情報の自由

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

情報の自由とは、1人または複数の人が情報を公開および消費する自由です。情報へのアクセスとは、個人が情報を効果的に探し、受け取り、伝える能力です。これには、「科学的、先住民的、伝統的知識、情報の自由、オープンインターネットやオープンスタンダードを含むオープンナレッジリソースの構築、データのオープンアクセスと可用性、デジタルヘリテージの保存、文化的および言語的多様性の尊重など」が含まれる場合があります。アクセス可能な言語でのローカルコンテンツへのアクセスを促進するものとして;生涯およびeラーニングを含むすべての人のための質の高い教育; 新しいメディアと情報リテラシーとスキルの普及、およびスキル、教育、性別、年齢、人種、民族性、および障害者によるアクセシビリティに基づく不平等への対処を含む、オンラインでの社会的包摂。そして、モバイル、インターネット、ブロードバンドインフラストラクチャを含む接続性と手頃なICTの開発」。[1] [2]

情報の公開を含む政府情報への公的アクセス、および情報法の正式な自由は、政府における民主主義と完全性の重要な基本要素と広く見なされています。[3]

Michael Bucklandは、情報へのアクセスを実現するために克服しなければならない6種類の障壁を定義しています。情報源の特定、情報源の可用性、ユーザーの価格、プロバイダーへのコスト、認知的アクセス、受容性です。[4]「情報へのアクセス」、「情報への権利」、「知る権利」、「情報の自由」は同義語として使用されることがありますが、多様な用語は問題の特定の(関連はあるものの)側面を強調しています。[1]

情報の自由は表現の自由に関連しており、口頭、書面、印刷、電子、またはアート形式を問わず、あらゆる媒体に適用できます。これは、権利としての言論の自由の保護には、内容だけでなく表現の手段も含まれることを意味します。[5]情報の自由は別の概念であり、インターネット情報技術のコンテンツにおけるプライバシーの権利と衝突することがあります表現の自由の権利と同様に、プライバシーの権利は認められた人権であり、情報の自由はこの権利の延長として機能します。[6]英国政府は、それを言論の自由の延長であり、基本的人権であると理論づけています。[7]国際法で認められています。国際および米国の海賊党、主に情報の自由の問題に基づいて政治的基盤を確立しました。[8]

概要

インターネットへのアクセスが大幅に増加し、2014年には30億人を超えるユーザーに到達し、世界人口の約42%に達しました。[1]しかし、デジタルデバイドは世界の人口の半分以上、特に女性と女児、特にアフリカ[9]最も発展途上国、そしていくつかの小島嶼開発途上国を除外し続けています。[10]さらに、障害のある個人は、テクノロジーの設計によって、またはトレーニングと教育の有無によって、有利になるか、さらに不利になる可能性があります[11]

コンテキスト

デジタルデバイド

世界的なデジタルデバイドのため、情報へのアクセスは大きな困難に直面しています。デジタルデバイドは、情報通信技術(ICT)へのアクセス、使用、または影響に関する経済的および社会的不平等です。[12]国内の格差(米国のデジタルデバイドなど)は、通常、さまざまな社会経済レベルまたはその他の人口統計学的カテゴリーにおける、個人、世帯、企業、または地理的領域間の不平等を指す場合があります。[12] [13]世界のさまざまな国または地域間のデバイドは、グローバルデジタルデバイドと呼ばれます、国際的な規模で発展途上国と先進国の間のこの技術的ギャップを調べます。[14]

人種的分裂

社会の多くのグループは、コンピューターやインターネットへのアクセスの欠如によって影響を受けていますが、色のコミュニティは、デジタルデバイドによって悪影響を受けていることが特に観察されています。これは、さまざまな人種や民族間のホームインターネットアクセスを観察する場合に明らかです。白人の81%とアジア人の83%が自宅でインターネットにアクセスできるのに対し、ヒスパニックの70%、黒人の68%、アメリカインディアン/アラスカ先住民の72%、ハワイ先住民/太平洋諸島民の68%です。所得はホームインターネットアクセスの格差の要因ですが、低所得層の人々の間には依然として人種的および民族的不平等が存在します。ヒスパニック系の51%と黒人の50%と比較して、低所得の白人の58%がホームインターネットにアクセスできると報告されています。この情報は、「Digital Denied:[15]報告書は、さまざまな人種や民族の人々に対する偏見を永続させる構造的障壁と差別が、デジタルデバイドに影響を与える一因となっていると結論付けています。報告書はまた、インターネットにアクセスできない人々は依然としてインターネットへの需要が高く、ホームインターネットアクセスの価格を下げることで公平な参加を増やし、限界に達したグループによるインターネットの採用を改善できると結論付けています。[16]

デジタル検閲アルゴリズム的バイアスが人種的分裂に存在することが観察されています。ヘイトスピーチのルールやFacebookなどのヘイトスピーチアルゴリズムのオンラインプラットフォームは、女性や有色人種などの社会から取り残されたグループよりも、白人男性や社会のエリートグループに属する人々を支持してきました。ProPublicaが実施したプロジェクトで収集された内部文書のコレクションでは、ヘイトスピーチの区別と保護されたグループの認識に関するFacebookのガイドラインにより、それぞれが女性ドライバー、黒人の子供、白人男性のいずれかを含む3つのグループを特定するスライドが明らかになりました。どのサブセットグループが保護されているかという質問が提示されたとき、正解は白人男性でした。[17]マイノリティグループの言語は、ヘイトスピーチと見なされるものとそうでないものを最終的に決定する人間の偏見のために、ヘイト検出の自動化ツールによって悪影響を受けます。[18]

オンラインプラットフォームは、有色人種に対する不快なコンテンツを許容するが、有色人種からのコンテンツを制限することも観察されています。Facebookページのアボリジニのミームは、人種差別的なコンテンツとアボリジニの人々を劣等として描いたコメントとともに投稿されました。このページのコンテンツは、オーストラリア通信メディア庁による調査の結果、発信者によって削除されましたが、Facebookはページを削除せず、物議を醸すユーモアの分類にとどまることができました。[19]しかし、アフリカ系アメリカ人の女性が、小さな町のレストランで唯一の有色人であることに不快感を示した投稿には、人種差別的で憎むべきメッセージが寄せられました。オンラインでの虐待をFacebookに報告したとき、彼女のアカウントはスクリーンショットを投稿したためにFacebookによって3日間停止されましたが、彼女が受け取った人種差別的なコメントの責任者は停止されませんでした。[20]有色人種間の共有体験は、オンラインプラットフォームの削除ポリシーの下で沈黙するリスクがある可能性があります。

障害分割

情報技術へのアクセスの不平等は、障害のない人と比較して、障害のある人の間に存在します。The Pew Internetによると、障害者がいる世帯の54%が自宅でインターネットにアクセスできるのに対し、自宅でインターネットにアクセスできて障害者がいない世帯の81%が利用しています。[21]個人が持っている障害の種類は、四肢麻痺障害や手に障害があるなど、コンピューター画面やスマートフォン画面との相互作用を妨げる可能性があります。しかし、認知障害や聴覚障害のある人の間でも、テクノロジーや家庭のインターネットアクセスへのアクセスはまだ不足しています。情報技術の利用の増加が、障害者に機会を提供することで平等を高めるのか、それとも現在の不平等を増し、障害者が社会に取り残されるのかという懸念があります。[22]社会における障害の認識、連邦政府および州政府の方針、企業方針、主流のコンピューティングテクノロジー、リアルタイムのオンライン通信などの問題が、障害を持つ個人に対するデジタルデバイドの影響に寄与することがわかっています。[23] [24]

障害を持つ人々もオンラインでの虐待の標的です。Leonard Cheshire.orgが発行したレポートによると、オンラインの障害者ヘイトクライムは、英国全体で過去1年間に33%増加しています。[25]モデルのケイティ・プライスの息子が障害を持っていることに起因するオンライン虐待の標的となった2019年の事件で、障害者に対するオンラインでの憎悪の虐待の説明が共有されました。虐待に対応して、英国の国会議員が障害者に対するオンライン虐待を永続させる罪を犯した人々を確実に拘束するために、ケイティ・プライスによってキャンペーンが開始されました。障害のある個人に対するオンラインでの虐待は、人々がオンラインで従事することを思いとどまらせる要因であり、人々が自分たちの生活を改善する可能性のある情報を学ぶことを妨げる可能性があります。障害を持つ多くの個人は、利益詐欺の告発や金銭的利益のために障害を「偽造」するという形でオンライン虐待に直面しており、場合によっては不必要な調査につながります。[26]

