 52.517°N 13.400°E / 52.517; 13.400座標52°31'N13 °24'E  / 52.517°N 13.400°E / 52.517; 13.400
共通言語公式
ドイツ語
宗教
1880年の国勢調査
多数派:62.63
合同プロテスタント
ルター派改革派
少数派:
35.89%ローマカトリック
1.24%ユダヤ人
0.17%その他キリスト教
0.07%その他
政府
天皇 
•1871〜1888
ヴィルヘルム1世
•1888
フリードリヒ3世
•1888〜1918
ヴィルヘルム2世
首相 
•1871〜1890
オットーフォンビスマルク
•1890-1894
レオ・フォン・カプリヴィ
•1894-1900
ChlodwigzuHohenlohe-Schillingsfürst
•1900〜1909
ベルンハルトフォンビューロー
•1909-1917
Theobald von Bethmann-Hollweg
•1917年
ゲオルク・ミカエリス
•1917-1918
ゲオルクフォンヘルトリング
•1918年
マックスフォンバーデン
立法府
歴史的時代新帝国主義 •第一次世界大戦
• 統一
1871年1月18日
• 憲法
1871年4月16日
1884年11月15日
1914年7月28日
1918年11月3日
1918年11月9日
• 休戦
1918年11月11日
1919年8月11日
領域
1910 [5]540,857.54 km 2(208,826.26平方マイル)
人口
•  1871 [6]
41,058,792
•  1900 [6]
56,367,178
•  1910 [6]
64,925,993
通貨ドイツのゴールドマーク
(1873–1914)
ドイツのパピエルマルク
(1914–1918)
前任者
成功
北ドイツ
連邦
バイエルン
ヴュルテンベルク
バーデン
ヘッセン
ワイマール共和国
メメルテリトリー
ザールテリトリー
ダンジグ
植民地の所有物を含まない面積と人口

ドイツ帝国またはドイツ帝国[ a] [7] [8] [9] [10]帝国ドイツとも呼ばれ[11]カイザーライヒ、および単にドイツは、ドイツの時代でした。帝国[12]は、1871年のドイツ統一から1918年の11月革命まで、ドイツ帝国がその統治形態を君主制から共和国に変更した。[13] [14]

1871年1月18日、オーストリアを除く南ドイツの州が北ドイツ連邦に加盟し、4月16日に新憲法が施行され、連邦国の名前がドイツ帝国に変更され、ドイツの称号が導入されたとき設立されました。ホーエンツォレルン家のプロイセン王ヴィルヘルム1世の皇帝[15]ベルリンは首都のままであり、プロイセン自由州首相のオットー・フォン・ビスマルクが政府の長である首相に就任した。これらのイベントが発生すると、プロイセン 北ドイツ連邦主導の北ドイツ連邦とその南ドイツの同盟国は、依然として普仏戦争に従事していた。

ドイツ帝国は26の州で構成され、それぞれが独自の貴族、4つの構成王国、6つの大公国、5つの公国(1876年以前は6つ)、7つの公国、3つの自由な ハンザス 都市1つの帝国領土を持っていました。プロイセンはこの領域の4つの王国の1つでしたが、帝国の人口と領土の約3分の2が含まれ、プロイセンの王はドイツ皇帝でもあったため、プロイセンの支配も憲法上確立されていました(ドイツ語:カイザー)

1850年以降、ドイツの州は急速に工業化され、石炭、鉄(およびその後の鉄鋼)、化学薬品、および鉄道に特に強みがありました。1871年、ドイツの人口は4,100万人でした。1913年までに、これは6,800万に増加しました。1815年に地方の州の集まりであった現在、統一されたドイツは主に都市になりました。[16]ドイツの工業化の成功は、20世紀初頭以来、2つの形で現れました。ドイツの工場は、英国やフランスの工場よりも大きく、近代的でした。[17]自然科学、特に物理学と化学におけるドイツ帝国の優位性は、すべてのノーベル賞の1つがドイツの発明家と研究者に贈られるようなものでした。その47年間の存在の間に、ドイツ帝国はヨーロッパの産業、技術、科学の巨人になり、1913年までに、ドイツは大陸ヨーロッパで最大の経済であり、世界で3番目に大きい経済でした。[18]ドイツも大国になり、ヨーロッパで最も長い鉄道網、世界最強の軍隊[19]、そして急成長している産業基盤を築き上げました。[20] 1871年に非常に小さく始まって、10年で、海軍はイギリス海軍に次ぐようになりました1890年にヴィルヘルム2世によってオットー・フォン・ビスマルクが撤去された後、帝国は第一次世界大戦の勃発に最終的に貢献した好戦的な新しいコースである世界 政策に着手しました。

1871年から1890年にかけて、オットーフォンビスマルクの最初の任期と今日まで最も長く勤めた首相は、比較的自由主義的でしたが、その後はより保守的になりました。広範な改革と文化闘争は、彼の在職期間を示しました。ビスマルクの首相官邸の後半、そして彼の以前の個人的な反対にもかかわらず、ドイツは植民地主義に関与するようになりましたアフリカ分割でまだ主張されていない残りの領土の多くを主張し、イギリスフランスに次ぐ、当時3番目に大きな植民地帝国を築き上げました。[21]植民地国家として、それは他のヨーロッパの大国、特に大英帝国の利益と衝突することがありました。植民地拡大の間に、ドイツ帝国はヘレロとナマクアの大量虐殺を犯しました。[22]

さらに、ビスマルクの後継者は、ドイツが外交的に孤立するのを妨げていた前任者の複雑で、変化し、重複する同盟を維持することができませんでした。この時期は、天皇の決定に影響を与えるさまざまな要因によって特徴づけられました。これらの要因は、一般の人々によって矛盾した、または予測不可能であるとしばしば認識されていました。1879年、ドイツ帝国はオーストリア-ハンガリーとの二同盟を統合し、1882年にイタリアとの三国同盟を統合しました。また、オスマン帝国との強い外交関係を維持しました。1914年の大危機が到来したとき、イタリアは同盟とオスマン帝国を去りました正式にはドイツと同盟を結んでいます。

第一次世界大戦では、1914年の秋にパリを迅速に占領するというドイツの計画は失敗し、西部戦線での戦争は膠着状態になりました。連合国の海軍封鎖深刻な食糧不足を引き起こしました。しかし、帝国ドイツは東部戦線で成功しました。ブレスト・リトフスク条約に続いて、東側の領土を大量に占領しました1917年初頭のドイツの無制限潜水艦戦宣言は、米国を戦争に巻き込むことに貢献した。1918年10月、春季攻勢が失敗した後、ドイツ軍は撤退し、オーストリア゠ハンガリー軍とオスマン帝国は崩壊しました。ブルガリアは降伏しました。帝国は1918年11月の革命で君主の退位により崩壊し、戦後の連邦共和国は荒廃した大衆を統治することになりました。ヴェルサイユ条約は、戦後の賠償費用として1,320億ゴールドマーク(2019年には約2,690億米ドルまたは2,400億ユーロ、1921年には約320億米ドル)を課しました[23]。徴兵制、装甲車両、潜水艦、航空機、および6隻以上の戦艦。[24]結果として生じる経済的荒廃、後に大恐慌によって悪化した、そしてドイツ国民が経験した屈辱と怒りは、アドルフ・ヒトラーナチズムの台頭の主要な要因と考えられています。[25]

歴史

背景

巧みな政治的動きでドイツを統一した政治家、ビスマルク首相

ドイツ連邦、1814年のパリ条約の第6条でほのめかされた後、ナポレオン戦争の結果として1815年6月8日にウィーン会議の行為によって創設されました[26]

1848年のリベラル革命は、教育を受けた裕福な中産階級のリベラルと都市の職人との関係が崩壊した後、崩壊しました。オットーフォンビスマルクの実用的なレアルポリティークは、伝統的な貴族だけでなく農民にもアピールしました。[27]ビスマルクは、ホーエンツォレルンの覇権をドイツの州全体に拡大しようとした。そうすることは、ドイツ国家の統一と、その後のドイツ帝国からのプロイセンの主要なドイツのライバルであるオーストリアの排除を意味しました。彼は保守的なプロイセン支配のドイツを思い描いていた。1864年のデンマークに対する二次シュレースヴィヒ戦争、普墺戦争1866年、そして1870年から1871年の普仏戦争は、汎ゲルマン主義の理想を刺激し、ドイツ国家の形成に貢献しました。

ドイツ連邦、1866年の普墺戦争の結果、オーストリア帝国とその同盟国の構成組織とプロイセンとその同盟国との間で終結しました。戦争の結果、1867年にマイン川の北にある22の州からなる北ドイツ連邦に部分的に置き換えられました普仏戦争によって生み出された愛国心は、メイン南部の4つの州で統一されたドイツ(オーストリアを除く)に対する残りの反対勢力を圧倒し、1870年11月に条約によって北ドイツ連邦に加わりました。[28]

財団

1884年のウィリアム1世

1870年12月10日、北ドイツ連邦国会議事堂は連合を「ドイツ帝国」と改名し、ドイツ皇帝の称号を、連邦のブンデスプレシディウムとして、プロシアヴィルヘルム1世に与えました。[29]新憲法(ドイツ連邦憲法)と皇帝の称号は1871年1月1日に発効した。1871年1月18日のパリ包囲の間に、ウィリアムは鏡の間皇帝と宣言されることを受け入れた。ヴェルサイユ[30]

1871年4月14日に国会議事堂によって採択され、4月16日に皇帝によって宣言された第2のドイツ憲法[30]は、実質的にビスマルクの北ドイツ憲法に基づいていた。政治体制は変わりませんでした。帝国には国会議事堂と呼ばれる議会があり、これは普遍的な男性の参政権によって選出されましたしかし、1871年に描かれた元の構成員は、都市部の成長を反映するために再描画されることはありませんでした。その結果、1890年代と1900年代にドイツの都市が大幅に拡大するまでに、農村部は著しく過大評価されていました。

アントン・フォン・ヴェルナー(1877年)によるドイツ帝国の布告、ヴィルヘルム1世の布告(1871年1月18日、ヴェルサイユ宮殿)を描いたもの。左から、表彰台(黒):フレデリック皇太子(後のフリードリヒ3世)、彼の父、皇帝、そしてバーデンのフリードリヒ1世が、新しい皇帝に乾杯を提案しています。中央(白):オットー・フォン・ビスマルク、ドイツ初代首相、ヘルムート・フォン・モルトケ長老、プロイセン参謀長。

立法はまた、27州の連邦参議院議員である連邦参議院の同意を必要とした。行政権は皇帝、または彼だけに責任がある首相によって支援されたカイザーに与えられました。皇帝は憲法によって広範な権限を与えられました。彼だけが首相を任命して解任し(実際には、皇帝は首相を通じて帝国を統治しました)、軍の最高司令官であり、すべての外交の最終的な仲裁者であり、国会議事堂を解散して呼び出すこともできました新しい選挙のために。公式には、首相は一人の内閣であり、すべての州の業務の遂行に責任がありました。実際には、国務長官(財政、戦争、外交などの分野を担当する最高の官僚)は他の君主制の大臣のように機能しました。国会議事堂には、法案を可決、修正、または却下し、立法を開始する権限がありました。しかし、前述のように、実際には、真の権力は皇帝に与えられ、皇帝は首相を通じてそれを行使しました。

名目上は連邦帝国と同等のリーグですが、実際には、帝国は最大かつ最も強力な国家であるプロイセンによって支配されていました。プロイセンは新帝国の北部の3分の2に広がり、人口の5分の3を占めていました。大英帝国王冠は、プロイセンの支配者であるホーエンツォレルン家に継承されていました。1872年から1873年と1892年から1894年を除いて、首相は常に同時にプロイセンの首相でした。連邦参議院での58票のうち17票で、ベルリンは効果的な統制を行使するために、より小さな州からのわずか数票しか必要としませんでした。

他の州は独自の政府を保持しましたが、主権の限られた側面しかありませんでした。たとえば、帝国全体に対して切手と通貨の両方が発行されました。1つのマークを通るコインも帝国の名前で鋳造されましたが、より価値の高い作品は州によって発行されました。しかし、これらのより大きな金と銀の問題は事実上記念コインであり、流通は限られていました。

州は独自の装飾を発行し、一部は独自の軍隊を持っていましたが、小さな国の軍隊はプロイセンの支配下に置かれました。バイエルン王国やザクセン王国などの大国は、プロイセンの原則に沿って調整されており、戦時中は連邦政府によって管理されていました。

ドイツ帝国の進化は、10年前に統一された国民国家となったイタリアの並行した発展と幾分一致しています。ドイツ帝国の権威主義的政治構造のいくつかの重要な要素は、明治下の大日本帝国における保守的な近代化とロシア帝国の皇帝下での権威主義的政治構造の保存の基礎でもありました

これらの政府の社会的解剖学の1つの要因は、都市部と組み合わせた農民による革命的な突破口がなかった結果として 、上陸したエリートユンカーによる政治権力の非常に大きなシェアの保持でした。

多くの点で権威主義的ですが、帝国にはいくつかの民主的な特徴がありました。普通選挙に加えて、それは政党の発展を可能にしました。ビスマルクは、権威主義的政策の継続を覆い隠す憲法上のファサードを作成することを意図していた。その過程で、彼は深刻な欠陥のあるシステムを作成しました。プロイセンとドイツの選挙制度の間には大きな格差がありました。プロイセンは非常に制限の厳しい3クラスの投票システムを使用しました人口の最も裕福な3分の1が議会の85%を選ぶことができましたが、保守的な過半数を保証することを除いてすべてです。上記のように、国王と(2つの例外を除いて)プロイセンの首相は帝国の皇帝と首相でもありました。つまり、同じ統治者が完全に異なるフランチャイズから選出された立法府から多数派を探す必要がありました。普通選挙権は、1890年代以降の農村地域の全体的な過剰代表によって大幅に希薄化されました。世紀の変わり目までに、都市と農村の人口バランスは1871年から完全に逆転しました。帝国の人々の3分の2以上が都市や町に住んでいました。

ビスマルク時代

ビスマルクの国内政策は、カイザーライヒの権威主義的な政治文化を築く上で重要な役割を果たしました1871年の統一後、大陸の権力政治にあまり夢中にならなかったドイツの半議会政府は、上からの比較的スムーズな経済的および政治的革命を実行し、当時の世界をリードする産業大国になるための道を歩み始めました。

ビスマルクの「革命的保守主義」は、ユンカーのエリートだけでなく、普通のドイツ人を王位と帝国により忠実にするために設計された保守的な国家建設戦略でした。Kees vanKersbergenとBarbaraVisによると、彼の戦略は次のとおりです。

