オイゲン・ワルミング

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
オイゲン・ウォーミング
温暖化、オイゲン-c1900.jpg
生まれ1841-11-031841年11月3日
マンデ、デンマーク
死亡しました1924年4月2日(1924-04-02)(82歳)
コペンハーゲン、デンマーク
国籍デンマーク語
で知られている生態学の植物の生命は熱帯植物学を形成します

ダンネブロ勲章の第1学位王立ビクトリア勲章
の司令官ローズ・エルツェルツォーク・レイナーの帝国勲章-メダイユ、カイザーリッヒ-ケーニヒリッヒェン動物学-ウィーンの植物学ゲゼルシャフト(1911年)スウェーデン王立科学アカデミーの偉大なリンネメダル(1922年) )。


科学的キャリア
田畑エコロジー
機関コペンハーゲン大学
博士課程の学生クリステン・C・ラウンキア
ウィルヘルム・ヨハンセン
フレデリク・ボルゲセン
モーテン・ポルシルド
ヨハネス・シュミット
オラフ・ハゲラップ
ヘニング・アイラーピーターセン
カール・ハンセンオステンフェルド
・オヴェ・ポールセン
サイン
EugenWarming-signature.png

オイゲン・ウォーミングとして知られるヨハネス・ユージニアス・ビューロー・ウォーミング(1841年11月3日– 1924年4月2日)は、デンマークの植物学者であり、生態学の科学分野の主要な創設者でしたウォーミングは、植物生態学に関する最初の教科書(1895)を書き、生態学の最初の大学のコースを教え、その概念にその意味と内容を与えました。学者RJグッドランドは1975年に次のように書いています[1] [2]

ウォーミングは、植物学、植物地理学、生態学に関する教科書を数多く執筆しました。これらの教科書はいくつかの言語に翻訳されており、当時とその後に多大な影響を与えました。最も重要なのは、 PlantesamfundHaandbog i densystematiskeBotanikでした。

初期の生活と家族の生活

ウォーミングは、イェンスウォーミング(1797〜1844)、教区大臣、アンナマリーフォンビューロウアフプルスコウ( 1801〜1863)の一人っ子として、マンドの小さなワッデン海の島で生まれました。父親の早期死亡後、彼は母親と一緒に、ユットランド東部のヴァイレにある兄に引っ越しまし

彼は1871年11月10日にヨハネマルグレーテイェスペルセン(ハンネウォーミングとして知られる; 1850–1922)と結婚しました。彼らには8人の子供がいました。マリー(1872–1947)はCVプリッツと結婚しました。王立獣医農業大学、Fro( 1875–1880 )、Povl(1877–1878)、Svend Warming(1879–1982)、Burmeister&Wain造船所のエンジニア、Inge(1879–1893)、Johannes(1882–1970)の統計)、農夫、ルイーズ(1884–1964)。[4] 外部リンク:祖先と子孫[5]

教育とキャリア

彼はRibeKatedralskoleの高校に通い、コペンハーゲン大学で1859年の自然史の研究を開始しましたが、3年半(1863〜1866年)大学を卒業し、デンマークの古生物学者PeterWilhelmLund 秘書を務めました。ブラジルのラゴアサンタ住み、働いていましたヨーロッパに戻った後、彼ミュンヘンのKFPマルティウスKWネゲリルートヴィヒアドルコファーに師事し、1871年にボンのJLフォンハンシュタインに師事しました。同じ年の後半(1871年)に、彼は自分のコペンハーゲンの哲学博士論文

コペンハーゲン大学の植物学の教授職は、ASØrstedの死により空席になり、Warmingは後継者の明白な候補者でした。しかし、彼は引き継がれ、椅子は年配の人に渡されましたが、生産性ははるかに低く、オリジナルのフェルディナントディドリッヒセンです。その後、温暖化は、コペンハーゲン大学、工科大学(PolytekniskLæreanstalt)、およびPharmaceutical College 1873–1882で植物学の中心となりました。彼は、 1882年から1885年にかけてStockholmshögskola(後のストックホルム大学)植物の教授になりました。最年長の教授として、彼は牧師のマグニフィカスに選出されました。[6] 1885年に、彼はコペンハーゲン大学の植物学の教授およびコペンハーゲン植物園の所長になり、1910年12月31日に引退するまでこれらの役職を務めた。彼は1907年から1908年 のコペンハーゲン大学の牧師