性別

女性の情報の自由と世界的な情報へのアクセスは、男性よりも劣っています。非識字やデジタルエンパワーメントの欠如などの社会的障壁は、情報へのアクセスに使用されるツールをナビゲートする際に深刻な不平等を生み出し、性的健康など、女性や性別に直接関係する問題の認識の欠如を悪化させることがよくあります。地域のコミュニティ当局が、コミュニティ内の少女や未婚の女性の携帯電話の使用を禁止または制限するなど、より極端な措置の例もあります。[27]ウォートン公共政策大学院によると、情報通信技術(ICT)の拡大により、女性のICTへのアクセスに影響を与えた複数の格差が生じ、一部の開発途上国では31%、12 2016年に世界全体で%。[28]これらの格差から生じる社会経済的障壁は、私たちがデジタルデバイドと呼んでいるものとして知られています。低所得国と低所得地域の間で同様に、インターネットアクセスの高価格は女性にとって障壁となります。なぜなら、女性は一般的に賃金が低く、有給労働と無給労働の間で不平等な配当に直面しているからです。特定の国の文化的規範は、女性が特定のレベルの教育を受けたり、家計の稼ぎ手になったりすることを妨げることによって、女性がインターネットやテクノロジーにアクセスすることを禁じている場合があります。しかし、女性がICTにアクセスできる場合でも、デジタルデバイドは依然として蔓延しています。

LGBTQIAは分裂し、州や技術会社による弾圧

2010年以降に新しい法律を導入した州を含む多くの州、特にLGBTQIコミュニティからの声やコンテンツを検閲し、性的指向性同一性に関する情報へのアクセスに深刻な影響を及ぼしています[29]デジタルプラットフォームは、特定のコンテンツへのアクセスを制限する上で強力な役割を果たします。たとえば、LGBTQIAをテーマにした非公開動画を「制限付き」として分類するというYouTubeの2017年の決定など、「不適切な可能性のあるコンテンツ」を除外するように設計された分類です。[30]インターネットは、LGBTQIAコミュニティなどの疎外されたグループが他の人々とつながり、コミュニティに影響を与えている正直な対話や会話に参加するための安全なスペースを作成できる情報を提供します。[31]また、LGBTQIAコミュニティの変化のエージェントと見なすことができ、社会正義に従事する手段を提供します。これにより、農村地域または孤立した地域に住んでいる可能性のあるLGBTQIAの個人が、他のLGBTの個人から情報を取得するだけでなく、農村システム内にない情報にアクセスできるようになります。これには、ヘルスケア、パートナー、ニュースなどの情報が含まれます。GayHealthはオンラインの医療および健康情報を提供し、Gay and Lesbians Alliance Against Defamationには、人権キャンペーンおよびLGBTQIAの問題に焦点を当てた問題に焦点を当てたオンライン出版物およびニュースが含まれています。インターネットはまた、LGBTQIAの個人が匿名性を維持することを可能にします。インターネットへのアクセスの欠如は、遠隔地の農村地域でのブロードバンドアクセスの欠如のために、これらのことを妨げる可能性があります。[32]LGBT Techは、LGBTQIAコミュニティのメンバーが、ヘルスケア、経済的機会、安全なコミュニティに関する情報を提供できる信頼性の高い高速テクノロジーにアクセスできなくなる可能性のあるデジタルデバイドを解消するために、5Gテクノロジーを使用した新しいテクノロジーの立ち上げを強調しています。[33]

LGBTQIAのメンバーがオンラインで情報にアクセスしたり、情報を悪用したりするのを妨げる可能性のある他の要因もあります。インターネットフィルターは、公立学校や図書館のLGBTQIAコミュニティに関連するLGBTQIAコンテンツを検閲および制限するためにも使用されます。[32]LGBTQIAのメンバーを標的にして、個人情報を探し出し、不正確な情報を提供することにより、オンラインの捕食者によるオンラインでの虐待も存在します。インターネットの使用は、LGBTQIAの個人が、治療上のアドバイス、社会的支援システム、およびアイデアや懸念のコラボレーションを促進し、LGBTQIAの個人が前進するのを助けるオンライン環境を通じて、社会的挫折に対処するための情報にアクセスする方法を提供できます。これは、インターネットを証拠と評価とともに利用して、出てくる状況とその結果として起こりうる影響に対処しているLGBTQIAの個人に情報を提供できるヒューマンサービスの専門家を通じて育成することができます。[34]

セキュリティ引数

デジタル時代の進化に伴い、言論の自由とその結果(情報の自由、情報へのアクセス)の適用は、政府の管理や個人情報を危険にさらす商業的方法を含む新しいコミュニケーション手段や制限が生じるにつれて、より議論の余地があります。[35]

デジタルアクセス

情報の自由(または情報の自由)とはインターネットおよび情報技術に関する表現の自由の権利の保護も指します。情報の自由は、情報技術のコンテキストでの検閲、つまり検閲制限なしにWebコンテンツにアクセスする機能にも関係する場合があります。

情報とメディアリテラシー

KuzminとParshakovaによると、情報へのアクセスには、公式および非公式の教育環境での学習が伴います。また、ユーザーに権限を与え、インターネットへのアクセスを最大限に活用できるようにする情報とメディアリテラシーの能力を育成することも必要です。[36] [37]

ジャーナリズム教育に対するユネスコの支援は、ユネスコがサイバースペースでアクセス可能な独立した検証可能な情報の提供にどのように貢献しようとしているのかの一例です障害者のアクセスの促進は、2014年にユネスコが開催した「障害者のための包括的ICTに関するニューデリー宣言:エンパワーメントを実現する」を採択した会議によって強化されました。[2]

オープンスタンダード

国際電気通信連合(ITU)によると、「オープンスタンダード」とは、一般の人々が利用できるようになり、協調的かつコンセンサス主導のプロセスによって開発(または承認)され、維持される標準です。「オープンスタンダード」は、さまざまな企業間の相互運用性とデータ交換を促進します。製品またはサービスであり、広く採用されることを目的としています。」ユネスコの調査では、オープンスタンダードを採用することで、市民が情報を自由に見つけ、共有し、再利用できる「デジタルコモンズ」のビジョンに貢献できる可能性があると考えています。[1]費用がかからず、自由に変更できるオープンソースソフトウェアを宣伝することで、マイノリティグループに代わって、対象を絞ったアウトリーチ、インターネットアクセスの提供の改善、民間企業やアクセスを強化し、社会的および経済的不平等の根本的な問題を解決する[1]

情報化社会と表現の自由

2003年に採択された世界情報社会サミット(WSIS)の原則宣言は、民主主義と、すべての人権と基本的自由の普遍性、不可分性、相互依存性を再確認しています。宣言はまた、「情報社会」 の表現の自由に対する権利の重要性について、次のように具体的に言及しています。

私たちは、情報社会の本質的な基盤として、そして世界人権宣言の第19条に概説されているように、すべての人が意見と表現の自由に対する権利を持っていることを再確認します。この権利には、干渉することなく意見を保持し、あらゆるメディアを通じて、またフロンティアに関係なく、情報やアイデアを求め、受け取り、伝える自由が含まれていること。コミュニケーションは基本的な社会的プロセスであり、基本的な人間の必要性であり、すべての社会組織の基盤です。それは情報社会の中心です。誰もが、どこでも参加する機会を持つべきであり、情報化社会が提供する利益から誰も除外されるべきではありません。[38]

2004年のWSIS原則宣言はまた、「人権を尊重しつつ、犯罪およびテロ目的での情報資源および技術の使用を防止する必要がある」ことを認めた。[39]ヴォルフガング・ベネデクは、WSIS宣言には人権への言及が多数含まれているだけであり、人権が実際に考慮されていることを保証するための手順やメカニズムを詳しく説明していないとコメントしています。[40]

