フィジーウィーク、2005

フィジーウィークの祝賀行事は 2005 年 10 月 7 日に始まり、英国植民地支配からフィジーが独立して35 周年となる 10 月 10 日のフィジーデーで最高潮に達しました。公式プログラムは許しと団結に焦点を当てた。それはフィジーデーの祈りと断食の日で最高潮に達しました。学校、町、村では、スバラウトカランバサなどの主要な祭典を伴う宗教的および文化的プログラムが実施されました。この祝賀行事は国民和解統一省が内務移民省の支援を受けて主催した。

開会式、10月7日

公式式典は、軍楽隊の伴奏による500人の合唱団による歌唱で始まった。続いて、ラトゥ・ジョニ・マドライウィウィ副大統領 による開会の辞、ナドゴ頂上長官ラトゥ・ヴィリアム・ロヴァボコラ氏と参謀長メリ・サウブリナヤウ大佐によるスピーチが続いた。打ち上げには、インドを公式訪問中で式典に出席できなかったライセニア・カラセ首相の代わりに首相代理としてラトゥ・ジョーン・クブアボラ財務大臣も出席した。私は彼らを嫌な気分にさせます

マドライウィウィ副大統領

マドライウィウィ副大統領は冒頭の演説で、国家のアイデンティティの問題に向き合うよう国民に呼び掛けた。これは真の和解と団結を促進するために必要だった、と彼は述べた。国旗や国語 などの問題も考慮する必要があり、不快感を与えることを恐れて避けるべきではありません。 「カコバウ政府の時代から英国植民地支配の時代までの歴史の連続性を伝える国旗を保持すべきでしょうか、それとも新しい旗を掲げる時期なのでしょうか?」彼は尋ねた。 「国語としてどの言語を採用するのか?」 彼はフィジーにおける人種関係の現状について楽観的で、「私たちは異なるコミュニティの出身ですが、私たちは自分たちが誰であるかを祝います。私たちは一つの国であり、一つの民族です。私たちには違いがあり、それが時々問題や緊張を引き起こしますが、私たちは同じ立場ではありません」と語った。民族間紛争の瀬戸際だ」と彼は考えた。

マドライウィウィ氏は、採用される政治モデルは国民全体に受け入れられる必要があると警告した。 「フィジーのモデルを、最初の人々、受け入れ文化、地主、そして人口の大部分として採用すべきだという提案があります。他のすべてのコミュニティに受け入れられる限り、私はその提案に何の問題もありません」同様に」と彼は言った。 「重要な要素は包括性です。私たちが採用し実行するモデルがすべての人に受け入れられるものである場合にのみ、真の永続的な和解の見通しが現実のものとなります。」

ラトゥ・ヴィリアム・ロヴァボコラ

ラトゥ・ロヴァボコラ氏は演説の中で、フィジーは困難な時期に直面しており、前進する唯一の道は和解と許しを追求し、団結できるあらゆる方法を見つけることだと述べた。トゥイ・ナドゴ(マクアタ・バヌアレブ ナドゴ最高首長)の称号を持つロバボコラ氏は、政府やイ​​ンド・フィジー人コミュニティを含む、2000年に国を震撼させたクーデターに関連した出来事で影響を受けたすべての人に呼びかけた、犠牲者の妻と子供たち、そしてナドゴの人々に許し、前に進むために。 「過去を忘れることが難しいことは承知しているが、今日(昨日)ここにいる皆さんに、国を前進させるよう努力するよう強く勧めたい」と同氏は語った。 「私たち全員が達成したいことを信じていれば、間違いなくコミュニティとして一緒にそれを達成できると信じています。」

ロヴァボコラ氏はインド・フィジー人コミュニティに敬意を表し、土地の賃貸借や使用に関する問題を検討する際にナドゴの人々に親切に扱うよう呼び掛けた。 「彼らは私たちの生活の一部であり、私たちを今日の形にしてくれたのはまさに彼らです。彼らの窮状を考慮し、可能な限り支援するようお願いします」と彼は述べた。インド系の国民は、フィジー先住民の文化の違いを尊重することで報いるべきだと同氏は考えた。

サウブリニナヤウ大佐

フランク・バイニマラマ軍司令 官の代わりに陸軍参謀長メリ・サウブリニナヤウ大佐は、もし国が前進しようとするなら、国民は賢いだけでなく賢明でなければならないと語った。サウブリニナヤウ大佐は、フィジーには聡明だが賢明でない人材を受け入れる余裕はないと語った。彼は、若い世代が過去の失敗にこだわることなく、そこから学ぶことが不可欠であると考えた。

