民族生物学

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

民族生物学は、生物さまざまな人間の文化によってどのように扱われ、使用されるかについて科学的研究です。遠い過去から現在に至るまで、人、生物相、環境ダイナミックな関係を研究しています。[1]

世界中の「人-生物相-環境」の相互作用は、2つの「定義する」質問に対する有効信頼できる答えを探すために時間、文化分野を超えて文書化および研究されています。 、そして人間社会はどのようにそしてどのように自然を見るのか?」[2]

歴史

始まり(15世紀〜19世紀)

ライト-モリニューの英語の地理的知識の度合いを示す世界地図、Cを。 1600

生物学者はヨーロッパ人世界に植民地化始めた時から、15世紀以降地元の生物学的知識に興味を持ってきました。ポール・シリトーは次のように書いています。[3]

ヨーロッパ人は、侵入した新しい地域を理解しようとしただけでなく、利益を生む可能性のある資源を探し、今日ではバイオパイラシーと同等と見なすべき慣行に取り組んでいましたジャガイモ、トマト、カボチャ、トウモロコシ、タバコなど、多くの新しい作物がこの時期にヨーロッパに参入しました。[3](ページ121)

これらの初期の世紀にわたって収集およびサンプリングされた地元の生物学的知識は、現代生物学の初期の発展に大きな影響を与えました[3]

フェーズI(1900〜1940年代)

民族生物学自体は、独特の慣習として、20世紀に記録の一部として登場し、その後他の人々や他の文化について作成されました慣習として、他の人の言語、民間伝承、および天然資源の使用を文書化するとき、それはほとんど常に他の追求に付随していましたロイ・エレンは次のようにコメントしています。

その最古の最も初歩的で、これは[すなわち] ..サルベージ民族誌の文脈の中で、多くの場合、ネイティブの非西洋や「伝統的な」集団で植物や動物の名前と用途をリストから構成される民族"の記述的な生物学的知識として-biology原始的な人々。[4]

実践としての民族生物学の発展におけるこの「最初の段階」は、本質的に実用目的を持っていると説明されており、ますます支配的な西側の経済システム内でいくつかの潜在的な用途と価値のある「在来」の植物、動物、技術を特定することに焦点を当てています。 4] [5]

フェーズII(1950〜1970年代)

フェーズI(上記)の実践から生まれたのは、「民族生物学」の開発における「第2フェーズ」であり、研究者は現在、他の人々自身が周囲の自然界をどのように「概念化および分類」するかをよりよく文書化し、よりよく理解しようと努めています。[4] Sillitoeの言葉で:

20世紀半ばまでに、功利主義に焦点を当てた研究は、より認知的に組み立てられた研究、特に分類スキームの解明に焦点を当てた研究に取って代わられ始めました。[3](122ページ)

ハロルド・コンクリンが民族生物学的研究を行ったフィリピンのミンドロ島に住むマンニャン族(ハヌノオ族をメンバーに数えている)の男性

この「第2」フェーズは次のようにマークされています:[4]

現在(1980〜2000年代)

21世紀の変わり目までに、民族生物学の実践、研究、および調査結果は、生態学[10] 保全生物学[11] [12] 開発研究[13]を含む生物学的調査の多くの分野にわたって大きな影響と影響を及ぼしました政治生態学[14]

民族生物学会はそのウェブページで次のようにアドバイスしています。

民族生物学は急速に成長している研究分野であり、専門家、学生、そして公共の関心を集めています..国際的に

民族生物学は、他の中心的な追求の陰で補助的な実践としてその場所から出てきて、それ自体で調査と研究の分野全体として生じました。世界中の多くの高等教育機関と教育プログラムで教えられています。[4]独自のメソッドマニュアル、[15]独自のリーダー、[16]および独自の教科書[17]

調査対象

使用法

すべての社会は、それらが置かれている生物学的世界を利用していますが、認識されたニーズ、利用可能な技術、および文化の道徳と持続可能性の感覚によって知らされて、使用には大きな違いがあります。[要出典]民族生物学者は、どの生物がどのような目的で使用されているか、特定の使用技術、これらの選択の理由、およびそれらの象徴的および精神的な意味を調査します。

分類法

さまざまな社会が、さまざまな方法で生活世界を分割しています。民族生物学者は、最も具体的な用語(リンネの生物学の種名に類似)からより一般的な用語(「木」、さらに一般的には「植物」など)まで生物の特定の文化で使用される単語を記録しようとします。彼らはまた、分類システムの全体的な構造または階層を理解しようとします(存在する場合、暗黙の階層が常に存在する必要があるかどうかについては継続的な議論があります。[18]

