有効化条項

フリー百科事典ウィキペディアより

1979 年、関税および貿易に関する一般協定( GATT)の東京ラウンドの一環として、GATT の第 1 条に違反する開発途上国および後発開発途上国を対象とした貿易特恵を許可するために、許可条項が採択されましたパラグラフ 2(a) は、一般特恵関税制度(GSP) を元の 10 年を超えて延長するための法的根拠を提供します。実際には、それは GSP に恒久的な有効性を与えました。許可条項は、先進国が異なるカテゴリーの貿易相手国間 (特に、先進国開発途上国、および後発開発途上国の間) を区別することを許可します。) さもなければ、GATT の第 1 条に違反することになります。GATT の第 1 条では、どの GATT 締約国も他のどの締約国よりも不利に扱われてはならない (これは最恵国待遇として知られています) 。実際、これにより、先進国は貧しい国、特に後発開発途上国を優遇することができます。パラグラフ 2(c) は、発展途上国が GATT 第 24 条に定められた地域的自由貿易協定の厳格な基準を満たさない特恵貿易協定を締結することを許可しています。これにより、開発途上国は、相互に関係のない、または非常に限られた範囲の製品を対象とする協定を締結することができます (GATT に違反する可能性があります)。

外部リンク