ルスの年代記

フリー百科事典ウィキペディアより
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
ルスの年代記
旧東スラヴ語: лѣтопись
ラジビルクロニクル 121.jpg
著者主に聖職者だった年代記者
言語古い教会スラヴ語古いロシア語
日にち11~18世紀
ジャンル歴史

ルーシの年代記[1] [2] [3]またはロシアの年代記[4] [5] : 51  [6]またはルーシのレトピス( Old East Slavic : лѣтопись ) は、ルーシの歴史文学の主要なタイプである。年代記は 11 世紀から 18 世紀にかけて作成されました。クロニクルは、旧ルーシ文学の主要なジャンルの 1 つです。[7]

クロニクルは、イワン雷帝の時代である 16 世紀半ばまで歴史的物語の主要な形式でしたが、クロノグラフという別の歴史学のジャンルが優先されました。[7]

コピー

旧ルーシの年代記は、数百部 (写本) で生き残っています。クロニクルの中には複数のバージョンで知られているものもあれば、単一のコピーからのみ知られているものもあります。すべてのクロニクルはsvod、つまり「コレクション」でした。これは、さまざまな初期のクロニクル テキストからの資料が含まれていたためです。個々の年代記は、昨年または数十年の出来事に関するエントリで改訂、短縮、または追加されました。おそらく数十のsvodが存在します。[7]

特性

クロニスタ(単数形のレトピセット) は主に聖職者でした。ルーシの年代記は、修道院、君主(クニャズを参照の法廷(後にモスクワのツァーリとガリシア・ヴォルィーニの王の法廷)、およびメトロポリタンの事務所で構成されました個々の年代記はしばしば互いに矛盾していました。クロニクルは通常、前年の短い事実のエントリのコレクションで構成され、多くの場合、王子間のスピーチや対話が含まれていました. 場合によっては、クロニスタはルーシの歴史の最も重要な出来事について拡張された物語を提供し、多くの場合、標準的なスピーチ フォーミュラ、形容詞、修辞的な数字などを含む文学的なフレーズで装飾されます。[7]

アレクセイ・シャフマトフは、旧ルーシの年代記のテクストロジーにおける第一人者でした。彼は、年代記のテキストの主要部分はsvod、つまり異なるソースからの別々の記録のコレクションであり、すべての新しい年代記はいくつかの以前の年代記と新しく追加された歴史的記録の svod であると考えました[8] [9]

最近の研究では、年代記の多くは、西ヨーロッパの年代記と同様に、特定の州または教会の事務所で作成された年次記録のコレクションと見なされるようになりましたたとえば、架空の「ノヴゴロド大司教年代記」は、12 世紀から 14 世紀にかけてノヴゴロド大司教区の事務所で作成されたと考えられており、15 世紀のノヴゴロド第一年代記の主要な基礎となった。[10]

ソース

最も古い年代記の情報源には、神聖な歴史やその他の主題に関するビザンチン南スラブのテキスト、ノアの世代に関するジョージ・ハマルトロスの年代記(プライマリ・クロニクル)、[11]伝説、ルーシ・ビザンチン条約などの法的文書(ルスカヤ・プラウダの短い編集(ノヴゴロド第一クロニクル)、歴史的記録など。[8] [9]

系図

12 世紀初頭の初等年代記は現存する最古の古いルーシの年代記であり、ルーシの最も初期の歴史を物語っています。しかし、シャフマートフは、11 世紀のノヴゴロドに関する記述が豊富であることに注意を払いました。これらは、ノヴゴロドの最初の年代記 (15 世紀) にも存在しますが、原始年代記には存在しません。これと他のいくつかのテキストの事実は、アレクセイ・シャフマートフの基礎となったノヴゴロド第一年代記の冒頭には、第一年代記よりも古いテキストが含まれているという彼の理論。学者はそれを「Primary Svod」(コレクション) と名付け、11 世紀末のものとしました。この svod は、プライマリ クロニクルの基礎でもありました。2つ以上のクロニクルが特定の年まで互いに一致する場合、1つのクロニクルが別のクロニクルからコピーされているか(まれに)、これらのクロニクルに共通のソース、古いsvodがありました. Shakhmatov は年代記 (svod) の系図に関する研究方法を発見し、開発しました。テキストの分析に基づいて、シャフマトフは古いルーシの年代記の広範な系図を作成しました。彼はこれらの年代記のほとんどを結びつけ、14世紀から17世紀の現存する年代記が「初代スヴォード」だけでなく、11世紀のsvod、さらには10世紀末の歴史的記録まで。シャフマートフの方法と理論は、ロシアの年代記研究の主力となった。[8] [9] [10] [12]