ハクティビズム

1999年に設立されたデジタル権利グループHacktivismoは、情報へのアクセスは基本的人権であると主張していますこのグループの信念は、世界人権宣言と市民的および政治的権利に関する国際規約(ICCPR)をインターネットに適用することを求める「ハクティビズモ宣言」に詳しく説明されています宣言は、インターネットに関する表現の自由の権利、この文脈では情報の自由を保護するというICCPRに対する加盟国の義務を想起します。[41]ハクティビズモ宣言は、「インターネット上の情報への合理的なアクセスに関して人権侵害と戦うことの重要性」を認識し、ハクティビズモコミュニティに「国が後援するインターネットの検閲を回避する方法と手段を研究する」ことと「情報の権利の侵害に異議を申し立てる」。ただし、ハクティビズモ宣言は、表現の自由の権利には制限があることを認めており、「適切に分類された国家機密児童ポルノ、および個人のプライバシー特権に関連する事項の公開を禁止する政府の権利を認めました。、他の受け入れられた制限の中で。」しかし、ハクティビスト宣言は「しかし、批評家、知識人、芸術家、または宗教的人物の作品へのアクセスを制御するための国家権力の使用に反対している」述べいる

グローバルネットワークイニシアチブ

2008年10月29日、グローバルネットワークイニシアチブ(GNI)は、「表現の自由とプライバシーに関する原則」に基づいて設立されました。このイニシアチブは、世界人権宣言(UDHR)の60周年記念年に開始され、UDHR、市民的および政治的国際規約に定められた表現の自由プライバシーに関する人権に関する国際的に認められた法律と基準に基づいています。権利(ICCPR)および経済的、社会的および文化的権利に関する国際規約(ICESCR)。[42]イニシアチブの参加者には、電子フロンティア財団が含まれます。ヒューマン・ライツ・ウォッチグーグルマイクロソフトヤフー、その他の主要企業、人権NGO、投資家、学者。[43] [44]

報告によると、シスコシステムズは最初の議論に招待されましたが、イニシアチブには参加しませんでした。シスコが人権委員会を設立することを提案したHarringtonInvestmentsは、影響を及ぼさない自主的な行動規範としてGNIを却下しました。最高経営責任者のジョン・ハリントンは、GNIを「無意味な騒ぎ」と呼び、代わりに、取締役会に人権責任を受け入れるように強制する定款の導入を求めています。[45]

インターネット検閲

検閲に関する索引の編集者であるジョー・グランヴィルは、「インターネットは言論の自由と同様に検閲の革命であった」と述べています。[45]情報の自由の概念は、州が後援するインターネットの検閲、監視および監視に対応して出現した。インターネット検閲には、インターネット上の情報の公開またはアクセスの制御または抑制が含まれます

国境なき記者団(RSF)の「インターネット敵リスト」によると、キューバイランモルディブミャンマー/ビルマ北朝鮮シリアチュニジアウズベキスタンベトナムの各州がインターネット検閲を行っています。[46]広く公表されている例は、いわゆる「万里の長城」です(ネットワークファイアウォールとしての役割と古代の万里の長城の両方に関連して)。システムはIPアドレスを防ぐことでコンテンツをブロックしますルーティングされないようにし、インターネットゲートウェイの標準ファイアウォールとプロキシサーバーで構成されます。また、特定のサイトが要求された場合、システムはDNSポイズニングに選択的に関与します。政府はインターネットコンテンツを体系的に調査しているようには見えません。これは技術的に非現実的であるように思われるからです。[47]中華人民共和国でのインターネット検閲は、さまざまな法律および行政規制の下で実施されています。これらの法律に従って、60を超えるインターネット規制が中華人民共和国(PRC)政府によって作成され、検閲システムは国営ISPの地方支部によって精力的に実施されています。 、事業会社、および組織。[48] [49]

2010年、米国国務長官のヒラリー・クリントンは、米国を代表して、「私たちは、すべての人類が知識とアイデアに平等にアクセスできる単一のインターネットを代表する」と宣言しました。彼女の「インターネットの自由に関する発言」では、「権威主義国においてさえ、情報ネットワークが人々が新しい事実を発見し、政府の説明責任を高めるのに役立っている」ことに注目し、バラク・オバマ大統領の発言を報告している。より強い社会は 'になります。[50]

プライバシー保護

プライバシー、監視、暗号化

情報を受信および生成するためのデジタルメディアへのアクセスと依存の増加により、州および民間企業が個人の行動、意見、およびネットワークを追跡する可能性が高まっています。州は、コミュニケーションの監視を合法化するための法律と政策をますます採用し、自国民と国益を守る必要性をもってこれらの慣行を正当化しています。ヨーロッパの一部では、新しいテロ対策法により、政府による監視の度合いが高まっています。市民のデータにアクセスする諜報機関の能力の向上。合法性は人権の合法的な制限の前提条件ですが、問題は、所与の法律が必要性、比例性、合法的な目的などの他の正当化基準に適合しているかどうかでもあります。[2]

国際的な枠組み

国連人権理事会は、オンラインでのプライバシーに対する普遍的な権利の重要性を強調するためにいくつかの措置を講じてきました。2015年、デジタル時代のプライバシーの権利に関する決議で、プライバシーの権利に関する国連特別報告者を設立しました。[51] 2017年、人権評議会は、「違法または恣意的な監視および/または通信の傍受、ならびに個人データの違法または恣意的な収集は、非常に侵入的な行為として、プライバシーの権利を侵害する可能性があることを強調しました。表現の自由および干渉なしに意見を保持する権利を含む他の人権との関係」。[52]

地域の枠組み

データ保護、プライバシー、監視を扱い、ジャーナリズムの使用との関係に影響を与える規制を確立するための、特に裁判所を通じた地域の取り組みの数。個人データの自動処理に関する個人の保護に関する条約である欧州評議会の条約108は、プライバシーに対する新たな課題に対処するための近代化プロセスを経ています。2012年以降、欧州評議会に属する4つの新しい国が条約に署名または批准し、アフリカとラテンアメリカからは欧州評議会に属さない3つの国が署名または批准しています。[53]

地方裁判所も、オンラインプライバシー規制の策定において注目に値する役割を果たしています。2015年、欧州司法裁判所は、民間企業が「欧州の加入者から米国に個人データを合法的に送信することを許可した」いわゆる「セーフハーバー協定」[54]は、欧州法の下では無効であると認定しました。欧州市民のデータを十分に保護したり、恣意的な監視から保護したりしませんでした。2016年、欧州委員会米国政府は、 EU-USプライバシーシールドであるセーフハーバーに代わる合意に達しました。これには、欧州連合から個人データを受け取る企業に対するデータ保護義務、米国政府によるデータへのアクセスの保護、個人の保護と救済、および実装を監視するための年次共同レビューが含まれます。[54]

Googleスペインの訴訟における欧州司法裁判所の2014年の判決により、プライバシー、表現の自由、透明性のバランスについて多くの議論が交わされたアプローチで、人々は「忘れられる権利」または「上場廃止の権利」を主張することができました。 。[55] Googleスペインの決定に続いて、「忘れられる権利」または「上場廃止の権利」は、世界中の多くの国、特にラテンアメリカとカリブ海諸国で認められています。[56] [57]

欧州連合一般データ保護規則[58]のリサイタル153は、「加盟国の法律は、表現の自由と情報の自由を管理する規則を、ジャーナリズムを含めて、この規則に従って個人データを保護する権利と調和させる必要があります。処理ジャーナリズムのみを目的とした個人データの使用…個人データの保護の権利と表現および情報の自由の権利とを調和させるために必要な場合は、本規則の特定の条項からの非難または免除の対象となる必要があります。チャーター。" [59]

国家的枠組み

データ保護法を制定している世界の国々の数も増え続けています。World Trends Report 2017/2018によると、2012年から2016年の間に、20のユネスコ加盟国が初めてデータ保護法を採用し、世界全体で101になりました。[60]これらの新しい採用のうち、9つはアフリカで、4つはアジアで行われました。太平洋、ラテンアメリカとカリブ海に3つ、アラブ地域に2つ、西ヨーロッパと北アメリカに1つ。同じ時期に、23か国がデータ保護法を改正し、デジタル時代のデータ保護に対する新たな課題を反映しました。[2]

