雄弁

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
レンヌのブルターニュ高等法院にある雄弁の像

Eloquence French eloquence from Latin eloquentia)は、流暢で、力強く、エレガントで、説得力のある話し方をします。それは主に、印象的で適切な言葉で強い感情を表現する力であり、それによって信念や説得を生み出します。この用語は、流暢なスタイルで書くためにも使用されます。

雄弁の概念は古代ギリシャ人にまでさかのぼります。カリオペー(ゼウスムネモシュネの9人の娘の1人叙事詩と雄弁のミューズです。ギリシャの神ヘルメスは雄弁の守護者でした。 シセロは、古代の最も雄弁な雄弁家の1人と見なされています。神父 ルイ・ブルダルーは、フランスの雄弁の創始者の1人と見なされています。

雄弁はラテン語のルーツに由来します:ē(前置詞exの短縮形)は「(から)」を意味し、loquiは話す」を意味する異態動詞です。したがって、雄弁であるということは、言葉を口から流動的に投影する能力と、説得力と組み合わせた優雅なスタイルを採用するような方法で言語を理解して命令する能力、または単に解釈において非常に優雅である能力を持っていることですコミュニケーションの。

ペトラルカ(Fracesco Petrarca)は、古典と古代(イタリアルネサンス)の研究プログラムで、言語とコミュニケーションに注目しました。言語を習得した後の目標は、「雄弁さのレベル」に到達し、他の人に視点を説得するために、優雅に提示し、思考と理性を強力な方法で組み合わせることができるようにすることでした。ペトラルカは、言語の観点から、明確で正しいスピーチと道徳的思考を組み合わせて、古代の作家を模倣することを学生に奨励しました。ルネッサンス_ヒューマニストは、特定の概念を提示し、他の人を説得するための強力なツールとして、スピーチと政治原理の相関関係に焦点を当てました。プレゼンテーションの中核は、優雅なスタイルの使用、明確で簡潔な文法と使用法、そして時間の経過とともに合理的で感情的な議論の挿入でした。

現代では、口語的なスピーチは雄弁と見なされるプレゼンテーションスタイルに入りました。

雄弁は自然な才能であり、言語の知識、取り組むべき特定の主題の研究、哲学、理論的根拠、およびプレゼンテーション内で説得力のある一連の教義を形成する能力によって向上します。

「真の雄弁さ」とオリバー・ゴールドスミスは言います。「...崇高なスタイルで素晴らしいことを言うことではなく、シンプルなスタイルで。物事の中で;そしてそうでない場合、言語は乱暴で、影響を受け、比喩的であるかもしれませんが、影響はありません。」[1]

雄弁な政治家

ローマの政治家で兵士のマーカス・アントニウス、c。紀元前83〜30年、歴史上最も記憶に残る演説の1つであり、演劇のジュリアスシーザーでウィリアムシェイクスピアによって脚色されました。シェイクスピアは、アントニウスの有名なオープニングライン「友人、ローマ人、同胞、私にあなたの耳を貸してください」を使用しました。

ウィンストン・チャーチルマーティン・ルーサー・キング・ジュニアなどの多くの有名な政治指導者、アドルフ・ヒトラーベニート・ムッソリーニなどの独裁者は、その雄弁さのために主に著名になりました。イラン革命ではルーホッラー・ホメイニーは、彼がまだ亡命している間にオーディオカセットで国に密輸された彼の演説の雄弁さによって部分的に権力を握った。[2]

も参照してください

参考文献

  1. ^ ゴールドスミス、オリバー(1759)。雄弁の
  2. ^ Stephen Zunes(2009年4月)。「イラン革命(1977-1979)」ICNC。

さらに読む

外部リンク