ドラフト(水)

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
消防車製図

ドラフトとは、吸引を使用して、容器または水域からの水などの液体を吸引 ポンプの吸入口の下に移動することです。地方の消防署または農民は、水を他の場所に移動する最初のステップとして、池から水を汲み上げる場合があります。吸引ポンプは部分的な真空(「ドラフト」)を作成し、水面の大気圧は、通常、剛性のあるパイプ(ドライ消火栓と呼ばれることもあります)または半剛性の硬い吸引ホースを介して、水をポンプに押し込みます。[1] [2]

標準の大気圧は101kPa(14.7lbf /in²)であり、理論上の最大値である10.3メートル(33.9フィート)までしか水を上げることができません。[3]用途に応じて、消防署のポンプは水を6〜10メートル(20〜30フィート)持ち上げます。

荒野の消防装置で使用するための、ストレーナが取り付けられた中径のハードサクションホース。

ドラフト摩擦を減らし、より大きな流量またはより高い揚力を得るために、サクションホースのより大きな断面が採用されています。たとえば、5インチ(127 mm)のホースを使用すると、毎分500 USガロン(30 L / s)を23フィート(7 m)まで持ち上げることができるポンプは、同じ量の水を12.5フィートしか持ち上げることができません。 (4 m)3.5インチ(76 mm)ホースを介して。消防車は、10フィート(3 m)の長さのサクションホースを2つまたは3つ搭載しているのがよく見られますが、固定直径のサクションホースと特定のポンプの場合、リフトが長いほど流量が少なくなります。必要に応じて、複数のリレーを使用できます。吸引ポ​​ンプは最大10メートル(30フィート)のドラフトを行い、長距離で吐出します。

重力サイフォンを使用して小さなリフトの水を汲み上げることも可能です。この手法は、1,000〜3,000米ガロン(5〜10m³)の携帯用貯水池に水と小さなホースを充填する森林火災の抑制によく使用されます。タンクの下り坂で使用されます。ノズル圧力は、リザーバー表面からの距離に比例します。100フィートの高さの変化は約43psiをもたらします。タンク自体は、近くの水源からのホースを介して、または遠くから水を送るポンプやヘリコプターによって重力で供給される場合があります。

も参照してください

参考文献

  1. ^ コーベット、グレン(2009)。消防士IおよびIIのための消防工学のハンドブックp。434. ISBN 9781593701352
  2. ^ ローウェル消防署。製図ドリル(PDF) [永久リンク切れ]
  3. ^ ヒメネス、ダン。「3.5製図ガイドライン」消防士の数学