エレベーター

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

ニュージーランドオークランドのスカイシティメトロにあるガラス張りのエレベーター
ベルリンのUバーンアレクサンダープラッツ へのこのエレベーターは、ガラスの壁とドアで建てられており、内部の仕組みが露出しています。
フィンランドヘルシンキメイラハティのニューチルドレンズホスピタルのエレベーターの内部
オレゴン州ポートランドのオフィスビルにある典型的なエレベーターの外
典型的なエレベーターのドア

エレベーター北米英語[1]またはリフト連邦英語[2]のタイプであるケーブル支援油圧シリンダは-assisted、または ローラートラック垂直床、レベル、または間人や貨物を輸送支援機械建物、船舶、またはその他の構造物のデッキ。それらは通常、牽引ケーブルやホイストなどのカウンターウェイトシステムを駆動する電気モーターによって駆動されますがジャッキのような円筒形ピストンを持ち上げるために油圧作動油をポンプで送るものもあります。

農業および製造業では、エレベータは、連続した流れで材料をビンまたはサイロに持ち上げるために使用されるあらゆるタイプのコンベヤデバイスです。チェーンとバケットエレベータアルキメデススクリューの原理を使用したグレインオーガースクリューコンベヤー、または干し草エレベータのチェーンとパドルまたはフォークなど、いくつかのタイプが存在します。日本語などの英語以外の言語は、エレベータまたはリフトのいずれかに基づく外来語でエレベータを指す場合があります。車椅子のアクセスに関する法律により、特に車椅子のスロープが使用できない場合、新しい高層ビルではエレベーターが法的要件となることがよくあります。

一部のエレベータは、通常の垂直方向の動きに加えて、水平方向にも移動できます。[3]

歴史

産業革命以前の時代

ドイツのエンジニア、コンラート・キーザーによるエレベーターの設計(1405)

エレベーターについての最も初期の既知の言及は、アルキメデス(紀元前287年頃–紀元前212年頃)がおそらく紀元前236年に最初のエレベーターを建設したと報告したローマの建築家ウィトルウィウスの作品にあります。[4]後の時代の情報源は、エレベーターを麻縄のタクシーとして言及しており、人や動物が動力を供給しています。

西暦80年に完成したローマのコロッセオには、動物を床まで持ち上げるために使用される約25台のエレベーターがありました。各エレベータは、最大8人の男性が動力を供給した場合、約600ポンド(270 kg)(およそ2匹のライオンの体重)23フィート(7.0 m)まで運ぶことができます。[5]

1000年イスラム教スペインのIbn Khalaf al-Muradiによる秘密書は、要塞を破壊するために大きな破城槌を持ち上げるためのエレベーターのような持ち上げ装置の使用について説明しました。[6]

17世紀には、エレベーターのプロトタイプがイギリスとフランスの宮殿の建物に設置されました。フランスのルイ15世は、1743年にヴェルサイユ宮殿彼の愛人の1人のためにいわゆる「フライングチェア」を建てました。[7]

古代および中世のエレベーターは、ホイストウインドラスに基づく駆動システムを使用していましたスクリュードライブ基づくシステムの発明は、おそらく古代からエレベータ技術の最も重要なステップであり、現代の乗客用エレベータの作成につながりました。最初のスクリュー駆動エレベーターは、イヴァンクリビンによって建設され、1793年に冬宮殿設置されましたが、レオナルドダヴィンチによる初期の設計があった可能性があります[8]数年後、別のクリビンのエレベーターがモスクワ近郊アルハンゲリスコエに設置されまし

産業時代

エレベーターの開発は、丘の中腹から石炭材木などの原材料を移動する必要性によって主導されました。これらの産業によって開発された技術と鋼製の梁構造の導入は、今日使用されている乗客用エレベーターと貨物用エレベーターを提供するために協力しました。

採炭から始まり、19世紀半ばのエレベーターは蒸気動力作動し、鉱山や工場で商品をまとめて移動するために使用されていました。これらのデバイスはすぐにさまざまな目的に適用されました。1823年、ロンドンの2人の建築家であるバートンとホーマーは「アセンディングルーム」と呼ばれる新しい観光名所を建設して運営しました。[9]

初期の原油蒸気駆動エレベーターは、その後の10年間で改良されました。1835年、革新的なエレベーターであるTeagleが、イギリスのFrost andStutt社によって開発されましそれはベルト駆動であり、余分な力のためにカウンターウェイト使用していました[10]

1845年、ナポリの建築家ガエターノジェノベーゼは、カゼルタ宮殿に「フライングチェア」を設置しました。これは、当時のエレベーターで、外側は栗の木で、内側はカエデ材で覆われていました。ライト、2つのベンチ、手動信号が含まれており、乗員の努力なしに外部から起動することができました。牽引は、歯車のシステムを利用した自動車整備士によって制御されました。安全システムは、コードが壊れた場合に有効になるように設計されており、鋼製のバネによって外側に押し出されたビームで構成されています。

油圧クレーンは、主に貨物を積み込むためにタインサイドのドックで使用するために、1846年にウィリアムアームストロング卿によって発明されました彼らはすぐに以前の蒸気駆動エレベーターに取って代わり、パスカルの法則利用してはるかに大きな力を提供しました。ウォーターポンプは、垂直シリンダー内に収納されたプランジャーに可変レベルの水圧供給し、重い負荷を運ぶプラットフォームを上下させることができました。カウンターウェイトと天びんも持ち上げ力を高めるために使用されました。

1853年にニューヨーク水晶宮で安全システムを実演するエリシャオーチス

ニューヨークのヘンリー・ウォーターマンは、1850年にエレベーター用の「スタンディングロープコントロール」を発明したとされています。[11]

1852年、エリシャオーチスは安全エレベーターを導入しました。これにより、ケーブルが破損した場合にキャブが落下するのを防ぎました。彼はニューヨークの博覧会でそれを実証したクリスタルパレス、1854年に劇的な、命知らずのプレゼンテーションで[11] [12]と第一、このような乗用エレベーターに設置された488ブロードウェイニューヨーク1857年3月23日に。

エリシャオーチスのエレベーター特許図面、1861年1月15日

最初のエレベータシャフトは、最初のエレベータより4年先行していました。ニューヨークにあるピータークーパークーパーユニオン財団の建物の建設は1853年に始まりました。クーパーは安全な乗客用エレベーターがまもなく発明されると確信していたため、エレベーターシャフトが設計に含まれました。[13]クーパーが最も効率的な設計であると考えたため、シャフトは円筒形でした。[14]オーティスは後に、建物用の特別なエレベーターを設計しました。

ピーター・エリス、英語の建築家は、として記述することができ最初のエレベーター設置の昇降エレベーターオリエルチェン1868年にリバプールでの[15]

エクイタブル生命ビルニューヨーク市で1870年に完成は、乗客のエレベーターで最初のオフィスビルであると考えられています。[16]

1874年、JW Meakerは、エレベータのドアを安全に開閉できる方法の特許を取得しました。[17]

最初の電気エレベーターは、1880年にヴェルナーフォンシーメンスによってドイツで建設されました。[18]発明家のアントン・フライスラーはフォン・シーメンスのアイデアをさらに発展させ、オーストリア・ハンガリーで成功したエレベーター企業を創設しました。電気エレベータの安全性と速度は、フロア制御、自動操作、加速制御、およびその他の安全装置を追加したフランク・スプレイグによって大幅に強化されました。彼のエレベーターは、油圧式または蒸気式のエレベーターよりも速く、大きな負荷で動作しました。 Spragueのエレベーターのうち584台は、1895年に彼の会社をOtis Elevator Companyに売却する前に設置されました。また、Spragueは、単一のシャフトに複数のエレベーターを設置するためのアイデアと技術を開発しました。

1882年、水力が十分に確立された技術であったとき、後にロンドン水力会社と名付けられた会社エドワードB.エリントンによって設立されました。それはテムズ川の両側に高圧幹線のネットワークを構築し、それは最終的に184マイル(296 km)に広がり、主にエレベーターとクレーンである約8,000台の機械に動力を供給しました。[19]

シュイラーウィーラーは1883年に彼の電気エレベーターの設計の特許を取得しました。[20] [21] [22]

1887年、ミネソタ州ダルースのアメリカ人発明家アレクサンダーマイルズは、車が出入りしていないときにエレベータシャフトを閉じる自動ドア付きのエレベータの特許を取得しました。

インドで最初のエレベーターは、1892年にオーティスによってカルカッタ(現在のコルカタ)のラージバヴァン設置されました[23]

1900年までに、完全に自動化されたエレベーターが利用可能になりましたが、乗客はそれらを使用することを躊躇していました。彼らの採用は、ニューヨーク市での1945年のエレベーターオペレーターのストライキ、および緊急停止ボタン、緊急電話、および落ち着いた説明の自動音声の追加によって支援されました。[24]

インバータ制御のギアレス駆動システムは、世界中の高速エレベータに適用されています。東芝の会社は、インバータ制御で使用するためにサイリスタに関する研究を継続し、飛躍的に発展をもたらし、彼らのスイッチング容量を強化絶縁ゲートバイポーラトランジスタ、1980年代の終わりに(IGBTで)。 IGBTは、モーターのスイッチング周波数の増加と磁気ノイズの低減を実現し、フィルター回路の必要性を排除し、よりコンパクトなシステムを可能にしました。また、IGBTにより、高速プロセッサ、特別にカスタマイズされたゲートアレイ、および数kHzの大電流を制御できる回路で構成される、小型で高度に統合された高度なオールデジタル制御デバイスの開発が可能になりました。[25]

2000年に、最初の真空エレベーターがアルゼンチンで商業的に提供されました。[26]

デザイン

古い建物のエレベーター機械室

一部の人々は、エレベータは単純なロープまたはチェーン ホイストとして始まったと主張しています以下のトラクションエレベータを参照)。エレベータは本質的に、機械的手段によって引き上げられるか押し上げられるプラットフォームです。現代のエレベーターは、シャフトまたは時には「昇降路」と呼ばれる閉鎖空間内のプラットフォームに取り付けられたキャブ(「キャビン」、「ケージ」、「キャリッジ」または「車」とも呼ばれます)で構成されています。過去には、エレベータの駆動機構は、蒸気および水油圧ピストンまたは手動で駆動されていました。 「トラクション」エレベータでは、業界では一般にシーブと呼ばれる、深く溝のある滑車の上にスチールロープを巻くことによって車が引き上げられます。車の重量はカウンターウェイトによってバランスが取れています2つのエレベータは、車が常に反対方向に同期して移動し、互いのカウンターウェイトになるように構築されている場合があります。

ロープと滑車の間の摩擦は、このタイプのエレベータにその名前を与える牽引力を提供します。

油圧エレベータは、油圧の原理油圧パワーの意味で)を使用して、地上または地下のピストンを加圧し、車を上下させます(下記の油圧エレベータを参照)。ロープ式油圧装置は、ロープと水力の両方を組み合わせて車を上下させます。最近の革新には、永久磁石モーター、機械室のないレールに取り付けられたギアレス機械、およびマイクロプロセッサー制御が含まれます。

新規インストールで使用されるテクノロジーは、さまざまな要因によって異なります。油圧エレベータは安価ですが、特定の長さを超えるシリンダーを設置することは、非常に高いリフトの昇降路では実用的ではなくなります。7階をはるかに超える建物の場合は、代わりにトラクションエレベータを使用する必要があります。油圧エレベータは通常、トラクションエレベータよりも低速です。

エレベーターはマスカスタマイゼーションの候補ですコンポーネントの大量生産から作られる経済がありますが、各建物には、異なる階数、井戸の寸法、使用パターンなどの独自の要件があります。

ドア

エレベーターのドアライダーがシャフト内の何かに落ちたり、入ったり、改ざんしたりするのを防ぎます。最も一般的な構成は、中央で交わる2つのパネルを持ち、横方向にスライドして開くことです。カスケード伸縮構成(限られたスペース内でより広い入口を可能にする可能性がある)では、ドアは独立したトラック上を転がり、開いている間は互いに後ろに隠れ、閉じている間は片側にカスケード層を形成します。これは、そのようなカスケードドアの2つのセットが上記の中央の開口部ドアのように動作するように構成でき、非常に広いエレベータキャブを可能にします。より安価な設備では、エレベータは1つの大きな「スラブ」ドアを使用することもできます。1つのパネルドアは、左右に横方向に開く出入り口の幅です。一部の建物には、シャフトウェイに単一のドアが付いたエレベーターがあります。キャブの二重カスケードドア。

機械室なし(MRL)エレベーター

KoneEcoDiscドライブシステム全体が昇降路にあります。

個別の機械室を必要としないエレベータは、ほとんどの動力および制御コンポーネントが昇降路(エレベータかごを含むシャフト)内に収まるように設計されており、小さなキャビネットにコントローラが収納されています。それ以外の点では、装置は通常のトラクションまたは穴のない油圧エレベータの装置と同様です。世界初の機械室のないエレベーターであるKoneMonoSpaceは、1996年にKoneによって導入されました従来のエレベーターと比較して、それは:

  • 必要なスペースが少なくて済みます
  • 使用するエネルギーが70〜80%少なくなります
  • 作動油を使用していません(従来の油圧ユニットに取って代わったと仮定)
  • すべてのコンポーネントが地上にある(地下にある直接油圧タイプのエレベータの油圧シリンダーによって引き起こされる環境問題を回避する
  • コストは他のシステムよりもいくらか低く、油圧式MRLエレベータよりも大幅に低くなっています
  • 油圧よりも速い速度で動作できますが、通常のトラクションユニットでは動作しません

その欠点は、サービスと保守がより困難で、はるかに危険である可能性があることでした。

その他の事実

  • 50〜55 dBA(A加重 デシベル)の騒音レベル。一部のタイプのエレベータよりも低いが、すべてのタイプのエレベータよりも低い
  • 通常、低層から中層の建物に使用されます
  • 国および地方の建築基準法は、機械室のないエレベーターに対応していませんでした。住宅用MRLエレベーターは、米国のASMEA17コードではまだ許可されていません。MRLエレベータは、2004A17.1エレベータコードの2005年補足で認識されています。
  • 今日、OtisとThyssenKruppによる機械室のない油圧エレベーターがいくつか存在します。それらは地下ピストンや機械室の使用を伴わず、環境問題を軽減します。ただし、米国のすべての地域のコードで許可されているわけではありません。[27] [28]

