構文カテゴリ

構文カテゴリは構文理論が想定する構文単位です[1]単語クラスは、主に伝統的な品詞(名詞、動詞、前置詞など) に対応しており、構文上のカテゴリです。句構造文法では句カテゴリ(たとえば、名詞句動詞句前置詞句など) も構文カテゴリです。ただし、依存関係文法は(少なくとも伝統的な意味では) 句カテゴリを認識しません。[2]

構文カテゴリと見なされる単語クラスは、語句カテゴリとは区別して、語彙カテゴリと呼ばれる場合があります。この用語は、さまざまな言語学者の理論モデル間でいくぶん一貫性がありません。[2]しかし、多くの文法では、語彙カテゴリー(内容語、またはそれらを先頭とするフレーズで構成される傾向がある) と機能カテゴリー(機能語または抽象的な機能要素、またはそれらを先頭とするフレーズで構成される傾向がある)も区別しています。)。したがって、語彙カテゴリという用語には 2 つの異なる意味があります。さらに、構文上のカテゴリを混同しないでください。文法カテゴリ(文法特徴とも呼ばれる)。時制性別など のプロパティです。

基準の定義

構文カテゴリの定義には、少なくとも 3 つの基準が使用されます。

  1. それが表現する意味の種類
  2. 使用する接辞の種類
  3. それが起こる構造

たとえば、英語の多くの名詞は具体的な実体を示し、接尾辞-sで複数形になり、文節の中で主語と目的語として現れます。多くの動詞は動作や状態を表し、同意接尾辞 (英語の三人称単数の-s など) と活用され、英語では動詞が出現する文節の中間位置に現れる傾向があります。

3 番目の基準は、分布とも呼ばれます。特定の構文単位の分布によって、それが属する構文カテゴリが決まります。構文単位の分布動作は置換によって識別されます。[3]同様の構文単位は相互に置換できます。

さらに、構文カテゴリを決定するために使用できる非公式の基準もあります。たとえば、ある項目が機能的なものではなく語彙的なものであるかどうかを判断する非公式な手段の 1 つは、その項目が「電信の音声」 (つまり、電報の書き方、たとえばパンツの火事) の中に残されているかどうかを確認することです。水、助けが必要です。 ) [4]

語彙カテゴリと語句カテゴリ

従来の品詞は、その用語の 1 つの意味では、語彙的なカテゴリです。[5]伝統的な文法は、約 8 ~ 12 の語彙カテゴリーを認識する傾向があります。

語彙カテゴリー
形容詞(A)、付加詞(前置詞、後置詞、環置詞)(P)、副詞(Adv)、等位 接続詞(C)、限定(D)、感動詞(I)、名詞(N)、助詞(Par)、代名詞( Pr)、従属 接続詞(Sub)、動詞(V)など。

特定の文法が想定する語彙カテゴリは、このリストとは異なる可能性があります。確かに、多数のサブカテゴリがあることを認識できます。例えば、代名詞を名詞のサブタイプとして見ることができ、動詞を定形動詞非定形動詞(動名詞、不定詞、分詞など)に分けることができます。中心となる語彙カテゴリから、対応する句カテゴリが生成されます: [6]

句のカテゴリ
形容詞句(AP)、副詞句(AdvP)、副詞句(PP)、名詞句(NP)、動詞句(VP)など。

句構造ルールの観点から、句カテゴリは矢印の左側に出現できますが、語彙カテゴリはできません (例: NP → D N)。この分野では慣例が異なりますが、伝統的に句カテゴリは 2 つ以上の単語で構成される必要があります。たとえば、X バー理論では、個々の単語が句のカテゴリに対応していることがよくあります。句のカテゴリは次のツリーで示されています。

構文カテゴリ PSG

語彙カテゴリと句カテゴリはノード ラベルに従って識別され、句カテゴリには「P」指定が付けられます。

語彙カテゴリのみ

依存関係文法は、句構造文法とは異なり、句カテゴリを認識しません[2]これが意味するのは、語彙カテゴリと語句カテゴリの間の相互作用がなくなり、その結果、語彙カテゴリのみが認識されるということです。[7]ノードとカテゴリの数が減るため、ツリー表現はより単純になります。

構文カテゴリ DG

ここでは、語彙的カテゴリーと句的カテゴリーの区別がありません。「P」のマークが付いているノードをすべて削除すると、ノードの数が減ります。ただし、2 つ以上の単語を含むサブツリーがフレーズとして認定される限り、フレーズは引き続き認識されることに注意してください。

語彙カテゴリーと機能カテゴリー

多くの文法では、語彙カテゴリ機能カテゴリを区別しています[8]この区別は、語彙カテゴリーと語句カテゴリーの区別と直交しています。この文脈では、語彙カテゴリという用語は、オープン クラスを形成し、完全な意味内容を持つ品詞とそれに相当する句にのみ適用されます。閉じたクラスを形成し、主に機能的な内容のみを含む品詞は、機能カテゴリと呼ばれます。

語彙カテゴリー
形容詞(A)と形容詞句(AP)、副詞(Adv)と副詞句(AdvP)、名詞(N)と名詞句(NP)、動詞と動詞句(VP)、前置詞と前置詞句(PP)
機能カテゴリー
等位接続詞(C)、限定詞(D)、否定(Neg)、助詞(Par)、前置詞(P)と前置詞句(PP)、従属接続詞(Sub)など。