Global Partners Digitalによると、国内法で暗号化の一般的な権利を確保しているのは4つの州のみであり、31の州が、暗号化された通信を傍受または復号化する権限を法執行機関に付与する国内法を制定しています。[61]

民間部門の影響

2010年以降、ユーザーの情報と通信の保護を強化し、サービスへの信頼を促進するために。[62]これの注目すべき例は、メッセンジャーサービスでのWhatsAppの完全なエンドツーエンド暗号化の実装であり[63]Appleの法執行機関の争いは、テロ攻撃。[64]

機密情報源の保護と内部告発

デジタル環境の急速な変化は、デジタル通信技術にますます依存する現代のジャーナリストの慣行と相まって、ジャーナリズムの情報源の保護に新たなリスクをもたらしています。現代の主要な脅威には、大量監視技術、必須のデータ保持ポリシー、およびサードパーティの仲介業者による個人のデジタル活動の開示が含まれます。デジタル通信とトレースを保護する方法を完全に理解していなければ、ジャーナリストと情報源は無意識のうちに識別情報を明らかにする可能性があります。[65]テロ対策法などの国家安全保障法を採用して、情報源保護のための既存の法的保護を無効にすることも一般的な慣行になりつつある。[65]多くの地域では、永続的な秘密法または新しいサイバーセキュリティ法が、国家安全保障の過度に広い定義のためにオンライン通信を傍受する権利を政府に与える場合など、情報源の保護を脅かしています。[66]

調査対象の121か国のうち84か国(69%)で、2007年から2015年半ばにかけて発生源保護法に関する進展が見られました。[67]アラブ地域は最も顕著な発展を遂げ、86%の州が変化を示し、ラテンアメリカとカリブ海(85%)、アジアと太平洋(75%)、西ヨーロッパと北アメリカがそれに続いた。 (66%)そして最後に調査した国の56%が彼らの情報源保護法を改正したアフリカ。[67]

2015年の時点で、少なくとも60の州が何らかの形の内部告発者保護を採用しています。[68]国際レベルでは、2005年に国連腐敗防止条約が発効した。[69] 2017年7月までに、世界の大多数の国、合計179か国が、保護条項を含む条約を批准した。ホイッスルブロワー[70]

2012年以降、条約を批准、承認、または加盟した23のユネスコ加盟国が追加されました。

内部告発者の保護を含む汚職に対する地域条約も広く批准されています。これらには、33の加盟国によって批准された米国間腐敗防止条約[71]や、36のユネスコ加盟国によって批准された腐敗の防止と闘いに関するアフリカ連合条約が含まれます。[72]

2009年、経済協力開発機構(OECD)評議会は、国際商取引における外国公務員の賄賂とのさらなる闘いに関する勧告を採択しました。[73]

メディア多元論

World Trends Reportによると、さまざまなメディアへのアクセスは2012年から2016年の間に増加しました。インターネットは、インフラストラクチャへの大規模な投資とモバイル使用の大幅な普及に支えられて、ユーザーの最大の成長を記録しました。[2]

インターネットモバイル

国連2030持続可能な開発のためのアジェンダ、ユネスコが共同議長を務める持続可能な開発のためのブロードバンド委員会の作業、およびインターネットガバナンスフォーラムの「次の10億を接続する」に関する休会中の作業は、インターネットの提供に向けた国際的な取り組みの証拠です。すべての人がアクセスできます。国際電気通信連合(ITU)によると、2017年末までに、推定48%の個人が定期的にインターネットに接続し、2012年の34%から増加しました。[74]しかし、絶対数が大幅に増加したにもかかわらず。同じ時期に、インターネットユーザーの年間成長率は鈍化し、2017年の年間成長率は5%で、2012年の10%の成長率から低下しました。[75]

ユニークなモバイルセルラーサブスクリプションの数は、2012年の38.9億から2016年には48.3億に増加し、世界人口の3分の2であり、サブスクリプションの半分以上がアジア太平洋地域にあります。加入者数は2020年に56.9億人に増加すると予測されています。2016年の時点で、世界の人口のほぼ60%が4Gブロードバンドセルラーネットワークにアクセスしており、2015年のほぼ50%、2012年の11%から増加しています。 。[76]

ユーザーがモバイルアプリケーションを介して情報にアクセスする際に直面する制限は、インターネットの断片化のより広範なプロセスと一致します。ユーザーが特定のコンテンツやアプリケーションに無料でアクセスできるようにするインターネットプロバイダーの慣行であるゼロレートは、個人が経済的ハードルを乗り越える機会を提供しましたが、「2層」インターネットを作成したとして批評家からも非難されていますゼロレートの問題に対処するために、「等しいレーティング」の概念で代替モデルが登場し、MozillaOrangeによる実験でテストされています。アフリカで。同等の評価は、1つのタイプのコンテンツの優先順位付けを防ぎ、指定されたデータ上限までのすべてのコンテンツをゼロ評価します。この地域の一部の国では(すべてのモバイルネットワーク事業者全体で)選択できるプランがいくつかありましたが、コロンビアなどの他の国では、30ものプリペイドプランと34のポストペイドプランが提供されていました。[77]

インターネットを使用している個人の割合2012–2017

放送メディア

西ヨーロッパと北アメリカでは、主要な情報源としてのテレビの優位性がインターネットによって挑戦されていますが、アフリカなどの他の地域では、歴史的に最も広くアクセスされてきたラジオよりもテレビの視聴者シェアが大きくなっています。メディアプラットフォーム。[2]年齢は、ニュースの主要な情報源として、ラジオ、テレビ、インターネットのバランスを決定する上で重要な役割を果たします。2017 Reuters Institute Digital News Reportによると、調査対象の36の国と地域では、55歳以上の成人の51%がテレビを主要なニュースソースと見なしていますが、18〜24歳の回答者はわずか24%です。[78]オンラインメディアに関しては、パターンが逆になり、18〜24歳のユーザーの64%が一次資料として選択しましたが、55歳以上のユーザーの28%しか選択していません。[78]アラブ青年調査によると、2016年には、インタビューを受けた若者の45%がソーシャルメディアを主要なニュースソースと見なしていました。[79]

衛星テレビは、多くの視聴者のために、国内の視聴オプションにグローバルまたはトランスナショナルな代替手段を追加し続けています。BBCAl JazeeraAgence France-PresseRT(旧Russia Today)、スペイン語のAgencia EFEなどのグローバルニュースプロバイダーは、インターネットと衛星テレビを使用して国境を越えて視聴者にリーチし、ターゲットとする専門放送を追加しました。特定の外国の聴衆。より外向きの方向性を反映して、中国中央電視台が所有および運営する多言語および多チャンネルのグループである中国グローバルテレビネットワーク(CGTN)、2017年1月にCCTV-NEWSから名前を変更しました。長年の予算削減とグローバルな事業の縮小の後、2016年にBBCは12の新しい言語サービスの開始を発表しました(Afaan OromoAmharicGujaratiIgboKoreanMarathiPidginPunjabiTeluguTigrinya、およびYoruba)は、「1940年代以降」の最大の拡張のコンポーネントとしてブランド化されています。[80]

また、コンテンツへのアクセスが拡大しているのは、オンラインストリーミングがユーザーエクスペリエンスの重要な要素になりつつあるため、ノンリニア表示による使用パターンの変化です。Netflixは、2016年1月にグローバルサービスを130か国に拡大して以来、加入者数が急増し、2017年の第2四半期には1億人を超え、2012年の4,000万人から増加しました。 1997年に会社が設立された米国外に拠点を置くユーザー。[81]

新聞業界

インターネットは、情報と意見の代替ソースとしてマスコミに挑戦しましたが、新聞組織が新しい聴衆に到達するための新しいプラットフォームも提供しました。2012年から2016年の間に、印刷新聞の発行部数は、アジア太平洋地域を除いて、ほぼすべての地域で減少し続けました。アジア太平洋地域では、一部の国での売り上げの劇的な増加が、日本や韓国などの歴史的に強いアジア市場での減少を相殺しました。韓国の2012年から2016年の間に、インドの印刷部数は89%増加しました。[82]多くの新聞がオンラインプラットフォームに移行するにつれて、デジタル購読とデジタル広告からの収入大幅に成長しています。この成長をどのように捉えるかは、新聞にとって依然として差し迫った課題です。[82]

