英語のアルファベット

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
英語のアルファベット
Dax sample.png
DaxRegular書体でコンテキスト内のすべての文字を表示する英語のパングラム
スクリプトタイプ
期間
NS。1500から現在まで
言語英語
関連するスクリプト
親システム
子システム
ISO 15924
ISO 15924Latn、ラテン語
Unicode
Unicodeエイリアス
ラテン語
U +0000からU + 007E基本ラテン文字と句読点
 この記事には国際音声記号(IPA)の発音表記含まれています。 IPA記号の紹介ガイドについては、Help:IPAを参照してください[]/ /、および⟨⟩の違いについては、 IPA§括弧と文字起こし区切り文字を参照してください

現代の英語のアルファベット、それぞれ大文字と小文字の形式を持つ26文字構成されるラテンアルファベットです。それはラテン文字から7世紀頃に始まりましたそれ以来、文字が追加または削除され発音区別符号有向グラフ、および特殊文字を含まない26文字の現在の現代英語のアルファベット提供されています。単語のアルファベットは、ある化合物の最初の2文字のギリシャ語のアルファベットアルファおよびベータ

印刷される文字の正確な形状は書体(およびフォントによって異なり、標準の印刷形式は手書きの文字の形状(個人によって異なります)とは大幅に異なる場合があり、特に筆記体です。

書かれた英語には多数の有向グラフがあります。それは、ネイティブの言葉で発音区別符号のないヨーロッパ言語としてほぼユニークに際立っています。分音符号は、そのような「協力」のような別の発音を有する2つの母音を区別するために使用することができる[注1]二重母音から。[1]非常にまれに、通常は無音の母音が発音されていることを示すためにが使用されることがあります(learnèd、形容詞のように)。

文字名

現代の手紙

文字の名前が綴られることもあります。いくつかの複合語(たとえば、Tシャツ、ディージェイ、司会者、大丈夫など)、派生形(たとえば、exed out、effing、to eff and Blindaitchlessなど)、および文字にちなんで名付けられたオブジェクト(たとえば、em in印刷と鉄道のY)は文字名で書くことができます。以下にリストされているスペルは、オックスフォード英語辞典からのものです。複数の子音名はaitch、ess、およびex(つまり、aitches、esses、exesの場合は-s(たとえば、bees、efs、ems)または-es追加することによって形成されます。複数の母音名が追加されます-es(つまり、aes、ees、ies、oes、ues)ですが、これらはまれです。最も一般的には、名前ではなく文字(通常は大文字)が使用されます。この場合、複数形は-sを追加するだけです。

手紙 名前 名前の発音 周波数
モダンイングリッシュ ラテン語 モダンイングリッシュ ラテン語 古フランス語 中世英語
NS NS NS / / / æ / [NB 2] /NS/ /NS/ /NS/ 8.17%
NS なれ / B I / /なれ/ /なれ/ /なれ/ 1.49%
NS cee / sのI / /keː/ /tʃeː/> /tseː/> /seː/ /seː/ 2.78%
NS ディー / D I / /deː/ /deː/ /deː/ 4.25%
E e ē / I / /eː/ /eː/ /eː/ 12.70%
NS ef ef / ɛ F / /ɛf/ /ɛf/ /ɛf/ 2.23%
動詞としての eff
NS ジー / I / /ɡeː/ /dʒeː/ /dʒeː/ 2.02%
NS aitch ハー / / /haː/> / ˈaha /> / ˈakːa / / ˈaːtʃə / /aːtʃ/ 6.09%
ハイチ[ nb3 ] / H /
/ / /私/ /私/ /私/ 6.97%
NS ジェイ / / [nb 4] 0.15%
jy [nb 5] / /
K ケイ カー / K / /kaː/ /kaː/ /kaː/ 0.77%
L el [nb 6] エル / ɛ L / /ɛl/ /ɛl/ /ɛl/ 4.03%
NS em em / ɛ M / /ɛm/ /ɛm/ /ɛm/ 2.41%
NS en en / ɛ N / /ɛn/ /ɛn/ /ɛn/ 6.75%
O o ō / / /oː/ /oː/ /oː/ 7.51%
NS おしっこ / P I / /peː/ /peː/ /peː/ 1.93%
NS キュー[nb7] / k個のJのU / /kuː/ /kyː/ / kiw / 0.10%
NS ar er / ɑːr / /ɛr/ /ɛr/ /ɛr/> / ar / 5.99%
または[nb8] / ɔːr /
NS ess es / ɛ S / /ɛs/ /ɛs/ /ɛs/ 6.33%
es-化合物[nb9]
NS ティー / T I / /teː/ /teː/ /teː/ 9.06%
U u ū / j個のU / /uː/ /yː/ / iw / 2.76%
V ヴィー / VのI / 0.98%
W double-u / D ʌ Bのəl J U / [NB 10] 2.36%
NS / ɛ K S / /ɛks/ / iks / /ɛks/ 0.15%
ix /ɪks/
Y ワイ /ワット / /hyː/ ui、gui  ? /wiː/? 1.97%
/私/
īgraeca / iːˈɡraɪka / /iːɡrɛːk/
Z zed [nb 11] zēta / Z ɛ D / / ˈzeːta / / ˈzɛːdə / /zɛd/ 0.07%
zee [nb 12] / Z I /

