連邦捜査局

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

連邦捜査局
連邦捜査局の印章
連邦捜査局の印章
FBI特別捜査官バッジ
FBI特別捜査官バッジ
連邦捜査局の旗
略語FBI
モットー忠実さ、勇気、誠実さ
代理店の概要
形成された1908年7月26日(捜査局として)
従業員約35,000 [1]
年度予算US $ 9,748,829,000(2021年度[2]
管轄構造
連邦政府機関アメリカ
運用管轄アメリカ
一般的な性質
運用構造
本部J.エドガーフーバービル
ワシントンDC、米国
38°53′43″N 77°01′30″W / 北緯38.8952度西経77.0251度 / 38.8952; -77.0251座標38.8952°N77.0251°W38°53′43″N 77°01′30″W /  / 38.8952; -77.0251
エージェンシーの幹部
親代理店国家情報長官司法省
Webサイト
fbi .gov

連邦捜査局FBIは)国内でのインテリジェンスセキュリティ米国とその元本のサービス連邦法執行機関FBIは、米国司法省の管轄下で運営されており米国インテリジェンスコミュニティのメンバーでもあり、司法長官国家情報長官の両方に報告しています。[3]米国の主要なテロ対策防諜、および犯罪捜査機関であるFBIが管轄権を持っています連邦犯罪の200以上のカテゴリーの違反を超えて[4] [5]

FBIの機能の多くは独特ですが、国家安全保障を支援するFBIの活動は、英国のMI5やロシアのFSBの活動に匹敵します。法執行機関を持たず、海外での情報収集に焦点を当てている中央情報局(CIA)とは異なり、FBIは主に国内機関であり、全米の主要都市に56の現地事務所を持ち、400を超える常駐機関が全国の小さな都市や地域。 FBIの現地事務所では、上級レベルのFBI役員が国家情報長官の代表を兼務しています[6] [7]

FBIは国内に焦点を当てていますが、国際的な足跡を維持しており、世界中の米国大使館と領事館60のリーガルアタッシェ(LEGAT)オフィスと15のサブオフィスを運営しています。これらの外国事務所は、主に外国の治安機関との調整を目的として存在し、通常、受入国で一方的な活動を行うことはありません。[8] FBIは、CIAの国内機能限られているのと同じように、海外で秘密の活動を行うことができ、また行うこともあります[9]。これらの活動は通常、政府機関間の調整を必要とします。

FBIは、1908年に捜査局、略してBOIまたはBIとして設立されました。その名前は1935年に連邦捜査局(FBI)に変更されました。[10] FBIの本部は、ワシントンDCにあるJ.エドガーフーバービルです。

使命、優先事項、予算

FBI国内捜査および運用ガイド(.pdfファイル)

ミッション

FBIの使命は次のとおりです。

アメリカ国民を保護し、アメリカ合衆国憲法を支持する[2] [11]

優先事項

現在、FBIの最優先事項は次のとおりです。[11]

バジェット

2019会計年度の局の総予算は、約96億ドルでした。[12]

2021会計年度の議会への承認と予算の要求[13]で、FBIは9,800,724,000ドルを要求しました。そのお金のうち、9,748,829,000ドルが給与と経費に使用され、51,895,000ドルが建設に使用されます。[2] S&Eプログラムでは、199,673,000ドルの増加が見られました。

歴史

バックグラウンド

1896年に、全国の犯罪者識別局が設立され、既知の犯罪者を識別するための情報が全国の機関に提供されました。社長の1901暗殺 ウィリアム・マッキンリーは、米国がからの脅威の下にあったという認識に作成アナキストを法務省と労働省は何年もの間アナキストの記録を保持していたが、セオドア・ルーズベルト大統領はアナキストを監視するためのより多くの力を望んでいた。[14] [必要なページ]

司法省は1887年以来、州際通商の規制を任されいましたが、そうするためのスタッフが不足していました。20世紀の変わり目にオレゴンの土地詐欺スキャンダルが発生するまで、スタッフ不足を解消するための努力はほとんどありませんでした。ルーズベルト大統領は、チャールズ・ボナパルト司法長官に、司法長官にのみ報告する自律的な調査サービスを組織するように指示しました[15]

ボナパルトは、米国シークレットサービスを含む他の機関に、特に人員、特に捜査官のために連絡を取りました1908年5月27日、議会は、新しい機関が秘密警察として機能することへの懸念を理由に、司法省による財務省職員のこの使用を禁止しました[16]再びルーズベルトの要請で、ボナパルトは正式な捜査局を組織するように動き、その後、特別捜査官の独自のスタッフがいることになった[14] [必要なページ]

BOIの作成

捜査局(BOI)は1908年7月26日に設立されました。[17]司法省の経費基金を使用して、司法長官[14] [必要なページ]はシークレットサービスの退役軍人を含む34人を雇いました。[18] [19]新しい捜査機関で働く。その最初の「チーフ」(タイトルは現在「ディレクター」)はスタンリー・フィンチでした。ボナパルトは1908年12月にこれらの行動について議会に通知した。[14] [必要なページ]

局の最初の公式任務は、1910年6月25日に可決された「白奴隷交通法」またはマン法の施行に備えて売春宿を訪問して調査することでした。1932年に、局は米国調査局に改名されました。 。

FBIの作成

翌1933年、BOIは酒類取締にリンクされ、調査部門(DOI)と改名されました。それは1935年に司法省内の独立したサービスになりました。[18]同じ年に、その名前は正式に捜査局から連邦捜査局(FBI)に変更されました。

FBI長官としてのJ.エドガーフーバー

J.エドガーフーバー、1924年から1972年までFBI長官

J.エドガーフーバーは1924年から1972年までFBI局長を務め、BOI、DOI、FBIと合わせて48年間務めました。彼は、政府による調査を専門化するための彼の仕事の一環として、1932年に正式に開設された科学犯罪検出研究所またはFBI研究所の創設を主に担当しました。フーバーは、FBIが在職中に扱ったほとんどの主要な事件やプロジェクトに実質的に関与していました。しかし、以下に詳述するように、彼は、特に晩年において、局長として非常に物議を醸す任期であることが証明されました。フーバーの死後、議会は将来のFBI長官の任期を10年に制限する法律を可決した。

新しい機関の初期の殺人事件の調査には、オーセージインディアン殺人事件が含まれていました。 1930年代の「犯罪との戦い」の間に、FBIのエージェントは、ジョン・デリンジャー「ベビーフェイス」ネルソンケイト「マ」バーカーなど、全国で誘拐、銀行強盗、殺人を犯した多くの悪名高い犯罪者を逮捕または殺害しましたAlvin "Creepy" KarpisGeorge "Machine Gun" Kelly

その数十年前半の他の活動は、白人至上主義者グループであるクー・クラックス・クランの範囲と影響力に焦点を当てていました。このグループは、FBIがヴィオラ・リッツォのリンチ事件で働いていることが証明されました。以前、エドウィン・アサートンの仕事を通じて、BOIは、カリフォルニア州サンディエゴの東にある1920年代半ばに、エンリケ・エストラーダ将軍の指導の下、メキシコの新革命家の軍隊全体を首尾よく捕​​らえたと主張しました。

フーバーは禁酒法時代の1920年代に、盗聴者を逮捕するために盗聴使い始めました。[20]盗聴者が電話の盗聴で逮捕された、1927年のオルムステッド対アメリカ合衆国の事件では、合衆国最高裁判所は、FBIが行った限り、FBIの盗聴は違法な捜査と押収として第4修正に違反しないと裁定した。盗聴を完了するために人の家に侵入しないでください。[20]禁酒廃止された後、議会は1934年通信法を可決しました。これは、合意に基づかない電話の盗聴を禁止しましたが、盗聴は許可していました。[20] 1939年の場合Nardonev。UnitedStatesの裁判所は、1934年の法律により、電話による盗聴によって得られたFBIの証拠は法廷で許容されないとの判決を下しました。[20]カッツ対アメリカ合衆国(1967年)がオルムステッドを覆した、議会はオムニバス犯罪管理法を可決し、事前に令状を取得している限り、公的機関が調査中に電話を利用できるようにした。[20]

国際セキュリティー

1940年代から1970年代にかけて、同局は米国とその同盟国に対するスパイ事件を調査しました。アメリカの標的に対して妨害活動を計画していた8人のナチスのエージェントが逮捕され、6人が彼らの判決の下で処刑された(査定系Quirin)。また、この間、FBIが深く関与した「ベノナプロジェクト」と呼ばれる米国と英国の共同のコード違反の取り組みは、ソビエトの外交および諜報通信コードを破り、米国と英国の政府がソビエトの通信を読むことを可能にしました。この努力は、ソビエト諜報活動のために米国で働いているアメリカ人の存在を確認しました。[21]フーバーはこのプロジェクトを管理していたが、1952年まで中央情報局(CIA)に通知しなかった。別の注目すべき事件は1957年のソビエトスパイルドルフアベルの逮捕であった[22]米国で活動しているソビエトスパイの発見は許可されたフーバーは、アメリカ合衆国の共産党(CPUSA)の組合主催者からアメリカの自由主義者に至るまで、彼がアメリカの左翼から認識した脅威に対する彼の長年の執着を追求しました

