馬の家畜化

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

絶滅したターパンに似ていると言われる「繁殖した」ヘック種

の家畜化に関する重要な問題の多くについては、いくつかの仮説が存在しますは早くも紀元前3万年前に旧石器時代 の洞窟壁画に登場しましたが、これらは野生の馬であり、おそらくを求めて狩られていました。

馬がいつどのように家畜化されたかについては論争があります。輸送手段としての馬の早期使用の最も明確な証拠は、 c日付の戦闘馬車からのものです。紀元前2000年。しかし、証拠の増加は、馬が紀元前3500年頃にユーラシアステップで家畜化されたという仮説を支持しています。[1] [2] [3]ボタイ文化の文脈での最近の発見は、カザフスタンのアクモラ州のボタイ集落が馬の最も初期の家畜化の場所であることを示唆しています。[4]

輸送、農作業、および戦争のためにユーラシア大陸全体に広がる馬の使用

背景

馬の家畜化の日付は、「家畜化」の定義にある程度依存します。一部の動物学者は、「家畜化」を繁殖に対する人間の制御と定義しています。これは、古代の馬の個体数のサイズと変動性の変化によって、古代の骨格サンプルで検出できます。他の研究者は、作業活動の骨格および歯の証拠を含む、より広範な証拠を調べます。武器、芸術、および精神的な遺物。人間の文化のライフスタイルパターン。馬が使役動物として訓練される前に肉用動物として飼育されていたという証拠もあります。[要出典]

遺伝学的研究または物理的遺物の分析による家畜化の日付を決める試みは、家畜化された個体群と野生の個体群の遺伝子型が分離されたという仮定に基づいています。そのような分離が起こったように見えますが、そのような方法に基づく日付は、野生個体群と家畜個体群の間の初期の遺伝子流動の未知の期間の可能性を排除することなく、家畜化の可能な最新の日付の推定値を生成することしかできません(飼いならされた個体群が野生個体群の生息地内に保たれている限り)。さらに、すべての現代の馬の個体数は野生の状態に戻る能力を保持しており、すべての野生の馬は国内型です。つまり、彼らは捕虜から逃れた祖先の子孫です。[要出典]

家畜化のより狭い動物学的定義を採用するか、一連の動物学的および考古学的証拠に基づくより広い文化的定義を採用するかは、馬の家畜化のために選択される時間枠に影響します。紀元前4000年の日付は、噛むことに関連する歯科病理の出現、屠殺慣行の変化、人間の経済と定住パターンの変化、人工物の力の象徴としての馬の描写、および馬の骨の出現を含む証拠に基づいています。人間の墓で。[5]一方、ハンガリーのCsepel-Harosの場所で見つかった馬の遺体に見られるように、家畜化に関連する測定可能なサイズの変化と変動性の増加は、紀元前2500年から2000年頃に発生しました。ベルビーカー文化の集落。[6]

輸送、農作業戦争のためにユーラシア大陸全体に広がる馬の使用農業の馬やラバは、胸板タイプの馬具やに適したヨークを使用していましたが、数千年後に発生した後に発明されたパッド入りの頸環ほど、動物の力を十分に活用することはできませんでした。[7] [8]

国産馬の前身

ラスコーの洞窟からの馬の絵のレプリカ

2005年の研究では、53、 000年前の化石から現代の馬まで、世界中の馬のミトコンドリアDNA(mtDNA)を分析しました。[9]彼らの分析は、すべてのウマを単一のクレード、または3つの遺伝的に異なる種からなる単一の共通の祖先を持つグループに配置しました:南アメリカのヒッピディオン、北アメリカの新世界の高床式の馬、およびエクウス、真の馬。真の馬には先史時代の馬とPrzewalskiの馬が含まれ、現在の国内の馬は単一の全北区に属していました種族。真の馬は、ベーリング地峡を経由して南北アメリカからユーラシアに移動し、北アメリカから更新世の氷床の南北にある中央ヨーロッパに広く分布するようになりました。[9]ベーリング地峡では、約14、200年前に絶滅し、その他の南北アメリカでは、約10、000年前に絶滅しました。[10] [11]しかしながら、このクレードはユーラシア大陸で生き残った、そしてそれはすべての国内の馬が降りたように見えるこれらの馬からである。[9]これらの馬は系統地理学的構造をほとんど示さずおそらくその高度な可動性と適応性を反映している。[9]