2階建てエレベーター

2階建てエレベータは、上甲板と下甲板を備えた車を備えたトラクションエレベータです。同時にフロアにサービスを提供できる両方のデッキは、通常、同じモーターで駆動されます。[29]このシステムは、高層ビルの効率を高め、スペースを節約するため、追加のシャフトや車は必要ありません。

2003年、ティッセンクルップはTWINと呼ばれるシステムを発明し、2台のエレベータかごが1つのシャフトで独立して走行しました。[30]

トラフィック計算

ラウンドトリップ時間の計算

歴史

1901年、コンサルティングエンジニアのCharles G. Darrach(1846-1927)は、エレベータサービスを決定するための最初の公式を提案しました。[31]

1908年、Reginald P. Boltonは、この主題に関する最初の本「エレベーターサービス」を出版しました。[32]彼の仕事の要約は、ユーザーが希望のサービス間隔を満たすために特定の建物に必要な高速エレベーターとローカルエレベーターの数を決定できるようにする大規模な折りたたみ式チャート(彼の本の後ろに配置)でした。

1912年、商業エンジニアのEdmund F.Tweedyと電気エンジニアのArthurWilliamsは、「中央ステーションの商業工学」というタイトルの本を共同執筆しました。[33]彼はボルトンの指導に従い、「所与の総占有床面積のオフィスビルに必要なエレベータの数とサイズを決定するためのチャート」を作成した。

1920年、ハワードB.クックは、「旅客エレベーターサービス」というタイトルの論文を発表しました。[34]この論文は、エレベータ業界のメンバーがエレベータサービスを決定する数学的手段を提供したのは初めてのことでした。彼の公式は、単一のトリップ時間を見つけ、それを2倍にし、10秒を追加することによって、ラウンドトリップ時間(RTT)を決定しました。

1923年、バセットジョーンズは、「エレベーターによって行われた停車地の推定数」というタイトルの記事を公開しました。[35]彼は確率論に基づいて方程式を作成し、平均停止回数を計算するためのかなり正確な方法を見つけました。この記事の方程式は、すべてのフロアで一貫した人口を想定しています。

彼は1926年に彼の方程式の更新版を書き続けました。それは各階の変動する人口を説明しました。[36]ジョーンズは、方程式の開発についてデビッド・リンドクイストの功績を認めたが、それが最初に提案された時期については何も示していない。

方程式はそこにありましたが、エレベータのトラフィック分析は、世界の専門家だけが実行できる非常に専門的なタスクでした。それは、Strakoschが「垂直輸送:エレベーターとエスカレーター」でシステムの効率を見つけるための8ステップの方法を書いた1967年まででした。[37]

アップピーク計算

1975年、バーニーとドスサントスは、ストラコッシュの研究に続く「ラウンドトリップ時間(RTT)式」を開発して公開しました。[38]これは最初の定式化された数学モデルであり、今日でもトラフィックアナライザーで使用されている最も単純な形式です。

何年にもわたってこの方程式に修正と改善が加えられました。最も重要なのは、2000年にピーターズが「アップピーク往復時間計算の改善[39]を発表したときですこれにより、飛行時間計算の精度が向上し、短いエレベーターの旅が可能になりました。車が最大定格速度または最大加速度に達しない場合、およびエクスプレスゾーンの機能を追加しました。この式は現在、「アップピーク計算」と呼ばれています[40]。これは、すべての乗客が1階から建物に入る(入ってくるトラフィック)、高層階から1階に移動する乗客(出て行くトラフィック)がなく、1つの内部フロアから別の(床間交通)。このモデルは、建物が朝一番に忙しい場合にうまく機能しますが、より複雑なエレベータシステムでは、このモデルは機能しません。

一般的な分析

1990年に、ピーターズは「リフトトラフィック分析:一般的なケースの式」[41]というタイトルの論文を発表しました。この論文では、混合トラフィックパターンを説明し、ポアソン近似を使用して乗客のバンチングを説明する新しい式を開発しました。この新しい一般分析方程式により、はるかに複雑なシステムを分析できるようになりましたが、方程式が非常に複雑になり、手動で実行することはほとんど不可能になり、計算を実行するためにソフトウェアを使用する必要が生じました。GAの公式は、ダブルデッキエレベータを説明するために1996年にさらに拡張されました。[42]

シミュレーション

RTT計算は、与えられた入力のセットに対して常に同じ答えを生成する反復可能な計算のセットを使用して、エレベータシステムの処理能力を確立します。単純なシステムに適しています。しかし、システムがより複雑になるにつれて、計算の開発と実装は難しくなります。非常に複雑なシステムの場合、解決策は建物をシミュレートすることです。[43]

ディスパッチャベースのシミュレーション

この方法では、建物の仮想バージョンがコンピューター上に作成され、乗客とエレベーターを可能な限り現実的にモデル化し、乱数を使用して、数式やパーセンテージ確率ではなく確率をモデル化します。

ディスパッチャベースのシミュレーションは、長年にわたって大幅に改善されていますが、原則は同じです。最も広く使用されているシミュレータであるElevateは、1998年にElevateLiteとして最初に展示されました。[44]

これは現在、エレベータシステムをモデル化する最も正確な方法ですが、この方法には欠点があります。計算とは異なり、標準のラウンドトリップを実行しないため、RTT値は見つかりません。したがって、標準化されたエレベータトラフィック分析方法に準拠しておらず、平均間隔などの値を見つけるために使用することはできません。代わりに、通常、平均待機時間を見つけるために使用されます。

モンテカルロシミュレーション

2011年の最初のエレベーターとエスカレーターのシンポジウムで、アルシャリフは、再起動して再び走る前に、車の1回の往復をモデル化したシミュレーションの代替形式を提案しました[45]この方法は、依然として複雑なシステムをモデル化することができ、RTT値を生成することによって標準的な方法にも準拠しています。モデルは、Al-Sharifが宛先制御システムをモデル化できるディスパッチャーのような機能を再導入する方法を示した2018年にさらに改善されました。[46]

これはシミュレーションの主な欠点をうまく取り除くことができますが、その単純化と非継続的な性質のため、ディスパッチャベースのシミュレーションほど正確ではありません。モンテカルロ法では、他の方法では、1秒あたりの乗客数ではなく、入力として乗客数も必要です。

ホイスト機構の種類

エレベーターはロープに依存する場合もあれば、ロープを使用しない場合もあります。[47]エレベータを動かすには少なくとも4つの手段があります。

トラクションエレベーター

  • ギア付きおよびギアレストラクションエレベータ
機械室のスチールロープと電気モーター(機械)。機械の上部には2つのブレーキキャリパーがあります。

ギヤード牽引機は、ACまたはDC電気モーターで駆動されます。ギヤードマシンは、ウォームギアを使用して、高速モーターによって駆動されるギアボックスに取り付けられたドライブシーブ上で鋼製ホイストロープを「転がす」ことにより、エレベータかごの機械的動きを制御します。これらの機械は、通常、最大3 m / s(500フィート/分)の速度で地下室または頭上牽引を使用するのに最適なオプションです。[48]

歴史的に、ACモーターは、車速と乗客の快適性がそれほど問題にならないコストと使用率の低いアプリケーションを理由に、単速または倍速のエレベータマシンに使用されていましたが、高速で大容量のエレベータには、無限に可変速度が必要でしたトラクションマシンの制御が問題になります。したがって、AC / DCモータージェネレーター搭載したDCマシンが推奨されるソリューションでした。MGセットはまた、一般的に電力を供給リレーを エレベータのコントローラ。エレベータを建物の電気システムの残りの部分から電気的に絶縁するという追加の利点があります。これにより、モーターの始動と停止によって引き起こされる建物の電力供給の一時的な電力スパイクが排除されます(エレベータは、たとえば)、および制御システムのリレーコンタクタのアークによって引き起こされる他の電気機器への干渉に使用されます。

可変周波数ACドライブが広く利用できるようになったため、ACモーターを普遍的に使用できるようになり、効率や複雑さの面でペナルティなしに、古いモータージェネレーターであるDCベースのシステムの利点がもたらされました。古いMGベースの設備は、エネルギー効率が低いため、古い建物に徐々に置き換えられています。

ギアレストラクションマシンは、ACまたはDCのいずれかで駆動される低速(低RPM)、高トルクの電気モーターです。この場合、ドライブシーブはモーターの端に直接取り付けられています。ギアレストラクションエレベータは、最大20 m / s(4,000 ft / min)の速度に達することができます。ブレーキは、モーターとギアボックスの間、モーターとドライブシーブの間、またはドライブシーブの端に取り付けられ、エレベータを床。このブレーキは通常、外部ドラムタイプであり、ばね力によって作動し、電気的に開いたままになります。停電によりブレーキがかかり、エレベータが落下するのを防ぎます(固有の安全および安全工学を参照)。しかし、それはある種のディスクタイプでもありえますモーターシャフトまたはドライブシーブの一端にあるディスク上の1つまたは複数のキャリパーのように、機械室を備えた高速、高層、および大容量のエレベーターで使用されます(例外は、高速、高層ではないKone MonoSpaceのEcoDiscです)大容量で機械室が少ないですが、ブレーキ力、コンパクトさ、冗長性(ディスクに少なくとも2つのキャリパーがある仮定)、または1つ以上のディスクのために、従来のギアレストラクションマシンの薄いバージョンと同じデザインを使用しています機械室で使用されるモーターシャフトまたはドライブシーブの一端に単一のキャリパーを備えたブレーキは、コンパクトさ、ブレーキ力、および冗長性のためにエレベータが少なくなっています(2つ以上のブレーキがある仮定)。

いずれの場合も、スチールケーブルまたはケブラーケーブルは、キャブ上部のヒッチプレートに取り付けられるか、キャブの下に「吊り下げ」られ、ドライブシーブ上でケーブルの反対側の端に取り付けられカウンターウェイトにループされます。キャブを動かすのに必要な電力。カウンターウェイトはホイストウェイにあり、別の鉄道システムに沿って運ばれます。車が上がると、カウンターウェイトが下がり、その逆も同様です。このアクションは、コントローラーによって指示される牽引機械、通常は始動、加速減速を指示するリレーロジックまたはコンピューター化されたデバイスによって駆動されますとエレベータキャブの停止。カウンターウェイトの重量は、通常、エレベータキャブの重量にエレベータの容量の40〜50%を加えたものに等しくなります。ドライブシーブの溝は、ケーブルが滑らないように特別に設計されています。 「トラクション」は、シーブの溝のグリップによってロープに提供され、それによって名前が付けられました。ロープが古くなり、牽引溝が摩耗すると、牽引力が失われるため、ロープを交換し、シーブを修理または交換する必要があります。すべてのロープの張力が等しくなり、荷重が均等に分散されるようにすることで、シーブとロープの摩耗を大幅に減らすことができます。ロープ張力の均等化は、ロープ張力ゲージを使用して行うことができ、シーブとロープの寿命を延ばす簡単な方法です。

移動距離が30m(98フィート)を超えるエレベーターには、補償と呼ばれるシステムがあります。これは、カウンターウェイトの下部とエレベータキャブの下部に取り付けられたケーブルまたはチェーンの個別のセットです。これにより、ホイストとキャブの間のケーブルの重量の違いを補正するため、エレベータの制御が容易になります。エレベータキャブがホイストウェイの上部にある場合、車の上に短い長さのホイストケーブルがあり、車の下に長い長さの補償ケーブルがあり、その逆も同様です。補償システムがケーブルを使用する場合、ケーブルをガイドするために、エレベータの下のピットに追加の滑車があります。補正システムがチェーンを使用する場合、チェーンはカウンターウェイトトラックの間に取り付けられたバーによってガイドされます。

回生ドライブ

もう1つの省エネ改善は、回生ドライブ[49]です。これは、エレベータの電気モーターを発電機として使用して、フルキャブ(カウンターウェイトより重い)の降下の重力ポテンシャルエネルギーの一部をキャプチャする、車両の回生ブレーキと同様に機能します。または、空のキャブ(カウンターウェイトよりも軽い)を上昇させて、建物の電気システムに戻します。

油圧エレベーター

底部に金属格子を備えた油圧式風光明媚なエレベーターのピット。このエレベーターは7階建てです。
  • 従来の油圧エレベーターそれらは地下油圧シリンダーを使用し、2〜5階(場合によっては6〜8階まで)の低レベルの建物で非常に一般的であり、速度は最大1 m / s(200フィート/分)です。
  • ホールレス油圧エレベータは1970年代に開発され、地上シリンダーのペアを使用しているため、2階、3階、または4階の環境またはコストに敏感な建物に実用的です。
  • ロープ式油圧エレベータは、地上シリンダーとロープシステムの両方を使用しており、ピストンが移動する必要があるよりもエレベータをさらに移動させることができます。

トラクションエレベータと比較して油圧エレベータの機械的複雑さが低いため、低層、低交通量の設置に理想的です。ポンプが重力に逆らって車とその乗客を上向きに押すため、エネルギー効率が低下します。このエネルギーは、車が自重で降下すると失われます。起動時のポンプの大電流引き込みも、建物の電気システムに高い要求を課します。リフティングシリンダーが地面に流体を漏らした場合の環境への懸念もあり[50]、したがって、穴のない油圧エレベータが開発され、エレベータシャフトの底に比較的深い穴が不要になります。油圧エレベータは、伸縮式油圧シリンダーを使用する場合があります。

トラクションモーターと制御システムの小型化進歩によって可能になった最新世代の低コストで機械室のないトラクションエレベータは、従来の市場ニッチ市場における油圧エレベータの優位性に挑戦しています。[要出典]

電磁推進力

垂直方向と水平方向の両方に移動できる電磁推進力を使用したケーブルフリーのエレベータは、ドイツのエンジニアリング会社であるティッセンクルップによって高層高密度ビルで使用するために開発されました[51] [52]