社会的権利を与えて、階層社会の統合を強化し、労働者と国家の間に絆を築き、後者を強化し、社会と地位のグループ間の伝統的な権威の関係を維持し、近代主義勢力に対抗する力を提供する自由主義と社会主義の。[31]

ビスマルクは1880年代にドイツに近代福祉国家を創設し、1871年に普遍的な男性参政権を制定した。[32]彼はドイツの保守派の偉大な英雄となり、彼の記憶に多くの記念碑を建て、彼の政策を模倣しようとした。[33]

外交政策

ビスマルクの1871年以降の外交政策は保守的であり、ヨーロッパの勢力均衡を維持しようと努めていました。イギリスの歴史家エリック・ホブズボームは、「1871年以降のほぼ20年間、多国間外交チェスの試合で誰もが認める世界チャンピオンであり続け、権力間の平和を維持することに専念し、成功を収めた」と結論付けています。[34]これは、彼が強さと拡大を支持したプロイセンに対する彼の冒険的な外交政策からの逸脱であり、「時代の大きな問題は演説や多数決によって解決されない-これは1848年の誤りだった- 49 –しかし、鉄と血によって。」[35]

ビスマルクの最大の関心事は、フランスが普仏戦争で敗北した後、復讐を企てることでした。フランス人は自分たちでドイツを打ち負かす力を欠いていたので、ロシアとの同盟を求めました。それは戦争でドイツを2人の間に閉じ込めるでしょう(最終的には1914年に起こります)。ビスマルクはこれを絶対に防ぎ、ロシア人との友好関係を維持したいと考え、1881年にロシア人とオーストリアハンガリー条約(三帝同盟)との同盟を結んだ。同盟は別の非侵略によってさらに強固になった。1887年に署名された再保険条約と呼ばれるロシアとの協定。[36]この期間中、ドイツ軍内の個人はロシアに対する先制攻撃を提唱していましたが、ビスマルクはそのような考えがばかげていることを知っていました。彼はかつて、「その気候、砂漠、そして倹約のために、そして防衛するためのフロンティアが1つしかないため、ロシア国家に対して最も輝かしい勝利は役に立たないだろう」と書いた。 。

その間、首相は、遠く離れた戦争のようにさえ見えた外交政策の進展に警戒を続けた。1886年、彼は騎兵隊に使用される可能性があるため、フランスへの馬の販売の試みをやめさせ、ドイツの化学工場からのロシアの大規模な医薬品購入の調査を命じました。ビスマルクは頑固にフランス大使のゲオルク・ヘルベルト・ミュンスターに耳を傾けることを拒否した。彼はフランス人が復讐戦争を求めておらず、どんな犠牲を払っても平和を切望していると報告した。

ビスマルクと彼の同時代人のほとんどは保守的な考えを持っており、ドイツの近隣諸国に外交政策の注意を向けていました。1914年には、英国の投資のわずか5%に対して、ドイツの外国投資の60%はヨーロッパにありました。資金の大部分は、自力で工業化するための資本や技術的知識が不足しているロシアなどの発展途上国に向けられました。ドイツの銀行によって資金提供されたバグダッド鉄道の建設は、最終的にドイツをオスマン帝国およびペルシャ湾と接続するように設計されましたが、英国およびロシアの地政学的利益とも衝突しました。バグダッド鉄道をめぐる紛争は1914年6月に解決されました。

多くの人がビスマルクの外交政策を首尾一貫したシステムであり、ヨーロッパの安定の維持に部分的に責任があると考えています。[37]それはまた、慎重な防御とヨーロッパの主要国としての地位の制約から解放されたいという願望とのバランスをとる必要性によって特徴づけられた。[37]ビスマルクの後継者たちは、彼の外交政策の遺産を追求しなかった。たとえば、1890年に首相を解任したカイザーヴィルヘルム2世は、ドイツのオーストリアとの同盟を支持してロシアとの条約を失効させ、最終的にロシアとフランスの間のより強力な連立構築につながりました。[36]

コロニー

ドイツ人は1848年以来植民地帝国主義を夢見ていた。[38]ビスマルクは海外の所有物を取得することにほとんど関心がなかったが、ほとんどのドイツ人は熱心であり、1884年までに彼はドイツ領ニューギニアを取得した。[39] 1890年代までに、アジア太平洋におけるドイツ植民地の拡大(中国のキアウチャウ、中国の天津マリアナカロリン諸島、サモア)は、英国、ロシア、日本、および米国との摩擦を引き起こした。最大の植民地企業はアフリカにあり[40]1906年から1907年に現在のナミビアでヘレロ戦争が発生し、ヘレロとナマクアの大量虐殺が発生した。[41]

経済

1900年までに、ドイツはヨーロッパ大陸で最大の経済となり、主要な経済的ライバルでもあった米国と大英帝国に次ぐ世界第3位の経済となりました。その存在を通して、それは重工業によって導かれた経済成長と近代化を経験しました。1871年には、大部分が農村部の人口である4,100万人でしたが、1913年までに、これは主に都市部の人口である6,800万人に増加しました。[42]

産業用電力

30年間、ドイツは英国に対してヨーロッパの主要な産業大国になるために奮闘しました。ドイツの産業の代表は、エッセンに最初の工場が建設された鉄鋼大手のクルップでした。1902年までに、工場だけで「独自の道路、独自の警察、消防署、交通法規を備えた大都市になりました。150キロメートルの鉄道、60の異なる工場の建物、8,500の機械工具、7つの電気ステーション、140キロメートルの地下ケーブル、および46オーバーヘッド。」[43]

ビスマルクの下で、ドイツは福祉国家の構築において世界の革新者でした。ドイツの労働者は、健康、事故、出産の給付、食堂、更衣室、国民年金制度を享受していました。[44]

鉄道

最初は技術基盤がなかったため、ドイツ人は英国からエンジニアリングとハードウェアを輸入しましたが、鉄道の運営と拡張に必要なスキルをすぐに習得しました。多くの都市では、新しい鉄道店が技術の認識と訓練の中心であったため、1850年までに、ドイツは鉄道建設の需要を満たすのに自給自足になり、鉄道は新しい鉄鋼産業の成長の主要な推進力となりました。 。しかし、1870年のドイツ統一は、統合、国有企業への国有化、そしてさらなる急速な成長を刺激しました。フランスの状況とは異なり、目標は工業化の支援でした。そのため、太い線がルール地方や他の工業地域を横断し、ハンブルクの主要港への良好な接続を提供しました。ブレーメン1880年までに、ドイツには9,400両の機関車があり、43,000人の乗客と30,000トンの貨物を牽引し、フランスに先んじて鍛造されました。[45]ドイツの鉄道線路の全長は1871年の21,000km(13,000マイル)から1913年までに63,000 km(39,000マイル)に拡大し、米国に次ぐ世界最大の鉄道網を確立した[46]ドイツの鉄道ネットワークに続いて、オーストリア-ハンガリー(43,280 km、26,890 mi)、フランス(40,770 km、25,330 mi)、英国(32,623 km、20,271 mi)、イタリア(18,873 km、11,727 mi)、スペイン(15,088 km、9,375 mi)が続きました。 mi)。[47]

業界

クルップエッセンで働いています、1890年

ドイツでは工業化がダイナミックに進み、ドイツの製造業者は英国の輸入品から国内市場を獲得し始め、海外、特に米国で英国の産業と競争し始めました。国内市場で英国のメーカーに取って代わった。ドイツは大陸で支配的な経済大国となり、英国に次ぐ2番目に大きな輸出国でした。

ドイツの工業化における技術の進歩は、鉄道の波(1877–1886)、染料の波(1887–1896)、化学の波(1897–1902)、電気工学の波(1903–1918)の4つの波で発生しました。[48]ドイツは英国よりも後に工業化されたため、英国の工場をモデル化することができ、資本をより効率的に利用し、技術の限界に飛躍するレガシー手法を回避することができました。ドイツは、特に化学、モーター、電気の研究に英国よりも多額の投資をしました。物理学と化学におけるドイツの優位性は、すべてのノーベル賞の3分の1がドイツの発明家と研究者に贈られるようなものでした。ドイツのカルテルシステム(Konzerneとして知られています)は、大幅に集中しているため、資本をより効率的に利用することができました。ドイツは、防衛を必要とする高価な世界帝国に圧倒されていませんでした。1871年にドイツがアルザスロレーヌを併合した後、それはフランスの産業基盤であったものの一部を吸収しました。[49]

1900年までに、ドイツの化学産業は合成染料の世界市場を支配しました[50] 3つの主要企業BASF[51] バイエルヘキストは、5つの小規模企業とともに、数百の異なる染料を製造しました。1913年、これら8社は世界の染料供給量のほぼ90%を生産し、その生産量の約80%を海外に販売しました。3つの主要企業は、上流で必須原材料の生産にも統合され、医薬品写真フィルム農薬電気化学などの他の化学分野にも拡大し始めました。トップレベルの意思決定は、プロのサラリーマンの手に委ねられていました。チャンドラーを率いて、ドイツの染料会社を「世界初の真に経営的な産業企業」と呼んでいます。[52]化学研究から生まれた製薬業界など、研究からの多くのスピンオフがありました。[53] ドイツの工場は、イギリスやフランスの工場よりも大きく、近代的でした。[54]

第一次世界大戦(1914–1918)の開始までに、ドイツの産業は戦争生産に切り替わりました。最も大きな需要は、大砲と砲弾の生産のための石炭と鉄鋼、および輸入制限の対象となる材料の合成のための化学物質、および化学兵器と戦争用品でした。

統合

プロイセンのリーダーシップの下での帝国の創設は、グロースドイッチュラントの概念に対するクラインドゥーシュラント(小ドイツ)の概念の勝利でしたこれは、かなりのドイツ語を話す人口を持つ多民族帝国であるオーストリア-ハンガリーが、ドイツの国民国家の外にとどまるということを意味しました。ビスマルクの方針は、外交的に解決策を追求することでした。ドイツとオーストリアの間の効果的な同盟は、1914年 に第一次世界大戦に参加するというドイツの決定に大きな役割を果たしました。

ビスマルクは、ヨーロッパでドイツに領土が追加されることはもうないだろうと発表し、1871年以降の彼の外交は、ヨーロッパのシステムを安定させ、戦争を防ぐことに焦点を当てていました。彼は成功し、1890年に辞任して初めて、外交上の緊張が再び高まり始めました。[55]

社会問題

1871年に正式な統一を達成した後、ビスマルクは国民統一の原因に多くの注意を向けました。彼はカトリックの公民権と解放、特に教皇ピウス9世の下でのバチカンの影響、そして新興社会民主党に代表される労働者階級の過激主義に反対した。

文化闘争
ビスマルクと教皇ピウス9世の間のチェスゲームに描かれているドイツとカトリック教会の階層の間の緊張ベルリンとローマの間クラッデラダーチュ、1875年

1871年のプロイセンには、改革派とルーテル派の両方の16,000,000人のプロテスタントと、8,000,000人のカトリック教徒が含まれていました。ほとんどの人は一般的に自分たちの宗教の世界に隔離され、圧倒的に同じ宗教の地方や都市の近所に住んでいて、子供たちを別の公立学校に送り、そこで彼らの宗教が教えられました。相互作用や相互結婚はほとんどありませんでした。全体として、プロテスタントはより高い社会的地位を持っており、カトリック教徒は農民または未熟練または半熟練の産業労働者である可能性が高かった。1870年、カトリック教徒は独自の政党であるセンター党を結成しました。、これは一般的に統一とビスマルクの政策のほとんどを支持しました。しかし、ビスマルクは、特に中央党がシレジアのポーランドのカトリック教徒などの反体制派の間で支持を得る兆候を示したとき、一般に議会制民主主義、特に野党を信用しなかった当時の強力な知的力は、ビスマルクの連立の重要な部分を形成したリベラルな知識人によって率いられた反カトリック主義でした。彼らは、特に1870年に教皇不可謬説が宣言され、地元の司教たちに対するバチカンの統制が強化された後、カトリック教会を反作用と反近代の強力な力と見なしました。[56]

ビスマルク1871年から1880年に打ち上げられた文化闘争はプロイセンに影響を及ぼしました。バーデンとヘッセンでも同様の動きがありましたが、ドイツの他の地域は影響を受けませんでした。新しい帝国憲法によると、州は宗教と教育の問題を担当していました。彼らはプロテスタントとカトリックの学校に資金を提供しました。1871年7月、ビスマルクはプロイセン教会教育省のカトリック部門を廃止し、カトリック教徒の最高レベルの声を奪いました。学校の厳格な政府監督のシステムは、カトリック地域でのみ適用されました。プロテスタントの学校は放っておかれました。[57]

はるかに深刻なのは1873年の五月勅書でした。カトリック教徒が通常使用した神学校とは対照的に、ドイツの大学への出席に応じて司祭を任命しました。さらに、同省のすべての候補者は、非妥協的なカトリック教徒を排除する州議会の前に、ドイツ文化の試験に合格しなければなりませんでした。別の規定は、政府にほとんどの教会活動に対する拒否権を与えました。第2の法律は、プロイセンのカトリック教会に対するバチカンの管轄権を廃止しました。その権限は、プロテスタントによって管理されている政府機関に移されました。[58]

ほぼすべてのドイツの司教、聖職者、および平信徒は、新しい法律の合法性を拒否し、ビスマルク政府によって課されたますます重い罰と懲役に直面して反抗しました。1876年までに、すべてのプロイセンの司教は投獄または亡命し、カトリック教区の3分の1が司祭がいなかった。体系的な反抗に直面して、ビスマルク政府は罰則とその攻撃を増やし、1875年に教皇回勅がプロイセンの教会論的立法全体が無効であると宣言し、従ったカトリック教徒を非難すると脅迫したときに異議を唱えられました。暴力はありませんでしたが、カトリック教徒は彼らの支援を動員し、多数の市民組織を設立し、罰金を支払うために資金を調達し、彼らの教会とセンター党の後ろに集まりました。第一バチカン公会議を拒否した「旧カトリック教会」は、わずか数千人の会員を集めました。敬虔なプロテスタントであるビスマルクは、世俗的で社会主義的な要素がすべての宗教を攻撃する機会を利用したとき、彼の文化闘争が裏目に出ていることに気づきました。長期的には、最も重要な結果はカトリックの有権者の動員でした。そして彼らの宗教的アイデンティティを保護することへの彼らの主張。1874年の選挙で、センター党は人気投票を2倍にし、国会で2番目に大きな党になり、次の60年間強力な勢力を維持したため、ビスマルク後、彼らなしで政府を形成することは困難になりました。サポート。[59] [60]

