ダグラス・マッカーサー

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ


ダグラス・マッカーサー
MacArthur in khaki trousers and open necked shirt with five-star-rank badges on the collar. He is wearing his field marshal's cap and smoking a corncob pipe.
フィリピンマニラのマッカーサーc。 1945年コーンコブパイプ付き
ニックネーム
  • 外人 将軍(外人将軍)
     •英語:外国人全般
  • ダグアウトダグ
  • ビッグチーフ
生まれ(1880-01-26)1880年1月26日米国
アーカンソー州リトルロック
死亡しました1964年4月5日(1964-04-05)(歳84)
ワシントンD.C.、米国
埋葬
忠誠 アメリカ合衆国フィリピン
 
サービス/ブランチ
勤続年数1903〜1964
ランク
サービス番号O-57
保持されたコマンド
戦い/戦争
配偶者たち)
子供達アーサーマッカーサーIV
関係マッカーサー家を見る
その他の作品レミントンランドの取締役会会長
サインDMacarthur Signature.svg

ダグラス・マッカーサー(1880年1月26日- 1964年4月5日)が務めていましたアメリカの軍事指導者だった陸軍の一般的なため、米国と同様に、元帥フィリピン軍。彼は1930年代にアメリカ陸軍参謀総長を務め、第二次世界大戦中太平洋戦争で重要な役割を果たしました。マッカーサーは、フィリピンのキャンペーン功績により名誉勲章を授与されました。これにより、彼と彼の父アーサーマッカーサージュニアは、メダルを授与された最初の父と息子になりました。彼は、元帥に昇進した5人のうちの1人でした。米軍、そして唯一の人がフィリピン陸軍の陸軍元帥の階級を授与しました。

マッカーサーはアメリカの旧西部の軍の家族育ち、高校卒業したウェストテキサス陸軍士官学校卒業生総代を務め、ウェストポイントの陸軍士官学校で1903年のクラスのトップを卒業したファーストキャプテンでした。 1914年にアメリカ合衆国がベラクルスを占領したとき、彼は偵察任務を遂行し、そのために彼は名誉勲章にノミネートされました。 1917年、彼は少佐から大佐に昇進し、第42(レインボー)師団の参謀長になりました西部戦線での戦いで第一次世界大戦中、彼は旅団長に昇進し、再び名誉勲章にノミネートされ、殊勲十字章を2回、シルバースターを7回授与されました

1919年から1922年まで、マッカーサーはウェストポイントの陸軍士官学校の監督を務め、一連の改革を試みました。彼の次の任務はフィリピンで、1924年に彼はフィリピンスカウトの反乱を鎮圧するのに尽力しました。 1925年に、彼は陸軍の最年少の大将になりました。彼は軍法会議准将のに役立ったビリー・ミッチェルとの社長だったアメリカのオリンピック委員会の間に1928年夏季オリンピックアムステルダムインチ1930年に、彼は米国陸軍の参謀長になりました。そのため、彼は1932年にワシントンDCからボーナス軍の抗議者の追放、および市民保全部隊。彼は1937年に米陸軍を引退し、フィリピン連邦政府の軍事顧問になりました

マッカーサーは1941年に極東陸軍の司令官として現役に召還されました。その後、1941年12月8日の空軍の破壊と日本のフィリピン侵攻を皮切りに、一連の災害が発生しました。マッカーサーの力がすぐに撤退を余儀なくされたバターン彼らは月1942年には1942年3月まで差し出し、マッカーサー、彼の家族と彼のスタッフは、近くの左コレヒドール島PTボートオーストラリアに逃げマッカーサーになった、最高司令官南西太平洋地域。マッカーサーは到着すると、「私はフィリピンに戻る」と有名に約束した演説をしました。 2年以上の戦いの後、彼はその約束を果たしました。マッカーサーはフィリピンを擁護したことで名誉勲章を授与されました。彼は1945年9月2日に東京湾に停泊していたUSS ミズーリ乗っ日本の降伏を公​​式に受け入れ、1945年から1951年まで日本占領を監督しました。日本の効果的な統治者として、彼は抜本的な経済的、政治的、社会的変化します。彼朝鮮戦争国連軍を率いた最初の成功で; しかし、北朝鮮の侵略は中国人を刺激し、一連の大きな敗北を引き起こした。マッカーサーは1951年4月11日にハリー・S・トルーマン大統領によって論争の的に指揮から外されました。彼は後にレミントンランドの取締役会の議長になりました彼は1964年4月5日にワシントンDCで84歳で亡くなりました。

初期の人生と教育

軍のガキは、ダグラス・マッカーサーはで、1880年1月26日に生まれたリトルロック兵舎アーカンソー州に、アーサー・マッカーサー・ジュニア、米陸軍大尉、と彼の妻、メアリーピンクニーハーディマッカーサー(愛称「ピンキー」)。[1]アーサー・ジュニアはスコットランド生まれの法学者で政治家のアーサー・マッカーサー・シニアの息子でした[2]アーサー・ジュニアは後に、南北戦争のミッショナリー・リッジ戦いで北軍と戦ったことで名誉勲章を授与されました。戦争[3]そして中尉の階級に昇進する[4]ピンクニーは、バージニア州ノーフォークの著名な家族から来ました[1]彼女の兄弟のうちの2人は南北戦争で南部のために戦い、彼女の結婚式に出席することを拒否した。[5]拡大家族のうち、マッカーサーも遠くに関連しているマシュー・ペリーコモドール米海軍[6]アーサーとピンキーは、ダグラスは最年少だった人の3人の息子を持っていた、以下のアーサーIII 1876年8月1日に生まれた、とマルコム、10月17日1878年に生まれた[7]の家族は、陸軍ポストの承継に住んでいましたアメリカンオールドウェスト条件は原始的で、マルコムは1883年にはしかで亡くなりました。[8]彼の回想録、Reminiscencesで、マッカーサーは「読み書きができる前から、実際、歩いたり話したりする前に、乗って撃つことを学びました」と書いています。[9]

A ornate chair and a table with a book on it. A man sits in the chair, wearing an American Civil War style peaked cap. On his sleeves he wears three stripes pointed down with a lozenge of a First Sergeant.
1890年代後半にウェストテキサス陸軍士官学校の学生としてマッカーサー

マッカーサーのフロンティアでの時間は、家族がワシントンDCに移り[10]、フォース公立学校に通った1889年7月に終わりました。そこにマッカーサーが参加している間彼の父は、9月1893年には、サンアントニオ、テキサス州に投稿されたウェスト・テキサス陸軍士官学校を[11]彼は「奨学金やふるまい」のために金メダルを授与されました。彼はまた、学校のテニスチームに参加し、学校のサッカーチームでクォーターバックを、野球チームで遊撃手を演じました。彼は卒業生総代に指名され、最終年の平均は100人中97.33人でした。[12]マッカーサーの父と祖父は、ダグラスをウェストポイントの陸軍士官学校への大統領任命を確保しようとして失敗しました。グロバークリーブランド、そしてウィリアムマッキンリー大統領から[13]これらの2つの拒絶の後、[14]彼は、ミルウォーキー高校の教師であるガートルードハルからコーチングと家庭教師を与えられた[15]彼はその後、議員からの任命のための試験に合格しテオーバルド・オッジュン[11]テストで93.3得点します。[16]彼は後に書いた:「それは私が決して忘れなかった教訓でした。準備は成功と勝利への鍵です。」[16]

マッカーサーは1899年6月13日にウェストポイントに入り[17]、母親もそこに引っ越して、アカデミーの敷地を見下ろすクレイニーズホテルのスイートに移った。[18] この時点で、ウェストポイントではヘイズが広まっており、マッカーサーとそのクラスメートのユリシーズS.グラントIIIクレイニーズに住む母親を持つ将軍の息子として、南部の士官候補生によって特別な注意を払うために選ばれました。士官候補生オスカー・ブーズが、かすんで結核で亡くなった後、ウェストポイントを去ったとき、議会の調査がありました。マッカーサーは1901年に特別議会委員会の前に出頭するよう求められ、そこで彼は、他の士官候補生が委員会に全容を伝えたにもかかわらず、彼自身の所持を軽視した。議会はその後、「嫌がらせ、暴君的、虐待的、恥ずべき、侮辱的または屈辱的な性質の」行為を非合法化したが、かすみは続いた。[19]マッカーサーは、彼の2年目会社Bに肉体であった最初の軍曹彼の三年でA社における最初キャプテン彼の最後の年です。[20]彼は野球チームの左翼手でプレーし、これまでに記録された3番目に高いスコアである可能性のある2470.00または98.14%から2424.12のメリットを学術的に獲得しました。彼は1903年6月11日に93人のクラスで最初に卒業した。 [21]当時、トップランクの士官候補生は米国陸軍工兵隊に任命されるのが通例であったため、マッカーサーは少尉として任命された。その軍団で。[22]

尉官

マッカーサーは、カリフォルニア州フォートメイソン両親と一緒に卒業式の一時解雇を過ごしました。そこでは、現在少将である父親が太平洋局の司令官を務めていました。その後、彼は1903年10月にフィリピンに向けて出発した第3エンジニア大隊に加わりました。マッカーサーはイロイロに送られ、そこでキャンプジョスマンの埠頭の建設を監督しました。その後、タクロバン市カルバヨグ市セブ市で調査を行った。 1903年11月、ギマラスでの作業中に、彼はフィリピンの山賊またはゲリラのペアに待ち伏せされました。彼はピストルで両方を撃ち殺した。[23]彼は1904年4月マニラ中尉に昇進した [24] 1904年10月、バターンの調査中にマラリアいんきんたむしにかかったため、彼の任務のツアーは短縮された。彼はサンフランシスコに戻り、そこでカリフォルニア破片委員会に配属されました。 1905年7月、彼は太平洋管区の機関長になりました。 [25]

マッカーサーは、彼の軍歴の最初の14年間はエンジニアでした。彼は卒業時にこれらの黄金の城のピンを贈り物として受け取りました。彼はこれらのピンを40年以上持ち歩いており、1945年にリーフJ.スヴェルドラップ少将に渡した。スベルドラップは1975年にエンジニアチーフにそれらを与えました。それ以来、エンジニアのすべてのチーフはマッカーサーのピンを着用しています。[26]

1905年10月、マッカーサーは父親の副官として任命するために東京に行くよう命令を受けました。このときマッカーサーを知っていた男性は、「アーサー・マッカーサーは、息子に会うまで、私が今まで見た中で最も派手な自我を持った男だった」と書いています。[27]彼らはで日本の軍事基地に検査長崎神戸京都、その後経由してインドに向かった、上海、香港、Javaの到達、およびシンガポールをカルカッタを1月1906年にはインドで、彼らはマドラス、トゥティコリン、クエッタ、カラチ、北西部訪問しましたフロンティアとカイバー峠。その後、バンコクとサイゴンを経由して中国に航海し、カントン、青島、北京、天津、漢口、上海を巡回した後、6月に日本に帰国しました。翌月、彼らは米国に戻り[28]、アーサー・マッカーサーはダグラスを補佐として、フォートメイソンでの任務を再開した。 9月には、ダグラスはへのレポートに注文を受けた第二エンジニア大隊ワシントンバラックエンジニア学校と登録します。そこにいる間、彼はセオドア・ルーズベルト大統領の要請で「ホワイトハウスの機能を支援する補佐官」も務めました[29]

1907年8月、マッカーサーは両親が住んでいたミルウォーキーのエンジニア地区事務所に送られました。 1908年4月、彼はレブンワース砦に配属され、そこで最初の指揮官であるK社第3大隊エンジニアが与えられました。[29]彼は1909年に大隊副官なり、1910年にレブンワース砦の技術士官になった。マッカーサーは1911年2月に船長に昇進し、軍事工学部とフィールドエンジニア学校の長に任命された。彼はテキサス州サンアントニオでの演習にマヌーバ部門と共に参加しました。1911年にパナマで独立した任務に就いた。1912年9月5日の父親の突然の死により、ダグラスと弟のアーサーは健康状態が悪化した母親の世話をするためにミルウォーキーに戻った。マッカーサーはワシントンDCへの転院を要求したので、彼の母親はジョンズホプキンス病院の近くにいる可能性があります。スタッフ、少将の軍チーフレナードウッドは、との問題を取り上げた陸軍長官の ヘンリー・スティムソン1912年に参謀長の事務所に掲示されるようにマッカーサーのために配置され、[30]

ベラクルス遠征

1914年4月21日、ウッドロウウィルソン大統領はベラクルス占領を命じました。マッカーサーはこの地域に派遣された本部のスタッフに加わり、1914年5月1日に到着しました。彼はベラクルスからの前進の後方支援には鉄道の使用が必要であることに気づきました。マッカーサーはベラクルスでたくさんの鉄道車両を見つけましたが、機関車はありませんでした。マッカーサーは、ベラクルスのアルバラドに機関車がたくさんあったという報告を検証するために着手しまし。彼は金で150ドルで、彼が武装解除した3人のメキシコ人のとサービスを手に入れました。マッカーサーと彼の党はアルバラドに5つのエンジンを配置し、そのうち2つはスイッチャーのみでした。、しかし他の3両の機関車はまさに必要なものでした。ベラクルスに戻る途中、彼の党は5人の武装した男たちに襲われた。党はそれを実行し、マッカーサーが撃った2人を除くすべての武装した男たちを遠ざけた。その後すぐに、彼らは約15人の騎手のグループに襲われました。マッカーサーは服を着て3発の弾丸を取りましたが、無傷でした。マッカーサーが4人を撃った後、騎手が引退を決定する前に、彼の仲間の1人が軽傷を負った。さらに、パーティーは3人の騎乗した男性によって3度目の攻撃を受けました。マッカーサーはシャツに別の銃弾の穴を開けましたが、彼の部下は手車を使って、攻撃者の1人を除いてすべてを追い抜くことができました。マッカーサーはその男と彼の馬の両方を撃ちました、そして、パーティーは先に進む前にトラックから馬の死骸を取り除く必要がありました。[31]

仲間の将校がウッドに手紙を書き、マッカーサーの名前を名誉勲章に推薦するよう勧めた。ウッドはそうしました、そして、スタッフのチーフヒューL.スコットは賞を検討するために理事会を召集しました。[32]理事会は、「この企業の妥当性は、地上の司令官の知識なしに行われた」と質問した。[33]これは、名誉勲章を授与されたフレデリック・ファンストン准将であり、マッカーサーにメダルを授与することを「完全に適切かつ正当である」と考えた。[34]しかし、理事会は、「推薦された賞を授与することは、同様の条件下で、他の職員が地元の司令官を無視することを奨励し、おそらく後者の計画を妨害するかもしれない」と恐れた。その結果、マッカーサーはまったく賞を受賞しませんでした。[35]

第一次世界大戦

レインボー師団

A man sits in an ornate chair. He is wearing a peaked cap, greatcoat and riding boots and holding a riding crop.
1918年9月、フランスの城で乗馬用の馬鞭を握っているマッカーサー将軍

マッカーサーは陸軍省に戻り、1915年12月11日少佐昇進しました。1916年6月、陸軍長官ニュートンD.ベイカーの情報局長に任命されました。マッカーサーはそれ以来、陸軍の最初の報道官と見なされてきました。 1917年4月6日にドイツで宣戦布告された後、ベイカーとマッカーサーはウィルソン大統領から西部戦線での州兵の使用に関する合意を確保しました。マッカーサーは、特定の州への好意の出現を避けるために、最初に異なる州のユニットから組織された師団を送ることを提案した。ベイカーはこのフォーメーションの作成を承認し、それが第42(「レインボー」)師団になりました。、および少将に任命ウィリアムA.マン、頭州兵局はその指揮官として、。マッカーサーは大佐の階級で参謀長を務めたマッカーサーの要請により、この委員会はエンジニアではなく歩兵にありました。[36]

第42師団は、1917年8月と9月にニューヨークのキャンプミルズに集結し、その訓練は塹壕戦よりも野外戦闘に重点を置いていました1917年10月18日、ニュージャージー州ホーボーケンからフランスに向けて護送船団で出航しました。12月19日、マンは師団長としてチャールズT.メノハー少将に交代しました[37]

リュネビル-バカラ防衛セクター

第42師団は1918年2月に静かなリュネビルセクターの列に加わった。2月26日、マッカーサーとキャプテントーマスT.ハンディはフランスの塹壕襲撃同行し、マッカーサーは多くのドイツ人捕虜の捕獲を支援した。司令官フランスのVII隊、少将ジョージズ・デ・バゼレアーとマッカーサー飾られ、クロワ・ド・Guerreが。メノハーはマッカーサーをシルバースターに推薦し、後に彼はそれを受け取った。[38]シルバースターメダルは1932年8月8日まで制定が、小さなされなかったシルバー引用スター英国の派遣での言及と同様に、ギャラントリーの注文で引用されたものの従軍記章に着用することが許可されました[39]シルバースターメダルが制定されたとき、それはシルバーシテーションスターを授与された人々にさかのぼって授与された。[40] 3月9日、第42師団は、突極デュフェイのドイツ塹壕で独自の3回の襲撃を開始した。マッカーサーは第168歩兵の会社に同行しました。今回、彼のリーダーシップは、Distinguished ServiceCrossで報われました。数日後、彼の部下が防毒マスクを携帯することを厳しくしたマッカーサーしかし、しばしば彼自身を持ってくることを怠り、ガス処刑されました。彼は3月19日にベイカー長官にその地域を案内するのに間に合うように回復した。[41]

シャンパーニュ-マルヌ攻勢

第一次世界大戦の無許可の制服を着たマッカーサー准将。彼は無人地帯でもヘルメットをかぶることはなく、常にその改造された帽子をかぶっていました。彼のユニフォームは写真の4人の部下とは完全に異なっていました。[42] [43]

マッカーサーは6月26日に准将に昇進した。[44] 6月下旬、第42師団は、差し迫ったドイツのシャンパーニュ-マルヌ攻勢に対抗するためにシャロンアンシャンパーニュに移されたフランス第4軍のジェネラル・ダルメ・アンリ・グローは、多層防御で攻撃に対応することを選択し、最前線の領域を可能な限り薄く保ち、ドイツ軍の第2防衛線での攻撃に対応しました。彼の計画は成功し、マッカーサーは2番目のシルバースターを授与されました。[45] 第42師団はその後の連合軍の反撃に参加し、マッカーサーは7月29日に3番目のシルバースターを授与されました。 2日後、メノハーは第84歩兵旅団のロバートA.ブラウン准将を指揮から解放し、マッカーサーと交代させた。マッカーサーは敵が撤退したという報告を聞いて、8月2日に自分の目で確かめるために前進した。[46]彼は後で書いた:

