ゲイリー・L・フランシオン

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
ゲイリー・フランシオン
ゲイリー・フランシオンが犬の仲間2人と一緒に座っている
ゲイリー・フランシオンと彼の犬の仲間2人
生まれ1954年5月(67歳)
アメリカ
教育
職業法学の著名な教授とニコラスdeB。カッツェンバッハ法哲学者、ラトガーズ法科大学院–ニューアーク
で知られている動物の権利擁護、奴隷制度廃止運動
配偶者たち)アンナ・E・チャールトン
Webサイト

ゲイリー・ローレンス・フランシオン(1954年5月生まれ)は、法と哲学の分野におけるアメリカの学者です。彼は、ニュージャージー州のラトガーズ大学の法学教授およびカッツェンバッハ法哲学者です。[1]彼はリンカーン大学(英国)の客員哲学教授でもあり[2] 、イーストアングリア大学(英国)の名誉哲学教授でもあります。[3]彼は動物倫理に関する数多くの本や記事の著者です。

伝記

フランシオーネはロチェスター大学で哲学の学士号を取得し、ファイベータカッパオハーン奨学金を授与され、英国で哲学の大学院研究を続けることができました。彼はバージニア大学で哲学の修士号とJDを取得し、バージニアローレビューの記事編集者を務めました卒業後、彼アルバート・テイト・ジュニア裁判官、第5巡回区連邦控訴裁判所、および米国最高裁判所のサンドラ・デイ・オコナー裁判官を務めました。[1]

ニューヨークのクラバス・スウェイン・アンド・ムーアで法律を実践した後、1984年にペンシルバニア大学ロースクールの学部に加わり、 1987年にテニュアを取得しました。 1985年に法学のコースの一環として動物の権利理論を教え始めました。1989年に彼はラトガースの教員に加わり、1990年に彼と彼の同僚のアンナE.チャールトンはラトガース動物の権利法プロジェクトを開始しました。フランシオーネとチャールトンは2000年に診療所を閉鎖しましたが、動物の権利理論、動物と法律、人権と動物の権利のコースを引き続き教えています。フランシオーネはまた、刑法、刑事手続、および法哲学を教えています。[1] 1989年、フランシオーネはアメリカのロースクールで動物の権利と法律に関する最初のコースを教えました。[2]

フランシオンは少なくとも1995年以来、ラトガーズの教授を務めています。ニューヨークタイムズ紙が、米国で唯一のラトガーズ動物権利法センターが週に200件の電話を受けており、フランシオンは「彼らは厳格な廃止主義的アプローチを取っているので、クリニックがもたらす訴訟の半分」。[3]

動物の権利理論

フランシオーネは動物の権利理論に関する彼の研究で知られており、1989年にアメリカの法科大学院でそれを教えた最初の学者でした。[2] [4]彼の研究は、動物の財産状態、動物の権利と動物福祉の違い、および他の認知的特徴ではなく感性のみに基づく動物の権利の理論という3つの問題に焦点を当てています。[5]

彼は動物の権利の廃止論者理論の先駆者であり、動物福祉の規制は理論的にも実際的にも不健全であり、一般の人々が動物を快適に使用できるようにすることで、財産としての動物の地位を延長するのに役立つだけだと主張しています。[6]彼は、人間以外の動物はただ一つの権利、財産と見なされない権利を必要とし、ビーガニズム-単なる資源としての動物の使用の拒絶-は動物の権利運動の道徳的ベースラインであると主張している。[7]彼はあらゆる形態の暴力を拒否し、動物の権利運動は平和運動の論理的な進展であると主張し、人間と人間以外の動物間の紛争を終わらせ、動物をそれ自体の終わりとして扱うことによって、平和運動をさらに一歩進めようとしています。[8]

フランシオンは、動物、財産、法律(1995)、雷のない雨:動物の権利運動のイデオロギー(1996)、人としての動物(2008)、動物の権利に関する議論:廃止か規制か?(2010年、Robert Garnerと)。彼はまた、著作権、特許法、法と科学に関する論文を書いています。[要出典]

動物の財産状況

動物、財産、および法律( 1995 )で、フランシオーネは、動物は人間の財産であるため、「人道的」な扱いを要求し、「不必要な」危害の適用を禁止する法律は、動物の興味。ほとんどの場合、これらの法律および規制は、動物が人間の財産としての使用に必要なレベルの保護を受けることのみを要求しています。動物は商品としての価値があるだけであり、彼らの興味は道徳的な意味で重要ではありません。その結果、彼らを保護すると思われる法律があるにもかかわらず、フランシオーネは、私たちが動物を拷問と見なされる方法で扱うと主張しています人間が使用されている場合。彼は、たとえ動物が私たちの財産であり続けるとしても、動物にもっと大きな保護手段を提供することを選択できると主張しますが、それは私たちが続けるには費用がかかりすぎるまでにすぎません。法的、社会的、経済的勢力は、人間に経済的利益がない限り、動物の利益を認めることに強く反対します。