日系アメリカ人の強制収容

1939年、局は枢軸国との戦争の際に拘留される人々の名前を含む拘留リストの作成を開始しましたFBI捜査は、ハワイと西海岸の日系アメリカ人焦点を当てた既存の海軍情報局のインデックスに基づいて構築されたため、リストの名前の大部分は一誠コミュニティのリーダーに属していましたが、多くのドイツ人イタリア人も彼らの道を見つけましたFBIインデックスリスト。[23]ホノルル事務所の長であるロバート・シヴァーズは、爆弾がまだ落下している間に、1941年12月7日にリストに載っている人々を拘留し始める許可をフーバーから得た。真珠湾[24]大量逮捕と家屋の捜索(ほとんどの場合、令状なしで行われた)は攻撃の数時間後に始まり、次の数週間で5,500人以上の一世の男性がFBIに拘留された。[25] 1942年2月19日、フランクリン・ルーズベルト大統領は大統領令9066号を発行し、日系アメリカ人を西海岸から連れ去ることを承認した。 FBIのフーバー長官は、大統領令9066号の下で認可された日系アメリカ人のその後の大量除去と監禁に反対したが、ルーズベルトが勝った。[26]大多数はその後の排除命令に沿ったものでしたが、日系アメリカ人が新しい軍事規制に従うことを拒否した少数のケースでは、FBI捜査官が逮捕を処理しました。[24]局は戦争中日系アメリカ人の監視を続け、キャンプ外への第三国定住の申請者の身元調査を実施し、キャンプに立ち入り(通常は戦争移住局の職員の許可なしに)、反体制派と「トラブルメーカー」を監視するために情報提供者をグルーミングした。戦後、FBIは、帰国した日系アメリカ人を敵対的な白人コミュニティによる攻撃から保護するために割り当てられました。[24]

セックスはプログラムを逸脱します

ダグラス・M・チャールズによると、FBIの「性的逸脱」プログラムは1950年4月10日、J・エドガー・フーバーがホワイトハウス、米国市民サービス委員会、および軍の支部に393のリストを転送したときに始まりました。 1947年以来、「性的不規則性」の罪でワシントンDCで逮捕されたとされる連邦職員の容疑者。 1951年6月20日、フーバーは「性的逸脱であると主張する米国政府の現在および過去の従業員に関する報告および申し立ての増加に対処するための統一された方針」を確立するメモを発行することによってプログラムを拡大しました。プログラムは、非政府の仕事を含むように拡張されました。AthanTheoharisによると、「1951年に彼[フーバー]は、連邦政府の最下位の書記官からホワイトハウスの補佐官のより強力な地位まで、同性愛者とされる人物を一掃するために一方的に性的逸脱プログラムを開始した。」1953年5月27日、大統領令10450号が発効しました。このプログラムは、同性愛者のすべての連邦雇用を違法にすることにより、この大統領命令によってさらに拡大されました。1953年7月8日、FBIは性別逸脱プログラムからの情報を米国公務員委員会に転送しました。1977年から1978年にかけて、1930年から1970年代半ばに収集された、性別逸脱プログラムの30万ページが、FBI当局によって破壊されました。[27] [28] [29]

公民権運動

During the 1950s and 1960s, FBI officials became increasingly concerned about the influence of civil rights leaders, whom they believed either had communist ties or were unduly influenced by communists or "fellow travellers." In 1956, for example, Hoover sent an open letter denouncing Dr. T. R. M. Howard, a civil rights leader, surgeon, and wealthy entrepreneur in Mississippi who had criticized FBI inaction in solving recent murders of George W. Lee, Emmett Till, and other blacks in the South.[30] The FBI carried out controversial domestic surveillance in an operation it called the COINTELPRO, from "COunter-INTELligence PROグラム。」[31]これは、両方の戦闘的かつ非暴力組織を含む米国内の反体制派の政治団体の活動を調査し、混乱させることだった。その目標の中にいた南部キリスト教指導者会議、その主要な公民権団体聖職者の指導者には、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師が含まれていました。彼は以下でより詳細に取り上げられています。[32]

遺書[33]はFBIによってキングに匿名で郵送された

FBIは頻繁にキングを調査しました。 1960年代半ば、キングは白人至上主義者によるテロの使用に十分な注意を払っていないとして局を批判し始めました。フーバーは、キングを米国で最も「悪名高い嘘つき」と公に呼ぶことで応えた。[34] 1991年の回想録で、ワシントンポストのジャーナリストであるカールローワンは、FBIがキングに少なくとも1通の匿名の手紙を送って自殺を促したと主張した。[35]歴史家テイラー・ブランチは、1964年11月に局から送られた匿名の「自殺パッケージ」を文書化した。キングの性的無分別の録音で。[36]

In March 1971, the residential office of an FBI agent in Media, Pennsylvania was burgled by a group calling itself the Citizens' Commission to Investigate the FBI. Numerous files were taken and distributed to a range of newspapers, including The Harvard Crimson.[37] The files detailed the FBI's extensive COINTELPRO program, which included investigations into lives of ordinary citizens—including a black student group at a Pennsylvania military college and the daughter of Congressman Henry S. Reuss of Wisconsin.[37]国は、政治活動家の暗殺を含む啓示によって「衝撃を受け」、その行動は下院多数党首のヘイル・ボッグズを含む下院議員によって非難された[37]ボッグスを含む議会の一部の議員の電話は、盗聴されたとされている。[37]

ケネディ暗殺

When President John F. Kennedy was shot and killed, the jurisdiction fell to the local police departments until President Lyndon B. Johnson directed the FBI to take over the investigation.[38] To ensure clarity about the responsibility for investigation of homicides of federal officials, the Congress passed a law that included investigations of such deaths of federal officials, especially by homicide, within FBI jurisdiction. This new law was passed in 1965.[39][40][41]

Organized crime

An FBI surveillance photograph of Joseph D. Pistone (aka Donnie Brasco), Benjamin "Lefty" Ruggiero and Edgar Robb (aka Tony Rossi), 1980s

In response to organized crime, on August 25, 1953, the FBI created the Top Hoodlum Program. The national office directed field offices to gather information on mobsters in their territories and to report it regularly to Washington for a centralized collection of intelligence on racketeers.[42] After the Racketeer Influenced and Corrupt Organizations Act, or RICO Act, took effect, the FBI began investigating the former Prohibition-organized groups, which had become fronts for crime in major cities and small towns. All of the FBI work was done undercover and from within these organizations, using the provisions provided in the RICO Act. Gradually the agency dismantled many of the groups. Although Hoover initially denied the existence of a National Crime Syndicate米国では、局は後に、サム・ジアンカーナジョン・ゴッティが率いるものを含む、既知の組織犯罪シンジケートと家族に対して作戦を実施しました。 RICO法は、今日でもすべての組織犯罪および同法の規定に該当する可能性のある個人に使用されています

2003年、議会委員会はFBIの組織犯罪情報提供者プログラムを「連邦法執行の歴史の中で最大の失敗の1つ」と呼びました[43] FBIは、FBIの情報提供者であるヴィンセントフレミを保護するために、1965年3月のエドワード "テディ"ディーガンのギャングランド殺害で4人の罪のない男性が有罪判決を受けることを許可した。男性のうち3人は死刑を宣告され(後に終身刑に減刑された)、4人目の被告は終身刑を宣告された。[43] 4人の男性のうち2人は、ほぼ30年の服役後に刑務所で死亡し、他の2人は32年および36年の服役後に釈放された。 2007年7月、米国地方裁判所のナンシー・ガートナー裁判官ボストンで、局はギャングのジョセフ・バルボザによって与えられた偽証人のアカウントを使用して4人の男性を有罪にするのを助けたことがわかりました米国政府は、4人の被告に1億ドルの損害賠償を支払うよう命じられました。[44]

特別なFBIチーム

FBI SWATの訓練演習のエージェント

1982年、FBIは、ロサンゼルスで開催される1984年の夏季オリンピックで発生する可能性のある問題、特にテロと大犯罪を支援するためにエリートユニットを結成しました[45]。これは、の結果であったミュンヘンオリンピックミュンヘン、ドイツテロリストがイスラエル選手を殺害しました人質救出チーム(HRT)と名付けられたこのチームは主にテロ対策シナリオを扱う専用のFBISWATチームとして機能します。ローカルFBISWATでサービスを提供する特別捜査官とは異なりチーム、HRTは調査を行いません。代わりに、HRTは追加の戦術的熟練と能力のみに焦点を合わせています。また、1984年には、コンピューター分析および応答チーム(CART)も結成されました[46]