歴史

旧ルーシの年代記は、11 世紀半ばから体系的に作成されました。この初期の時代には、キエフ(初期のルーシの首都)とノヴゴロドの 2 つの旧ルーシ年代記の準備の中心地がありました。12世紀初頭の第一次年代記は、ノヴゴロド第一年代記と同様に、キエフとノヴゴロドの年代記の記録を組み合わせたものである。初代クロニクル」はローレンス語とヒュパティア語の写本で生き残っています。12 世紀から 13 世紀の南ロシアの君主制の年代記は、ハイパティア年代記に残っている: [7] [8] [9]架空の「キエフ年代記」、[13]Hypatian Chronicle から選択され、Primary Chronicle の続きであり、1118 年から 1200 年までの出来事をカバーしています。[14] 12 世紀末から 13 世紀初頭にかけてスズダリロストフウラジーミルペレヤスラヴル年代Laurentian、Radziwillクロニクル (写本) およびスーズダリの Pereyaslavl のクロニクル。[7] [8] [9]

13 世紀末から 14 世紀初頭にかけてのハイパティア年代記は、南部の編集における全ルーシの svod です (推定)。15〜18世紀のコピーで生き残っています。[14] 14 世紀のラウレンティアン クロニクルは、ロシア北東部 (ウラジミール-スズダリ)の svodです。1377年のコピー1部。[15]

1375年の「Tverian svod」は、16世紀のRogozhskiy ChronicleとTverian Collectionに反映されています。[7] [8] [9]モスクワ大都市圏のキプリアンに関連するクロニクル svod は1408年まで継続され、 1812 年のモスクワ大火で焼失したトロイツカヤ (「トリニティ」) クロニクルに残されている。ミハイル・プリショルコフによって再建されました。[16] Chronicle svod は 1412 年頃にトヴェリで作成され、14 世紀末から 15 世紀初頭にかけての All-Rus の svod の追加改訂 (Troitskaya Chronicle と同様) を反映している。この「Tverian svod」は、Simeon と Rogozhskiy の年代記に反映されています。ノヴゴロツコ・ソフィスキー・スヴォド1430年代の「1448年のスヴォード」(シャフマートフによれば「1448年のスヴォド」)は、モスクワ大都市圏のオフィスで編纂され、全ロシアとノヴゴロドの年代記を統合[9]

最初に知られているモスクワ 大公は、15 世紀半ばに登場しました。「1472年のクロニクル・スヴォド」は、ヴォログダ-ペルミとニカノールのクロニクルに反映されています。「1472年のスヴォード」の根拠は「ノヴゴロドスコ・ソフィスキー・スヴォード」であり、検閲をもたらしたモスクワ大公年代記によって編集され、ノヴゴロド州モスクワ大公国に属していたため、特にノヴゴロドの自由への言及は除外された。. 1470 年代の終わりに、トロイツカヤ クロニクルに類似した svod である "Novgorodsko-Sofiysky Svod" と他の情報源がまとめられました。この編集は、「1472 年の Svod」よりもさらに検閲されました。「1470 年代の編集」は「1479 年のモスクワ大公スヴォード」に反映され、18 世紀のコピーとして存続し、その後の編集では 1492 年まで継続された。この「1479 年のスヴォード」は、 15世紀末から16世紀。1470 年代の編纂は、ヤーモリン年代記の最初の部分にも反映されています。「キリロ・ベロゼルスキー修道院のスヴォド」」には、モスクワ大君主国とは独立したテキストが含まれていました。この svod は、15 世紀末の Yermolin Chronicle の第 2 部と、いわゆる要約 Chronicle Svod に反映されています。1480 年代の「Rostov Archbishop Svod」は、Typographical Chronicle に反映されています。 「1480 年代のクロニクルスヴォド」は、非公式の教会の領域で作成され、「1518 年のスヴォド」に反映され、ソフィア セカンド クロニクルリボフ クロニクルに反映されました1437-1520 のイベント. 同じ年に、Nikon Chronicle の最初の編集. Nikon Chronicleの直接の情報源は Ioasaf Chronicle でした. Nikon Chronicle は最大のロシアの年代記でした.ヴォスクレセンスカヤ ("復活")クロニクルは別の広範なクロニクルであり、1542年から1544年の間に作成されました。1550年代後半、イワン雷帝の治世に、ニコンクロニクルの最初の編集は、ヴォスクレセンスカヤクロニクルおよびクロニクルオブザビギニングからのパッセージと統合されました。ツァールドム記録 - 1533 年から 1552 年の出来事の年代記、すなわちイワンの治世の始まり (大公として、そして 1547 年からはツァーリとして) 1568 年から 1576 年にかけて、またイワン雷帝の治世に、複数巻の図解クロニクル スヴォド. これは svods 17世紀から18世紀のロシアの年代記は地方の地方の文献であった[7] [8][9] 16 世紀後半から 18 世紀のシベリア クロニクルのよう[17] [18]