国際的な枠組み

ユネスコの作品

委任

2015年9月に国連総会で採択された持続可能な開発のための2030アジェンダには、「国内法および国際協定に従って、情報への一般のアクセスを確保し、基本的な自由を保護する」という目標16.10が含まれています。[83]ユネスコは、「情報への公的アクセスのための憲法上、法定上および/または政策上の保証を採用および実施する国の数」に関する指標16.10.2に関する世界的な報告を担当する管理機関として任命されました。[84] この責任は、「言葉とイメージによるアイデアの自由な流れを促進する」という憲法上の義務に基づいて、情報への普遍的なアクセスを促進するというユネスコのコミットメントと一致しています。2015年、ユネスコの総会は9月28日を情報へのユニバーサルアクセスの国際デーとして宣言しました。[85]翌年、ユネスコの世界報道自由デーの毎年恒例の祝賀会の参加者は、情報へのアクセスと基本的な自由に関するフィンランド宣言を採択しました。これは、現代のフィンランドスウェーデンで最初の情報の自由法が採択されてから250年後のことです。[86]

歴史

  • 2015年の第38回総会、決議38 C / 70は、9月28日を「情報へのユニバーサルアクセスの国際デー」として宣言しました。
  • 世界人権宣言の第19条[87]
  • 市民的および政治的権利に関する国際規約の第19条[88]
  • ブリスベン宣言[89]
  • ダカール宣言[90]
  • フィンランディア宣言[91]
  • マプト宣言[92]
  • ニューデリー宣言[93]
  • 多言語主義の促進と使用およびサイバースペース2003への普遍的なアクセスに関する勧告[94]
  • 障害者の権利に関する国連条約[95]

コミュニケーション開発のための国際プログラム

国際コミュニケーション開発計画(IPDC)は、発展途上国におけるマスメディアの発展を強化することを目的とした国連教育科学文化機関(UNESCO)のプログラムです。2003年以来のその使命は、「...電子メディアと印刷されたプレス。」[96]

コミュニケーション開発のための国際プログラムは、指標16.10.1および16.10.2を通じて持続可能な開発目標(SDG)16のフォローアップを担当しています。2年ごとに、ユネスコによって非難された各殺害に関する司法調査の状況に関する加盟国からの情報を含む報告書が、ユネスコの長官によってIPDC評議会に提出されます。[97]ジャーナリストの安全指標は、ユネスコのウェブサイトによると、ジャーナリストの安全性を評価し、ジャーナリストに対して犯された犯罪に適切なフォローアップが行われているかどうかを判断するのに役立つ主要な機能をマッピングすることを目的とした、ユネスコによって開発されたツールです。IPDCトークでは、プログラムが情報へのアクセスの重要性についての認識を高めることもできます。[98]IPDCは、SDGsのフォローアップに関する国連事務総長のグローバルレポートを通じて、世界中の情報法へのアクセスを監視および報告するプログラムでもあります。[2]

2015年9月28日、ユネスコは第38回会期中に情報へのユニバーサルアクセスのための国際デーを採択しました。[99]国際デーの間に、IPDCは「IPDCトーク:情報へのアクセスによる持続可能な開発の推進」イベントを開催し、高レベルの参加者を集めた。[100]毎年恒例のイベントは、持続可能な開発のための「情報へのアクセスの重要性」を強調することを目的としています。

インターネットユニバーサルフレームワーク

インターネットの普遍性は、「インターネットはインフラストラクチャやアプリケーション以上のものであり、経済的および社会的相互作用と関係のネットワークであり、人権を可能にし、個人とコミュニティに力を与え、持続可能な開発を促進する可能性がある」という概念です。インターネットは人権に基づく、オープンで、アクセスしやすく、複数の利害関係者の参加に基づくべきであると強調する4つの原則に基づいています。これらは、 ROAMの原則と省略されています。このようにインターネットを理解することは、インターネット開発さまざまな側面をまとめるのに役立ちます。技術と公共政策、権利と開発に関係している。」[101]

インターネットの普遍性という概念を通じて、ユネスコはより良いインターネット環境を評価するための鍵として情報へのアクセスを強調しています。社会的包摂のより広い原則のインターネットとの特別な関連性があります。これは、デジタルデバイドデジタル不平等、およびスキル、リテラシー、言語、性別、または障害に基づく除外を克服する上でのアクセシビリティの役割を提唱します。また、インターネット活動のための持続可能なビジネスモデルの必要性、および情報と知識の保存、品質、整合性、セキュリティ、および信頼性を信頼することも示しています。アクセシビリティは、権利と開放性に関連しています。[1] ROAMの原則に基づいて、ユネスコは現在、政府やその他の利害関係者が自国のインターネット環境を評価し、情報へのアクセスなどのインターネットの普遍性に関連する価値を促進するのに役立つインターネットの普遍性の指標を開発しています。[102]

世界銀行のイニシアチブ

2010年、世界銀行は情報へのアクセスに関する世界銀行の政策を開始しました。これは世界銀行の戦略の大きな転換を構成しています。[103]原則は、「例外リスト」に載っていない限り、要求された情報を開示するように世界銀行を拘束します。

  1. 個人情報
  2. ガバナーおよび/または常務理事会のコミュニケーション
  3. 倫理委員会
  4. 弁護士/依頼人特権
  5. セキュリティと安全に関する情報
  6. 個別の開示レジーム
  7. 機密クライアント/サードパーティ情報
  8. 企業管理
  9. 審議情報*
  10. 財務情報」[104]

世界銀行は、オープンデータ、オープンファイナンス、オープンナレッジリポジトリを備えたオープン開発の傾向があります。[104]

情報化社会に関する世界サミット

世界情報社会サミット(WSIS)は、 2003年にジュネーブで、2005年にチュニスで開催された、情報、コミュニケーション、そして広義には情報社会に関する2段階の国連主催のサミットでしたその主な目的の1つは、発展途上国でインターネットへのアクセスを広めることにより、豊かな国と貧しい国を隔てる世界的なデジタルデバイドを埋めることでした。会議は5月17日に世界情報社会の日として設立されました。[105]

地域の枠組み

ユネスコによるSDG16.10.2の監視結果は 112か国が情報の自由に関する法律または同様の行政規制を採用していることを示しています。[2] [106]これらのうち、22は2012年以来新しい法律を採用しました。地域レベルでは、アフリカは最も高い成長を遂げており、過去5年間で10か国が情報の自由に関する法律を採用し、アジア太平洋地域でも同様に高い成長率が見られ、過去5年間で7か国が情報の自由に関する法律を採用し、合計で22になりました。報告期間、アラブ地域の2か国、ラテンアメリカとカリブ海諸国、および西ヨーロッパと北アメリカの1つの国は、情報の自由に関する法律を採用しました。現在、世界の人口の大多数は情報の自由に関する法律のある国に住んでおり、現在、いくつかの国では情報の自由に関する法案が検討されています。[2]

国家的枠組み

情報公開法または政策の自由を有する地域別のユネスコ加盟国

情報の自由に関する法律

2006年6月、約70か国が、政府機関および特定の状況では民間機関が保有する情報に適用される情報の自由に関する法律を制定しました。これらの国のうち19か国では、情報の自由に関する法律が民間団体にも適用されています。[107] 情報へのアクセスは、政府の透明性と説明責任の前提条件として、情報に基づいた選択を行う消費者の能力を促進し、管理ミスや汚職から市民を保護するものとしてますます認識されてきました。[3]これにより、過去10年間で、ますます多くの国が情報の自由に関する法律を制定するようになりました。[108]近年、民間団体がこれまで公的機関が行っていた機能を果たし始めている。民営化と規制緩和により、銀行、電気通信会社、病院、大学が民間団体によって運営され、民間団体を対象とする情報の自由に関する法律の拡大が求められました。[109]