彼は1878年から死ぬまでデンマーク王立科学文学アカデミーの会員でした。そのため、彼は1889年から1921年にかけてカールスバーグ財団の理事を務め、生物学者であるため、カールスバーグ研究所の理事を務めました。彼はまた、 1895年 から1917年にかけてデンマークの地質調査の理事を務めました。

オイゲン・ワルミングは、 1876年にストラスブールとパリを訪れ、1880年にゲッティンゲンイエナボンストラスブールパリ訪れなど、外国の大学を頻繁に訪れました彼は1877年にアムステルダム、1905年にウィーンそしてブリュッセルで開催された国際植物会議参加しました。1910年、「Association internationale desbotanistes」(1913年)の会長を務めました。彼は1907年のウプサラでのリンネの祝賀会と1908年のロンドンでのダーウィンの祝賀会に出席しました。彼はロンドンの王立学会の名誉会員であり、1885年にスウェーデン王立科学アカデミーの会員に選出され、デンマーク植物学会の名誉会員に選ばれました。彼はフランス科学アカデミーの植物部門の対応するメンバーでした[7] 彼はダンネブロ勲章の司令官、ロイヤルヴィクトリア勲章およびブラジル人の司令官になりました帝国薔薇勲章彼はコペンハーゲンのアシスタント墓地に埋葬されています。

Expeditions

さらに、アルプスや他の近隣の目的地へのより短い訪問。

Plantesamfund(「植物の生態」)

Plantesamfundは、コペンハーゲン大学での植物地理学に関するWarmingの講義に基づいています。それは世界のすべての主要なバイオームへの紹介を与えます。温暖化の目的、および生態学の発展に対する彼の主な永続的な影響は、非常に異なる「原材料」(種)を使用しているにもかかわらず、自然が同様の問題(干ばつ、洪水、寒さ、塩、草食動物など)をどのように解決したかを説明することでした世界のさまざまな地域で)。これは非常に現代的な見方であり、彼の時代に流行していた単なる説明的な植物相の地理とは完全に異なっていました。

  • 温暖化、E。(1895)Plantesamfund-GrundtrækafdenøkologiskePlantegeografiPG Philipsens Forlag、コペンハーゲン。335pp。

サブタイトルは、科学的植生地理学の共同創設者であるJFSchouwによって1822年に出版された本Grundtrækafdena​​lmindelige Plantegeografi(German edn 1823:Grundzügeeinerallgemeinen Pflanzengeographieのタイトルを暗示しています。

Plantesamfundは、1896年 にドイツ語に翻訳されました。

  • LehrbuchderökologischenPflanzengeographie—EmilKnoblauchによるKenntnisderPflanzenvereineのEineEinführungベルリン、GebrüderBorntraeger、1896年。412pp。Warmingによって承認されたこの版は、急速に印刷されなくなりました。

2番目の無許可の版は1902年にポール・グレブナーによって発行されました。ポール・グレブナーは、内容に変更がないにもかかわらず、ウォーミングの後に彼自身の名前を本の口絵に付けました。[1]

  • LehrbuchderökologischenPflanzengeographie-EineEinführungindieKenntnisder Pflanzenvereine]; [11] "NachderneuestenLitteraturVervollständigtbeiPaulGraebner"; ベルリン、GebrüderBorntraeger。

このエディションは、第3版と第4版に拡張されました。

  • Warming、E.&Graebner、P.(1918)Eug。Warming's LehrbuchderökologischenPflanzengeographie、3ed。ベルリン、GebrüderBorntrager。第4版(1933年)-1158pp。

'Plantesamfund'の ポーランド語訳(Knoblauchのドイツ語訳から)は1900年に登場しました:

  • ウォーミング、E。(1900)エドワードStrumpfとJósefTrzebińskiによるZbiorowiskaRoślinnezarysekologicznejgeografiiroślin ワルシャワ、1900年。451pp。

2つの独立したロシア語モスクワサンクトペテルブルク)版が1901年と1903年に登場しました

  • Вармингъ、Е。(1901)Ойкологическаягеографіярастеній–ВведеніевъизученіерастительныхъсообществъbyM. モスクワ、542pp。[12]
  • Вармингъ、Е。(1903)Распредъленіерастенийвъзависимостиотъвнъшнихъусловій—Экологическая サンクトペテルブルク、474pp。