語源

文字の名前は、ほとんどの場合、ラテン語(およびエトルリア語)の名前のフランス語を介した直接の子孫です。ラテンアルファベット:起源を参照してください。)

定期的な音韻の発達(大まかな年代順)は次のとおりです。

  • ラテン語/ k /の前舌母音の前の口蓋化は/tʃ// ts /続き、最後に中世フランス語/ s /に続きます。Cに影響します。
  • ラテン語/ɡ/の前舌母音の前の口蓋化からプロトロマンスと中世フランス語/dʒ/へGに影響します。
  • ラテン語/uː/から中世フランス語/yː /への前線、中英語/ iw /、そして現代英語/juː/になります。Q、Uに影響します。
  • 中英語/ɛr/から/ ar /の一貫性のない低下Rに影響します。
  • 大母音推移すべての中世英語長母音をずらし、。A、B、C、D、E、G、H、I、K、O、P、T、およびおそらくYに影響します。

新規形態はaitch、中世ラテン語の定期的な開発ACCAジェイ、おそらく確立されたジーとの混同を避けるために隣のケイのように発声された新しい手紙(他の名前、jyはフランス語から取られました); vee、大多数との類推によって名付けられた新しい手紙。double-u、新しい文字、自明(ラテン語Vの名前はūでした);ワイ、起源は不明ですが、古フランス語のwiに先行詞があります。イザードロマンスフレーズから、私はZEDまたはI zeto「そしてZ」はアルファベットを暗唱するときに言った。そしてzee他の子音との類推によるzedのアメリカの平準化。

おしっこ、またはemenなどの文字の一部のグループは、特に電話や無線通信リンクで聞いた場合、スピーチで簡単に混乱します。航空機のパイロットや警察などが使用するICAOスペルアルファベットなどのスペルアルファベットは各文字に他の文字とはまったく異なる名前を付けることで、この潜在的な混乱を排除するように設計されています。

アンパサンド

アンパサンド(&)は、時には1011内の文字のByrhtferðのリストのように、英語のアルファベットの最後に登場している[2] 他の場所で、米国との子供たちに教えて、英語のアルファベットの27文字としました。例は、MBMooreの1863年の本TheDixie Primer、for the LittleFolksに見ることができます[3]歴史的に、この図は文字Etの合字です英語や他の多くの言語では、略語&c(et cetera)のように、単語andに加えて、ラテン語etを表すために使用されます。

古風な手紙

英語中英語には、ラテン文字以外の文字が多数あり、その後使用されなくなりました。これらは、採用するラテン語の名前がなかったため、同等のルーンの名前をとったか、(とげ、ウィン)それ自体がルーンでした。

分音記号

英語の出版物に見られる最も一般的な発音区別符号は、急性(é)、アクサングラーブ(è)、曲折アクセント記号(â、îまたはô)、チルダ(ñ)、ウムラウトおよび分音記号(üまたはï–同じ記号が2つに使用されている)です。さまざまな目的)、およびセディラ(ç)。[4]声調言語に使用される発音区別符号は、声調番号に置き換えるか、省略できます。