1980年代の終わりから1990年代の初めにかけて、FBIは300人以上の捜査官を外国の防諜任務から暴力犯罪に再割り当てし、暴力犯罪を6番目の国家優先事項にしました。テロは、もはや終了後の脅威と見なされたため、他のよく確立された部門にカットして、そして冷戦を[46] FBIは、連邦である、状態ラインを越えていた追跡逃亡者に地元や州警察を支援していません犯罪。FBI研究所は、1924年の指紋認証システムから始まった識別における先駆的な役割を継続し、DNA検査の開発を支援しました

1990年代の注目すべき取り組み

アンFBIエージェントは、タグコックピットボイスレコーダーからエジプト航空990便墜落事故をデッキにUSSグラップル(ARS 53) 1999年11月13日に墜落現場で。

1992年5月1日、カリフォルニア州ロサンゼルス郡のFBI SWATおよびHRTの職員は1992年のロサンゼルス暴動の際に地域内の平和を確保するために地方公務員を支援しましたたとえば、HRTオペレーターは、バージニアに戻る前に、ロサンゼルス全体で10日間の車載パトロールを実施しました[47]

Between 1993 and 1996, the FBI increased its counter-terrorism role following the first 1993 World Trade Center bombing in New York City, the 1995 Oklahoma City bombing, and the arrest of the Unabomber in 1996. Technological innovation and the skills of FBI Laboratory analysts helped ensure that the three cases were successfully prosecuted.[48] However, Justice Department investigations into the FBI's roles in the Ruby Ridge and Waco incidents were found to have been obstructed by agents within the Bureau. During the 1996 Summer Olympics in Atlanta, Georgia、FBIは100周年オリンピック公園の爆撃の調査で批判されました捜査中の彼の名前の漏洩に関して、会場の民間警備員であったリチャード・ジュエルといくつかのメディア組織との論争を解決した[49]。これは一時的に彼が爆撃の疑いを誤って引き起こされた。

議会が法執行のため通信支援法(CALEA、1994)、医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(HIPAA、1996)、および経済スパイ法(EEA、1996)を可決した後、FBIはそれに続き、 1998年、1991年のCARTチームと同じように。インターネットの増加に対処するために、コンピュータ調査およびインフラストラクチャ脅威評価センター(CITAC)と国立インフラストラクチャ保護センター(NIPC)が設立されました。コンピュータウイルス、ワーム、および米国の活動を脅かすその他の悪意のあるプログラムなどの関連する問題。これらの進展に伴い、FBIは、公安および国家安全保障の調査における電子監視を強化し、そのような問題の性質を変えた電気通信の進歩に適応しました。

9月11日の攻撃

9月11日国防総省への攻撃

During the September 11, 2001, attacks on the World Trade Center, FBI agent Leonard W. Hatton Jr. was killed during the rescue effort while helping the rescue personnel evacuate the occupants of the South Tower, and he stayed when it collapsed. Within months after the attacks, FBI Director Robert Mueller, who had been sworn in a week before the attacks, called for a re-engineering of FBI structure and operations. He made countering every federal crime a top priority, including the prevention of terrorism, countering foreign intelligence operations, addressing cybersecurity threats, other high-tech crimes, protecting civil rights, combating public corruption, organized crime, white-collar crime, and major acts of violent crime.[50]

In February 2001, Robert Hanssen was caught selling information to the Russian government. It was later learned that Hanssen, who had reached a high position within the FBI, had been selling intelligence since as early as 1979. He pleaded guilty to espionage and received a life sentence in 2002, but the incident led many to question the security practices employed by the FBI. There was also a claim that Hanssen might have contributed information that led to the September 11, 2001 attacks.[51]

The 9/11 Commission's final report on July 22, 2004, stated that the FBI and Central Intelligence Agency (CIA) were both partially to blame for not pursuing intelligence reports that could have prevented the September 11 attacks. In its most damning assessment, the report concluded that the country had "not been well served" by either agency and listed numerous recommendations for changes within the FBI.[52] While the FBI did accede to most of the recommendations, including oversight by the new Director of National Intelligence, some former members of the 9/11 Commission publicly criticized the FBI in October 2005, claiming it was resisting any meaningful changes.[53]

On July 8, 2007, The Washington Post published excerpts from UCLA Professor Amy Zegart's book Spying Blind: The CIA, the FBI, and the Origins of 9/11.[54] The Post reported, from Zegart's book, that government documents showed that both the CIA and the FBI had missed 23 potential chances to disrupt the terrorist attacks of September 11, 2001. The primary reasons for the failures included: agency cultures resistant to change and new ideas; inappropriate incentives for promotion; and a lack of cooperation between the FBI, CIA, and the rest of the United States Intelligence Community. The book blamed the FBI's decentralized structure, which prevented effective communication and cooperation among different FBI offices. The book suggested that the FBI had not evolved into an effective counter-terrorism or counter-intelligence agency, due in large part to deeply ingrained agency cultural resistance to change. For example, FBI personnel practices continued to treat all staff other than special agents as support staff, classifying intelligence analysts alongside the FBI's auto mechanics and janitors.[55]

Faulty bullet analysis

For over 40 years, the FBI crime lab in Quantico had believed that lead alloys used in bullets had unique chemical signatures. It was analyzing the bullets with the goal of matching them chemically, not only to a single batch of ammunition coming out of a factory, but also to a single box of bullets. The National Academy of Sciences conducted an 18-month independent review of comparative bullet-lead analysis. In 2003, its National Research Council published a report whose conclusions called into question 30 years of FBI testimony. It found the analytic model used by the FBI for interpreting results was deeply flawed, and the conclusion, that bullet fragments could be matched to a box of ammunition, was so overstated that it was misleading under the rules of evidence. One year later, the FBI decided to stop conducting bullet lead analyses.[56]

After a 60 Minutes/Washington Post investigation in November 2007, two years later, the Bureau agreed to identify, review, and release all pertinent cases, and notify prosecutors about cases in which faulty testimony was given.[57]

Organization

Organizational structure

FBI field divisions map
Organization chart for the FBI as of July 15, 2014
Redacted policy guide for the Counterterrorism Division (part of the FBI National Security Branch)

The FBI is organized into functional branches and the Office of the Director, which contains most administrative offices. An executive assistant director manages each branch. Each branch is then divided into offices and divisions, each headed by an assistant director. The various divisions are further divided into sub-branches, led by deputy assistant directors. Within these sub-branches, there are various sections headed by section chiefs. Section chiefs are ranked analogous to special agents in charge. Four of the branches report to the deputy director while two report to the associate director.

The main branches of the FBI are:[58]

Each branch focuses on different tasks, and some focus on more than one. Here are some of the tasks that different branches are in charge of:

FBI Headquarters Washington D.C.

National Security Branch (NSB)[2][59]

Intelligence Branch (IB)[2]

FBI Criminal, Cyber, Response, and Services Branch (CCRSB)[2][60]

Science and Technology Branch (CTB)[2][60][61]

Other Headquarter Offices

Information and Technology Branch (ITB)[2][62][60]

人材育成部門(HRB)[2] [60]

管理および財務管理のサポート[2]

  • 施設・物流サービス課(FLSD)
  • 財務部(FD)
  • 記録管理部門(RMD)
  • リソースプランニングオフィス(RPO)
  • 検査課(InSD)

専門的なサポート[2]

局長室

局長室はFBIの中央管理機関として機能します。このオフィスは、5つの機能ブランチとさまざまなフィールド部門にスタッフサポート機能(財務や施設管理など)を提供します。この事務所は、情報技術部門と人材部門の両方の運営を監督するFBIアソシエイトディレクターによって管理されています。

シニアスタッフ[58]

  • 副所長
  • アソシエイト副ディレクター
  • 参謀長

局長室[58]

犯罪現場のFBI捜査官

ランク構造

以下は、FBI内で見つかったランク構造のリストです(昇順):[63]

  • フィールドエージェント
  • FBI管理
    • 副助監督
    • アシスタントディレクター
    • アソシエイトエグゼクティブアシスタントディレクター
    • エグゼクティブアシスタントディレクター
    • アソシエイト副ディレクター
    • 副主任
    • 参謀長兼特別顧問
    • 副所長
    • 監督

法的権限

FBIバッジと制式拳銃、グロックモデル22、.40 S&W口径

FBIの任務は、合衆国法典(US Code)のタイトル28、セクション533で確立されており、司法長官が「合衆国に対する犯罪を検出して起訴する役人を任命する」ことを許可しています。[64]他の連邦法は、FBIに特定の犯罪を調査する権限と責任を与えています。

組織犯罪に対するFBIの主要なツールは、Racketeer Impacted and Corrupt Organizations(RICO)法です。 FBIはまた、1964年の米国公民権法の遵守を強制し、そのような違反を米国司法省(DOJ)に訴追することに加えて、その違反を調査する責任を負っています。 FBIはまた、1970年の規制物質法の施行において、麻薬取締局(DEA)と同時管轄権を共有しています

米国愛国者法は特にで、FBIに割り当てられた権限を高め盗聴やインターネット活動を監視します。この法律で最も物議を醸している条項の1つは、いわゆる極秘捜査条項であり、FBIに、居住者が不在のときに家を捜索する権限を与え、その後数週間は居住者に通知することを要求しません。愛国者法の規定に基づき、FBIはまたテロの疑いのある人々の図書館記録[65]調査を再開しました(1970年代以降行われていなかったと思われること)。

In the early 1980s, Senate hearings were held to examine FBI undercover operations in the wake of the Abscam controversy, which had allegations of entrapment of elected officials. As a result, in the following years a number of guidelines were issued to constrain FBI activities.

