二比例配分

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

比例代表は、2つの別々の特性に比例して座席を割り当てる比例代表方式です。つまり、2つの異なるパーティションの場合、各パーツは合計シート数の中で比例したシート数を受け取ります。たとえば、この方法では、政党ごと、地域ごと、政党ごと、性別/民族別、またはその他の特性のペアごとに比例した結果を得ることができます。

  1. 例:政党別および地域別の比例
    • 各党の議席のシェアは、総投票数に比例します。
    • 各地域の議席のシェアは、その総投票数に比例します
      • (または、これはその人口サイズまたは他の基準に基づいている可能性があります)。
  2. 次に、各地域と各当事者の合計を考慮して、可能な限り次のようにします。
    • 地域の議席は、その地域の政党への投票に比例して政党間で割り当てられます。(この地域の席は地元で人気のあるパーティーに行きます。)
    • 政党の議席が間に割り当てられた領域これらの領域でその党の票に比例して。(党の議席は、最も人気のある地域にあります。)

プロセス

この方法を使用して、政党別および地域別の比例した結果を得ると仮定します。

各政党は、すべての地域の候補者リストを指名します。有権者は、自分たちの地域の政党に投票します(および/または、オープンリストまたはローカルリストシステムで個々の候補者に投票します)。

結果は2つのステップで計算されます。

いわゆる上位配分では、各政党(すべての地域)の議席と各地域(すべての政党)の議席が決定されます。
いわゆる下位配分では、上位配分の結果を尊重して、議席が地方政党名簿に分配されます。

これは、各政党の有権者の投票権を必要最小限の量だけグローバルに調整し、地域ごとの結果が政党ごとに比例するようにするものと見なすことができます。

上部配分

上の配分では、各政党の議席は最高平均方式(たとえば、サンラグエ法)で計算されます。これにより、すべての投票の合計(つまり、その政党のすべての地域リストの投票の合計)により、各政党が値するすべての議席の数が決まります。同様に、同じ最高平均方式を使用して、各地域にふさわしいすべての座席の数を決定します。

上の配分の結果は、投票エリア全体における1つの政党の議席数(および同様に1つの地域の議席数)の最終結果であり、下の配分はどの特定の地域でのみ決定されることに注意してください。パーティー席が割り当てられます。したがって、上位配分が行われた後、議会内の政党/地域の最終的な強さは明確です。

低い配分

下位の配分は、党への議席の配分と地域への議席の配分の両方を尊重する方法で、各地域の政党リストに議席を配分する必要があります。

結果は、反復プロセスによって取得されます。最初に、各地域について、この地域の各地域政党リストに割り当てられた投票に対して最高平均方式を使用して地域除数が選択されます。各パーティについて、パーティ除数は1で初期化されます。

事実上、反復プロセスの目的は、地域の除数とパーティの約数を変更して、次のようにすることです。

  • 各地域の政党名簿の議席数は、投票数を地域と政党の除数で割ったものに等しく、使用された最高平均方式の丸め方法で丸められます。
  • ある政党のすべての地方政党リストの議席の合計は、その政党の上位配分で計算された議席数に等しくなります。
  • 1つの地域のすべての政党名簿の議席の合計は、その地域の上位配分で計算された議席の数に等しくなります。

この目的が満たされるまで、次の2つの修正手順が実行されます。

  • 選択した最高平均方式で各パーティ内の配分が正しくなるように、パーティの除数を変更します。
  • 選択した最高平均方式で地域内の配分が正しくなるように、地域の除数を変更します。

サンラグエ法を使用すると、この反復プロセスは、各地域の政党名簿に適切な座席番号で終了することが保証されます。

具体例

A、B、Cの3つのパーティとI、II、IIIの3つのリージョンがあり、20のシートが分散され、Sainte-Laguë方式が使用されているとします。地方政党名簿への投票は次のとおりです。

パーティ 領域 合計
II III
NS 123 45 815 983
NS 912 714 414 2040
NS 312 255 215 782
合計 1347 1014 1444 3805

上部配分

上位配分については、政党と地域の全体的な議席数が決定されます。

3805人の有権者と20議席があるため、1議席あたり190人(四捨五入)の有権者がいます。したがって、党議席の配分の結果は次のようになります。

パーティ NS NS NS
#votes 983 2040 782
#votes / divisor 5.2 10.7 4.1
#seats 5 11 4

除数190を使用すると、地域の座席の分布の結果は次のようになります。

領域 II III
#votes 1347 1014 1444
#votes / divisor 7.1 5.3 7.6
#seats 7 5 8

低い配分

最初に、各地域の議席を地域政党名簿に分配するために、地域の除数を見つける必要があります。表では、各政党リストごとに2つのセルがあり、1つ目は投票数を示し、2つ目は割り当てられた議席数を示します。

