馬の足病学

馬の足病学は、馬の足の解剖学的構造と機能に基づいた研究と管理です。 [1]

「馬の足病医」という職名は、幅広い背景を持つ人々によって使用されています。[2]馬の蹄を専門とすることを選んだ獣医師もいれば、矯正装蹄師もいます。 「応用馬足病医」として知られる新しい専門家グループもあり、この専門家は獣医師や牧畜業の経歴を持たない可能性があります。この専門家は、馬主、獣医師、装蹄師と協力して、硬い蹄鉄を使用せず、より総合的なアプローチをとることで蹄の健康を改善します。 DAEP という名称は、応用馬足病学研究所から卒業証書を取得した者を示します。馬の足病医の職業は、ロバやラバなどの他の馬にも及ぶことがあります。

人間の足病医は足に興味を持つ医師ではなく、独自の教育とライセンスシステムを持つ別の専門職です。馬のコミュニティ内でこの用語を使用する場合、明確な義務教育や資格はありません。馬の所有者は馬の足病医が自称の肩書であることを知らないことが多いため、混乱が生じる可能性があります。

英国では、馬の足病医は保護された称号ではありませんが、この称号は、英国の馬の足病医の専門団体として2006年に設立された英国馬足病医協会の完全な資格を持った人物として認められています。資格を得るには、2年間のコースを無事に修了する必要があり、CPD、保険、懲戒手続き、さらなる教育などの通常の専門的要件の対象となります。

概要

「足なくして馬なし」というよく言われる格言は、馬の蹄の形と健全さが馬が実行できる仕事を決定するという点で真実のように聞こえます。[3]激しいレベルの競技でパフォーマンスを要求される馬のアスリートは、蹄の内部構造と外部構造に多大な摩耗を経験します。[3]さらに、蹄の構造の変化は、年齢、遺伝、栄養、品種など、他の多くの要因にも依存します。[4] [5]

馬の足病学は基本的に、蹄の形状不良、不適切な蹄のトリミングおよび/または蹄の履き方、激しい運動、蹄組織の不十分な成熟など、蹄の健康と性能の低下に寄与する要因を特徴づけます[4] [5] [6]足病医はまた、馬のスポーツ選手の蹄の機能を管理および改善する方法を研究し、適切な蹄のメンテナンスや保護靴の使用によって足の問題の発生を防ぐよう努めています。[7]

靴を履いているか靴を履いていないかの論争

馬には蹄鉄が取り付けられています。

装蹄師、科学者、馬の獣医師の間のつながりが最小限であることが、装蹄師間のあいまいさの一因となっています。[3]さらに、この分野における現在の手順の多くは、臨床研究に基づいた事実情報ではなく、個人的な意見や伝統的な慣行に基づいています。[3]

現在、馬の足病学をめぐる論争は、馬に靴を履かせるべきか、それとも裸足のままにしておくべきかということである。[6]伝統的に、蹄壁の摩耗を防ぐために蹄鉄を履く習慣が行われていました。しかし、現代の議論では、鉄製の靴を履いた伝統的な装蹄師は蹄壁の自然な屈曲を制限し、蹄の変形を引き起こし、跛行を誘発し、馬の怪我の発生率を増加させる可能性があると主張しています。[8]これらの病気は、衝撃力を足全体に不均一に分散させる蹄鉄の傾向に起因すると述べられています。 [8]この側の支持者は、馬は裸足のままにし、自然な方法で蹄の内部および外部の組織を発達させる十分な機会を与えるべきであると考えている。[8]例えば、固い地面に定期的に衝撃を与えると、蹄の感覚受容器が刺激され、その結果、生理学的反応が誘発され、蹄壁の強化と蹄底の厚さの増加が促進されます。[5] [6]

一方で、靴を履くか履かないかの選択はケースバイケースで検討すべきだと主張する人もいます。[6]彼らは、上記と同じ理由で、可能であれば馬に靴を履かせないことが望ましいことに同意している。[6]しかし、彼らはまた、靴の使用が多くの場合に有益であるとも指摘しています。[6]これには、の摩耗が成長を超えた場合や、競技中の馬に余分な牽引力が必要な場合が含まれます。[6]蹄鉄は、跛行を矯正し、蹄の亀裂を安定させ、蹄葉炎の場合に骨を再調整するためにも使用できます[6]この理想の支持者の多くは、必要に応じて蹄の適切なトリミングと形成によってのみ、若い年齢で適切な蹄の構造が自然に発達することを主張しています。[6]の生涯の最初の 3 年間で、適切な蹄の発達は主に、通常の運動と出馬中の馬の受容器の刺激によって起こります。しかし、 2歳の競走馬が経験する激しい調教は、未熟な骨格に過剰なストレスを与えます。[6]結果として生じる不快感を和らげるためにに靴を履かせると、蹄の受容体が地面との接触を失い、足がさらに弱ってしまいます。[6]適切な治療を行わないと、慢性的な蹄の問題が発生することがよくあります。[6]

双方とも正当な点を主張していますが、蹄の健康と馬の能力の向上に寄与する要因をより深く理解するにはさらなる研究が必要です。

参考文献

  • フロイド、アンドレア。リチャード・マンスマン (2007)。馬の足病学。エルゼビア サイエンス ヘルスサイエンス事業部ISBN 978-0-7216-0383-4
  • ラピエール、KC (2004)。選ばれた道 高度な高性能応用馬足病学。ネイキッド・グレイハウンド・プレス。ISBN 0-9748585-0-1

参考文献

  1. ^ FoxFire Equestrian (2011).馬の足病学。 http://foxfireequestrian.com/equine-podiatry/ から取得、2011 年 11 月 17 日にウェイバック マシンにアーカイブ
  2. ^ The Institute of Applied Equine Podiatry (2001. 応用馬足病医になる方法。http://equinepodiatry.com/ から取得)
  3. ^ abcd オグラディ、SE (2003)。序文: 足病学。獣医。クリン。馬、19 (2)、xi-xii
  4. ^ ab オグラディ、SE、およびプーパール、DA (2003)。適切な生理学的蹄鉄の装着。獣医。クリン。馬、19 (2)、333-351。
  5. ^ abc バウカー、RM (2003). 「良い」足の馬と「悪い」足の馬の対照的な構造形態。 AAEP 議事録、49、186-209。
  6. ^ abcdefghijkl オグレディ、SE (2006)。裸足 vs 靴下?それは状況によります… http://equipodiatry.com/news/article_barefoot_v_shod.htm から取得
  7. ^ オグレディ、SE (2006)。北バージニア馬: 治療用牧畜および馬の足病学のコンサルティング サービス。 http://equipodiatry.com/index.html から取得。2012 年 2 月 10 日にウェイバック マシンにアーカイブ
  8. ^ abc テスキー、TG (2005)。自由な足。馬の足病学のパラダイム変化。馬の足の科学、25(2)、77-83。
「https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Equine_podiatry&oldid=1213294624」から取得