A March 2007 report by the inspector general of the Justice Department described the FBI's "widespread and serious misuse" of national security letters, a form of administrative subpoena used to demand records and data pertaining to individuals. The report said that between 2003 and 2005, the FBI had issued more than 140,000 national security letters, many involving people with no obvious connections to terrorism.[66]

Information obtained through an FBI investigation is presented to the appropriate U.S. Attorney or Department of Justice official, who decides if prosecution or other action is warranted.

The FBI often works in conjunction with other federal agencies, including the U.S. Coast Guard (USCG) and U.S. Customs and Border Protection (CBP) in seaport and airport security,[67] and the National Transportation Safety Board in investigating airplane crashes and other critical incidents. Immigration and Customs Enforcement’s Homeland Security Investigations (HSI) has nearly the same amount of investigative manpower as the FBI and investigates the largest range of crimes. In the wake of the September 11 attacks, then-Attorney General Ashcroft assigned the FBI as the designated lead organization in terrorism investigations after the creation of the 米国国土安全保障省HSIとFBIは、どちらも合同テロ対策タスクフォースの不可欠なメンバーです

インディアン居留地

連邦政府は、インディアン居留地に関する重大な犯罪を調査し[68]、起訴する主な責任を負っています[69]

米国には565の連邦政府が認めたアメリカインディアン部族があり、FBIは200近くのインディアン居留地に対して連邦法執行の責任を負っています。この連邦管轄は、インディアン局、司法サービス局(BIA-OJS)と同時に共有されます。

FBIの犯罪捜査部門内にあるインド国犯罪ユニット(ICCU)は、FBIが責任を負うインド国(IC)で特定された犯罪問題に対処するための戦略、プログラム、およびポリシーの開発と実装を担当しています。

— 概要、インドの国の犯罪[70]

The FBI does not specifically list crimes in Native American land as one of its priorities.[71] Often serious crimes have been either poorly investigated or prosecution has been declined. Tribal courts can impose sentences of up to three years, under certain restrictions.[72][73]

Infrastructure

The J. Edgar Hoover Building, FBI Headquarters
FBI Mobile Command Center, Washington Field Office

FBIはワシントンDCJ.エドガーフーバービル本社を置き、全米の主要都市に56の現地事務所[74]置いています。 FBIはまた、米国全土に400以上の常駐機関を維持しているほか、米国大使館および領事館に50以上の法定代理人を置いています。多くの特殊なFBI機能は、バージニア州クワンティコの施設と、ウェストバージニア州クラークスバーグの「データキャンパス」にあります。ここには、米国全土からの9,600万セットの指紋が保管されており、その他の機能は米国当局によって収集されています。サウジアラビアイエメンの囚人Iraq and Afghanistan."[75] The FBI is in process of moving its Records Management Division, which processes Freedom of Information Act (FOIA) requests, to Winchester, Virginia.[76]

According to The Washington Post, the FBI "is building a vast repository controlled by people who work in a top-secret vault on the fourth floor of the J. Edgar Hoover Building in Washington. This one stores the profiles of tens of thousands of Americans and legal residents who are not accused of any crime. What they have done is appear to be acting suspiciously to a town sheriff, a traffic cop or even a neighbor."[75]

The FBI Laboratory, established with the formation of the BOI,[77] did not appear in the J. Edgar Hoover Building until its completion in 1974. The lab serves as the primary lab for most DNA, biological, and physical work. Public tours of FBI headquarters ran through the FBI laboratory workspace before the move to the J. Edgar Hoover Building. The services the lab conducts include Chemistry, Combined DNA Index System (CODIS), Computer Analysis and Response, DNA Analysis, Evidence Response, Explosives, Firearms and Tool marks, Forensic Audio, Forensic Video, Image Analysis, Forensic Science Research, Forensic Science Training, Hazardous Materials Response, Investigative and Prospective Graphics, Latent Prints, Materials Analysis, Questioned Documents, Racketeering Records, Special Photographic Analysis, Structural Design, and Trace Evidence.[78] The services of the FBI Laboratory are used by many state, local, and international agencies free of charge. The lab also maintains a second lab at the FBI Academy.

FBIアカデミーであり、クアンティコ、バージニア州は、FBIが利用通信やコンピュータの研究室に家です。また、FBI特別捜査官になるためのトレーニングのために新しい捜査官が派遣される場所でもあります。 21週間のコースを通過することは、すべての特別捜査官に必要です。[79] 1972年に最初に使用のために開設されたこの施設は、385エーカー(156ヘクタール)の森林地帯にあります。アカデミーは、法執行トレーニングセンターに招待されている州および地方の法執行機関をトレーニングします。 Quanticoに常駐するFBIユニットは、フィールドおよび警察トレーニングユニット銃器トレーニングユニット法医学研究およびトレーニングセンターテクノロジーサービスユニットです。 (TSU), Investigative Training Unit, Law Enforcement Communication Unit, Leadership and Management Science Units (LSMU), Physical Training Unit, New Agents' Training Unit (NATU), Practical Applications Unit (PAU), the Investigative Computer Training Unit and the "College of Analytical Studies."

2000年、FBIは、時代遅れの情報技術(IT)インフラストラクチャをアップグレードするためのTrilogyプロジェクトを開始しました。このプロジェクトは、当初3年かかり、約3億8000万ドルの費用がかかる予定でしたが、最終的に予算を超過し、予定より遅れました。[80]最新のコンピューターとネットワーク機器を展開する取り組みは概ね成功しましたが、Science Applications International Corporation(SAIC)にアウトソーシングした新しい調査ソフトウェアを開発する試みは成功しませんでした。ソフトウェアが知られているように、仮想ケースファイル(VCF)は、不十分に定義された目標と管理の繰り返しの変更に悩まされていました。[81] In January 2005, more than two years after the software was originally planned for completion, the FBI officially abandoned the project. At least $100 million (and much more by some estimates) was spent on the project, which never became operational. The FBI has been forced to continue using its decade-old Automated Case Support system, which IT experts consider woefully inadequate. In March 2005, the FBI announced it was beginning a new, more ambitious software project, code-named Sentinel, which they expected to complete by 2009.[82]

The FBI Field Office in Chelsea, Massachusetts

Carnivore was an electronic eavesdropping software system implemented by the FBI during the Clinton administration; it was designed to monitor email and electronic communications. After prolonged negative coverage in the press, the FBI changed the name of its system from "Carnivore" to "DCS1000." DCS is reported to stand for "Digital Collection System"; the system has the same functions as before. The Associated Press reported in mid-January 2005 that the FBI essentially abandoned the use of Carnivore in 2001, in favor of commercially available software, such as NarusInsight.