セルジーで右からスタートしたのはその朝の3時半。各前哨基地連絡グループから次のグループにランナーを連れて行き、かつてのノーマンズランドを経由して移動するので、私はその旅行を決して忘れません。死者は私たちが彼らを転倒させた場所でとても厚かった。それらの無秩序な体の少なくとも2,000があったにちがいありません。私は6つの最高のドイツ師団の記章を特定しました。悪臭は窒息していました。木は立っていませんでした。負傷した男性のうめき声と叫び声がいたるところに響き渡った。狙撃兵の弾丸は、怒っているミツバチの巣箱のざわめきのように歌われました。時折のシェルバーストはいつも私のガイドから怒った誓いを引き出しました。私は、さまざまなサイズのほぼ100丁の無効な銃と、その数倍の放棄された機関銃を数えました。[47]

マッカーサーはメノハーとハンター・リゲット中尉にドイツ軍が実際に撤退したことを報告し、4番目のシルバースターを授与された。[48]彼はまた、2番目のクロワ・ド・ゲール授与されレジオンドヌール勲章の司令官なった[49]シャンパーニュ・マルヌ攻撃および反撃キャンペーン中のマッカーサーのリーダーシップは、マッカーサーが「私がこれまでに仕えた中で最も優秀で勇敢な将校の一人」であるとグーロー将軍が述べたときに注目された。[50]

サンミッシェルとムーズ・アルゴンヌ攻勢の戦い

第42師団は数週間の休息を取り[51]1918年9月12日のサンミッシェルの戦いの列に戻った。連合軍の前進は急速に進み、マッカーサーは第84歩兵旅団の指揮により5番目のシルバースターを授与された。[52]彼は、9月25日から26日の夜の襲撃に参加したことで6番目のシルバースターを受け取った。第42師団は9月30日の夜に救援され、アルゴンヌセクターに移動し、10月11日の夜に第1師団救援しました。翌日の偵察で、マッカーサーは再びガス処刑され、2回目の傷シェブロンを獲得した[53]

Three men in uniform are standing side by side. The one on the left is wearing a peaked "crush cap" and standing smartly at attention, while the two on the right wear garrison caps and are slouching. A man in a peaked cap and Sam Browne belt is pinning something on the chest of the first man. Behind him stands another man in a garrison cap who is reading a document in his hands.
パーシング将軍(左から2番目)は、マッカーサー将軍(左から3番目)を殊勲十字章で飾ります。チャールズ・T・メノハー少将(左)が引用を読み上げ、ジョージ・E・リーチ大佐(左から4番目)とウィリアム・ジョセフ・ドノヴァン中佐が装飾を待っている。

ムーズ・アルゴンヌ攻勢への第42師団の参加は、両方の旅団で攻撃した10月14日に始まりました。その夜、攻撃について話し合うための会議が召集され、その間、第1歩兵師団と第5軍団の指揮官であるチャールズペロットサマーオールが電話をかけ、翌日の夜18:00までにシャティヨンを連れて行くよう要求した。シャティヨンの北東にあるドイツの有刺鉄線の隙間を示す航空写真が取得されました。ウォルターE.ベア中佐(第167歩兵の指揮官)は、機関銃の弾幕で覆われた、防御が最も印象的ではないように見えるその方向からの攻撃を提案しました。マッカーサーはこの計画を採用した。[54]有刺鉄線の隙間の存在を確認しながら、彼は負傷しましたが、重傷ではありませんでした。[55]数年後、ウェストポイントの監督中にウィリアム・アドルマン・ガノエに言及したように、マッカーサーはベアが以前に彼に言及したギャップを確認するために、夜に兵士の偵察パトロールを人のいない土地に個人的に導いた。ドイツ人はそれらを見て、マッカーサーと大砲と機関銃で部隊を撃った。マッカーサーはパトロールの唯一の生存者であり、彼が生き残ったのは奇跡であると主張した。彼は、その地域からの敵の砲撃がなかったために、その地域に実際に大きな露出したギャップがあることを確認しました。[56]

サマーオールはマッカーサーを名誉勲章と少将への昇進に指名したが、どちらも受け取っていなかった。[57]代わりに、彼は2番目の殊勲十字章を授与された。[58]第42師団は1918年11月4-5日の夜に最後にラインに戻った。[59]セダンの最後の前進で。マッカーサーは後に、この作戦は「アメリカの歴史の大きな悲劇の1つであることをわずかに逃した」と書いた。[60]ユニットの境界を無視する命令は、ユニットが互いのゾーンに交差することにつながりました。結果として生じた混乱の中で、マッカーサーは第1師団の兵士に捕らえられ、ドイツ軍の将軍と間違えられました。[61]これは彼が身に着けていた彼の帽子と長いスカーフを取り除くことによってすぐに解決されるでしょう。[62]ムーズ川の高さへの攻撃での彼のパフォーマンスは、彼に7番目のシルバースターを授与することにつながった。戦闘が終了した休戦の前日の11月10日、マッカーサーは第42師団の指揮官に任命された。第84歩兵旅団の参謀長兼指揮官としての功績により、陸軍殊勲賞を受賞しました[63]

彼の指揮期間は短期間でした。11月22日、他の准将と同様に、彼は交代し、第84歩兵旅団に戻りました。第42師団はアールヴァイラー地区を占領するラインラント占領に参加するために選ばれました[64] 1919年4月、第42師団はブレストサンナゼール連行し、そこで彼らはアメリカに戻るために船に乗り込んだ。マッカーサーは1919年4月25日にニューヨークに到着した遠洋定期船SS リバイアサンを旅した[65]

戦争の間

陸軍士官学校の監督

Man wearing peaked cap, Sam Browne belt, and shiny riding boots.
ウェストポイント監督としてのマッカーサー

1919年、マッカーサーはウェストポイントの陸軍士官学校の監督になりました。ペイトンマーチ参謀長は多くの点で時代遅れであり、改革が非常に必要であると感じていました。[66]ポストを受け入れることで、マッカーサーは同時代の多くのように実質的な少佐の階級に引き下げられるのではなく、准将の階級を維持することができた[67]マッカーサーは1919年6月、彼の母親と監督の家に移動すると、[68]彼は以来の最年少監督となったシルバヌスセイヤー1817で[69]しかし、セイヤーは軍隊の外からの反対に直面していましたが、マッカーサーは卒業生と理事会からの抵抗を克服しなければなりませんでした。[70] 将校に何が求められているかについてのマッカーサーのビジョンは、フランスでの最近の戦闘経験だけでなく、ドイツのラインラント占領の経験からももたらされた。ラインランドの軍事政権は、陸軍に政治的、経済的、社会的問題に対処することを要求しましたが、ウェストポイントの卒業生の多くは軍事科学以外の分野の知識をほとんどまたはまったく持っていなかったことがわかりました。[68]戦争中、ウェストポイントはに減少していた役員候補校5つのクラスは、2年間で卒業して、。士官候補生とスタッフの士気は低く、「史上最高の悪意」でかすんでいた。[71]マッカーサーの最初の変更が最も簡単であることが判明した。議会はコースの長さを3年に設定しました。マッカーサーは4年間のコースを復活させることができました。 [72]

コースの長さをめぐる議論の中で、ニューヨークタイムズはウェストポイントでの学生生活の回廊と非民主的な性質の問題を提起しました。[72]また、1869年のハーバード大学から始まって、民間の大学は学業成績だけで学生を評価し始めたが、ウェストポイントは古い「全人類」の教育概念を保持していた。マッカーサーはシステムの近代化を目指し、軍事的性格の概念を拡大して、ベアリング、リーダーシップ、効率性、運動能力を含めました。彼はこれまで書かれていなかった士官候補生の倫理規定を形式化した彼が疑惑のコード違反を検討するために士官候補生名誉委員会を結成した1922年に。士官候補生自身によって選出され、罰する権限はありませんでしたが、一種の大陪審として行動し、司令官に犯罪を報告しました。[73]マッカーサーは、上級者ではなく将校を使って、所持品を訓練することによってかすみを終わらせようとした[74]

マッカーサーは、フォートクリントンでの伝統的なサマーキャンプの代わりに、フォートディックスで正規軍の軍曹が最新の武器を使用するように士官候補生を訓練しました。その後、彼らはフルパックでウェストポイントに戻りました。[74]彼はリベラルアーツ、政府および経済学のコースを追加することによってカリキュラムを近代化しようとしたが、学術委員会からの強い抵抗に遭遇した。ミリタリーアートのクラスでは、南北戦争のキャンペーンの研究が第一次世界大戦のキャンペーンの研究に置き換えられました。歴史のクラスでは、極東に重点が置かれました。マッカーサーはスポーツプログラムを拡大し、壁内スポーツの数を増やし、すべての士官候補生に参加を義務付けました。[75]彼は上流階級の士官候補生が居留地を離れることを許可し、今日のウェストポインターの前身である士官候補生新聞TheBragを認可した彼はまた、士官候補生が彼らのサッカーチームのプレーを見るために旅行することを許可し、彼らに月額5ドル(2020年の77ドルに相当)の手当を与えました。[76]教授と卒業生は同様にこれらの急進的な動きに抗議した。[74]マッカーサーのウェストポイント改革のほとんどはすぐに破棄されたが、その後の数年間で、彼のアイデアは受け入れられ、彼の革新は徐々に回復した。[77]

陸軍最年少の大将

マッカーサーは、社交界の名士で億万長者の相続人であるルイーズ・クロムウェル・ブルックスと恋愛関係になりました彼らは1922年2月14日にフロリダ州パームビーチにある彼女の家族の別荘で結婚しました。同じくルイーズに法廷を開いたパーシング将軍が結婚した場合、彼らをフィリピンに追放すると脅したという噂が広まりました。パーシングはこれを「すべてのくそポピーコック」として否定した。[78] 1922年10月、マッカーサーはウェストポイントを離れ、ルイーズとその2人の子供、ウォルターとルイーズと共にフィリピンに航海し、マニラの軍事地区の指揮を執った。[79]マッカーサーは子供たちが好きで、自由な時間の多くを子供たちと過ごした。[80]

マッカーサーc。1925年

フィリピンで反乱は鎮圧され、島々は平和になり、ワシントン海軍軍縮条約を受けて駐屯軍は縮小されていました。[81]マニュエル・ケソンのようなフィリピン人とのマッカーサーの友情は何人かの人々を怒らせた。 「植民地搾取の古い考え」は後に彼が認めた、「それでもその活発な支持者がいた」。[82] 1923年2月と3月、マッカーサーは心臓病で病気になった母親に会うためにワシントンに戻った。彼女は回復したが、1923年12月に虫垂炎突然亡くなった兄のアーサーを見たのはこれが最後だった。1923年6月、マッカーサーはフィリピン師団の第23歩兵旅団の指揮官に就任した。。 1924年7月7日、彼は、賃金と手当に関する不満をめぐってフィリピンスカウトの間で反乱が勃発したことを知らされました。 200人以上が逮捕され、暴動の恐れがありました。マッカーサーは状況を落ち着かせることができたが、フィリピン軍の給与を改善するための彼のその後の努力は、財政の厳しさと人種的偏見に苛立っていた。 1925年1月17日、44歳で昇進し、陸軍最年少の大将になりました。[83]

米国に戻って、マッカーサーは、のコマンドを取っIV隊エリアに基づき、フォートマクファーソン5月2日1925年に、アトランタ、ジョージア州[84]しかし、彼は連合軍将校の息子だったので、南部の偏見に遭遇し、要求されました安心します。[85]数ヶ月後、彼はメリーランド州ボルチモアのフォートマクヘンリー本拠を置く第3軍団管区の指揮官に就任し、マッカーサーとルイーズはメリーランド州ギャリソン近くのレインボーヒル邸宅に移動することができた[84]しかし、この移転は、後に彼が「私がこれまでに受けた中で最も不快な命令の1つ」と述べたものにもつながった:[86]ビリー・ミッチェル准将の軍法会議に参加するための指示。マッカーサーは13人の裁判官の末っ子で、誰も航空の経験がありませんでした。裁判所の大統領であるSummerallを含む3人は、防衛の挑戦がミッチェルに対する偏見を明らかにしたときに削除されました。マッカーサーが無罪判決を下したと主張したにもかかわらず、ミッチェルは起訴され有罪判決を受けたとして有罪判決を受けた。[84]マッカーサーは、「上級将校は、上司との階級や受け入れられた教義との差異があることで沈黙してはならない」と感じた。[86]

1927年、マッカーサーとルイーズは別居し、彼女はニューヨーク市に引っ越しました。[87]その年の8月アメリカのオリンピック委員会の委員長であるウィリアムC.プラウトが突然亡くなり、委員会はマッカーサーを新しい大統領に選出した。彼の主な任務は、アメリカ人が成功したアムステルダムでの1928年夏季オリンピック向けて米国チームを準備することでした。[88]米国に戻ると、マッカーサーはフィリピン部の指揮をとる命令を受けた[88] 1929年、彼がマニラにいる間、ルイーズは表面上「提供の失敗」を理由に離婚した。[89]ルイーズの莫大な富を考慮して、ウィリアム・マンチェスターは、この擬制を「馬鹿げた」と表現しました。[90]

参謀長

1930年までに、マッカーサーは50歳でしたが、それでも最年少であり、米陸軍の少将の中で最も有名な人物の1人でした。彼は1930年9月19日にフィリピンを去り、しばらくの間サンフランシスコの第9軍団管区を指揮していました。 11月21日、彼は米陸軍参謀総長に就任し、将軍に就任しました。[91]ワシントンにいる間、彼は母親と一緒に昼食をとるために毎日家に帰っていた。彼は机で日本の儀式用の着物を着て、東洋の扇風機で体を冷やし、宝石で飾られたタバコホルダーでタバコを吸いました。夕方、彼は軍事史の本を読むのが好きでした。この頃、彼は自分自身を「マッカーサー」と呼び始めました。[92]彼はすでに広報スタッフを雇って、彼が好むことが知られている一連のアイデアとともに、アメリカ国民との彼のイメージを宣伝していました。革命への失業者の大衆;アメリカの運命はアジア太平洋地域にあったこと。そして大英帝国に対する強い敵意。[93]ある現代人は、マッカーサーを米陸軍の将軍としてこれまで務めた中で最も偉大な俳優であると説明し、別の現代人は、マッカーサーには職員ではなく法廷があると書いた。[94]

大恐慌の始まりは議会に陸軍の人員と予算を削減するよう促しました。約53の基地が閉鎖されましたが、マッカーサーは正規の将校の数を12,000人から10,000人に減らす試みをなんとか阻止しました。[95]マッカーサーの主なプログラムには、新しい動員計画の策定が含まれていた。彼は9つの軍団管区を4つの軍隊の下にグループ化し、訓練とフロンティア防衛の責任を負っていました。[96]彼はまたとマッカーサー・プラット協定交渉さアメリカ海軍作戦部長提督 ウィリアム・V・プラットをこれは、航空に関するさまざまなサービスの責任を定義した、その後の数十年にわたる一連のサービス間協定の最初のものでした。この協定により、沿岸防空は陸軍の下に置かれました。1935年3月、マッカーサーはフランクM.アンドリュース少将の下で中央航空司令部の総司令部空軍を発動させました[97]

Police with batons confront demonstrators armed with bricks and clubs. A policeman and a demonstrator wrestle over a U.S. flag.
ボーナス軍の行進者が警察に立ち向かう

マッカーサーの最も物議を醸した行為の1つは、退役軍人のボーナス軍」がワシントンに集結した1932年に起こりました。彼は、議会での爆発が台所を撤回させるまで、移動式台所と一緒にテントとキャンプ用品をデモ隊に送りました。マッカーサーは、デモが共産主義者と平和主義者に引き継がれたことを懸念していたが、参謀の諜報部門は、行進の26人の主要な指導者のうち3人だけが共産主義者であったと報告した。マッカーサーは、首都での市民暴動の緊急時対応計画を検討しました。機械化された機器はフォートマイヤーに運ばれ、そこで暴動防止訓練が行われました。[98]

1932年7月28日、地区警察との衝突で2人の退役軍人が射殺され、後に死亡した。ハーバート・フーバー大統領はマッカーサーに「被災地を取り囲み、遅滞なくそれを片付ける」よう命じた。[99]マッカーサーは、主要のアドバイスに対して、部隊や戦車を持ってきて、ドワイト・D・アイゼンハワー彼が運転を担当していなかったものの、軍に同行することを決めました。軍隊は、レンガと岩のシャワーの下で銃剣とサーベルを引いて前進したが、発砲はなかった。 4時間足らずで、彼らは催涙ガスを使ってボーナス軍のキャンプ場を片付けました。ガスボンベは多くの火災を引き起こし、暴動の最中に唯一の死者を出しました。他の反暴動作戦ほど暴力的ではありませんが、それでも広報活動の惨事でした。[100]しかし、「ボーナス軍」の敗北は、アメリカ国民全体に人気がなかったものの、マッカーサーを共和党のより右翼的な要素の英雄にした。 1932年の共産主義革命。 [93]

Five workmen. One is holding a shovel, while the other four are laying bricks to form a drainage ditch along the side of a road.
道路沿いのプロジェクトに参加している市民保全部隊の労働者

1934年、マッカーサーはジャーナリストのドリューピアソンロバートS.アレンを、ボーナスマーチャーの扱いを「不当、不必要、不服従、過酷、残忍」と表現した後、名誉毀損で訴えました。[101]友人に19発の祝砲を提案したことでも非難され、マッカーサーは彼の評判へのダメージを補うために750,000ドルを要求した。[102]次に、ジャーナリストは、イザベル・ロザリオ・クーパーを証人と呼ぶと脅迫した。マッカーサーはフィリピンにいる間にユーラシアのティーンエイジャーであるイザベルに会い、彼女は彼の愛人になりました。マッカーサーは法廷外で和解することを余儀なくされ、ピアソンに密かに15,000ドルを支払った。[103]

では1932年の大統領選挙、ハーバート・フーバーはで敗北したフランクリン・D・ルーズベルト。マッカーサーとルーズベルトは第一次世界大戦前に協力し、政治的な違いにもかかわらず友人であり続けました。マッカーサーは、陸軍による市民保全部隊の活動を通じてニューディール政策を支持した。彼は、雇用のための詳細な計画が作成され、その管理が軍団管区に分散されていることを確認しました。これは、プログラムの成功の重要な要素になりました。[104]強力な軍隊に対するマッカーサーの支持、および平和主義と孤立主義に対する彼の公の批判[105]は、ルーズベルト政権に彼を不人気にした。[106]

おそらく、ルーズベルトとマッカーサーの間の最も熱狂的な交換は、陸軍の予算の51%を削減するという行政提案をめぐって起こった。それに応えて、マッカーサーはルーズベルトに次のように語った。マッカーサーではなく、ルーズベルト」。それに応えて、ルーズベルトは「大統領にそのように話してはならない!」と叫んだ。マッカーサーは辞任を申し出たが、ルーズベルトは彼の要求を拒否し、マッカーサーはホワイトハウスからよろめき、正面の階段で嘔吐した。[107]

そのような交換にもかかわらず、マッカーサーは参謀長としてさらに1年延長され、1935年10月にツアーを終了した。[106]参謀長としての彼の奉仕に対して、彼は2回目の従軍記章を授与された。彼は、第一次世界大戦での奉仕に対して2つのパープルハート章をさかのぼって授与されました[108]マッカーサーは、彼が「#1」と刻印したパープルハートの最初の受取人であると主張しました。[109] [110]