10 月 10 日、フィジーの日

フィジーデー自体は、ラトゥ・ジョセファ・イロイロヴァトゥ・ウルイブダ大統領 野党党首マヘンドラ・チョードリー氏国民連邦党党首ラマン・プラタップ・シン氏のスピーチによって特徴付けられました

イロイロ大統領

アルバート・パークで講演したイロイロ大統領は、すべての国民は個人、家族、地域社会として国に変化をもたらす決意をする必要があると述べた。また、過去の不正義に対して誠実に向き合うよう求めた。 「私たちが経済的、政治的進歩を強化し続けることが重要です。私たちがこれを達成できるのは、違反を経験した人々の救済と尊厳を可能にするために過去と向き合い、その苦痛が確実に認められるようにする努力ができた場合のみです。 "彼は言った。同氏はまた、精神的な信仰と価値観が国の進歩に不可欠であると考えていることを強調し、すべての国民、学校、文化的、宗教的機関に対し、彼がフィジーの国家的価値観と呼ぶものを推進するよう呼びかけた。

マヘンドラ・チョードリー

野党指導者の マヘンドラ・チョードリー氏は、フィジーは時間をかけて国がどこに向かっているのかを熟考すべきだと述べた。同氏は、1987年のクーデター以来、この国はほとんど進歩がなく、かつては繁栄し統一していた国家が貧困と分断に逆戻りし、保健や教育といった基本的なサービスも低下していると嘆いた。これらの問題には早急に対処する必要がある、と同氏は述べた。同氏はまた、政府が政治的政策を推進するために独立記念日を利用しているとも主張した。 「国家の統一と許しによる癒しの促進」というテーマは、この祝賀行事を物議を醸した和解・寛容・統一法案とあまりにも密接に結びつけていた。チョードリー氏が強く反対しているこの法案は、2000年のクーデターの被害者への補償と加害者への恩赦を委員会に与えることを目的としており、チョードリー氏や他の批判者らは、犯罪行為を行った現政府の支持者を釈放するための法的メカニズムに他ならないと主張している。彼らはその役割で有罪判決を受け、投獄された。

ラマン・プラタップ・シン

国民連邦党の党首は演説の中で、この国は個人的な利益を犠牲にして国のために協力する指導者を本当に必要としていると述べた。内紛、共同体の対立、安っぽい政治政治、そして盲目的な貪欲さによって、かつて世界がフィジーに対して抱いていたイメージは打ち砕かれ、「世界のあるべき姿」として広く評されていた。 「人々は分かち合い、共存する代わりに、地域社会としても国家としても団結することなく、人種的区画に後退している」と同氏は述べた。 「私たちの指導者たちは、国家として団結する代わりに、私たちの島国を引き裂く人種的な隔たりを生み出しました。」 同氏は、指導者たちが時々調和を求めることがあるのを認めながらも、共通基盤を確立する努力なしにはそれは達成できないと主張した。

論争

フィジー労働党の 国会議員 レク・ラム・ヴァエシュノイ氏は、人々が首都の他の行事に出席しているのが目撃されていると述べ、祝賀会の開始への参加率が低かったのはカラセ首相の欠席のせいだと非難した。インド独立35周年の祝賀行事と重なった首相のインド公式訪問のタイミングは非愛国的だった、と同氏は述べた。 「フィジー独立35周年の首相のインド訪問は、首相の愛国心の欠如を反映している。カラセ氏とそのあまりに大規模なハンガーの集団が、領事館開設の名目で今出発する必然性はなかった。ほぼ1年前から運用されています」とヴァエシュノイ氏は宣言した。同氏は、インド訪問は売名行為に過ぎず、インド政府はカラセ氏の「人種差別的」政策についてよく知っているため効果はないと主張した。

フィジーの国家的祝典が物議を醸したのはこれが初めてではない。 前年の2004年のフィジーウィークは、政府が政治的議題を促進するために式典を利用したとして、数人の有力政治家やその他の著名人によるボイコットによって台無しにされた。

特徴

フィジー公務員は祝賀行事で目立った役割を果たします。すべての政府部門や省庁は、そのサービスに対する国民の認識を高めるために公開されています。イベントには、保健省が主催する、エアロビクスやアルバートパークの散歩を特徴とする「ウォーク・フォー・ヘルス」プログラムが含まれます。その他のイベントとしては、災害啓発週間、ファミリーデー、市全体の青少年ネットワークがあり、多文化プログラムや手工芸品のショーとともに、数多くの子供向けゲームやアクティビティが開催されます。女性社会福祉省は、孤児院や老人ホーム向けのプログラムを組織しています。

Retrieved from "https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Fiji_Week,_2005&oldid=1177044143"