したがって、今日の飼い馬はEquus feruscaballusに分類されます。現在、在来の野生馬の遺伝的オリジナルは存在しません。Przewalskiは、家畜化される前に現代の馬から分岐しました。現代の飼いならされた馬の64とは対照的に、それは66の染色体を持ち、それらのミトコンドリアDNA(mtDNA)は別個のクラスターを形成します。[12]遺伝的証拠は、現代のモウコノウマの馬は、現代の飼いならされた馬を生み出したのと同じ遺伝的グループからではなく、ユーラシアステップの東部にある別個の地域遺伝子プールの子孫であることを示唆している。[12]それにもかかわらず、ラスコーの洞窟壁画などの証拠一部の研究者が現在「ターパンサブタイプ」とラベル付けしている古代の野生の馬は、一般的な外観がおそらくプルゼワルスキー馬に似ていることを示唆してます[13]

ベルリンのフンボルト博物館にあるEquuscaballusgermanicusの前脚、歯、上顎

氷河期の馬は、ヨーロッパ、ユーラシアステップ、北アメリカで初期の現代人によって肉を求めて狩られました。数多くの殺害現場が存在しヨーロッパの多くの洞窟壁画はそれらがどのように見えたかを示しています。[14]これらの氷河期の亜種の多くは、最後の氷河期の終わりに関連する急速な気候変動の間に死んだか、特に馬が完全に絶滅した北アメリカで人間によって追い出されました。[15]

体型とコンフォメーションに基づく分類は、研究用のDNAが利用できない場合、家畜化前に環境に適応して開発されたと考えられる、およそ4つの基本的な野生のプロトタイプがあることをかつて示唆しました。競合する理論がありました。4つのプロトタイプは別々の種または亜種であると主張する人もいれば、プロトタイプは同じ種の物理的に異なる症状であると示唆する人もいました。[13]しかし、より最近の研究では、野生種は1つしかなく、すべての異なる体型は完全に品種改良または在来種の結果であることが示されています家畜化後の適応。いずれにせよ、すべての現代の品種が発展したと考えられているプロトタイプの最も一般的な理論は、いわゆるターパンサブタイプに加えて、次の基本プロトタイプがあったことを示唆しています:[13]

歴史的な時代に生き残ったのは、家畜化されていない「野生の」グループ、Przewalskiの馬(Equus ferus przewalski)とTarpanEquus ferus ferus)の2つだけでした。[16]ターパンは19世紀後半に絶滅し、プルゼワルスキーの馬は絶滅の危機に瀕しています。1960年代に野生絶滅しましたが、1980年代後半にモンゴルの2つの保護区に再導入されました。マリヤ・ギンブタスなどの研究者は、銅器時代の馬はモウコノウマであると理論付けましたが、最近の遺伝学的研究では、モウコノウマは現代の飼いならされた馬の祖先ではないことが示されています。[12]Equus ferusの他の現在絶滅した亜種は、飼いならされた馬の子孫であると思われます。[16]

遺伝的証拠

家畜化の初期段階は、毛色の変化の急速な増加によって特徴づけられました。[17]

2014年の研究では、家畜化以前の古代の馬の骨のDNAを比較し、現代の馬のDNAと比較して、家畜化に関連する125個の遺伝子を発見しました。いくつかは身体的で、筋肉と手足の発達、心臓の強さとバランスに影響を及ぼしました。他のものは認知機能に関連しており、社会的行動、学習能力、恐怖反応、協調性など、馬の飼いならしに重要である可能性が最も高い。[18]この研究で使用されたDNAは、16、000〜43、000年前の馬の骨に由来するため、家畜化時に発生した正確な変化はまだ配列決定されていません。[19]

種馬と牝馬の家畜化は、母方(ミトコンドリアDNAまたはmtDNA)または父方の系統(Y染色体またはY-DNA)に沿って排他的に渡されるDNAの部分を調べることによって別々に分析できます。現代の馬の遺伝的多様性を説明するために必要な雌の系統の数は、17の異なる系統に分けられた、少なくとも77の異なる祖先の牝馬を示唆しているため、DNA研究は、牝馬に複数の家畜化イベントがあった可能性があることを示しています。[12]一方、スタリオンの家畜化に関する遺伝的証拠は、限られた数のスタリオンが家畜化された群れに野生の雌を繰り返し補充することと組み合わされた単一の家畜化イベントを示しています。[20] [21] [22]