フィリピン陸軍元帥

1935年にフィリピン連邦が半独立の地位を獲得したとき、フィリピン大統領マニュエル・ケソンはマッカーサーにフィリピン軍の創設を監督するよう要請した。ケソンとマッカーサーは、35年前に父親がフィリピン総督を務めていたので、個人的な友人でした。ルーズベルト大統領の承認を得て、マッカーサーはその任務を受け入れた。マッカーサーは、フィリピン連邦政府の軍事顧問としての少将の給与に加えて、その給与と手当とともに陸軍元帥の階級を受け取ることが合意されました[111]極東での彼の5回目のツアーになるでしょう。マッカーサーは1935年10月にSS 大統領フーバーサンフランシスコから出航し[112]、母親と義理の妹を伴った。彼はアイゼンハワーとジェームズ・B・オード少佐を助手として連れてきた[113]上の別の乗客社長フーバーはだったジャン・マリー・Faircloth、未婚の37歳の社交界の名士。次の2年間、マッカーサーとフェアクロスは頻繁に一緒に見られました。[114]彼の母親は航海中に重病になり、1935年12月3日にマニラで亡くなった。[115]

MacArthur stands in uniform at four microphones on stands. Behind him four men in army uniforms stand at attention. There are viewed by a large crowd of well-dressed men, women and children in skirts, suits and uniforms.
1941年8月15日キャンプマーフィーでの式典。フィリピン陸軍航空軍の導入を記念します。マッカーサーの後ろには、左から右に、リチャードK.サザーランド中佐、ハロルドH.ジョージ大佐、ウィリアムF.マーカット中佐、ルグランドA.ディラー少佐がいます。

ケソン大統領は、1936年8月24日にマラカニアン宮殿行われた式典で、マッカーサーに陸軍元帥の称号を正式に授与し、金のバトンとユニークなユニフォームを彼に贈りました[116]フィリピン軍は徴兵制から形成された。訓練は通常の幹部によって行われ、フィリピン陸軍士官学校はウェストポイントに沿って役員を訓練するために設立されました。[117]マッカーサーとアイゼンハワーは、訓練キャンプの数が構築されていた20,000研修生の最初のグループは早い1937年まで報告しなかったことがわかった[118]装備や武器「は、多かれ少なかれ、廃止された」アメリカン・キャストオフ、および予算ました完全に不十分でした。[117]マッカーサーと彼の海軍顧問であるシドニー・L・ハフ中佐は海軍にPTボートの開発を開始するよう説得したが、マッカーサーの装備に対する要求は耳を貸さなかった[119]フィリピン陸軍航空隊は多くの希望が寄せられたが、最初の飛行隊は1939年まで組織されなかった。[120] 1922年ワシントン海軍軍縮条約の第XIX条は、すべての太平洋地域および1923年から1936年までの5つの署名者の植民地。また、クラークコレギドールのような軍事基地は、その13年間、拡張または近代化することを許可されていませんでした。たとえば、コレヒドール島のマリンタトンネルは、1932年から1934年にかけて、TNTを非難し、条約のために米国政府から1ドルも支払わずに建設されました。これは、マッカーサーとケソンが直面している多くの課題に追加されました。[121]

マッカーサーは1937年4月30日の民事式でジャンフェアクロスと結婚した。[122]彼らの結婚により、1938年2月21日にマニラで生まれた息子アーサーマッカーサーIVが生まれた。[123] 1937年12月31日、マッカーサーは正式に陸軍から引退した。 。彼は政府の軍事顧問として米国を代表することをやめたが、民間の立場でケソンの顧問として残った。[124]アイゼンハワーは米国に戻り、そして中佐で、スタッフのマッカーサーのチーフとして交換されたリチャード・サザランドながら、リチャード・J・マーシャルは、スタッフの副主任となりました。[125]

マニラにいる間、マッカーサーは1936年1月17日にフリーメーソンのアメリカ支部に加わり、600人のマスターメイソンとの式典に参加しました。3月13日、彼は14番目のクラス(薔薇十字団の高級協会)に昇進しました。[126] [検証に失敗しました] [より良い情報源が必要です] [完全な引用が必要です]最終的に、日本占領時、マッカーサーはマニラロッジNo. 1に属し、32番目のフリーメーソンランクになりました。[127] [128]

第二次世界大戦

フィリピンのキャンペーン(1941–1942)

A long column of men on horseback moving down a road. A tank is parked beside the road.
26番目の騎兵隊(フィリピンスカウト)がM3スチュアート戦車を過ぎてポゾルビオに移動

フィリピンの防衛

1941年7月26日、ルーズベルトはフィリピン陸軍を連邦化し、マッカーサーを少将として米陸軍で活躍するよう呼び戻し、極東陸軍(USAFFE)の司令官に任命しましたマッカーサーは翌日[129]中尉に昇進し、12月20日に将軍に昇進した[130] 1941年7月31日、フィリピン部隊には22,000人の軍隊が割り当てられ、そのうち12,000人がフィリピンスカウトであった。主要な構成要素は、ジョナサン・M・ウェインライト少将の指揮下にあるフィリピン師団でした[131]フィリピン防衛のための最初のアメリカの計画は、軍隊の本体がマニラ湾のバターン半島に撤退し、救援部隊が到着するまで日本軍に対抗することを要求した。[132]マッカーサーはこの計画を、ルソン島全体を占領しB-17フライングフォートレス使用して島に接近した日本艦を沈める計画に変更した[133]マッカーサーはワシントンの意思決定者を説得し、彼の計画は日本が戦争を選択するのを防ぎ、悪化した場合に戦争に勝つことを妨げる最善の抑止力であると説得した。[133]

1941年7月から12月の間に、駐屯軍は8,500人の援軍を受け取りました。[134]何年にもわたる倹約の後、多くの機器が出荷された。 11月までに、フィリピン向けの機器の出荷トン110万のバックログが、船舶を待っている米国の港とデポに蓄積されました。[135]さらに、ステーションCASTとして知られる島の海軍迎撃ステーションには、日本の外交メッセージを解読する超秘密のパープル暗号機と、最新のJN-25海軍コードの部分的なコードブックがありました。ステーションCASTは、マッカーサーにその全出力を、彼のスタッフの唯一の役員であるサザーランド経由で送信しました。[136]

1941年12月8日の現地時間03:30(ハワイでは12月7日の09:00頃)に[137]サザーランドは真珠湾攻撃を知り、マッカーサーに知らせた。 05:30に、米陸軍参謀総長のジョージマーシャル将軍は、マッカーサーに既存の戦争計画であるレインボーファイブの実行を命じました。代わりに、マッカーサーは何もしませんでした。極東空軍の司令官ルイス・H・ブレトン少佐が3回、フォルモサにある日本軍基地を攻撃する許可を求めた、戦前の意図に従っていたが、サザーランドによって拒否された。ブレトンは代わりに、日本の軍艦を探して、防御的なパトロールパターンを飛ばすように彼の航空機に命じました。 11:00まで、ブレトンはマッカーサーと話し、レインボーファイブを始める許可を得ました。[138]マッカーサーは後に会話をすることを否定した。[139]真珠湾攻撃から9時間後の12時30分、日本の第11航空艦隊の航空機は、クラークフィールドと近くのイバフィールドの戦闘機基地攻撃し、極東航空の18を破壊または無効にしたときに完全な戦術的驚きを達成した。地上給油で捕らえられたフォースの35機のB-17。また、107機のP-40のうち53、3機のP-35も破壊されました。、および25機以上の他の航空機。基地に大きな被害が出て、死傷者は合計80人、負傷者は150人でした。[140]極東空軍に残されたものは、次の数日間でほとんど破壊された。[141]

Two men sitting at a desk.
1942年3月1日、フィリピンのコレヒドール島にある本部トンネルで、マッカーサー(中央)と首席補佐官のリチャードK.サザーランド少佐

マッカーサーは、日本の上陸に対する最初の防御で日本の前進を遅らせようとした。ルソン島全体を日本軍に対抗させるというマッカーサーの計画は崩壊した。それはアメリカとフィリピンの軍隊をあまりにも薄く分配したからである。[142]しかし、彼は日本上陸力がでて着陸以下の急速な進歩をした後、彼のフィリピン軍の能力で彼の過信を再考リンガエン湾12月21日に、[143]と命じたバターンに撤退を[144]リンガエン湾の日本上陸の2日以内に、マッカーサーは来て救済力を待っている間にのみバターンを保持しようとする前の1941年7月の計画に戻っていました。[142]ただし、この計画の切り替えには厳しい代償が伴いました。ほとんどのアメリカ軍と一部のフィリピン軍はバターンに戻ることができたが、混乱の中で放棄された彼らの物資のほとんどはなかった。[145]マニラはアジア艦隊を指揮するトーマス・C・ハート提督との協議なしに、12月24日の深夜に無防備都市宣言され、海軍にかなりの量の貴重な物資を破壊させた。[146]1941年12月、アジア艦隊のパフォーマンスはあまり最適ではありませんでした。水上艦隊は廃止され、オランダ領東インドを守るために安全に避難しましたが、ハートの最強の戦闘部隊であるマニラに20隻以上の近代潜水艦が割り当てられました。潜水艦は自信を持っていましたが、機能不全のMark14魚雷で武装していました。彼らは侵攻中に日本軍艦を1隻沈めることができなかった。[147]マッカーサーは、海軍が彼を裏切ったと思った。潜水艦は、日本艦隊への効果のない攻撃の後、12月末までにフィリピンを放棄するように命じられ、残りのキャンペーンのために高位の政治家や将校を避難させるためにコレヒドールに戻っただけでした。[148]

12月24日の夕方に、マッカーサーは、島の要塞に彼の本部を動かしコレヒドールマニラ湾の彼の本部が25日に開いていると、ワシントンに報告して、21:30に到着します。[149] [150]日本人による一連の空襲は島のすべての露出した構造物を破壊し、USAFFE本部はマリンタトンネルに移された。 12月29日のコレヒドール島での初めての空襲で、日本の飛行機がトップサイドのすべての建物を爆撃しましたマッカーサーの家と兵舎を含みます。マッカーサーの家族は防空壕にぶつかり、マッカーサーは何人かの兵士と一緒に家の庭に出て、爆弾が家を破壊したときに襲撃に関与した爆撃機の数を観察して数えました。 1発の爆弾がマッカーサーからわずか10フィートのところを攻撃し、兵士たちはマッカーサーを体とヘルメットで保護しました。フィリピン軍のドミンゴ・アドバーサリオ軍曹は、爆弾で手を負傷させ、マッカーサーの頭を榴散弾で撃たれた自分のヘルメットで覆ったことで、シルバースターとパープルハート章を授与されました。マッカーサーは負傷していません。[151]その後、本部のほとんどはバターンに移り、マッカーサーに核だけを残した。[152]バターンの軍隊は、彼らが取り消されたことを知っていたが、戦い続けた。ルーズベルトとマッカーサーの窮状を非難する人もいた。 「リパブリック讃歌曲に合わせて歌われたバラードは、彼を「ダグアウト・ダグ」と呼んだ。[153]しかし、ほとんどの人は、マッカーサーが「手を伸ばして帽子から何かを引っ張るだろう」という信念に固執した。[154]

1942年1月1日、マッカーサーは戦前の奉仕の対価としてフィリピンのケソン大統領から50万ドルを受け取った。マッカーサーのスタッフも支払いを受けました。サザーランドは75,000ドル、リチャードマーシャルは45,000ドル、ハフは20,000ドルです。[155] [156]アイゼンハワーは、最高司令官連合国遠征軍(AEF)に任命された後、ケソンからも金を提供されたが、断った。[157]彼らは1979年の歴史キャロルPetilloが公表したまで、これらの支払いは、唯一のルーズベルト大統領と陸軍長官のヘンリー・スティムソン含め、マニラとワシントンの数に知られていた[158] [159]支払いがいましたが完全に合法であった、[159]啓示はマッカーサーの評判を傷つけました。[159] [160]

フィリピンからの脱出

1942年2月、日本軍がフィリピンへの支配を強化したため、ルーズベルト大統領はマッカーサーにオーストラリアへの移住を命じました。[161] 1942年3月12日の夜、マッカーサーと妻のジャン、息子のアーサー、アーサーの広東語の アヤアチュー、およびサザーランド、リチャードマーシャル、ハフを含む彼のスタッフの他のメンバーを含む選ばれたグループがコレヒドールを去った。彼らはPTボートで日本の軍艦がパトロールした嵐の海を旅しミンダナオ島のデルモンテ飛行場到着しました。そこでB-17がそれらを拾い上げ、オーストラリアに飛ばしました。マッカーサーは最終的に3月21日に電車メルボルンに到着しました。[162] [163]彼が「私は通り抜けて戻ってくる」と言った彼の有名な演説は、3月20日南オーストラリアのテロウィー駅最初に行われた[164]ワシントンはマッカーサーに、「私たちは戻る」という約束を修正するように求めた。彼はその要求を無視した。[165]

バターンは4月9日に降伏し[166]、コレヒドールは5月6日に降伏した[167]

名誉勲章

A bronze plaque with an image of the Medal of Honor, inscribed with MacArthur's Medal of Honor citation. It reads: "For conspicuous leadership in preparing the Philippine Islands to resist conquest, for gallantry and intrepidity above and beyond the call of duty in action against invading Japanese forces, and for the heroic conduct of defensive and offensive operations on the Bataan Peninsula. He mobilized, trained, and led an army which has received world acclaim for its gallant defense against a tremendous superiority of enemy forces in men and arms. His utter disregard of personal danger under heavy fire and aerial bombardment, his calm judgment in each crisis, inspired his troops, galvanized the spirit of resistance of the Filipino people, and confirmed the faith of the American people in their Armed Forces."
陸軍士官学校のマッカーサー兵舎には、マッカーサーの名誉勲章の引用が刻まれた盾が貼られています。

ジョージ・マーシャルは、マッカーサーが「彼の指揮を離れることに向けられた敵による宣伝を相殺するために」、彼が以前に2度指名された装飾である名誉勲章を授与されることを決定しました。[168]アイゼンハワーは、マッカーサーが法律で義務付けられているような勇敢な行動を実際に行っていなかったと指摘したが、マーシャルはチャールズ・リンドバーグへのメダルの1927年の授与を前例として引用した。リンドバーグのメダルを承認するための特別法案が可決されましたが、同様の法律が導入され、下院議員のJ.パーネルトーマスジェームズE.ヴァンザントによってマッカーサーのメダルが承認されました、マーシャルは、サービング将軍が大統領と陸軍省からメダルを受け取るべきであると強く感じ、ギャラントリー基準が救済法案によって放棄されなかった場合、承認は「もっと意味がある」と述べた。[169] [170]

マーシャルはサザーランドに賞を推薦するように命じ、自分で引用を書いた。皮肉なことに、これはまた、「義務の範囲を超えて」目立つギャラントリーを実行するという満たされていない要件など、重要な要件が議会によって放棄された場合にのみ合法と見なすことができるため、準拠法に違反することを意味しました。マーシャルは、「法令の文字通りの解釈の下で名誉勲章の授与を正当化するマッカーサー将軍の特定の行為はない」ことを認めて、陸軍長官に欠陥を認めた。同様に、陸軍の副将軍が1945年に事件を検討したとき、彼は「[マッカーサーの]賞の権限は規則の厳格な解釈の下で疑わしい」と判断した。[170]

マッカーサーは以前に2回この賞にノミネートされており、それがリーダーシップのためであり、ギャラントリーではないことを理解していました。彼は、「この賞は、私が指揮することを光栄に思っていた勇敢な軍隊の不屈の勇気の表彰であるため、個人的にはそれほど意図されていなかった」との感情を表明した。[171] 62歳のとき、マッカーサーは歴史上最古の現役の名誉勲章を授与され、4つ星の将軍として、これまでに名誉勲章を授与された最高位の軍人でした。したがって、アーサーとダグラス・マッカーサーは、名誉勲章を授与された最初の父と息子になりました。セオドア・ルーズベルトが米西戦争中に彼の奉仕に対して死後に授与された2001年まで、彼らは唯一のペアであり続けましたセオドア・ルーズベルト・ジュニアは、第二次世界大戦のノルマンディー侵攻中に彼のギャラントリーのために死後に1つを受け取りました。[172]マーシャルによって書かれたマッカーサーの引用[173]は、次のように述べています。

フィリピン諸島が征服に抵抗する準備をする際の目立ったリーダーシップ、日本軍の侵略に対する行動の義務の要求を超えた勇敢さと勇敢さ、そしてバターン半島での防御的および攻撃的作戦の英雄的な行動のために。彼は軍隊を動員し、訓練し、指揮しました。軍隊は、人と軍隊における敵軍の途方もない優位性に対するその勇敢な防御で世界的に高い評価を受けています。激しい火事と空爆の下での個人的な危険を完全に無視し、各危機における彼の穏やかな判断は、彼の軍隊に刺激を与え、フィリピン人の抵抗の精神を刺激し、彼らの軍隊に対するアメリカ人の信仰を確認しました。[174]

マッカーサーは、日本人に抵抗する勢力の象徴として、他にも多くの称賛を受けました。南西部のネイティブアメリカンの部族は彼を「チーフチーフ」として選び、「私の最も古い友人、西部開拓時代の私の少年時代の仲間」から彼を認めました。[175]彼は1942年の父の年に指名されたときに感動し、全国父の日委員会に次のように書いた。

職業上、私は兵士であり、その事実に誇りを持っていますが、私は父親であることを誇りに思っています。兵士は構築するために破壊します。父親は建てるだけで、破壊することはありません。1つは死の可能性があります。もう1つは、創造と生命を体現しています。そして、死の大群は強力ですが、生命の大隊はさらに強力です。私がいなくなったとき、息子が戦いからではなく、家で私を思い出し、私たちの簡単な毎日の祈り「天国で芸術をする私たちの父」を繰り返してくれることを願っています。[175]

ニューギニアキャンペーン

総本部

1942年4月18日、マッカーサーは南西太平洋方面(SWPA)の連合軍総司令官に任命されましたジョージ・ブレット中尉が連合空軍の司令官になり、ハーバート・F・リアリー副提督が連合海軍の司令官になりました。[176]劇場の陸軍の大部分はオーストラリア人だったので、ジョージ・マーシャルはオーストラリア人を連合国陸軍の司令官に任命することを主張し、仕事はトーマス・ブレーミー卿に任せられた。マッカーサーの指揮には主にオーストラリア人とアメリカ人が含まれていましたが、オランダ領東インド、イギリス、その他の国からの少数の人員も含まれていました。[177]

