動的システム開発方法

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
DSDMプロジェクト管理方法のモデル。

動的システム開発手法DSDM)は、アジャイルプロジェクトデリバリーフレームワークであり、当初はソフトウェア開発手法として使用されていました。[1] [2] 1994年に最初にリリースされたDSDMは、当初、Rapid Application Development(RAD)メソッドに何らかの規律を提供しようとしていました。[3]後のバージョンでは、DSDMアジャイルプロジェクトフレームワークが改訂され、ソフトウェア開発とコード作成[出典] [要出典]に特に焦点を当てるのではなく、プロジェクト管理とソリューション提供への一般的なアプローチになりました。 ITプロジェクト。[4] DSDMアジャイルプロジェクトフレームワークは、プロジェクトのライフサイクル全体にわたる幅広い活動をカバーし、他のアジャイル手法とは一線を画す強力な基盤とガバナンスを備えています。[5] DSDMアジャイルプロジェクトフレームワークは、継続的なユーザー/顧客の関与を含む、アジャイル開発の原則を取り入れ た反復的かつ段階的なアプローチです。

DSDMは、最初にコスト、品質、および時間を修正し、MoSCoWによるスコープの優先順位付けを使用して、指定時間制約を満たすようにプロジェクトの成果物を調整する必要がありますDSDMは、ソフトウェアおよび非ITソリューションを開発するため の多くのアジャイル手法の1つであり、アジャイルアライアンスの一部を形成しています。

2014年、DSDMは「DSDMアジャイルプロジェクトフレームワーク」のメソッドの最新バージョンをリリースしました。同時に、新しいDSDMマニュアルは、サービス提供(特にITILPRINCE2、成功したプログラムの管理、およびPMIのための他のフレームワークと一緒に動作する必要性を認識しました。[6]以前のバージョン(DSDM 4.2)には、エクストリームプログラミングでDSDMを使用する方法に関するガイダンスしか含まれていませんでした。

DSDMの歴史

1990年代初頭、急速なアプリケーション開発(RAD)がIT業界全体に広がっていました。ソフトウェアアプリケーションのユーザーインターフェイスは、古い緑色の画面から現在使用されているグラフィカルユーザーインターフェイスに移行していました。PowerBuilderなどの新しいアプリケーション開発ツールが市場に出回っていましたこれらにより、開発者は提案されたソリューションを顧客とはるかに簡単に共有できるようになりました。プロトタイピングが現実のものとなり、従来のシーケンシャル(ウォーターフォール)開発方法のフラストレーションが片側に置かれる可能性があります。

ただし、RADの動きは非常に構造化されていませんでした。適切なプロセスの一般的に合意された定義はなく、多くの組織が独自の定義とアプローチを考え出しました。多くの大企業はその可能性に非常に興味を持っていましたが、フリーフロー開発がもたらす可能性のある最終成果物の品質レベルを失わないことも懸念していました。

DSDMコンソーシアムは、ソフトウェアエンジニアリングの分野のベンダーと専門家の協会によって1994年に設立され、ベストプラクティスの経験を組み合わせることによって「独立したRADフレームワークを共同で開発および促進する」ことを目的として作成されました。起源はロンドンのバトラーグループによって組織されたイベントでした。その会議の参加者は全員、British Airways、American Express、Oracle、Logicaなどの優良組織で働いていました(DataSciencesやAlliedDomecqなどの他の企業はその後他の組織に吸収されました)。

2006年7月、DSDMパブリックバージョン4.2 [7]が、個人が表示および使用できるようになりました。ただし、DSDMを再販する人は、非営利コンソーシアムのメンバーである必要があります。

2014年に、DSDMハンドブックがオンラインおよび公開されました。[8]さらに、DSDMのテンプレートをダウンロードできます。[9]

2016年10月、DSDMコンソーシアムはアジャイルビジネスコンソーシアム(ABC)としてブランド名を変更しました。[10]アジャイルビジネスコンソーシアムは、DSDMフレームワークを所有および管理する、非営利のベンダーに依存しない組織です。[11]

DSDM

DSDMはベンダーに依存しないアプローチであり、テクノロジーよりも人の問題が原因で失敗するプロジェクトが多いことを認識しています。DSDMの焦点は、人々がビジネス目標を達成するために効果的に協力するのを支援することです。DSDMは、ツールや手法からも独立しているため、特定のベンダーにビジネスを結び付けることなく、あらゆるビジネス環境や技術環境で使用できます。[8]