外来語

分音記号は、主にナイーブファサードなどの外来語に表示されます。非公式の英語の文章は、キーボードがないため発音区別符号を省略する傾向がありますが、プロのコピーライターやタイプセッターは発音区別符号を含める傾向があります。

そのような単語が英語で帰化するにつれて、ホテルなどのフランス語からの多くの古い借用で起こったように、発音区別符号を削除する傾向があります。まだ外国語として認識されている単語は、それらを保持する傾向があります。例えば、唯一の綴り暗示は、(英語辞書で見つかったOEDなど)が付加記号を使用しています。ただし、発音区別符号は、一般的なネイティブ英語の単語(たとえば、履歴書ではなくレジュメと混同される帰化された単語でも保持される可能性があります[5]まれに、この理由で外来語に追加されることもあります(マテのように、スペインのマテから)しかし仲間と区別するために、フランス語からカフェのパターンに従います)。

ネイティブ英語の単語

特に古い書面で、発音区別符号を示すために使用されている場合によっては、音節の単語の:呪われた(動詞)をしながら、1つの音節で発音される呪われた形容詞は)2と発音されます。このため、èは、シェイクスピアのソネットなどの詩で広く使用されています。JRRトールキンは使用ëのように、Oは王冠を飛びました

同様に、養鶏場では、文字-oo-は単一の母音(有向グラフ)を表しますが、動物学者協力のように分音記号でマークされる可能性のある2つを表すことはあまりありませんこの使用ダイエレシスはまれですが、のようないくつかのよく知られている出版物、で見つかったテクノロジー・レビューニューヨーカー

一般に、これらのデバイスは、ある程度の混乱を緩和するのに役立つ場合でも使用されません。

単語内の句読点

アポストロフィ

アポストロフィは( ')、英語のアルファベットの一部と見なさや外来語で発音区別符号たとしても使用されていません。しかし、書かれた英語で二つの重要な目的のために使用されます。「所有」マークする[NB 13]とマークする契約の言葉を。現在の規格では、両方の目的で使用する必要があります。したがって、文の構造や複数の単語間のその他の関係を示すことに関係するほとんどの句読点とは異なり、多くの単語を単独で綴るにはアポストロフィが必要です。

  • それは(それ以外は同一の定期から区別し、複数の変曲-s英語)所有格の形態素さん(与え、複数の接辞通常の後にアポストロフィのみ-s "複数の+の所有格のための標準マークなど)。慣習は18世紀に定着しました。それ以前は、慣習はさまざまでしたが、通常、3つのエンディングはすべて-sで書かれていました(ただし、累積はありません)。これは、どちらも持たない通常の名詞だけが自信を持って識別でき、複数形と所有格が混乱する可能性があることを意味しました(たとえば、「使徒の言葉」「あそこにあるものは私の夫です」[6])。マークされた"フォーム。
  • 最も一般的な収縮が近持っ同形異義例えば、彼らはアポストロフィでのみ書面で区別されてからのことだそれがあるか、それが持っている)、私たちはしている(私たちは)、または彼女がしたい彼女はでしょう彼女が持っていました)。

ハイフン

ハイフンは、英語の複合語でよく使用されます複合語の記述は、ハイフンでつながれたり、開いたり、閉じたりする可能性があるため、詳細は文体のポリシーによって導かれます。一部のライターは、特定の場合にスラッシュ使用する場合があります。

頻度

英語で最も一般的に使用される文字はEです。最も使用されない文字はZです。表に示されている頻度は、実際にはテキストの種類によって異なる場合があります。[7]

音韻論

文字A、E、I、O、およびUは、(無音の場合を除いて)母音を表すため、母音と見なされますが、IおよびUは、それぞれ「タマネギ」および「ウズラ」などの単語の子音を表します。

文字Yは、子音(「若い」のように)と母音(「神話」のように)を表す場合があります。ごくまれに、Wが母音(「cwm」のように)を表す場合があります。これウェールズ語の外来語です。