たとえば前置詞の地位など、特定の分野では意見の相違があります。語彙的カテゴリーと機能的カテゴリーの区別は、機能的カテゴリーの役割が大きいチョムスキー文法 (変換文法、統治と拘束理論、ミニマリスト プログラム) において大きな役割を果たします。多くの句カテゴリは、特定の品詞に直接対応しないと想定されます。例:屈折句(IP)、時制句 (TP)、同意句 (AgrP)、焦点句 (FP) など ( 「句」→「機能」も参照)カテゴリ)。このような機能的カテゴリーを認識するには、星座が理論の原始的なものであり、出現する単語とは別に存在すると仮定する必要があります。結果として、多くの文法フレームワークは、そのような機能カテゴリ (ヘッド駆動句構造文法、依存関係文法など) を認識しません。

注: これらのカテゴリの略語はシステムによって異なります。品詞のタグ付け § タグ セットを参照してください

ミニマリスト プログラムのラベル

初期の研究では、ラベリングは構文構造の分析には最適ではないと考えられており、削除する必要があるため、ラベリングの使用をやめることを示唆していました。[9] Collins (2002) は、名詞、代名詞、形容詞などのラベルは避けられず、構文項目を分類するのに間違いなく有用であるが、それらの項目の投影にラベルを提供することは役に立たず、実際には次のように主張しました。これらの投影をどのように正確にラベル付けするかについて意見の相違や議論があったため、構造分析に有害です。名詞句 (NP)、動詞句 (VP) などの射影のラベル付けは、構文学者の間で議論のテーマとなり、それ以来、コリンズが提起したまさにその問題を解決するためのラベル付けアルゴリズムに取り組んでいます。

句構造規則X バー理論の両方に沿って、構文ラベル付けはチョムスキーのミニマリスト プログラム (MP)内で重要な役割を果たしますチョムスキーは最初に、すべての言語に普遍的に適用できる生成文法の理論的枠組みを作成することによって MP ​​を開発しました。フレーズ構造ルールや X バー理論とは対照的に、ラベルに関して行われた研究や提案された理論の多くはかなり最近のものであり、現在も進行中です。

こちらも参照

ノート

  1. ^ 構文カテゴリーの背後にある一般的な推論については、Bach (1974:70-71) および Haegeman (1994:36) を参照。
  2. ^ abc ルラーギ、シルビア; パロディ、クローディ (2008)。構文および構文理論の重要な用語コンティニュアム・インターナショナル・パブリッシング・グループ。15~17ページ。
  3. ^ Culicover (1982:8ff.) を参照。
  4. ^ アンドリュー・カーニー (2013). 構文 A 生成的な導入。米国マサチューセッツ州: ワイリー-ブラックウェル。p. 52.ISBN _ 9781118321874
  5. ^ 例えば、Emonds (1976:14)、Culicover (1982:12)、Brown and Miller (1991:24, 105)、Cowper (1992:20, 173)、Napoli (1993:169, 52)、Haegeman (1994) を参照。 :38)、クリカバー (1997:19)、ブリントン (2000:169)。
  6. ^ 例えば、Emonds (1976:12)、Culicover (1982:13)、Brown and Miller (1991:107)、Cowper (1992:20)、Napoli(1993:165)、Haegeman (1994:38) を参照。
  7. ^ 「英語の文法」. パブリック ASU2000年6月。
  8. ^ 語彙的カテゴリーと機能的カテゴリーを区別する文法の例については、たとえば、Fowler (1971:36, 40)、Emonds (1976:13)、Cowper (1992:173ff.)、Culicover (1997:142)、Haegeman を参照。そしてゲロン(1999:58)、フォーク(2001:34以降)、カーニー(2007:45以降)。
  9. ^ クリス、コリンズ (2002)。「ラベルをなくす」。ミニマリストプログラムにおける導出と説明: 33–49。

参考文献

  • Bach、E. 1974。統語論。ニューヨーク: ホルト、ラインハート、ウィンストン社
  • ブリントン、L. 2000。現代英語の構造。アムステルダム: ジョン・ベンジャミンズ出版社。
  • ブラウン、K.、J. ミラー。1991. 構文: 文構造の言語学入門、第 2 版。ロンドン: 英国: ハーパーコリンズアカデミック
  • Carnie, A. 2007 年。構文: 生成入門、第 2 版。マサチューセッツ州モールデン:ブラックウェル出版。
  • Cowper、E. 2009。構文理論への簡潔な入門: 政府拘束力のあるアプローチ。シカゴ: シカゴ大学出版局。
  • Culicover、P. 1982。構文、第 2 版。ニューヨーク:アカデミックプレス。
  • Culicover、P. 1997。原則とパラメータ: 構文理論の入門。オックスフォード大学出版局。
  • Emonds, J. 1976. 英語構文への変革的アプローチ: ルート、構造保持、およびローカル変換。ニューヨーク: アカデミックプレス。
  • Falk, Y. 2001. 字句関数文法: 並列制約ベースの構文の紹介。カリフォルニア州スタンフォード: CSLI Publications。
  • Fowler, R. 1971。変換構文の入門。ニューヨーク: Barnes and Noblles Inc.
  • Haegeman, L. 1994 年。政府と拘束理論の紹介、第 2 版。イギリス、オックスフォード: ブラックウェル。
  • ヘイゲマン、L.、J. ゲロン。1999. 英文法: 生成的な視点。オックスフォード、英国: Blackwell Publishers。