2012年に発表された、地元地域の300頭の作業馬のゲノムサンプリングと、考古学、ミトコンドリアDNAY-DNAの以前の研究のレビューを行った研究では、馬はもともとユーラシアステップの西部で飼育されていたことが示唆されました。[23]家畜化された種馬と牝馬の両方がこの地域から広がり、その後、地元の群れから野生の牝馬が追加された。野生の牝馬は野生の種馬よりも扱いやすかった。世界の他のほとんどの地域は、先住民の野生馬の個体数に適さない気候または家畜化の証拠がないため、馬の家畜化の場所として除外されました。[24]

Y染色体上にある遺伝子は、種雄牛からその雄の子孫にのみ受け継がれ、これらの系統は、現代の家畜馬では非常に低い程度の遺伝的変異(別名遺伝的均質性)を示し、残りの全体的な遺伝的変異に基づいて予想されるよりもはるかに少ない遺伝物質。[20] [21]これは、比較的少数の種馬が家畜化されたことを示しており、野生種馬と家畜牝馬の組合から生まれた多くの雄の子孫が初期の家畜化された繁殖資源に含まれていた可能性は低い。[20] [21]

ミトコンドリアDNAにある遺伝子は、母親から子孫へと母親の系統に沿って受け継がれます。現代の馬から、また考古学的および古生物学的発見からの馬の骨と歯から得られたミトコンドリアDNAの複数の分析は、残りのDNAと比較してミトコンドリアDNAの遺伝的多様性の増加を一貫して示しており、多数の牝馬がもともと飼いならされた馬の繁殖用ストック。[12] [22] [25] [26] [27] [28]ミトコンドリアDNAの変異は、いわゆるハプログループを決定するために使用されます。ハプログループは、密接に関連するハプロタイプのグループです同じ共通の祖先を共有します。馬では、7つの主要なハプログループが認識され(AG)、それぞれにいくつかのサブグループがあります。いくつかのハプログループが世界中に不平等に分布しており、家畜化された資源に地元の野生の牝馬が加わったことを示しています。[12] [22] [26] [27] [28]これらのハプロタイプの1つ(ルシターノグループC)はイベリア半島でのみ見られ、イベリア半島または北アフリカが家畜化の独立した起源であるという仮説を導きました。馬。[26]しかしながら、核DNAの追加の分析があり、初期の国内の群れの遺伝的構造のより良い理解があるまで、この理論は確認または反論することができない。[26]2番目の独立した家畜化サイトが存在する可能性は残っていますが、2012年の時点で、研究はその仮説を確認も反証もしていません[24]

馬の家畜化は短期間で広まりましたが、それでも家畜化は単一の文化から始まり、技術と繁殖用の家畜が受け継がれた可能性があります。かつて「野生の」馬の他のすべてのグループが死んだとき、2つの「野生の」亜種が残った可能性があります。 。[29]

考古学的証拠

ラムセス2世の戦車とカデシュの戦いのヒッタイト西暦前1274年

馬の家畜化の考古学的証拠は、次の3種類の情報源から得られます。1)古代の馬の骨格と歯の変化。2)古代の馬の地理的分布の変化、特に野生馬が存在しなかった地域への馬の導入。3)馬に関連する人間の行動の変化のアーティファクト、画像、または証拠を含む 遺跡。

例としては、馬が人間の墓に埋葬されたままであることが含まれます。人間によって殺された馬の年齢と性別の変化。馬の囲いの外観; ビットや他の種類の馬具などの機器; 馬車などの馬が使用することを目的とした機器に埋葬された馬乗馬運転ドラフト作業、または人力のシンボルに 使用される馬の描写。