社会改革

ビスマルクは、1840年代に始まったプロイセンとザクセンの福祉プログラムの伝統に基づいて構築されました。1880年代に、彼は老齢年金、傷害保険、医療、失業保険を導入し、現代のヨーロッパの福祉国家の基礎を形成しました。彼は、この種の政策が労働者を国家に拘束し、また彼の権威主義的性質と非常によく適合しているので、非常に魅力的であることに気づきました。ビスマルクによって設置された社会保障制度(1883年の医療、1884年の傷害保険、1889年の無効保険と老齢保険)は、当時世界最大であり、ある程度、今日でもドイツに存在しています。

ビスマルクの父性主義的プログラムは、帝国の労働者階級の支持を獲得し、賃金は高いが福祉が存在しなかったアメリカへの移民の流出を減らすことを目的としていたため、ドイツ産業の支持を獲得しました。[44] [61]ビスマルクは、自由貿易を望んでいたリベラルな知識人を遠ざけたものの、アメリカの競争から利益と賃金を保護する彼の高い関税政策によって、産業と熟練労働者の両方の支持をさらに獲得した。[62]

ゲルマン化

統一政策の効果の1つは、非ドイツ人に「ゲルマン化」。これらの政策はしばしば抵抗を刺激するという逆の効果をもたらし、通常はホームスクーリングとマイノリティグループ、特にポーランド人のより緊密な団結の形でした。[63]

ゲルマン化政策は、特にポーランド分割でプロイセンによって獲得された、帝国の重要なポーランドの少数派を対象としていました。ポーランド人は、一連の反ポーランド措置が実施されたポーゼン州のように、過半数を占める場合でも少数民族として扱われました。[64]多くの反ポーランド法は、ドイツ語を話す人口がすべての努力にもかかわらず、1871年の42.8%から1905年の38.1%に減少したポーゼン州では特に大きな効果はありませんでした。[65]

反ユダヤ主義

反ユダヤ主義は、この期間のドイツでは風土病でした。ナポレオンの法令がドイツのゲットーを終わらせる前は、それは宗教的に動機付けられていましたが、19世紀までにそれはドイツのナショナリズムの要因でした。大衆の心の中で、ユダヤ人は資本主義と富の象徴になりました。一方、憲法と法制度は、ドイツ市民としてのユダヤ人の権利を保護していました。反ユダヤ党が結成されたが、すぐに崩壊した。[66]

犯罪; 人口に関連する囚人、1882年から1886年

ビスマルクの努力はまた、特に法律によって何世紀にもわたって独立していたドイツの州間の大きな違いの平準化を開始しました。完全に異なる法の歴史と司法制度は、特に国内貿易にとって、非常に複雑な問題を引き起こしました。共通の貿易コードは1861年に連合によってすでに導入されていましたが(これは帝国に適合し、大幅な変更を加えて現在も有効です)、それ以外の法律にはほとんど類似性がありませんでした。

1871年に、一般的な刑法(Reichsstrafgesetzbuch [ de ])が導入されました。1877年に、一般的な法廷手続きが法廷制度(Gerichtsverfassungsgesetz [ de ])、民事訴訟法(Zivilprozessordnung)および刑事訴訟法(Strafprozessordnung [ de ])で確立されました。1873年に憲法が改正され、帝国が州のさまざまで大きく異なる民法を置き換えることができるようになりました(たとえば、以前ナポレオンのフランスが占領していたドイツの一部は、プロイセンにいる間にフランス民法を採用していました。AllgemeinesPreußischesLandrecht _1794年のはまだ有効でした)。1881年に、帝国全体に共通の民法を作成するための最初の委員会が設立されました。これは、おそらく世界で最も印象的な法典の1つであるBürgerlichesGesetzbuch (BGB)を作成するための多大な努力です。最終的には1900年1月1日に発効しました。これらの成文化はすべて、多くの修正が加えられていますが、今日でも有効です。

3人の皇帝の年

フリードリヒ3世、わずか99日間の皇帝(1888年3月9日から6月15日)

1888年3月9日、ヴィルヘルム1世は、91歳の誕生日の直前に亡くなり、息子のフリードリヒ3世を新しい皇帝として残しました。フレデリックはリベラルでイギリス憲法を崇拝していたが[67] 、ビクトリア女王の長男であるビクトリア王女との結婚により、イギリスとのつながりはさらに強まった彼が王位に就いたことで、多くの人がフレデリックの治世が帝国の自由化と議会の政治プロセスへの影響力の増大につながることを望んでいました。非常に保守的なプロイセン内相であるロバート・フォン・プットカメルが6月8日に解任されたことは、ビスマルク政権に期待された方向性と打撃の兆候でした。

しかし、彼の加入の時までに、フレデリックは1887年に診断された不治の喉頭癌を発症しました。彼は彼の支配の99日目、1888年6月15日に亡くなりました。彼の息子ウィルヘルムIIは皇帝になりました。

ウィルヘルミン時代

ビスマルクの辞任

ヴィルヘルム2世は、ヨーロッパの他の君主が憲法上の船首像に変身していたときに、彼の支配的な大権を再び主張したかった。この決定により、野心的なカイザーはビスマルクと対立しました。古い首相は祖父を導いたのと同じようにウィルヘルムを導くことを望んでいましたが、皇帝は自分の家の主人になりたいと思っていました。[68]ヴィルヘルム2世とビスマルクの主な違いは、特に1889年にドイツの採炭業者がアッパーシレジアでストライキを行ったときの政治危機への対処方法でした。ビスマルクはドイツ軍に要求したストライキを鎮圧するために派遣されたが、ヴィルヘルム2世はこの権威主義的措置を拒否し、「私の治世を被験者の血で汚したくない」と答えた。[69]弾圧を容認する代わりに、ウィルヘルムは政府に採炭業者からの代表団と交渉させ、それは暴力なしにストライキを終わらせた。[68]ヴィルヘルム2世とビスマルクが喧嘩した後、1890年3月に困難な関係は終わり、首相は数日後に辞任した。[68]ビスマルクの過去数年間は、彼が年を取り、よりいらいらし、より権威主義的で、集中力が低下するにつれて、彼の手から力が失われるのを見ていました。

ビスマルクの出発により、ヴィルヘルム2世はドイツの支配的な支配者になりました。彼の祖父であるヴィルヘルム1世は、政府の業務を首相に任せることに大いに満足していたのとは異なり、ヴィルヘルム2世は、装飾的な名目ではなく、十分な情報を得て、ドイツの運営に積極的に関与したいと考えていました。面白い。[70]ウィルヘルムは、政治家ヴァルター・ラーテナウがヨーロッパの経済学とヨーロッパの産業と金融の現実について彼を指導することを許可した。[70]

ハル(2004)が指摘しているように、ビスマルクの外交政策は「無謀なカイザーにとっては落ち着きすぎていた」。[71]ウィルヘルムは、外交政策に対する攻撃的な姿勢と戦略的失敗(タンジール危機など)で国際的に有名になり、ドイツ帝国を政治的孤立に追い込み、最終的に第一次世界大戦を引き起こした。

内政

1890年代/ 1900年代初頭国会議事堂

ヴィルヘルム2世の下では、ドイツにはもはやビスマルクのような長きにわたる強力な首相がいませんでした。新しい首相は、彼らの役割、特にドイツ憲法で彼らに割り当てられたプロイセン首相としての追加の役割を遂行するのに苦労しました。貿易を自由化し、失業を減らしたレオ・フォン・カプリヴィ首相の改革は、土地と権力の喪失を恐れ、改革に反対するいくつかのキャンペーンを開始したプロイセンの地主を除いて、カイザーとほとんどのドイツ人によって支持されました。[72]

プロイセンの貴族がドイツの統一国家の要求に異議を唱えた一方で、1890年代に、国に課されていた権威主義的な保守的なプロイセンの軍国主義に異議を唱えるためにいくつかの組織が設立されました。軍事教育を重視するドイツの国営学校に反対する教育者たちは、独自の独立したリベラルな学校を設立し、個性と自由を奨励しました。[73]しかしながら、ドイツ帝国のほぼすべての学校は非常に高い水準を持っており、知識の現代的な発展に遅れをとっていませんでした。[74]

芸術家たちは、カイザーヴィルヘルムの伝統芸術への支持に反対して実験芸術を始め、ヴィルヘルムは「私が定めた法と限界を超える芸術はもはや芸術とは言えない」と答えた。[75]ドイツのほとんどの印刷物が西ヨーロッパの他の地域で使用されているローマン体の代わりにブラックレターを使用したのは、主にウィルヘルムの影響のおかげでした。同時に、新世代の文化的クリエーターが登場しました。[76]

19世紀後半のベルリン

1890年代以降、君主制に対する最も効果的な反対は、マルクス主義を擁護する過激派であるドイツ社会民主党(SPD)から生まれました。ドイツの君主制と実業家に対するSPDの脅威により、州は党の支持者を取り締まり、不満を和らげるために独自の社会改革プログラムを実施しました。ドイツの大企業は、社会主義者や労働組合員として特定されない限り、従業員に重要な社会福祉プログラムと十分な配慮を提供しました。大企業は、年金、疾病手当、さらには住宅さえも従業員に提供していました。[73]

ビスマルクの文化闘争の失敗から学んだヴィルヘルム2世は、ローマカトリック教会との良好な関係を維持し、反対の社会主義に集中しました。[77]社会民主党が1912年国会議事堂選挙で投票の3分の1を獲得し、ドイツで最大の政党になったとき、この政策は失敗した。政府は、右翼の自由主義者またはカトリックの聖職者によって支持され、カイザーの支持に大きく依存している一連の保守的な連立の手にとどまった。ヴィルヘルム2世の下での軍国主義の高まりにより、多くのドイツ人が米国と英国の植民地に移住し、兵役義務を免れた。

第一次世界大戦中、カイザーはますます彼の力をドイツ最高司令部の指導者、特に将来のドイツ大統領、パウル・フォン・ヒンデンブルク元帥補給係 将軍エーリッヒ・ルーデンドルフに委ねました。ヒンデンブルクはカイザーから最高司令官の役割を引き継ぎ、ルーデンドルフは事実上の参謀長になりました。1916年までに、ドイツは事実上、ヒンデンブルクとルーデンドルフによって運営されていた軍事独裁政権となり、カイザーは単なる名目上の人物になりました。[78]

外交

植民地主義

ヴィルヘルム2世は、英国のように、ドイツに「太陽の下での場所」を持たせたいと考えていました。[79]ドイツの商人や商人がすでに世界中で活動していることから、彼はアフリカと太平洋での植民地の努力(「新帝国主義」)を奨励し、ドイツ帝国が残りの「未請求」の領土を求めて他のヨーロッパの勢力と争うようにした。英国の励ましまたは少なくとも黙認により、この段階でドイツは古いライバルのフランスのカウンターウェイトと見なされ、ドイツはドイツ領南西アフリカ(現代のナミビア)、ドイツ領カメルーン(現代のカメルーン)、トーゴラント(現代のトーゴ)を買収しました。)およびドイツ領東アフリカ(現代のルワンダブルンジ、および現在のタンザニアの本土部分)。島々は、購入と条約、および中国東北部の膠州湾の領土の99年間のリースを通じて太平洋で獲得されました。しかし、これらのドイツ植民地のうち、トーゴラントとドイツ領サモア(1908年以降)だけが自給自足で利益を上げました。他のすべては、インフラストラクチャ、学校システム、病院、その他の機関を構築するためにベルリン財務省からの補助金を必要としました。

ドイツ植民地帝国の旗

ビスマルクは当初、植民地への動揺を軽蔑して却下していた。彼は在任中に行われた条約の取り決めが示すように、ヨーロッパ中心の外交政策を支持した。植民地化の後発者として、ドイツは確立された植民地勢力と、またカリブ海と太平洋の両方での植民地拡大のドイツの試みに反対した米国とも繰り返し衝突しました。ドイツの領土での先住民の反乱は、他の国々、特に英国で目立った報道を受けました。確立された勢力は、数十年前に、しばしば残酷にそのような蜂起に対処し、それまでに彼らの植民地のしっかりとした支配を確保していました。義和団の乱_中国政府が最終的に後援した中国では、一部には膠州湾の植民者としてのドイツがテストされていない大国であり、そこで2年間しか活動していなかったために山東省で始まりました。米国を含む西側8カ国は、反乱に巻き込まれた西側諸国を救出するために共同救援部隊を設置した。ドイツの派遣団の出発式典で、ヴィルヘルム2世は、ヨーロッパ大陸のフン族の侵略者のように振る舞うように促しました。これは、第一次世界大戦第二次世界大戦中にドイツ人を野蛮人として描くために英国の宣伝家によって後に復活するという不幸な発言です二度、モロッコの運命をめぐるフランスとドイツの対立は避けられないように思われた。

1884年にドイツ領ニューギニアのミオコドイツ国旗を掲げる

南西アフリカを買収すると、ドイツ人入植者はヘレロナマが所有する土地を耕作するように促されましたヘレロとナマの部族の土地は、農業、牧場、鉱物やダイヤモンドの採掘など、さまざまな搾取目的で使用されました(英国人が以前ローデシアで行ったように) 。1904年、ヘレロとナマ人は南西アフリカの入植者に反抗し、農家の家族、その労働者、使用人を殺害しました。攻撃に応じて、反乱を鎮圧するために軍隊が派遣され、その結果、ヘレロとナマクアの大量虐殺が発生しました。合計で、約65,000人のヘレロ(ヘレロの総人口の80%)と10,000人のナマ人(ナマの総人口の50%)が亡くなりました。懲罰遠征の指揮官であるロタール・フォン・トロサ将軍は、彼の命令の簒奪と彼が負わせた残虐行為のために最終的に安堵し、叱責されました。これらの出来事は「20世紀の最初の大量虐殺」と呼ばれることもあり、1985年に国連によって公式に非難されました。2004年にドイツ連邦共和国の政府大臣による正式な謝罪が続きました。

中東

彼の後のビスマルクとヴィルヘルム2世は、オスマン帝国とのより緊密な経済的関係を模索しましたヴィルヘルム2世の下で、ドイツ銀行の財政的支援を受けてバグダッド鉄道は1900年に開通しましたが、1914年までに、バグダッドの目的地から500 km(310マイル)手前でした。[80] 1899年のウィルヘルムとのインタビューで、セシル・ローズは「海外のドイツ帝国の未来は中東にあることをカイザーに納得させようとした」が、アフリカではなかった。壮大な中東帝国を擁するドイツは、ロードスが支持したケープからカイロへの鉄道の障害のない完成を英国に許可する余裕がありました。[81]英国は当初、バグダッド鉄道; しかし、1911年までに、英国の政治家は、それがペルシャ湾のバスラにまで拡大され、インド洋における英国の海軍の覇権を脅かす可能性があることを恐れるようになりました。それに応じて、彼らは建設を中止するように求め、ドイツとオスマン帝国はそれに同意した。