刑事司法情報サービス(CJIS)師団[83]に位置するクラークスバーグ、ウェストバージニア州。 1991年に組織され、1995年に最年少の代理店部門として開設されました。複合体は3つのフットボール競技場の長さです。さまざまなデータシステムの情報のメインリポジトリを提供します。 CJISの屋根の下には、全米犯罪情報センター(NCIC)、統一犯罪報告(UCR)、指紋識別統合自動指紋識別システム(IAFIS)、NCIC 2000、および全米事件ベースの報告システムのプログラムがあります。(NIBRS)。多くの州および地方の機関は、これらのデータシステムを独自の調査のソースとして使用し、安全な通信を使用してデータベースに貢献しています。FBIは、これらの高度な識別および情報サービスのツールを、地方、州、連邦、および国際的な法執行機関に提供しています。

FBIは、インテリジェンスコミュニティのすべての要素に対する外国のインテリジェンスのタイムリーで正確な翻訳」を提供する国立仮想翻訳センターを率いています[84]

In June 2021, the FBI held a groundbreaking for its planned FBI Innovation Center, set to be built in Huntsville, Alabama. The Innovation Center is to be part of a large, college-like campus costing a total of $1.3 billion in Redstone Arsenal and will act as a center for cyber threat intelligence, data analytics, and emerging threat training.[85]

Personnel

An FBI Evidence Response Team[clarification needed]
Agents in training on the FBI Academy firing range

As of 31 December 2009, the FBI had a total of 33,852 employees. That includes 13,412 special agents and 20,420 support professionals, such as intelligence analysts, language specialists, scientists, information technology specialists, and other professionals.[86]

The Officer Down Memorial Page provides the biographies of 69 FBI agents who have died in the line of duty from 1925 to July 2017.[87]

Hiring process

To apply to become an FBI agent, one must be between the ages of 23 and 37, unless one is a preference-eligible veteran, in which case one may apply after age 37.[88] The applicant must also hold U.S. citizenship, be of high moral character, have a clean record, and hold at least a four-year bachelor's degree. At least three years of professional work experience prior to application is also required. All FBI employees require a Top Secret (TS) security clearance, and in many instances, employees need a TS/SCI (Top Secret/Sensitive Compartmented Information) clearance.[89] To obtain a security clearance, all potential FBI personnel must pass a series of Single Scope Background Investigations (SSBI), which are conducted by the Office of Personnel Management.[90] Special agent candidates also have to pass a Physical Fitness Test (PFT), which includes a 300-meter run, one-minute sit-ups, maximum push-ups, and a 1.5-mile (2.4 km) run. Personnel must pass a polygraph test with questions including possible drug use.[91] Applicants who fail polygraphs may not gain employment with the FBI.[92] Up until 1975, the FBI had a minimum height requirement of 5 feet 7 inches (170 cm).[93]

BOI and FBI directors

FBI局長、米国大統領によって任命(指名)され、任期が終了する前に大統領の裁量により辞任または解任されることを条件として、10年の任期を務めるために米国上院によって確認されなければなりません。同じ手順に従って追加の条件が許可されます

J. Edgar Hoover, appointed by President Calvin Coolidge in 1924, was by far the longest-serving director, serving until his death in 1972. In 1968, Congress passed legislation, as part of the Omnibus Crime Control and Safe Streets Act of 1968, requiring Senate confirmation of appointments of future Directors.[94] As the incumbent, this legislation did not apply to Hoover. The last FBI Director was Andrew McCabe. The current FBI Director is Christopher A. Wray appointed by President Donald Trump.

The FBI director is responsible for the day-to-day operations at the FBI. Along with the Deputy Director, the director makes sure cases and operations are handled correctly. The director also is in charge of making sure the leadership in any one of the FBI field offices is manned with qualified agents. Before the Intelligence Reform and Terrorism Prevention Act was passed in the wake of the September 11 attacks, the FBI director would directly brief the President of the United States on any issues that arise from within the FBI. Since then, the director now reports to the Director of National Intelligence (DNI), who in turn reports to the President.

Firearms

A Glock 22 pistol in .40 S&W caliber

Upon qualification, an FBI special agent is issued a full-size Glock 22 or compact Glock 23 semi-automatic pistol, both of which are chambered in the .40 S&W cartridge. In May 1997, the FBI officially adopted the Glock, in .40 S&W, for general agent use, and first issued it to New Agent Class 98-1 in October 1997. At present, the Glock 23 "FG&R" (finger groove and rail; either 3rd generation or "Gen4") is the issue sidearm.[95] New agents are issued firearms, on which they must qualify, on successful completion of their training at the FBI Academyグロック26(サブコンパクト9mmパラベラム)、グロック23およびグロック27(それぞれ、.40 S&Wコンパクトおよびサブコンパクト)は、二次兵器として認可されています。特殊な薬剤もで購入し、資格が許可されているグロック210.45 ACP[96]

FBI人質救出チーム(HRT)および地域のSWATチームの特別捜査官に、.45ACPのスプリングフィールドアーモリー プロフェッショナルモデル1911ピストルが発行されます。[97] [98] [99]

2016年6月、FBIはグロックに新しい拳銃の契約を交わしました。現在発行されている.40S&Wチャンバーグロックピストルとは異なり、新しいグロックは9mmパラベラム用にチャンバー化されます。契約はフルサイズのグロック17Mとコンパクトなグロック19Mです。「M」は、グロックが2015年の政府提案依頼書で指定された政府基準を満たすように変更されたことを意味します[100] [101] [102] [103]

出版物

The FBI Law Enforcement Bulletin is published monthly by the FBI Law Enforcement Communication Unit,[104] with articles of interest to state and local law enforcement personnel. First published in 1932 as Fugitives Wanted by Police,[105] the FBI Law Bulletin covers topics including law enforcement technology and issues, such as crime mapping and use of force, as well as recent criminal justice research, and ViCAP alerts, on wanted suspects and key cases.

The FBI also publishes some reports for both law enforcement personnel as well as regular citizens covering topics including law enforcement, terrorism, cybercrime, white-collar crime, violent crime, and statistics.[106] However, the vast majority of federal government publications covering these topics are published by the Office of Justice Programs agencies of the United States Department of Justice, and disseminated through the National Criminal Justice Reference Service.

Crime statistics

1920年代に、FBIは地元の警察署から番号を収集することによって犯罪報告を発行し始めました。[107] 1960年代と1970年代に発見されたこのシステムの制限により、被害者はそもそも犯罪を警察に報告しなかったことが多いため、司法省は犯罪を集計する別の方法である被害者調査を開発しました。[107]

統一犯罪報告

統一犯罪報告(UCR)は、全国の17,000を超える法執行機関からのデータをまとめたものです。それらは、逮捕、クリアランス(または事件の終結)、および法執行官の情報を含む犯罪の量に関する詳細なデータを提供します。 UCRは、暴力犯罪、ヘイトクライム、および財産犯罪にデータ収集を集中させています。[106] 1920年代に作成されたUCRシステムは、その名前が示すほど均一であることが証明されていません。 UCRデータは、関連する犯罪の場合にのみ最も深刻な犯罪を反映しており、レイプの定義は非常に限定的です。 FBIに提出されるデータの約93%がこの形式であるため、ほとんどの州が法執行機関にこのデータの提出を要求しているため、UCRは最適な出版物として際立っています。

Preliminary Annual Uniform Crime Report for 2006 was released on June 4, 2006. The report shows violent crime offenses rose 1.3%, but the number of property crime offenses decreased 2.9% compared to 2005.[108]

National Incident-Based Reporting System

The National Incident-Based Reporting System (NIBRS) crime statistics system aims to address limitations inherent in UCR data. The system is used by law enforcement agencies in the United States for collecting and reporting data on crimes. Local, state, and federal agencies generate NIBRS data from their records management systems. Data is collected on every incident and arrest in the Group A offense category. The Group A offenses are 46 specific crimes grouped in 22 offense categories. Specific facts about these offenses are gathered and reported in the NIBRS system. In addition to the Group A offenses, eleven Group B offenses are reported with only the arrest information. The NIBRS system is in greater detail than the summary-based UCR system. As of 2004、5,271の法執行機関がNIBRSデータを提出しました。その金額は、米国の人口の20%、FBIによって収集された犯罪統計データの16%に相当します。

eGuardian

eGuardianは、2009年1月に開始されたFBIシステムの名前であり、テロの脅威の可能性に関するヒントを地元の警察機関と共有しています。このプログラムは、疑わしい活動や人々に関するデータを迅速に共有するすべてのレベルの法執行機関を獲得することを目的としています。[109]

eGuardianを使用すると、地方、州、部族、および連邦政府機関とのテロ情報および疑わしい活動のほぼリアルタイムの共有と追跡が可能になります。eGuardianシステムは、FBI内で使用され、2005年から精査されたパートナーと共有されているGuardianと呼ばれる類似しているが分類されたツールのスピンオフです。[110]

論争

Throughout its history, the FBI has been the subject of many controversies, both at home and abroad.

Latin America - For decades during the Cold War, the FBI placed agents to monitor the governments of Caribbean and Latin American nations.[111]

Domestic surveillance - In 1985, it was found that the FBI had made use of surveillance devices on numerous American citizens between 1940 and 1960.[112]

Files on Puerto Rican independence advocates - Congressman Luiz Gutierrez revealed that Pedro Albizu Campos and his Nationalist political party had been watched for a decade-long period in the 1930s.[113]

Covert operations on political groups - Political groups deemed disruptive have been investigated and discredited by the FBI in the aim of "protecting national security, preventing violence, and maintaining the existing social and political order."[114]

Files on U.S. citizens - The Bureau kept files on certain individuals for varying reasons and lengths of time, notably, Elvis Presley, Frank Sinatra, John Denver.