原則

DSDMを支える8つの原則があります。[12]これらの原則は、チームが一貫して提供するために採用しなければならない態度と考え方をチームに指示します。

  1. ビジネスニーズに焦点を当てる
  2. 時間通りに配達
  3. コラボレーション
  4. 品質を決して妥協しない
  5. しっかりとした基盤から段階的に構築する
  6. 繰り返し開発する
  7. 継続的かつ明確にコミュニケーションする
  8. コントロールを示す

コアテクニック

  • タイムボックス:プロジェクトを分割してプロジェクトを分割し、それぞれに固定予算と納期を設定することで、プロジェクトを段階的に完了するためのアプローチです。各部分について、いくつかの要件が優先され、選択されます。時間と予算が固定されているため、残りの変数は要件のみです。したがって、プロジェクトの時間や資金が不足している場合は、優先度が最も低い要件が省略されます。これは、プロジェクトの80%がシステム要件の20%から発生するというパレートの原則により、未完成の製品が納品されることを意味するものではありません。最も重要な要件の20%がシステムに実装されている限り、システムしたがって、ビジネスニーズを満たし、最初の試行で完全に構築されたシステムはありません。
  • MoSCoW:作業項目または要件に優先順位を付けるための手法です。これは、次の略語です。
    • 持つ必要があります
    • すべきだった
    • 持っている可能性があります
    • 持っていない
  • プロトタイピング:プロジェクトの初期段階で開発中のシステムのプロトタイプを作成することを指します。これにより、システムの欠点を早期に発見し、将来のユーザーがシステムを「試運転」できるようになります。このようにして、DSDMの主要な成功要因の1つである、ユーザーの適切な関与、またはその問題に関するシステム開発プロジェクトが実現されます。
  • テスト:高品質のソリューションを保証するのに役立ちます。DSDMは、各反復を通じてテストを提唱しています。DSDMはツールと手法に依存しない方法であるため、プロジェクトチームは独自のテスト管理方法を自由に選択できます。
  • ワークショップ:プロジェクトの利害関係者を集めて、要件、機能、相互理解について話し合います。
  • モデリング:ビジネスドメインを視覚化し、理解を深めるのに役立ちます。開発中のシステムまたはビジネスエリアの特定の側面の図式表現を生成します。
  • 構成管理:複数の成果物を同時に開発し、各タイムボックスの最後に段階的に配信するため、成果物は完了に向けて適切に管理する必要があります。

役割

DSDM環境内に導入されたいくつかの役割があります。プロジェクトを開始する前に、プロジェクトメンバーをさまざまな役割に任命する必要があることが重要です。各役割には独自の責任があります。役割は次のとおりです。

  • エグゼクティブスポンサー:いわゆるプロジェクトチャンピオン適切な資金とリソースを投入する能力と責任を持つユーザー組織の重要な役割。この役割には、意思決定を行うための究極の力があります。
  • ビジョナリー:重要な要件が早期に見つかるようにすることでプロジェクトを初期化する責任がある人。ビジョナリーは、システムとプロジェクトのビジネス目標を最も正確に認識しています。もう1つのタスクは、開発プロセスを監視し、正しい軌道に乗せることです。
  • アンバサダーユーザー:ユーザーコミュニティの知識をプロジェクトに取り入れ、開発者が開発プロセス中に十分なユーザーフィードバックを確実に受け取れるようにします。
  • アドバイザユーザー:重要な視点を表し、プロジェクトの日常的な知識をもたらす任意のユーザーにすることができます。
  • プロジェクトマネージャー:プロジェクト全般を管理するユーザーコミュニティまたはITスタッフの誰でもかまいません。
  • 技術コーディネーター:システムアーキテクチャの設計を担当し、プロジェクトの技術的品質を管理します。
  • チームリーダー:チームを主導し、チームが全体として効果的に機能するようにします。
  • ソリューション開発者:システム要件を解釈し、成果物のコードの開発やプロトタイプの作成など、モデル化します。
  • ソリューションテスター:いくつかのテストを実行して技術的な範囲で正確性をチェックし、必要に応じて欠陥を提起し、修正したら再テストします。テスターは、コメントとドキュメントを提供する必要があります。
  • Scribe:すべてのワークショップで行われた要件、合意、および決定を収集して記録する責任があります。
  • ファシリテーター:ワークショップの進捗状況を管理する責任があり、準備とコミュニケーションの動機として機能します。
  • スペシャリストの役割:ビジネスアーキテクト、品質マネージャー、システムインテグレーターなど。

