機能的農業生物多様性

フリー百科事典ウィキペディアより
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

機能的な農業生物多様性とは、農地または景観の規模での生物多様性であり、持続可能な農業生産をサポートする生態系サービスを提供し、地域および地球環境により大きな影響を与えることもできます。[引用が必要]

機能的な農業生物多様性の概念図

FAB概念図.jpg

Functional AgroBiodiversity は、人間の幸福に不可欠な規制、供給、および文化的生態系サービスを提供します。この概念図からわかるように、規制、提供、文化サービスの間、および生物多様性の保全との間には、多くの場合、正の相乗効果が存在します。図の緑色の領域は、European Learning Network の中心的な焦点を強調しています。赤色の領域は、機能的農業生物多様性が地域環境 (水質、レクリエーションなど) と地球環境 (気候変動など) および社会全体にプラスの影響を与えることを示しています。このグラフは、ミレニアム エコシステム アセスメント(2005 年) に基づいています。支援サービスは国民が直接利用するものではないため含まない。

最近、「機能的農業生物多様性に関する欧州学習ネットワーク」と呼ばれるプロジェクトが開始され、その事務局はECNCによって保持されています。このネットワークの目標は、国や言語の境界を越えて、機能的農業生物多様性の分野内のさまざまな関係者間で知識と経験を交換することです。

外部リンク