Robert Hanssen - In what is described by the US Department of Justice (DOJ) as "possibly the worst intelligence disaster in U.S. history.",[115] Hanssen managed to evade the FBI as he simultaneously sold thousands of classified American documents to Soviet intelligence operatives.

Stoneman Douglas High School shooting - A statement from the FBI confirmed that it had failed to act on a tip warning of the possibility of the shooting over a month prior to its occurrence, which may have prevented the tragedy outright.[116]

Internal investigations of shootings - A professor of criminal justice at the University of Nebraska Omaha suggested that FBI internal reports found a questionably high number of weapon discharges by its agents to be justified.

The Whitey Bulger case - The FBI was, and continues to be, criticized for its handling of Boston criminal Whitney Bulger. As a result of Bulger acting as an informant, the agency turned a blind eye to his activities as an exchange.[117]

Associated Press (AP) impersonation case - A Bureau agent, masquerading as an AP journalist, placed surveillance software in the personal computer of a minor. This resulted in a series of conflicts between the news agency and the FBI.[118][119]

FBI surveillance since 2010 - In the years since 2010, it has been uncovered by various civil liberties groups (such as the American Civil Liberties Union [ACLU]) that the FBI earmarked disproportionate resources for the surveillance of left-leaning movements and political organizations.[120] The FBI has also committed several breaches of the First Amendment in this time.[121][122]Viola Liuzzo - Gary Thomas Rowe, an FBI informant who at the time was also an active member of the Ku Klux Klan, assisted in the murder of Viola Liuzzo (a Caucasian civil rights activist) in 1965, and afterwards, 被害者についての名誉毀損の噂が局によって広められました。[123] [124]

メディアの描写

人気のテレビシリーズX-ファイルは、超常現象を調査する架空のFBI特別捜査官ダナスカリージリアンアンダーソン)とフォックスモルダーデイヴィッドドゥカヴニー)を描いてます。

The FBI has been frequently depicted in popular media since the 1930s. The bureau has participated to varying degrees, which has ranged from direct involvement in the creative process of film or TV series development, to providing consultation on operations and closed cases.[125] A few of the notable portrayals of the FBI on television are the series The X-Files, which started in 1993 and concluded its eleventh season in early 2018, and concerned investigations into paranormal phenomena by five fictional Special Agents, and the fictional Counter Terrorist Unit (CTU) agency in the TV drama 24, which is patterned after the FBI Counterterrorism Division. The 1991 movie Point Break depicts an undercover FBI agent who infiltrated a gang of bank robbers. The 1997 movie Donnie Brasco is based on the true story of undercover FBI agent Joseph D. Pistone infiltrating the Mafia. The 2015 TV series Quantico, titled after the location of the Bureau's training facility, deals with Probationary and Special Agents, not all of whom, within the show's format, may be fully reliable or even trustworthy.