南アメリカ

南米では、ドイツの主な関心はアルゼンチン、ブラジル、チリウルグアイにあり、南米北部の国々(エクアドルコロンビアベネズエラ)を、米国の影響力の高まりから関心を守るためのバッファーと見なしていました[82]ドイツの政策立案者は、マルガリータ島に基地を設立する可能性を分析し、ガラパゴス諸島に関心を示したが、南アメリカ北部の遠く離れた基地は非常に脆弱であるため、すぐにそのような設計を放棄した。[83] [82]ドイツは、ドイツの影響を強く受けたチリ[84]を、米国に対する地域のカウンターウェイトに昇進させようとした。[82]ドイツとイギリスはチリを通じて、エクアドルにガラパゴス諸島の海軍基地を米国に否定させることに成功した[82]

南アメリカのドイツ人コミュニティがドイツ帝国の延長として行動したという主張は、1900年までに遍在していましたが、これらのコミュニティがそのような方法でかなりの程度まで行動したことは証明されていません。[85]第一次世界大戦前の数十年間、チリではドイツの政治的、文化的、科学的影響が特に強く、戦後もドイツとチリのドイツの威信は高いままであったが、戦前のレベルには回復しなかった。[84] [85]

戦前のヨーロッパ

ベルリンは、敵の陰謀と思われるものを深く疑っていました。20世紀初頭の年々、ベルリンは体系的に敵に囲まれていました。[86]ロシア、フランス、イギリスの想定される敵の連立が毎年軍事的に強くなっているという恐れが高まっていた。特にロシアはそうだった。ベルリンが長く待つほど、戦争に勝つ可能性は低くなります。[87]アメリカ の歴史家ゴードン・A・クレイグによれば、包囲の恐れがドイツの政治において強力な要因になり始めたのは、1905年のモロッコでの後退の後であった。意図的な包囲の犠牲者としてのドイツ。[89] [90]イギリスの歴史家GMトレベリアンは、英国の見解を表明しました。

それがそうであったように、包囲はドイツ自身が作ったものでした。彼女は、ライバル艦隊を建設することにより、イギリスのバルカン半島でのオーストリア・ハンガリーの反スラヴ政策を支持することにより、ロシアのアルザス・ロレーヌを越えてフランスを疎外することで自分自身を取り囲んでいた。彼女はオーストリア゠ハンガリー帝国と共にヨーロッパの中心部に非常に強力でありながら落ち着きのない軍事ブロックを作成したため、両側の隣人は家臣になるか、保護のために一緒に立つしかありませんでした。外交上の目的を達成するために、あらゆる面で恐怖を生み出す立場。そして、彼らは四方八方に囲まれていると不平を言いました。[91]

ヴィルヘルム2世は、ビスマルクが去った後、新しい顧問からの圧力を受けて、ビスマルクがロシア帝国と交渉した「再保険条約」の失効を許可することを決定したときに致命的なエラーを犯しました。それはロシアがフランスとの新しい同盟を結ぶことを可能にした。ドイツにはオーストリア゠ハンガリー以外の確固たる同盟国はなく、1908年にボスニア・ヘルツェゴビナを併合するという彼女の行動への支持は、ロシアとの関係をさらに悪化させた。ベルリンは、1890年代にフランスとの植民地競争に巻き込まれたときに、英国との同盟を確保する機会を逃し、南アフリカ戦争でボーア人を公然と支援することで、英国の政治家をさらに遠ざけました。英国に匹敵する海軍を建造します。1911年までに、ウィルヘルムはビスマルクによって確立された慎重なパワーバランスを完全に分解し、英国は英仏協商でフランスに目を向けました。オーストリア以外のドイツの唯一の他の同盟国はイタリア王国でしたが、それは同盟国のみのプロフォーマのままでした。戦争が起こったとき、イタリアはイギリス、フランス、ロシアとの同盟でより多くの利益を見ました。それは1915年のロンドンの秘密条約で、オーストリアのフロンティア地区と植民地の譲歩を約束しました。ドイツは、オスマン帝国が側方で戦争に参加した1914年に第二の同盟国を獲得しましたが、長期的には、オスマン帝国の戦争努力を支援することは、ドイツの資源を主要な戦線から枯渇させるだけでした。[92]

第一次世界大戦

起源

第一次世界大戦の参加者を示す世界地図エンテンテ側で(ある時点で)戦っている人々は緑色で、中央同盟国はオレンジ色で、中立国は灰色で描かれています。

オーストリア゠ハンガリー帝国のフランツフェルディナンド大公がボスニアのセルビア人によって暗殺された後、カイザーはオーストリア゠ハンガリー帝国が暗殺を非難したセルビア王国に侵攻するオーストリア゠ハンガリー帝国の計画を全面的に支持しました。オーストリア・ハンガリーに対するこの無条件の支援は、ドイツのフリッツ・フィッシャーを含む歴史家によって「空白の小切手」と呼ばれていましたその後の解釈-たとえばヴェルサイユ平和会議で-は、この「空白の小切手」が外交上の結果に関係なくオーストリア゠ハンガリー帝国の侵略を認可し、したがってドイツは戦争を開始するか、少なくともより広い紛争を引き起こす 責任を負ったというものでした。

ドイツは、その主要なライバルであるフランスを標的にして戦争を開始しました。ドイツは、フランスがロシアよりもはるかに速く動員でき、ラインラントでドイツの産業の中核に接する可能性があるため、ヨーロッパ大陸における主要な危険と見なしていました。イギリスやロシアとは異なり、フランスは主にドイツへの復讐のために戦争に参加しました。特に、1871年にフランスアルザスロレーヌをドイツに失ったためです。ドイツの最高司令部は、フランスがアルザスロレーヌに入るために軍隊を召集することを知っていました。非常に非公式な9月計画を除いて、ドイツ人は戦争から望んでいた目標の明確なリストを決して述べませんでした。[93]

西部戦線

動員されているドイツ軍、1914年

ドイツは、フランコとドイツの国境に沿った長い戦いの危険を冒したくなく、代わりにシュリーフェンプランを採用しました。これは、ベルギールクセンブルグに侵入し、フランスに沿ってパリとフランス軍の両方を取り囲み、押しつぶすことによってフランスを不自由にすることを目的とした軍事戦略です。迅速な勝利でドイツの国境。フランスを破った後、ドイツはロシアを攻撃するようになります。この計画は、英国が条約によって保証していたベルギーとルクセンブルグの中立性に違反することを要求した。しかし、ドイツ人は、正式な正当性があるかどうかに関係なく、英国が戦争に参加するだろうと計算していました。[94]最初は攻撃は成功しました:ドイツ軍ベルギーとルクセンブルグから一掃し、近くのマルヌ川でパリを進んだしかし、前世紀の武器の進化は、特に機関銃のおかげで、攻撃よりも防御を強く支持していたため、防御位置を克服するには、それに比例してより多くの攻撃力が必要でした。これにより、攻撃のドイツ軍の戦線は攻撃のタイムテーブルを維持するために縮小し、それに応じてフランスの戦線は延長されました。さらに、もともとドイツ極右のためにスロットに入れられていた一部のドイツ軍ユニットは、ロシアが予想よりもはるかに速く動員したことに反応して、東部戦線に移されました。複合効果により、ドイツ軍の右翼はパリの背後ではなく前に掃討され、ドイツ軍の右翼は延長されたフランス軍の戦線にさらされ、パリに駐屯する戦略的なフランスの予備軍から攻撃されました。露出したドイツの右翼を攻撃し、フランス陸軍イギリス陸軍は、マルヌ会戦でパリの防衛に強い抵抗を示し、その結果、ドイツ軍はエーヌ川沿いの防御陣地に後退しましたその後の海へのレースは、アルザスからフランダースまでの塹壕戦で、ドイツ軍と連合国の間で長年の停滞をもたらしました

ドイツ軍の位置、1914年

ドイツ軍の突破の試みは、イープルの2つの戦い(1回目/ 2回目)で大きな犠牲者を出して失敗しました。1915年のアルトワシャンパンでのドイツ軍の陣地に対する一連の連合国の攻撃は、連合国の大規模な死傷者とわずかな領土の変化をもたらしました。ドイツの参謀長 エーリッヒ・フォン・ファルケンハインは、1915年の連合軍の攻勢で示された防御の利点を利用して、フランスを古代都市ヴェルダンの近くの強力な防御陣地に攻撃させようとすることを決定しました。ヴェルダンは1870年にドイツ軍に対抗した最後の都市の1つであり、ファルケンハインは国の誇りの問題として、フランス軍はそれが奪われないようにするために何でもするだろうと予測しました。彼は、ムーズ川の東岸にあるヴェルダンを見下ろす丘で強力な防御陣地を取り、都市を脅かすことができ、フランス軍はこれらの陣地に対して必死の攻撃を開始するだろうと期待していました。彼は、フランスの損失はドイツ人の損失よりも大きく、ヴェルダンへのフランス軍の継続的な関与は「フランス軍を白く出血させる」と予測した。1916年2月、ヴェルダンの戦い絶え間ない砲撃と毒ガス攻撃の下でのフランスの陣地と、圧倒的に大きなドイツ軍の攻撃の下での大規模な死傷者から始まりました。しかし、フランス軍の殺害率が高いというファルケンハインの予測は、双方が大きな犠牲者を出したため、間違っていることが判明した。ファルケンハインはエーリッヒ・ルーデンドルフに取って代わられ、1916年12月にドイツ軍がヴェルダンから撤退し、戦闘は終了しました。

東部戦線

西部戦線ドイツ軍にとって膠着状態でしたが、東部戦線は最終的に大成功を収めました。ロシア軍の予想外の急速な動員による最初の後退にもかかわらず、東プロイセンとオーストリアガリツィアへのロシアの侵略をもたらしたが、組織化と供給が不十分なロシア軍は 衰退し、その後ドイツ軍とオーストリアハンガリー軍は着実に東に進んだ。ドイツ人は、ロシアの政情不安と戦争を終わらせたいという国民の願望から恩恵を受けました。1917年、ドイツ政府は、ロシアの共産主義者であるボルシェビキの指導者ウラジーミル・レーニンがドイツを旅行することを許可しました。スイスからロシアへ。ドイツは、レーニンがさらなる政情不安を引き起こすことができれば、ロシアはもはやドイツとの戦争を続けることができなくなり、ドイツ軍が西部戦線に集中できるようになると信じていた。

1917年3月、皇帝はロシアの王位から追放され、11月には、レーニンの指導の下でボルシェビキ政府が政権を握りました。ボルシェビキからの政治的反対に直面して、彼は、ボルシェビキのエネルギーを内部の異議を排除することに向け直すために、ドイツ、オーストリア-ハンガリーオスマン帝国ブルガリアに対するロシアのキャンペーンを終了することを決定した。1918年3月、ブレスト・リトフスク条約により、ボルシェビキ政府は東部戦線での戦争の終結と引き換えに、ドイツとオスマン帝国に莫大な領土と経済の譲歩を与えました。現在の エストニアラトビアリトアニアのすべてベラルーシウクライナとともに、ドイツの占領当局であるオーバーオストに引き渡されました。このようにして、ドイツはついに「ミッテルロパ」(中央ヨーロッパ)の待望の支配を達成し、西部戦線で連合国を打ち負かすことに完全に集中することができました。しかし実際には、新しい領土を駐屯させて確保するために必要な部隊は、ドイツの戦争努力の浪費でした。

コロニー

ドイツはすぐにほとんどすべての植民地を失いました。しかし、ドイツ領東アフリカでは、植民地軍の指導者であるパウル・エミル・フォン・レットウ・ヴォルベック将軍によって印象的なゲリラ作戦が繰り広げられましたドイツ人とネイティブのアスカリを使用して、レットウ・ヴォルベックはケニアローデシアでイギリス軍に対して複数のゲリラ襲撃を開始しました彼はまた、ポルトガルの モザンビークに侵攻し、部隊の補給品を手に入れ、アスカリの新兵をさらに集めました。彼の部隊は終戦時にまだ活動していた。[95]

1918年

第一次世界大戦中のドイツ帝国、崩壊直前:
  ホームテリトリー(1871–1919)
  クライアントの状態(1917〜1919)
  占領地(1914–1919)

1917年のロシアの敗北により、ドイツは数十万の軍隊を東部戦線から西部戦線に移送することができ、連合国よりも数値的に有利になりました。ドイツ人は、新しい浸透戦術で兵士を再訓練することにより、戦場の凍結を解除し、連合国側で戦争に参加したアメリカ軍が力を発揮する前に決定的な勝利を収めることを期待していました。[96]「kaiserschlacht」として知られているもので、ドイツは彼らの軍隊を収束させて、同盟国を押し戻す複数の打撃を与えました。しかし、連合国が後退して再編成し、ドイツ軍が予備軍を欠いていたため、1918年の春に繰り返されたドイツ軍の攻撃はすべて失敗しました。彼らの利益を統合する必要がありました。その間、兵士たちはロシア革命によって急進化し、戦い続けることをいとわなかった。戦争の努力はドイツで市民の不安を引き起こしましたが、救援なしで絶えず戦場にいた軍隊は疲れ果て、勝利の望みをすべて失いました。1918年の夏、イギリス軍は最高の勢力で、西部戦線に450万人もの兵士がおり、百日攻勢では4,000の戦車があり、アメリカ人は1日1万人の割合で到着し、ドイツの同盟国は崩壊に直面しました。ドイツ帝国の人員が尽きて、複数の連合軍の攻撃がドイツ軍を破壊するのは時間の問題でした。[97]

ホームフロント

ベルリンの戦争記念館

「総力戦」の概念は、物資を軍隊に向け直す必要があり、ドイツの商取引が連合国の海軍封鎖によって阻止されたため、ドイツの民間人はますます貧弱な状態で生活することを余儀なくされました。最初に食料価格が管理され、次に配給制が導入されました。戦争中、約750,000人のドイツの民間人が栄養失調で亡くなりました。[98]

終戦に向けて、銃後の状況は急速に悪化し、すべての都市部で深刻な食糧不足が報告されました。その原因には、多くの農民や食料労働者の軍隊への移籍、過負荷の鉄道システム、石炭の不足、英国の封鎖が含まれていました。1916年から1917年の冬は、人々がますます不足しているジャガイモや肉の代わりに、より一般的に家畜用に確保された野菜で生き残らなければならなかったため、「カブラの冬」として知られていました。何千もの炊き出しが空腹の人を養うために開かれました。空腹の人は農民が自分たちのために食べ物を保管していると不平を言いました。軍隊でさえ兵士の食料を削減しなければなりませんでした。[99]民間人と兵士の両方の士気は沈み続けた。