情報公開法の自由を持つ国が増えている一方で、その実施と有効性は世界中でかなり異なります。Global Right to Information Ratingは、法的な枠組みの強さを評価するためのツールを擁護者、立法者、改革者に提供するプログラムです。[110]情報の権利の格付けを使用して各国の情報の自由法の強さと法的枠組みを測定する際に、1つの注目すべき傾向が現れます。[111]地理的な場所に関係なく、スコアの高い国では法律が若い傾向があります。[112]持続可能な開発目標に関する国連事務総長の2017年の報告によると、ユネスコが情報関連情報の自由に貢献した、情報の自由に関する法律の実施に関する利用可能なデータを持っている109か国のうち、43%は公的支援を十分に提供しておらず、43%は開示の例外の定義が広すぎる。 、透明性説明責任の向上という目的に反する[113]

情報の自由に関する法律の採用にもかかわらず、当局者は、情報の自由の中核にある透明性の規範に精通していないか、実際にそれらを認めたがらないことがよくあります。ジャーナリストは多くの理由で情報の自由に関する法律を効果的に利用していません。情報要求への公式の応答の失敗、大幅な遅延、大幅に編集された文書の受領、特定の種類の要求に対する恣意的な高額な料金、専門的なトレーニングの欠如などです。 。[114]

情報へのパブリックアクセスに関する議論は、政府の透明性に対するオープンデータアプローチを奨励する上でのさらなる発展にも焦点を当てています。2009年に、data.govポータルが米国で立ち上げられ、政府のオープンデータのほとんどを1か所に収集しました。その後の数年間で、世界中で政府のデータの波が開かれました。オープンガバメントパートナーシップの一環として、2011年に設立された多国間ネットワークである約70か国が国家行動計画を発表しました。その大部分には、透明性の向上、経済成長の創出、市民のエンパワーメント、汚職との戦い、より一般的にはガバナンスの強化を目的とした強力なオープンデータコミットメントが含まれています。2015年に、「政府が情報を公開する方法」の原則を確立するために、複数の利害関係者のプロセスでオープンデータ憲章が設立されました。[115]憲章は、ラテンアメリカとカリブ海諸国からの半分である17の政府によって採択されました[116]

ワールドワイドウェブ財団が実施した2017年のオープンデータバロメーターは、調査対象の115か国のうち79か国がオープンガバメントのデータポータルを持っている一方で、ほとんどの場合、「適切なポリシーが実施されておらず、その幅と質も適切ではないことを示しています。十分にリリースされたデータセット」。一般に、オープンデータバロメーターは、政府のデータは通常「不完全で、古く、質が低く、断片化されている」ことを発見しました。[2] [117]

民間団体

2006年現在、次の19か国には、政府機関と民間機関に及ぶ情報の自由に関する法律がありました。アンティグアバーブーダ、アンゴラ、アルメニア、コロンビア、チェコ共和国、ドミニカ共和国、エストニア、フィンランド、フランス、アイスランド、リヒテンシュタイン、パナマ、ポーランド、ペルー、南アフリカ、トルコ、トリニダードとトバゴ、スロバキア、および英国。情報の自由に関する法律の対象となる民間団体の程度はさまざまです。アンゴラ、アルメニア、ペルーでは、法律は公的機能と見なされるものを実行する民間企業にのみ適用されます。チェコ共和国では、ドミニカ共和国、フィンランド、トリニダード・トバゴ、スロバキア、ポーランド、アイスランドの公的資金を受けている民間団体は、情報の自由に関する法律の対象となっています。エストニアにおける情報の自由に関する法律、[118]南アフリカでは、情報へのアクセスの促進に関する法律のアクセス規定が、ローン申請が拒否された理由を立証するために個人によって使用されてきました。アクセス条項は、企業プロジェクトによって引き起こされる潜在的な環境被害に関する情報を求めていた民間企業や環境グループの少数株主によっても使用されています。[119]

消費者保護

1983年、国際企業に関する国連委員会は、「消費者が個人の希望やニーズに応じて情報に基づいた選択を行えるようにするための適切な情報へのアクセス」を含む、8つの消費者の権利を規定する消費者保護に関する国連ガイドラインを採択しました。情報へのアクセスは基本的な消費者の権利と見なされるようになり、予防的開示、すなわち人命、健康、安全に対する脅威に関する情報の開示が強調され始めました。[120]

投資家

会社の取締役による秘密の意思決定と企業のスキャンダルは、投資家の利益のために公開される情報の自由に関する法律につながりました。このような法律は、20世紀初頭に英国で最初に採用され、その後、北米やその他の国で採用されました。[121]投資家の利益のための開示制度は、多くの企業スキャンダルが会計詐欺と企業取締役の秘密に関連していたため、21世紀の初めに再び注目を集めました。[122]エンロンを皮切りに、ワールドコムタイコアデルフィアグローバルクロッシングを含むその後のスキャンダルが米国議会を促した2002年サーベンスオクスリー法に基づく企業に新しい情報開示義務を課す。 [123]

