5つの自由

5つの自由は、動物福祉の 5 つの側面を概説しています。これらは、家畜と飼育に関する 1965 年の英国政府報告書に応じて開発され、英国家畜福祉協議会によって 1979 年の報道声明で正式に制定されました[1] 5 つの自由は古代の法律であり、歴史を通じて今でも政府の法律と形成の裏付けとなっています。これらは、獣医師を含む専門家グループ[2]や、世界獣疫事務局[3]、英国王立動物虐待防止協会[ 4]米国動物虐待防止協会などの組織によって採用されています。動物[5]

現在のコンパクト

現在表明されている 5 つの自由は次のとおりです: [1]

  1. 新鮮な水と完全な健康と活力を維持するための食事をすぐに入手できるため、飢えや渇きから解放されます。
  2. 避難所や快適な休憩場所などの適切な環境を提供することで、不快感から解放されます。
  3. 予防または迅速な診断と治療により、痛み、怪我、病気から解放されます。
  4. 十分なスペース、適切な設備、同種の動物との付き合いを提供することにより、(ほとんどの)正常な行動を表現する自由
  5. 精神的苦痛を回避する条件と治療を確保することにより、恐怖と苦痛から解放されます。

歴史

1965 年、イギリス政府は、ルース・ハリソンの 1964 年の著書『アニマル・マシーン』で提起された懸念に一部応えて、ロジャー・ブランベル教授主導のもと、集約的に飼育された動物の福祉に関する調査を委託した。ブランベル報告書は、「動物は少なくとも、向きを変えたり、毛づくろいをしたり、立ち上がったり、横たわったり、手足を伸ばしたりすることが困難なく行える十分な動きの自由を持っていなければならない」と述べている。[6]この短い勧告はブランベルの 5 つの自由として知られるようになりました。

この報告書の結果として、家畜生産部門を監視するために家畜福祉諮問委員会が設立されました。 1979 年 7 月に、これは家畜福祉協議会に置き換えられ、同年末までに 5 つの自由が認識可能なリスト形式に成文化されました。[7]

参考文献

  1. ^ ab 「5つの自由」.家畜福祉協議会・家畜福祉委員会2012 年 10 月 7 日のオリジナルからアーカイブされました。
  2. ^ 「獣医師の適正な実践規範」(PDF) .ヨーロッパ獣医師連盟。 2016 年 3 月 4 日のオリジナル(PDF)からアーカイブされました。
  3. ^ “動物愛護に関する推奨事項の紹介”.世界動物衛生機関。 2011 年 8 月 5 日にオリジナルからアーカイブされました2012 年 1 月 9 日に取得
  4. ^ “動物福祉。ローマ法。全世界”. RSPCA。 2016-03-03 のオリジナルからアーカイブ2012 年 10 月 29 日に取得
  5. ^ “ASPCA”. ASPCA: 5 つの自由。アメリカ動物虐待防止協会 (ASPCA)。 2015 年 10 月 6 日のオリジナルからアーカイブ2015 年10 月 2 日に取得
  6. ^ ブランベル、ロジャー (1965)、集中家畜飼育システムの下で飼われている動物の福祉を調査する技術委員会の報告書、 Cmd. (イギリス、議会)、HM Stationery Office、1 ~ 84 ページ
  7. ^ 「プレス声明」(PDF) .家畜福祉協議会。 1979 年 12 月 5 日。 2012 年 10 月 7 日のオリジナル(PDF)からアーカイブされました。
「https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Five_freedoms&oldid=1208960643」から取得