スペイン風邪のパンデミック

ドイツの人口は、連合国の封鎖による食料輸入の阻止による栄養失調による病気の発生にすでに苦しんでいました。スペイン風邪は軍隊を返還してドイツに到着しました。1918年から1920年の間に、ドイツでは約287,000人がスペイン風邪で亡くなりました。

反乱と終焉

多くのドイツ人は戦争の終結を望んでおり、社会民主党やより過激な独立社会民主党など、戦争の終結を要求する政党に関連する人が増え始めました。1917年4月の米国の戦争への参入は、連合国に有利な長期的な勢力均衡をさらに悪化させました。

1918年10月末、ドイツ北部のキールで、1918年から1919年のドイツ革命が始まりました。ドイツ海軍の部隊は、敗戦と同じくらい良いと見た戦争で最後の大規模な作戦に出航することを拒否し、蜂起を開始した。11月3日、反乱は国の他の都市や州に広がり、その多くに労働者と兵士の評議会が設立された。その間、ヒンデンブルクと上級将軍はカイザーと彼の政府への信頼を失った。

ブルガリアは1918年9月29日にサロニカ休戦協定に署名しました。オスマン帝国は1918年10月30日ムドロス休戦協定に署名しまし。 1918年11月3日にヴィラジュスティの休戦協定に署名します。したがって、1918年11月、内部革命により、同盟国は西部戦線でドイツに向かって前進し、オーストリア-ハンガリーは複数の民族的緊張から離れ、他の同盟国は戦争と圧力から脱却しました。ドイツの最高司令部から、カイザーとすべてのドイツの支配王、公爵、および王子は棄権し、ドイツの貴族は廃止されました。11月9日、社会民主党のフィリップ・シャイデマンは共和国を宣言しました。ドイツ社会民主党が率いる新政府は、11月11日に休戦協定を要求し、受け取った。ワイマール共和国に引き継がれました[100]不満を抱いた退役軍人を含む反対派は、ドイツ義勇軍組織領事、共産主義者などの準軍事組織および地下政治グループの多様なセットに加わった。

憲法

帝国の立法は、連邦参議院と国会議事堂(議会)の2つの機関に基づいていました。国会議事堂には普遍的な男性の参政権がありました。しかし、法律は両方の家を通過させる必要があります。連邦参議院には州の代表が含まれていた。

構成要素の状態

1900年の紋章と構成国の旗

統一前は、ドイツの領土(オーストリアとスイスを除く)は27の構成国で構成されていました。これらの州は、王国、大公国、公国、公国、自由なハンザ同盟都市、および1つの帝国領土で構成されていました。帝国全体が君主制として構成されていたにもかかわらず、自由都市は州レベルで共和制の政治体制を持っていました。ほとんどの州もそうでした。プロイセンは構成国の中で最大であり、帝国の領土の3分の2を占めていました。

これらの州のいくつかは、神聖ローマ帝国の崩壊後に主権を獲得し、1600年代半ば以降は事実上の主権でした。他のものは1815年のウィーン会議後に主権国家として創設されました。領土は必ずしも隣接していませんでした。歴史的な買収の結果として、またはいくつかの場合には支配家族の分裂の結果として、多くはいくつかの部分に存在しました。1866年の戦争の結果、当初存在していた州の一部、特にハノーバーは、プロイセンによって廃止され、併合されました。

ドイツ帝国の各構成要素は、代表者を連邦参議院(連邦参議院)に送り、小選挙区制を経由して帝国議会(国会議事堂)に送りました。インペリアルセンターとエンパイアのコンポーネントとの関係はやや流動的であり、継続的に開発されました。たとえば、ドイツ皇帝が争われた、または不明確な継承の際に介入できる範囲は、たとえばリッペ・デトモルトの遺伝危機において、多くの議論がなされました。

連邦や国民国家としては珍しく、ドイツの州は外交に関して限られた自治権を維持し、大使や他の外交官(お互いに、そして直接外国と)を帝国の存続のために交換し続けました。帝国が宣言された直後、ビスマルクは彼の主権者がプロシアの王として他のドイツの州との間でのみ使節を送受信するという条約を実施しましたが、ベルリンから外国に派遣された使節は常に彼の立場で君主から資格を受け取りましたドイツ皇帝として。このように、プロイセンの外務省は他のドイツの州との関係を管理することを主に任され、帝国の外務省はドイツの対外関係を管理しました。

地図と表

Duchy of Saxe-MeiningenDuchy of Saxe-MeiningenDuchy of Saxe-MeiningenDuchy of Saxe-MeiningenDuchy of Saxe-MeiningenDuchy of Saxe-MeiningenDuchy of Saxe-MeiningenSaxe-Coburg and GothaSaxe-Coburg and GothaSaxe-Coburg and GothaSaxe-Coburg and GothaSaxe-Coburg and GothaSaxe-Coburg and GothaSaxe-Coburg and GothaSchwarzburg-SondershausenSchwarzburg-SondershausenSchwarzburg-SondershausenSchwarzburg-SondershausenSchwarzburg-SondershausenSchwarzburg-RudolstadtSchwarzburg-RudolstadtSchwarzburg-RudolstadtSchwarzburg-RudolstadtSchwarzburg-RudolstadtSchwarzburg-RudolstadtSchwarzburg-RudolstadtSchwarzburg-RudolstadtGrand Duchy of Saxe-Weimar-EisenachGrand Duchy of Saxe-Weimar-EisenachGrand Duchy of Saxe-Weimar-EisenachGrand Duchy of Saxe-Weimar-EisenachGrand Duchy of Saxe-Weimar-EisenachGrand Duchy of Saxe-Weimar-EisenachGrand Duchy of Saxe-Weimar-EisenachGrand Duchy of Saxe-Weimar-EisenachGrand Duchy of Saxe-Weimar-EisenachGrand Duchy of Saxe-Weimar-EisenachGrand Duchy of Saxe-Weimar-EisenachGrand Duchy of Saxe-Weimar-EisenachPrincipality of Reuss-GreizPrincipality of Reuss-GreizPrincipality of Reuss-GreizPrincipality of Reuss-GreizPrincipality of Reuss-GreizPrincipality of Reuss-GreizPrincipality of Reuss-GreizDuchy of Saxe-AltenburgDuchy of Saxe-AltenburgDuchy of Saxe-AltenburgDuchy of Saxe-AltenburgDuchy of Saxe-AltenburgPrincipality of Reuss-GeraPrincipality of Reuss-GeraPrincipality of Reuss-GeraPrincipality of Reuss-GeraPrincipality of Reuss-GeraPrincipality of Reuss-GeraKingdom of PrussiaKingdom of PrussiaKingdom of PrussiaThuringian statesThuringian statesThuringian statesThuringian statesAlsace–LorraineGrand Duchy of BadenKingdom of WürttembergKingdom of BavariaKingdom of BavariaKingdom of BavariaKingdom of SaxonyGrand Duchy of HesseGrand Duchy of HesseDuchy of AnhaltDuchy of AnhaltDuchy of AnhaltDuchy of AnhaltDuchy of AnhaltDuchy of AnhaltDuchy of AnhaltDuchy of AnhaltWaldeck (state)Waldeck (state)Waldeck (state)Duchy of BrunswickDuchy of BrunswickDuchy of BrunswickDuchy of BrunswickDuchy of BrunswickDuchy of BrunswickDuchy of BrunswickDuchy of BrunswickPrincipality of LippePrincipality of LippePrincipality of Schaumburg-LippePrincipality of Schaumburg-LippeHamburgHamburgHamburgHamburgHamburgHamburgHamburgHamburgHamburgHamburgHamburgHamburgHamburgHamburgHamburgHamburgHamburgHamburgHamburgHamburgHamburgHamburgHamburgHamburgFree City of LübeckFree City of LübeckFree City of LübeckFree City of LübeckFree City of LübeckFree City of LübeckFree City of LübeckFree City of LübeckFree City of LübeckFree City of LübeckFree City of LübeckFree City of LübeckFree City of LübeckFree City of LübeckFree City of LübeckFree City of LübeckFree City of LübeckFree City of LübeckFree City of LübeckFree City of LübeckBremen (state)Bremen (state)Bremen (state)Bremen (state)Bremen (state)Bremen (state)Grand Duchy of OldenburgGrand Duchy of OldenburgGrand Duchy of OldenburgGrand Duchy of OldenburgGrand Duchy of OldenburgGrand Duchy of OldenburgGrand Duchy of OldenburgGrand Duchy of OldenburgGrand Duchy of OldenburgGrand Duchy of OldenburgGrand Duchy of OldenburgGrand Duchy of OldenburgGrand Duchy of OldenburgGrand Duchy of Mecklenburg-StrelitzGrand Duchy of Mecklenburg-StrelitzGrand Duchy of Mecklenburg-StrelitzGrand Duchy of Mecklenburg-StrelitzGrand Duchy of Mecklenburg-StrelitzGrand Duchy of Mecklenburg-StrelitzGrand Duchy of Mecklenburg-StrelitzGrand Duchy of Mecklenburg-StrelitzGrand Duchy of Mecklenburg-StrelitzGrand Duchy of Mecklenburg-StrelitzGrand Duchy of Mecklenburg-StrelitzGrand Duchy of Mecklenburg-StrelitzGrand Duchy of Mecklenburg-StrelitzGrand Duchy of Mecklenburg-StrelitzGrand Duchy of Mecklenburg-SchwerinGrand Duchy of Mecklenburg-SchwerinGrand Duchy of Mecklenburg-SchwerinGrand Duchy of Mecklenburg-SchwerinKingdom of PrussiaKingdom of PrussiaKingdom of PrussiaKingdom of PrussiaKingdom of PrussiaKingdom of PrussiaKingdom of PrussiaKingdom of PrussiaKingdom of PrussiaKingdom of PrussiaKingdom of PrussiaKingdom of PrussiaKingdom of PrussiaKingdom of PrussiaKingdom of PrussiaKingdom of PrussiaKingdom of PrussiaKingdom of PrussiaKingdom of PrussiaKingdom of PrussiaKingdom of PrussiaKingdom of PrussiaKingdom of PrussiaKingdom of PrussiaKingdom of PrussiaKingdom of Prussiaドイツ帝国はmap.svgを述べています
この画像について
資本
王国Königreiche
プロイセンの旗(1892-1918).svg プロイセン Preußen ベルリン
バイエルンの旗(縞模様).svg バイエルンバイエルン ミュンヘン
FlaggeKönigreichSachsen(1815-1918).svg ザクセンザクセン ドレスデン
FlaggeKönigreichWürttemberg.svg ヴュルテンベルク シュトゥットガルト
大公国Großherzogtümer
FlaggeGroßherzogtumBaden(1891–1918).svg バーデン カールスルーエ
FlaggeGroßherzogtumHessenohneWappen.svg ヘッセンヘッセン ダルムシュタット
FlaggeGroßherzogtümerMecklenburg.svg メクレンブルクシュヴェリーン シュヴェリーン
FlaggeGroßherzogtümerMecklenburg.svg メクレンブルク=シュトレーリッツ ノイシュトレーリッツ
Oldenburg.svgの市民旗 オルデンブルク オルデンブルク
FlaggeGroßherzogtumSachsen-Weimar-Eisenach(1897-1920).svg ザクセン=ヴァイマール=アイゼナッハザクセン=ヴァイマール=アイゼナッハ ワイマール
DuchiesHerzogtümer
Flagge Herzogtum Anhalt.svg アンハルト デッサウ
Flagge Herzogtum Braunschweig.svg ブラウンシュヴァイクブラウンシュヴァイク ブラウンシュヴァイク
Flagge Herzogtum Sachsen-Coburg-Gotha(1826-1911).svg ザクセンアルテンブルクザクセンアルテンブルク アルテンブルク
Flagge Herzogtum Sachsen-Coburg-Gotha(1911-1920).svg ザクセンコーブルクゴータザクセンコーブルクウントゴータ コーブルク
Flagge HerzogtumSachsen-Meiningen.svg ザクセンマイニンゲンザクセンマイニンゲン マイニンゲン
公国Fürstentümer
FlaggeFürstentumLippe.svg リッペ デトモルト
FlaggeFürstentumReußjüngereLinie.svg ロイスゲーラ(ジュニアライン) ゲーラ
FlaggeFürstentumReußältereLinie.svg ロイスグライツ(エルダーライン) グライツ
FlaggeFürstentumSchaumburg-Lippe.svg シャウムブルク=リッペ ビュッケブルク
FlaggeFürstentümerSchwarzburg.svg シュヴァルツブルク=ルドルシュタット ルドルシュタット
FlaggeFürstentümerSchwarzburg.svg シュヴァルツブルク=ゾンダースハウゼン ゾンダースハウゼン
ドイツの旗(アスペクト比3-2).svg Waldeck and Pyrmont (Waldeck und Pyrmont) バート・アーロルセン
自由でハンザ同盟の都市FreieundHansestädte
ブレーメンの旗.svg ブレーメン
ハンブルクの旗.svg ハンブルク
リューベックの自由都市の旗.svg リューベック
インペリアルテリトリーReichsländer
DienstflaggeElsaß-LothringenKaiserreich.svg アルザスロレーヌ Elsass-Lothringen ストラスブール

その他の地図

言語

クライスによる1900年のドイツ帝国の言語的マイノリティの割合

人口の約92%が第一言語としてドイツ語を話しました。かなりの数の話者(5.4%)を持つ唯一の少数言語はポーランド語でした(関連するカシューブ語マズリア語を含めると6%以上に上昇します)。

デンマーク語オランダ語フリジア語などの非ゲルマン語(0.5%)は、デンマークオランダベルギールクセンブルグとの国境近くの帝国の北と北西に位置していました低地ドイツ語はドイツ北部全体で話されており、言語的にはオランダ語や英語と同様に高地ドイツ語(Hochdeutsch)とは異なりますが、「ドイツ語」と見なされていたため、その名前も付けられました。デンマーク語フリジア語は、主にプロイセンのシュレスヴィヒホルシュタイン州北部で話されました。 プロイセンの西部国境地域(ハノーバーヴェストファーレンライン県)のオランダ語

ポーランド語と他の西スラヴ語(6.28%)は、主に東部で話されていました。[b]