ルスの年代記の発展は、15~16世紀のリトアニア年代記[19]と17~18世紀のウクライナ年代記である。[20]

ロシアの年代記

も参照

注意事項

  1. ^ ラント、ホレス G. (1995). 「ルーシの第一次クロニクルがスラブ人とスラブ文字の起源について教えてくれること」 . ハーバードのウクライナ研究19 : 335–357. ISSN  0363-5570JSTOR  41037009 .
  2. ^ ノヴゴロドのクロニクル、1016–1471 . 王立歴史協会。1914年。
  3. ^ Sužiedėlis, Simas, ed. (1970–1978)。「クロニクル、リトアニア語」。百科事典リトゥアニカ巻。I. マサチューセッツ州ボストン: Juozas Kapočius. pp.519–521。OCLC 95559 . 
  4. ^ 「ロシア初のクロニクル」 . ブリタニカ
  5. ^ クロス、サミュエル・ハザード; Sherbowitz-Wetzor、Olgerd P.、編。(1953)。ロシア初のクロニクル、ラウレンティアテキストマサチューセッツ州ケンブリッジ: アメリカ中世アカデミー。
  6. ^ ラント、ホレス G. (1988). 「ロシア初のクロニクルの解釈について:1037年」. スラブと東ヨーロッパのジャーナル32 (2): 251–264. ドイ10.2307/308891JSTOR 308891 . 
  7. ^ a b c d e f g h i Lurye, Yakov. クロニクル // 古いルーシの文学。伝記および書誌辞書/編。オレグ・トヴォロゴフ。- Moscow: Prosvescheniye ("Enlightenment"), 1996. ( Russian : Лурье Я.С. Летописи // Литература Древней Руси. Биобиблиографический словарь / под ред. О.В. Творогова. - М.: Просвещение, 1996 ).
  8. ^ a b c d e f g h アレクセイ・シャフマトフ. 最古のキエフ大公国の年代記に関する調査。- サンクトペテルブルク: MA アレクサンドロフの印刷所、1908 年。 — XX、686 p。—帝国考古学委員会のクロニクル オブ ワークから転載— 巻。20. ( Russian : Шахматов А.А. Разыскания о древнейших русских летописных сводах . — СПб.: Типография М.А. Александрова, 1908. — XX, 686 с. — Оттиск из кн.: Летописи занятий Императорской Археографической Комиссии. — Т . 20 )。
  9. ^ a b c d e f g h アレクセイ・シャフマートフ。14 ~ 16 世紀のルスのクロニクル svods のレビュー。モスクワ/編。ASオルロフ、ボリス・グレコフソ連科学アカデミー、文学研究所。— モスクワ、レニングラード:ソ連科学アカデミーの発行者、1938. — 372 p. Russianшахматова.а.а。обозрениероссс眼tх約問説Издательство АН СССР, 1938. — 372 с. ).
  10. ^ a b Гиппиус А.А. К истории сложения текста Новгородской первой летописи // Новгородский исторический сборник. — 1997 年に。— Вып。6 (16) / Рос. あかど。наук、Институтрос。истории、С.-Петербургский филиал; ああ。そうです。Л。Янин . — C. 3-72; Гиппиус А.А. К характеристике новгородского владычного летописания XII–XIV вв。// Великий Новгород в истории средневековой Европы: К 70-летию В.Л. Янина。– М.: Русские словари, 1999. — С. 345–364; ГимонТ.В。События XI — начала XII в. ≥colder -¡虚偽の そうです。серии Е.А. Мельникова。Институт всеобщей истории РАН. – М.: Рус. Фонд Содействия Образ。および Науке, 2012. — С. 584–706。
  11. ^ Petrukhin、Vladimir . 9~10世紀のルーシ。Varangians Invitation to the Сchoice of Faith / 第 2 版、修正および補足。— モスクワ: フォーラム; Neolit、2014. — 464 p。ロシア語: Петрухин В.Я. Русь в IX—X веках. От призвания варягов до выбора веры / Издание 2-е, испр. と。— М.: Форум; Неолит, 2014. — 464 с. )。
  12. ^ Бобров А. Г。Новгородские летописи XV века. — СПб。: Дмитрий Буланин, 2000. — 287 с.
  13. ^ 引用文には、テクスト学研究でその存在が想定されている架空の年代記がある
  14. ^ a b Лихачева О.П. Летопись Ипатьевская // Словарь книжников および книжности Древней Руси / АН СССР。ИРЛИ; ああ。そうです。Д.С。Лихачев . — Л.: Наука, 1987. — Вып. 1 (XI – первая половина XIV в.)。— С。236; Лихачева О.П. Летопись Ипатьевская // Литература Древней Руси. Биобиблиографический словарь / под ред. О.В. Творогова。- 月: 1996 年
  15. ^ Лурье Я.С. Летопись Лаврентьевская // Словарь книжников および книжности Древней Руси / АН СССР. ИРЛИ; ああ。そうです。Д.С。Лихачев . — Л.: Наука, 1987. — Вып. 1 (XI – первая половина XIV в.)。
  16. ^ Приселков М.Д. Троицкая летопись: Реконструкция текста. – 2-е изд. – СПб.: Наука, 2002. – 512, [2] с.
  17. ^ (ロシア語) [1] クロニクルの信憑性についてのセルゲイ・ソロヴィエフ.
  18. ^ Сергев В.И. Сибирские летописи // Жуков Е.М. Советская историческая энциклопедия: В 16 т. - 月: Государственное научное издательство «Советская энциклопедия», 1961-1976.
  19. ^ Лурье Я.С. Летописи белорусско-литовские (западнорусские) // Словарь книжников と книжности Древней Руси / АН ССССР. ИРЛИ; ああ。そうです。Д.С。Лихачев . — Л.: Наука, 1987-.
  20. ^ Марченко М. І., Українська історіографія (З давніх часів до сер. XIX ст.), К., 1959; Українські письменники. Біо-бібліографіч。словник、т。1, К., 1960.