マッカーサーは、オーストラリアの首相、との密接な関係を確立ジョン・カーティンを[178] およびおそらく首相の後に国内で二番目に強力な人だった[179]多くのオーストラリア人はされていた外国人の一般的なようマッカーサーに憤慨ものの、それらに課せられた。[180]はマッカーサーは、連合国空軍の司令官としてブレットの能力で少し自信を持っていた[176] [181] [182]と1942年8月に少将選択ジョージ・C.ケニーを、彼を交換します。[183] [184]ブレイミーの軍隊を支援するためのケニーの空軍力の適用は、決定的に重要であることが証明されるだろう。[185]

Two men seated at a table side by side talking. One is wearing a suit, the other a military uniform.
オーストラリアのジョン・カーティン首相(右)がマッカーサーと会談

マッカーサーの総司令部(GHQ)のスタッフは、「バターンギャング」として知られるようになった彼と一緒にフィリピンから脱出した核の周りに建てられました。[186]ルーズベルトとジョージ・マーシャルはオランダ人とオーストラリア人の将校をGHQに任命するよう求めたが、すべての職員部門の長はアメリカ人であり、任命された他の国籍の将校が彼らの下で仕えた。[177]当初はメルボルンにあった[187] GHQは、1942年7月にオーストラリアの最北端の都市であるブリスベンに移転し[188]、オーストラリア相互プロビデント協会の建物を占領した(戦後はマッカーサーチェンバーズと改名)。 。[189]

マッカーサーは、フィリピンから脱出したオーストラリアの諜報機関とアメリカの暗号解読から中央局として知られる彼自身の信号諜報機関を結成しました[190]この部隊は、分析のためにマッカーサーの諜報部長チャールズ・A・ウィロビーウルトラ情報を転送した[191]プレスリリースが珊瑚海の戦い中の日本の海軍の配置の詳細を明らかにした後、ポートモレスビーを占領する日本の試みは拒否された[192]ルーズベルトはオーストラリアで検閲を課すように命じた。諮問委員会は、オーストラリアのマスコミに対するGHQの検閲権限を付与しました。オーストラリアの新聞は、毎日のGHQコミュニケで報告されたものに制限されていました。[192] [193]ベテラン特派員は、マッカーサーが個人的に起草したコミュニケを「総茶番劇」と「高レベルで配布された不思議の国のアリス」と見なした。[194]


パプアンキャンペーン

日本が再びポートモレスビーで打つだろうと予想し、守備隊を強化し、マッカーサーは、新拠点の設立を命じられたメラウケミルン湾をその側面をカバーします。[195]ミッドウェー海戦1942年6月では、太平洋の限られた攻撃を考慮につながりました。ラバウルの日本軍基地への攻撃に関するマッカーサーの提案は、野心的でないアプローチを支持する海軍からの反対に直面し、水陸両用作戦となるものを指揮する陸軍将軍に反対した。結果として生じた妥協案は、3段階の前進を必要としました。最初の段階であるツラギ地域の押収はチェスター・W・ニミッツ提督の下の太平洋地域後の段階はマッカーサーの指揮下にあるでしょう。[196]

Six men wearing a variety of different uniforms.
1942年10月にニューギニアで連合軍の上級司令官。左から右へ:フランク・フォード(オーストラリア陸軍大臣)。マッカーサー; 一般的なサートーマス・ブレイミー、連合軍の土地軍。ジョージ・C・ケニー中尉、連合国空軍; エドモンド・ヘリング中尉、ニューギニア軍; ケネスウォーカー准将、V爆撃機司令部。

日本はまず、打ったブナの上陸7月に、[197]とのミルン湾8月に。オーストラリア人はミルン湾で日本人を撃退した[198]ココダトラック作戦での一連の敗北はオーストラリアに憂鬱な影響を及ぼした。 8月30日、マッカーサーは、行動を起こさない限り、ニューギニア軍は圧倒されるだろうとワシントンに無線で伝えた。彼は個人的な指揮を取るためにBlameyをポートモレスビーに送りました。[199]利用可能なすべてのオーストラリア軍を投入した後、マッカーサーはアメリカ軍を派遣することを決定した。第32歩兵師団、不十分な訓練を受けた国家警備隊の分割は、選択されました。[200]ブナ・ゴナの戦いでの一連の恥ずかしい逆転は、オーストラリア人によるアメリカ軍の率直な批判につながりました。マッカーサーはその後、ロバート・L・アイケルバーガー中尉にアメリカ人の指揮を執り、「ブナを連れて行くか、生き返らない」ように命じた。[201] [202]

マッカーサーは1942年11月6日にGHQの上級部隊をポートモレスビーに移した。[203]ブナが1943年1月3日にようやく倒れた後、[204]マッカーサーは「作戦の正確な実行」のために12人の将校に殊勲十字章を授与した。この国で2番目に高い賞の使用は憤慨を引き起こしました。なぜなら、アイチェルバーガーやジョージアランベイジーのように現場で戦った人もいれば、サザーランドやウィロビーのように戦っていなかった人もいたからです。[205]彼の部分については、マッカーサーは、彼の第三識別サービスメダル、受賞した[206]オーストラリア政府は、彼は名誉任命していたバスの英国の秩序のナイトグランドクロス[207]

ニューギニアキャンペーン

1943年3月の太平洋軍事会議で、統合参謀本部議長は、ラバウルでの前進であるカートホイール作戦に関するマッカーサーの計画を承認した。[208]マッカーサーは彼の戦略を説明した:

パプアンキャンペーンの後に概説し、それ以来一貫して提唱してきた太平洋戦争の私の戦略的構想は、艦隊によって支援され支援された驚きと空中打撃力を利用して、主要な戦略目標のみに対する大規模なストロークを想定しています。これは、「アイランドホッピング」と呼ばれるものとは正反対です。「アイランドホッピング」とは、正面からの直接の圧力によって敵を徐々に押し戻し、その結果、確実に大きな犠牲者を出すことです。もちろん重要なポイントをとらなければなりませんが、そのような賢明な選択は、現在敵が所有している島々の大部分を襲撃する必要をなくします。贅沢な損失と遅い進展を伴う「島巡り」...戦争をできるだけ早くそしてできるだけ安く終わらせる方法についての私の考えではありません。新しい条件は解決を必要とし、新しい武器は最大限の適用のために新しく想像力に富んだ方法を必要とします。過去に戦争に勝つことはありません。[209]

南西太平洋のネイティブアメリカンのコードトーカーとマッカーサー

ウォルタークルーガー中尉第6陸軍本部は、1943年初頭にSWPAに到着しましたが、マッカーサーには3つのアメリカ師団しかなく、ブナゴナの戦いとガダルカナルの戦いで疲れ果てていました。その結果、「1943年の南西太平洋での軍事攻撃は、主にオーストラリア軍によって行われなければならないことが明らかになった」。[210]攻勢が始まったラエで着地することにより、オーストラリアの第九師団9月4日1943年次の日に、マッカーサーは見Nadzabで着陸をすることによって空挺隊第五百三パラシュート歩兵彼のB-17は、ポートモレスビーを出た直後に1つが故障したため、3つのエンジンで旅行をしましたが、彼はそれがナザブに飛ぶことを主張しました。[211]このために、彼が受賞した航空勲章を[212]

オーストラリアの第七及び第九師団は9月16日に落ちたラエ、上に収束しました。マッカーサーはタイムテーブルを進め、7日にはカイアピットダンプを占領するよう命じ、9日はフィンシュハーフェンに水陸両用攻撃を仕掛けましたここでは、マッカーサーがフィンシュハーフェンを攻撃するという彼の決定に基づいて、フィンシュハーフェンには350人の日本人ディフェンダーしかいなかったが、実際には5,000人近くだったというウィロビーの評価に基づいて、攻撃は行き詰まりました。激しい戦いが続いた。[213]

11月初旬、マッカーサーのニューギニア沿岸に沿ったフィリピンへの西進計画が、日本との戦争計画に組み込まれた。[214] [215] 3か月後、空軍兵はアドミラルティ諸島で敵の活動の兆候を報告しなかった。ウィロビーは島が避難したことに同意しなかったが、マッカーサーはアドミラルティ諸島キャンペーンを開始して、そこに水陸両用上陸を命じた。彼は、第7艦隊の新司令官であるトーマスC.キンカイド副提督の旗艦である軽巡洋艦 フェニックスに乗って攻撃部隊に同行し、上陸用舟艇の最初の波の7時間後に上陸しました。ブロンズスター[216]第1騎兵師団が島を占領するまでに6週間の激しい戦闘が必要だった[217]

マッカーサーは、戦争中に連合軍の将軍の中で最も強力なPRマシンのひとつを持っていたため、アメリカ人の間で非常に人気のある戦争の英雄になりました。[218] 1943年後半から1944年初頭にかけて、中西部を中心とする共和党の保守派が、マッカーサーに1944年の選挙大統領候補となる共和党の指名を求めさせようと真剣に取り組んだ。共和党の指名を勝ち取る可能性が最も高い2人の男性、つまりウェンデル・ウィルキーニューヨークのトーマス・E・デューイ知事は、あまりにも寛大でした。[218]しばらくの間、彼自身を潜在的な大統領と長い間見ていたマッカーサーは、米国の歴史家の言葉であったゲルハルト・ワインバーグ1944年に共和党の候補者として実行している中、「非常に興味を持って」[218]しかし、フィリピンへの「復帰」とマッカーサーの誓いは、初期の1944年に満たされていなかったし、彼は彼がフィリピンを解放するまでの大統領に立候補しないことを決めました。[219]

Three men are seated in lounge chairs. One is standing, holding a long stick and pointing to the location of Japan on a wall map of the Pacific.
1944年7月、ハワイでの会議。左から右へ:マッカーサー将軍、ルーズベルト大統領、リーヒ提督、ニミッツ提督。

さらに、ワインバーグは、マッカーサーが1942年にケソンから受け入れた「多大なチップ」を知っていたルーズベルトが、この取引に関する知識を利用して、マッカーサーを大統領に立候補しないよう脅迫した可能性があると主張した。[220]最後に、保守的な共和党員がマッカーサーの名前を投票にかけるための最善の努力にもかかわらず、1944年4月4日、デューイ知事はウィスコンシン州の予備選挙でそのような説得力のある勝利を勝ち取った(中西部が拠点であったことを考えると重要な勝利と見なされた)デューイに反対する保守的な共和党員の)1944年に共和党の大統領候補となる共和党の指名を確実に勝ち取るために。[219]

マッカーサーはハンザ湾ウェワクで日本軍を迂回し、シオ戦いで収集された情報に基づいてウィロビーが軽度に防御されたと報告したホランディアアイタペを攻撃した。海岸を600マイル上るというマッカーサーの大胆な推進力は、マッカーサーがそのような危険を冒すことを予期していなかった日本の最高司令部を驚かせ、混乱させた。[221]は、彼らがに基づいて、第5空軍の戦闘機の範囲外だったものののRamuバレー、動作のタイミングは、ニミッツのの空母許さ太平洋艦隊は航空支援を提供します。[222]

危険ではありますが、手術は別の成功であることが判明しました。マッカーサーは日本人のバランスを崩し、ウェワク地域で安達二十三中尉日本軍18軍を遮断した日本人は攻撃を予期していなかったので、駐屯軍は弱く、連合軍の死傷者はそれに応じて少なかった。しかし、この地形は当初考えられていたよりも空軍基地の開発に適していないことが判明し、マッカーサーはさらに西のより良い場所を探すことを余儀なくされました。日本軍を迂回することには大きな戦術的メリットがありましたが、連合軍を拘束して封じ込めるという戦略的な欠点がありました。さらに、足立は、アイタペ戦いで示した殴打にはほど遠い[223]

フィリピンの戦い(1944–45)

レイテ

1944年7月、ルーズベルト大統領はマッカーサーを召喚し、ハワイで彼と会い、「日本に対する行動の段階を決定する」。ニミッツはフォルモサを攻撃することを主張した。マッカーサーは、フィリピンを解放するというアメリカの道徳的義務を強調し、ルーズベルトの支持を勝ち取った。9月、ウィリアム・ハルゼー・ジュニア提督の空母がフィリピンに一連の空爆を行いました。反対は弱かった。ハルシーは、誤って、レイテは「広く開かれており」、おそらく無防備であると結論付け、レイテへの暴行を支持して、計画された作戦をスキップすることを推奨した。[224]

A group of men wading ashore. With General MacArthur is Philippine President Sergio Osmeña and other U.S. and Philippine Generals.
「私は戻ってきた」–マッカーサー将軍がフィリピンに戻り、右がセルヒオオスメーニャ大統領、後ろがカルロスP.ロムロフィリピン外務長官、左がリチャードK.サザーランド中尉。ジェターノ・フェイレースが撮影した写真。この象徴的な画像は、マッカーサーランディングメモリアル国立公園の実物よりも大きな彫像で再現されています

1944年10月20日、クルーガーの第6軍の軍隊がレイテ上陸し、マッカーサーは軽巡洋艦USS ナッシュビルから見守っていました。その日の午後、彼は浜辺から到着した。前進はそれほど進んでいませんでした。狙撃兵はまだ活動しており、その地域は散発的な迫撃砲の射撃を受けていました。彼の捕鯨船が膝までの深さの水に着陸したとき、マッカーサーは上陸用舟艇を要求したが、ビーチマスターは忙しすぎて彼の要求を認めることができなかった。マッカーサーは上陸を余儀なくされた。[225]準備された演説で、彼は言った:

フィリピンの人々:私は戻ってきました。全能の神の恵みによって、私たちの軍隊は再びフィリピンの土壌、つまり私たちの二人の血で奉献された土壌の上に立っています。私たちは、あなたの日常生活に対する敵の支配の痕跡をすべて破壊し、破壊できない力、あなたの人々の自由の基盤の上に回復するという任務に専念し、コミットしました。[226]

A large crowd of soldiers and jeeps on a beach. There are palm trees in the distance and landing craft offshore. A small group in the center conspicuously wear khaki uniforms and peaked caps instead of jungle green uniforms and helmets.
ダグラス・マッカーサー将軍(中央)、ジョージ・C・ケニー中尉、リチャード・K・サザーランド少将、ヴァーン・D・マッジ少将(第1騎兵師団司令官)が1944年10月20日、レイテ島の海辺を視察しました。見物人。

レイテはケニーの陸上航空機の射程外だったので、マッカーサーは空母に依存していました。[227]日本の航空活動はすぐに増加し、マッカーサーが本部を設立することを決定しタクロバンと沖合の艦隊を襲撃した。マッカーサーはに滞在楽しんナッシュビルいくつかの爆弾が近くに上陸したが、空襲の間のブリッジ、および2隻の近くの巡洋艦にヒットしました。[228]次の数日にわたって、日本人はレイテ沖海戦で反撃し、マッカーサーが彼自身とニミッツの間でコマンドが分割されたと考えたほぼ災害をもたらした。[229]また、陸上でのキャンペーンも順調に進みませんでした。モンスーンの大雨が空軍基地建設計画を混乱させた。艦載機は陸上航空機に代わるものではないことが証明され、空母の欠如により、日本軍はレイテに軍隊を投入することができました。悪天候と日本の厳しい抵抗がアメリカ軍の前進を遅らせ、キャンペーンが長引いた。[230] [231]

12月末までに、クルーガーの本部は5,000人の日本人がレイテ島に残っていると推定し、12月26日、マッカーサーは「キャンペーンはマイナーな掃討を除いて閉鎖されたと見なすことができる」と発表したコミュニケを発行した。しかし、Eichelberger第八軍はキャンペーンが月1945年に終了する前に、レイテ島の別27,000日本人を殺した[232] 1944年12月18日には、マッカーサーは、新に昇進した5つ星ランク軍の一般の会社で彼を置きます、マーシャル、続いてアイゼンハワーとヘンリー「ハップ」アーノルド、第二次世界大戦でランクを達成した唯一の4人の男性。オマールブラッドリーを含む朝鮮戦争中にマッカーサーに負けないように昇進した彼らは、1888年8月5日のフィリップシェリダンの死以来、元帥の階級を達成した唯一の5人でしたマッカーサーはマーシャル以外のすべての先輩でした。[233]ランクは、1944年12月14日に公法78-482が可決されたときに議会制定法によって作成され[234]、戦争の終了後6か月で恒久的なランクに戻されることを条件として一時的なランクとして作成されたその後、一時的な階級は、第79議会の公法333によって、1946年3月23日に恒久的であると宣言されました。[235]

ルソン

マッカーサーの次の動きは、ミンドロ島への侵攻でした。ミンドロ島には、飛行場の候補地があった可能性があります。ウィロビーは、正確に判明したように、島には約1,000人の日本人の擁護者しかいないと推定した。今回の問題はそこにたどり着くことでした。キンカイドは護衛空母をスールー海の制限された海域に送ることを嘲笑し、ケニーは陸上の空母を保証できなかった。作戦は明らかに危険であり、マッカーサーのスタッフはナッシュビルへの侵略に同行しないように彼に話しかけた。侵略軍がスールー海に入ると、神風特攻隊がナッシュビルを襲った。、133人が死亡し、190人が負傷した。オーストラリアとアメリカのエンジニアは2週間以内に3つの滑走路を運用していましたが、補給船団は神風特攻隊に繰り返し攻撃されました[236]この間、マッカーサーはサザーランドの愛人であるエレイン・クラーク大尉をめぐって、彼の研ぎ澄まされたことで悪名高いサザーランドと喧嘩した。マッカーサーは、GHQスタッフのオーストラリア人女性がフィリピンに連れて行かれないというカーティンへの個人的な約束のために、クラークをレイテに連れて行かないようにサザーランドに指示したが、サザーランドはとにかく彼女を連れてきた。[237]

Eight men in khaki uniforms, seated.
1944年10月、フィリピンのレイテ島沖の米軍将校:ジョージ・ケニー中尉、リチャード・K・サザーランド中尉、セルヒオ・オスメーニャ大統領、ダグラス・マッカーサー将軍

ルソン島侵略への道は今や明確でした。今回、同じ諜報データの異なる解釈に基づいて、ウィロビーはルソン島に対する山下奉文将軍の部隊の強さを137,000と推定し、第6軍はそれを234,000と推定した。マッカーサーの反応は「Bunk!」でした。[238]彼はウィロビーの見積もりでさえ高すぎると感じた。 「大胆さ、計算されたリスク、そして明確な戦略的目標はマッカーサーの特質でした」[239]そして彼は見積もりを無視した。実際、それらは低すぎました。山下はルソン島に287,000人以上の軍隊を持っていた。[240]今回、マッカーサーは軽巡洋艦USS ボイシに乗って旅をしました、船が特殊潜航艇によって発射された爆弾と魚雷にほとんど襲われたのを見てください[241]彼のコミュニケは、「フィリピンの解放と南西太平洋の支配のための決定的な戦いが間近に迫っている。マッカーサー将軍が正面で個人的な指揮を執り、突撃部隊と共に上陸した」と述べた。[242]