登山エレベーター

クライミングエレベータは、独自の推進力を備えた自己上昇型エレベータです。推進力は、電気エンジンまたは燃焼エンジンによって行うことができます。クライミングエレベーターは、メンテナンス用の飛行安全ランプなど、これらの構造の一部に簡単にアクセスできるようにするために、支線塔またはタワーで使用されます。例としては、テキサス州オースティンにある月明かりの塔があります。ここでは、エレベーターには1人の人とメンテナンス用の機器しかありません。グラスゴータワー -で観測タワーグラスゴースコットランド —2つのクライミングエレベーターも利用します。一時的な登山用エレベーターは、建物の常設エレベーターシステムが設置される前に資材や人員を移動するために新しい高層ビルの建設に一般的に使用され、その時点で登山用エレベーターは解体されます。

空気圧エレベーター

An elevator of this kind uses a vacuum on top of the cab and a valve on the top of the "shaft" to move the cab upwards and closes the valve in order to keep the cab at the same level. A diaphragm or a piston is used as a "brake", if there's a sudden increase in pressure above the cab. To go down, it opens the valve so that the air can pressurise the top of the "shaft", allowing the cab to go down by its own weight. This also means that in case of a power failure, the cab will automatically go down. The "shaft" is made of acrylic, and is always round due to the shape of the vacuum pump. To keep the air inside of the cab, rubber seals are used. Due to technical limitations, these elevators have a low capacity, they usually allow 1–3 passengers and up to 525 pounds (238 kg).[53]

コントロール

手動制御

Otis 1920年代のコントローラー、ニューヨーク市のアパートで運用

20世紀の前半には、ほとんどすべてのエレベータに、キャブが停止するフロアの自動位置決めがありませんでした。古い貨物用エレベーターのいくつかは、隣接するロープを引っ張ることによって操作されるスイッチによって制御されていました。一般に、第二次世界大戦前のほとんどのエレベータは、モーターに接続されレオスタットを使用してエレベータオペレータによって手動で制御されていました。このレオスタット(写真を参照)は、ケーキのサイズと形状の円筒形の容器に入れられていました。これはキャブの壁に直立または横向きに取り付けられ、シリンダーの上半分の周りをスライドできる突出したハンドルを介して操作されました。

エレベータモーターは、シャフトの上部またはシャフトの下部の横に配置されていました。ハンドルを前方に押すと、キャブが上昇します。後方に沈むでしょう。圧力が強いほど、エレベータは速く動きます。ハンドルはデッドマンスイッチとしても機能しました。オペレーターがハンドルを放すと、ハンドルは直立位置に戻り、エレベータキャブが停止します。やがて、安全インターロックにより、エレベータが移動できるようになる前に、内側と外側のドアが確実に閉じられます。

このレバーを使用すると、モーターに供給されるエネルギーをある程度制御できるため、オペレーターが十分なスキルを持っていれば、エレベータを正確に配置できます。より一般的には、オペレーターは、エレベータが着陸地点に適度に近づくまで、キャブを少しずつ動かしながら、コントロールを「ジョギング」する必要があります。次に、オペレーターは、出入りする乗客に「ステップを監視する」ように指示します。

手動押しボタン式エレベーター制御

自動昇降機は、1920年代初頭のように表示されるようになった[要出典]その開発が急がれていることにより、印象的な彼らの膝に、このようなニューヨークやシカゴなど摩天楼(したがって、そのエレベーター)に依存大都市をもたらしたエレベーターのオペレーター。ニューヨーク市では、1922年までセルフサービスのエレベーターは許可されていませんでした。これ以前は、5階建てのウォークアップとして、係員を雇う余裕のない豪華でない建物が建てられていました。これらの電気機械システムは、複雑さが増すリレー論理回路を使用して、エレベータまたはエレベータのバンクの速度、位置、およびドアの動作を制御しました。

The Otis Autotronic system of the early 1950s brought the earliest predictive systems which could anticipate traffic patterns within a building to deploy elevator movement in the most efficient manner. Relay-controlled elevator systems remained common until the 1980s; they were gradually replaced with solid-state systems, and microprocessor-based controls are now the industry standard. Most older, manually-operated elevators have been retrofitted with automatic or semi-automatic controls.

Typical vintage freight elevator control station
Typical passenger elevator control introduced by Dover in the early 1980s, and produced until the mid-2000s by ThyssenKrupp, common in the US
シンドラーが1990年代半ばから2000年代前半にかけて製造した、米国とカナダで一般的な典型的なエレベーターのフロアボタン
米国とカナダの2000年代と2010年代前半に一部のシンドラーエレベーターで見られたデジタルフロアインジケーター
1970年代または1980年代に製造されたドーバーのアナログフロアインジケーター
エレベータの緊急通報ボタンを使用する。視覚障害者向けの点字テキストがあり、ボタンが点灯して、聴覚障害者にアラームが鳴り、電話がかけられていることを警告します。

一般的なコントロール

Mitsubishi Elepet AdvanceVの典型的なエレベーターボタンの別の写真

典型的な現代の乗客用エレベーターには次のものがあります。

  • Outside the elevator, buttons to go up or down (the bottom floor only has the up button, the top floor only has the down button, and every floor in between has both)
  • Space to stand in, guardrails, seating cushion (luxury)
  • Overload sensor – prevents the elevator from moving until excess load has been removed. It may trigger a voice prompt or buzzer alarm. This may also trigger a "full car" indicator, indicating the car's inability to accept more passengers until some are unloaded.
  • Electric fans or air conditioning units to enhance circulation and comfort.
  • A control panel with various buttons. In many countries, button text and icons are raised to allow blind users to operate the elevator; many have Braille text besides. Buttons include:
  • Call buttons to choose a floor. Some of these may be key switches (to control access). In some elevators, such as those in some hotels, certain floors are inaccessible unless one swipes a security card or enters a passcode.
  • Door open and door close buttons.

ドアオープンボタンの操作は透過的で、通常はタイムアウトが発生してドアが閉じるまで、ドアをすぐに開いたままにします。ドアクローズボタンの操作が少なく透明であり、多くの場合、何もしないように見えますが、頻繁しかし間違ったにつながる[54]ドアクローズボタンがあることを報告し、プラセボボタン:いずれかのすべてで最高の有線、または通常のサービスでは不活性ではありません。多くの古いエレベータでは、エレベータがADAに準拠していないか、消防モードがないため、ドアを閉じるボタンが機能しています。[55] [56] [57] [58]米国を含む多くの法域では、特に緊急時の操作のために、ドアを開くボタンと閉じるボタンを機能させる必要があります。独立モードでは、ドアを開くボタンと閉じるボタンを使用して、ドアを手動で開閉します。[54] [59]これを超えると、プログラミングは大幅に異なり、一部のドア閉鎖ボタンはすぐにドアを閉じますが、他の場合は全体的なタイムアウトによって遅延するため、ドアを開いてから数秒後までドアを閉じることができません。この場合(通常の閉包があります)、ドアを閉じるボタンは効果がありません。ただし、ドアを閉じるボタンを押すと、ホールコールが無視され(ドアが再び開かないように)、タイムアウトが経過すると、ドアを閉じるとすぐにドアが閉じられます。たとえば、ドアを開くプッシュがキャンセルされます。米国での自動ドア閉鎖の最小タイムアウトは5秒であり[60]、オーバーライドしない場合は顕著な遅延になります。

  • 乗客がエレベータに閉じ込められたことを施設管理者に警告するために使用できる警報ボタンまたはスイッチ。
  • 疑うことを知らない個人がエレベータシャフトに意図せずアクセスするのを防ぐために、各フロアにドアのセットがロックされたままになっています。ドアは、車の屋根に設置された機械によってロック解除および開放されます。この機械は、車と一緒に移動するドアも駆動します。ドアコントロールは、ドアをすぐに閉じるか、再び開くために提供されていますが、ドアをすぐに閉じるボタンは、通常の操作中、特に最近のエレベータでは無効になっていることがよくあります。移動するドアの経路にある物体は、センサーによって検出されるか、ドアを再び開くスイッチを物理的にアクティブにします。それ以外の場合、ドアは事前に設定された時間後に閉じます。一部のエレベータは、再び移動する必要があるまで、床で開いたままになるように構成されています。規制により、火災時に煙がエレベータシャフトに入るのを防ぐために、使用後にドアを閉じることが要求されることがよくあります。
  • Elevators in high traffic buildings often have a "nudge" function (the Otis Autotronic system first introduced this feature)[citation needed] which will close the doors at a reduced speed, and sound a buzzer if the "door open" button is being deliberately held down, or if the door sensors have been blocked for too long a time.
  • A stop switch (not allowed under British regulations[citation needed]) to halt the elevator while in motion and often used to hold an elevator open while freight is loaded. Keeping an elevator stopped for too long may set off an alarm. Unless local codes require otherwise, this will most likely be a key switch.

一部のエレベータには、次の1つ以上がある場合があります。

  • エレベーター電話助けを呼ぶために、閉じ込められた乗客が(アラームに加えて)使用することができ、。これは、トランシーバー、または単にボタンで構成されている場合があります。この機能は、多くの場合、地域の規制によって要求されます。
  • ホールドボタン:このボタンは、ドアを閉じるタイマーを遅らせます。これは、貨物や病院のベッドの積み込みに役立ちます。
  • 通話のキャンセル:目的のフロアは、ダブルクリックして選択を解除できます。
  • キースイッチ、RFIDリーダー、コードキーパッド、ホテルの部屋のカードなどによるアクセス制限。
  • 1つまたは複数の追加のドアセット。これは主に、さまざまなフロアプランを提供するために使用されます。各フロアで1セットのドアのみが開きます。たとえば、高架横断歩道のセットアップでは、正面玄関は通りの高さで開き、後部のドアは横断歩道の高さで開きます。これは、ガレージ、駅、空港でも一般的です。あるいは、両方のドアが特定のフロアで開く場合があります。これは、搭乗/退出速度を向上させるために、一方の側が最初に降りるために開き、次にもう一方の側が乗るために開くようにタイミングが調整されることがあります。これは、機動性が低下するため、空港のように乗客が荷物やカートを持っている場合に特に便利です。
    • 2010年代のティッセンクルップエレベータに見られる、2組のドアを備えたエレベータのデュアルドアオープンボタンとドアクローズボタン
      デュアルドアの場合、2セットのドア開閉ボタンがあり、コンソールの観点から、一方のペアがフロントドアを制御し、通常は<>および> <で示され、もう一方のペアがリアドアを制御します。 、通常、中央の線<|>と> | <、または二重線| <> |で示されます。および> || <。この2番目のセットは、両方のドアを同じ踊り場で開くことができる場合に米国で必要です。これにより、両方のドアを独立したサービスで制御できます。[54] [61]
  • 防犯カメラ
  • 無地の壁または鏡張りの壁。
  • 建物の内部または通りの景色を提供するガラス窓ガラス。
    1991〜2012年ヴィンテージの米国のエレベーターに見られる「S」「信号」ボタン

「S」というラベルの付いた可聴信号ボタン:米国では、1991年から2012年の間に設置されたエレベータ用(ADAの最初の通過および2010年の改訂の発効)。ボタンを押すと、各フロアが通過するときに可聴信号が鳴ります。 、視覚障害のある乗客を支援するため。音が通常義務付けられている新しいエレベーターでは使用されなくなりました。[62] [63]

一般に一般にアクセスできない他のコントロール(キースイッチであるため、またはロックされたパネルの背後に保持されているため)には、次のものがあります。

  • 消防士のサービス、フェーズIIキースイッチ
  • エレベータを有効または無効に切り替えます。
  • エレベータを検査モードにする検査官のスイッチ(これはエレベータの上にある場合があります)
  • Manual up/down controls for elevator technicians, to be used in inspection mode, for example.
  • An independent service/exclusive mode (also known as "Car Preference"), which will prevent the car from answering to hall calls and only arrive at floors selected via the panel. The door should stay open while parked on a floor. This mode may be used for temporarily transporting goods.
  • Attendant service mode
  • Large buildings with multiple elevators of this type also had an elevator dispatcher stationed in the lobby to direct passengers and to signal the operator to leave with the use of a mechanical "cricket" noisemaker.

External controls

An external control panel

エレベーターは通常、各停車場に上下のボタンがあるコールボックスによって外部から制御されます。特定の階で押すと、ボタン(「ホールコール」ボタンとも呼ばれます)がエレベータを呼び出して、より多くの乗客を迎えに行きます。特定のエレベータが現在特定の方向のトラフィックを処理している場合、そのフロアを超えてコールがない限り、同じ方向のコールにのみ応答します。

2つ以上のエレベータのグループにおいて、呼び出しボタンは、それらが一緒に点灯およびキャンセルするように、中央のディスパッチコンピュータにリンクされ得る。これは、一度に1台の車だけが呼び出されるようにするために行われます。

キースイッチを1階に設置して、エレベータを外部からリモートでオンまたはオフに切り替えることができます。

In destination control systems, one selects the intended destination floor (in lieu of pressing "up" or "down") and is then notified which elevator will serve their request.

Floor numbering

Elevator buttons showing the missing 13th floor

To distinguish between floors, the different landings are given numbers and sometimes letters. See the above article for more information.