これらのカテゴリーのいくつかは、単独で、家畜化の反駁できない証拠を提供しますが、累積的な証拠はますます説得力があります。

戦車に埋葬された馬

最も古くはないが最も説得力のある家畜化の証拠は、おそらく元々は皮に取り付けられていた馬の脚の骨と頭蓋骨が、シンタシュタ文化とペトロフカ文化の少なくとも16の墓にある戦車の残骸と埋葬された場所から来ますこれらは、ウラル山脈の南東、ウラル川上流とトボル川上流の間の草原に位置していました。この地域今日、ロシア南部とカザフスタン北部に分かれています。ペトロフカはシンタシュタ文化より少し遅れており、おそらくシンタシュタ文化から生まれたものであり、2つの複合体は一緒になって紀元前2100年から1700年頃にまたがっていました。[5] [30]これらの墓のいくつかには、墓の中、上、横に置かれた8頭もの犠牲馬の残骸が含まれていました。

時代遅れの戦車の墓のすべてで、一対の馬の頭とひづめがかつて戦車を含んでいた墓に置かれました。これらの墓の戦車の証拠は、1.2〜1.6m離れた墓の床に設置された2つのスポークホイールの印象から推測されました。ほとんどの場合、車両の残りの部分は痕跡を残しませんでした。さらに、現代のビットシャンクまたはビットリングの古代の前身である円盤状の枝角の「チークピース」のペアが、各馬の頭と蹄の犠牲の横にペアで配置されました。ディスクの内面には、手綱が反対側に引っ張られたときに馬の唇に押し付けられたであろう突き出たプロングまたはスタッドがありました。ちりばめられたチークピースは、戦車と同時に登場した、新しくてかなり厳しい種類の制御装置でした。

時代遅れの戦車の墓にはすべて、車輪の印象、馬の骨、武器(矢とやり投げのポイント、軸、短剣、または石のメイスヘッド)、人間の骨格の残骸、および頬の部分が含まれていました。彼らは戦車と散りばめられた頬の部分で2つのチームに埋葬されたので、紀元前2100年から1700年のこれらの草原の馬が家畜化されたという証拠は非常に説得力があります。これらの埋葬の期間の直後に、ヨーロッパ中の国内の馬の拡大は爆発的なものに少し足りなかった。おそらく500年の間に、ギリシャ、エジプト、メソポタミアに馬車の証拠があります。さらに500年までに、馬車は中国に広がりました。

家畜化の骨格指標

一部の研究者は、動物が品種改良と一致する身体的変化を示すか、少なくとも完全に飼育下で生まれ育ったまで、動物を「飼いならされた」とは見なしません。その時点まで、彼らは飼育下の動物を単に「飼いならされた」ものとして分類します。この家畜化の理論を支持する人々は、ハンガリー東部のベルビーカー遺跡の紀元前2500年頃、ロシアの草原、スペイン東部の青銅器時代の遺跡で、紀元前2500年頃に回収された馬の骨から検出された骨格測定値の変化を指摘しています。ヨーロッパ[6] [31]これらの状況からの馬の骨は変動性の増加を示し、野生に見られるよりも大きい個体と小さい個体の両方の人間の世話の下での生存を反映していると考えられています。そして平均サイズの減少は、食事のペニングと制限を反映していると考えられています。骨格の変化のこの組み合わせを示した馬の個体群は、おそらく家畜化されていました。ほとんどの証拠は、紀元前約2500年以降、馬がますます人間によって支配されていることを示唆しています。しかし、最近では、カザフスタンのある場所で、紀元前3500年にさかのぼる、囲いのある動物に特徴的な、より小さく、より細い手足を示す骨格の残骸が発見されました。[3]

ボタイ文化

初期の家畜化の最も興味深い証拠のいくつかは、カザフスタン北部で見られるボタイ文化から来ています。ボタイ文化は、紀元前3500年から3000年の間にカザフスタン北部の豊富な野生馬を狩るために乗馬を採用したように見える採餌者の文化でした。[32] [33]ボタイ遺跡には、の骨はありませんでした。馬に加えて、家畜はだけでした。この時期のボタイ集落には、50〜150の竪穴住居が含まれていました。ゴミの堆積物には、数万から数十万の廃棄された動物の骨が含まれており、その65%から99%は馬からのものでした。また、これらの場所で馬の搾乳が行われている証拠があり、馬乳の脂肪が紀元前3500年の陶器の破片に染み込んでいます。[3]同じ地域に住んでいた初期の狩猟採集民は、そのような成功を収めて野生馬を狩ることはなく、200未満の野生動物の骨を含むことが多い、より小さく、より変化する集落に何千年も住んでいました。

