外部データ表現

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

外部データ表現XDR)は、コンピューターネットワークプロトコルなどの用途向けの標準 データシリアル化形式です。これにより、さまざまな種類のコンピュータシステム間でデータを転送できます。ローカル表現からXDRへの変換は、エンコーディングと呼ばれます。XDRからローカル表現への変換は、デコードと呼ばれます。XDRは、異なるオペレーティングシステム間で移植可能であり、トランスポート層からも独立している関数のソフトウェアライブラリとして実装されています

XDRは、ビッグエンディアンにシリアル化された4バイトの基本単位を使用します。小さいデータ型は、エンコード後もそれぞれ4バイトを占有します。文字列や不透明などの可変長タイプは、合計で4バイトで割り切れるまでパディングされます。 浮動小数点数IEEE754形式で表されます。

歴史

XDRは1980年代半ばにSunMicrosystemsで開発され 1987年に最初に広く公開されました。[2] XDRは1995年 にIETF 標準になりました。

XDRデータ形式は、次のような多くのシステムで使用されています。

XDRデータ型

も参照してください

参考文献

  1. ^ 「X.225:情報技術–オープンシステム相互接続–コネクション型セッションプロトコル:プロトコル仕様」2021年2月1日にオリジナルからアーカイブされました2021年11月24日取得
  2. ^ サンマイクロシステムズ(1987)。「XDR:外部データ表現標準」RFC1014ネットワークワーキンググループ2011年7月11日取得

外部リンク

XDR標準は、次のRFCに3つの異なるバージョンで存在します。