英語の拡張および翻訳版は、1909年に最初に登場しました。

  • Warming、E. with M. Vahl(1909)Oecology of Plants —P.GroomとIBBalfourによる植物群集の研究[ 13 ]の紹介。クラレンドンプレス、オックスフォード。422 pp。(2nd edn 1925)

ドイツの生態学者AFWSchimperは、1898年に Pflanzengeographie aufphysiologisherGrundlageを出版しました。

この作品は、1895年と1896年にウォーミングが行ったのと同じ分野の多くをカバーしただけでなく、実際にはウォーミングの研究にも大きく依存していました。シンパー(1898)は、15を超えるウォーミングの作品から広範囲に引用し、ウォーミングの人物を再現しました。しかし、シンパーは、写真のクレジットのリストでも、 Vorwortの謝辞のセクションでも、主要な情報源のリストでも、脚注でも、ウォーミングに対する彼の深刻な負債をどこにも認めませんでした!...ウォーミングのデータは豊富ですが、アイデアはほとんど含まれておらず、ウォーミングが以前に行ったことを超えてエコロジーを進歩させることはありませんでした。[1]

先生としての温暖化

温暖化は巧みで献身的な教授法であり、その主題のプレゼンテーションはコペンハーゲンの彼の講義劇場をはるかに超えて役に立ちました。彼は大学レベルの植物学の教科書や学校の本を数多く書いた。

体系的な植物学のハンドブック

コペンハーゲンでの植物学講義のための体系学に関するウォーミングの教科書は、いくつかの版に登場し、ドイツ語ロシア語英語に翻訳され、外国の大学で使用されました。

  • Warming、E.(1878)Haandbog i den systematiske Botanik(Universitets-StuderendeogLærereのBrugに最も近い)コペンハーゲン。(2nd edn 1884; [14] 3rd ed with Algae by N. Wille and fungi by E. Rostrup 1891)。

ドイツ語版。1890年:Handbuch der systematischen Botanik [15] [16] E. Knoblauch(第2版1902、第3版1911、第4版1929すべてM.Möbiusによる)。ロシア語版1893年:Систематикарастеній(S。RostovzevとM.Golenkinによる第3デンマーク語版から;第2版1898年)。English edn 1895:体系的な植物学のハンドブック[17](MC Potter著、いくつかの版、最新の1932年)。種子植物に関するセクションは、後に拡張され、次のように発行されました。

  • 温暖化のEug。(1912)Frøplanterne(Spermatofyter)[18] [翻訳されたタイトル:種子植物]。Kjøbenhavn、Gyldendalske Boghandel / Nordisk Forlag 467 pp。(2nd edn 1933)

胞子植物に関するセクションは更新され、個別に公開されました。

  • Rosenvinge L. Kolderup(1913)Sporeplanterne(Kryptogamerne)。Kjöbenhavn、Gyldendalske Boghandel / Nordisk Forlag 388pp。

一般植物学ハンドブック

植物の形態解剖学生理学に関するWarmingの教科書は、スウェーデン語ドイツ語に翻訳されました:WarmingEug。Den almindelige Botanik:EnLærebog、StuderendeogLærereのBrugのnærmest [翻訳されたタイトル:GeneralBotany ]。Kjøbenhavn、1880年。(2nd edn 1886; 3rd edn by Warming and Wilhelm Johannsen 1895; 4th edn by Warming and Johannsen 1900–01)。スウェーデン語版1882年:Lärobokiallmänbotanik(AxelN.Lundströmによる)。ドイツ語版1907-09:Lehrbuch der allgemeinen Botanik(第4版から、EP Meineckeによる)。ベルリン、Borntraeger。667pp。

また、植物学に関するWarmingの教科書、WarmingEugが海外で使用されました。(1900)Plantelivet:Skoler ogSeminarierのLærebogiBotanik [翻訳されたタイトル:'PlantLife']。コペンハーゲン。(第2版1902;第3版1905;それぞれC.RaunkiærとWarming1908と1914による第4版と第5版;E。WarmingとJohs。BoyePetersenによる6版(1920))。English edn 1911:Plant Life-学校と大学のための植物学の教科書(MMRehlingとEMThomasによる第4版から)。ロンドン。 ロシア語edn1904:Растениеиегожизнь(Началныйучебникботаники)。(LMKrečotovičとM.Golenkinによる第2版から)。モスクワ。オランダ語版1905、1912、1919 Kern der plantkunde(Dr. AJM Garjeanneによる)。