Elevator algorithm

The elevator algorithm, a simple algorithm by which a single elevator can decide where to stop, is summarized as follows:

  • 同じ方向に残りのリクエストがある間、同じ方向に移動し続けます。
  • その方向にそれ以上の要求がない場合は、停止してアイドル状態にするか、反対方向に要求がある場合は方向を変更します。

エレベータアルゴリズムは、ハードディスク要求をスケジュールするためのアルゴリズムとして、コンピュータオペレーティングシステムでのアプリケーションを発見しました最新のエレベータは、より複雑なヒューリスティックアルゴリズム使用して、次にサービスを提供するリクエストを決定します。ニューヨークマリオットマーキスブルジュハリファなど、交通量の多い高層ビルでは、宛先ディスパッチアルゴリズムを使用して、同様のフロアに行く乗客をグループ化し、最大25%の負荷をかけます。

宛先制御システム

米国ボストンのノースイースタン大学にあるOtisCompassPlusデスティネーションコントロールエレベータフロア選択パネル

一部の超高層ビルやその他のタイプの設備には、乗客が車に乗る前にフロアコールを登録する宛先操作パネルがあります。システムは、誰もが次の車に乗る代わりに、どの車を待つべきかを彼らに知らせます。このように、エレベータが個々の乗客の停車地を少なくし、コンピュータが隣接する停車地を銀行内のさまざまな車に分配するため、移動時間が短縮されます。移動時間は短縮されますが、次の出発車が割り当てられるとは限らないため、乗客の待ち時間が長くなる可能性があります。ダウンピーク期間中は、乗客は共通の目的地を持っているため、目的地管理のメリットは制限されます。

また、運動障害のある乗客は事前に指定された車に移動できるため、アクセシビリティを向上させることができます。

エレベータの内部には、押すための呼び出しボタンがないか、ボタンはありますが、ドアを開けるボタンとアラームボタンを除いて押すことはできません。これらは床の停止を示すだけです。

先の制御の考え方は、もともとによって考え出されたレオ・ポート、1961年にシドニーから[64]が、その時にエレベーターのコントローラがリレーで実装され、先の制御配分のパフォーマンスを最適化することができませんでしたました。

このシステムは、1992年にMiconic 10としてSchindlerElevatorによって最初に開拓されました。このようなシステムのメーカーは、平均移動時間を最大30%短縮できると主張しています。[65]

However, performance enhancements cannot be generalized as the benefits and limitations of the system are dependent on many factors.[66] One problem is that the system is subject to gaming. Sometimes, one person enters the destination for a large group of people going to the same floor. The dispatching algorithm is usually unable to completely cater for the variation, and latecomers may find the elevator they are assigned to is already full. Also, occasionally, one person may press the floor multiple times. This is common with up/down buttons when people believe this to be an effective way to hurry elevators. However, this will make the computer think multiple people are waiting and will allocate empty cars to serve this one person.

この問題を防ぐために、目的地制御の1つの実装では、識別と追跡のためにすべてのユーザーにRFIDカードが与えられます。これにより、システムはすべてのユーザーの呼び出しを認識し、乗客が別の目的地に旅行することを決定した場合に最初の呼び出しをキャンセルできます。空の呼び出し。最新の発明は、建物からの避難またはセキュリティ上の理由のいずれかのために、人々がどこにいて、何人が彼らの識別のためにどの階にいるのかさえ知っています。[67]この問題を防ぐ別の方法は、あるフロアから別のフロアに移動するすべての人を1つのグループとして扱い、そのグループに1台の車だけを割り当てることです。

同じ目的地スケジューリングの概念は、グループ高速輸送などの公共交通機関にも適用できます。

車外にあるオーチスコンパスの目的地ディスパッチコントロールステーション。ユーザーがボタンを押して目的の目的地のフロアを示し、パネルにディスパッチされる車が示されます。

特別な動作モード

防犯

防犯(ACP)機能により、各車は事前に定義された着陸地点で停止し、ドアを開けます。これにより、着陸時の警備員または受付係が乗客を視覚的に検査することができます。車は、さらなる需要に対応するために通過するときに、この着陸地点で停止します。

アップピーク

During up-peak mode (also called moderate incoming traffic), elevator cars in a group are recalled to the lobby to provide expeditious service to passengers arriving at the building, most typically in the morning as people arrive for work or at the conclusion of a lunch-time period when people are going back to work. Elevators are dispatched one-by-one when they reach a pre-determined passenger load, or when they have had their doors opened for a certain period of time. The next elevator to be dispatched usually has its hall lantern or a "this car leaving next" sign illuminated to encourage passengers to make maximum use of the available elevator system capacity. Some elevator banks are programmed so that at least one car will always return to the lobby floor and park whenever it becomes free.

アップピークの開始は、タイムレコーダー、特定の時間内にロビーを離れる一定数の満員の車の出発、または建物の係員が手動で操作するスイッチによってトリガーされる場合があります。

ダウンピーク

ダウンピークモードでは、グループ内のエレベータかごがロビーからサービスを提供する最上階に向けて送られ、その後、建物を離れたい乗客からのホールコールに応じて、エレベータかごがフロアを駆け下り始めます。これにより、エレベータシステムは、建物を離れる人々に最大の乗客処理能力を提供することができます。

ダウンピークの開始は、タイムレコーダー、特定の時間内にロビーに満員の車が一定数到着すること、または建物の係員が手動で操作するスイッチによってトリガーされる場合があります。

安息日サービス

安息日エレベーターモードをオンまたはオフにするスイッチ

観察力のあるユダヤ人の人口が多い地域ユダヤ人向けの施設では、「安息日エレベーター」を見つけることができますこのモードでは、エレベータがすべてのフロアで自動的に停止するため、ボタンを押さなくても乗降できます。これにより、この儀式を遵守する人々に対して安息日が有効である場合に、電気機器の操作に対する安息日禁止の違反が防止されます。[68]

ただし、安息日モードには、かなりの量のエネルギーを使用し、エレベータかごを建物のすべてのフロアで順番に上下に動かし、不要なフロアに繰り返しサービスを提供するという副作用があります。多くの階がある高層ビルの場合、車は建物のすべての階のドアを開くときにコントロールに触れない潜在的なユーザーに過度の遅延を引き起こさないように、十分な頻度で移動する必要があります。

一部の高層ビルでは、時間とエネルギーを節約するために、安息日エレベーターの代替フロアがある場合があります。たとえば、エレベータは、上りの途中で偶数の階にのみ停止し、下りの途中で奇数の階に停車する場合があります。

独立したサービス

独立したサービスや車の好みは、ほとんどのエレベーターに見られる特別なモードです。これは、エレベータ自体の内部またはロビーの集中制御パネルのいずれかのキースイッチによってアクティブになります。エレベータがこのモードに設定されると、ホールコールに応答しなくなります。(エレベータのバンクでは、トラフィックは他のエレベータに再ルーティングされますが、単一のエレベータでは、ホールボタンが無効になります)。エレベータは、フロアが選択されるまでドアが開いた状態でフロアに駐車されたままになり、エレベータが移動を開始するまでドアを閉じるボタンが押し続けられます。独立したサービスは、大きな商品を輸送したり、特定のフロア間で人々のグループを移動したりするときに役立ちます。

検査サービス

検査サービスは、資格のあるエレベータ整備士による検査と保守の目的で、昇降路と車の上部へのアクセスを提供するように設計されています。これは、通常「検査」、「カートップ」、「アクセス有効化」、または「HWENAB」(HoistWayアクセスENABledの略)というラベルの付いた車の操作パネルのキースイッチによって最初にアクティブになります。このスイッチをアクティブにすると、移動するとエレベータが停止し、車の呼び出しがキャンセルされ(ボタンが無効になり)、ホールの呼び出しがグループ内の他のエレベータかごに割り当てられます(または単一のエレベータ構成でキャンセルされます)。エレベータは、対応する「アクセス」キースイッチによってのみ移動できるようになりました。通常、最も高い(車の上部にアクセスするため)および最も低い(エレベータピットにアクセスするため)踊り場にあります。アクセスキースイッチを使用すると、昇降路のドアを開いた状態で、車を検査速度を落として移動できます。この速度は、ほとんどのコントローラーで通常の動作速度の最大60%の範囲であり、通常は地域の安全コードで定義されています。

エレベータにはカートップ検査ステーションがあり、整備士が車を昇降路に通すために操作することができます。通常、UP、RUN、DOWNの3つのボタンがあります。車をその方向に動かすには、RUNボタンと方向ボタンの両方を押したままにする必要があります。ボタンを離すと、エレベータは動きを停止します。他のほとんどのエレベータには、上下のトグルスイッチとRUNボタンがあります。検査パネルには、作業ランプと電動工具用の標準電源コンセントもあります。

消防

エレベーターの場所に応じて、消防コードは州ごと、国ごとに異なります。消防は通常、フェーズ1とフェーズ2の2つのモードに分けられます。これらは、エレベータが入ることができる個別のモードです。

フェーズ1モードは、建物内の対応する煙センサーまたは熱センサーによってアクティブ化されます。アラームが作動すると、エレベータは自動的にフェーズ1に入ります。エレベータは一定時間待機してから、ナッジモードに入り、エレベータが床を離れることを全員に通知します。エレベータが床を離れると、アラームが鳴った場所に応じて、エレベータは火災リコールフロアに移動します。ただし、火災リコールフロアでアラームが作動した場合、エレベータにはリコールするための代替フロアがあります。エレベータがリコールされると、リコールフロアに進み、ドアが開いた状態で停止します。エレベータは、呼び出しに応答したり、どの方向にも移動しなくなります。消防リコールフロアには、消防署のキースイッチがあります。消防キースイッチには、消防をオフにする機能があります。消防をオンにするか、消防をバイパスします。エレベータを通常のサービスに戻す唯一の方法は、アラームがリセットされた後にエレベータをバイパスに切り替えることです。

消防士のサービスモードで英国のKONEエコディスクエレベーター

フェーズ2モードは、中央制御パネルのエレベータ内にあるキースイッチによってのみアクティブにできます。このモードは、消防士が燃えている建物から人々を救助できるように作成されました。 COPにあるフェーズ2キースイッチには、オフ、オン、ホールドの3つの位置があります。フェーズ2をオンにすることで、消防士は車を動かすことができます。ただし、独立サービスモードと同様に、消防士がドアを閉じるボタンを手動で押し続けない限り、車は車の呼び出しに応答しません。エレベータが目的の階に到達すると、消防士がドア開放ボタンを押さない限り、エレベータはドアを開けません。これは、床が燃えていて、消防士が熱を感じることができ、ドアを開けないことを知っている場合です。消防士は、ドアが完全に開くまでドアオープンボタンを押し続ける必要があります。何らかの理由で消防士がエレベータを離れたい場合は、キースイッチのホールド位置を使用して、エレベータがその階に留まっていることを確認します。消防士がリコールフロアに戻りたい場合は、キーをオフにしてドアを閉めるだけです。

救急医療またはコードブルーサービス

病院で一般的に見られるコードブルーサービスにより、緊急時に使用するためにエレベータを任意のフロアに呼び出すことができます。各フロアにはコードブルーのリコールキースイッチがあり、起動すると、エレベータシステムは、進行方向や乗客の負荷に関係なく、最も速く応答できるエレベータかごを即座に選択します。エレベータ内の乗客は、ドアが開くとエレベータを出るためのアラームとインジケータライトで通知されます。

エレベータが床に到着すると、ドアを開けたまま駐車し、乗客がエレベータを制御できないように車のボタンが無効になります。次に、医療関係者は車内のコードブルーのキースイッチをアクティブにし、フロアを選択して、ドアを閉じるボタンでドアを閉じる必要があります。その後、エレベータは選択した階までノンストップで移動し、車のスイッチが切られるまでコードブルーのサービスを継続します。一部の病院のエレベータは、コードブルーのキースイッチ(消防署と同様)に「ホールド」位置を備えており、コードブルーが無効になるまでエレベータは使用できないフロアに留まることができます。

暴動モード

内乱、暴動、暴動が発生した場合、管理者はエレベーターがロビーや駐車場に停車するのを防ぎ、建物のテナントが建物の残りの部分でエレベーターを使用できるようにしながら、不要な人がエレベーターを使用するのを防ぐことができます。

非常用電源操作

現在、多くのエレベータ設備には、停電時にエレベータを使用できるようにし、人々がエレベータに閉じ込められるのを防ぐ無停電電源装置(UPS)などの非常用電源システムが搭載されています。 BS 9999安全基準に準拠するには、緊急事態で使用される乗客用リフトに2次電源が必要です。多くの場合、セカンダリメインフィードを提供することは単純に不可能です。 [なぜですか? ]したがって、UPSまたは発電機の組み合わせが代わりに使用されます。

病院で発電機が二次電源として使用されている場合、医療施設は少なくとも月に1回、負荷がかかった状態で非常用発電機をテストする必要があるという規制を満たすために、UPSも存在する必要があります。テスト期間中、リフトに電力を供給しているのは1つの電源のみであり、UPSがない停電状態では、リフトは動作しません。

トラクションエレベーター

トラクションエレベータシステムで電力が失われると、すべてのエレベータが最初に停止します。グループ内の各車は、1台ずつロビーフロアに戻り、ドアを開けてシャットダウンします。残りのエレベータの人々は、インジケータライトを見たり、エレベータがまもなくロビーに戻ることを知らせる音声アナウンスを聞いたりする場合があります。すべての車が正常に戻ると、システムは通常の操作に使用する1台以上の車を自動的に選択し、これらの車はサービスに戻ります。非常用電源で走行するように選択された車は、ロビーのキーまたはストリップスイッチで手動で上書きできます。閉じ込めを防ぐために、システムが電力不足を検出すると、走行中の車をロビーまたは最寄りのフロアに運び、ドアを開けてシャットダウンします。

油圧エレベーター

油圧式エレベータシステムでは、非常用電源によってエレベータが最も低い着陸地点まで下がり、ドアが開いて乗客が降りることができます。その後、ドアは調整可能な期間の後に閉じ、通常はエレベータの主電源スイッチを切り替えることにより、リセットされるまで車は使用できなくなります。通常、ポンプモーターの始動時に大電流が流れるため、油圧エレベータは標準の非常用電源システムを使用して稼働しません。病院や老人ホームのような建物は、通常、この引き分けに対応するために非常用発電機のサイズを決めています。ただし、一般に「ソフトスタート」コンタクタとして知られている電流制限モータースターターの使用が増えると、この問題の多くが回避され、ポンプモーターの消費電流はそれほど制限されません。

近代化

日本のエレベーター試験塔

ほとんどのエレベータは、指定されたサービス間隔とメーカーによる定期的な保守/検査が守られている限り、約30年から40年のサービスを提供するように構築されています。エレベータの老朽化と機器の検索または交換がますます困難になり、コードの変更と乗り心地の低下に伴い、エレベータの完全なオーバーホールが建物の所有者に提案される場合があります。