馬の群れ全体が、明らかに狩猟ドライブでボタイハンターによって虐殺されました。乗馬の採用は、特殊な馬の狩猟技術とより大きく、より恒久的な居住地の出現を説明するかもしれません。飼いならされた馬は、ウラル山脈の西の草原にある近隣の牧畜協会から採用された可能性があります。クヴァリンスク文化には牛や羊の群れがあり、おそらく紀元前4800年には飼いならされた馬がいました。[33]

他の研究者は、ボタイの馬はすべて野生であり、ボタイの馬ハンターは徒歩で野生の馬を狩ったと主張しています。証拠として、彼らは動物学者が家畜化を示すボタイ馬の骨格の変化を発見しなかったことに注意します。さらに、彼らは食物を求めて狩られたので、ボタイ文化の集落で見つかった馬の残骸の大部分は確かにおそらく野生でした。一方、飼いならされた乗馬馬はおそらく野生のいとこと同じサイズであり、骨の測定では区別できません。[6]彼らはまた、ボタイで屠殺された馬の年齢構成は、家畜化されて屠殺に選ばれた場合に予想されるパターンではなく、狩猟動物の自然な人口統計学的プロファイルを表していると述べています。[34]しかし、これらの議論は、Krasnyi Yarで囲いが発見され、他の2つのボタイサイトで馬の糞のマットが発見される前に発表されました。2018年の調査では、ボタイ馬は現代の家畜化された馬の遺伝学に大きく貢献しておらず、したがって、その後の別個の家畜化イベントが現代の家畜化された馬の原因であったに違いないことが明らかになりました。[35]

ビット摩耗

ルリスタン青銅器ビット_

ビット摩耗の存在は、馬が乗った、または運転されたことを示しており、カザフスタンのある場所からのそのような証拠の最も早いものは紀元前3500年にさかのぼります。[3]馬の歯にビットの摩耗がないことは、鼻革ハカモーを使用することでビットなしで馬に乗って制御できるため、家畜化に対する決定的な証拠ではありませんが、そのような材料は重大な生理学的変化を引き起こさず、保存されにくいです何千年もの間。

馬を制御するためにビットを定期的に使用すると、下顎第二小臼歯の前角に摩耗ファセットまたは斜角が生じる可能性があります馬の口の角は通常、小臼歯の前方にある歯のない歯間空間である口の「バー」にビットを保持します。ビットは人間が操作するか、馬が歯に触れるために舌で動かす必要があります。馬が歯の間のビットをつかんで解放した場合、小臼歯の前角をビットが磨耗することによって摩耗が引き起こされる可能性があります他の摩耗は、人間のハンドラーからの非常に強い圧力のために 、小臼歯の垂直前縁にビットが当たることによって生じる可能性があります[36] [37] 。

現代の実験では、ロープや革の有機的な小片でさえ、かなりの摩耗ファセットを作成できることが示され、3mm(.118インチ)以上の深さのファセットが野生馬の小臼歯に現れないことも示されました[38]しかしながら、他の研究者は両方の結論に異議を唱えた。[34]

紀元前3500年から3000年頃のボタイ文化の2つの場所、ボタイとコザイ1の7頭の馬の小臼歯で、3mm以上の摩耗面が見つかりました。[33] [39]ボタイ文化の小臼歯は、考古学的な場所でこの歯科病理学の最も早く報告された複数の例であり、骨格の変化の指標に1、000年先行していました。ウクライナデレイフカからの単一のスタリオンの下顎第二小臼歯で深さ3mmを超える摩耗面が発見されたが、紀元前4000年頃の銅器時代の集落であった[39]。摩耗した歯の1つからの歯科材料は、後に紀元前700〜200年の放射性炭素年代測定を行いました。これは、このスタリオンが鉄器時代に古い銅器時代の遺跡に掘られた穴に実際に堆積したことを示しています。[33]

糞と囲い

カザフスタン北部の銅器時代(銅器時代、または「銅器時代」とも呼ばれる)の銅器時代の集落でカーネギー自然史博物館のサンドラオルセンと協力している土壌科学者は、両方の集落の未使用の家の穴に捨てられた馬のの層を発見しました。[40]馬の糞の収集と処分は、馬が囲いまたは厩舎に閉じ込められていたことを示唆している。紀元前3500年から3000年の実際の囲いは、Krasnyi Yarで、円形のの柱穴のパターンによって識別されました。柵の内側の土壌は、10倍のリンを生成していました。外の土より。リンは肥料の残骸を表す可能性があります。[41]