英語のWとYの文字で表される子音(/ w /と/ j /はyes /jɛs/のように/wɛnt/になりました)は、言語学者によって半母音(またはグライドと呼ばれますが、これは文字自体ではなく、文字によって表される音に適用される説明

残りの文字は、沈黙していないときは一般に子音を表すため、子音と見なされます。

歴史

古英語

英語自体が最初に書かれたアングロサクソンfuthorc 5世紀から使用中、ルーン文字のアルファベット。このアルファベットは、アングロサクソン人の入植者によって、言語自体の原型とともに、現在のイギリスに持ち込まれました。この形式の古英語の書き方の例は、ほとんどが短い碑文や断片として残っているものはほとんどありません。

ラテン文字2は、いくつかの時間のために並行して続けたが、キリスト教の宣教師によって導入されたが、、7世紀から約アングロサクソンfuthorcを交換し始めました。そのため、古英語のアルファベットは、その構造にローマ字の一部を採用し始めました。[8] Futhorcは、とげÞþ )とwynn(Ƿƿ )の文字を付けることで、新しい英語のアルファベットに影響を与えました。手紙ETH(D D)、後の変形例として考案されたディー(D d)は、最後にyoghȜ ȝ)からノルマン書士によって作成されたグラム古英語とでアイルランド、そして彼らのと一緒に使用カロリンググラム

AEリガチャー (Æのæ)がfuthorcルーンの名にちなんで名付けられ、独自の右に文字として採択されたAESC非常に初期の古英語では、oe ligature ethelŒ–)も別個の文字として表示され、同様にルーン文字にちなんで名付けられました–ðel [要出典]さらに、vvまたはuuの合字double-u(W w)が使用されていました。

1011年、Byrhtferðという僧侶が古英語のアルファベットの伝統的な順序を記録しました。[2]彼には、最初のラテンアルファベットの24の文字が記載されているアンパサンドで始まり、その後さらに5つの英語の文字、Tironian音符 OND(⁊)、のための島のシンボル

ABCDEFGHIKLMNOPQRSTVX YZ&⁊ǷÞÐÆ

近代英語

近代英語正書法ではとげ(þ)、eth(ð)、wynn(ƿ)、yoghȝ)、ash(æ)、およびœは廃止されています。ラテン語の借用により、æとœの同形異義語が中英語初期近代英語再導入されましたが、それらはほとんど廃止されており(以下の「最近の使用法の合字」を参照)、使用される場合、それらは別個の文字とは見なされません(照合目的など) )ではなく、合字。 Thornとethは両方ともthに置き換えられました, though thorn continued in existence for some time, its lowercase form gradually becoming graphically indistinguishable from the minuscule y in most handwriting. Y for th can still be seen in pseudo-archaisms such as "Ye Olde Booke Shoppe". The letters þ and ð are still used in present-day Icelandic, while ð is still used in present-day Faroese. Wynn disappeared from English around the 14th century when it was supplanted by uu, which ultimately developed into the modern w. Yogh disappeared around the 15th century and was typically replaced by gh.

The letters u and j, as distinct from v and i, were introduced in the 16th century, and w assumed the status of an independent letter. The variant lowercase form long s (ſ) lasted into early modern English, and was used in non-final position up to the early 19th century. Today, the English alphabet is considered to consist of the following 26 letters:

Written English has a number[9] of digraphs, but they are not considered separate letters of the alphabet:

  • ch
  • ci
  • ck
  • gh
  • ng
  • ph
  • qu
  • rh
  • sc
  • sh
  • th
  • ti
  • wh
  • wr
  • zh

Ligatures in recent usage

Outside of professional papers on specific subjects that traditionally use ligatures in loanwords, ligatures are seldom used in modern English. The ligatures æ and œ were until the 19th century (slightly later in American English)[citation needed] used in formal writing for certain words of Greek or Latin origin, such as encyclopædia and cœlom, although such ligatures were not used in either classical Latin or ancient Greek. These are now usually rendered as "ae" and "oe" in all types of writing,[citation needed] although in American English, a lone e has mostly supplanted both (for example, encyclopedia for encyclopaedia, and maneuver for manoeuvre).