少数(0.5%)がフランス語を話し、これらの大部分は、フランコフォンが総人口の11.6%を占める ReichslandElsass-Lothringenで話されました。

1900年の国勢調査の結果

ドイツ帝国の市民の母国語
(1900年12月1日)[101]
言語 カウント パーセンテージ
ドイツ語[102] 51,883,131 92.05
ドイツ語と外国語 252,918 0.45
研磨 3,086,489 5.48
フランス語 211,679 0.38
マスリアン 142,049 0.25
デンマーク語 141,061 0.25
リトアニア語 106,305 0.19
カシューブ語 100,213 0.18
ウェンド語(ソルブ語) 93,032 0.16
オランダの 80,361 0.14
イタリアの 65,930 0.12
モラヴィア(チェコ) 64,382 0.11
チェコ語 43,016 0.08
フリジア語 20,677 0.04
英語 20,217 0.04
ロシア 9,617 0.02
スウェーデンの 8,998 0.02
ハンガリー語 8,158 0.01
スペイン語 2,059 0.00
ポルトガル語 479 0.00
その他の外国語 14,535 0.03
帝国市民 56,367,187 100

言語地図

宗教

プロシアの旧州の福音教会の最高知事であったヴィルヘルム2世皇帝と、エルサレムの贖い主の福音教会の発足後のアウグステヴィクトリア皇后(宗教改革記念日、1898年10月31日)

一般的に、近世の宗教人口統計ほとんど変わっていません。それでも、ほぼ完全にカトリック地域(下部および上部バイエルン、ノルトラインヴェストファーレン、上部シレジアなど)とほぼ完全にプロテスタント地域(シュレスヴィヒホルシュタイン、ポメラニア、ザクセンなど)がありました。特に混血に対する告白の偏見は依然として一般的でした。少しずつ、内部の移住を通して、宗教的な混合はますます一般的になりました。東部の領土では、自白は自分の民族性に関連しているとほぼ独自に認識されており、「プロテスタント=ドイツ語、カトリック=ポーランド語」という方程式が有効であると見なされていました。ルール地方とヴェストファーレンの移民の影響を受けた地域、および一部の大都市では、宗教的景観が大幅に変化しました。これは、東部の州からのプロテスタントの移民によって変化したヴェストファーレンの主にカトリック地域で特に当てはまりました。

政治的には、ドイツの告白部門はかなりの結果をもたらしました。カトリック地域では、センター党には大きな有権者がいました。一方、社会民主党と自由労働組合は通常、ルール地方のカトリック地域ではほとんど票を獲得していません。これは、ドイツ帝国の最後の数十年に起こった世俗化とともに変化し始めました。

1880年のドイツ帝国における宗教的自白
領域 プロテスタント カトリック 他のクリスチャン ユダヤ人 他の
番号 番号 番号 番号 番号
プロイセン 17,633,279 64,64 9,206,283 33,75 52,225 0,19 363,790 1.33 23,534 0.09
バイエルン 1,477,952 27,97 3,748,253 70,93 5,017 0,09 53,526 1.01 30 0.00
ザクセン 2,886,806 97,11 74,333 2,50 4,809 0,16 6,518 0.22 339 0.01
ヴュルテンベルク 1,364,580 69,23 590,290 29,95 2,817 0,14 13,331 0.68 100 0.01
バーデン 547,461 34,86 993,109 63,25 2,280 0,15 27,278 1.74 126 0.01
アルザス-ロタリンギア 305,315 19,49 1,218,513 77,78 3,053 0,19 39,278 2.51 511 0.03
ドイツ帝国 28,331,152 62.63 16,232,651 35,89 78,031 0,17 561,612 1.24 30,615 0.07

ドイツの海外植民地帝国では、何百万人もの人々がキリスト教に加えてさまざまな土着宗教を実践していました。200万人以上のイスラム教徒も、主にドイツ領東アフリカでドイツ植民地支配下に住んでいました。[103]

紋章

レガシー

第一次世界大戦の敗北と余波、そしてヴェルサイユ条約によって課せられた罰則は、特にワイマール共和国を信用せず、軽蔑したドイツ人の間で、帝国の前向きな記憶を形作った。保守派、リベラル派、社会主義者、ナショナリスト、カトリック教徒、プロテスタントはすべて独自の解釈を持っていたため、帝国崩壊後のドイツでは、政治的および社会的風潮が激しくなりました。

ドイツ帝国の軍旗。1956年、現代のドイツ軍であるドイツ連邦軍のシンボルとして鉄十字が再導入されました。

ビスマルクの下で、ついに統一されたドイツ国家が達成されたが、それはプロイセンが支配する国家のままであり、汎ゲルマン主義の民族主義者が望んでいたようにドイツオーストリアを含まなかった。プロイセンの軍国主義の影響、帝国の植民地時代の努力、そしてその活発で競争力のある産業力はすべて、他国の嫌悪と嫉妬をもたらしました。ドイツ帝国は、ヨーロッパ初の社会福祉制度や報道の自由など、多くの進歩的な改革を制定しました。連邦議会である国会議事堂を選出するための近代的なシステムもあり、すべての成人男性が1票を獲得しました。これにより、社会主義者とカトリック中央党は、プロイセンの貴族の敵意が続いているにもかかわらず、帝国の政治生活においてかなりの役割を果たすことができました。

ドイツ帝国の時代は、偉大な文化的および知的活力の1つとしてドイツでよく記憶されています。トーマス・マンは、1901年に小説「ブッデンブローク家」を出版しました。テオドール・モムセンは、1年後、ローマの歴史でノーベル文学賞を受賞しました。Der Blaue ReiterDieBrückeのような画家は、現代美術に多大な貢献をしました。1909年からのペーターベーレンスによるベルリンAEGタービン工場は、古典的な近代建築のマイルストーンであり、新しい機能主義の優れた例でした。このグリュンダーツァイトの社会的、経済的、科学的成功、または創設の時代は、ウィルヘルミン時代を黄金時代と見なすように導いたことがあります。

経済学の分野では、「カイザーツァイト」は世界をリードする経済大国の1つとしてのドイツの地位の基礎を築きました。ルール地方ザール地方、アッパーシレジア地方の鉄鋼業は特にそのプロセスに貢献しました。最初の自動車は1886年にカールベンツによって製造されました。産業生産と産業の可能性の巨大な成長はまたドイツの急速な都市化をもたらし、それはドイツ人を都市居住者の国に変えました。19世紀には、500万人以上がドイツを離れて米国に向かった。[104]

Sonderweg

多くの歴史家は、ドイツの特殊な道の中心的な重要性を強調してきましまたは、20世紀のナチズムとドイツの大惨事の根源としての「特別な道」(または「例外主義」)。コッカ(1988)の歴史学によれば、上からの国造りの過程は非常に悲惨な長期的影響を及ぼした。議会制民主主義に関しては、議会は弱体化され、政党は細分化され、相互の不信感が高まっていました。ナチスは、ワイマールの政治文化の非自由主義的で反多元主義的な要素に基づいて構築されました。ユンカーのエリート(東部の大地主)と上級公務員は、彼らの大きな力と影響力を20世紀に十分に活用して、民主主義への動きを挫折させました。彼らは1930年から1933年の危機において特に否定的な役割を果たしました。ビスマルクが軍事力を強調したことで、将校軍団の声が増幅され、これは、軍事技術の高度な近代化と反動政治を組み合わせたものです。ビジネス、金融、専門家の世界で台頭するアッパーミドルクラスのエリートは、古い伝統的なエリートの価値観を受け入れる傾向がありました。ドイツ帝国は、ハンス・ウルリッヒ・ヴェーラーにとって、非常に成功した資本主義の工業化と社会経済の近代化、そして生き残った産業革命前の制度、権力関係、伝統文化の奇妙な混合物でした。ウェラーは、それが高度な内部緊張を生み出し、一方では社会主義者、カトリック教徒、改革者の抑圧につながり、他方では非常に積極的な外交政策につながったと主張している。これらの理由で 金融と専門家の世界は、古い伝統的なエリートの価値観を受け入れる傾向がありました。ドイツ帝国は、ハンス・ウルリッヒ・ヴェーラーにとって、非常に成功した資本主義の工業化と社会経済の近代化、そして生き残った産業革命前の制度、権力関係、伝統文化の奇妙な混合物でした。ウェラーは、それが高度な内的緊張を生み出し、それが一方では社会主義者、カトリック教徒、改革者の抑圧につながり、他方では非常に攻撃的な外交政策につながったと主張している。これらの理由で 金融と専門家の世界は、古い伝統的なエリートの価値観を受け入れる傾向がありました。ドイツ帝国は、ハンス・ウルリッヒ・ヴェーラーにとって、非常に成功した資本主義の工業化と社会経済の近代化、そして生き残った産業革命前の制度、権力関係、伝統文化の奇妙な混合物でした。ウェラーは、それが高度な内部緊張を生み出し、一方では社会主義者、カトリック教徒、改革者の抑圧につながり、他方では非常に積極的な外交政策につながったと主張している。これらの理由で そして、他の産業革命前の制度、権力関係、伝統文化を存続させます。ウェラーは、それが高度な内的緊張を生み出し、それが一方では社会主義者、カトリック教徒、改革者の抑圧につながり、他方では非常に攻撃的な外交政策につながったと主張している。これらの理由で そして、他の産業革命前の制度、権力関係、伝統文化を存続させます。ウェラーは、それが高度な内的緊張を生み出し、それが一方では社会主義者、カトリック教徒、改革者の抑圧につながり、他方では非常に攻撃的な外交政策につながったと主張している。これらの理由でフリッツ・フィッシャーと彼の学生たちは、第一次世界大戦を引き起こしたドイツの主な罪悪感を強調しました。[105]

社会史のビーレフェルト学校のリーダーであるハンス・ウルリッヒ・ヴェーラーは、経済の近代化が起こった1860年代から1870年代にドイツの災害への道の起源を示していますが、政治の近代化は起こらず、古いプロシアの田舎のエリートはしっかりと残っていました軍隊、外交および公務員の管理。伝統的で貴族的な前近代社会は、新興資本家であるブルジョア社会を近代化する社会と戦いました。ウェーラーは、産業と経済、そして文化圏における近代化の重要性を認識し、反動的な伝統主義がドイツの権力の政治的階層、社会的精神、階級関係を支配していたと主張している(クラッセンハビトゥス))。1914年から1945年までの壊滅的なドイツの政治は、その政治構造の近代化の遅れという観点から解釈されています。ウェラーの解釈の中心にあるのは、「中産階級」と「革命」の扱いであり、それぞれが20世紀の形成に貢献しました。ウェラーのナチス支配の検討は、ヒトラーに重点を置いた「カリスマ的支配」の概念によって形作られています。[106]

ドイツの特殊な道の歴史的概念に、激動の歴史があります。現代への別のドイツの道を強調した19世紀の学者は、それをイギリスに代表される「西の道」からドイツを差別化する前向きな要因と見なしました。彼らは、強力な官僚国家、ビスマルクや他の強力な指導者によって開始された改革、プロシアの奉仕精神、哲学と音楽の高い文化、そしてドイツの社会福祉国家の先駆者を強調した。1950年代、西ドイツの歴史家は、ゾンダーウェグがドイツを1933年から1945年の災害に導いた。ドイツの歴史的構造と経験の特別な状況は、ナチズムを直接引き起こさないものの、自由民主主義の発展を妨げ、ファシズムの台頭を促進する前提条件として解釈されました。特殊な道のパラダイムは、ドイツの歴史学における少なくとも3つの研究の推進力を提供してきました。それは、「長い19世紀」、ブルジョアジーの歴史、そして西洋との比較です。1990年以降、文化的側面と比較および関係の歴史への注目が高まり、ドイツの特殊な道にあまり注意が払われずに、ドイツの歴史学はさまざまなトピックに移されまし一部の歴史家はSonderwegを放棄しましたが論文、彼らは一般的に受け入れられている代替解釈を提供していません。[107]

ミリタリー

ドイツ帝国には2つの軍隊がありました。

領土の遺産

現在のドイツに加えて、ドイツ帝国を構成していたものの大部分は、現在、他のいくつかの現代ヨーロッパ諸国に属しています。

両方の世界大戦で失われたドイツの領土は黒で示されていますが、現在のドイツはこの1914年の地図で濃い灰色で示されています。
ドイツから失われたとき
名前 領域
両方の世界大戦
アルザスロレーヌ フランス Bas-RhinHaut-Rhin(両方ともアルザス地方内)およびMoselleロレーヌ地方 の北東部部門
両方の世界大戦
Eupen-Malmedy ベルギー EupenMalmedyの2つの町AmelBüllingenBurg-ReulandBütgenbachKelmisLontzenRaerenWaimesSt。Vithの自治体(すべてベルギーとドイツの国境にあるワロニア地方 リエージュ県の一部です)
第二次世界大戦
ワイラーバーグ オランダ ダイフェルスベルグドイツ語ワイラーバーグ)、無人の丘といくつかの近くの土地の断片、第二次世界大戦後にオランダが併合した
第一次世界大戦
北シュレスヴィヒ デンマーク 南ユトランド郡(Taps、Hejle、Vejstrupの町を除く)、およびHviding、Roager、Spandetの町
両方の世界大戦
フルチーン地域 チェコ共和国 シレジアのチェコとポーランドの国境にあるフルチーン地域。第二次世界大戦後、ドイツの人口は部分的に国外追放されました。1992年に解散するまで チェコスロバキアの一部
両方の世界大戦
メメルテリトリー リトアニア クライペダ地方は、1923年にリトアニアに併合され、1939年にナチスドイツによって再占領され、第二次世界大戦後にソビエト当局によって強制送還されました。1990年以来独立したリトアニアの一部になりました
両方の世界大戦
西プロイセンポーゼンの大部分、アッパーシレジアの一部、ポメラニアのビュートウラウエンブルクストルプ地区の一部[108]東プロイセンソルダウ ポーランド シレジアポメラニアングレーターポーランドのVoivodeships 、ビトゥフレンボルクスウプスクジャウドボの町(第二次世界大戦後にドイツの人口は国外追放されました)
第二次世界大戦
シレジア東ブランデンブルクヴァルミアマスリア、東プロイセン南部、ポメラニアの中央部と東部 ポーランド ポメラニアシレジアルブスランドヴァルミア、マスリアを含む国の北部と西部。これらはすべて、第二次世界大戦後にドイツ人が国外追放されました。
第二次世界大戦
東プロイセン北東 ロシア 二次世界大戦後にドイツ人が国外追放されたバルト海のカリーニングラード州の飛び地。ロシアSFSRに移管され、ソビエト連邦崩壊後もロシアの一部として継続
  第一次世界大戦で失われた領土を示します
  両方の世界大戦で失われた領土を示します
  第二次世界大戦で失われた領土を示します

