安徳天皇

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
安徳天皇
安徳天皇
安徳天皇.jpg
天皇
治世1180年3月18日-1185年4月25日
戴冠式1180年5月18日
前任者高倉
後継後鳥羽天皇
生まれ1178年12月22日
死亡しました1185年4月25日(1185-04-25)(6歳)
壇ノ浦下関海峡日本
埋葬
アミダジの御陵(下関)
やまと
父親高倉天皇
母親平徳子

安徳天皇安徳天皇安徳天皇、1178年12月22日-1185年4月25日)は、伝統的な継承の順序に従って、日本の81番目の皇帝でした。彼の治世は1180年から1185年までの年に及んだ。[1]

この間、皇室は戦う氏族間の激しい闘争に巻き込まれました。源頼朝は従兄弟の源義仲と共に、源氏から皇帝を支配していた平氏に対抗する勢力を率いた。1185年4月の壇ノ浦の戦いで、安徳天皇の祖母平時子は彼を連れて下関海峡の海に飛び込み、敵の勢力に捕らえられるのではなく、子皇帝を溺死させた。

氏族間の対立は、数多くの伝説や物語につながりました。安徳天皇とその家族の物語は、鎌倉時代の 叙事詩「 平家の物語」の主題となりました(平家は「平家の家」の日本語の文字の代替読み物です)。安徳天皇の墓は、天皇との戦いに関する伝説が広まった結果、硫黄島を含む西日本各地にあると言われています。[2]

系図

皇位に昇格する前の彼の個人名(彼のイミナ[3]は、常親王でした。[4]閑院宮載仁 としても知られていました。[5]

彼の父は高倉天皇であり、したがって後白河天皇 孫でした平清盛(平清盛)の次女である彼の母、平徳子(平徳子)は、後に皇太后ケンレイ(建礼門院、ケンレイ門院)と呼ばれました。

安徳天皇の生涯の出来事

安徳天皇は生後約1ヶ月で皇太子に指名されました。彼は2歳で王位に就きました。当然のことながら、彼は実際の権力を持っていませんでしたが、彼の祖父の平清盛は、正式ではありませんが、摂政(摂政)として彼の名前を支配しまし

  • 1180年地所4、4月21日):高倉天皇の治世(高倉天皇十二年)の12年目に天皇は退位を余儀なくされました。そして、後継者(「せんそう」)は、彼の幼い息子、平清盛の孫によって受け取られました。その後まもなく、安徳天皇が王位に就いたと言われています(「sokui」)。[6]

彼の即位の年に、首都は現代の神戸兵庫に移されましたが、すぐに平安京に戻されました。

  • 1183年寿永2、8月20日):後鳥羽天皇は源氏から皇帝と宣言されました。その結果、平安京に住む皇帝と南に向かって飛んでいる皇帝の2人が宣言されました。[7]

1183年、源義仲首都に入ると、平氏は若い皇帝と神聖な宝物を持って屋島(現代の高松香川県内の場所の名前)に逃げました。その後の戦闘で敗北し、西に逃げた。

平氏は敗北した。安徳天皇の祖母、平清盛の未亡人である平時子は、若い皇帝と一緒に溺死しました。彼の母親も溺死したが、平家物語(平家物語)によれば彼女長い髪で熊手で引き抜かれたようだ

吉恒の派遣によると、聖なる印章は見つかったが、聖剣は失われた。刀は3つの神聖な宝物の1つでした。[9]

公卿

公卿は、明治以前の天皇の宮廷に所属していた非常に少数の最も強力な男性の総称です。

一般的に、このエリートグループには一度に3人から4人の男性しか含まれていませんでした。これらは、その経験と経歴が彼らを人生のキャリアの頂点に導いたであろう遺伝的な廷臣でした。安徳天皇の治世中、太政官のこの頂点にはのものが含まれていまし た。

記念サイト

彼が溺死した後、体を悼み、落ち着きのない精神を和らげるために、アミダジ豪栄道が建てられました。その後、安徳天皇は福岡県久留米市の久留米水天宮に祀られ、、水神(水神)として崇拝されるようになりました。どこでも水天宮(水天宮、点灯。「水天宮/天皇神社」) で簡単にお届けします。

日本の国教として神道の設立に伴い、阿弥陀如来寺は放棄され、赤間神宮は山口県下関安徳を祝うため に設立されました。

宮内庁、下関の赤間神宮近くにある阿弥陀寺の墓を安徳の墓に指定しています。[11]

安徳天皇の時代

安徳天皇の治世は、複数の時代の名前または年号によってより具体的に識別されます[12]

祖先

[13]

大衆文化

も参照してください

メモ

日本の国章—定型化されたの花
  1. ^ ティッチング、アイザック。(1834)。Annales des empereurs du Japon、 pp。200–207; ブラウン、デルマー他。(1979)。Gukanshō、pp。333–334 ; バーリー、H。ポール。(1980)。JinnōShōtōki。pp。214–215。
  2. ^ Jeremy Roberts:Japanese Mythology A to Z、第2版、2010。ISBN978-1-60413-435-3 
  3. ^ ブラウン、264ページ; nb、舒明天皇の時代まで、皇帝(彼らのイミナ)の個人名は非常に長く、人々は一般的にそれらを使用していませんでした。舒明天皇の治世後、各名の文字数は減少しました。
  4. ^ ブラウン、p。333; ヴァーリー、p。214。
  5. ^ ティッチング、p。200。
  6. ^ ティッチング、p。200; ブラウン、p。333; ヴァーリー、p。44; nb、天智天皇の前には、感覚の明確な行為は認識されてい地頭、陽成天皇、後鳥羽天皇、伏見を除くすべての主権者は、後村上天皇の治世まで同じ年に千草とソクイ持っます
  7. ^ ティッチング、p。207。
  8. ^ 北川宏ほか (1975)。平家の物語、 p。787; ティチング、211〜212ページ。
  9. ^ サンソム、ジョージ(1958)。1334年までの日本の歴史スタンフォード大学プレス。pp。303–305。ISBN 0804705232
  10. ^ a b ブラウン、p。333。
  11. ^ ポンソンビー-フェーン、リチャード。(1959)。皇室、 p。422; nb、ポンソンビーフェーンは公式の神社が1930年代に京都にあったことを示していますが、この記事の下部にある信頼できるが出典のないテキストは、神社の現在の場所が下関にあることを説明しています。
  12. ^ ティチング、pp。200–207; ブラウン、pp。333–334。
  13. ^ 「系図」Reichsarchiv(日本語)2018年12月31日取得

参照

尊号
前任者 天皇または

天皇 安徳1180–1185
成功