Notable FBI personnel

See also

追加のリンク

参考文献

  1. ^ 「概要:FBIで働く人は何人ですか?」fbi.gov。
  2. ^ bはCのDのE F G H I J K "大会FY 2021許可および予算要求"アメリカ合衆国司法省2020年2月2021年1月9日取得
  3. ^ 「私たちの強みは私たちが誰であるかにある」Intelligence.gov。2014年8月10日にオリジナルからアーカイブされまし2014年8月4日取得
  4. ^ 「FBIは麻薬取締局(DEA)やアルコール・タバコ・火器・爆発物局(ATF)とどう違うのですか?」連邦捜査局2017年9月4日にオリジナルからアーカイブされました2017年11月2日取得
  5. ^ 「連邦捜査局–クイックファクト」連邦捜査局。2011年10月17日にオリジナルからアーカイブされまし
  6. ^ 2016年6月23日、連邦捜査局のウェイバックマシンアーカイブされた、下院歳出委員会、商務、司法、科学、および関連機関に関する小委員会での声明 、2014年3月26日
  7. ^ FBI gets a broader role in coordinating domestic intelligence activities Archived July 16, 2017, at the Wayback Machine, Washington Post, June 19, 2012
  8. ^ Overview of the Legal Attaché Program Archived March 13, 2016, at the Wayback Machine, Federal Bureau of Investigation, Retrieved: March 25, 2015
  9. ^ Spies Clash as FBI Joins CIA Overseas: Sources Talk of Communication Problem in Terrorism Role Archived April 18, 2015, at the Wayback Machine, Associated Press via NBC News, February 15, 2005
  10. ^ "A Byte Out of History – How the FBI Got Its Name". FBI.
  11. ^ a b "Mission & Priorities". Federal Bureau of Investigation. Retrieved January 9, 2021.
  12. ^ "Mission & Priorities". Federal Bureau of Investigation. Archived from the original on July 11, 2019. Retrieved July 29, 2019.
  13. ^ "FY 2021 Authorization and Budget Request to Congress". justice.gov.
  14. ^ a b c d ワイナー、ティム(2012)。"革命"。敵はFBIの歴史(1版)。ニューヨーク:ランダムハウス。ISBN 978-0-679-64389-0
  15. ^ Findlay、James G.(1943年11月19日)。「局長のための覚書:Re:米国司法省捜査局の初期の歴史」局の創設からの歴史的文書カリフォルニア州ロサンゼルス:連邦捜査局。2012年7月3日にオリジナルからアーカイブされまし2012年8月14日取得
  16. ^ Bonaparte, Charles Joseph. "Annual Report of the Attorney General of the United States, 1908, p.7". Historical Documents from the Bureau's Founding. Federal Bureau of Investigation. Archived from the original on May 10, 2012. Retrieved August 14, 2012. 前回の年次報告書で、私はこの部門が財務省に探偵サービスを要求する義務があり、実際、その命令の直下に常任の執行部隊がいないという事実に注意を促しました。 1908年5月27日に承認された雑貨民事予算法に含まれるシークレットサービス部隊のさらなる使用の禁止により、部門は独自の特別捜査官の小さな部隊を組織することが必要になった。このような行動はこの部門の側では非自発的でしたが、革新の結果は全体として適度に満足のいくものでした。特別捜査官は、主任検査官の直接の命令の下に置かれ、彼らから毎日の報告を受け取り、これらを毎日司法長官に要約し、この部門によって直接管理されています。そして司法長官は、彼らが何をしているのか、そしてどのような費用がかかるのかを常に知っているか、知っているべきです。
  17. ^ 「FBIが設立されました」歴史
  18. ^ B 「FBI史の年表」連邦捜査局。2015年3月16日にオリジナルからアーカイブされまし2015年3月20日取得
  19. ^ Langeluttig、アルバート(1927)。アメリカ合衆国最高裁判所長官ジョンズホプキンスプレス。pp。9–14。
  20. ^ a b c d e Greenberg、David(2001年10月22日)。「公民権:盗聴しよう!」歴史ニュースネットワーク。2011年3月1日にオリジナルからアーカイブされました2011年2月15日取得
  21. ^ ベンソン、ロバートL. 「ヴェノナ物語」国家安全保障局。2006年6月14日にオリジナルからアーカイブされまし2006年6月18日取得
  22. ^ レーマーシュタイン、ハーバート; ブラインデル、エリック(2001)。ベノナの秘密、ソビエトの諜報活動とアメリカの裏切り者を暴露するRegnery Publishing、Inc.p。209. ISBN 0-89526-225-8
  23. ^ 鹿島、鉄伝。「拘禁/ ABCリスト」伝承百科事典。2014年10月20日にオリジナルからアーカイブされました2014年8月21日取得
  24. ^ a b c Niiya、Brian。「連邦捜査局」伝承百科事典。2014年10月20日にオリジナルからアーカイブされました2014年8月21日取得[より良い情報源が必要]
  25. ^ 「投獄について」伝承百科事典。2014年8月13日にオリジナルからアーカイブされました2014年8月21日取得
  26. ^ 「J。エドガーフーバー」2014年11月6日にオリジナルからアーカイブされました。
  27. ^ 「FBIと同性愛:1950–1959・FBIと同性愛年表・OutHistory:それは時間についてです」outhistory.org2017年12月4日にオリジナルからアーカイブされまし
  28. ^ "FBI and Homosexuality: 1970–1979 · FBI and Homosexuality Chronology · OutHistory: It's About Time". outhistory.org. Archived from the original on June 5, 2018.
  29. ^ "FBI and Homosexuality: 2010–2019 · FBI and Homosexuality Chronology · OutHistory: It's About Time". outhistory.org. Archived from the original on December 4, 2017.
  30. ^ David T. Beito and Linda Royster Beito, Black Maverick: T.R.M. Howard's Fight for Civil Rights and Economic Power (Urbana: University of Illinois Press, 2009), 148, 154–59.
  31. ^ キャシディ、マイクM.(1999年5月26日)。「FBIコインテルプロの短い歴史」Monitor.net。2000年1月18日にオリジナルからアーカイブされまし2006年6月6日取得
  32. ^ Jalon、Allan M.(2006年4月8日)。「すべての侵入を終わらせるための侵入」ロサンゼルスタイムズ2006年6月20日にオリジナルからアーカイブされまし2006年6月6日取得
  33. ^ ゲージ、ビバリー(2014年11月11日)。「MLKへの無修正の手紙が明らかにするもの」ニューヨークタイムズ2015年1月7日にオリジナルからアーカイブされました2015年1月9日取得
  34. ^ テイラーブランチ、火の柱:1963年から1965年の王の年のアメリカ(サイモンとシュスター、1999年)、p。524-529
  35. ^ Adams、Cecil M.(2003年5月2日)。「マーティンルーサーキングジュニアは盗作者でしたか?」ワシントンポスト2011年7月18日にオリジナルからアーカイブされました2006年6月6日取得
  36. ^ Branch, Taylor (April 16, 2007). Taylor Branch, Pillar of Fire: America in the King Years 1963–1965 (Simon and Schuster, 1999) p. 527-529. ISBN 978-1-4165-5870-5.
  37. ^ a b c d Frum, David (2000). How We Got Here: The '70s. New York, New York: Basic Books. p. 40. ISBN 0-465-04195-7.
  38. ^ "Postwar America: 1945–1960s". Federal Bureau of Investigation. Archived from the original on January 6, 2015.
  39. ^ "5 things you might not know about JFK's assassination". CNN.com. Archived from the original on November 16, 2015. Retrieved November 11, 2015.
  40. ^ "Public Law 89-141 – Chapter 84.– PRESIDENTIAL ASSASSINATION, KIDNAPPING, AND ASSAULT" (PDF). Archived (PDF) from the original on September 22, 2017. Retrieved September 20, 2017.
  41. ^ "18 U.S. Code Chapter 84 – PRESIDENTIAL AND PRESIDENTIAL STAFF ASSASSINATION, KIDNAPPING, AND ASSAULT". Archived from the original on March 3, 2016.
  42. ^ "Using Intel to Stop the Mob, Part 2" Archived June 16, 2010, at the Wayback Machine. Retrieved February 12, 2010.
  43. ^ a b Shelley Murphy (July 27, 2007). "Evidence Of Injustice". Boston Globe. Archived from the original on July 26, 2008. Retrieved November 22, 2007.
  44. ^ "Judge awards $100 mln for unjust convictions". Reuters. July 26, 2007. Retrieved March 29, 2021.
  45. ^ "Rise in International Crime". Federal Bureau of Investigation. Archived from the original on January 6, 2015.
  46. ^ a b "End of the Cold War". Federal Bureau of Investigation. Archived from the original on January 6, 2015.
  47. ^ "Anything, Anytime, Anywhere: The Unofficial History of the FBI Hostage Rescue Team, Page 10/25" (PDF).
  48. ^ "Rise of a Wired World". Federal Bureau of Investigation. Archived from the original on January 6, 2015.
  49. ^ 「リチャードジュエル対NBC、および他のリチャードジュエル事件」メディア名誉毀損。2006年5月27日にオリジナルからアーカイブされまし2006年6月6日取得
  50. ^ 「マンデートの変更」連邦捜査局。2015年1月6日にオリジナルからアーカイブされまし
  51. ^ セパー、ジェリー。「国家機密へのオサマのアクセスは9.11を助けました」コンピュータ犯罪研究センター。2006年6月8日にオリジナルからアーカイブされました2006年6月6日取得
  52. ^ Shovelan、ジョン(2004年6月23日)。「9/11委員会は「重大な制度的失敗」を発見しましたABCAu。2006年2月21日にオリジナルからアーカイブされました2006年6月6日取得
  53. ^ 「クリントンのスキャンダルの元FBI長官」CBSニュース2004年10月6日。2006年6月14日のオリジナルからアーカイブ2006年6月6日取得
  54. ^ ゼガート、エイミー(2007年9月1日)。「スパイブラインド」プリンストン大学出版局。2007年10月13日にオリジナルからアーカイブされまし2007年7月8日取得
  55. ^ ゼガート、エイミー(2007年7月8日)。「私たちの無知な知性システム」ワシントンポスト2007年7月13日にオリジナルからアーカイブされました2007年7月8日取得
  56. ^ 「FBI研究所は弾丸鉛検査の中止を発表しました」fbi.govFBIナショナルプレスオフィス。2014年12月8日にオリジナルからアーカイブされました2014年12月6日取得
  57. ^ "Evidence Of Injustice". CBS News. November 18, 2007. Archived from the original on November 20, 2007. Retrieved November 22, 2007.
  58. ^ a b c "Leadership & Structure". Federal Bureau of Investigation. Retrieved January 8, 2021.
  59. ^ "National Security Branch". Federal Bureau of Investigation. Retrieved January 8, 2021.
  60. ^ a b c d "FBI Organization Chart" (PDF). United States Justice Department. Retrieved January 8, 2021.
  61. ^ "Science and Technology Branch". Federal Bureau of Investigation. Retrieved January 8, 2021.
  62. ^ "Information Technology". Federal Bureau of Investigation. Retrieved January 8, 2021.
  63. ^ "fbi.gov". fbi.gov. Archived from the original on February 16, 2011. Retrieved March 3, 2012.[検証に失敗しました]
  64. ^ 「合衆国法典:タイトル28,533。調査および他の役人;任命」コーネルロースクール2011年2月15日取得
  65. ^ Egelko、Bob; マリアアリシアガウラ(2003年3月10日)。「図書館は愛国者法の警告を投稿します:サンタクルスの支部は、FBIが彼らをスパイするかもしれないと常連客に伝えます」サンフランシスコクロニクル2011年4月29日にオリジナルからアーカイブされました2011年2月15日取得
  66. ^ Jeffrey Rosen (April 15, 2007). "Who's Watching the F.B.I.?". The New York Times Magazine. Archived from the original on May 12, 2011. Retrieved February 15, 2011.
  67. ^ "The Federal Bureau of Investigation's Efforts to Protect the Nation's Seaports" (PDF). U.S. Department of Justice, Office of Inspector General. March 2006. Archived (PDF) from the original on October 1, 2009. Retrieved February 15, 2011.
  68. ^ "Indian Country Crime" Archived August 8, 2010, at the Wayback Machine FBI website, accessed August 10, 2010