マッカーサーの主な関心事は、将来の作戦を支援するために必要とされたマニラ港とクラークフィールドの空軍基地の占領でした。彼は指揮官に働きかけた。[243] 1945年1月25日、彼は高度な本部をクルーガーよりも正面に近いハシエンダルイシタに移動させた[244]彼は第1騎兵師団にマニラでの急速な前進を行うよう命じた。それは2月3日にマニラの北部郊外に到達した[245]が、アメリカ人には知られていないが、岩淵三次少将はマニラを死ぬまで守ることを決定した。マニラ戦いは次の3週間激怒した。[246]民間人を救うために、マッカーサーは空爆の使用を禁止した[247]、数千人の民間人が銃撃戦または日本の虐殺で死亡した。[248]彼はまた、マニラの内外の道路を詰まらせた民間人の交通を制限することを拒否し、緊急時を除いて人道上の懸念を軍事上の懸念よりも優先した。[249]マニラの占領における彼の役割のために、マッカーサーは彼の3番目の殊勲十字章を授与された。[250]

マニラを占領した後、マッカーサーはフィリピン人の友人の1人であるマヌエルロハスをインストールしました。次のフィリピン大統領になります。[251]ロクサスはホセ・ラウレルの傀儡政権で奉仕する日本の主要な協力者であったが、マッカーサーはロクサスがずっと密かにアメリカの代理人であったと主張した。[251]ロクサスは本当に抵抗の一部であったというマッカーサーの主張について、アメリカの歴史家ガーハード・ワインバーグ wrote that "evidence to this effect has yet to surface", and that by favoring the Japanese collaborator Roxas, MacArthur ensured there was no serious effort to address the issue of Filipino collaboration with the Japanese after the war.[252] There was evidence that Roxas used his position of working in the Japanese puppet government to secretly gather intelligence to pass onto guerillas, MacArthur, and his intelligence staff during the occupation period.[253][254]

The photo shows hundreds of Santo Tomas camp internees in front of the UST Main Building cheering their release (taken 05 February 1945)

One of the major reasons for MacArthur to return to the Philippines was to liberate prisoner-of-war camps and civilian internee camps as well as to relieve the Filipino civilians suffering at the hands of the very brutal Japanese occupiers. MacArthur authorized daring rescue raids at numerous prison camps like Cabanatuan,[255] Los Baños,[256] and Santo Tomas. At Santo Tomas Japanese guards held 200 prisoners hostage, but the U.S. soldiers were able to negotiate safe passage for the Japanese to escape peacefully in exchange for the release of the prisoners.[257]

After the Battle of Manila, MacArthur turned his attention to Yamashita, who had retreated into the mountains of central and northern Luzon.[258] Yamashita chose to fight a defensive campaign, being pushed back slowly by Krueger, and was still holding out at the time the war ended, much to MacArthur's intense annoyance as he had wished to liberate the entire Philippines before the war ended.[259] On 2 September 1945, Yamashita (who had a hard time believing that the Emperor had ordered Japan to sign an armistice) came down from the mountains to surrender with some 100,000 of his men.[259]

Southern Philippines

MacArthur is seated a small desk, writing. Two men in uniform stand behind him. A large crowd of men in uniform look on.
MacArthur signs the Japanese Instrument of Surrender aboard the USS Missouri. American General Jonathan Wainwright and British General Arthur Percival stand behind him.

Although MacArthur had no specific directive to do so, and the fighting on Luzon was far from over, he committed his forces to liberate the remainder of the Philippines.[260] In the GHQ communiqué on 5 July, he announced that the Philippines had been liberated and all operations ended, although Yamashita still held out in northern Luzon.[261] Starting in May 1945, MacArthur used his Australian troops in the invasion of Borneo. He accompanied the assault on Labuan, and visited the troops ashore. While returning to GHQ in Manila, he visited Davao, where he told Eichelberger that no more than 4,000 Japanese remained alive on Mindanao. A few months later, six times that number surrendered.[262] In July 1945, he was awarded his fourth Distinguished Service Medal.[263]

As part of preparations for Operation Downfall, the invasion of Japan, MacArthur became commander in chief U.S. Army Forces Pacific (AFPAC) in April 1945, assuming command of all Army and Army Air Force units in the Pacific except the Twentieth Air Force. At the same time, Nimitz became commander of all naval forces. Command in the Pacific therefore remained divided.[264] During his planning of the invasion of Japan, MacArthur stressed to the decision-makers in Washington that it was essential to have the Soviet Union enter the war as he argued it was crucial to have the Red Army tie down the Kwantung army in Manchuria.[265] The invasion was pre-empted by the surrender of Japan in August 1945. On 2 September MacArthur accepted the formal Japanese surrender aboard the battleship USS Missouri, thus ending hostilities in World War II.[266] In recognition of his role as a maritime strategist, the U.S. Navy awarded him the Navy Distinguished Service Medal.[267]

Occupation of Japan

Protecting the Emperor

On 29 August 1945, MacArthur was ordered to exercise authority through the Japanese government machinery, including the Emperor Hirohito.[268] MacArthur's headquarters was located in the Dai Ichi Life Insurance Building in Tokyo. Unlike in Germany, where the Allies had in May 1945 abolished the German state, the Americans chose to allow the Japanese state to continue to exist, albeit under their ultimate control.[269] Unlike Germany, there was a certain partnership between the occupiers and occupied as MacArthur decided to rule Japan via the Emperor and most of the rest of the Japanese elite.[270] The Emperor was a living god to the Japanese people, and MacArthur found that ruling via the Emperor made his job in running Japan much easier than it otherwise would have been.[271]

A tall Caucasian male (MacArthur), without hat and wearing open-necked shirt and trousers, standing beside a much shorter Asian man (Hirohito) in a dark suit.
MacArthur and the Emperor of Japan, Hirohito, at their first meeting, September 1945

MacArthur took the view that a few "militarist" extremists had "hijacked" Japan starting in 1931 with the Mukden Incident, the Emperor was a pro-Western "moderate" who had been powerless to stop the militarists, and thus bore no responsibility for any of the war crimes committed by the Japanese between 1931 and 1945.[271] The American historian Herbert P. Bix described the relationship between the general and the Emperor as: "the Allied commander would use the Emperor, and the Emperor would cooperate in being used. Their relationship became one of expediency and mutual protection, of more political benefit to Hirohito than to MacArthur because Hirohito had more to lose—the entire panoply of symbolic, legitimizing properties of the imperial throne".[272]

At the same time, MacArthur undermined the imperial mystique when his staff released the famous picture of his first meeting with the Emperor, the impact of which on the Japanese public was electric as the Japanese people for the first time saw the Emperor as a mere man overshadowed by the much taller MacArthur instead of the living god he had always been portrayed as. Up to 1945, the Emperor had been a remote, mysterious figure to his people, rarely seen in public and always silent, whose photographs were always taken from a certain angle to make him look taller and more impressive than he really was. No Japanese photographer would have taken such a photo of the Emperor being overshadowed by MacArthur. The Japanese government immediately banned the photo of the Emperor with MacArthur on the grounds that it damaged the imperial mystique, but MacArthur rescinded the ban and ordered all of the Japanese newspapers to print it. The photo was intended as a message to the Emperor about who was going to be the senior partner in their relationship.[273]

As he needed the Emperor, MacArthur protected him from any effort to hold him accountable for his actions, and allowed him to issue statements that incorrectly portrayed the emerging democratic post-war era as a continuation of the Meiji era reforms.[274] MacArthur did not allow any investigations of the Emperor, and instead in October 1945 ordered his staff "in the interests of peaceful occupation and rehabilitation of Japan, prevention of revolution and communism, all facts surrounding the execution of the declaration of war and subsequent position of the Emperor which tend to show fraud, menace or duress be marshalled".[275] In January 1946, MacArthur reported to Washington that the Emperor could not be indicted for war crimes on the grounds:

His indictment will unquestionably cause a tremendous convulsion among the Japanese people, the repercussions of which cannot be overestimated. He is a symbol which unites all Japanese. Destroy him and the nation will disintegrate...It is quite possible that a million troops would be required which would have to be maintained for an indefinite number of years.[276]

To protect the Emperor from being indicted, MacArthur had one of his staff, Brigadier General Bonner Fellers, tell the genrō Admiral Mitsumasa Yonai on 6 March 1946:

To counter this situation, it would be most convenient if the Japanese side could prove to us that the Emperor is completely blameless. I think the forthcoming trials offer the best opportunity to do that. Tojo, in particular should be made to bear all responsibility at his trial. I want you to have Tojo say as follows: "At the imperial conference prior to the start of the war, I already decided to push for war even if his majesty the emperor was against going to war with the United States."[277]

From the viewpoint of both sides, having one especially evil figure in the form of General Hideki Tojo, on whom everything that went wrong could be blamed, was most politically convenient.[277] At a second meeting on 22 March 1946, Fellers told Yonai:

The most influential advocate of un-American thought in the United States is [Benjamin V.] Cohen (a Jew and a Communist), the top adviser to Secretary of State Byrnes. As I told Yonai... it is extremely disadvantageous to MacArthur's standing in the United States to put on trial the very Emperor who is cooperating with him and facilitating the smooth administration of the occupation. This is the reason for my request... "I wonder whether what I said to Admiral Yonai the other day has already been conveyed to Tojo?"[278][279]

MacArthur's attempts to shield the Emperor from indictment and to have all the blame taken by Tojo were successful, which as Herbert P. Bix commented, "had a lasting and profoundly distorting impact on the Japanese understanding of the lost war".[278]

War crimes trials

Three rows of benches with a dozen or so men standing behind each. Behind them stand five men in uniform.
The defendants at the Tokyo War Crimes Trials

MacArthur was responsible for confirming and enforcing the sentences for war crimes handed down by the International Military Tribunal for the Far East.[280] In late 1945, Allied military commissions in various cities in Asia tried 5,700 Japanese, Taiwanese and Koreans for war crimes. About 4,300 were convicted, almost 1,000 sentenced to death, and hundreds given life imprisonment. The charges arose from incidents that included the Rape of Nanking, the Bataan Death March and Manila massacre.[281] The trial in Manila of Yamashita was criticized because he was hanged for Iwabuchi's Manila massacre, which he had not ordered and of which he was probably unaware.[282] Iwabuchi had killed himself as the battle for Manila was ending.[283]

MacArthur gave immunity to Shiro Ishii and other members of Unit 731 in exchange for germ warfare data based on human experimentation. This was similar to Operation Paperclip, in which the European Theater's generals granted immunity to numerous scientists involved in rocket and jet development, even if they were high ranking Nazi Party members.[284] He also exempted the Emperor and all members of the imperial family implicated in war crimes, including princes such as Chichibu, Asaka, Takeda, Higashikuni and Fushimi, from criminal prosecutions. MacArthur confirmed that the emperor's abdication would not be necessary.[285] In doing so, he ignored the advice of many members of the imperial family and Japanese intellectuals who publicly called for the abdication of the Emperor and the implementation of a regency.[286] MacArthur's reasoning was if the emperor were executed or sentenced to life imprisonment there would be a violent backlash and revolution from the Japanese from all social classes and this would interfere with his primary goal to change Japan from a militarist, feudal society to a pro-Western modern democracy. In a cable sent to General Dwight Eisenhower in February 1946 MacArthur said executing or imprisoning the emperor would require the use of one million occupation soldiers to keep the peace.[287]

Supreme Commander for the Allied Powers

As Supreme Commander for the Allied Powers (SCAP) in Japan, MacArthur and his staff helped Japan rebuild itself, eradicate militarism and ultra-nationalism, promote political civil liberties, institute democratic government, and chart a new course that ultimately made Japan one of the world's leading industrial powers. The U.S. was firmly in control of Japan to oversee its reconstruction, and MacArthur was effectively the interim leader of Japan from 1945 until 1948.[288] In 1946, MacArthur's staff drafted a new constitution that renounced war and stripped the Emperor of his military authority. The constitution—which became effective on 3 May 1947—instituted a parliamentary system of government, under which the Emperor acted only on the advice of his ministers. It included the famous Article 9, which outlawed belligerency as an instrument of state policy and the maintenance of a standing army. The constitution also enfranchised women, guaranteed fundamental human rights, outlawed racial discrimination, strengthened the powers of Parliament and the Cabinet, and decentralized the police and local government.[289]

A major land reform was also conducted, led by Wolf Ladejinsky of MacArthur's SCAP staff. Between 1947 and 1949, approximately 4,700,000 acres (1,900,000 ha), or 38% of Japan's cultivated land, was purchased from the landlords under the government's reform program, and 4,600,000 acres (1,860,000 ha) was resold to the farmers who worked them. By 1950, 89% of all agricultural land was owner-operated and only 11% was tenant-operated.[290] MacArthur's efforts to encourage trade union membership met with phenomenal success, and by 1947, 48% of the non-agricultural workforce was unionized. Some of MacArthur's reforms were rescinded in 1948 when his unilateral control of Japan was ended by the increased involvement of the State Department.[291] During the Occupation, SCAP successfully, if not entirely, abolished many of the financial coalitions known as the Zaibatsu, which had previously monopolized industry.[292] Eventually, looser industrial groupings known as Keiretsu evolved. The reforms alarmed many in the U.S. Departments of Defense and State, who believed they conflicted with the prospect of Japan and its industrial capacity as a bulwark against the spread of communism in Asia.[293]

In 1947 MacArthur invited the founder and first executive director of the American Civil Liberties Union (ACLU), Roger Nash Baldwin, to teach the Japanese government and people about civil rights and civil liberties. MacArthur also asked him to do the same for southern Korea, which MacArthur was responsible for when it was under U.S. Army occupation. MacArthur ignored members of the House Un-American Activities Committee and the FBI who believed that Baldwin was a Soviet-loving communist. He wanted a civil liberties expert to quickly introduce western-style civil rights to the Japanese and thought conservatives would take too long. Baldwin helped found the Japan Civil Liberties Union. In a confidential letter to ACLU leaders the anti-militarist and very liberal Baldwin said about MacArthur, "His observation on civil liberties and democracy rank with the best I ever heard from any civilian — and they were incredible from a general."[294]

Japan's hereditary peerage, called kazoku, that lasted for over a millennium in different but essentially similar forms, was abolished by the new Japanese constitution that was heavily influenced by MacArthur. This was similar to the European peerage system involving princes, barons and counts who were not part of the royal family. Also, the extended royal family, called ōke and shinnōke, was abolished and stripped of all rights and privileges, transforming into commoners immediately. The only Japanese who were allowed to call themselves a part of royalty or nobility after the U.S. occupation were the Emperor and about 20 of his direct family members. This action by MacArthur and the writers of the constitution helped transform Japan drastically by abolishing all of the old extended royal family class and the nobility class.[295]

MacArthur ruled Japan with a very soft-handed approach. He legalized the Japanese Communist Party despite reservations from the United States government out of a desire for Japan to be truly democratic and invited them to take part in the 1946 election, which was also the first ever election to allow women to vote. He ordered the release of all political prisoners of the Imperial Japanese era, including communist prisoners. The first May Day parade in 11 years in 1946 was greenlit by MacArthur also. On the day before the May Day celebrations, which would involve 300,000 Japanese communists demonstrating with red flags and pro-Marxism chants in front of the Tokyo Imperial Palace and the Dai-Ichi Building, a group of would-be assassins led by Hideo Tokayama who planned to assassinate MacArthur with hand grenades and pistols on May Day were stopped and some of its members were arrested. Despite this plot the May Day demonstrations went on. MacArthur stopped the Communist Party from gaining any popularity in Japan by releasing their members from prison, conducting landmark land reform that made MacArthur more popular than communism for the rural Japanese farmers and peasants, and allowing the communists to freely participate in elections. In the 1946 election they won only 6 seats.[296][297][298]

MacArthur was also in charge of southern Korea from 1945 to 1948 due to the lack of clear orders or initiative from Washington, D.C.[299] There was no plan or guideline given to MacArthur from the Joint Chiefs of Staff or the State Department on how to rule Korea so what resulted was a very tumultuous 3 year military occupation that led to the creation of the U.S.-friendly Republic of Korea in 1948. He ordered Lieutenant General John R. Hodge, who accepted the surrender of Japanese forces in southern Korea in September 1945, to govern that area on SCAP's behalf and report to him in Tokyo.[300][301]

In 1948, MacArthur made a bid to win the Republican nomination for president, which was the most serious of several efforts he made over the years.[302] MacArthur's status as one of America's most popular war heroes together with his reputation as the statesman who had "transformed" Japan gave him a strong basis for running for president, but MacArthur's lack of connections within the GOP were a major handicap.[303] MacArthur's strongest supporters came from the quasi-isolationist, Midwestern wing of the Republicans and embraced men such as Brigadier General Hanford MacNider, Philip La Follette, and Brigadier General Robert E. Wood, a diverse collection of "Old Right" and Progressive Republicans only united by a belief that the U.S. was too much involved in Europe for its own good.[304] MacArthur declined to campaign for the presidency himself, but he privately encouraged his supporters to put his name on the ballot.[305] MacArthur had always stated he would retire when a peace treaty was signed with Japan, and his push in the fall of 1947 to have the U.S sign a peace treaty with Japan was intended to allow him to retire on a high note, and thus campaign for the presidency. For the same reasons, Truman subverted MacArthur's efforts to have a peace treaty signed in 1947, saying that more time was needed before the U.S. could formally make peace with Japan.[306] Truman in fact was so worried about MacArthur becoming president that in 1947 he asked General Dwight Eisenhower (who, similar to Truman, did not like MacArthur either) to run for president and Truman would happily be his running mate. In 1951 he asked Eisenhower again to run to stop MacArthur. Eisenhower asked, "What about MacArthur?" Truman said, "I'm going to take care of MacArthur. You'll see what happens to MacArthur."[307][308]

Without a peace treaty, MacArthur decided not to resign while at the same time writing letters to Wood saying he would be more than happy to accept the Republican nomination if it were offered to him.[309] In late 1947 and early 1948, MacArthur received several Republican grandees in Tokyo.[310] On 9 March 1948 MacArthur issued a press statement declaring his interest in being the Republican nominee for president, saying he would be honored if the Republican Party were to nominate him, but would not resign from the Army to campaign for the presidency.[311] The press statement had been forced by Wood, who told MacArthur that it was impossible to campaign for a man who was not officially running for president, and that MacArthur could either declare his candidacy or see Wood cease campaigning for him.[311] MacArthur's supporters made a major effort to win the Wisconsin Republican primary held on 6 April 1948.[312] MacArthur's refusal to campaign badly hurt his chances and it was won to everybody's surprise by Harold Stassen.[313] The defeat in Wisconsin followed by defeat in Nebraska effectively ended MacArthur's chances of winning the Republican nomination, but MacArthur refused to withdraw his name until the 1948 Republican National Convention, at which Governor Thomas Dewey of New York was nominated.[314]

In an address to Congress on 19 April 1951, MacArthur declared:

The Japanese people since the war have undergone the greatest reformation recorded in modern history. With a commendable will, eagerness to learn, and marked capacity to understand, they have from the ashes left in war's wake erected in Japan an edifice dedicated to the supremacy of individual liberty and personal dignity, and in the ensuing process there has been created a truly representative government committed to the advance of political morality, freedom of economic enterprise, and social justice.[315]

MacArthur handed over power to the Japanese government in 1949, but remained in Japan until relieved by President Harry S. Truman on 11 April 1951. The San Francisco Peace Treaty, signed on 8 September 1951, marked the end of the Allied occupation, and when it went into effect on 28 April 1952, Japan was once again an independent state.[316] The Japanese subsequently gave MacArthur the nickname Gaijin Shogun ('The foreign Shogun') but not until around the time of his death in 1964.[317]

Korean War

South to the Naktong, North to the Yalu

On 25 June 1950, North Korea invaded South Korea, starting the Korean War.[318] The United Nations Security Council passed Resolution 82, which authorized a United Nations Command (UNC) force to assist South Korea.[319] The UN empowered the American government to select a commander, and the Joint Chiefs of Staff unanimously recommended MacArthur.[320] He therefore became commander-in-chief of the UNC, while remaining SCAP in Japan and Commander-in-Chief, Far East.[321] All South Korean forces were placed under his command. As they retreated before the North Korean onslaught, MacArthur received permission to commit U.S. ground forces. All the first units to arrive could do was trade men and ground for time, falling back to the Pusan Perimeter.[322] By the end of August, the crisis subsided. North Korean attacks on the perimeter had tapered off. While the North Korean force numbered 88,000 troops, Lieutenant General Walton Walker's Eighth Army now numbered 180,000, and he had more tanks and artillery pieces.[323]

MacArthur is seated, wearing his field marshal's hat and a bomber jacket, and holding a pair of binoculars. Four other men also carrying binoculars stand behind him.
MacArthur observes the naval shelling of Inchon from USS Mount McKinley, 15 September 1950 with Brigadier General Courtney Whitney (left) and Major General Edward M. Almond (right).