一部のエディション

  • ロシアクロニクルの完全コレクション: — СПб.; М、1843; М., 1989. — Т. 1—38。
  • Новгородская первая летопись старшего と младшего изводов. — М.; Л., 1950.
  • Псковские летописи. — М.; Л., 1941—1955. — ダメ。1—2。
  • Рассказы русских летописей XII—XIV вв。/ Перевод и пояснения Т.Н. Михельсон。— М., 1968; 2-е изд. — М., 1973.
  • Рассказы русских летописей XV—XVII вв。/ Перевод и пояснения Т.Н. Михельсон — М., 1976,
  • Севернорусский летописный свод 1472 года / Подг. текста と комм Я.С. はい; PереводВ.В。Колесова // Памятники литературы Древней Руси: Вторая половина XV века. — М., 1982. — С. 410—443、638—655。
  • Rus' Primary Chronicle、Laurentian Text . Samuel Hazzard Cross と Olgerd P. Sherbowitz-Wetzor によって翻訳および編集されました。マサチューセッツ州ケンブリッジ: アメリカ中世アカデミー、1953 年。
  • [ https://web.archive.org/web/20081207013842/http://www.uoregon.edu/~kimball/chronicle.htmロシアによるノヴゴロドの建国、ビザンチンへの攻撃、改宗を含む第一次年代記の抜粋ウラジミールの。また、いくつかのスラブ部族の名前も挙げられています。
  • キリル文字で書かれた Donald Ostrowski による Primary Chronicle の照合は、 https://web.archive.org/web/20050309022812/http: //hudce7.harvard.edu/~ostrowski/pvl/ で入手できます。英語。これは、 5 人の主な写本の目撃者を含む行間照合であり、新しいパラドシス、またはオリジナルの再構成です。
  • ノヴゴロドのクロニクル 1016-1471。はじめに C.レイモンド・ビーズリー、AAシャフマトフ(ロンドン、1914年)
  • サヴィニャック、デビッド(トランス)。プスコフ第3クロニクル