宇宙論的、道徳的、精神的な重要性

社会は、「世界はどのように起こったのか」、「人々はどのように、そしてなぜ生まれたのか」、「適切な慣行とは何か、そしてその理由」などの質問への回答を通じて、自分自身と自分たちの世界に意味を持って投資します。現実は私たちの身体的経験を超えて存在するのか、それとも背後に存在するのか?」社会の視点のこれらの要素を理解することは、一般に文化研究にとって重要であり、民族生物学者は、自然界に対する社会の見方がどのように情報を提供し、情報を与えられるかを調査します。

伝統的な生態学的知識

ある場所で効果的に生活するためには、人々は自分たちの環境の詳細を理解する必要があり、多くの伝統的な社会は彼らが住んでいる場所について複雑で微妙な理解を持っています。[要出典]民族生物学者は、知的財産文化の盗用に関する倫理的懸念を条件として、これらの理解を共有しようとしています

異文化民族生物学

異文化民族生物学研究では、2つ以上のコミュニティが同時に参加します。これにより、研究者は、さまざまなコミュニティでバイオリソースがどのように使用されているかを比較できます。[19]

サブディシプリン

民族植物学

民族植物学は、人間社会と植物の関係を調査します。人間が植物をどのように使用するか–食品、技術、薬として、そして儀式の文脈で。彼らがそれらをどのように見て理解するか。そして文化における彼らの象徴的で精神的な役割。

民族学

サブフィールド民族学は、人類の歴史を通して動物と人間の関係に焦点を当てています。それは、空間と時間における狩猟、釣り、畜産などの人間の慣行、および道徳的および精神的な領域での動物の位置などの動物に関する人間の視点を研究します。[要出典]

民族生態学

民族生態学とは、主に、他の人々が生態系全体をどのように認識、管理、使用するかを文書化し、説明し、理解することに焦点を当てた、ますます支配的な「民族生物学的」研究パラダイム指します

その他の分野

ethnobiology内の研究と執筆を含めた分野の研究に頼る考古学地理学言語学システマティック個体群生態系文化人類学民族誌薬理学栄養学保全、および持続可能な開発[1]

倫理

民族生物学の歴史の多くを通して、その開業医は主に支配的文化から来ており、彼らの仕事の利益はしばしば支配的文化にもたらされ、彼らが記録した実践と知識を持つ先住民にほとんど制御や利益が投資されていませんでした

これらの先住民社会の多くが、伝統的な土地や芸術的および儀式的な対象物などの物理的資源に対する正当な支配を主張するために働いているように、多くは彼らの知的財産に対する正当な支配を主張するために働いています

たとえば、新しい食用作物や薬用植物の発見から大きな利益が得られる可能性がある時代において、現代の民族生物学者は、知的財産権、インフォームドコンセントの必要性、情報提供者への危害の可能性、および彼らの「債務」を考慮する必要があります。彼らが働く社会に」。[20]

さらに、これらの質問は、西側の先進工業国の倫理と法律の共通の理解に照らしてだけでなく、民族生物学者が情報を引き出す社会の倫理的および法的基準に照らして考慮されなければなりません。[21]

も参照してください

脚注

  1. ^ B Ethnobiologyのウェブページ「Ethnobiologyとは何か」の社会 アーカイブで2008-04-16ウェイバックマシン アクセスされる2008年4月12日を
  2. ^ ベルリン、ブレント(1992)4ページ
  3. ^ a b c d Sillitoe、Paul(2006)
  4. ^ a b c d e Ellen、Roy(2006)
  5. ^ 民族生物学の発展におけるこの「最初の」段階からの研究の例には、スティーブンソン(1915)、カステッター(1944)、ハリントン(1947)が含まれます。
  6. ^ コンクリン、HC(1954)
  7. ^ レヴィ=ストロース、クロード(1966)
  8. ^ Haudricourt、Andre-Georges(1973)
  9. ^ Porteres、R。(1977)
  10. ^ 生態学に対する民族生物学の影響の例については、Balée(1998)を参照してください。Plotkin(1995); Schultes&von Reis(1995)
  11. ^ オニール、アレクサンダー; etal。(2017-03-29)。「民族生物学的知識を東ヒマラヤの生物多様性保全に統合する」Journal of Ethnobiology andEthnomedicine13(21):21. DOI10.1186 / s13002-017-0148-9PMC  5372287PMID  28356115
  12. ^ 保全生物学に対する民族生物学の影響の例については、Cunningham(2001)を参照してください。ヨハネス(1989); レアード(2002); Tuxill&Nabhan(2001)
  13. ^ 開発研究に対する民族生物学の影響のインスタンス化については、Warren、Slikkerveer&Brokensha(1995)を参照してください。
  14. ^ 政治生態学に対する民族生物学の影響のインスタンス化については、Zerner(2000)を参照してください。
  15. ^ 民族生物学の方法のマニュアルには、Alexiades(1996)およびMartin(1995)が含まれます。
  16. ^ 1人の民族生物学の読者はミニス(2000)です
  17. ^ 1つの民族生物学の教科書はCotton(1996)です
  18. ^ Ellen、Roy(1993)216ページ以降
  19. ^ Franco、FMおよびNarasimhan、D。(2012)。インド、オリッサ州のコラプット地域のコンド、ポラジャ、ガダバ、ボンダの民族植物学DK Printworld、ニューデリー
  20. ^ アメリカ人類学会の倫理規定、セクションA
  21. ^ ドドソン(2007)