In 1949, the Chairman of the Joint Chiefs of Staff, General of the Army Omar Bradley, had predicted that "large scale combined amphibious operations ... will never occur again", but by July 1950, MacArthur was planning just such an operation.[324] MacArthur compared his plan with that of General James Wolfe at the Battle of the Plains of Abraham, and brushed aside the problems of tides, hydrography and terrain.[325] In September, despite lingering concerns from superiors, MacArthur's soldiers and Marines made a successful landing at Inchon, deep behind North Korean lines. Launched with naval and close air support, the landing outflanked the North Koreans, recaptured Seoul and forced them to retreat northward in disarray.[326] Visiting the battlefield on 17 September, MacArthur surveyed six T-34 tanks that had been knocked out by Marines, ignoring sniper fire around him, except to note that the North Korean marksmen were poorly trained.[327]

On 11 September, Truman issued orders for an advance beyond the 38th parallel into North Korea. MacArthur now planned another amphibious assault, on Wonsan on the east coast, but it fell to South Korean troops before the 1st Marine Division could reach it by sea.[328] In October, MacArthur met with Truman at the Wake Island Conference, with Truman emulating Roosevelt's wartime meeting with MacArthur in Hawaii.[329] The president awarded MacArthur his fifth Distinguished Service Medal.[330] Briefly questioned about the Chinese threat, MacArthur dismissed it, saying that he hoped to be able to withdraw the Eighth Army to Japan by Christmas, and to release a division for service in Europe in January. He regarded the possibility of Soviet intervention as a more serious threat.[331]

On 20 October MacArthur flew to the Sukchon-Sunchon area of North Korea, north of Pyongyang, to supervise and observe an airborne operation by the 187th Airborne Regimental Combat Team. This was the first of two airborne operations done by UN forces during the Korean War. MacArthur's unarmed airplane was subject to attack by enemy aircraft known to be based at Sinuiju. MacArthur received a Distinguished Flying Cross for supervising the operation in person.[332]

A month later, things had changed. The enemy were engaged by the UN forces at the Battle of Unsan in late October, which demonstrated the presence of Chinese soldiers in Korea and rendered significant losses to the American and other UN troops. Nevertheless, Willoughby downplayed the evidence about Chinese intervention in the war. He estimated that up to 71,000 Chinese soldiers were in the country, while the true number was closer to 300,000.[333] He was not alone in this miscalculation. On 24 November, the Central Intelligence Agency reported to Truman that while there could be as many as 200,000 Chinese troops in Korea, "there is no evidence that the Chinese Communists plan major offensive operations".[334]

That day, MacArthur flew to Walker's headquarters and he later wrote:

For five hours I toured the front lines. In talking to a group of officers I told them of General Bradley's desire and hope to have two divisions home by Christmas ... What I had seen at the front line worried me greatly. The R.O.K. troops were not yet in good shape, and the entire line was deplorably weak in numbers. If the Chinese were actually in heavy force, I decided I would withdraw our troops and abandon any attempt to move north. I decided to reconnoiter and try to see with my own eyes, and interpret with my own long experience what was going on ...[335]

MacArthur flew over the front line himself in his Douglas C-54 Skymaster but saw no signs of a Chinese build up and therefore decided to wait before ordering an advance or withdrawal. Evidence of the Chinese activity was hidden to MacArthur: the Chinese Army traveled at night and dug in during the day.[333] For his reconnaissance efforts, MacArthur was nonetheless awarded the honorary combat pilot's wings.[335]

China entered the war

The next day, 25 November 1950, Walker's Eighth Army was attacked by the Chinese Army and soon the UN forces were in retreat. MacArthur provided the chief of staff, General J. Lawton Collins, with a series of nine successive withdrawal lines.[336] On 23 December, Walker was killed when his jeep collided with a truck, and was replaced by Lieutenant General Matthew Ridgway, whom MacArthur had selected in case of such an eventuality.[337] Ridgway noted that MacArthur's "prestige, which had gained an extraordinary luster after Inchon, was badly tarnished. His credibility suffered in the unforeseen outcome of the November offensive ..."[338]

Collins discussed the possible use of nuclear weapons in Korea with MacArthur in December, and later asked him for a list of targets in the Soviet Union in case it entered the war. MacArthur testified before the Congress in 1951 that he had never recommended the use of nuclear weapons. He did at one point consider a plan to cut off North Korea with radioactive poisons; he did not recommend it at the time, although he later broached the matter with Eisenhower, then president-elect, in 1952. In 1954, in an interview published after his death, he stated he had wanted to drop atomic bombs on enemy bases, but in 1960, he challenged a statement by Truman that he had advocated using atomic bombs. Truman issued a retraction, stating that he had no evidence of the claim; it was merely his personal opinion.[339][340][341]

In April 1951, the Joint Chiefs of Staff drafted orders for MacArthur authorizing nuclear attacks on Manchuria and the Shantung Peninsula if the Chinese launched airstrikes originating from there against his forces.[342] The next day Truman met with the chairman of the United States Atomic Energy Commission, Gordon Dean,[343] and arranged for the transfer of nine Mark 4 nuclear bombs to military control.[344] Dean was apprehensive about delegating the decision on how they should be used to MacArthur, who lacked expert technical knowledge of the weapons and their effects.[345] The Joint Chiefs were not entirely comfortable about giving them to MacArthur either, for fear that he might prematurely carry out his orders.[342] Instead, they decided that the nuclear strike force would report to the Strategic Air Command.[346]

Removal from command

The MacArthur family standing at the top of the stairs leading from a passenger aircraft. Douglas MacArthur stands behind while his wife Jean and son Arthur wave to those below.
Douglas MacArthur (rear), Jean MacArthur, and son Arthur MacArthur IV returning to the Philippines for a visit in 1950

Within weeks of the Chinese attack, MacArthur was forced to retreat from North Korea.[347] Seoul fell in January 1951, and both Truman and MacArthur were forced to contemplate the prospect of abandoning Korea entirely.[348] European countries did not share MacArthur's world view, distrusted his judgment, and were afraid that he might use his stature and influence with the American public to re-focus American policy away from Europe and towards Asia. They were concerned that this might lead to a major war with China, possibly involving nuclear weapons.[349] Since in February 1950 the Soviet Union and China had signed a defensive alliance committing each to go to war if the other party was attacked, the possibility that an American attack on China would cause World War III was considered to be very real at the time. In a visit to the United States in December 1950, the British prime minister, Clement Attlee, had raised the fears of the British and other European governments that "General MacArthur was running the show".[350]

Under Ridgway's command, the Eighth Army pressed north again in January. He inflicted heavy casualties on the Chinese,[351] recaptured Seoul in March 1951, and pushed on to the 38th Parallel.[352] With the improved military situation, Truman now saw the opportunity to offer a negotiated peace but, on 24 March, MacArthur called upon China to admit that it had been defeated, simultaneously challenging both the Chinese and his own superiors. Truman's proposed announcement was shelved.[353]

On 5 April, Representative Joseph William Martin Jr., the Republican leader in the House of Representatives, read aloud on the floor of the House a letter from MacArthur critical of Truman's Europe-first policy and limited-war strategy.[354] The letter concluded with:

It seems strangely difficult for some to realize that here in Asia is where the communist conspirators have elected to make their play for global conquest, and that we have joined the issue thus raised on the battlefield; that here we fight Europe's war with arms while the diplomats there still fight it with words; that if we lose the war to communism in Asia the fall of Europe is inevitable, win it and Europe most probably would avoid war and yet preserve freedom. As you pointed out, we must win. There is no substitute for victory.[355]

In March 1951 secret United States intercepts of diplomatic dispatches disclosed clandestine conversations in which General MacArthur expressed confidence to the Tokyo embassies of Spain and Portugal that he would succeed in expanding the Korean War into a full-scale conflict with the Chinese Communists. When the intercepts came to the attention of President Truman, he was enraged to learn that MacArthur was not only trying to increase public support for his position on conducting the war, but had secretly informed foreign governments that he planned to initiate actions that were counter to United States policy. The President was unable to act immediately since he could not afford to reveal the existence of the intercepts and because of MacArthur's popularity with the public and political support in Congress. However, following the release on 5 April by Representative Martin of MacArthur's letter, Truman concluded he could relieve MacArthur of his commands without incurring unacceptable political damage.[356][357]

Truman summoned Secretary of Defense George Marshall, Chairman of the Joint Chiefs Omar Bradley, Secretary of State Dean Acheson and Averell Harriman to discuss what to do about MacArthur.[358] They concurred MacArthur should be relieved of his command, but made no recommendation to do so. Although they felt that it was correct "from a purely military point of view",[359] they were aware that there were important political considerations as well.[359] Truman and Acheson agreed that MacArthur was insubordinate, but the Joint Chiefs avoided any suggestion of this.[360] Insubordination was a military offense, and MacArthur could have requested a public court martial similar to that of Billy Mitchell. The outcome of such a trial was uncertain, and it might well have found him not guilty and ordered his reinstatement.[361] The Joint Chiefs agreed that there was "little evidence that General MacArthur had ever failed to carry out a direct order of the Joint Chiefs, or acted in opposition to an order". "In point of fact", Bradley insisted, "MacArthur had stretched but not legally violated any JCS directives. He had violated the President's 6 December directive [not to make public statements on policy matters], relayed to him by the JCS, but this did not constitute violation of a JCS order."[360] Truman ordered MacArthur's relief by Ridgway, and the order went out on 10 April with Bradley's signature.[362]

In a 3 December 1973 article in Time magazine, Truman was quoted as saying in the early 1960s:

I fired him because he wouldn't respect the authority of the President. I didn't fire him because he was a dumb son of a bitch, although he was, but that's not against the law for generals. If it was, half to three-quarters of them would be in jail.[363]

The relief of the famous general by the unpopular politician for communicating with Congress led to a constitutional crisis,[364] and a storm of public controversy. Polls showed that the majority of the public disapproved of the decision to relieve MacArthur.[365] By February 1952, almost nine months later, Truman's approval rating had fallen to 22 percent. As of 2021, that remains the lowest Gallup Poll approval rating recorded by any serving president.[366][367] As the increasingly unpopular war in Korea dragged on, Truman's administration was beset with a series of corruption scandals, and he eventually decided not to run for re-election.[368] Beginning on 3 May 1951, a Joint Senate Committee—chaired by Democrat Richard Russell Jr.—investigated MacArthur's removal. It concluded that "the removal of General MacArthur was within the constitutional powers of the President but the circumstances were a shock to national pride".[369]

Later life

A euphoric ticker-tape parade for MacArthur took place in Chicago on 26 April 1951. MacArthur is in the second car.
MacArthur, in uniform, speaks from a rostrum with several microphones.
MacArthur speaking at Soldier Field in Chicago in 1951
Closing words of MacArthur's final address to a joint session of Congress

A day after his arrival in San Francisco from Korea on 18 April 1951, MacArthur flew with his family to Washington, D.C., where he was scheduled to address a joint session of Congress. It was his and Jean's first visit to the continental United States since 1937, when they had been married; Arthur IV, now aged 13, had never been to the U.S.[370] On 19 April, MacArthur made his last official appearance in a farewell address to the U.S. Congress presenting and defending his side of his disagreement with Truman over the conduct of the Korean War. During his speech, he was interrupted by fifty ovations.[371] MacArthur ended the address saying:

I am closing my 52 years of military service. When I joined the Army, even before the turn of the century, it was the fulfillment of all of my boyish hopes and dreams. The world has turned over many times since I took the oath on the plain at West Point, and the hopes and dreams have long since vanished, but I still remember the refrain of one of the most popular barrack ballads of that day which proclaimed most proudly that "old soldiers never die; they just fade away".

And like the old soldier of that ballad, I now close my military career and just fade away, an old soldier who tried to do his duty as God gave him the light to see that duty.

Good Bye.[372]

MacArthur received public adulation, which aroused expectations that he would run for president, but he was not a candidate. MacArthur carried out a speaking tour in 1951–52 attacking the Truman administration for "appeasement in Asia" and for mismanaging the economy.[373] Initially attracting large crowds, by early 1952 MacArthur's speeches were attracting smaller and smaller numbers of people as many complained that MacArthur seemed more interested in settling scores with Truman and praising himself than in offering up a constructive vision for the nation.[374] MacArthur felt uncomfortable campaigning for the Republican nomination, and hoped that at the 1952 Republican National Convention, a deadlock would ensue between Senator Robert A. Taft and General Dwight Eisenhower for the presidential nomination. MacArthur's plan was to then step in and offer himself as a compromise candidate; potentially picking Taft as a running mate.[375] His unwillingness to campaign for the nomination seriously hurt his viability as a candidate however. In the end, MacArthur endorsed Taft and was keynote speaker at the convention. Taft ultimately lost the nomination to Eisenhower, who went on to win the general election in a landslide.[376] Once elected, Eisenhower consulted with MacArthur, his former commanding officer, about ending the war in Korea.[377]

A large bronze statue of MacArthur stands on a pedestal before a large white building with columns. An inscription on the building reads: "Douglas MacArthur Memorial".
Douglas MacArthur Memorial in Norfolk, Virginia. The statue is a duplicate of the one at West Point. The base houses a time capsule which contains various MacArthur, Norfolk and MacArthur Foundation memorabilia.[378]

Douglas and Jean MacArthur spent their last years together in the penthouse of the Waldorf Towers, a part of the Waldorf-Astoria Hotel.[379] He was elected chairman of the board of Remington Rand. In that year, he earned a salary of $68,000 (equivalent to $612,000 in 2016), as well as $20,000 pay and allowances as a General of the Army.[380] The Waldorf became the setting for an annual birthday party on 26 January thrown by the general's former deputy chief engineer, Major General Leif J. Sverdrup. At the 1960 celebration for MacArthur's 80th birthday, many of his friends were startled by the general's obviously deteriorating health. The next day, he collapsed and was rushed into surgery at St. Luke's Hospital to control a severely swollen prostate.[381] In June 1960, he was decorated by the Japanese government with the Grand Cordon of the Order of the Rising Sun with Paulownia Flowers, the highest Japanese order which may be conferred on an individual who is not a head of state. In his statement upon receiving the honor, MacArthur said:

No honor I have ever received moves me more deeply than this one. Perhaps this is because I can recall no parallel in the history of the world where a great nation recently at war has so distinguished its former enemy commander. What makes it even more poignant is my own firm disbelief in the usefulness of military occupations with their corresponding displacement of civil control."[382]

After his recovery, MacArthur methodically began to carry out the closing acts of his life. He visited the White House for a final reunion with Eisenhower. In 1961, he made a "sentimental journey" to the Philippines, where he was decorated by President Carlos P. Garcia with the Philippine Legion of Honor. MacArthur also accepted a $900,000 (equivalent to $7.25 million in 2016) advance from Henry Luce for the rights to his memoirs, and wrote the volume that would eventually be published as Reminiscences.[381] Sections began to appear in serialized form in Life magazine in the months before his death.[383]

President John F. Kennedy solicited MacArthur's counsel in 1961. The first of two meetings was held shortly after the Bay of Pigs invasion. MacArthur was extremely critical of the military advice given to Kennedy, and cautioned the young president to avoid a U.S. military build-up in Vietnam, pointing out that domestic problems should be given a much greater priority.[384] Shortly before his death, MacArthur gave similar advice to President Lyndon B. Johnson.[385]

In 1962, West Point honored the increasingly frail MacArthur with the Sylvanus Thayer Award for outstanding service to the nation, which had gone to Eisenhower the year before. MacArthur's speech to the cadets in accepting the award had as its theme "Duty, Honor, Country":

The shadows are lengthening for me. The twilight is here. My days of old have vanished, tone and tint. They have gone glimmering through the dreams of things that were. Their memory is one of wondrous beauty, watered by tears, and coaxed and caressed by the smiles of yesterday. I listen vainly, but with thirsty ears, for the witching melody of faint bugles blowing reveille, of far drums beating the long roll. In my dreams I hear again the crash of guns, the rattle of musketry, the strange, mournful mutter of the battlefield. But in the evening of my memory, always I come back to West Point. Always there echoes and re-echoes: Duty, Honor, Country. Today marks my final roll call with you, but I want you to know that when I cross the river my last conscious thoughts will be of The Corps, and The Corps, and The Corps. I bid you farewell.[386]

In 1963, President Kennedy asked MacArthur to help mediate a dispute between the National Collegiate Athletic Association and the Amateur Athletic Union over control of amateur sports in the country. The dispute threatened to derail the participation of the United States in the 1964 Summer Olympics. His presence helped to broker a deal, and participation in the games went on as planned.[387]

Death and legacy

Two black granite slabs inscribed with the names "Douglas MacArthur" and "Jean Faircloth MacArthur"
MacArthur's sarcophagus at the MacArthur Memorial in Norfolk

Douglas MacArthur died at Walter Reed Army Medical Center on 5 April 1964, of biliary cirrhosis.[388] Kennedy had authorized a state funeral before his own death in 1963, and Johnson confirmed the directive, ordering that MacArthur be buried "with all the honor a grateful nation can bestow on a departed hero".[389] On 7 April his body was taken to New York City, where it lay in an open casket at the Seventh Regiment Armory for about 12 hours.[390] That night it was taken on a funeral train to Union Station and transported by a funeral procession to the Capitol, where it lay in state at the United States Capitol rotunda.[391] An estimated 150,000 people filed by the bier.[392]

