利益の平等な考慮

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

利益を平等に考慮するという原則は、行動の正当性を計算するときに影響を受けるすべての利益を含め、それらの利益を等しく評価する必要があるという道徳的原則です。[1]「利益の平等な配慮」という用語は、ピーター・シンガーの1979年の著書「実践の倫理」に最初に登場しました。[2]歌手は、人間だけでなくすべての存在が考慮されなければならない利益を持っているとして含まれる場合、利益の平等な考慮の原則は人種差別性差別だけでなく種差別にも反対すると主張します。[3] ジェレミ・ベンサム苦しむ存在の能力は、理由のための能力ではなく、彼らの利益を考慮するときに道徳的に関連するものであると主張しました。[4]

も参照してください

参考文献

  1. ^ Guidi、Marco EL(2008-02-01)。「」「誰もが1つを数える、誰も1つ以上を数えない」。ベンサムからピグーへの利益の平等な考慮の原則」 .Revued'étudesbenthamiennes 4)。doi10.4000 / etudes- benthamiennes.182。ISSN1760-7507 
  2. ^ 歌手、ピーター(1993)。実践的倫理ケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版局。p。21. ISBN 978-0-521-43971-8利益の平等な考慮の原則の本質は、私たちの行動によって影響を受けるすべての人々の同様の利益に私たちの道徳的審議において平等な重みを与えることです。
  3. ^ Duignan、ブライアン(2010-07-30)。「種差別」ブリタニカ百科事典2018年12月3日取得{{cite web}}: CS1 maint: url-status (link)
  4. ^ ベンサム、ジェレミー。1780年。「法学の刑事支部の限界について。」道徳と立法の原則の紹介のpp。307–35ロンドン:T。ペインとサンズ。「問題は、彼らは推論することができますか?また、彼らは話すことができますか?しかし、彼らは苦しむことができますか?」