地理的拡張

以前は存在していなかった地域の人間の居住地に馬が残っていることは、家畜化のもう1つの指標です。フランスのラスコーの洞窟などでは、古石時代の上部に馬の画像が表示されますが、野生の馬は家畜化前にユーラシアの草原以外の地域に住んでおり、初期の人間によって狩られていた可能性があることを示唆しています。動物が意図的に捕獲され収容されていることを示唆している。これは、必ずしも使役動物として使用されているとは限らないが、少なくとも食用の家畜化の指標である。

紀元前3500年から3000年頃に、馬の骨はユーラシアステップの分布の中心を越えて考古学的な場所でより頻繁に現れ始め、中央ヨーロッパ、中部および下部ドナウ渓谷、北コーカサスおよびトランスコーカサスで見られました。これらの地域での馬の証拠は以前はまれであり、数が増えるにつれて、より大きな動物も馬の残骸に現れ始めました。この範囲の拡大は、馬が囲い込まれ、乗ったという兆候があるボタイ文化と同時代のものでした。これは必ずしも馬が最初に草原で飼いならされたことを意味するわけではありませんが、草原の馬ハンターは確かに他のどの地域よりも野生の馬を追いかけました。この地理的拡大は、多くの動物学者によって飼いならされた馬の普及の初期段階として解釈されています。[31] [42] [43]

ヨーロッパの野生馬は、スペインフランス、ドイツ北部の湿地帯に点在する中石器時代と新石器時代の少数の集落動物の骨の最大10%を狩られましたがギリシャバルカン英国の島々、および中央ヨーロッパの多くでは、馬の骨は中石器時代、新石器時代、または中石器時代の遺跡では発生しないか、非常にまれにしか発生しません。対照的に、野生の馬の骨は、ウラル山脈の西にあるユーラシアステップの中石器時代と新石器時代のキャンプで特定された動物の骨の40%を定期的に超えていました。[42] [44] [45]

馬の骨は、トルコ西部メソポタミアイランの大部分、南アジアと中央アジア、およびヨーロッパの大部分の新石器時代銅器時代の台所ごみではまれであるか、存在していませんでした。[42] [43] [46]トルコ中部の新石器時代の遺跡で馬の骨が確認されているが、すべての馬の合計は動物の骨の3%未満である。この3%以内で、馬は10%未満であり、90%以上のウマがアジアノロバEquus hemionus)または後に絶滅した別のロバのようなウマであるEquushydruntinusによって表されました。[47]アジアノロバは、近東で最も一般的な在来の野生のウマでした。彼らはシリアアナトリアメソポタミアイラン、中央アジアで狩猟されました。飼いならされたロバ(Equus asinus)は、おそらくエジプトからメソポタミアに輸入されましたが、野生の馬はそこに住んでいなかったようです。[48]

地理的拡大の他の証拠

北コーカサスではマイコープ文化の集落とcの埋葬。紀元前3300年には、馬の骨と馬の画像の両方が含まれています。マイコープの墓の1つで、黒と赤の色で塗られた19頭の馬のフリーズが見つかりました。マイコープの遺跡に馬の骨や画像が広く見られることは、マイコープ時代に乗馬が始まったことを一部の観察者に示唆しています。[49]

その後、ドックで茂った短い耳、流れるたてがみ、尾によって識別される馬の画像が、紀元前2300年から2100年のアッカド時代にメソポタミアの芸術メディアに登場し始めました。「馬」という言葉は、文字通り山のお尻として翻訳され、紀元前2100年から2000年頃のウル第三王朝の間にスメリアの文書に最初に登場しました。[48] [50]ウル第三王朝の王たちは、王室の娯楽のために馬をライオンに与えたようであり、おそらく馬はまだ有用というよりもエキゾチックであると見なされていたが、シュルギ王は、紀元前2050年頃、自分自身を「尻尾を振る高速道路の馬」と比較しました。彼の治世の1つの画像は、男が全速力で馬に乗っていることを示していました。[51]戦車戦の開始に関連して、紀元前2000年以降、馬はメソポタミアと近東の低地に大量に輸入された