動物の権利と動物福祉の比較

雷のない雨の中で:動物の権利運動のイデオロギー(1996)、フランシオンは、動物の権利の間に重要な理論的および実際的な違いがあると主張し、動物の搾取の廃止を要求し、動物福祉は搾取を規制しようとしていますそれをより人道的にする。Francioneは、これら2つのアプローチの理論的な違いは明らかであると主張しています。奴隷制度廃止論者の立場は、私たちが動物を「人道的に」扱っても、非人間の使用を正当化することはできないというものです。規制当局の見解は、動物の使用は正当であり、治療の問題のみが関連しているというものです。

フランシオーネは、動物の権利を支持すると主張するが、非人間の固有の価値の漸進的な認識を達成するための主要な方法として動物福祉の規制を支持する人々を「新しい福祉主義者」と表現しています。彼は、規制が動物を外的価値のみの経済的商品として扱うことを超えることはめったにないだけでなく、規制が動物の「人道的」扱いを改善したという認識が継続を非常に容易にする可能性があるため、この立場に対する事実上の支持はないと主張します動物性食品の消費について一般の人々がより快適に感じるようにすることで、搾取を増やしました。

フランシオーネの哲学の中心的な信条は、奴隷制度廃止論者の枠組みの中で最も重要な漸進的変化の形態はビーガニズムであるということです。フランシオーネはまた、動物の権利運動は平和運動の論理的な延長であり、非暴力的なアプローチを採用すべきであると長い間主張してきました。彼は、奴隷制度廃止論者/ビーガン運動は本当に過激であり、暴力は反動的であると主張しています。

感性の関連性

彼の動物の権利の紹介:あなたの子供または犬?(2000)、フランシオーネは、廃止の理論は、動物が人間の所有物ではないという基本的で法的な権利を与えられた道徳的共同体の完全なメンバーであるという感性を超えた認知的特徴を持っていることを要求すべきではないと主張する。彼は、動物が資源として人間によって使用されない権利を持つために、反射的自己認識、言語能力、または好みの自律性などの人間のような認知特性を持たなければならないという立場を拒否します。フランシオーネは、動物が財産である場合、動物の利益が平等に考慮されることは決してないという点で、平等な考慮の原則からこの権利を導き出します。

この議論の一環として、フランシオーネは、人間以外の人に関して、彼が私たちの「道徳的統合失調症」と呼んでいるものを特定します。一方で、私たちは動物の利益を真剣に受け止めていると言います。フランシオーネは、私たちの多くが、私たちが家族の一員と見なし、その人格、つまり本質的な道徳的価値を持つ存在としての地位を持っている人間以外の仲間と一緒に住んでいるという事実を指摘しています。一方、動物は財産であるため、私たちが動物に与えることを選択した以外に価値がなく、その利益を提供する場合にのみ利益を保護します。通常は経済的です。フランシオーネによれば、動物が道徳的に重要であり、物ではない場合、私たちはそれらを財産として扱うことはできません。フランシオーネはミハイル・マーダーと植物の感性について議論しましたコロンビア大学出版が主催する討論会で[9]

動物の権利運動

2008年、フランシオーネはカリフォルニア州の提案2に反対しました。これは、特定の家畜が自由に向きを変え、横になり、立ち上がって、手足を完全に伸ばすことを許可しない方法で特定の家畜を閉じ込めることを禁止する投票提案でした。[10]

フランシオーネは動物の権利における暴力に反対しています。[11]彼は、暴力を拒否する運動の人々を「フランシオンベス」と呼び、交渉が終わったなどのグループの暴力に対するより寛容な態度を支持するスティーブン・ベストからこのスタンスについて批判されている[11]

個人的な生活

彼の妻であるアンナE.チャールトンは、ラトガース大学の法学部の助教授であり、同じ分野で活躍しており、フランシオーネといくつかの出版物を共同執筆しています。[3] [12] 2015年、ゲイリーフランシオンは、内国歳入庁(IRS)との数百万ドルの税務紛争に関与しました。[13] 2017年現在、彼は6匹の犬と暮らしており、彼らを「人間以外の難民」と呼んでおり、家を共有しています。4匹は過去の飼い主の手によって残酷な被害を受けました。[14]