も参照してください

参考文献

情報メモ

  1. ^ ドイツ語: Deutsches Kaiserreich、正式にはDeutschesReich
  2. ^ スラブ語の話者には、ポーランド語マスリアン語、カシューブ語ソルブ語チェコ語が含まれ、東に位置していました。主にプロイセン ポーゼン西プロイセンシレジアアッパーシレジア)でポーランド語を習得します。人口の13.8%を占めるレックリングハウゼンヴェストファーレン) 、カラウのクライスブランデンブルク)(5.5%)、東プロイセンポメラニアの一部にも小さな島々が存在していました。チェコ語は主にシレジアの南、東プロイセンの南のマスリアン、西プロイセンの北のカシュビアン、プロイセンのルサス地方(ブランデンブルクとシレジア)とザクセン王国のソルビアンで話されました。[要出典]

引用

  1. ^ Seyler、Gustav A.:DieWappenderdeutschenLandesfürsten。Reprograf。Nachdr。フォンジープマッハーのワッペンブッフ1.Bd。、1.Abt。2. – 5. Teil(ニュルンベルク1909 – 1929)
  2. ^ Preble、George Henry、アメリカ合衆国の旗の歴史:古代および現代の国々のシンボル、基準、バナー、および旗のクロニクル付き、第2版、p。102; A.ウィリアムズと共同、1880年
  3. ^ フィッシャー、マイケル; ゼンケル、クリスチャン(2010)。クラウス・タナー(編)。Reichsgründung1871:Ereignis、Beschreibung、Inszenierungミュンスター:Waxmann Verlag
  4. ^ ヴィルヘルム2世の退位声明
  5. ^ 「ドイツ帝国:行政区画および地方自治体、1900年から1910年」(ドイツ語)2007年4月25日取得
  6. ^ a b c "ドイツ帝国の人口統計、1871"(ドイツ語)。2007年4月5日にオリジナルからアーカイブされました2007年4月25日取得
  7. ^ 「1871年のドイツ憲法」(ドイツ語)。ドイツ語版ウィキソース2011年3月16日2011年4月2日取得
  8. ^ ハーバート・タトルは1881年9月に、「ライヒ」という用語は、英語を話す人々が一般的に想定しているように、文字通り帝国を意味するものではないと書いています。「カイザーライヒ」という用語は文字通り帝国、特に皇帝が率いる遺伝帝国を意味しますが、ドイツ語では「ライヒ」は遺伝的伝統が弱いためにローマ帝国を表すために使用されてきました。ドイツ帝国の場合、正式名称はドイツ帝国であり、ドイツ帝国憲法における国家元首の正式な地位は正式に「大統領「ドイツ皇帝の称号」はドイツ国民を指すものと見なされますが、州の皇帝のようにドイツの皇帝ではありませんでした。–「ドイツ帝国。」ハーパーズ・ニュー・マンスリー・マガジン63、376号、591〜603ページ。ここp。593. [中立性争われている]
  9. ^ World Book、Inc。ワールドブック辞書、第1巻World Book、Inc.、2003年。p。572. Deutsches Reichは「GermanRealm」と訳され、かつてのドイツの正式名称であったと述べています。
  10. ^ ジョセフウィテカー。ウィテカーのアルマナック、1991年J Whitaker&Sons、1990年。Pp。765.ワイマール時代まで、ドイツ帝国という用語が英語に翻訳されて「ドイツレルム」と呼ばれることを指します。
  11. ^ たとえば、ロジャーチッカリング、帝国ドイツと大戦争、1914年から1918年を参照してください。第3版 ケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版局、2014年; Cornelius Torp andSvenOliverMüller編、 Imperial Germany Revisited:Continuing Debates&NewPerspectivesオックスフォード:Berghahn、2011; ジェームズ・レタラック編、帝国ドイツ1871年-1918年。オックスフォード:オックスフォード大学出版局、2008年; イザベルV.ハル、絶対破壊:軍事文化と帝国ドイツの戦争の慣行イサカ:コーネル大学出版局、2005年。
  12. ^ キッチン、マーティン(2011)。近代ドイツの歴史:1800年から現在までジョン・ワイリー&サンズ。ISBN 978-1-44439-689-8
  13. ^ Toyka-Seid、Gerd Schneider、Christiane。"Reichsgründung/ Deutsches Reich | bpb"bpb.de(ドイツ語)。2020年10月26日にオリジナルからアーカイブされました2020年9月21日取得
  14. ^ Sturm、Reinhard。"Vom Kaiserreich zur Republik 1918/19 – WeimarerRepublik"bpb.de(ドイツ語)2020年9月21日取得
  15. ^ Michael Kotulla: Deutsches Verfassungsrecht 1806–1918。EineDokumentensammlungnebstEinführungen。1.バンド:Gesamtdeutschland、Anhaltische Staaten undBaden。Springer、Berlin 2006、pp.231、246
  16. ^ JHクラッパム、フランスとドイツの経済発展1815–1914(1936)
  17. ^ 百科事典ブリタニアのドイツの記事、リンク: [1]
  18. ^ アザーガット(2008)。人間文明におけるPA517戦争オックスフォード大学出版局。p。517. ISBN 978-0-19-923663-3 {{cite book}}:値を確認|url=する(ヘルプ
  19. ^ Alfred Vagts、「第二ドイツ帝国の陸と海の力」。Journal of Military History 3.4(1939):210+ JSTOR  3038611
  20. ^ ポール・ケネディ、大国の興亡:1500年から2000年までの経済変化と軍事紛争(1987年)
  21. ^ マティアスハイネ(2012年9月17日)。"DiesedeutschenWörterkenntmannochinderSüdsee"Die Welt(ドイツ語)2021年4月18日取得Einst hattendieDeutschendasdrittgrößteKolonialreich..。
  22. ^ Steinhauser、Gabriele(2017年7月28日)。「ドイツは他の大量虐殺の忘れられた物語に立ち向かう」ウォールストリートジャーナルISSN0099-9660_ 
  23. ^ ブレイクモア、エリン。「ドイツの第一次世界大戦の債務は非常に破綻していたため、返済に92年かかりました」歴史2019年11月17日取得
  24. ^ アーカイブ、ナショナル。「国立公文書館の学習曲線|第一次世界大戦|なぜ平和を作るのが難しかったのですか?」www.nationalarchives.gov.uk 2021年11月14日取得
  25. ^ 「ヒトラーはどのように起こったのですか?」国立第二次世界大戦博物館| ニューオーリンズ2021年11月14日取得
  26. ^ Heeren、Arnold Hermann Ludwig(1873)。 タルボーイズ、デビッドアルフォンソ(編)。ヨーロッパとその植民地の政治システムの歴史のマニュアルロンドン:HGボン。p。 480
  27. ^ ケネスバーキン。「オットーフォンビスマルク」ブリタニカ2019年7月23日取得
  28. ^ ケース、ネルソン(1902)。ヨーロッパの憲法史シンシナティ:ジェニングス&パイ。p。 139OCLC608806061_ 
  29. ^ ケース1902、139〜140ページ
  30. ^ a b ケース1902、p。140
  31. ^ Kersbergen、Kees van; ヴィス、バーバラ(2013)。比較福祉国家政治:開発、機会、および改革ケンブリッジUP。p。38. ISBN 978-1-107-65247-7
  32. ^ ムーア、ロバートローレンス; Vaudagna、Maurizio(2003)。ヨーロッパのアメリカ世紀コーネル大学出版局。p。226. ISBN 978-0-8014-4075-5
  33. ^ フランケル、リチャード(2003)。「ビアホールから権力のホールへ:ビスマルクのカルトと新しいドイツの権利の正当化、1898年から1945年」。ドイツ研究レビュー26(3):543–560。土井10.2307 / 1432746JSTOR1432746_ 
  34. ^ Eric Hobsbawm、帝国の時代:1875–1914(1987)、p。312。
  35. ^ ヤング、ウィリアム(2006)。ドイツの外交関係1871年から1945年:ヴィルヘルム通りと外交政策の策定ニューヨーク:iUniverse。p。33. ISBN 978-0595407064
  36. ^ a b Gvosdev、ニコラス; マーシュ、クリストファー(2013)。ロシアの外交政策:利益、ベクトル、およびセクターサウザンドオークス、カリフォルニア州:CQプレス。p。241. ISBN 978-1452234847
  37. ^ a b ティプトン、フランク(2003)。1815年以来の近代ドイツの歴史ロンドン:連続体。p。170. ISBN 978-0826449092
  38. ^ フィッツパトリック、マシュー(2007)。「恵みからの堕落?国民統一と海軍力と植民地支配の探求1848–1884」。ドイツの歴史25(2):135–161。土井10.1177 / 0266355406075719
  39. ^ Ciarlo、David(2008)。「グローバル化するドイツ植民地主義」。ドイツの歴史26(2):285–298。土井10.1093 / gerhis / ghn007
  40. ^ L.ガンとピータードゥイニャン、ドイツアフリカの支配者、1884年から1914年(1977年)は、政治的および経済的歴史に焦点を当てています。マイケル・ペラウディンとユルゲン・ツィメラー編 ドイツ植民地主義と国民的アイデンティティ(2010)は、アフリカとドイツの文化的影響に焦点を当てています。
  41. ^ Dedering、Tilman(1993)。「1904年のドイツ・ヘレロ戦争:ジェノサイドまたは架空の歴史学の修正主義?」南部アフリカ研究ジャーナル19(1):80–88。土井10.1080 / 03057079308708348
  42. ^ Alan S. Milward、およびSB Saul、大陸ヨーロッパの経済の発展:1850-1914(1977)pp 17–70 オンライン
  43. ^ エドモンド・テイラー、化石君主制:古い秩序の崩壊、1905–1922(1967)p 206
  44. ^ a b E. P. Hennock、イギリスとドイツの福祉国家の起源、1850年から1914年:社会政策の比較(2007年)
  45. ^ Allan Mitchell、 Great Train Race:Railways and the Franco-German Rivalry、1815–1914(2000)
  46. ^ フォイヒトヴァンガー、エド(2002)。1850〜1918年の帝国ドイツラウトレッジ。1.ISBN 978-1-13462-072-2
  47. ^ ブロードベリー、スティーブン; O'Rourke、Kevin H.(2010)。現代ヨーロッパのケンブリッジ経済史:第2巻、1870年から現在までケンブリッジ大学出版局。p。80. ISBN 978-1-139-48951-5
  48. ^ Jochen Streb、etal。「ドイツ帝国における技術的および地理的知識の波及効果1877–1918」、経済史レビュー、2006年5月、Vol。59第2号、347〜373ページ
  49. ^ スティーブン・ブロードベリー、およびケビン・H・オルーク。ケンブリッジ現代ヨーロッパ経済史(2vol。2010)
  50. ^ John J. Beer、ドイツの染料産業の出現(1959)。
  51. ^ Werner Abelshauser、ドイツの歴史とグローバル企業:BASF:The History of a Company(2004)は、1865年から2000年までをカバーしています。
  52. ^ Chandler(1990)pp。474–475 [不完全な短い引用]
  53. ^ Carsten Burhop、「ドイツのウィルヘルミンにおける製薬研究:E。Merckの事例」、経営史レビュー巻:83。発行:3。2009.pp。475ff。ProQuest
  54. ^ 百科事典ブリタニアのドイツの記事、リンク: [2]
  55. ^ JASグレンビル、ヨーロッパの形を変えた、1848–1878(2000)p。342
  56. ^ ランベルティ、マージョリー(2001)。「プロイセンにおける宗教紛争とドイツの国民的アイデンティティ、1866年から1914年」。フィリップ・G・ドワイヤー(編)。現代プロイセンの歴史:1830年から1947年pp。169–187。
  57. ^ Lamberti(2001)、p。177。
  58. ^ ロナルド・J・ロス、ビスマルクのクルトゥールカンプの失敗:帝国ドイツにおけるカトリックと国家権力、1871年から1887年(1998年)
  59. ^ Hajo Holborn、 A History of Modern Germany:1840–1945(1969)、pp。258–260
  60. ^ クリストファー・クラーク、アイアンキングダム:プロシアの興亡、1600–1947(2006)pp。568–576
  61. ^ ヘルマン・ベック、プロシアの権威ある福祉国家の起源、1815年から1870年(1995年)
  62. ^ Elaine Glovka Spencer、「ルールのルール:1914年以前のドイツの大企業におけるリーダーシップと権威」、経営史レビュー、1979年春、Vol。53第1号、40〜64ページ。Ivo N. Lambi、「ドイツの鉄鋼業の保護貿易主義的利益、1873年から1879年」、 Journal of Economic History、1962年3月、Vol。22第1号、59〜70ページ
  63. ^ ティモシー・ベイクロフトとマーク・ヒューイットソン、国とは?:ヨーロッパ1789–1914(2006)p 166
  64. ^ John J. Kulczycki、プロイセンポーランドでの学校ストライキ、1901年から1907年:バイリンガル教育をめぐる闘争(コロンビア大学出版、1981年)
  65. ^ Martin Broszat Zweihundert Jahre deutschePolenpolitikズーアカンプ1978年、p。144; ISBN 3-518-36574-6 
  66. ^ リチャード・S・レヴィ、ドイツ帝国における反セミティック政党の崩壊(エール大学出版、1975年)
  67. ^ キッチン、マーティン(2000)。ケンブリッジはドイツの歴史を説明しました。ケンブリッジ大学出版局。p。214. ISBN 978-0-521-79432-9
  68. ^ a b c Kurtz、Harold(1970)。第二帝国:カイザーヴィルヘルム2世と彼のドイツマグロウヒル。p。60. ISBN 978-0-07-035653-5
  69. ^ シュトゥールマー、ミヒャエル(2000)。ドイツ帝国:1870年から1918年ニューヨーク:ランダムハウスp。 63ISBN 978-0-679-64090-5
  70. ^ a b Kurtz 1970、63
  71. ^ Isabel V. Hull The Entourage of Kaiser Wilhelm II、1888–1918(2004)p。85
  72. ^ Kurtz 1970、67
  73. ^ a b Kurtz 1970、72
  74. ^ ジェフリー・コクスとコンラッド・H・ジャラウシュ編 ドイツの職業、1800〜1950(1990)
  75. ^ Kurtz 1970、76
  76. ^ マシュー・ジェフリーズ、ドイツの帝国文化、1871年から1918年(2003年)。
  77. ^ Kurtz 1970、56
  78. ^ Lamar Cecil、ヴィルヘルム2世:皇帝と亡命、1900–1941(1996)ch 9–13
  79. ^ 「ヴィルヘルム2世(1859–1941)」BBC 2014年4月19日取得
  80. ^ Stürmer2000、p。91。
  81. ^ Louis、 Ruanda-Urundi 1884–1919、p。163
  82. ^ a b c d フィッシャー、フェレンツ(2008年1月1日)。「Laexpansión(1885–1918)delmodelomilitaralemánysupervivencia(1919–1933)enAméricaLatina」。Revista del CESLA(スペイン語)。UniwersytetWarszawski11:135〜160。
  83. ^ ミッチェル、ナンシー。夢の危険性:ラテンアメリカにおけるドイツとアメリカの帝国主義(ノースカロライナ大学プレス、1999年)、p。67
  84. ^ a b Sanhueza、Carlos(2011)。"El debate sobre"elembrujamientoalemán "y el papel de la ciencia alemana hacia fines del siglo XIX en Chile" (PDF)アイデアviajerasy susobjetos。ElintercambiocientíficoentreAlemaniayAméricaaustral。マドリッド–フランクフルトアムマイン:イベロアメリカーナ–ヴェルヴェルト(スペイン語)。pp。29–40。
  85. ^ a b ペニー、H。グレン(2017)。「物質的なつながり:1880年代から戦間期までのアルゼンチンとチリのドイツの学校、物事、ソフトパワー」社会と歴史の比較研究59(3):519–549。土井10.1017 / S0010417517000159S2CID149372568 _ 2018年12月13日取得 
  86. ^ E.マルコム・キャロル、ドイツと大国、1866年から1914年:世論と外交政策に関する研究(1938)pp 485ff、830。オンライン
  87. ^ マシュー・S・セリグマン、「 『国民の信頼のバロメーター』:第一次世界大戦前のドイツの軍事政策の策定における不安の役割の英国の評価」。English Historical Review 117.471(2002):333–55。オンライン
  88. ^ ゴードン・A・クレイグ、ドイツ1866-1945(1978)p。321
  89. ^ Imanuel Geise、ドイツの外交政策1871-1914(1976)pp121-138。
  90. ^ ヘルマン・カントロヴィッチ、英国の政策の精神とドイツの包囲の神話(ロンドン:G。アレン&アンウィン、1931年)。
  91. ^ ジョージ・マコーリー・トレベリアン、 19世紀以降の英国の歴史1782-1919(1937)p463。
  92. ^ クレイグ、ドイツ1866-1945(1978)pp。302–338、350。
  93. ^ マシュースティベ(2006)。ドイツのアングロフォビアと第一次世界大戦、1914年から1918年ケンブリッジUP。pp。176–178。ISBN 978-0521027281
  94. ^ 「シュリーフェンプラン|ドイツの軍事史」ブリタニカ百科事典2021年5月18日取得
  95. ^ エドウィン・ホイト、フォン・レットウ・ヴォルベック大佐、ドイツの東アフリカ帝国(1981)
  96. ^ ホルガー・H・ヘルヴィヒ、第一次世界大戦:ドイツとオーストリア–ハンガリー1914–1918(1996)
  97. ^ ロッド・パシャル、帝国ドイツの敗北、1917年から1918年(1994年)
  98. ^ ドイツ歴史博物館「1914–18:Lebensmittelversorgung」(ドイツ語)。
  99. ^ ロジャー・チッカリング、帝国ドイツと大戦争、1914年から1918年(2004年)p。141〜142
  100. ^ AJライダー、 1918年のドイツ革命:戦争と反乱におけるドイツ社会主義の研究(2008)
  101. ^ 「FremdsprachigeMinderheitenim DeutschenReich」(ドイツ語)。2010年2月6日にオリジナルからアーカイブされました2010年1月20日取得
  102. ^ 低地ドイツ語を含む
  103. ^ 「ヒトラーの遺産:ディアスポラのナチスのカルト」p。64
  104. ^ 成長の新しい急増」。アメリカ議会図書館
  105. ^ ユルゲンコッカ(1988年1月)。「ヒトラー以前のドイツの歴史:ドイツの「Sonderweg」についての議論" 。JournalofContemporaryHistory。23 1 3–16。doi10.1177 / 002200948802300101。JSTOR260865。S2CID159651458_ _ _  
  106. ^ Wehler、 Deutsche Gesellschaftsgeschichte:Vom Beginn des ErstenWeltkriegesbiszurGründungderBeidenDeutschenStaaten 1914–1949(2003)は、ドイツ社会の彼の記念碑的な歴史の第4巻です。シリーズのどれもまだ英語に翻訳されていません。部分的な要約は、ハンス・ウルリッヒ・ヴェーラー、ドイツ帝国、1871年から1918年(1997年)
  107. ^ Helmut Walser Smith(2008年5月)。Sonderweg討論が私たちを去ったとき」。ドイツ研究レビュー31(2):225–240。
  108. ^ DerGroßeBrockhaus第15版、vol。14、Leipzig 1933、p。741。