MacArthur had requested to be buried in Norfolk, Virginia, where his mother had been born and where his parents had married. Accordingly, on 11 April, his funeral service was held in St Paul's Episcopal Church in Norfolk and his body was finally laid to rest in the rotunda of the Douglas MacArthur Memorial (the former Norfolk City Hall and later courthouse).[393][394][395]

In 1960, the mayor of Norfolk had proposed using funds raised by public contribution to remodel the old Norfolk City Hall as a memorial to General MacArthur and as a repository for his papers, decorations, and mementos he had accepted. Restored and remodeled, the MacArthur Memorial contains nine museum galleries whose contents reflect the general's 50 years of military service. At the heart of the memorial is a rotunda. In its center lies a sunken circular crypt with two marble sarcophagi, one for MacArthur,[396] the other for Jean, who continued to live in the Waldorf Towers until her own death in 2000.[397]

The MacArthur Chambers in Brisbane, Australia, hosts the MacArthur Museum on the 8th floor where MacArthur had his office.[398]

The Dai-Ichi Seimei Building in Tokyo, Japan has preserved MacArthur's 6th floor office as it was from 1945 to 1951 during his tenure as Supreme Commander for the Allied Powers.[399]

MacArthur commemorative postage stamp

MacArthur has a contested legacy. In the Philippines in 1942, he suffered a defeat that Gavin Long described as "the greatest in the history of American foreign wars".[400] Despite this, "in a fragile period of the American psyche when the general American public, still stunned by the shock of Pearl Harbor and uncertain what lay ahead in Europe, desperately needed a hero, they wholeheartedly embraced Douglas MacArthur—good press copy that he was. There simply were no other choices that came close to matching his mystique, not to mention his evocative lone-wolf stand—something that has always resonated with Americans."[401] He is highly respected and remembered to the present day in the Philippines and Japan. In 1961 MacArthur traveled to Manila, Philippines one final time and was greeted by a cheering crowd of two million.[402]

MacArthur's concept of the role of the soldier as encompassing a broad spectrum of roles that included civil affairs, quelling riots and low-level conflict, was dismissed by the majority of officers who had fought in Europe during World War II, and afterwards saw the Army's role as fighting the Soviet Union.[403] Unlike them, in his victories in New Guinea in 1944, the Philippines in 1945 and Korea in 1950, he fought outnumbered, and relied on maneuver and surprise for success.[404] The American Sinologist John Fairbank called MacArthur "our greatest soldier".[27]

On the other hand, Truman once remarked that he did not understand how the U.S. Army could "produce men such as Robert E. Lee, John J. Pershing, Eisenhower and Bradley and at the same time produce Custers, Pattons and MacArthur".[405] His relief of MacArthur cast a long shadow over American civil-military relations for decades. When Lyndon Johnson met with William Westmoreland in Honolulu in 1966, he told him: "General, I have a lot riding on you. I hope you don't pull a MacArthur on me."[406] MacArthur's relief "left a lasting current of popular sentiment that in matters of war and peace, the military really knows best", a philosophy which became known as "MacArthurism".[407]

MacArthur remains a controversial and enigmatic figure. He has been portrayed as a reactionary, although he was in many respects ahead of his time. He championed a progressive approach to the reconstruction of Japanese society, arguing that all occupations ultimately ended badly for the occupier and the occupied. He was often out of step with his contemporaries, such as in 1941 when he contended that Nazi Germany could not defeat the Soviet Union, when he argued that North Korea and China were no mere Soviet puppets, and throughout his career in his insistence that the future lay in the Far East. As such, MacArthur implicitly rejected White American contemporary notions of their own racial superiority. He always treated Filipino and Japanese leaders with respect as equals. At the same time, his Victorian sensibilities recoiled at leveling Manila with aerial bombing, an attitude the hardened World War II generation regarded as old fashioned.[408] When asked about MacArthur, Field Marshal Sir Thomas Blamey once said, "The best and the worst things you hear about him are both true."[409]

MacArthur was quoted by Justice Betty Ellerin of the Appellate Division of the Supreme Court of the State of New York, First Department in the 23 July 1987 decision on the case "Dallas Parks, Respondent, v. George Steinbrenner et al., Appellants." The quote used was about him being "proud to have protected American freedoms, like the freedom to boo the umpire".[410]

Honors and awards

West entrance of the MacArthur Tunnel in San Francisco, California
MacArthur was the subject of two different legal tender commemorative coins in the Philippines in 1947. Filipino coins of MacArthur were also struck in 1980, the 100th anniversary of his birth and in 2014, the 70th anniversary of the Leyte landings.

During his lifetime, MacArthur earned over 100 military decorations from the U.S. and other countries including the Medal of Honor, the French Légion d'honneur and Croix de guerre, the Order of the Crown of Italy, the Order of Orange-Nassau from the Netherlands, the Honorary Knight Grand Cross of the Order of the Bath from Australia, and the Order of the Rising Sun with Paulownia Flowers, Grand Cordon from Japan.[411]

MacArthur was enormously popular with the American public. Streets, public works, and children were named after him. Even a dance step was named after him.[412] In 1955, his promotion to General of the Armies was proposed in Congress, but the proposal was shelved.[413][414]

Since 1987 the General Douglas MacArthur Leadership Awards are presented annually by the United States Army on behalf of the General Douglas MacArthur Foundation to recognize company grade officers (lieutenants and captains) and junior warrant officers (warrant officer one and chief warrant officer two) who have demonstrated the attributes of "duty, honor, country" in their professional lives and in service to their communities.[415]

The General Douglas MacArthur Foundation presents the MacArthur Cadet Awards in recognition of outstanding cadets within the Association of Military Colleges and Schools of the United States. The MacArthur Award is presented annually to seniors at these military schools. The award is designed to encourage cadets to emulate the leadership qualities shown by General Douglas MacArthur, as a student at West Texas Military Institute and the U.S. Military Academy. Approximately 40 schools are authorized to provide the award to its top cadet each year.

The MacArthur Leadership Award at the Royal Military College of Canada in Kingston, Ontario, is awarded to the graduating officer cadet who demonstrates outstanding leadership performance based on the credo of Duty-Honor-Country and potential for future military service.[416]

Portrayals

Several actors have portrayed MacArthur on screen.

Bibliography

  • MacArthur, Douglas (1942). Waldrop, Frank C (ed.). MacArthur on War. New York: Duell, Sloan and Pearce. OCLC 1163286.
  • —— (1952). Revitalizing a Nation; a Statement of Beliefs, Opinions, and Policies Embodied in the Public Pronouncements of Douglas MacArthur. Chicago: Heritage Foundation. OCLC 456989.
  • —— (1964). Reminiscences. New York: McGraw-Hill. OCLC 562005.
  • —— (1965). Whan Jr, Vorin E (ed.). A Soldier Speaks; Public Papers and Speeches of General of the Army, Douglas MacArthur. New York: Praeger. OCLC 456849.
  • —— (1965). Courage was the Rule: General Douglas MacArthur's Own Story (Juvenile audience) (abridged ed.). New York: McGraw-Hill. OCLC 1307481.
  • —— (1965). Duty, Honor, Country; a Pictorial Autobiography (1st ed.). New York: McGraw-Hill. OCLC 1342695.
  • —— (1966). Willoughby, Charles A (ed.). Reports of General MacArthur (4 Volumes). Washington, D.C.: U.S. Government Printing Office. OCLC 407539.