重要成功要因

DSDM内では、プロジェクトを成功させるために非常に重要な要素がいくつか特定されています。

  • 要因1:まず、上級管理職や他の従業員によるDSDMの受け入れがあります。これにより、プロジェクトのさまざまな関係者が最初から動機付けられ、プロジェクト全体に関与し続けることが保証されます。
  • 要因2:要因1から直接導き出されたもの:エンドユーザーの関与を確保するための経営陣のコミットメント。プロトタイピングアプローチでは、機能的なプロトタイプをテストおよび判断するために、エンドユーザーによる強力で献身的な関与が必要です。
  • 要因3:プロジェクトチームは、安定した組合を形成する熟練したメンバーで構成されている必要があります。重要な問題は、プロジェクトチームのエンパワーメントです。つまり、チーム(またはそのメンバーの1人以上)は、非常に時間がかかる可能性のある上級管理職への正式な提案を作成することなく、プロジェクトに関する重要な決定を下す力と可能性を備えている必要があります。プロジェクトチームがプロジェクトを成功させるためには、プロジェクトを実施するための適切なテクノロジーも必要です。これは、開発環境、プロジェクト管理ツールなどを意味します。
  • 要因4:最後に、DSDMは、顧客とベンダーの間に協力的な関係が必要であるとも述べています。これは、企業内または外部の請負業者によって実現される両方のプロジェクトに当てはまります。支援関係を確保するための支援はISPLである可能性があります。

他の開発フレームワークとの比較

DSDMは、特にアジャイルおよびオブジェクト指向のメソッドをサポートする、幅広い反復型および増分型の開発フレームワークの一部と見なすことができます。これらには、スクラムエクストリームプログラミング(XP)ディシプリンドアジャイルデリバリー(DAD)、およびRational Unified Process(RUP)が含まれます(ただし、これらに限定されません)

DSDMと同様に、これらは次の特性を共有します。

  • それらはすべて要件に優先順位を付け、それらを繰り返し実行して、システムまたは製品を段階的に構築します。
  • これらはツールに依存しないフレームワークです。これにより、ユーザーはプロセスの特定のステップに独自の手法[5]と選択したソフトウェア支援を入力できます。
  • 開発の変数は時間/リソースではなく、要件です。このアプローチにより、DSDMの主な目標、つまり期限と予算の範囲内にとどまることが保証されます。
  • システム間のすべての利害関係者間のコミュニケーションと関与に重点を置いています。これは他の方法で対処されますが、DSDMは、成功する結果を確実にするためにプロジェクトへのコミットメントを強く信じています。

も参照してください

参照

  1. ^ キース・リチャーズアジャイルプロジェクト管理:DSDMAternでPRINCE2プロジェクトを実行します。OGC –政府商務局。ステーショナリーオフィス、7月31日。2007年。
  2. ^ Plonka、Laura、他。「アジャイルでのUXデザイン:DSDMのケーススタディ」ソフトウェアエンジニアリングとエクストリームプログラミングにおけるアジャイルプロセス。Springer International Publishing、2014年。1-15。
  3. ^ Abrahamsson、Pekka、他。アジャイル手法に関する新しい方向性:比較分析ソフトウェアエンジニアリング、2003年。議事録。第25回国際会議。Ieee、2003年。
  4. ^ ステープルトン、ジェニファー(2003年1月)。ビジネスに焦点を当てた開発ピアソン教育。p。113. ISBN 9780321112248
  5. ^ a b モラン、アラン(2015年3月)。アジャイルの管理スプリンガー。pp。21–24。ISBN 9783319162614
  6. ^ DSDMアジャイルプロジェクトフレームワークマニュアル、2014ページ4、16
  7. ^ www.dsdm.org Archived 2016-10-02 at the Wayback Machine
  8. ^ a b 「DSDMアジャイルプロジェクトフレームワーク(2014年以降)」アジャイルビジネスコンソーシアム2016年2月4日。
  9. ^ www.agilebusiness.orghttps ://www.agilebusiness.org/resources/templates-and-tools/atern-template-complete-set {{cite web}}欠落または空|title=ヘルプ
  10. ^ 「アジャイルのDSDMコンソーシアムはアジャイルビジネスコンソーシアムに進化します」Dispensaryを押します。
  11. ^ 「コミュニティメンバーシップの利用規約」(PDF)DSDMコンソーシアム2013年3月7日取得
  12. ^ アジャイルビジネスコンソーシアム。DSDMアジャイルプロジェクトフレームワーク(2014年以降)ハンドブック-原則

さらに読む

外部リンク