参考文献

  • 動物の権利:奴隷制度廃止論者のアプローチアンナE.チャールトンとの共著、Exempla Press、2015年。ISBN978-0-9967192-3-0 
  • あなたが気にかけるように食べる:動物を食べることの道徳性の調査Exempla Press、2013。ISBN978-1-492-38651-3 
  • ロバートガーナー動物の権利に関する議論:廃止か規制か?コロンビア大学出版、2010。ISBN978-0-231-14955-6 
  • 「動物福祉と人間以外の動物の道徳的価値」。法、文化および人文科学6(1)、2009:24–36。
  • 人としての動物:動物搾取の廃止に関するエッセイコロンビア大学出版、2008。ISBN978-0-231-13950-2 
  • 「感性を真剣に受け止めています。」Journal of Animal Law&Ethics 1、2006、p。1.1。
  • 「動物の権利理論と功利主義:相対的な規範的ガイダンス」。種間3、2003
  • 動物の権利の紹介:あなたの子供または犬?フィラデルフィア:Temple University Press、2000。ISBN1-56639-692-1 
  • 雷のない雨:動物の権利運動のイデオロギーフィラデルフィア:Temple University Press、1996。ISBN1-56639-461-9 
  • 動物、財産および法律フィラデルフィア:Temple University Press、1995、ISBN 1-56639-284-5 
  • 人格、財産および法的能力パオラ・カヴァリエリピーター・シンガー(編)、グレート・エイプ・プロジェクト。ニューヨーク:セント・マーティンズ・グリフィン、1993年、248〜257ページ。
  • アンナE.チャールトンと。教室での生体解剖と解剖:良心的兵役拒否へのガイドジェンキンタウン、ペンシルバニア州:アメリカの反生体解剖学会、1992年。
  • アンナ・チャールトンと。動物を擁護する!奴隷制度廃止論者のビーガンハンドブック。Exempla Press、2017年ISBN 978-0-9967192-7-8
  • ビーガン主義が重要な理由。動物の道徳的価値ニューヨーク:コロンビア大学出版、2020年。ISBN978-0-231-19961-2

も参照してください

メモ

  1. ^ a b "Gary L. Francione"、Rutgers School of Law Newark、2008年2月25日アクセス。
  2. ^ a b "ゲイリー・L・フランシオン教授へのインタビュー"動物Freedom.org 2017年5月13日取得
  3. ^ ab 「4人 クライアントと無駄な事件;ラトガース法学教授は動物界の権利を拡大するために戦う」ニューヨークタイムズ1995年11月11日。
  4. ^ フランシオン、ゲイリー。人としての動物:動物搾取の廃止に関するエッセイコロンビア大学出版、2008年、裏表紙。
  5. ^ Unferth、Deb Olin(2011年2月)。「ゲイリー・フランシオン:動物愛護者」ビリーバーマガジン2017年5月13日取得
  6. ^ ホール、リー。「ゲイリー・L・フランシオン教授へのインタビュー」 2009年5月8日、ウェイバックマシン、フレンズ・オブ・アニマルズでアーカイブ、2008年2月25日アクセス。
  7. ^ Francione、Gary L.(2015年7月13日)。「討論:動物の権利のないビーガン主義」ヨーロピアンマガジン2017年5月13日取得
  8. ^ 「ミッションステートメント」、abolitionistapproach.com、2012年6月9日にアクセス。
    • 財産と見なされない権利については、フランシオン、ゲイリーを参照してください。雷のない雨:動物の権利運動のイデオロギー、1996年。
  9. ^ ウェイバックマシン2013年12月14日にアーカイブされた植物倫理についてのマイケルマーダーとゲイリーフランシオンの討論 」。コロンビア大学出版。
  10. ^ フランシオン、ゲイリーL.(2008-09-02)。「提案2で何をすべきか?」ニュージャージー州ニューアーク:動物の権利:奴隷制度廃止論者のアプローチ。2012年7月26日にオリジナルからアーカイブされました2012年11月29日取得...動物擁護者は提案2に反対票を投じるべきだというのが私の見解です...
  11. ^ a b アニマルライツ過激派カミーユマリーノが暴力を呼びかける、南部貧困法センター、2012年3月1日
  12. ^ 「ゲイリーL.フランシオン」動物の権利:奴隷制度廃止論者のアプローチ
  13. ^ 「ニュージャージーのカップルは4億ドルの税の論争の助けを高等裁判所に頼みます」
  14. ^ "「彼らは財産です」:ペットの所有権を正当化するのに十分な愛はありません、と動物権利著者言います

外部リンク