エクスカーション

温暖化は、植物学の学生を講義劇場から連れ出す強い必要性を感じました。彼は植物園を使って生きた植物を実演しましたが、植物生態学を教えるためには、自然の中で外に出るために学生が必要でした。しかし、徒歩での旅行で提供されるコペンハーゲンからの行動半径は小さすぎました。彼は政府に申請し、 1893年から毎年学生をより長い遠足に連れて行くための助成金を取得しました。3年ごとに、これらはユトランド半島西部に行き、1回はボーンホルムに行き、それ以外の場合はジーランドに行きました。彼のエクスカーションノートは公開されており、環境と植物の適応についての有益な紹介です。砂丘塩性湿地、その他の生息地

  • ウォーミング、E。(1890)Botaniske Exkursioner 1.FraVesterhavskystensMarskegne。Videnskabelige Meddelelser fra denNaturhistoriskeForeningiKjøbenhavn1890。
  • ウォーミング、E。(1891)Botaniske Exkursioner 2. De psammophileFormationeriDanmark。Videnskabelige Meddelelser fra den Naturhistoriske ForeningiKjøbenhavn1891:153–202。
  • ウォーミング、E。(1891)BotaniskeExkursioner3.Skarridsø。Videnskabelige Meddelelser fra denNaturhistoriskeForeningiKjøbenhavn1891。

E.ウォーミングのさらなる科学的研究

オイゲン・ウォーミング1879

植物分類学

熱帯地域での植生に関する彼の初期の経験は、彼の将来の仕事にとって決定的なものでした。ラゴアサンタからの彼のコレクション、2600の植物種、そのうちの約370は科学に新しいことが判明し、[1]記念碑的な40巻と1400ページの作品、SymbolæadFloramBrasiliæcentraliscognoscendamで扱われましこの作業のために、ウォーミングは、主にヨーロッパで、50人以上の植物分類学者に植物の家族を育てました。

  • SymbolæadFloramBrasiliæcentraliscognoscendam、particulæ1-10、1873
  • Symbolæ11–20、1875
  • Symbolæ21–30、1886
  • Symbolæ31–40、1893
  • Symbolæ31–40、1893。例:Particula XXXIX、HjalmarKiærskouによるEnumeratioMyrtacearumBrasiliensium 。

それらはすべて、シリーズ「 Videnskabelige Meddelelser fra denNaturhistoriskeForeningiKjøbenhavn」の巻として出版されましたさらに、ウォーミングはウォキシア科トリゴニア科をフローラブラジリエンシスのために扱いました

彼の好きな植物の家族:Etudes sur la famille desPodostemacees

温暖化は、ブラジル滞在中に知り合ったカワゴケソウ科に特別な関心を持っていました。この家族の植物種は、彼らが住む過酷な環境によって極端に変化します-それらは類に似た被子植物です。

  • Warming、E.(1881–1899)Familien Podostemaceae -Etudes sur la familledesPodostemacees 。

パートIV。すべてKongeligeDanskeVidenskabernes Selskabs Skrifter-Naturvidenskabelig og Mathematisk Afdeling、6.Rkで公開されています。

ラゴアサンタ

分類学的作業を終えたウォーミングは、最終的に、セラードを主な植生タイプとして、 ラゴアサンタ地域の植物群落に関する彼の生態学的研究を発表しました。

  • Warming、E.(1892)Lagoa Santa:Et Bidrag til den biologiske Plantegeografi med en Fortegnelse over LagoaSantasHvirveldyr。Kongelige Danske Videnskabernes Selskabs Skrifter-Naturvidenskabelig og Mathematisk Afdeling、6.Rk。6(3):153-488。

ウォーミングはフランス語で長い要約を発表しました(1893年):Lagoa Santa –ÉtudedeGeographieBotanique。RevueGénéraledeBotanique5:145-158、209-233。ポルトガル語訳:Warming、Eugenio Lagoa Santa:Contribuiçãoparaa geographia phytobiologica 、byAlbertoLöfgrenBeloHorizo​​nte、1908.この版は、ブラジルの生態学者MG Ferriによって、セラードシステムに関する最近の研究で補強され、次のように再発行されました。フェリ、MG(1973)ラゴアサンタ–vegetaçãodecerradosbrasileirosサンパウロ大学。