いくつかの文献

  • Сухомлинов М.И。О древней русской летописи как памятнике литературном. — 1856 年に
  • アレクセイ・シャフマートフルーシ最古のクロニクル Svods に関する調査。— サンクトペテルブルク: MA アレクサンドロフの印刷所、1908 年 — XX、686 ページ。—帝国考古学委員会のクロニクル オブ ワークから転載— 巻。20. ( Russian : Шахматов А.А. Разыскания о древнейших русских летописных сводах . – СПб.: Типография М.А. Александрова, 1908. — XX, 686 с. — Оттиск из кн.: Летописи занятий Императорской Археографической Комиссии. — Т . 20 )。
  • アレクセイ・シャフマートフ。14 ~ 16 世紀のルスの年代記 Svods のレビュー。モスクワ/編。ASオルロフ、ボリス・グレコフソ連科学アカデミー、文学研究所。— モスクワ、レニングラード:ソ連科学アカデミーの発行者、1938. — 372 p. Russianшахматова.а.а。обозрениероссс眼tх約問説Издательство АН СССР, 1938. — 372 с. ).
  • Приселков М.Д。История русского летописания XI—XV вв。— Л., 1940.
  • Приселков М.Д。Троицкая летопись: Реконструкция текста. – 2-е изд. – СПб.: Наука, 2002. – 512, [2] с.
  • Лихачев Д.С。Русские летописи と их культурно-историческое значение. — М.; Л., 1947.
  • Дмитриева Р.П. Библиография русского летописания. — М.; 1962年
  • Насонов А.Н. История русского летописания XI — начала XVIII века. — М., 1969
  • Творогов О.В。Сюжетное повествование в летописях XI—XIII вв。/ Истоки русской беллетристики: Возникновение сюжетного повествования в древнерусской литературы. — Л.: Наука, 1970. — С. 31—66。
  • Лурье Я.С. К изучению летописного жанра // Труды Отдела древнерусской литературы. — 1972. — T. 27. — С。76—93。
  • Лурье Я.С. XIV—XV вв。— Л., 1976.
  • Корецкий В.И。История русского летописания второй половины XVI — начала XVII века. — М., 1986.
  • Словарь книжников と книжности Древней Руси / АН СССР. ИРЛИ; ああ。そうです。Д.С。Лихачев . — Л.: Наука, 1987. — Вып. 1 (XI – первая половина XIV в.)。— С。234—251; Л.: Наука, 1989. — Вып. 2, ˎ. 2. — С。17—18、20—69。
  • Лурье Я.С. Две истории Руси XV века. — 1994 年に。
  • 古いルーシの文学。伝記および書誌辞書/編。オレグ・トヴォロゴフ。- Moscow: Prosvescheniye ("Enlightenment"), 1996. ( Russian : Лурье Я.С. Летописи // Литература Древней Руси. Биобиблиографический словарь / под ред. О.В. Творогова. - М.: Просвещение, 1996 ).
  • Бобров А.Г。Новгородские летописи XV века. — 出典: Дмитрий Буланин, 2000. — 287 с.
  • Гиппиус А.А. К истории сложения текста Новгородской первой летописи // Новгородский исторический сборник. — 1997 年に。— Вып。6 (16) / Рос. あかど。наук、Институтрос。истории、С.-Петербургский филиал; ああ。そうです。Л。Янин . — C. 3–72。
  • Гиппиус А.А. К характеристике новгородского владычного летописания XII–XIV вв。// Великий Новгород в истории средневековой Европы: К 70-летию В.Л. Янина。— М.: Русские словари, 1999. — С. 345–364。
  • ГимонТ.В。События XI – начала XII в. ≥colder -¡虚偽の そうです。серии Е.А. Мельникова。Институт всеобщей истории РАН. — М.: Рус. Фонд Содействия Образ。および Науке, 2012. — С. 584–706。
  • Сергеев В.И。Сибирские летописи // Жуков Е.М. Советская историческая энциклопедия: В 16 т. - 月: Государственное научное издательство «Советская энциклопедия», 1961-1976.