Notes

  1. ^ a b MacArthur 1964, pp. 13–14.
  2. ^ MacArthur 1964, pp. 4–5.
  3. ^ "Medal of Honor recipients: Civil War (M–Z)". Fort Lesley J. McNair, Washington, D.C.: United States Army Center of Military History. Archived from the original on 23 February 2009. Retrieved 18 May 2012.
  4. ^ James 1970, pp. 41–42.
  5. ^ Manchester 1978, p. 24.
  6. ^ Andrew Gustafson (2 September 2015). "From Perry To MacArthur: Flag Links Historic U.S. Visits to Japan, in Peace and War". Turnstile Tours. Retrieved 6 June 2019.
  7. ^ James 1970, p. 23.
  8. ^ James 1970, p. 25.
  9. ^ MacArthur 1964, p. 15.
  10. ^ James 1970, p. 56.
  11. ^ a b MacArthur 1964, pp. 16–18.
  12. ^ James 1970, pp. 60–61.
  13. ^ James 1970, pp. 62–66.
  14. ^ Thompson, Paul (24 July 2005). "Douglas MacArthur: Born to Be a Soldier". Voice of America. Archived from the original on 14 August 2009. Retrieved 11 April 2009.
  15. ^ "Gertrude Hull, Teacher, Dies / MacArthur Was Pupil". The Milwaukee Journal (p. "M" 1st column). Milwaukee, Wisconsin. 24 March 1947.
  16. ^ a b James 1970, p. 66.
  17. ^ MacArthur 1964, p. 25.
  18. ^ "Douglas MacArthur and his mother". Smithsonian Institution. Retrieved 12 December 2007.
  19. ^ James 1970, pp. 69–71.
  20. ^ James 1970, p. 79.
  21. ^ James 1970, p. 77.
  22. ^ Manchester 1978, pp. 60–61.
  23. ^ James 1970, pp. 87–89.
  24. ^ Manchester 1978, p. 65.
  25. ^ James 1970, pp. 90–91.
  26. ^ "Historical Vignette 089 - The History of the Chief of Engineers' Gold Castles". U.S. Army Corps of Engineers. Retrieved 5 June 2021.
  27. ^ a b Fairbank, John K. (12 October 1978). "Digging Out Doug". The New York Review of Books. Retrieved 18 March 2016.
  28. ^ Manchester 1978, pp. 66–67.
  29. ^ a b James 1970, pp. 95–97.
  30. ^ James 1970, pp. 105–109.
  31. ^ James 1970, pp. 115–120.
  32. ^ James 1970, pp. 121–125.
  33. ^ James 1970, p. 125.
  34. ^ James 1970, p. 124.
  35. ^ James 1970, pp. 125–127.
  36. ^ James 1970, pp. 130–135.
  37. ^ James 1970, p. 148.
  38. ^ James 1970, p. 157.
  39. ^ Farwell 1999, p. 296.
  40. ^ Frank 2007, p. 7.
  41. ^ James 1970, pp. 159–160.
  42. ^ Hoyt, Austin (writer, dir., prod.). MacArthur (Television documentary). The American Experience. Sarah Holt (dir., co-prod.). WGBH Educational Foundation. PBS. Retrieved 8 September 2021.
  43. ^ Turner, Alex C. (September 2018). Douglas MacArthur: Strategic Influences and Military Theories (PDF) (Thesis). Naval Postgraduate School. p. 24. Retrieved 8 September 2021.
  44. ^ Manchester 1978, p. 92.
  45. ^ MacArthur 1964, pp. 57–58.
  46. ^ James 1970, p. 187.
  47. ^ MacArthur 1964, p. 60.
  48. ^ MacArthur 1964, p. 61.
  49. ^ James 1970, p. 193.
  50. ^ Sempa, Francis P. (8 August 2016). "The Return of Douglas MacArthur". Russell Kirk Center for Cultural Renewal. Retrieved 3 September 2021.
  51. ^ James 1970, pp. 196–197.
  52. ^ James 1970, pp. 203–204.
  53. ^ James 1970, pp. 213–217.
  54. ^ Ferrell 2008, pp. 47–50.
  55. ^ MacArthur 1964, p. 66.
  56. ^ Ganoe 1962, pp. 143–144.
  57. ^ James 1970, p. 223.
  58. ^ MacArthur 1964, p. 67.
  59. ^ James 1970, pp. 227–228.
  60. ^ MacArthur 1964, p. 68.
  61. ^ James 1970, pp. 232–233.
  62. ^ Gilbert 1994, p. 494.
  63. ^ James 1970, pp. 239–240.
  64. ^ James 1970, pp. 241–245.
  65. ^ James 1970, pp. 256–259.
  66. ^ MacArthur 1964, p. 77.
  67. ^ Manchester 1978, p. 117.
  68. ^ a b James 1970, p. 265.
  69. ^ James 1970, p. 261.
  70. ^ Leary 2001, p. 10.
  71. ^ James 1970, p. 262.
  72. ^ a b Leary 2001, p. 11.
  73. ^ Leary 2001, pp. 24–25.
  74. ^ a b c James 1970, pp. 278–279.
  75. ^ Leary 2001, pp. 20–21.
  76. ^ 1634–1699: McCusker, J. J. (1997). How Much Is That in Real Money? A Historical Price Index for Use as a Deflator of Money Values in the Economy of the United States: Addenda et Corrigenda (PDF). American Antiquarian Society. 1700–1799: McCusker, J. J. (1992). How Much Is That in Real Money? A Historical Price Index for Use as a Deflator of Money Values in the Economy of the United States (PDF). American Antiquarian Society. 1800–present: Federal Reserve Bank of Minneapolis. "Consumer Price Index (estimate) 1800–". Retrieved 1 January 2020.
  77. ^ Leary 2001, pp. 26–27.
  78. ^ James 1970, p. 291.
  79. ^ Manchester 1978, pp. 130–132.
  80. ^ James 1970, p. 320.
  81. ^ James 1970, pp. 295–297.
  82. ^ MacArthur 1964, p. 84.
  83. ^ James 1970, pp. 300–305.
  84. ^ a b c James 1970, pp. 307–310.
  85. ^ Rhoades 1987, p. 287.
  86. ^ a b MacArthur 1964, p. 85.
  87. ^ James 1970, p. 322.
  88. ^ a b James 1970, pp. 325–332.
  89. ^ "Wife Divorces General M'Arthur". The New York Times. 18 June 1929. Retrieved 3 March 2010.
  90. ^ Manchester 1978, p. 141.
  91. ^ James 1970, pp. 340–347.
  92. ^ Manchester 1978, p. 145.
  93. ^ a b Murray & Millet 2001, p. 181.
  94. ^ Murray & Millet 2001, p. 182.
  95. ^ James 1970, pp. 357–361.
  96. ^ James 1970, p. 367.
  97. ^ James 1970, pp. 458–460.
  98. ^ James 1970, pp. 389–392.
  99. ^ James 1970, p. 397.
  100. ^ Leary 2001, pp. 36–38.
  101. ^ Manchester 1978, p. 156.
  102. ^ Stein, Jacob A. (November 2001). "Legal Spectator: Defamation". DCBar.org. Archived from the original on 5 November 2016.
  103. ^ Petillo 1981, pp. 164–166.
  104. ^ James 1970, pp. 415–420.
  105. ^ James 1970, pp. 376–377.
  106. ^ a b James 1970, pp. 445–447.
  107. ^ MacArthur 1964, p. 101.
  108. ^ MacArthur 1964, pp. 102–103.
  109. ^ Vierk 2005, p. 231.
  110. ^ Thompson 2006, p. 72.
  111. ^ James 1970, pp. 479–484.
  112. ^ MacArthur 1964, p. 103.
  113. ^ James 1970, pp. 485–486.
  114. ^ James 1970, pp. 494–495.
  115. ^ Petillo 1981, pp. 175–176.
  116. ^ James 1970, p. 505.
  117. ^ a b MacArthur 1964, pp. 103–105.
  118. ^ James 1970, p. 504.
  119. ^ MacArthur 1964, p. 106.
  120. ^ James 1970, p. 547.
  121. ^ "The Washington Naval Conference, 1921–1922". Milestones in the History of U.S. Foreign Relations. Office of the Historian, U. S. Department of State. Retrieved 11 April 2021. Though [the Five-Power Treaty] was widely regarded as a success, the inclusion of Article XIX, which recognized the status quo of U.S., British, and Japanese bases in the Pacific but outlawed their expansion, created a controversy amongst U.S. policymakers. Many of the members of the U.S. Navy in particular worried that limiting the expansion of fortifications in the Pacific would endanger U.S. holdings in Hawaii, Guam, and the Philippines.
  122. ^ James 1970, p. 513.
  123. ^ MacArthur 1964, p. 107.
  124. ^ James 1970, p. 525.
  125. ^ Rogers 1990, pp. 39–40.
  126. ^ "History Reader Extra Edition World Mysterious Secret Society" "Freemasonry Occupation Policy"
  127. ^ Denslow, W. (1957). 10,000 Famous Freemasons from K to Z. p. 112 – via PhoenixMasonry.org.
  128. ^ "Famous Freemasons, M–Z". Lodge St. Patrick, New Zealand. Retrieved 11 April 2021.
  129. ^ Morton 1953, p. 19.
  130. ^ Rogers 1990, p. 100.
  131. ^ Morton 1953, p. 21.
  132. ^ Weinberg 2004, p. 311.
  133. ^ a b Weinberg 2004, p. 312.
  134. ^ Morton 1953, p. 50.
  135. ^ Morton 1953, pp. 35–37.
  136. ^ Drea 1992, p. 11.
  137. ^ Pettinger 2003, p. 9.
  138. ^ Pettinger 2003, pp. 9, 56.
  139. ^ Pettinger 2003, p. 57.
  140. ^ Morton 1953, pp. 84–88.
  141. ^ Morton 1953, p. 97.
  142. ^ a b Weinberg 2004, p. 313.
  143. ^ Morton 1953, p. 125.
  144. ^ Morton 1953, p. 163.
  145. ^ Weinberg 2004, pp. 313–314.
  146. ^ Pettinger 2003, p. 53.
  147. ^ Roscoe 1967, pp. 29–48.
  148. ^ Morton 1953, pp. 155–156.
  149. ^ Morton 1953, p. 164.
  150. ^ Rogers 1990, pp. 118–121.
  151. ^ Masuda 2012, p. 52; Grehan & Nicoll 2021, p. 18; Weintraub 2011, p. 127.
  152. ^ Rogers 1990, pp. 125–141.
  153. ^ James 1975, pp. 65–66.
  154. ^ James 1975, p. 68.
  155. ^ Rogers 1990, p. 165.
  156. ^ Petillo 1979, pp. 107–117.
  157. ^ Halberstam 2007, p. 372.
  158. ^ Warren, Jim; Ridder, Knight (29 January 1980). "MacArthur Given $500,000". The Washington Post. Retrieved 11 February 2017.
  159. ^ a b c "The Secret Payment (January February 1942) | American Experience". PBS. Archived from the original on 12 February 2017. Retrieved 11 February 2017.
  160. ^ "But writer says she has proof – Claims MacArthur took half million denied". Ellensburg Daily Record. 30 January 1980. Retrieved 23 March 2010.
  161. ^ James 1975, p. 98.
  162. ^ Morton 1953, pp. 359–360.
  163. ^ Rogers 1990, pp. 190–192.
  164. ^ "'I Came Through; I Shall Return'". The Advertiser. Adelaide. 21 March 1942. p. 1. Retrieved 22 July 2012 – via National Library of Australia.
  165. ^ "Down but Not Out". Time. 2 December 1991. Archived from the original on 11 November 2007. Retrieved 7 May 2010.
  166. ^ Morton 1953, pp. 463–467.
  167. ^ Morton 1953, p. 561.
  168. ^ James 1975, p. 129.
  169. ^ James 1975, pp. 129–130.
  170. ^ a b Mears 2018, pp. 144–145.
  171. ^ James 1975, p. 132.
  172. ^ "President Clinton Awards Medals of Honor to Corporal Andrew Jackson Smith and President Teddy Roosevelt". CNN. 16 January 2001. Retrieved 7 May 2010.
  173. ^ James 1975, p. 131.
  174. ^ "Medal of Honor recipients: World War II (M–S)". Fort Lesley J. McNair, Washington, D.C.: United States Army Center of Military History. Retrieved 21 May 2012.
  175. ^ a b Manchester 1978, p. 290.
  176. ^ a b Gailey 2004, pp. 7–14.
  177. ^ a b Milner 1957, pp. 18–23.
  178. ^ Horner, David (2000). "MacArthur, Douglas (1880–1964)". Australian Dictionary of Biography. 15. Melbourne University Press. ISSN 1833-7538. Retrieved 6 March 2010 – via National Centre of Biography, Australian National University.
  179. ^ Lloyd, Neil; Saunders, Malcolm (2007). "Forde, Francis Michael (Frank) (1890–1983)". Australian Dictionary of Biography. 17. Melbourne University Press. ISSN 1833-7538. Retrieved 26 December 2016 – via National Centre of Biography, Australian National University.
  180. ^ Rogers 1990, p. 253.
  181. ^ Rogers 1990, pp. 275–278.
  182. ^ Craven & Cate 1948, pp. 417–418.
  183. ^ James 1975, pp. 197–198.
  184. ^ Kenney 1949, p. 26.
  185. ^ McCarthy 1959, p. 488.
  186. ^ James 1975, p. 80.
  187. ^ Rogers 1990, p. 202.
  188. ^ Milner 1957, p. 48.
  189. ^ Rogers 1990, pp. 285–287.
  190. ^ Drea 1992, pp. 18–19.
  191. ^ Drea 1992, p. 26.
  192. ^ a b James 1975, pp. 165–166.
  193. ^ Rogers 1990, p. 265.
  194. ^ "The Press: Who Is Fooling Whom?". Time. 15 January 1951. Archived from the original on 7 December 2008. Retrieved 7 May 2010.
  195. ^ Milner 1957, pp. 39–41.
  196. ^ Milner 1957, pp. 46–48.
  197. ^ Milner 1957, pp. 53–55.
  198. ^ Milner 1957, pp. 77–88.
  199. ^ McCarthy 1959, p. 225.
  200. ^ Milner 1957, pp. 91–92.
  201. ^ McCarthy 1959, pp. 371–372.
  202. ^ Luvaas 1972, pp. 32–33.
  203. ^ McCarthy 1959, p. 235.
  204. ^ Milner 1957, p. 321.
  205. ^ James 1975, p. 275.
  206. ^ MacArthur 1964, p. 167.
  207. ^ "Honours and Awards – Douglas MacArthur". Australian War Memorial. Archived from the original on 1 November 2013. Retrieved 1 November 2013.
  208. ^ Hayes 1982, pp. 312–334.
  209. ^ Willoughby 1966b, p. 100.
  210. ^ Dexter 1961, p. 12.
  211. ^ James 1975, p. 327.
  212. ^ MacArthur 1964, p. 179.
  213. ^ James 1975, pp. 328–329.
  214. ^ James 1975, pp. 364–365.
  215. ^ Hayes 1982, pp. 487–490.
  216. ^ MacArthur 1964, p. 189.
  217. ^ Willoughby 1966b, pp. 137–141.
  218. ^ a b c Weinberg 2004, p. 654.
  219. ^ a b Weinberg 2004, p. 655.
  220. ^ Weinberg 2004, p. 1084.
  221. ^ Weinberg 2004, p. 653.
  222. ^ Willoughby 1966b, pp. 142–143.
  223. ^ Taaffe 1998, pp. 100–103.
  224. ^ Drea 1992, pp. 152–159.
  225. ^ James 1975, pp. 552–556.
  226. ^ MacArthur 1964, p. 216.
  227. ^ MacArthur 1964, p. 228.
  228. ^ James 1975, pp. 561–562.
  229. ^ MacArthur 1964, pp. 222–231.
  230. ^ MacArthur 1964, pp. 231–234.
  231. ^ James 1975, pp. 568–569.
  232. ^ James 1975, pp. 602–603.
  233. ^ "Five-Star Generals and Dates of Rank". Fort Lesley J. McNair, Washington, D.C.: Website Operations Activity, United States Army Center of Military History. 4 August 2009. Retrieved 12 May 2010.
  234. ^ Pub.L. 78–489 This law allowed only 75% of pay and allowances to the grade for those on the retired list.
  235. ^ Pub.L. 79–333
  236. ^ James 1975, pp. 604–609.
  237. ^ Murray & Millet 2001, p. 495.
  238. ^ Drea 1992, p. 186.
  239. ^ Drea 1992, p. 187.
  240. ^ Drea 1992, pp. 180–187.
  241. ^ James 1975, pp. 619–620.
  242. ^ James 1975, p. 622.
  243. ^ James 1975, p. 629.
  244. ^ James 1975, p. 623.
  245. ^ James 1975, pp. 632–633.
  246. ^ Drea 1992, pp. 195–200.
  247. ^ Rogers 1991, p. 261.
  248. ^ James 1975, pp. 642–644.
  249. ^ James 1975, p. 654.
  250. ^ MacArthur 1964, p. 244.
  251. ^ a b Weinberg 2004, p. 863.
  252. ^ Weinberg 2004, pp. 863–864.
  253. ^ Keats 1963, pp. 208–209.
  254. ^ Lapham & Norling 1996, pp. 57–58.
  255. ^ "Cabanatuan Camps". American Defenders of Bataan and Corregidor Museum. n.d. Archived from the original on 4 March 2016. Retrieved 23 April 2021.
  256. ^ Elphick, James (28 January 2019). "The day we saved 2,147 POWs from Los Baños Prison". WeAreTheMighty.com. Retrieved 23 April 2021.
  257. ^ "Santo Tomas Prisoners Liberated" (video). Universal Newsreel. Narrated by Ed Herlihy. Universal Studios. 1 March 1945. Retrieved 3 September 2021.CS1 maint: others (link)
  258. ^ Murray & Millet 2001, pp. 500–501.
  259. ^ a b Murray & Millet 2001, p. 502.
  260. ^ James 1975, pp. 737–741.
  261. ^ James 1975, p. 749.
  262. ^ James 1975, pp. 757–761.
  263. ^ MacArthur 1964, p. 260.
  264. ^ James 1975, pp. 725–726, 765–771.
  265. ^ Weinberg 2004, p. 872.
  266. ^ James 1975, pp. 786–792.
  267. ^ MacArthur 1964, p. 265.
  268. ^ James 1975, pp. 782–783.
  269. ^ Bix 2000, p. 541.
  270. ^ Bix 2000, pp. 544–545.
  271. ^ a b Bix 2000, p. 545.
  272. ^ Bix 2000, p. 549.
  273. ^ Bix 2000, pp. 550–551.
  274. ^ Bix 2000, p. 562.
  275. ^ Bix 2000, p. 567.
  276. ^ Bix 2000, p. 568.
  277. ^ a b Bix 2000, p. 584.
  278. ^ a b Bix 2000, p. 585.
  279. ^ Neary 2014, p. 202 Benjamin V. Cohen, then one of the top advisors to Secretary of State Byrnes, was demanding that the Emperor be tried as a war criminal.
  280. ^ MacArthur 1964, pp. 318–319.
  281. ^ Drea et al. 2006, p. 7.
  282. ^ Connaughton, Pimlott & Anderson 1995, pp. 72–73.
  283. ^ Manchester 1978, p. 487.
  284. ^ Gold 1996, p. 109.
  285. ^ Dower 1999, p. 323.
  286. ^ Dower 1999, pp. 321–322.
  287. ^ Sebestyen 2015.
  288. ^ James 1985, pp. 39–139.
  289. ^ James 1985, pp. 119–139.
  290. ^ James 1985, pp. 183–192.
  291. ^ James 1985, pp. 174–183.
  292. ^ Schaller 1985, p. 25.
  293. ^ James 1985, pp. 222–224, 252–254.
  294. ^ Cottrell, Robert C. (16 August 2019). "Mr. ACLU and the General". American Civil Liberties Union. Retrieved 23 April 2021.
  295. ^ PBS (1999). "Occupation of Japan and the New Constitution". American Experience. PBS. Retrieved 16 April 2021.
  296. ^ Morris 2014, pp. 169–173.
  297. ^ "M'Arthur Plot Timed for Demonstration; Plotters Still at Large". The New York Times. 1 May 1946. Retrieved 16 April 2021.
  298. ^ "Plot to Kill MacArthur Is Revealed; Seek Fugitive Chief". The Gettysburg Times. 44 (104). 30 April 1946. Retrieved 16 April 2021 – via Google Newspapers.
  299. ^ Schnabel 1972, pp. 13–14.
  300. ^ Schnabel 1972, p. 13.
  301. ^ Willoughby 1966a.
  302. ^ Schonberger 1974, p. 202.
  303. ^ Schonberger 1974, p. 203.
  304. ^ Schonberger 1974, pp. 203–204.
  305. ^ Schonberger 1974, p. 205.
  306. ^ Schonberger 1974, p. 207.
  307. ^ "Truman Wrote of '48 Offer to Eisenhower". The New York Times. 11 July 2003. Retrieved 23 April 2021.
  308. ^ Haig, Alexander M., Jr. (30 November 2007). "Interview with Alexander M. Haig, Jr" (PDF) (Interview). Interviewed by Naftali, Timothy; Powers, John; Brinkley, Douglas; Musgrave, Paul. Richard Nixon Presidential Library. Retrieved 23 April 2021.
  309. ^ Schonberger 1974, pp. 207–208.
  310. ^ Schonberger 1974, p. 208.
  311. ^ a b Schonberger 1974, p. 213.
  312. ^ Schonberger 1974, pp. 206–207.
  313. ^ Schonberger 1974, pp. 212, 217.
  314. ^ Schonberger 1974, pp. 218–219.
  315. ^ Imparato 2000, p. 165.
  316. ^ James 1985, pp. 336–354.
  317. ^ Valley 2000, p. xi.
  318. ^ James 1985, p. 387.
  319. ^ James 1985, p. 434.
  320. ^ James 1985, p. 436.
  321. ^ James 1985, p. 440.
  322. ^ James 1985, pp. 433–435.
  323. ^ James 1985, p. 451.
  324. ^ James 1985, p. 465.
  325. ^ James 1985, pp. 467–469.
  326. ^ James 1985, pp. 475–483.
  327. ^ Stanton 1989, pp. 78–80.
  328. ^ James 1985, pp. 486–493.
  329. ^ James 1985, p. 500.
  330. ^ MacArthur 1964, pp. 360–363.
  331. ^ James 1985, pp. 507–508.
  332. ^ "Douglas MacArthur – Distinguished Flying Cross, Awarded for Actions During Korean War". Hall of Valor Project. Retrieved 26 March 2021.[better source needed]
  333. ^ a b Halberstam, David (October 2007). "MacArthur's Grand Delusion". Vanity Fair. Retrieved 15 May 2012.
  334. ^ Manchester 1978, p. 604.
  335. ^ a b MacArthur 1964, pp. 372–373.
  336. ^ James 1985, pp. 537–538.
  337. ^ James 1985, p. 545.
  338. ^ James 1985, p. 559.
  339. ^ James 1985, pp. 578–581.
  340. ^ Schnabel 1972, p. 320.
  341. ^ Senate Committees on Armed Services and Foreign Relations, 15 May 1951 – Military Situation in the Far East, hearings, 82d Congress, 1st session, part 1, p. 77 (1951).
  342. ^ a b James 1985, p. 591.
  343. ^ Anders 1988, pp. 1–2.
  344. ^ Cumings, Bruce. "Why Did Truman Really Fire MacArthur? ... The Obscure History of Nuclear Weapons and the Korean War Provides the Answer". History News Network. Retrieved 19 June 2011.
  345. ^ Anders 1988, pp. 3–4.
  346. ^ Dingman 1988, p. 72.
  347. ^ Schnabel 1972, pp. 300–304.
  348. ^ Schnabel 1972, pp. 310–314.
  349. ^ Schnabel 1972, pp. 287–292.
  350. ^ Lowe 1990, p. 636.
  351. ^ Schnabel 1972, pp. 333–339.
  352. ^ Schnabel 1972, pp. 354–355.
  353. ^ Schnabel 1972, pp. 357–359.
  354. ^ James 1985, pp. 584–589.
  355. ^ James 1985, p. 590.
  356. ^ Goulden 1982, pp. 476–478.
  357. ^ Nitze, Smith & Rearden 1989, pp. 109–111.
  358. ^ James 1985, pp. 591–597.
  359. ^ a b Pearlman 2008, p. 214.
  360. ^ a b James 1985, p. 594.
  361. ^ Meilinger 1989, p. 179.
  362. ^ James 1985, pp. 607–608.
  363. ^ "Historical Notes: Giving Them More Hell". Time. 3 December 1973. Archived from the original on 12 October 2007. Retrieved 17 January 2012.
  364. ^ Spanier 1959, p. ix.
  365. ^ Casey 2008, pp. 253–254.
  366. ^ Pearlman 2008, pp. 246, 326.
  367. ^ "Presidential Approval Ratings – Gallup Historical Statistics and Trends". The Gallup Organization. 12 March 2008. Retrieved 6 May 2021.
  368. ^ Casey 2008, p. 327.
  369. ^ Senate Committees on Armed Services and Foreign Relations 1951, p. 3601.
  370. ^ James 1985, p. 611.
  371. ^ James 1985, p. 613.
  372. ^ Torricelli, Carroll & Goodwin 2008, pp. 185–188.
  373. ^ Schaller 1989, p. 250.
  374. ^ Schaller 1989, pp. 250–251.
  375. ^ Schaller 1989, p. 251.
  376. ^ James 1985, pp. 648–652.
  377. ^ James 1985, pp. 653–655.
  378. ^ "MacArthur Statue". MacArthur Memorial. April 2009. Retrieved 10 January 2014.
  379. ^ James 1985, pp. 655–656.
  380. ^ James 1985, pp. 661–662.
  381. ^ a b Perret 1996, pp. 581–583.
  382. ^ General Macarthur Receives Japan's Highest Honour (video). British Pathe. June 1960. 2778.2. Archived from the original on 14 November 2021. Retrieved 29 March 2020.
  383. ^ James 1985, pp. 684–685.
  384. ^ O'Donnell, Kenneth (7 August 1970). "LBJ and the Kennedys". Life. p. 51. Retrieved 29 January 2012.
  385. ^ James 1985, p. 687.
  386. ^ "MacArthur's Sylvanus Thayer Award acceptance speech at West Point, 1962". The West Point Connection. Retrieved 14 March 2010.
  387. ^ "Eastern Colleges Enter NCAA-AAU Track Flight". Harvard Crimson. 11 December 1964. Retrieved 22 July 2012.
  388. ^ Perret 1996, p. 585.
  389. ^ Mossman & Stark 1991, p. 216.
  390. ^ Johnston, Richard H. J. (6 April 1964). "General's Body Will Lie in City". The New York Times. Retrieved 27 March 2018.
  391. ^ "Lying in State or in Honor". U.S. Architect of the Capitol (AOC). Retrieved 1 September 2018.
  392. ^ Mossman & Stark 1991, pp. 225–231.
  393. ^ Mossman & Stark 1991, pp. 236–253.
  394. ^ "General Macarthur's Funeral (1964)" (includes black-and-white video footage with overlaid sound commentary 1 minute 21 seconds). British Pathe. 13 April 1964. Archived from the original on 14 November 2021. Retrieved 3 November 2016 – via YouTube.
  395. ^ "General MacArthur Buried". The Canberra Times. 38 (10, 820). 13 April 1964. p. 3. Retrieved 4 November 2016 – via National Library of Australia.
  396. ^ Mossman & Stark 1991, p. 253.
  397. ^ Nemy, Enid (24 January 2000). "Jean MacArthur, General's Widow, Dies at 101". The New York Times. Retrieved 7 May 2010.
  398. ^ "MacArthur Museum Brisbane". MacArthur Museum Brisbane. Retrieved 27 December 2016.
  399. ^ Spitzer, Kirk (19 July 2012). "No Fading Away for MacArthur Over Here". Time. Retrieved 25 March 2021.
  400. ^ Long 1969, p. 226.
  401. ^ Borneman, Walter R. "Why Did MacArthur Become a Hero? In a Crisis We Are Desperate for Leaders". Retrieved 15 May 2016.
  402. ^ "Manila Crowds Hail MacArthur". The New York Times. Manila (published 4 July 1961). 3 July 1961. Retrieved 25 March 2021.
  403. ^ Frank 2007, p. 168.
  404. ^ Long 1969, p. 227.
  405. ^ Pearlman 2008, p. 18.
  406. ^ Danner 1993, pp. 14–15.
  407. ^ "An old soldier is still in the fray". St Petersburg Times. 18 October 2009. Archived from the original on 6 June 2011. Retrieved 3 June 2011.
  408. ^ Frank 2007, pp. 167–174.
  409. ^ Hetherington 1973, p. 223.
  410. ^ Parks v. Steinbrenner, 131 A.D.2d 60 (N.Y. App. Div. 23 July 1987).
  411. ^ "General Orders, No. 13" (PDF). Department of the Army, Headquarters. 6 April 1964. Archived from the original (PDF) on 11 August 2009. Retrieved 1 March 2010.
  412. ^ Costello 1981, p. 225.
  413. ^ Foster 2011, p. 19.
  414. ^ Senate Joint Resolution 26, 21 January 1955
  415. ^ Leipold, J.D. (31 May 2013). "CSA presents 28 junior officers with MacArthur Leadership Awards". Retrieved 22 July 2014.
  416. ^ "The MacArthur Leadership Award". Royal Military College of Canada. Archived from the original on 12 May 2011. Retrieved 1 March 2010.
  417. ^ "Douglas MacArthur". Internet Movie Database. Retrieved 24 February 2010.
  418. ^ "Korean war flick 'Operation Chromite' fails to hit any of its targets". Korea JoongAng Daily. 22 July 2016. Retrieved 29 July 2016.

References

Further reading

External links


Military offices
Preceded by Superintendent of the United States Military Academy
1919–1922
Succeeded by
Preceded by Chief of Staff of the United States Army
1930–1935
Succeeded by
New office Supreme Commander for the Allied Powers
1945–1951
Succeeded by
Party political offices
Preceded by Keynote Speaker of the Republican National Convention
1952
Succeeded by
Awards
Preceded by Recipient of the Sylvanus Thayer Award
1962
Succeeded by
Honorary titles
Preceded by Persons who have lain in state or honor in the United States Capitol rotunda
1964
Succeeded by