生物遺伝学的研究

ウォーミングの科学的キャリアの初期には、の形態学的-器官形成的ポイントが植物研究の主要な原則であり、彼はすぐにこの植物学の分野で最も著名な労働者の1人になりました初期からの彼の主な作品は、ユーフォルビアの花の発達と種子植物の胚珠に関する彼の論文です。

ウォーミングの博士論文(デンマーク語)は、ユーフォルビアトウダイグサ科)のcyathia個体発生を扱っていました

  • 温暖化、J。ユージーン。B. 1871.KoppenhosVortemælkenenBlomstelleren Blomsterstand?EnorganogenetiskmorfologiskUndersøgelseフランス語の要約:Le cyathium de l "Euphorbia est-il une fleure ou une inflorescence?Kjøbenhavn、GECGad。

作品の一部は、論文の1年前 にドイツ語で公開されました。

  • 温暖化、 E。1870。ユーバーダイEntwicklungdesBlütenstandesvonEuphorbiaフローラ53:385–397。

被子植物の花粉の形成およびキク科の花序に関する彼の研究は、フォン・ハンシュタインの植物学Abhandlungenに掲載されました

  • ウォーミング、E。(1873)UntersuchungenüberpollenbildendePhyllomeundKaulomeBotanische Abhandlungen aus dem Gebiet der Morphologie und Physiologie、2(2):1-90。
  • ウォーミング、E。(1876)DieBlütederKompositenBotanische Abhandlungen aus dem Gebiete der Morphologie und Physiologie、3(2):1–167。

種子植物の胚珠に関する彼の研究は、フランス語で次のよう に公開されました。

  • 温暖化、E。1878。Del'OvuleAnnales des Sciences Naturelles-BotaniqueetBiologieVegetalesér。6:177–266。

これらの作品はすべて、植物学者によって科学論文で時々引用されています。[19]

1870年代を通じて、温暖化はダーウィニズムの影響を大きく受けました。彼の研究の範囲は変わった。最初に、 De l'Ovuleに見られるような共通祖先に照らして個体発生を理解することに向けて、その後、環境条件への植物の適応に向けて。繰り返しになりますが、彼の熱帯の経験と相まって植物を観察する彼の比類のない能力は、彼が選んだルートに決定的でした。

植物の生活型

ウォーミングは1895年まで(Plantesamfund Ch。2で)生命体という用語を作り出しませんでしたが、彼はストックホルム時代にすでに植物の生命体の研究を始めました論文で

  • ウォーミング、E。(1884)Om Skudbygning、Overvintring og Foryngelse [翻訳されたタイトル:シュートの建築、永続性、若返りについて]。Naturhistorisk Forenings Festskrift:1–105。線画

彼は、植物の寿命、栄養繁殖力、分げつの持続時間、低芽または新芽のタイプ、越冬のモード、および根茎の分岐の程度とモードに基づいて分類を提示しました観察は、庭の条件下で種子から野生植物を育てながら行われました。1880年代後半、ウォーミングがコペンハーゲンに戻った後、彼はユトランド半島からオランダまで北海沿岸を旅し、沿岸植生の植生地理学に発表した学生のクリステン・ラウンキエールと研究トピックを交換しました[20]ウォーミングは現在、砂丘塩性湿地での植物の適応に取り組みラウンキエールはデンマークの植物の形態を研究し、最終的に彼の植物の生活型計画に導きました。[21]それにもかかわらず、 Raunkiærが彼の生命体計画を発表した、ウォーミングは仕事でこのトピックに戻ります

  • ウォーミング、E。(1908)Om planterigets livsformer [翻訳されたタイトル:植物界の生命体について]。GEC Gad、コペンハーゲン。

温暖化の新しい計画は、越冬以外の環境要因、特に水/干ばつストレスを考慮に入れて、Raunkiærの計画よりも単純ではありませんでした。ウォーミングは、彼がRaunkiærスキームで過度に単純化したと見なしたことを承認しませんでしたウォーミングスが最後に発表した作品は、すべての植物(バクテリアや藻類を含む)の生命体をシステムに入れるという新たな試みでした。