参考文献

  • ミネソタ州アレクシアデス(1996)民族植物学研究のための選択されたガイドライン:フィールドマニュアル。ニューヨーク植物園。ニューヨーク。
  • BALLEE、W(1998)(ed。)歴史的生態学の進歩。ニューヨーク:コロンビア大学プレス。
  • BERLIN、Brent(1992)民族生物学的分類-伝統的な社会における動植物の分類の原則プリンストン大学出版局、1992年。
  • CASTETTER、EF(1944)「民族生物学の領域」。アメリカンナチュラリスト78巻。774号。158-170ページ。
  • CONKLIN、HC(1954)ハヌノオ文化と植物界との関係。イェール大学博士論文。
  • COTTON、CM(1996)民族植物学:原則と応用。ジョン・ワイリー。ロンドン。
  • CUNNINGHAM、AB(2001)応用民族植物学:人、野生植物の使用と保全。アーススキャン。ロンドン
  • DODSON、Michael(2007)。「先住民の伝統的知識に関する事務局の報告」 (PDF)国連経済社会理事会の先住民問題常設フォーラムへの報告、第6回会期、ニューヨーク、5月14〜25日国連経済社会理事会。ニューヨーク2007年11月28日取得
  • ELLEN、Roy(1993)分類の文化的関係、中央セラムからのヌアウル動物カテゴリーの分析。ケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版局。
  • エレン、ロイ(2006)。「はじめに」 (PDF)王立人類学研究所のジャーナルの特別版。S1-S22 2008年4月21日取得[永久的なデッドリンク]
  • ハリントン、JP(1947)「民族生物学」。アクタアメリカーナ番号5。244〜247ページ
  • HAUDRICOURT、Andre-Georges(1973)「植物命名法とその翻訳」。M. Teich&R Young(Eds)科学史における視点の変化:ジョセフ・ニーダム・ハイネマンに敬意を表したエッセイロンドン。265〜273ページ。
  • Hunn、Eugene(2007)。「4つの段階の民族生物学」。Journal ofEthnobiology27(1):1–10。土井10.2993 / 0278-0771(2007)27 [1:EIFP] 2.0.CO; 2ISSN  0278から0771まで
  • JOHANNES、RE(Ed)(1989)伝統的な生態学的知識。IUCN、世界自然保護連合。ケンブリッジ
  • LAIRD、SA(Ed)(2002)生物多様性と伝統的知識:実際の公平なパートナーシップ。アーススキャン。ロンドン。
  • LEVI-STRAUSS、クロード(1966)。野蛮な心。ワイデンフェルト&ニコルソン。ロンドン。
  • MARTIN、GJ(1995)民族植物学:方法マニュアル。チャップマン&ホール。ロンドン。
  • ミニス、P(Ed)(2000)民族植物学:読者。オクラホマ大学出版。ノーマン。
  • PLOTKIN、MJ(1995)「熱帯林保全のための民族植物学の重要性」。RE Schultes&Siri von Reis(Eds)Ethnobotany:分野の進化(eds)Chapman&Hall。ロンドン。147〜156ページ。
  • PORTERES、R。(1977)。「民族植物学」。EncyclopaediaUniversalisオルガヌム番号17。326-330ページ。
  • POSEY、DA&WL Overal(Eds。)、1990)民族生物学:影響と応用。第1回国際民族生物学会議の議事録。ベレン:MuseuParaenseEmílioGoeldi。
  • POSEY、DA(Ed。)、(1999)生物多様性の文化的および精神的価値ロンドン:国連環境計画と中間技術の出版物。
  • SCHULTES、RE&VON REIS、S(1995)(Eds)Ethnobotany:evolution of a discipline(eds)Chapman&Hall。ロンドン。パート6。
  • SILLITOE、Paul(2006)「民族生物学と応用人類学:学者と実践者の和解」。王立人類学研究所ジャーナルS119-S142の特別版
  • スティーブンソン、MC(1914)「ズニインディアンの民族植物学」。アメリカ民族学局年次報告書。30巻。番号31102、政府印刷局。ワシントンDC
  • TUXILL、J&NABHAN、GP(2001)人、植物、保護地域。アーススキャン。ロンドン。
  • ウォーレン、DM; スリッケルフェール、L; &BROKENSHA、D。(Eds)(1995)開発の文化的側面:固有の知識システム。中間技術の出版物。ロンドン。
  • ZERNER、C(Ed)(2000)人、植物、正義:自然保護の政治学。コロンビア大学プレス。ニューヨーク。

外部リンク