も参照してください

参考文献

  1. ^ a b c d e f 包括的な知識社会を育成するためのキーストーン (PDF)ユネスコ2015.p。107。
  2. ^ a b c d e f g h ij 表現の自由とメディア開発の世界動向グローバルレポート2017/2018ユネスコ。2018.p。202。
  3. ^ a b シャッパー、ジェイクHM; マクラウド、サム; ヘッジコック、デイブ; バブ、コートニー(2020年12月8日)。「オーストラリアでの研究と実践を計画するための情報の自由:例、含意、および潜在的な救済」都市政策と研究39:106–119。土井10.1080 /08111146.2020.1853522ISSN0811-1146_ S2CID230563404_  
  4. ^ 「情報へのアクセス」people.ischool.berkeley.edu 2018年6月11日取得
  5. ^ アンドリュー・プッデファット、表現の自由、人権の要点、ホダー・アーノルド、2005年、128ページ
  6. ^ 「Freenetによるオンラインでの表現の自由の保護-IEEEインターネットコンピューティング」(PDF)
  7. ^ 「情報公開法とは何ですか?」ico.org.uk。 _ 2019年4月4日2019年8月17日取得
  8. ^ ダウニー、ジェームズ(2011年1月24日)。「アバストネットワーク、海賊党とは何ですか?そしてなぜそれがウィキリークスを助けているのですか?」ニューリパブリック
  9. ^ 「多言語の促進と使用およびサイバースペースへの普遍的なアクセスに関する推奨事項」(PDF)ユネスコ
  10. ^ Souter、David(2010)。「包括的知識社会に向けて:WSIS成果の実施におけるユネスコの行動のレビュー」(PDF)ユネスコ。
  11. ^ 「写真」(PDF)ユネスコ
  12. ^ a b 「ネットからの落下:農村部と都市部のアメリカにおける「持っていない」の調査|国家電気通信情報管理局」www.ntia.doc.gov 2018年6月11日取得
  13. ^ ノリス、ピッパ; ノリス、比較政治学ピッパのマクガイア講師(2001年9月24日)。デジタルデバイド:市民の関与、情報の貧困、そして世界中のインターネットケンブリッジ大学出版局。ISBN 978-0-521-00223-3
  14. ^ イ・ジェウ; アンドレオニ、ジェームズ; カイル・バグウェル; Cripps、Martin W。; チン、メンジー・デビッド; デュルラウフ、スティーブンN。; ブロック、ウィリアムA。; Che、Yeon-Koo; コーエンコール、イーサン(2004)。グローバルデジタルデバイドの決定要因:コンピューターとインターネットの普及に関する国を超えた分析ウィスコンシン大学社会システム研究所。
  15. ^ Gustin、Sam(2016年12月14日)。「体系的な人種差別は米国のデジタルデバイドを悪化させる、と研究は述べています」2020年5月20日取得
  16. ^ https://www.freepress.net/sites/default/files/legacy-policy/digital_denied_free_press_report_december_2016.pdf
  17. ^ Julia Angwin、Hannes Grassegger(2017年6月28日)。「Facebookの秘密の検閲規則は白人男性をヘイトスピーチから保護しますが、黒人の子供は保護しません」プロパブリカ
  18. ^ ガファリー、シリン(2019年8月15日)。「オンラインでヘイトスピーチを検出するアルゴリズムは、黒人に対して偏っています」Vox
  19. ^ ロウ、アッシャーモーゼス、エイドリアン(2012年8月8日)。「人種差別主義者のFacebookページから削除されたコンテンツ」シドニーモーニングヘラルド
  20. ^ 「色の活動家がFacebookのモデレーター軍との戦いに負ける方法」2017年8月17日。
  21. ^ 「デジタルデバイドとは何ですか?それは障害を持つ人々にどのように影響しますか?」tecla
  22. ^ 世界保健機関。世界銀行。(2011)。障害に関する世界の報告世界保健機構。ISBN 978-92-4-156283-6OCLC747621996 _
  23. ^ ホリエ、スコット(2007年1月1日)。「障害者の分裂:視覚障害者または視覚障害者に対するコンピューティングおよびインターネット関連テクノロジーの影響に関する研究」GLADNETコレクション
  24. ^ Krahn、Gloria L.(2011年7月)。「障害に関するWHO世界報告:レビュー」障害と健康ジャーナル4(3):141–142。土井10.1016 /j.dhjo.2011.05.001ISSN1936-6574_ PMID21723520_  
  25. ^ 「オンライン障害者ヘイトクライムは33%急増しました」レナードチェシャー
  26. ^ 「オンライン虐待と障害者の経験-請願委員会-庶民院」Publications.parliament.uk
  27. ^ "「Chupke、Chupke」:北インドでの携帯電話禁止の背後にある」.genderingsurveillance.internetdemocracy.in2018年6月11日取得
  28. ^ 「ジェンダーデジタルディバイド」ウォートン公共政策イニシアチブ。
  29. ^ 「ディープリンクブログ」電子フロンティア財団2018年6月11日取得
  30. ^ ハント、エル(2017)。「LGBTコミュニティは、動画を非表示にするYouTubeの制限に対する怒り」ガーディアン
  31. ^ 「デジタルデバイド:ソーシャルメディアでは分離が生きており、うまくいっている」adage.com2011年2月1日。
  32. ^ a b 「フィルターダウンされたアクセス:テクノロジーとLGBTコミュニティの無修正の見方」2014年6月26日。
  33. ^ 「アーカイブされたコピー」2019年11月12日にオリジナルからアーカイブされました2021年1月3日取得{{cite web}}:CS1 maint:タイトルとしてアーカイブされたコピー(リンク
  34. ^ クイン、アンドリュー; リーブス、ブルース(2009)。「第9章:LGBTの個人との社会正義を促進するためのインターネットの使用」。対位法358:139–148。JSTOR42980369_ 
  35. ^ Schultz、Wolfgang; ヴァンホーボーケン、ジョリス(2016)。人権と暗号化(PDF)ユネスコ。ISBN  978-92-3-100185-7
  36. ^ 「Kuzmin、E。、およびParshakova、A。(2013)、知識社会のためのメディアおよび情報リテラシー。Butkova、T.、Kuptsov、Y。、およびParshakova、A。モスクワによる翻訳:ユネスコの地域間図書館協力センター」(PDF)
  37. ^ ユネスコ(2013a)、ユネスコ統計研究所とのユネスコ通信および情報セクター、グローバルメディアおよび情報リテラシー評価フレームワーク:国の準備と能力。パリ:ユネスコ
  38. ^ クラン、マティアス; マレー、アンドリュー(2005)。デジタル時代の人権ラウトレッジ。p。1.ISBN _ 9781904385318
  39. ^ クラン、マティアス; マレー、アンドリュー(2005)。デジタル時代の人権ラウトレッジ。p。2. ISBN 9781904385318
  40. ^ ベネデク、ヴォルフガング; ヴェロニカ・バウアー; マティアス・ケッテマン(2008)。インターネットガバナンスと情報社会イレブンインターナショナルパブリッシング。p。36. ISBN 978-90-77596-56-2
  41. ^ a b "cDc通信-カルトオブザデッドカウ-ハクティビズム-忍者ストライクフォース"www.cultdeadcow.com
  42. ^ グローバルネットワークイニシアチブ、 ウェイバックマシンで2009年3月9日にアーカイブされたFAQ
  43. ^ インターネット権利保護イニシアチブが開始
  44. ^ グローバルネットワークイニシアチブ、参加者
  45. ^ a b Glanville、Jo(2008年11月17日)。「ネット検閲の大企業」ガーディアンロンドン。
  46. ^ 2008年1月2日、 Wayback Machine RSF、2006年11月にアーカイブされた13のインターネット敵のリスト
  47. ^ ワット、ジョナサン(2006年2月20日)。「言葉の戦争」ガーディアンロンドン2010年5月2日取得
  48. ^ 「II。中国での検閲の仕組み:簡単な概要」ヒューマン・ライツ・ウォッチ2006年8月30日取得
  49. ^ ウェイバックマシンでアーカイブされたインターネットに関する中国の法律と規制 2012-02-20
  50. ^ 「インターネットの自由に関する意見」米国国務省のウェブサイト2010年12月18日取得
  51. ^ 国連人権理事会。2016.インターネット上での人権の促進、保護、および享受。A / HRC / 32/13。2017年6月23日取得
  52. ^ 国連人権理事会。2017年。デジタル時代のプライバシーの権利。A / HRC / 34 / L.7 /Rev.1。ga / search / view_doc.asp?symbol = A / HRC / 34 / L.7 /Rev.1。2017年5月24日取得
  53. ^ 欧州評議会。2017年。条約108の署名と批准のチャート。欧州評議会条約事務所。2017年6月7日取得。
  54. ^ a b "EU-USデータ転送"欧州委員会-欧州委員会
  55. ^ Cannataci、Joseph A.、Bo Zhao、Gemma Torres Vives、Shara Monteleone、Jeanne Mifsud Bonnici、およびEvgeniMoyakine。2016.「プライバシー、自由な表現、透明性:デジタル時代における彼らの新しい境界の再定義」。パリ:ユネスコ。
  56. ^ ケラー、ダフネ。2017.「ラテンアメリカにおけるヨーロッパの「忘れられる権利」」。検閲のないインターネットに向けてII:ラテンアメリカの展望Centro de EstudiosenLibertaddeExpresiónyAccesoalaInformación(CELE)、UniversidaddePalermo。
  57. ^ 「サントス、ゴンザロ。2016年。ラテンアメリカで忘れられる権利の認識に向けて。ECIJA」
  58. ^ EUGDPR2016。EU一般データ保護規則2016/67:リサイタル153。テキスト[永続的なデッドリンク]2017年6月7日取得。
  59. ^ Schulz、Wolfgang、およびJoris vanHoboken。2016a。人権と暗号化インターネットの自由に関するユネスコシリーズ。フランス、パリ:UNESCO Pub。; 検出。2017年5月24日取得。