中国近東と中国北西部の低地へのさらなる拡大も紀元前2000年頃に起こり、これも戦車と関連しているようです。不確かな種のEquus骨は、紀元前2000年以前の中国の新石器時代後期のいくつかの場所で発見されていますが、 EquuscaballusまたはEquusferusの骨は、最初に複数の場所に出現し、紀元前2000年から1600年のQijiaおよびSiba文化の場所にかなりの数で出現しました。甘粛省と中国北西部。[52]斉家文化と後期の類似点からわかるように、斉家文化はユーラシアステップの文化と接触していた。青銅器時代の草原の冶金学、それで家畜化された馬が最初に中国北西部で頻繁になったのはおそらくこれらの接触を通してでした。[要出典]

2008年、考古学者はソマリアのダンバリン北部地域でロックアートの発見を発表しました。これは、馬に乗ったハンターの最も初期の既知の描写の1つであると研究者は示唆しています。ロックアートはエチオピア-アラビア風で、紀元前1000年から3000年にさかのぼります。[53] [54]

権力の象徴としての馬のイメージ

馬の骨の存在によって証明される地理的拡大の500年以上前の紀元前4200年から4000年頃、スヴォロヴォの墓にちなんで名付けられた新しい種類の墓が、イズマイール近くのウクライナの沿岸草原のドナウデルタのに現れました。スヴォロヴォの墓は、ドニエプル川周辺の草原での初期の葬儀の伝統に類似しており、おそらくそれに由来しています。一部のスヴォロヴォの墓には、馬の頭や馬の歯のビーズのような形をした磨かれた石のメイスヘッドが含まれていました。[55]初期の草原の墓には、磨かれた石のメイスの頭も含まれており、それらのいくつかは動物の頭の形に彫られていた。[56]スヴォロヴォと同時代の草原の集落ドニエプル川のスレドニストグ2世とデレイフカ遺跡には12〜52%の馬の骨が含まれていました。[57]

ドナウデルタの草原にスヴォロヴォの墓が出現したとき、スヴォロヴォの墓の近くにある現在のルーマニアモルドバのトリピーリャグメルニツァ文化のいくつかの先住民の農村にも馬の頭のメイスが出現しました[58]これらの農業文化は、以前は磨かれた石のメイスを使用していませんでした。馬の骨は、定住地ではまれであるか、存在していませんでした。おそらく彼らの馬の頭のメイスはスヴォロヴォ移民から来ました。スヴォロヴォの人々は、トリピーリャとグメルニツァの町から多くの銅の装飾品を手に入れました。この接触と交易のエピソードの後、西暦前4200年から4000年の間に、バルカン半島とドナウ川下流域の約600の農業都市が放棄され、その一部は2000年にわたって占領されていました。バルカン半島の銅鉱山では銅の採掘が中止され[ 60]、農業の町に関連する文化的伝統はバルカン半島とドナウ川下流域で終了した。この「旧ヨーロッパ」の崩壊は、マウントされたインド・ヨーロッパ語族の戦士の移民[61]崩壊は激化した戦争によって引き起こされた可能性があり、その証拠がいくつかある。マウントされた襲撃によって戦争が悪化した可能性があります。馬の頭のメイスは、家畜化された馬の導入と崩壊直前の乗馬を示していると解釈されています。

ただし、マウントされた襲撃は、この複雑なイベントの1つの考えられる説明にすぎません。環境の悪化、何千年にもわたる農業による生態系の悪化、採掘が容易な酸化銅鉱石の枯渇も原因として挙げられています。[5] [59]

アーティファクト

デレイフカやスヴォロヴォと同時代の他の場所で発見された穴のあいた枝角の物体は、馬の小片の頬の部分またはプサリアとして識別されています[56]問題の物体が馬の骨に関連して発見されておらず、他のさまざまな機能を持っていた可能性があるため、この識別はもはや広く受け入れられていません。[62]しかし、微視的摩耗の研究を通じて、ボタイの骨ツールの多くは生皮のひもを滑らかにするために使用され、生皮のひもは馬具に役立つ生皮のコードやロープの製造に使用された可能性があることが確認されています。[32]同様の骨ひもスムーザーは他の多くの草原集落から知られていますが、ひもがどのように使用されたかはわかりません。馬具として明確に識別された最も古いアーティファクト(ビット、ブライドル、チークピース、またはその他の種類の馬のギア)は、シンタシュタ-ペトロフカ遺跡での戦車の発明に関連するアントラーディスク型のチークピースです。

