地名情報システム

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
米国地質調査所(USGS)のロゴ

地名情報システムGNISは)名前と全体に位置200万人以上の物理的および文化的特徴に関するlocativeの情報が含まれたデータベースである米国とその領土を。地名集の一種です。 GNISは、機能名の標準化を促進するために、米国地名委員会(BGN)と協力して米国地質調査所(USGS)によって開発されました

データベースは、地形図名と書誌参照を含むシステムの一部です。特徴や地名を確認する本や歴史地図の名前が引用されています。機能の正式な連邦名の代わりとなるバリアント名も記録されます。各機能は、永続的で一意の機能レコード識別子を受け取ります。これは、GNIS識別子と呼ばれることもあります。[1]「明らかな重複の場合を除いて」、データベースがエントリを削除することはありません。[2]

名前の変更

GNISは、National Map Corpsを通じて、米国の地理的特徴の新しい名前または変更された名前の提案を受け入れます一般の人々は、GNIS Webサイトで提案を行うことができ、提案の正当性と支持者を確認できます。

その他の機関

も参照してください

参考文献

  1. ^ 「米国国勢調査郡ベースのTIGER /Line®2009データディクショナリ:エンティティ、結合、属性、およびドメイン」2014年6月27日にオリジナルからアーカイブされまし検索された27年6月2014
  2. ^ 地図作成ユーザー諮問委員会(CUAC)(2007年4月26〜27日)。2007エージェンシープレゼンテーション議事録バージニア州レストン:米国地質調査所(USGS)。2014年1月11日にオリジナルからアーカイブされました。

さらに読む

外部リンク

0.035788059234619