Some fonts for typesetting English contain commonly used ligatures, such as for ⟨tt⟩, ⟨fi⟩, ⟨fl⟩, ⟨ffi⟩, and ⟨ffl⟩. These are not independent letters, but rather allographs.

Proposed reforms

Alternative scripts have been proposed for written English—mostly extending or replacing the basic English alphabet—such as the Deseret alphabet, the Shavian alphabet, Gregg shorthand, etc.

See also

Notes and references

Notes

  1. ^ As an example, this article contains a diaeresis in "coöperate", a cedilla in "façades" and a circumflex in the word "crêpe": Grafton, Anthony (2006-10-23), "The Nutty Professors: The History of Academic Dharisma", The New Yorker (Books section), retrieved 2019-06-17.
  2. ^ often in Hiberno-English, due to the letter's pronunciation in the Irish language
  3. ^ mostly in Hiberno-English, sometimes in Australian English, usually in Indian English[citation needed] and also used in Malaysian English
  4. ^ The letter J did not occur in Old French or Middle English. The Modern French name is ji /ʒi/, corresponding to Modern English jy (rhyming with i), which in most areas was later replaced with jay (rhyming with kay).
  5. ^ in Scottish English
  6. ^ In the US, an L-shaped object may be spelled ell.
  7. ^ One of the few letter names not spelled with the letter in question. The spelling qu ~ que is obsolete, being attested from the 16th century.
  8. ^ in Hiberno-English
  9. ^ in compounds such as es-hook
  10. ^ Especially in American English, the /l/ is often not pronounced in informal speech. (Merriam Webster's Collegiate Dictionary, 10th ed). Common colloquial pronunciations are /ˈdʌbəj/, /ˈdʌbəjə/, and /ˈdʌbjə/ (as in the nickname "Dubya") or just /ˈdʌb/, especially in terms like www.
  11. ^ in British English, Hiberno-English and Commonwealth English
  12. ^ in American English, Newfoundland English and Philippine English
  13. ^ Linguistic analyses vary on how best to characterise the English possessive morpheme -'s: a noun case inflectional suffix distinct to possession, a genitive case inflectional suffix equivalent to prepositional periphrastic of X (or rarely for X), an edge inflection that uniquely attaches to a noun phrase's final (rather than head) word, or an enclitic postposition.

References

  1. '^ "The New Yorkers Odd Mark—The Diaeresis"
  2. ^ a b Michael Everson, Evertype, Baldur Sigurðsson, Íslensk Málstöð, On the Status of the Latin Letter Þorn and of its Sorting Order
  3. ^ "The Dixie Primer, for the Little Folks". Branson, Farrar & Co., Raleigh NC.
  4. ^ Strizver, Ilene, "Accents & Accented Characters", Fontology, Monotype Imaging, retrieved 2019-06-17
  5. ^ Modern Humanities Research Association (2013), MHRA Style Guide: A Handbook for Authors and Editors (pdf) (3rd ed.), London, Section 2.2, ISBN 978-1-78188-009-8, retrieved 2019-06-17.
  6. ^ Kingsley Amis quoted in Jane Fyne, "Little Things that Matter," Courier Mail (2007-04-26) Retrieved 2013-04-07.
  7. ^ Beker, Henry; Piper, Fred (1982). Cipher Systems: The Protection of Communications. Wiley-Interscience. p. 397. Table also available from Lewand, Robert (2000). Cryptological Mathematics. Mathematical Association of America. p. 36. ISBN 978-0883857199. and "Archived copy". Archived from the original on 2008-07-08. Retrieved 2008-06-25.CS1 maint: archived copy as title (link)
  8. ^ Shaw, Phillip (May 2013). "Adapting the Roman alphabet for Writing Old English: Evidence from Coin Epigraphy and Single-Sheet Characters". 21: 115–139 – via Ebscohost. Cite journal requires |journal= (help)
  9. ^ "Digraphs (Phonics on the Web)". phonicsontheweb.com. Archived from the original on 2016-04-13. Retrieved 2016-04-07.

Further reading