さらに読む

  • バーカー、J。エリス。現代ドイツ; 彼女の政治的および経済的問題、彼女の外交および国内政策、彼女の野心、そして彼女の成功の原因(1907)
  • フォルカーベルクハーン、フォルカーロルフ。現代ドイツ:20世紀の社会、経済、政治(1987)ACLSE-book
  • フォルカーベルクハーン、フォルカーロルフ。ドイツ帝国、1871年から1914年:経済、社会、文化、政治(第2版、2005年)
  • フォルカーベルクハーン、フォルカーロルフ。「ビスマルクからヒトラーへのドイツ植民地主義と帝国主義」。ドイツ研究レビュー、vol。40、いいえ。1(2017)pp。147–162オンライン
  • ブラックボーン、デビッド。長い19世紀:ドイツの歴史、1780年から1918年(1998年)の抜粋とテキスト検索
  • ブラックボーン、デビッド、ジェフエレイ。ドイツの歴史の特殊性:19世紀のドイツのブルジョワ社会と政治 2009年10月7日にウェイバックマシンでアーカイブ(1984)ISBN 0-19-873058-6 
  • ブランケ、リチャード。ドイツ帝国のプロイセンポーランド(1981)
  • ブランデンブルク、エーリッヒビスマルクから世界大戦へ:ドイツの外交政策の歴史1870–1914(1927)オンライン無料
  • キャロル、E。マルコム。ドイツと大国、1866年から1914年:世論と外交政策に関する研究(1938年)。 2020年8月1日にWaybackMachineでアーカイブされたQuestiaでオンライン 862pp; 上級生向けに書かれています。
  • セシル、ラマー。Wilhelm II:Prince and Emperor、1859–1900(1989)オンライン版 2011年9月14日にウェイバックマシンでアーカイブvol2:Wilhelm II:Emperor and Exile、1900–1941(1996)オンライン版2010年4月20日にウェイバックマシンでアーカイブ
  • チッカリング、ロジャー。ドイツ帝国と第一次世界大戦、1914年から1918年(第2版、2004年)の抜粋とテキスト検索
  • クラーク、クリストファー。アイアンキングダム:プロシアの興亡、1600–1947(2006)、標準的な学術調査
  • ドーソン、ウィリアムハーバット。現代ドイツの進化(1908)、503ページ、社会的および経済的歴史と植民地に焦点を当てた1871年から1906年までをカバーしています
  • ドーソン、ウィリアムハーバット。ビスマルクと国家社会主義; 1870年(1890年)以来のドイツの社会経済法の解説175ページ
  • ドーソン、ウィリアムハーバット。ドイツの地方自治体の生活と政府(1914年); 507ページ、地方自治体と官僚の働きについて説明しています
  • ドーソン、ウィリアムハーバット。ドイツとドイツ人 (1894)387pp; 政治と政党、第2巻
  • エーリッヒ、エーリッヒ。ビスマルクとドイツ帝国(1964)の抜粋とテキスト検索
  • フィッシャー、フリッツカイザーライヒから第三帝国へ:ドイツの歴史における継続性の要素、1871年から1945年(1986)。ISBN0-04-943043-2_ 
  • ガイス、イマニュエル。 ドイツの外交政策、1871年から1914年(1979年)の抜粋
  • Hayes、Carlton JH(1917)、「The History of German Socialism Reconsidered」、American Historical Review23(1):62–101、doi10.2307 / 1837686JSTOR  1837686
  • ヒューイットソン、マーク。「第一次世界大戦前のドイツとフランス:ウィルヘルミンの外交政策の再評価。」English Historical Review 115.462(2000):570–606; ドイツは軍事的優位性の感覚が高まっていると主張する
  • ホルボーン、ハヨ。近代ドイツの歴史:1840–1945(1969)、pp。173–532
  • ホイヤー、カチャ。血と鉄:ドイツ帝国の興亡1871-1918(2021)
  • ジェフリーズ、マシュー。ドイツの帝国文化、1871年から1918年(Palgrave、2003 ISBN1-4039-0421-9 
  • ケネディ、ポール。英独対立の台頭、1860〜 1914年(第2版、1988年)ISBN 1-57392-301-X 
  • Koch、Hannsjoachim W. 19世紀と20世紀(1984年)のドイツの憲法上の歴史。
  • クルランダー、エリック。排除の代償:民族性、国民的アイデンティティ、そしてドイツの自由主義の衰退、1898年から1933年(2007年)。
  • レビー、リチャードS.帝国ドイツにおける反セミティック政党の崩壊(エール大学出版、1975年)。
  • レビー、リチャードS.編 反ユダヤ主義:偏見と迫害の歴史的百科事典(2巻Abc-clio、2005年)。
  • ミルワード、アランS.、SBソール。大陸ヨーロッパの経済の発展:1850–1914(1977)pp。17–70。
  • Mombauer、Annika、Wilhelm Deist編、 カイザー:ドイツ帝国におけるヴィルヘルム2世の役割に関する新しい研究(2003年)オンライン で2018年9月4日にウェイバックマシンでアーカイブ
  • モムゼン、ヴォルフガング1867年から1918年の帝国ドイツ:権威主義国家の政治、文化、社会(1995)。ISBN0-340-64534-2_ 
  • ニッパーデイ、トーマス。ナポレオンからビスマルクまでのドイツ(1996年)主なトピックの密な報道
  • ピーター、パッドフィールド大海軍レース:英独建艦競争1900–1914(2005)
  • Ragins、Sanford。ドイツにおける反ユダヤ主義へのユダヤ人の反応、1870年から1914年:思想の歴史における研究(ISD、1980年)。
  • Reagin、ナンシー(2001)。「想像上の主婦:帝国ドイツにおける国民的アイデンティティ、家庭性、植民地主義」。現代史ジャーナル72(1):54–86。土井10.1086 / 319879JSTOR  10.1086 / 319879PMID18335627 _ S2CID37192065 _
  • レタラック、ジェームス。カイザーヴィルヘルム2世の時代のドイツ(1996)ISBN0-312-16031-3 
  • レタラック、ジェームス。ドイツ帝国1871年-1918年(2008年)
  • リッチ、ノーマン。「ドイツ帝国の外交政策における国益の問題:ビスマルク、ウィリアムII、そして第一次世界大戦への道。」海軍戦争大学レビュー(1973)26#1:28-41。オンライン
  • リッター、ゲルハルト剣とセプター; ドイツにおける軍国主義の問題(4巻マイアミ大学プレス1969–1973)
  • リッチー、アレクサンドラ。ファウストの大都市:ベルリンの歴史(1998)、1139ページ、188〜233ページ
  • サガラ、エダ。ドイツの社会史、1648–1914(1977)オンライン
  • シェック、ラファエル。「講義ノート、ドイツとヨーロッパ、1871年から1945年」(2008年)、一流の学者による簡単な教科書
  • ショルゲン、グレゴール。戦争に逃げる?ドイツ帝国の外交政策(Berg、1990 ISBN0-85496-275-1 
  • スミス、ヘルムート・ヴァルザー編 オックスフォード現代ドイツ史ハンドブック(2011)、862 pp; 専門家による35のエッセイ; 1760年以降のドイツの抜粋
  • スミス、ウッドラフD.ドイツ植民地帝国(1978
  • ジョナサン・スパーバー。カイザーの有権者:ドイツ帝国の選挙人と選挙(1997)オンラインレビュー
  • スターン、フリッツ。金と鉄:ビスマルク、ブライヒローダー、そしてドイツ帝国の建設(1979)ビスマルクは、この一流の銀行家および金融家の抜粋とテキスト検索と緊密に協力しました
  • ジョナサン・スタインバーグ。Bismarck:A Life(2011)、最近の学術伝記。ビスマルクの個性を強調する
  • スタインメッツ、ジョージ(2007)悪魔の手書き:植民地時代以前と青島、サモア、南西アフリカのドイツ植民地国家シカゴ:シカゴプレス大学。ISBN 978-0226772417 
  • テイラー、AJPビスマルク:男と政治家(1967)オンライン版 2011年6月24日にウェイバックマシンでアーカイブ
  • ウェラー、ハンス・ウルリッヒドイツ帝国、1871年から1918年(Berg、1985)。ISBN 0-907582-22-2 
  • ヴィルデンタール、ロラ。帝国のためのドイツの女性、1884–1945(2001)
歴史学
  • フォルカーベルクハーン、フォルカーロルフ。「ヴィルヘルムドイツの構造とエージェンシー:ドイツ帝国の歴史、過去、現在、未来」、アニカ・モンバウアーとヴィルヘルム・デイスト編。カイザー:ドイツ帝国におけるヴィルヘルム2世の役割に関する新しい研究(2003)pp。281–293、歴史学
  • チッカリング、ロジャー、編 インペリアルドイツ:歴史的コンパニオン(1996)、552pp; 専門家による18のエッセイ
  • ディキンソン、エドワードロス。「ドイツ帝国:帝国?」歴史ワークショップジャーナル第66号、(2008年秋)Project MUSEでオンライン最近の奨学金へのガイド付き
  • エレイ、ジェフ; Retallack、James(2004)、「Introduction」、Eley、Geoff; Retallack、James(eds。)、Wilhelminism and its Legacies:German Modernities、Imperialism、and the Meanings of Reform、1890–1930ISBN 1571816879
  • ジェフリーズ、マシュー。ドイツ帝国に対抗する1871年から1918年(2008年)の抜粋とテキスト検索
  • ミュラー、スヴェン・オリバー、コーネリアス・トープ編 ドイツ帝国の再考:継続的な議論と新しい展望(2011)
  • Reagin、Nancy R.「ドイツの国民的アイデンティティに関する最近の研究:地域?帝国?性別?想像上の?」中欧史(2004)v 37、pp。273–289 doi10.1163 / 156916104323121483
一次情報源

外部リンク