  60. ^ Greenleaf、グラハム。2017.データプライバシー法および法案のグローバルテーブル(第5版)。プライバシー法とビジネスインターナショナルレポート。
  61. ^ グローバルパートナーデジタル。nd暗号化法とポリシーの世界地図。[永続的なデッドリンク]
  62. ^ Schulz、Wolfgang、およびJoris vanHoboken。2016b。人権と暗号化。インターネットの自由に関するユネスコシリーズ。フランス。
  63. ^ WhatsApp。2016.エンドツーエンド暗号化。WhatsApp.com。2017年5月25日取得。
  64. ^ リヒトブラウ、エリック、ケイティベナー。2016. Appleは、サンバーナーディーノガンマンのiPhoneのロックを解除するための命令と戦います。ニューヨークタイムズ2017年5月25日取得。]
  65. ^ ab オープンソサエティジャスティスイニシアチブ2013.国家安全保障と情報への権利に関する世界原則(ツワネ原則)。ニューヨーク:オープンソサエティ財団。
  66. ^ ポセッティ、ジュリー。2017a。デジタル時代のジャーナリズムの情報源を保護する。インターネットの自由に関するユネスコシリーズ。パリ、フランス:ユネスコ出版。2017年5月24日取得。
  67. ^ a b ポセッティ、ジュリー。2017b。大量のオンライン嫌がらせとの戦い:マリア・レッサ。Kilman、L。2017の記事。1つへの攻撃はすべてへの攻撃です:ジャーナリストを保護し、免責と戦うための成功したイニシアチブ。コミュニケーション開発計画、パリ、フランス:ユネスコ出版。
  68. ^ 「国連公式文書」www.un.org
  69. ^ コンベンション/08-50026_E.pdf国連薬物犯罪事務所。2005年。腐敗の防止に関する国連条約、A / 58/422。2017年5月25日取得。
  70. ^ 国連薬物犯罪事務所。2017.腐敗の防止条約:署名と批准の状況。国連薬物犯罪事務所(UNODC)。2018年6月13日にWaybackMachineでアーカイブされました。2017年6月25日取得。
  71. ^ Corruption_signatories.asp米州機構。腐敗の防止に関する第2回米国間条約:署名者と批准。
  72. ^ 「腐敗の防止と闘いに関するアフリカ連合条約に署名、批准/加盟した国のリスト」(PDF)アフリカ連合2017年。
  73. ^ OECD。2016.効果的なホイッスルブロワー保護への取り組み。パリ。2017年6月25日取得
  74. ^ 「世界電気通信/ ICT指標データベース」www.itu.int
  75. ^ 「地上デジタルテレビへの移行状況:統計」www.itu.int
  76. ^ 「モバイルエコノミー2019」
  77. ^ 「Galpaya、Helani。2017年。新興経済国のゼロレート。ロンドン:チャタムハウスno.47_1.pdf」
  78. ^ a b Newman、Nic、Richard Fletcher、Antonis Kalogeropoulos、David AL Levy、およびRasmus KleisNielsen。2017.ロイターインスティテュートデジタルニュースレポート2017.オックスフォード:ジャーナリズム研究のためのロイターインスティテュート。[永続的なデッドリンク] web_0.pdf。
  79. ^ ASDA'ABurson-Marsteller。2016.アラブ青年調査中東–調査結果。2017年6月19日取得
  80. ^ BBC。2016. BBCワールドサービスは、「1940年代以来」最大の拡張を発表しました。BBCニュース、秒。エンターテインメント&アーツ。2017年8月21日取得[永久リンク切れ]
  81. ^ ハドルストン、トム。2017. Netflixには、ケーブルテレビよりも多くの米国の加入者がいます。運。2017年8月21日取得。
  82. ^ a b キャンベル、セシリア。2017. World Press Trends 2017.フランクフルト:WAN-IFRA。
  83. ^ 国連総会。2015b。私たちの世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ。A / RES / 70/1。2017年5月24日取得。
  84. ^ 「ユネスコ。2016c。開梱指標16.10.2:持続可能な開発のためのアジェンダ2030を通じて情報への一般のアクセスを強化する」(PDF)
  85. ^ ユネスコ。2015. 38 C / 70。「情報へのユニバーサルアクセスのための国際デー」としての9月28日の宣言。
  86. ^ 2016a_declaration_3_may_2016.pdf 2017年5月24日取得。フィンランド宣言:情報へのアクセスと基本的な自由–これはあなたの権利です![永久リンク切れ]
  87. ^ 「解決」(PDF)ohchr.org
  88. ^ 「条約」(PDF)国連。
  89. ^ 「ブリスベン宣言–国連教育科学文化機関」ユネスコ。
  90. ^ 「ダカール宣言–国連教育科学文化機関」ユネスコ。
  91. ^ 「宣言」(PDF)ユネスコ。
  92. ^ 「マプト宣言–国連教育科学文化機関」ユネスコ。
  93. ^ 「画像」(PDF)ユネスコ。
  94. ^ 「多言語主義の促進と使用およびサイバースペースへの普遍的なアクセスに関する推奨事項」(PDF)2018年6月12日取得
  95. ^ 「障害者の権利に関する条約–記事–国連が可能にする」国連。2015年5月14日。
  96. ^ 2003年10月15日の第18回総会での委員会Vの報告書で採択された、国際コミュニケーション開発計画(IPDC)決議43/32の制定法の改正。
  97. ^ 「作業領域」ユネスコ2017年4月21日。
  98. ^ 「IPDCtalksについて」ユネスコ。
  99. ^ 「画像」(PDF)ユネスコ。
  100. ^ 「情報へのユニバーサルアクセスのための国際デー」ユネスコ。2017年7月24日。
  101. ^ 「インターネットの普遍性」ユネスコ2017年7月10日2017年10月30日取得
  102. ^ 「インターネット上の表現の自由」ユネスコ2017年10月25日2017年11月1日取得
  103. ^ 「概要」世界銀行
  104. ^ a b Procee、Paul(2013年5月5日)。「パンフレット」(PDF)世界銀行:1–9。 {{cite journal}}引用ジャーナルには|journal=ヘルプ)が必要です
  105. ^ 「概要–WSISフォーラム2018」itu.int
  106. ^ Freedominfo.org2016。
  107. ^ Mazhar Siraj(2010)。「情報公開法からの民間部門の排除:人権の観点からの含意」(PDF)社会科学における代替的展望のジャーナル2(1):211&223。2020年8月6日のオリジナル(PDF)からアーカイブ2010年10月1日取得
  108. ^ Mazhar Siraj(2010)。「情報公開法からの民間部門の排除:人権の観点からの含意」(PDF)社会科学における代替的展望のジャーナル2(1):213。2020年8月6日のオリジナル(PDF)からアーカイブ2010年10月1日取得
  109. ^ Mazhar Siraj(2010)。「情報公開法からの民間部門の排除:人権の観点からの含意」(PDF)社会科学における代替的展望のジャーナル2(1):222。2020年8月6日のオリジナル(PDF)からアーカイブ2010年10月1日取得
  110. ^ 「情報評価に対するグローバルな権利」情報評価に対するグローバルな権利
  111. ^ 法と民主主義とアクセス情報のためのセンター。2017b。情報評価マップに対するグローバルな権利。情報評価に対するグローバルな権利。2017年5月24日取得。
  112. ^ 法と民主主義とアクセス情報のためのセンター。2017a。だいたい。 ウェイバックマシンで2018年6月12日にアーカイブされた情報評価に対するグローバルな権利2017年5月24日取得。
  113. ^ "—SDGインジケーター"unstats.un.org
  114. ^ 「エラー」(PDF)document.worldbank.org
  115. ^ データ憲章を開きます。2017b。私たちは誰ですか。データ憲章を開きます。2017年5月24日取得
  116. ^ 「オープンデータ憲章。2017a。採用者。オープンデータ憲章。2017年5月24日取得」2019年5月31日にオリジナルからアーカイブされました2018年6月12日取得
  117. ^ ワールドワイドウェブ財団。2017.オープンデータバロメーター:グローバルレポート第4版。2017年5月24日取得。
  118. ^ Mazhar Siraj(2010)。「情報公開法からの民間部門の排除:人権の観点からの含意」(PDF)社会科学における代替的展望のジャーナル2(1):223。2020年8月6日のオリジナル(PDF)からアーカイブ2010年10月1日取得
  119. ^ Mazhar Siraj(2010)。「情報公開法からの民間部門の排除:人権の観点からの含意」(PDF)社会科学における代替的展望のジャーナル2(1):223–224。2020年8月6日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2010年10月1日取得
  120. ^ Mazhar Siraj(2010)。「情報公開法からの民間部門の排除:人権の観点からの含意」(PDF)社会科学における代替的展望のジャーナル2(1):216。2020年8月6日のオリジナル(PDF)からアーカイブ2010年10月1日取得
  121. ^ Mazhar Siraj(2010)。「情報公開法からの民間部門の排除:人権の観点からの含意」(PDF)社会科学における代替的展望のジャーナル2(1):216–217。2020年8月6日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2010年10月1日取得
  122. ^ Mazhar Siraj(2010)。「情報公開法からの民間部門の排除:人権の観点からの含意」(PDF)社会科学における代替的展望のジャーナル2(1):219。2020年8月6日のオリジナル(PDF)からアーカイブ2010年10月1日取得
  123. ^ Mazhar Siraj(2010)。「情報公開法からの民間部門の排除:人権の観点からの含意」(PDF)社会科学における代替的展望のジャーナル2(1):220。2020年8月6日のオリジナル(PDF)からアーカイブ2010年10月1日取得

ソース

帰属

外部リンク