ゲオルク・ブソルト

フリー百科事典ウィキペディアより
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

Georg Busolt (1850 年 11 月 13 日 – 1920 年 9 月 2 日) は、ドイツの古典史の歴史家でした。

ブソルトは、インスターブルク近くのガット ケプレンで生まれ、東プロイセンの地主アドルフ ユリウス ブソルト (1818–1900)の息子でした。彼はインスターブルクのギムナジウムに出席し、ケーニヒスベルク大学で歴史と哲学を学びました。1874年、彼は学位論文でGrundzüge der Erkenntnißtheorie und Metaphysik Spinozas (「スピノザの知識と形而上学の理論の基礎」) を受け取り、翌年にカント賞で博士号を取得しました。イタリアとギリシャの調査旅行に続いて、ブソルトは 1878 年にケーニヒスベルクでスパルタに関する研究を行いました。

1879 年に彼の最初の議長は Busolt を受け取りました。彼はChristian August Volquardsenに続いて、キール大学の古代史の教授になりましたこれがビュソルトの最初のポストだったので、最初は助教授であり、1881 年に正教授になった。キール ビュソルトで 18 年間過ごした後、1897 年から 1898 年にかけて冬学期にゲッティンゲン大学に移り、再びフォルクァルトセンの後任となった。ゲッティンゲンでは、ブソルトは亡くなるまで教育と研究に携わっていました。プロイセン政府は 1911 年に彼を枢密顧問官に任命しました。ブゾルトは 1920 年にゲッティンゲンで亡くなりました。

ブソルトは主にギリシア史を扱った。この目的のために、彼は古代ギリシャの都市に関するハンドブックと、複数巻のGriechische Geschichteを書きました。ブソルトはカイロネイアの戦いまでの主題をカバーするつもりでしたが、ブソルトの仕事はペロポネソス戦争までしか進んでいません。彼の作品は時々時代遅れになることがありますが、特にペロポネソス戦争の時代には、当時知られているすべての一次資料と二次文献までをカバーする非常に広範な注釈のために、二次文献で重要な位置を占めています。彼の時間。

主な著作

  • Der zweite athenische Bund und die auf der Autonomie beruhende, helenische Politik von der Schlacht bei Knidos bis zum Frieden des Eubulos . (「第二次アテナイ同盟と、クニドスの戦いからエウブロスの和平までの自治に基づくギリシャの政策」) ライプツィヒ、ライプツィヒ、1874 年。
  • Die Grundzüge der Erkenntnißtheorie und Methaphysik Spinozas . ベルリン、1875年。
  • Die Lakedaimonier und ihre Bundesgenossen . (「ラケダイモン人とその連邦」) Teubner、ライプツィヒ、1878 年。
  • Forschungen zur Griechischen Geschichte . (「ギリシャの歴史に関する研究」) ブレスラウ、1880 年。
  • Griechische Geschichte bis zur Schlacht bei Chaeroneia . 3 Bände in 4. Perthes, Gotha 1885–1904 (teilweise in 2. Auflage; reicht nur bis zum Ende des Peloponnesischen Krieges).
  • Die griechischen Staats-, Kriegs- und Privataltertümer . ネルトリンゲン:ベック、1887年。
  • 3. Auflage unter dem タイトル: Griechische Staatskunde. 1. Hauptteil: Allgemeine Darstellung des griechischen Staates . ミュンヘン:ベック、1920年。1979 年に再版、ISBN  3-406-01360-0 . ( Handbuch des klassischen Altertumswissenschaft、Bd. 4、Abt. 1.)。
  • Griechische Staatskunde。2. Hauptteil: Darstellung einzelner Staaten und der zwischenstaatlichen Beziehungen . ミュンヘン:ベック、1926年。1979 年に再版、ISBN 3-406-01360-0 . ( Handbuch des klassischen Altertumswissenschaft、Bd. 4、Abt. 1.) 

ソース

  • Friedrich Volbehrと Richard Weyl、Professen und Dozenten der Christian-Albrechts-Universität zu Kiel 1665–1915 . キール: シュミットとクラウニッヒ、1916 年、p. 114。
  • Jochen Bleicken、「Die Herausbildung der Alten Geschichte in Göttingen. Von Heyne bis Busolt」、Carl Joachim Classen (ed.): Die klassische Altertumswissenschaft an der Georg-August-Universität Göttingen. Eine Ringvorlesung zu ihrer Geschichte . ゲッティンゲン: Vandenhoeck u. ルプレヒト、1989 年、98 ~ 127 ページ、ISBN 3-525-35845-8 
  • モーティマー H. チェンバーズ、ゲオルク ブソルト。彼の手紙の彼のキャリアライデン: ブリル、1990 年、ISBN 90-04-09225-0 

外部リンク