  • Warming、E.(1923)ØkologiensGrundformer– Udkast til en systematisk Ordning [翻訳されたタイトル:基本的な生態学的形態-システムの草案]。Kongelige Danske Videnskabernes Selskabs Skrifter-Naturvidenskabelig og Mathematisk Afdeling、8. Rk。、vol。4:120〜187。

グリーンランド、アイスランド、フェロー諸島

ウォーミングスは、1884年のグリーンランド南西部への遠征に基づいて、いくつかの論文を発表しました。最も重要なものの1つは、グリーンランドの植生植物相の歴史に関する 彼の観察です。

  • Warming、E.(1887)OmGrønlandsVegetation[翻訳されたタイトル:グリーンランドの植生について]。MeddelelseromGrønland12:1–223。要約は次のように公開されました。
  • 温暖化、E。(1888)ÜberGrönlandsVegetation。EnglersBotanischeJahrbücher、10。この論文の発表後、ウォーミングはグリーンランドの植物相の歴史をめぐってAGナトホルストと論争を起こしました。

短い遠征中に作られたウォーミングの葉、茎、花のコレクションが詳細に調べられ、デンマークの一連の論文に記載されている多くの種の解剖学が説明されました。その後、ウォーミングは資料を家族ごとに配布し、その後の遠征や北極圏の他の場所で行われた収集で改善され、さらに調査を行い、結果を英語で公開しました:Warming、E.ed。(1908–1921)北極の顕花植物の構造と生物学MeddelelseromGrønlandvol36:1-481および37:1–507。

デンマークの植生

  • Warming、E. 1904. Bidrag til Vadernes、Sandenes og Marskens Naturhistorie(C. Wesenberg-LundE.Østrup&cの貢献による)。Kongelige Danske Videnskabernes Selskabs Skrifter-Naturvidenskabelig og Mathematisk Afdeling、7. Rk。、2:1-56。
  • 温暖化、E。1906。DanskPlantevækst。1.Strandvegetationen。--Gyldendalske BoghandelNordiskForlag。【浜辺の植生】
  • 温暖化、E。1909年。DanskPlantevækst。2.クリッターン。--Gyldendalske BoghandelNordiskForlag。【砂丘】
  • 温暖化、E.1917年。DanskPlantevækst。3.Skovene。--Gyldendalske BoghandelNordiskForlag。【森】

温暖化の影響

自己意識的な生態学の出発点として考慮されなければならないのは、オイゲン・ワルミングのLehrbuchderökologischenPflanzengeographieでした。この本は、植物とその環境との間の生理学的関係を使用した最初の本であり、さらに生物相互作用を使用して、植物地理学者が記述および分類した集合体の形成を説明し、今後数十年にわたって研究課題を設定します[22]

言語の壁にもかかわらず、生態学の発展に対する温暖化の影響は顕著であり、特に英国と米国では顕著です。イギリスの生態学者アーサー・タンズリーは、「Plantesamfund」(または1896年のドイツ語版)を読んだことで非常に影響を受けました。その本を読んだことで、彼は解剖学から生態学へと飛躍しました。[1] タンスリーは、早くも1899年に大学のコースで教科書としてこの本を使用しました。[23] [24]同様に、ウォーミングの本は、ヘンリーチャンドラーカウルズのような北米の自然主義者のキャリアを形成する上で決定的でした[25]ミシガン湖 の砂丘植物群落に関するカウルズの現在の古典的な研究は、ウォーミングの研究に直接影響を受けたデンマークの砂丘。[26]また、フレデリック・クレメンツは、遷移で働き始めたときの温暖化に大いに触発されたが、1916年の本で彼の植生のクライマックスの概念を定式化する際にオスカル・ドルーデさらに触発された。[要出典]

より予想外の影響力の道は、アメリカの社会学者 ロバートE.パークを通り抜けました。彼は、温暖化の植物の生態学を読み、人間のコミュニティにおける継承の概念、つまり人間の生態学のインスピレーションとして生態学的な継承のアイデアを使用しました[27]

後のスカンジナビアの生態系に対する温暖化の影響は計り知れません。[意見]特に重要なのは、彼の生徒であり、コペンハーゲン大学の植物学の議長を務めた後継者であるクリステン・ラウンキエールへのインスピレーションでした。[要出典]さらに、彼は数十年の間、デンマークの研究、科学およびその他に直接的な影響を及ぼしました。コペンハーゲンの教授職に任命された後、彼は徐々にヤペトゥス・スティーンストラップスの権力基盤を引き継ぎました。特に、カールスバーグ財団の理事会の3人のメンバーの1人として活躍しました。32年間。このように、ウォーミングは誰にお金を与えるべきか、誰に与えてはいけないかという点で優位に立っていました。