  69. ^ "Native Americans in South Dakota: An Erosion of Confidence in the Justice System". Usccr.gov. Archived from the original on March 6, 2012. Retrieved March 3, 2012.
  70. ^ "Overview, Indian Country Crime". Federal Bureau of Investigation. Archived from the original on January 20, 2013. Retrieved October 26, 2012.
  71. ^ FBI "Facts and Figures" Archived September 22, 2010, at the Wayback Machine See prominently displayed list of priorities, accessed August 10, 2010
  72. ^ Michael Riley, "Expansion of tribal courts' authority passes Senate" Archived March 4, 2016, at the Wayback Machine, The Denver Post. Posted: 25 June 2010 01:00:00 am MDT Updated: 25 June 2010 02:13:47 am MDT. Accessed June 25, 2010.
  73. ^ Michael Riley, "President Obama signs tribal-justice changes" Archived March 4, 2016, at the Wayback Machine, The Denver Post, Posted: 30 July 2010 01:00:00 am MDT, Updated: 30 July 2010 06:00:20 am MDT, accessed July 30, 2010.
  74. ^ "Federal Bureau of Investigation – Field Divisions". Federal Bureau of Investigation. Archived from the original on August 15, 2009.
  75. ^ a b Priest, Dana and Arkin, William (December 2010) Monitoring America Archived December 22, 2010, at the Wayback Machine, Washington Post
  76. ^ Reid, Sarah A. (July 26, 2006). "One of the biggest things the FBI has ever done". The Winchester Star. Archived from the original on February 23, 2007.
  77. ^ "FBI Laboratory History". Federal Bureau of Investigation. Archived from the original on January 3, 2015.
  78. ^ "FBI Laboratory Services". Federal Bureau of Investigation. Archived from the original on October 16, 2007.
  79. ^ "Special Agent Career Path Program". Federal Bureau of Investigation. Archived from the original on July 2, 2007.
  80. ^ Sherman, Mark. "Lawmakers criticize FBI director's expensive project". Newszine. Archived from the original on August 30, 2006. Retrieved June 6, 2006.
  81. ^ Gerin, Roseanne (January 14, 2005). "SAIC rejects Trilogy criticism". Washington Technology. Archived from the original on December 2, 2008. Retrieved June 6, 2006.
  82. ^ Arnone, Michael (June 25, 2005). "Senators seek to fast track FBI's Sentinel". FCW.Com. Archived from the original on October 25, 2006. Retrieved June 6, 2006.
  83. ^ 「CJISミッション」連邦捜査局。2008年9月16日にオリジナルからアーカイブされまし
  84. ^ 「翻訳で失われましたか?国立仮想翻訳センターではありません」連邦捜査局。2016年3月13日にオリジナルからアーカイブされました。
  85. ^ ガティス、ポール(2021年6月29日)。「FBI長官のクリストファー・レイは、13億ドルのキャンパスで祝賀のためにハンツビルを訪れます」al.com 2021年6月30日取得
  86. ^ 「連邦捜査局–私たちについて–クイックファクト」2011年10月17日にオリジナルからアーカイブされまし
  87. ^ The Officer Down Memorial Page. "United States Department of Justice – Federal Bureau of Investigation Washington, DC". Archived from the original on August 22, 2010.
  88. ^ Due to the decision in Robert P. Isabella v. Department of State and Office of Personnel Management, 2008 M.S.P.B. 146. In 2009, the Office of Personnel Management issued implementation guidance on the Isabella decision (CHCOC Archived August 8, 2012, at the Wayback Machine. Chcoc.gov. Retrieved on July 23, 2013).
  89. ^ "Federal Bureau of Investigation Jobs". Federal Bureau of Investigation. Archived from the original on July 2, 2007.
  90. ^ 「セキュリティおよび緊急時計画スタッフの身元調査の管理のレビュー」米国司法省、監察官事務所。2005年9月。2006年8月16日のオリジナルからアーカイブ
  91. ^ 「FAQ-FBIジョブ」連邦捜査局。2012年10月18日にオリジナルからアーカイブされまし
  92. ^ テイラー、マリサ。 FBIは ウェイバックマシンで20137月9日にアーカイブされた嘘発見器テストに失敗した多くの申請者を拒否します。」McClatchyCompany2013年5月20日。2013年7月25日に取得。
  93. ^ 「エージェントを短くすることを許可するFBI」(PDF)サンフランシスコクロニクル/ AP通信1975年6月25日。2016年10月20日のオリジナルからアーカイブ(PDF)
  94. ^ Omnibus Crime Control and Safe Streets Act Pub.L.  90–351、1968年6月19日、  82Stat  197、秒1101
  95. ^ ヴァンダープール、ビル(2011年8月22日)。「FBI拳銃の歴史」アメリカンライフルマン全米ライフル協会2017年2月1日にオリジナルからアーカイブされました。
  96. ^ ヴァンダープール、ビル(2011年8月22日)。「FBI拳銃の歴史」アメリカンライフルマン全米ライフル協会2017年2月1日にオリジナルからアーカイブされました。現在承認リストにある個人所有の拳銃は、Glock 21(フルサイズ.45 ACP)、Glock 26(サブコンパクト9 mm)、および27(サブコンパクト)のみです。 .40 S&W)。
  97. ^ Vanderpool, Bill (August 22, 2011). "A History of FBI Handguns". American Rifleman. National Rifle Association. Archived from the original on February 1, 2017. Also in the ’80s, HRT adopted the Browning Hi-Power. The first Hi-Powers were customized by Wayne Novak and later ones by the FBI gunsmiths at Quantico. They were popular with the "super SWAT" guys, and several hesitated to give them up when they were replaced by .45 ACP single-action pistols, the first ones built by Les Baer, which used high-capacity Para Ordnance frames. Later, Springfield Armory’s "Bureau Model" replaced the Baer guns. Field SWAT teams were also issued .45s, and most still use them.
  98. ^ 「OPERATOR®、戦術的なグレイ構成は新しい色と調整可能な戦闘照準器を追加しますスプリングフィールドアーモリー。2017年1月19日。2017年9月24日のオリジナルからアーカイブ。元々はFBI契約のプロフェッショナルモデル1911の消費者に優しいオプションとして開発された、TRP™ファミリーは、プロダクションクラスのピストルでハイエンドのカスタムショップ機能を提供します。
  99. ^ 「RO®ELITESERIES」スプリングフィールドアーモリー。2017年9月23日にオリジナルからアーカイブされました。すべての新しいROエリートシリーズピストルは、FBIの地域SWATおよび人質救出チームのために構築されたスプリングフィールドアーモリー1911で指定されたものと同じBlack-T®処理で覆われています。
  100. ^ Smith, Aaron (June 30, 2016). "Glock wins $85 million FBI contract". CNN. Archived from the original on September 10, 2016.
  101. ^ "F.B.I. Awards Glock New Duty Pistol Contract!". Blue Sheepdog. June 30, 2016. Archived from the original on March 6, 2017.
  102. ^ Terrill, Daniel (June 30, 2016). "FBI goes back to 9mm with Glock". Guns.com. Archived from the original on March 6, 2017.
  103. ^ "FBI Chooses 9mm Glocks for New Service Pistols". Outdoor Hub. Archived from the original on March 6, 2017.
  104. ^ "Law Enforcement Communication Unit". Federal Bureau of Investigation. Archived from the original on April 17, 2009.
  105. ^ "History of the FBI, The New Deal: 1933 – Late 1930s". Federal Bureau of Investigation. Archived from the original on January 6, 2015.
  106. ^ a b "Federal Bureau of Investigation – Reports & Publications". Federal Bureau of Investigation. Archived from the original on March 26, 2016.
  107. ^ a b Frum, David (2000). How We Got Here: The '70s. New York, NY: Basic Books. p. 12. ISBN 0-465-04195-7.
  108. ^ 「2006年の予備犯罪統計」連邦捜査局。2010年4月11日にオリジナルからアーカイブされまし
  109. ^ 「FBIは就任式のためのチップ共有を開始しますCBSニュース2009年1月13日。2009年1月25日のオリジナルからアーカイブ2009年1月13日取得
  110. ^ 「eGuardian–FBIは地元の警察機関と脅威情報を共有します国立テロ警報対応センター。2009年1月13日。2010年1月14日のオリジナルからアーカイブ2009年1月13日取得
  111. ^ "Che Guevara and the FBI: U.S. Political Police Dossier on the Latin American Revolutionary by Michael Ratner — Reviews, Discussion, Bookclubs, Lists". web.archive.org. May 13, 2014. Retrieved July 20, 2021.
  112. ^ Agur, Colin (November 2013). "Negotiated Order: The Fourth Amendment, Telephone Surveillance, and Social Interactions, 1878–1968". Information & Culture. 48 (4): 419–447. doi:10.7560/ic48402. hdl:11299/182084. ISSN 2164-8034.
  113. ^ "New Light on Old F.B.I. Fight; Decades of Surveillance of Puerto Rican Groups - The New York Times". web.archive.org. February 23, 2017. Retrieved July 20, 2021.
  114. ^ "U.S. Senate Select Committee on Intelligence". web.archive.org. November 4, 2013. Retrieved July 20, 2021.
  115. ^ "A Review of FBI Security Programs". fas.org. Retrieved July 20, 2021.
  116. ^ 「フロリダ州パークランドでの銃撃に関するFBI声明—FBI」web.archive.org2018年2月17日2021年7月20日取得
  117. ^ 「ジェームズ 'ホワイティ'バルジャーは殺人で逃げました、FBIのおかげで| TIME.com」web.archive.org2013年12月18日2021年7月20日取得
  118. ^ 「FBIがおとり捜査でジャーナリストになりすました後、AP通信が訴える-LAタイムズ」web.archive.org2017年12月24日2021年7月20日取得
  119. ^ 「APはFBIがジャーナリストになりすますことは二度とないことを要求する」web.archive.org2017年12月24日2021年7月20日取得
  120. ^ 「Dissent.pdfをまだスパイしている」Googleドキュメント2021年7月20日取得
  121. ^ Speri 2019年10月22日、Alice SperiAlice; 午後4時03分 「政治的異議をテロリズムとして扱ってきたFBIの長い歴史」インターセプト2021年7月20日取得CS1 maint: numeric names: authors list (link)
  122. ^ 「米国の非営利団体は電話のハッキング機能について学ぶためにFBIを訴えます」Thexyzブログ2020年12月26日2021年7月20日取得
  123. ^ 5月、ゲイリー(2005年5月11日)。情報提供者エール大学プレス。ISBN 978-0-300-10635-0
  124. ^ 「WebCiteクエリ結果」www.webcitation.org 2021年7月20日取得 Citeは一般的なタイトルを使用しています(ヘルプ
  125. ^ パワーズ、リチャードギッド(1983)。G-メン:アメリカの大衆文化におけるフーバーのFBIイリノイ州カーボンデール:サザンイリノイ大学出版局。ISBN 0-8093-1096-1

参考文献

外部リンク

0.13285303115845