典型的な近代化は、コントローラー機器、電気配線とボタン、位置インジケーターと方向矢印、ホイストマシンとモーター(ドアオペレーターを含む)、そして時にはドアハンガートラックで構成されています。車のスリング、レール、またはその他の重い構造物が変更されることはめったにありません。エレベータの近代化のコストは、設置する機器のタイプによって大きく異なります。

近代化は、電気リレーと接点をソリッドステート電子機器に置き換えることにより、運用の信頼性を大幅に向上させることができます。モータージェネレーターベースのドライブ設計を可変電圧、可変周波数(V3F)ドライブ置き換えて、ほぼシームレスな加速と減速を提供することにより乗り心地を向上させることができます現在の規則に準拠するようにシステムと機器を更新することにより、乗客の安全性も向上します。

安全性

2014年2月26日、欧州連合は指令通知を通じて安全基準の採用を発表しました。[69]

トラクションエレベーター

知事

統計的に言えば、トラクションエレベータは非常に安全です。彼らの安全記録は、他のどの車両システムよりも優れています。 1998年には、エレベータの乗車の約800万分の1(1200万分の1)が異常を引き起こすと推定され、これらの大部分はドアが開かないなどの軽微なものでした。[要出典]毎年20〜30人のエレベーター関連の死亡のうち、そのほとんどはメンテナンス関連です。たとえば、技術者がシャフトに寄りかかりすぎたり、可動部品の間に挟まれたりします[70]。残りのほとんどは空のシャフトに開いているドアを盲目的に踏んだり、ドアに引っかかったスカーフに首を絞められたりするなど、他の種類の事故が原因です。[70]実際、9月11日のテロ攻撃の前に、現代のケーブル式エレベーターで唯一知られている自由落下事件は、B-25爆撃機が霧の中でエンパイアステートビルを襲い、エレベーターキャブのケーブルを切断した1945年に発生しました。75階から建物の底まで落ちたガバナーケーブルは、唯一の乗員であるエレベーターのオペレーターに重傷を負わせました(殺害はしませんでしたが)。[71]しかし、2007年にシアトルの小児病院で事件が発生し、安全ブレーキがかかるまでティッセンクルップISISの機械室のないエレベーターが自由落下した。[72] This was due to a flaw in the design where the cables were connected at one common point, and the kevlar ropes had a tendency to overheat and cause slipping (or, in this case, a free-fall). While it is possible (though extraordinarily unlikely) for an elevator's cable to snap, all elevators in the modern era have been fitted with several safety devices which prevent the elevator from simply free-falling and crashing. An elevator cab is typically borne by 2 to 6 (up to 12 or more in high rise installations) redundantホイストケーブルまたはベルト。それぞれが、エレベータの定格負荷に加えて25%以上の重量をサポートすることができます。さらに、エレベータが設計された最大速度よりも速く下降しているかどうかを検出するデバイスがあります。これが発生した場合、デバイスは銅(または高層設備では窒化ケイ素セラミック)ブレーキシューをシャフトの垂直レールに沿って固定し、エレベータをすばやく停止しますが、怪我をするほど突然ではありません。この装置は知事と呼ばれ、エリシャ・グレイブス・オーティスによって発明されました[71]さらに、オイル/油圧またはスプリングまたはポリウレタンまたは伸縮式オイル/油圧バッファーまたはそれらの組み合わせ(移動高さと移動速度に応じて)がシャフトの下部(またはキャブの下部、場合によってはキャブまたはシャフトの上部)を使用して、衝撃をある程度緩和します。[70]しかし、2012年11月のタイでは、「落下したリフトによって引き起こされた最初の法的に認められた死」として報告された、自由落下するエレベーターで女性が殺された。[73]

油圧エレベーター

油圧エレベータの過去の問題には、シリンダーと隔壁の地下電解破壊、パイプの故障、制御の故障などがあります。通常、1972年のASME A17.1エレベーター安全コードの変更前に製造された単一の隔壁シリンダーは、2番目の皿型隔壁を必要とし、壊滅的な故障の可能性がありました。以前のコードでは、シングルボトム油圧シリンダーのみが許可されていました。シリンダーが破損した場合、流体の損失により、エレベータが制御不能に下降します。これにより、2つの重大な危険が生じます。エレベータが突然停止したときに下部が衝撃を受けることと、ライダーが部分的にエレベータに乗っている場合に潜在的なせん断の入り口にいることです。システムを常に検証することは不可能であるため、コードでは圧力能力を定期的にテストする必要があります。シリンダーの破裂から保護するための別の解決策は、プランジャーグリップ装置を取り付けることです。市販されている2つは、「LifeJacket」と「HydroBrake」の販売名で知られています。プランジャーグリッパーは、制御されていない下向きの加速が発生した場合に、プランジャーを非破壊的にグリップして車を停止させる装置です。過速度または破裂バルブと呼ばれる装置がシリンダーの油圧入口/出口に取り付けられ、最大流量に調整されます。パイプまたはホースが破損(破裂)した場合、破裂バルブの流量は設定された制限を超え、の出口の流れを機械的に停止します。油圧作動油、したがってプランジャーと車を下方向に停止します。

古い油圧エレベータの安全上の懸念に加えて、油圧オイル帯水層に漏れ、潜在的な環境汚染を引き起こすリスクがあります。これにより、油圧シリンダーの周囲PVCライナー(ケーシング)が導入され、完全性を監視できるようになりました。

過去10年間で、倒立油圧ジャッキの最近の革新により、ボアホールジャッキを設置するために地面を掘削するコストのかかるプロセスが排除されました。これにより、システムへの腐食の脅威が排除され、安全性が向上します。

坑道エレベーター

坑道エレベータレールの安全性試験は定期的に行われています。この方法には、ケーブルのセグメントの破壊テストが含まれます。セグメントの端は擦り切れてから、円錐形の亜鉛型にセットされます。次に、セグメントの両端を大型の油圧式ストレッチ機で固定します。次に、セグメントは、障害発生するまで増加する負荷にさらされます。弾性、荷重、その他の要因に関するデータがまとめられ、レポートが作成されます。次に、レポートを分析して、レール全体が安全に使用できるかどうかを判断します。

使用し

フジテックブロック192、ビシャン、トラクションエレベーターシンガポール

旅客サービス

乗客用エレベーターは、建物のフロア間で人を移動させるように設計されています。

乗客用エレベーターの容量は、利用可能な床面積に関連しています。一般に、乗客用エレベータは、230 kg(500 lb)刻みで500〜2,700 kg(1,000〜6,000 lb)の容量で利用できます。[要出典]一般に、8階以下の建物の乗客用エレベータは油圧式または電気式であり、最大1 m / s(200フィート/分)の油圧式および最大3 m / s(500フィート/分)の電気式の速度に達することができます。 。 10階までの建物では、電気およびギアレスエレベータの速度は最大3 m / s(500 ft / min)である可能性が高く、10階を超えると速度は3〜10 m / s(500〜2,000 ft / min)の範囲になります。[要出典]

時々、旅客用エレベーターはケーブルカーと一緒に都市交通機関として使用されます。たとえばウクライナのヤルタにはホテルが建っている黒海の上の丘の頂上から、下のビーチにあるトンネルまで乗客を乗せる3駅の地下公共エレベーターがあります。メトロビルバオのカスコビエホ駅では、丘の上の近所から駅へのアクセスを提供するエレベーターが都市交通機関を兼ねています。駅のチケットバリアは、乗客が料金を支払ってエレベーターの入り口からエレベーターに到達できるように設定されています。低い都市、またはその逆。都市交通用エレベーターのセクションも参照してください

乗客用エレベーターの種類

世界貿易センターのツインタワーは、各タワーの44階と78階にあるスカイロビーを使用していました

乗客用エレベーターは、病院の緊急事態(コードブルー)、正面玄関と背面玄関、高層ビルのテレビ、2階建てバス、その他の用途など、実行するサービスに特化している場合があります。車は、その外観が華やかで、視聴覚広告があり、特別に録音された音声アナウンスが提供されている場合があります。エレベーターには、落ち着いてイージーリスニングの音楽を再生するためのスピーカーが搭載されている場合もあります。このような音楽は、しばしばエレベータ音楽と呼ばれます。

エクスプレスエレベーターはすべてのフロアに対応しているわけではありません。たとえば、1階とスカイロビーの間を移動したり、1階またはスカイロビーからさまざまな階に移動したりして、その間の階をスキップします。これらは特に東アジアで人気があります。

容量

住宅用エレベーターは、1人しか収容できないほど小さい場合もあれば、12人以上を収容できるほど大きい場合もあります。車椅子、またはプラットフォームエレベータは、車椅子を3.7 m(12フィート)以下で移動するように設計された特殊なタイプのエレベータであり、多くの場合、340 kg(750ポンド)の負荷で一度に1人の車椅子に乗ることができます。[74]

貨物用エレベーター

鉄道貨物室とシカゴトンネル会社の線路の間で狭軌の鉄道車両を持ち上げるための1905年からの専用エレベーター
バージニア州の大学のキャンパスに表示されている貨物用エレベーターの内部。それは非常に基本的ですが、貨物の積み込みには頑丈です。

貨物用エレベーター、または商品用リフトは、乗客ではなく商品を運ぶために設計されたエレベーターです。貨物用エレベータは、一般に、乗客による使用が禁止されていることを車内に書面で通知する必要があります(必ずしも違法ではありません)が、特定の貨物用エレベータでは、目立たないライザーを使用してデュアルユースを許可しています。一部の法域でエレベータが乗客を運ぶことが合法であるためには、しっかりした内部ドアが必要です。貨物用エレベータは通常、乗用エレベータよりも大きく、重い荷物を運ぶことができます。通常、2,300〜4,500kgです。貨物用エレベータは手動でドアを操作する場合があり、多くの場合、積み降ろし中の損傷を防ぐために頑丈な内部仕上げが施されています。油圧式貨物用エレベーターは存在しますが、ケーブル式エレベーター、またはトラクションエレベータは、特に高層ビルでの貨物輸送の作業に対して、よりエネルギー効率が高くなります。[要出典]

歩道エレベーター

歩道のエレベーターは貨物エレベーターの特殊なタイプです。歩道のエレベーターは、地下室と地上のエリア、多くの場合、建物のすぐ外の歩道の間で資材を移動するために使用されます。それらは外部スイッチを介して制御され、地上レベルの金属製トラップドアから出てきます。歩道のエレベータかごは、このドアが自動的に開閉できるようにする独特の形状のトップを備えています。[75]

ステージリフト

ステージリフトオーケストラリフトは特殊なエレベータであり、通常は油圧で駆動され、劇場のステージのセクション全体を上下させるために使用されます。たとえば、ラジオシティミュージックホールには、このようなエレベーターが4つあります。ステージの広い領域をカバーするオーケストラリフトと、ステージの後部近くにある3つの小さなリフトです。この場合、オーケストラリフトは、オーケストラ全体、またはパフォーマーのキャスト全体(生きている象を含む)を下からステージレベルまで上げるのに十分強力です。左の画像の背景には、メカニズムのサイズを表すためのスケールとして使用できるバレルがあります

車両用エレベーター

車両用エレベータは、建物やスペースが限られているエリア(スロープの代わり)内で、一般的にを駐車場やメーカーの倉庫に移動するために使用されます。ギア付き油圧チェーン(自転車チェーンとは異なります)は、プラットフォームの揚力を生成し、カウンターウェイトはありません。建物の設計に対応し、アクセシビリティを向上させるために、プラットフォームが回転して、ドライバーが前方に運転するだけで済むようにすることができます。ほとんどの車両用エレベータの耐荷重は2トンです。

Rare examples of extra-heavy elevators for 20-ton lorries, and even for railcars (like one that was used at Dnipro Station of the Kyiv Metro) also occur.

Boat lift

In some smaller canals, boats and small ships can pass between different levels of a canal with a boat elevator rather than through a canal lock.

Aircraft elevators

An F/A-18C on an aircraft elevator of USS Kitty Hawk

For aircraft

On aircraft carriers, elevators carry aircraft between the flight deck and the hangar deck for operations or repairs. These elevators are designed for much greater capacity than other elevators, up to 91,000 kg (200,000 lb) of aircraft and equipment. Smaller elevators lift munitions to the flight deck from magazines deep inside the ship.

Within aircraft

On some passenger double-deck aircraft such as the Boeing 747 or other widebody aircraft, elevators transport flight attendants and food and beverage trolleys from lower deck galleys to upper passenger carrying decks.[76]

Limited use and limited application

The limited-use, limited-application (LU/LA) elevator is a special purpose passenger elevator used infrequently, and which is exempt from many commercial regulations and accommodations. For example, a LU/LA is primarily meant to be handicapped accessible, and there might only be room for a single wheelchair and a standing passenger.

住宅用エレベーター

統合された昇降路構造と機械室のない設計を備えた住宅用エレベーター

住宅用エレベータまたはホームリフトは、多くの場合、完全な商用エレベータよりも低コストで複雑であることが許可されています。それらは、商業用エレベーターの典型的な金属製の引き戸ではなく、ヒンジ付きの木製シャフトアクセスドアなど、家具に適した独自の設計特性を備えている場合があります。構造は、メンテナンス期間が短い商用設計よりも堅牢性が低い場合がありますが、誤動作が発生した場合でも、シャフトアクセスドアのロック、落下防止装置、緊急電話などの安全システムを備えている必要があります。

米国機械学会(ASME)は、住宅エレベーターを扱う安全コード(ASME A17.1 5.3節)の特定のセクションがあります。このセクションでは、特定のユーザーまたはユーザーグループによる住宅用エレベーターの限定的な使用に基づいて、さまざまなパラメーターを使用して設計の複雑さを軽減できます。 ASME A17.1安全コードのセクション5.3は、集合住宅を含まない個人住宅エレベーター用です。[77]

Some types of residential elevators do not use a traditional elevator shaft, machine room, and elevator hoistway. This allows an elevator to be installed where a traditional elevator may not fit, and simplifies installation. The ASME board first approved machine-room-less systems in a revision of the ASME A17.1 in 2007. Machine-room-less elevators have been available commercially since the mid 1990s, however cost and overall size prevented their adoption to the residential elevator market until around 2010.[78]

Also, residential elevators are smaller than commercial elevators. The smallest passenger elevator is pneumatic, and it allows for only 1 person.[79] The smallest traction elevator allows for just 2 persons.[80]

Dumbwaiter

エレベーターは、乗客ではなく、食べ物、本、またはその他の小さな貨物を運ぶことを目的とした小さな貨物用エレベーターです。彼らはしばしばキッチンを他の階の部屋に接続します。それらは通常、冗長性のためのさまざまなロープのように、乗客用エレベータに見られるのと同じ安全機能を備えていません。それらは容量が少なく、高さは最大1メートル(3フィート)になる可能性があります。すべての停車場のコントロールパネルは、乗客用エレベータに見られるものを模倣しており、呼び出し、ドア制御、およびフロアの選択が可能です。

パテルノスター

A special type of elevator is the paternoster, a constantly moving chain of boxes. A similar concept, called the manlift or humanlift, moves only a small platform, which the rider mounts while using a handhold seen in multi-story industrial plants.