パーティ 領域
II III
NS 123 1 45 0 815 5
NS 912 4 714 4 414 2
NS 312 2 255 1 215 1
合計 1347 7 1014 5 1444 8
地域除数 205 200 180

これで、パーティの除数が1で初期化され、各パーティ内のシート数がチェックされます(つまり、上位の配分で計算された数と比較されます)。

パーティ 領域 合計 パーティ

除数

II III
NS 123 1 45 0 815 5 983 6 1
NS 912 4 714 4 414 2 2040 10 1
NS 312 2 255 1 215 1 782 4 1
合計 1347 7 1014 5 1444 8 3805 20
地域除数 205 200 180

すべてのパーティが正しいシート数を持っているわけではないため、修正手順を実行する必要があります。パーティAおよびBの場合、除数を調整する必要があります。Aの約数を上げ、Bの約数を下げる必要があります。

パーティ 領域 合計 パーティ

除数

II III
NS 123 1 45 0 815 4 983 5 1.1
NS 912 5 714 4 414 2 2040 11 0.95
NS 312 2 255 1 215 1 782 4 1
合計 1347 8 1014 5 1444 7 3805 20
地域除数 205 200 180

ここで、領域IとIIIの除数を変更する必要があります。リージョンIのシート数が多すぎるため(上​​部の配分で計算された7シートではなく8シート)、除数を上げる必要があります。反対に、領域IIIの除数を下げる必要があります。

パーティ 領域 合計 パーティ

除数

II III
NS 123 1 45 0 815 4 983 5 1.1
NS 912 5 714 4 414 3 2040 12 0.95
NS 312 1 255 1 215 1 782 3 1
合計 1347 7 1014 5 1444 8 3805 20
地域除数 210 200 170

繰り返しますが、当事者の除数を調整する必要があります。

パーティ 領域 合計 パーティ

除数

II III
NS 123 1 45 0 815 4 983 5 1.1
NS 912 4 714 4 414 3 2040 11 0.97
NS 312 2 255 1 215 1 782 4 0.98
合計 1347 7 1014 5 1444 8 3805 20
地域除数 210 200 170

これで、3つのパーティと3つの地域の議席数は、上位の配分で計算された数と一致します。このようにして、反復プロセスが完了します。

最終的な座席番号は次のとおりです。

#seats 領域 合計
パーティ II III
NS 1 0 4 5
NS 4 4 3 11
NS 2 1 1 4
合計 7 5 8 20

使用法

2003年にドイツの数学者FriedrichPukelsheim [1]によって提案された二比例任命の方法は、現在、スイスの一部の州、つまりチューリッヒ(2006年以降)、アールガウおよびシャフハウゼン(2008年以降)、ニドヴァルデンツークでの州および地方自治体の選挙に使用されています。(2013年以降)、Schwyz(2015年以降)、Valais(2017年以降)。

主要な基準として、政党または連合ごとの国民総投票数に基づく二比例任命。また、1991年の憲法の採択以来、ブルガリア国民議会の選挙では、投票資格の年齢や投票率に関係なく(州)の総人口が二次基準として使用されてきました。上記の憲法の下では、すべての州は複数のメンバーからなる構成員です。これらの細分化がまだマルチメンバーであるのに十分な人口を持っている限り、それらは地理的に小さな構成要素に細分化されるかもしれません。 2020年の時点で、ソフィア(首都)州は3つの構成要素に、プロブディフ州は2つの構成要素に細分されています。

フィンランドでは、小選挙区制であるオーランドを除いて、ブルガリアと同じシステムが使用されています

かなり多数決

公正多数決は、「地区」と呼ばれる小選挙区による2比例配分方式であるため、各地区には1人の代表者がいます。これは、特に米国で、ゲリマンダーの力を排除する方法として、2008年にMichel Balinski多数決と呼ばれる小選挙区制も発明した)によって提案されました[2]

参考文献

  1. ^ 「比例代表システムの除数法:ベクトルと行列の配分問題への最適化アプローチ」数学的社会科学56(2):166–184。2008-09-01。土井10.1016 /j.mathsocsci.2008.01.004ISSN  0165から4896まで
  2. ^ Balinski、Michel(2008-02-01)。「公正多数決(またはゲリマンダーを排除する方法)」アメリカの数学の月刊誌115(2):97–113。土井10.1080 /00029890.2008.11920503ISSN 0002から9890まで