温暖化と進化

温暖化は適応を固く信じていました。しかし、彼は宣言されたラマルキストでした。彼の人気のある本Nedstamningslæren(降下の理論; 1915)で、[28]彼は、生物の共通祖先と種分化に関与するプロセスとしてのダーウィンの自然淘汰の直接的および間接的な証拠をレビューしました。同じ植物がさまざまな状況下でどのように異なって成長するか(現在は表現型の可塑性として知られている)についての彼の鋭い観察は、彼の現代の生物統計学学校のダーウィニスト、例えばカール・ピアソンによって提唱されたように、非常に小さなステップで種の変化に疑問を投げかけました。ウォーミングは、新しい種が発生する可能性のある方法についての彼の見解を要約しました。

  1. 取得した文字の継承による;
  2. ハイブリダイゼーションによる;
  3. 自然淘汰による。後者のメカニズムは最も重要ではない。

温暖化、宗教、政治

温暖化はキリスト教のプロテスタントの家で育ち、彼は生涯を通じて宗教的であり続けました。彼は生物の降下による進化を受け入れましたが、惑星の軌道を支配する法則や有機進化論を支配する他の法則は神から与えられたものであると信じていました。彼の人気の本Nedstamningslærenで(翻訳されたタイトル:降下による進化)、彼は、人生の起源についての仮説に関するセクションを締めくくり、どのような仮説が考慮されても、それは単に「壮大な質問を延期します:人生はどのようにして最初に生まれたのですか?」 «?...まるで私たち人間がそれによって何かについての理解と説明を得るか、または私たちの心に理解できないほどに物質、力、時間、そして無限の空間を作り出したに違いない全能の力を回避したかのように。科学は次のように述べている聖書を反証していません:»初めに神は創造されました… «!」。[28]温暖化は、この見解を多くの著名な現代博物学者、例えばアルフレッドラッセルウォレスと共有した。[29]

政治的には、温暖化は国民保守主義、汎スカンディナヴィスト、反プロイセンでした。シュレスヴィヒは1864年にプロイセンオーストリアに征服され、1920年に(シュレスヴィヒ北部)デンマークに戻ったため、ウォーミングは生涯で数回しか出生地を訪れることができませんでした。ウォーミングは1870年にフランスへの支持を手紙で表明しました[4]。普仏戦争彼は、デンマーク志向のシュレスヴィヒの農民が農場を購入し、北部シュレスヴィヒのゲルマン化を防ぐことを支援する秘密基金に財政的貢献をしました。1898年に息子のイェンスに宛てた手紙の中で、彼は保守党である右翼党が次の選挙に敗北することを遺憾に思い、政府状態と社会主義が最終的に支配することへの懸念を表明しています。[30]

その他

ラン属WarmingiaRchb.f . そして、数十の維管束植物種(IPN])[31]が彼の名誉にちなんで名付けられました。黒穂菌 MicrobotryumwarmingiiRostr。)Vánkyや虫こぶ菌 ArcticomyceswarmingiiRostr。Savileなど、多くの菌類についても同じことが言えます温暖化の土地-グリーンランド最北端の半島は彼にちなんで名付けられました。