Scissor lift

A mobile scissor lift, extended to near its highest position

The scissor lift is yet another type of elevator. These are usually mobile work platforms that can be easily moved to where they are needed, but can also be installed where space for counter-weights, machine room and so forth is limited. The mechanism that makes them go up and down is like that of a scissor jack.

ラックアンドピニオンエレベータ

ラックアンドピニオンエレベータは、ピニオンギアを駆動するモーターによって駆動されます。建物や構造物の外装に設置でき、機械室や昇降路が不要なため、建設中の建物(資材や工具の上下移動)に最もよく使われるエレベータです。[81] [82]

マテリアルハンドリングベルトとベルトエレベータ

Material transport elevators generally consist of an inclined plane on which a conveyor belt runs. The conveyor often includes partitions to ensure that the material moves forward. These elevators are often used in industrial and agricultural applications. When such mechanisms (or spiral screws or pneumatic transport) are used to elevate grain for storage in large vertical silos, the entire structure is called a grain elevator. Belt elevators are often used in docks for loading loose materials such as coal, iron ore and grain into the holds of bulk carriers

時々人間のためのベルトリフトがありました。これらは通常、ベルトの長さに沿って約2 m(6 ft 6.7 in)ごとにステップがあり、ベルトは垂直に移動するため、乗客は1つのステップに立って、上のステップを保持できます。これらのベルトは、たとえば、駐車場の従業員を運ぶために使用されることもありますが、公共の使用には危険すぎると考えられています。

社会的影響

エレベーターが普及する前は、ほとんどの住宅は約7階建てに制限されていました。裕福な人々は低層階に住み、貧しい住民は多くの階段を上る必要があり、高層階に住んでいました。エレベーターは、モダンなペントハウススイートに代表されるように、この社会階層を逆転させました。[83]

エレベーターの初期のユーザーは、降下中の突然の停止によって引き起こされる吐き気を報告することがあり、一部のユーザーは階段を使って降りるでしょう。 1894年、シカゴの医師は「エレベーターの病気」を記録しました。[83]

エレベーターは新しい社会的プロトコルを必要としました。ロシアのニコライ2世がベルリンホテルアドロン訪れたとき、彼の廷臣たちは誰が最初にエレベーターに入るのか、そして誰がボタンを押すのかについてパニックになりました。Lifted:A Cultural History of the Elevator』では、著者のAndreas Bernardが、行き詰まったエレベーターに関するスリラー映画、エレベーターでの偶然の出会いや性的緊張、個人的なスペースの減少や閉所恐怖症、個人的な懸念など、現代のエレベーターによって引き起こされるその他の社会的影響について説明しています。衛生。[84]

便利な機能

LCDエレベーターフロアインジケーター
ウォルドルフアストリアニューヨークにある典型的なエレベーターインジケーターこのエレベーターはオーティスによって作られました。

エレベーターは、視覚障害者のためのアクセシビリティ補助として会話装置を備えている場合があります。フロア到着通知に加えて、コンピューターは進行方向をアナウンスし(OTISは一部のGEN2モデルエレベータでこれでよく知られています)、ドアが閉まる前に乗客に通知します。

エレベータには、呼び出しボタンに加えて、通常、フロアインジケータ(多くの場合LEDで点灯)と方向灯があります。前者は、2つ以上の停車場があるキャブ内部ではほぼ普遍的であり、エレベータの外側の1つまたは複数のフロアにもあります。フロアインジケーターは、回転する付いダイヤル構成できますが、最も一般的なタイプは、連続して点灯するフロアインジケーターまたはLCDを備えたものです。同様に、エレベータによっては、フロアの変更やフロアへの到着が音で示されます。

方向灯籠はエレベータかごの内側にも外側にもありますが、エレベータに乗るかどうかを決めるのが主な目的であるため、常に外側から見えるようにする必要があります。エレベータを待っている人が上昇したいのに、車が最初に来て下降していることを示している場合、その人はエレベータに乗らないことを決定する可能性があります。人が待つ場合、それでも人は上がるのをやめます。方向指示器は、矢印でエッチングされたり、矢印のような形をしたり、赤く点灯するものは「下」を意味し、緑(または白)は「上」を意味するという慣習を使用することがあります。色の規則は、それを呼び出さないシステムによって損なわれたり上書きされたりすることが多いため、通常、他の差別化要因と組み合わせてのみ使用されます。エレベータが方向を区別するために色の規則のみを使用する場所の例は、シカゴ現代美術館。1つの円を「上」の場合は緑に、「下」の場合は赤に点灯させることができます。場合によっては、インジケーターの相対的な位置によって方向を推測する必要があります。

ランタンに加えて、ほとんどのエレベータには、ドアが開く前または後にエレベータが上がっているか下がっているかを示すチャイムがあり、通常はランタンが点灯します。たとえば、1つのチャイムは「上」、2つのチャイムは「下」を示し、チャイムは「フリー」のエレベータを示しません。[85] [追加の引用が必要]

ロンドン市の景色を望む仮想窓付​​きのエレベーター

天文台のサービスエレベータは、台北101のサービスエレベータの場合と同様に、エレベータの速度、ストップウォッチ、現在の位置(高度)など、他の重要な事実を伝えることがよくあります。

閉所恐怖症人為恐怖症または社会不安に苦しむ乗客により良い体験を提供することを目的としたいくつかの技術がありますイスラエルのスタートアップDigiGageは、モーションセンサーを使用して、キャブが上下に移動するときに、壁に埋め込まれた画面上で事前にレンダリングされた画像、建物、およびフロア固有のコンテンツをスクロールします。[86]英国の会社LiftEyeは、一般的なエレベーターをパノラマに変える仮想窓技術を提供しています。ファサードに沿って垂直に配置されたカメラからのライブフィードを使用して3Dビデオパノラマを作成し、キャブの動きと同期させます。ビデオは壁サイズのスクリーンに映し出され、壁がガラスでできているように見えます。[87]

エアコン

Elevator airflow diagram

The primary reason for installing an elevator air conditioner is the comfort that it provides while travelling in the elevator. It stabilises the condition of the air inside the elevator car. Some elevator air conditioners can be used in countries with cold climates if a thermostat is used to reverse the refrigeration cycle to warm the elevator car.

冷却プロセスで発生した熱は、昇降路に放散されます。エレベータキャブ(または車)は通常気密ではなく、この熱の一部が車に再び入り、全体的な冷却効果を低下させる可能性があります。

ロビーからの空気は、エレベータの動きやエレベータシャフトの換気要件により、常にエレベータシャフトに漏れています。エレベータでこの調整された空気を使用しても、エネルギーコストは増加しません。ただし、独立したエレベータエアコンを使用して車内の温度制御を改善することで、より多くのエネルギーが使用されます。

空調は凝縮が発生するため、エレベータに問題を引き起こします。生成された凝縮水は処分する必要があります。そうしないと、エレベータかごや昇降路に洪水が発生します。

凝縮水を除去する方法

エアコンから凝縮水を取り除くには、少なくとも4つの方法があります。ただし、各ソリューションには長所と短所があります。

噴霧化

凝縮水を噴霧することとしても知られる噴霧化は、凝縮水を処分する1つの方法です。エアコンのホットコイルに超微細な水滴を吹き付けることで、凝縮した水を素早く蒸発させます。

これは凝縮水を処分するための最良の方法の1つですが、水を噴霧するノズルが詰まりやすいため、最もコストのかかる方法の1つでもあります。コストの大部分は、噴霧システム全体の維持に費やされます。

沸騰

凝縮水の処理は、最初に凝縮水を収集し、次にそれを沸点以上に加熱することによって機能します。凝縮した水は最終的に蒸発し、それによって処分されます。

この水を処分するためだけに使用されるエネルギーの割合が高いため、消費者はこのシステムの採用に消極的です。

カスケード

カスケード方式は、凝縮した水をエアコンのホットコイルに直接流すことで機能します。これにより、最終的に凝縮水が蒸発します。

この技術の欠点は、凝縮水を蒸発させるためにコイルを非常に高温にする必要があることです。水が完全に蒸発せず、車外に水が溢れる可能性があります。

排水システム

Drainage system works by creating a sump to collect the condensed water and using a pump to dispose of it through a drainage system.

It is an efficient method, but it comes at a heavy price because the cost of building the sump. Moreover, maintaining the pump to make sure it operates is very expensive. Furthermore, the pipes used for drainage would look ugly on the exterior. This system also cannot be implemented on a built project.

ISO 22559

A symbol for elevator
Elevator for the disabled at Kaohsiung Mosque in Taiwan

エレベータの機械的および電気的設計は、国際、国内、州、地域、または都市ベースのさまざまな規格(別名エレベータコード)に従って決定されます。かつては多くの基準が規範的であり、遵守しなければならない正確な基準を指定していましたが、最近では、エレベータが基準を満たすか上回ることを保証する責任が設計者にある、よりパフォーマンスベースの基準へのシフトがあります。

全国エレベーター基準:

  • オーストラリア– AS1735
  • カナダ– CAN / CSA B44
  • ヨーロッパ– EN 81シリーズ(EN 81-20、EN 81-21、EN 81-28、EN 81-70、EN 12015、EN 12016、EN 13015など)
  • インド–インド規格–ホームリフトの設置と保守(行動規範2002)[88]
  • 米国– ASME A17

ISO 22559シリーズ「リフト(エレベータ)の安全要件」に収斂:[89] [90]

  • パート1:グローバルな必須安全要件(GESR)。
  • パート2:グローバルな必須安全要件(GESR)を満たす安全パラメータ。
  • パート3:グローバル適合性評価手順(GCAP)–リフトシステム、リフトコンポーネント、およびリフト機能の適合性を証明するための前提条件
  • パート4:グローバル適合性評価手順(GCAP)–認証および認定要件

ISO / TC 178は、リフト、エスカレーター動く歩道に関する技術委員会です。[91] [92]

エレベータは建物の一部であるため、耐震性防火基準電気配線規則などに関連する建築基準基準にも準拠する必要があります

American National Elevator Standards Group(ANESG)は、エレベーターの重量基準を1,000 kg(2,200ポンド)に設定しています。

障害者によるアクセスに関連する追加の要件は、アメリカ障害者法などの法律または規制によって義務付けられている場合がありますStar of Lifeのマークが付いたエレベーターは担架に十分な大きさです[93]

米国およびカナダの標準仕様

A typical elevator style found in many modern residential and small commercial buildings

In most US and Canadian jurisdictions, passenger elevators are required to conform to the American Society of Mechanical Engineers' Standard A17.1, Safety Code for Elevators and Escalators. As of 2006, all states except Kansas, Mississippi, North Dakota, and South Dakota have adopted some version of ASME codes, though not necessarily the most recent.[94] In Canada the document is the CAN/CSA B44 Safety Standard, which was harmonized with the US version in the 2000 edition.[citation needed]さらに、乗客用エレベータは、地域の管轄区域によって参照されている場合、既存のエレベータのA17.3の要件に準拠する必要がある場合があります。乗客用エレベータは、ASMEA17.2規格を使用してテストされています。これらのテストの頻度は、町、市、州、または地方の基準である地方の管轄によって義務付けられています。

乗客用エレベーターは、地方または州の建築基準法、電気、スプリンクラーおよび火災警報器に関する全米防火協会の基準、配管コード、HVACコードなど、多くの補助的な建築基準法にも準拠する必要があります。また、乗客用エレベーターは、障害を持つアメリカ人法およびその他の州および連邦の公民権法に準拠する必要があります。

住宅用エレベーターは、ASMEA17.1に準拠する必要があります。プラットフォームと車椅子のエレベーターは、ほとんどの米国の管轄区域でASMEA18.1に準拠する必要があります。

ほとんどのエレベータには、建物の所有者がエレベータを操作するための許可が表示される場所があります。一部の法域では、許可証をエレベータキャブに表示する必要がありますが、他の法域では、運転許可証をメンテナンスオフィスなどの他の場所に保管し、必要に応じて検査できるようにすることができます。このような場合、許可証がエレベータキャブに表示される代わりに、実際の許可証が保管されている場所をライダーに通知する通知がその場所に掲示されることがよくあります。

ユニークなインスタレーション

世界統計

設置されたエレベーターの数
イタリア 900,000
アメリカ 900,000
中国 4,000,000
韓国 530,000

700,000(2019年6月現在)

ロシア 520,000 [要出典]
スペイン 950,000 [95]

2008年1月の時点でスペインは1人あたりのエレベーター設置数が世界で最も多い国であり[96]毎日1億台以上のリフトを運行する95万台のエレベーターが設置され[97]、続いて米国では70万台のエレベーターが設置されています。中国61万台のエレベータとは1949年以来設置[98]においてブラジル、現在動作中の約30万エレベーターがあると推定されます。[99] [100]エレベーターの世界最大の市場はイタリアであり、売上高は16億2900万ユーロ、国内市場は12億2400万ユーロを超えています。

スペインでは、メンテナンス用のエレベーターは年間400万ユーロ、修理費は2億5000万ユーロです。2012年、スペインは3億ユーロのエレベーターを輸出しました。[要出典]

韓国で2015年現代のエレベータに追加36,000と操作における53万エレベータは、ある有し、48%の市場シェアティッセンクルップエレベーターコリア(旧東洋エレベーター社製)17%、オーチスエレベータ韓国(旧エレベータ分割LG産業システム) 2015年時点で16%。韓国は2018年に5万台のエレベーター販売を記録し、2019年6月現在で70万台の累積運転を行っています。韓国の年間エレベーターメンテナンス市場は約10億米ドルです。[要出典]

エッフェル塔

エッフェル塔のエレベーター滑車

エッフェル塔は、第一および第二のレベルにグランドレベルを提供し、タワーの足に組み込まれてオーチスダブルデッキエレベーターを持っています。シャフトはタワーの輪郭に沿って斜め上向きに走っていますが、上下の車はどちらも水平に水平に保たれています。2台の車のオフセット距離は、移動中に変化します。

2階から3階まで走る伝統的なデザインのエレベータかごが4両あります。車は反対側のペア(エレベータの着陸/ホールの反対側)に接続され、カウンターウェイトとして相互に使用されます。1台の車がレベル2から上昇すると、もう1台はレベル3から下降します。これらのエレベータの動作は、車内の光信号によって同期されます。

スタチューオブユニティ

高さ182メートル(597フィート)の世界で最も高い像である統一像には、高さ153メートル(502フィート)のビューイングギャラリーにつながる10個の高速(毎秒4メートル(13フィート/秒))のエレベーターがあります。[101]

台北101

台北101の展望台エレベーターフロアインジケーター

インストールダブルデッキエレベータ、東芝使用コネEcoDisc機械は、[要出典]で使用されている台北101オフィスタワー。偶数階の入居者は、まずエスカレーター(または立体駐車場からエレベーター)で2階に上がり、上甲板に入り階に到着します。下のデッキは、ボリュームの少ない時間帯にオフになり、上のデッキは、隣接するすべてのフロアで停止するシングルレベルのエレベーターとして機能できます。たとえば、85階のレストランには60階のスカイロビーからアクセスできます。レストランのお客様は、2階のフロントカウンターで予約をクリアする必要があります。エクスプレスエレベーターのバンクは、スカイロビーレベル(36と60、アッパーデッキカー)にのみ停車し、テナントは「ローカル」エレベーターに乗り換えることができます。

高速展望台エレベータは、16秒で時速1,010メートル(61 km / h)の世界記録認定速度まで加速し、その後、微妙な気圧感覚で到着まで減速します。5階から37秒後にドアが開きます。特別な機能には、空力車とカウンターウェイト、および乗客が圧力変化にスムーズに適応するのに役立つキャビン圧力制御が含まれます。下向きの旅は毎分600メートルの減速で完了し、52秒でドアが開きます。

ゲートウェイアーチ

ゲートウェイアーチ路面電車の1台の車内

The Gateway Arch in St. Louis, Missouri, United States, has a unique Montgomery elevator system which carries passengers from the visitors' center underneath the Arch to the observation deck at the top of the structure.

Called a tram or tramway, people enter this unique tramway much as one would enter an ordinary elevator, through double doors. Passing through the doors the passengers in small groups enter a horizontal cylindrical compartment containing seats on each side and a flat floor. A number of these compartments are linked to form a train. These compartments each individually retain an appropriate level orientation by tilting while the entire train follows curved tracks up one leg of the arch.

アーチ内には2つの路面電車があり、1つは北端に、もう1つは南端にあります。玄関ドアには窓が付いているので、アーチ内を移動する人は、展望台への往復の際にアーチの内部構造を見ることができます。旅行の初めに、車はドライブケーブルからぶら下がっていますが、シャフトの角度が変わると、ケーブルの横に、そしてケーブルの上に行き着きます。

ドイツハノーバーの新市庁舎にあるエレベーターのシャフトを見上げる

新市庁舎、ハノーバー、ドイツ

ドイツのハノーバーにある新市庁舎のエレベーター。下部と上部にキャビンがあります。

エレベーター新市役所でのハノーバードイツではエレベーターがまっすぐを開始しますが、その後ホールのドームの輪郭に従うように15度の角度を変えると、技術的な希少性、そしてヨーロッパでユニークです。したがって、キャビンは乗車中に15度傾斜します。エレベーターは43メートルの高さを移動します。新しい市庁舎は1913年に建てられました。エレベーターは1943年に破壊され、1954年に再建されました。

ルクソール斜行エレベーター

アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスルクソールホテルエレベーター傾斜させています。このカジノの形はピラミッドで、エレベーターはピラミッドの側面を39度の角度で上っていきます。傾斜エレベーターで他の場所には、シティプレイス駅でのダラス、テキサス州ハンティントン駅ハンティントン、バージニア州、およびサンディエゴ・コンベンションセンターでは、カリフォルニア州サンディエゴを

ラディソンブル、ベルリン、ドイツ

ドイツのベルリンにあるラディソンブルホテルでは、メインエレベーターは水族館に囲まれています。高さ82フィートの水族館には、1,000種類以上の魚が生息しており、エレベーターを使用している人々に景色を眺めることができます。特別なエレベーターはドイツの会社GBH-DesignGmbHによって建てられました[102]

トワイライトゾーンタワーオブテラー

トワイライトゾーンタワーオブテラーは、オーランドのディズニーハリウッドスタジオパーク、パリのウォルトディズニースタジオパーク東京の東京ディズニーシーパークにある一連のエレベーターアトラクションの通称です。このアトラクションの中心的な要素は、高速エレベータシステムの使用によって達成されるシミュレートされた自由落下です。安全上の理由から、乗客は立っているのではなく、座席に座って固定されています。ほとんどのトラクションエレベータとは異なり、エレベータかごとカウンターウェイトドロップシャフトの上部と下部の両方を通る連続ループでレールシステムを使用して結合されます。これにより、駆動モーターがエレベータかごを下から引き下げることができ、通常の重力よりも下向きの加速度が大きくなります。高速駆動モーターは、エレベータを高速で持ち上げるためにも使用されます。

The passenger cabs are mechanically separated from the lift mechanism, thus allowing the elevator shafts to be used continuously while passengers board and embark from the cabs, as well as move through show scenes on various floors. The passenger cabs, which are automated guided vehicles or AGVs, move into the vertical motion shaft and lock themselves in before the elevator starts moving vertically. Multiple elevator shafts are used to further improve passenger throughput. The doorways of the top few "floors" of the attraction are open to the outdoor environment, thus allowing passengers to look out from the top of the structure.

"Top of the Rock" elevators

Guests ascending to the 67th, 69th, and 70th level observation decks (dubbed "Top of the Rock") atop the GE Building at Rockefeller Center in New York City ride a high-speed glass-top elevator. When entering the cab, it appears to be any normal elevator ride. However, once the cab begins moving, the interior lights turn off and a special blue light above the cab turns on. This lights the entire shaft, so riders can see the moving cab through its glass ceiling as it rises and lowers through the shaft. Music plays and various animations are also displayed on the ceiling. The entire ride takes about 60 seconds.

The Haunted Mansion

パートホーンテッドマンションの魅力ディズニーランドアナハイム、カリフォルニア州、そしてディズニーランドではパリ、フランスでは、エレベーターで行われます。乗車中の「ストレッチルーム」は、実際には下向きに移動するエレベーターであり、残りのアトラクションにつながる短いトンネルへのアクセスを提供します。エレベーターには天井がなく、シャフトは大邸宅の壁のように装飾されています。屋根がないため、見上げるとシャフトの壁が見え、部屋が伸びているような錯覚を覚えます。

都市交通用

地形をナビゲートするのが難しいいくつかの町では、エレベーターが都市交通システムの一部として使用されています。

ブラジルサルバドールのエレバドールラセルダ
中シャンクリンクリフエレベーターシャンクリンワイト島

例:

IOTエレベーター

モノのインターネット(IOT)テクノロジーアプリケーションは、リモート診断、リアルタイム通知、および予測行動の洞察の助けを借りて、パフォーマンス、運用、監視、保守を改善するためにエレベータで使用されています。[104]

World's fastest elevators

The Shanghai Tower holds the current record of world's fastest elevators with their cars travelling at 73.8 km/h (45.9 mph). The elevator, which was installed on 7 July 2016, was manufactured by Mitsubishi Electric.[105]