ミナスジェライス連邦大学は、1994年以来、一連の「進化生態学におけるオイゲン温暖化講義」を開催してきました。

も参照してください

伝記と死亡記事

参照

  1. ^ a b c d e Goodland、RJ(1975)熱帯の生態学の起源:オイゲン・ワルミングの歓喜。オイコス、26、240-245。
  2. ^ グッドランド、RJ(1975年5月17日)。「生態学の熱帯起源:オイゲン・ワルミングのジュビリー」。オイコス26(2):240–245。土井10.2307/3543715JSTOR3543715_ 
  3. ^ IPNI 暖かい
  4. ^ a b Prytz、S.(1984)温暖化– botanikerogrejsendeリンジ、ボーガン。197 pp。家族が所有する手紙に基づいた、ウォーミングの孫娘による個人的な説明。
  5. ^ 「アーカイブされたコピー」2007年9月26日にオリジナルからアーカイブされました2007年7月13日取得{{cite web}}:CS1 maint:タイトルとしてアーカイブされたコピー(リンク
  6. ^ ジャッカリン、マリー。「歴史。ブルンダッド」www.su.se。 _ 2008年3月7日にオリジナルからアーカイブされました。
  7. ^ 科学、進歩のためのアメリカの協会(1924年8月22日)。「科学ノートとニュース」科学60(1547):173–175。Bibcode1924Sci....60..173。土井10.1126/science.60.1547.173
  8. ^ 「Qeqertarsuaq/Godhavnの近くのFylla」2012年2月6日にオリジナルからアーカイブされました。
  9. ^ 「役員および科学者、中心部の温暖化」2008年3月6日にオリジナルからアーカイブされました2007年12月29日取得
  10. ^ 「 乗組員とのumiaqの温暖化」 。2008年3月6日にオリジナルからアーカイブされました2008年3月6日取得
  11. ^ 温暖化、オイゲン; グレブナー、ポール(2017年5月17日)。"Lehrbuchderökologischenpflanzengeographie"ベルリン、GebrüderBorntraeger –インターネットアーカイブ経由。
  12. ^ "Е。Варминг.Экологическаягеографиярастений"www.abratsev.narod.ru
  13. ^ 「農業のコア歴史文学」chla.library.cornell.edu
  14. ^ 温暖化1884
  15. ^ Eugenius Warming、Emil Knoblauch(1890年5月17日)。"Handbuch dersystematischenBotanik"GebrüderBorntraeger(E.Eggers)–インターネットアーカイブ経由。
  16. ^ 温暖化1890
  17. ^ 温暖化、オイゲン; Knoblauch、Emil; ポッター、マイケル・クレス(1895年5月17日)。「体系的な植物学のハンドブック」ニューヨーク:Macmillan&Co。–インターネットアーカイブ経由。
  18. ^ 温暖化1912
  19. ^ 「植物学のアメリカジャーナル」土井10.1002 /(ISSN)1537-2197
  20. ^ Raunkiær、C。(1889)北フリージア諸島の植生と、これらの島々の最終的な植物相への貢献に関するメモ。Botanisk Tidsskrift 17、179-196
  21. ^ Christensen、Carl ChristenChristiansenRaunkiær、in:Dansk Biografisk Leksikon、第3版1979-1984(ed。Svend Cedergreen Bech)。
  22. ^ Jax、Kurt(2001)生態学の歴史。で:ライフサイエンス百科事典。ジョン・ワイリー&サンズ。
  23. ^ Tansley、AG(1947)英国における現代の植物生態学の初期の歴史。Journal of Ecology、35、130-137。
  24. ^ Tansley、AG(2017年5月17日)。「英国における現代植物生態学の初期の歴史」。エコロジージャーナル35(1/2):130–137。土井10.2307/2256503JSTOR2256503_ 
  25. ^ Coleman、W.(1986)生態学への進化?温暖化の生態学的植物地理学の戦略。Journal of the History of Biology、19(2)、181-196。
  26. ^ キャシディ、VM(2007)。「ヘンリーチャンドラーカウルズ–先駆的な生態学者」Kedzie Sigel Press、シカゴ。2007年6月30日にオリジナルからアーカイブされました。
  27. ^ Gaziano、Emanuel(1996年5月17日)。「科学的境界作業としての生態学的メタファー:戦間社会学と生物学における革新と権威」。アメリカ社会学ジャーナル101(4):874–907。土井10.1086/230783JSTOR2782233_ PMID11609076_ S2CID27326510_   
  28. ^ a b ウォーミング、E。(1915)Nedstamningslæren。コペンハーゲン、Udvalget til Folkeoplysnings Fremme、GECGad。
  29. ^ ラッセル、AR(1914)。人生の世界:創造力、指示的な心、そして究極の目的の現れロンドン:チャップマンアンドホール。p。386。「比較的注目されていない、遠いがより根本的な原因は、野菜や動物の生命体の存在を可能にするような例外的で完全に並外れた特性を持っている要素の特別なグループの存在です。これらの要素を最初に存在させ、次にそれらをそのような素晴らしい生活、移動、自立、自己再生の構造に構築した心、...」アーカイブ
  30. ^ Prytz(1984)p。117。
  31. ^ 「IPNIプラント名クエリ結果」www.ipni.org

参考文献

外部リンク