See also

References

  1. ^ 「エレベーターの定義」www.merriam-webster.comメリアム・ウェブスター2020年10月30日にオリジナルからアーカイブされました2020年10月27日取得
  2. ^ 「リフト、n.2」www.oed.com2019年12月26日にオリジナルからアーカイブされました2021年6月14日取得
  3. ^ 「このドイツの会社は横向きのエレベーターを発明している」建設週間オンライン中東2019年2月20日にオリジナルからアーカイブされました2019年2月20日取得
  4. ^ 今日の超高層ビルの基盤Layingセッティング アーカイブで2012年1月14ウェイバックマシン」。サンフランシスコクロニクル2008年8月23日。
  5. ^ ブリッツ、マット。「新しいレクリエーションは、古代ローマ人が野生動物をコロッセオに持ち上げた方法を示していますスミソニアンマガジン2021年4月11日にオリジナルからアーカイブされました2021年3月7日取得
  6. ^ 秘密の書-アル・ミュラディーのKitabアルAsrar - 2の第1部のYouTube
  7. ^ 「ルイ15世のフライングチェア– ExpositionSciencesetCuriositésàlaCourdeVersailles – 2010年10月26日au3 avril2011」chateauversailles.fr2016年4月26日。2016年3月4日のオリジナルからアーカイブ
  8. ^ [ガルージ、パオロ]、ed。(1987年4月10日)。レオナルドダヴィンチ、エンジニア兼建築家[モントリオール]:モントリオール美術館。ISBN 97828919208412021年10月1日にオリジナルからアーカイブされました20209月13日取得–Googleブックス経由。
  9. ^ 「コンベヤー技術:エレベーター」コンベア-tech.com。2008年6月21日にオリジナルからアーカイブされまし検索された5月19 2010
  10. ^ ベリス、メアリー。「誰がエレベーターなどを発明したかを学ぶ」Inventors.about.com2021年10月1日にオリジナルからアーカイブされました2017年4月26日取得
  11. ^ B "EW博物館"Theelevatormuseum.org2010年4月16日にオリジナルからアーカイブされまし2017年4月26日取得
  12. ^ "Skyscrapers," Magical Hystory Tour: The Origins of the Commonplace & Curious in America (1 September 2010).
  13. ^ "The Cooper Union Library: Foundation Building". cooper.edu. Archived from the original on 30 July 2020. Retrieved 18 September 2011.
  14. ^ "Peter Cooper, a Brief Biography". ringwoodmanor.com. Archived from the original on 8 July 2003. Retrieved 26 December 2007.
  15. ^ ^Ainsworth, Robert and Jones, Graham "In the Footsteps of Peter Ellis". 15 October 2016.
  16. ^ 米国の公平な生命保証協会(1901年11月)。「エレベーターはそれをしました」公平なニュース:エージェントのジャーナル(23):11 . 2013年10月12日のオリジナルからアーカイブ2012年1月10日取得
  17. ^ 米国特許147,853
  18. ^ メアリーベリス。「エレベーターの歴史」About.comMoney2021年10月1日にオリジナルからアーカイブされました検索された5月7 2008
  19. ^ Ralph Turvey、London Lifts and Hydraulic Power、Transactions of the Newcomen Society、Vol。65、1993–94、pp。147–164
  20. ^ 「SchuylerScattsWheeler、1905年から1906年の大統領。ニューヨーク州Wheelerの会員伝記」(PDF)電気工学50周年記念番号ニュージャージー州ピスカタウェイ:アメリカ電気学会。1934年5月 2017年3月23日のオリジナルからアーカイブ(PDF)2017年3月22日取得
  21. ^ 「今日の注目すべき誕生日」ウィチタビーコンカンザス州ウィチタ。1915年5月17日。2021年10月1日のオリジナルからアーカイブ検索された3年4月2017年-経由newspapers.com open access
  22. ^ Wheeler, Schuyler (27 February 1883). "SCHUYLER S. WHEELER, OF NEW YORK, N. Y. – Electric Elevator Specification forming part of Letters Patent No. 273,208" (PDF). United States Patent Office. Archived (PDF) from the original on 4 April 2017. Retrieved 3 April 2017 – via Google Patents.
  23. ^ Mishra, Lalatendu (17 August 2014). "We must continue to listen to the market". The Hindu. Archived from the original on 12 January 2017. Retrieved 17 July 2016.
  24. ^ 「無人エレベーターが懐疑論を描いたときのことを思い出す」NPR.orgNPR。2015年7月31日。2018年12月29日のオリジナルからアーカイブ2017年4月26日取得
  25. ^ 「東芝未来科学館:世界初のインバーター制御高速ギアレスエレベーター」toshiba-mirai-kagakukan.jp2019年4月15日にオリジナルからアーカイブされました2020年12月28日取得
  26. ^ 「リフトの歴史」Axess22014年2月3日。2014年3月8日のオリジナルからアーカイブ取得した28年2月2014
  27. ^ 「enduraMRL |ティッセンクルップエレベーターエスカレーター動く歩道|設置サービスの近代化」Thyssenkruppelevator.com2014年3月3日にオリジナルからアーカイブされまし2017年4月26日取得
  28. ^ 「Hydrofit–油圧エレベーター–機械–ルームレス–オーチスエレベーター– USAHydroFitProductPage」Otis.com2013年2月13日にオリジナルからアーカイブされまし2017年4月26日取得
  29. ^ 「ダブルデッキエレベーターは効率を高める」全国リフト。2018年3月26日にオリジナルからアーカイブされまし
  30. ^ マーシャル、アーリアン(2016年5月11日)。「1つのシャフトで2つのエレベーターを打つことは完全に安全です-そして素晴らしいアイデア」有線2018年4月26日にオリジナルからアーカイブされました2018年4月27日取得
  31. ^ ダラッハ、チャールズ(1901)。「近代的なオフィスビルへの機械的設置」。アメリカ土木学会
  32. ^ レジナルド・ペラム・ボルトン、エレベーターサービス。ニューヨーク、自費出版(1908)
  33. ^ Edmund F. Tweedy、中央駅の商業工学。ニューヨーク、マグロウヒル(1912)
  34. ^ ハワードB.クック、乗客用エレベーターサービス。シンシナティ、ワーナーエレベーター製造会社(1920)
  35. ^ Bassett Jones、「エレベーターによって行われた停止の推定数」。ゼネラルエレクトリックレビュー、Vol。26、583-587(1923年8月)
  36. ^ Bassett Jones、「エレベーターによって行われる可能性のある停止数に関する注記」。ゼネラルエレクトリックレビュー、Vol。29、425-426(1926)
  37. ^ Strakosch, G.R., 1967, "Elevators and escalators", 1/ed, Wiley
  38. ^ Barney, G.C. and Dos Santos, S.M., 1975, "Improved traffic design methods for lift systems", Bldg. Sci.
  39. ^ Peters R D Improvements to the Up Peak Round Trip Time Calculation (Technical Note) International Journal of Elevator Engineers, Volume 3 No 1 (2000)
  40. ^ Inglis, Cooper, Barney Elevator & Escalator Micropedia 5th edition (2009)
  41. ^ Lift Traffic Analysis: Formulae for the General Case Building Services Engineering Research and Technology, volume 11 No 2 (1990)
  42. ^ Peters R D, Mehta P, Haddon J Lift Traffic Analysis: General Formulae for Double Deck Lifts Building Services Engineering Research and Technology, Volume 17 No 4 (1996)
  43. ^ Peters R D Current Technology and Future Developments in Elevator Simulation (Technical Note) International Journal of Elevator Engineers, Volume 4 No 2 (2002)
  44. ^ Peters RD Vertical Transportation Planning in Buildings British Library reference DX199632 (1998) (Executive Summary republished by Elevator World, November 1998; Lift Report November/December 1998; and by Elevation, Summer 1998)
  45. ^ Al-Sharif L, Abdel Aal O.F, Abu Alqumsan A.M The Use Of Monte Carlo Simulation To Evaluate The Passenger Average Travelling Time Under Up-Peak Traffic Conditions The 1st Symposium of Lift and Escalator Technologies, September 2011, The University of Northampton, Northampton, United Kingdom
  46. ^ Al-Sharif L, Peters R D Using the Monte Carlo Simulation to Evaluate the Round-Trip Time Under Destination Control Proceedings of the 9th Symposium on Lift & Escalator Technology (CIBSE Lifts Group, the University of Northampton and LEIA) (2018)
  47. ^ "ThyssenKrupp Elevator: ThyssenKrupp develops the world's first rope-free elevator system to enable the building industry face the challenges of global urbanization". thyssenkrupp-elevator.com. Archived from the original on 17 December 2014. Retrieved 16 December 2014.
  48. ^ ACE Lifts. "Traction Lifts: an infographic on how they work". ACE Lifts. Archived from the original on 19 July 2014.
  49. ^ Debbie Sniderman, "Energy Efficient Elevator Technologies" Archived 12 September 2018 at the Wayback Machine, American Society of Mechanical Engineers ASME September. 2012
  50. ^ Harris, Tom (12 February 2002). "How Elevators Work: Hydraulic Elevators". HowStuffWorks. Archived from the original on 9 August 2014. Retrieved 4 August 2014.
  51. ^ "MULTI – Rope-free elevator system – thyssenkrupp Elevator". multi.thyssenkrupp-elevator.com. Thyssen Krupp. Archived from the original on 19 January 2019. Retrieved 19 October 2017.
  52. ^ Condliffe, Jamie. "Meet the world's first cable-free elevator—it can zoom horizontally or vertically". MIT Technology Review. Massachusetts Institute of Technology. Archived from the original on 26 June 2017. Retrieved 19 October 2017.
  53. ^ Knight, Will (6 May 2005). "Vacuum elevator gives users a gentle lift". New Scientist. Archived from the original on 1 December 2017. Retrieved 23 November 2017.
  54. ^ a b c "psychology – Do elevator manufacturers purposefully provide a door close button that doesn't work? – Skeptics Stack Exchange". stackexchange.com. Archived from the original on 31 December 2014. Retrieved 30 December 2014.
  55. ^ Cecil Adams (7 November 1986). "Do "close door" buttons on elevators ever actually work?". The Straight Dope. Archived from the original on 17 February 2015. Retrieved 30 December 2014.
  56. ^ Paumgarten, Nick (21 April 2008). "Up and Then Down — The lives of elevators". The New Yorker. Archived from the original on 31 August 2009. Retrieved 2 September 2009.
  57. ^ Sandberg, Jared (15 January 2003). "Employees Only Think They Control Thermostat". The Wall Street Journal. Archived from the original on 9 July 2017. Retrieved 6 March 2017.
  58. ^ Lockton, Dan (1 October 2008). "Placebo buttons, false affordances and habit-forming". Design with intent. Archived from the original on 18 January 2013. Retrieved 28 July 2009.
  59. ^ ASME A17.1 – 2000, Safety Code for Elevators and Escalators, Requirements 2.27.3.3, "Phase II Emergency In-Car Operation"
  60. ^ ASME A17.1 – 2000, Safety Code for Elevators and Escalators, Requirements 4.10.7 – Door and Signal Timing for Hall Calls, "The minimum acceptable notification time shall be 5 seconds."
  61. ^ ASME A17.1 – 2000, Safety Code for Elevators and Escalators, Requirements 2.27.3.3.1.d "On cars with two entrances, a separate door-close button shall be provided for each entrance if both entrances can be opened at the same landing."
  62. ^ Mark Vanhoenacker (25 June 2012). "What's That Thing? Elevator Button Edition". Slate. Archived from the original on 27 December 2014. Retrieved 27 December 2014.
  63. ^ "This elevator was installed in 2019 and has no sound". YouTube. 13 April 2019. Archived from the original on 5 June 2020. Retrieved 17 May 2020.
  64. ^ Port, L.W. (1961), Elevator System Commonwealth of Australia Patent Specification, Application Number 1421/61, 14 February 1961
  65. ^ "Schindler Elevators, Escalators, Moving Walks Service Mod Company". Schindler.com. Archived from the original on 29 August 2008. Retrieved 26 April 2017.
  66. ^ Richard Peters. "Peters Research Ltd". peters-research.com. Archived from the original on 15 July 2011. Retrieved 1 December 2010.
  67. ^ "The PORT Technology :: System Operation". theporttechnology.com. Archived from the original on 11 July 2013. Retrieved 5 June 2013.
  68. ^ "Shabbat Elevators". Ohr Somayach. Archived from the original on 13 February 2006. Retrieved 7 May 2006.
  69. ^ Directive 2014/33/EU of the European Parliament and of the Council of 26 February 2014 on the harmonization of the laws of the Member States relating to lifts and safety components for lifts Text with EEA relevance, OJ L, 29 March 2014, archived from the original on 1 October 2021, retrieved 7 February 2019
  70. ^ a b c "Elevator of Death...Or Not – Windypundit". Windypundit. 16 April 2008. Archived from the original on 26 April 2009. Retrieved 29 April 2009.
  71. ^ a b "Up and Then Down". The New Yorker. 21 April 2008. Archived from the original on 14 March 2009. Retrieved 14 March 2009.
  72. ^ Cohen, Aubrey (23 October 2007). "4 Elevators Shut Down By Inspectors". Seattle Post-Intelligencer. Archived from the original on 14 November 2012. Retrieved 13 December 2011.
  73. ^ "Woman drops to her death in lift plunge". The Nation. 20 November 2012. Archived from the original on 27 November 2012.
  74. ^ Safety Standard For Platform Lifts and Stairway Chairlifts ASME A18.1–2003 (2003 ed.). New York, NY: American Society of Mechanical Engineers. 2003. p. 34 (of 69 pages). Viewed August 2013.
  75. ^ Bob Desnoyers. "elevatorbob's Elevator Pictures – Sidewalk Elevators – Page 1". elevatorbobs-elevator-pics.com. Archived from the original on 2 July 2015. Retrieved 10 January 2013.
  76. ^ Bowman, Martin (2014). "5". Boeing 747: A History: Delivering the Dream. Pen and Sword. ISBN 978-1-4738-3823-9. Archived from the original on 1 August 2020. Retrieved 27 August 2017. This 747, delivered to the Australian carrier in July 1971, was also the first to feature a lower-deck galley, reached by an internal elevator system.
  77. ^ American Society of Mechanical Engineers (2007). Safety code for elevators and escalators : includes requirements for elevators, escalators, dumbwaiters, moving walks, material elevators, and dumbwaiters with automatic transfer devices. New York, N.Y.: American Society of Mechanical Engineers. p. 532. ISBN 978-0791830390.
  78. ^ "New Elevator Technology: The Machine Room-Less Elevator". Architectural Record. McGraw Hill Financial. Archived from the original on 16 May 2013. Retrieved 12 August 2013.
  79. ^ "Home Elevator" Vacuum Elevators For Sale | Pneumatic Vacuum Elevators". Vacuumelevators.com. Archived from the original on 14 March 2017. Retrieved 26 April 2017.
  80. ^ "家庭・住宅用エレベーター|三菱日立ホームエレベーター". Mh-he.co.jp (in Japanese). Archived from the original on 30 May 2017. Retrieved 26 April 2017.
  81. ^ "Rack and Pinion Elevators – Rack and Pinion Lift – GEDA – USA". Gedausa.com. Archived from the original on 1 March 2017. Retrieved 26 April 2017.
  82. ^ Ucel (30 March 2021). "How a Rack-and-Pinion Elevator Works". UCEL. Archived from the original on 13 May 2021. Retrieved 13 May 2021.
  83. ^ a b ベスーン、ブライアン(2014年3月24日)。「エレベーターがすべてを変えた方法」マクリーンズ。2014年3月20日にオリジナルからアーカイブされました取得した3月20日に2014
  84. ^ 「リフト、人生、リフトオフ:世界を変えたロープのバケツ」エコノミスト2014年2月15日。2017年6月23日のオリジナルからアーカイブ2017年8月27日取得
  85. ^ "Americans with Disabilities Act (ADA) Accessibility Guidelines for Buildings and Facilities" (PDF). U.S. Architectural and Transportation Barriers Compliance Board (Access Board). Section 4.10.4 Hall Lanterns (p. 37). Archived from the original (PDF) on 10 December 2018. Retrieved 13 April 2019. A visible and audible signal shall be provided at each hoistway entrance to indicate which car is answering a call. Audible signals shall sound once for the up direction and twice for the down direction or shall have verbal annunciators that say 'up' or 'down.'
  86. ^ Pincus, Rachel (26 March 2014). "Elevator Screen Creates Interactive Experiences on Everyday Rides". PSFK. Archived from the original on 1 October 2021. Retrieved 27 October 2014.
  87. ^ Brownstone, Sydney (4 April 2014). "This Elevator Might Make You Forget You're Stuck in a Metal Death Trap With Strangers". Fast Company. Fast Company, Inc. Archived from the original on 15 December 2014. Retrieved 27 October 2014.
  88. ^ Bureau of Indian Standards (2002). IS 15259: Installation and Maintenance of Home Lifts – Code of Practice. Public.Resource.Org.
  89. ^ "New EN 81 goes ISO ..." lift-report.de (in German). Archived from the original on 23 December 2014. Retrieved 16 December 2014.
  90. ^ "ISO 22559-1:2014 – Safety requirements for lifts (elevators) – Part 1: Global essential safety requirements (GESRs)". iso.org. Archived from the original on 16 December 2014. Retrieved 16 December 2014.
  91. ^ "ISO – Technical committees – ISO/TC 178 – Lifts, escalators and moving walks". iso.org. Archived from the original on 16 December 2014. Retrieved 16 December 2014.
  92. ^ "ISO – ISO Standards – ISO/TC 178 – Lifts, escalators and moving walks". iso.org. Archived from the original on 16 December 2014. Retrieved 16 December 2014.
  93. ^ Vanhoenacker, Mark (18 April 2014). "What's That Blue Asterisk on the Elevator Door?". Slate. The Slate Group. Archived from the original on 18 April 2014. Retrieved 18 April 2014.
  94. ^ McCann, Michael. "Deaths and Injuries Involving Elevators and Escalators" (PDF). CPWR. Archived from the original (PDF) on 8 April 2014. Retrieved 8 April 2014.
  95. ^ "Elevators Market in Spain". cncompetencia.es.[permanent dead link]
  96. ^ Quartz, Matt Phillips (9 October 2014). "Why Does Spain Have the World's Highest Concentration of Elevators?". The Atlantic. Archived from the original on 29 June 2020. Retrieved 8 July 2020.
  97. ^ ""ANIE: sale l'ascensore italiano". Archived from the original on 11 December 2008. Retrieved 7 September 2008.", ANIE Federazione (Federazione Nazionale Industrie Elettrotecniche ed Elettroniche)
  98. ^ "China's elevator market study, 2005–2006". Research in China. Archived from the original on 25 October 2008.
  99. ^ "Condoworks". Licitamais.com.br. Archived from the original on 6 July 2011. Retrieved 26 April 2017.
  100. ^ "Archived copy". Archived from the original on 6 July 2011. Retrieved 13 January 2011.CS1 maint: archived copy as title (link)
  101. ^ www.ETBrandEquity.com. "Otis to give a 'lift' to the top of the Statue of Unity – ET BrandEquity". ETBrandEquity.com. Archived from the original on 27 March 2019. Retrieved 18 March 2019.
  102. ^ "Hotel lobby goes under the sea". Au.totaltravel.yahoo.com. 6 August 2015. Retrieved 26 April 2017.[permanent dead link]
  103. ^ "Barrakka Lift". Transport Malta. Archived from the original on 27 April 2018.
  104. ^ "Predictive Maintenance: Top 10 Ways IoT is Changing Elevators". www.buildings.com. Archived from the original on 9 February 2019. Retrieved 8 February 2019.
  105. ^ "Fastest lift (elevator)". Guinness World Records. Archived from the original on 4 January 2017. Retrieved 23 December 2016.

Bibliography

Further reading

External links