人間の墓に埋葬された馬

馬と人間の関係の変化を示す最も古い考古学的指標は、ロシアの初期クヴァリンスク文化サマラ文化の銅器時代の墓に馬の骨が紀元前4800〜 4400年頃に出現し、馬の像が刻まれたことです。クヴァリンスクの町の近くのフヴァリンスク墓地ではこの時代の158の墓が発掘されました。これらのうち、26の墓には犠牲になった家畜の一部が含まれており、墓の上の元の地面の儀式用の堆積物で追加の犠牲が発生しました。10の墓には、下の馬の脚の一部が含まれていました。これらのうちの2つには、飼いならされた牛と羊の骨も含まれていました。少なくとも52頭の飼いならされた羊または山羊、23頭の家畜、11頭の馬がクヴァリンスクで犠牲にされた。牛と羊を含む馬を含めることと、明らかに野生動物を除外することは、馬が家畜と象徴的に分類されたことを示唆しています。[要出典]

サマラ文化の現代的な墓地であるS'yezzheでは、2頭の馬の一部が人間の墓のグループの上に置かれました。ここの馬のペアは、おそらく元々は皮に取り付けられていた頭とひづめで表されていました。クヴァリンスクでは、頭と下腿の骨が付いた皮を動物全体のシンボルとして使用する同じ儀式が、多くの家畜や羊の犠牲に使用されました。骨から彫られた馬の画像は、S'yezzheの地上の黄土色の堆積物に配置され、同じ時期に中部および下部のVolga地域の他のいくつかの場所で発生しました。これらの考古学的な手がかりは、馬が以前は欠けていたクヴァリンスク文化とサマラ文化において象徴的な重要性を持っていたこと、そして馬が人間、家畜化された牛、家畜化された羊と関連していたことを示唆しています。したがって、[要出典]

家畜化の方法

ウマ科は最終氷期の終わりに西半球で死にました提起された問題は、馬がユーラシア大陸でこの運命を回避した理由と方法です。家畜化が種を救ったと理論づけられています。[63]ヨーロッパの馬の生存のための環境条件は、アメリカ大陸よりもユーラシアの方が幾分良好であったが、マンモスの絶滅につながった同じストレッサーが馬の個体数に影響を及ぼした。したがって、南北アメリカでの絶滅のおよその日である西暦前8000年以降、ユーラシアの人間は馬を家畜の食料源として飼育し始め、飼育下に置くことで種の保護に役立った可能性があります。[63]は家畜の家畜化の6つの主要な基準にも適合しているため、人間の近くに住むことを「選択」したと主張することができます。[29]

馬の家畜化の1つのモデルは、成馬が肉のために屠殺されている間、個々の子馬をペットとして飼育することから始まります子馬は比較的小さく、扱いやすいです。は群れの動物のように振る舞い、繁栄するには交際が必要です。歴史的データと現代的データの両方が、子馬が人間や他の家畜と結合して社会的ニーズを満たすことができ、また結合することを示しています。したがって、家畜化は、若い馬が時間の経過とともに繰り返しペットにされることから始まった可能性があり、これらのペットが乗るか、そうでなければ仕事に就くことができるという大きな発見に先立って。

ただし、家畜化という用語の定義については意見の相違があります家畜化の解釈の1つは、単に「飼いならされた」だけでなく、飼育下で品種改良されることに関連する生理学的変化を含まなければならないというものです。世界中の伝統的な人々(狩猟採集民と園芸家の両方)は、通常、両親が殺された乳児を手で育てることによって、野生種の個体を日常的に飼いならしており、これらの動物は必ずしも「家畜化」されているわけではありません。[要出典]

一方、一部の研究者は、家畜化がどのように起こったかを仮定するために、歴史的な時代からの例に目を向けます。たとえば、ネイティブアメリカンの文化では、16世紀以降、馬を捕獲して乗車しましたが、ほとんどの部族は繁殖を大幅に制御していなかったため、馬は、飼育されている用途や気候条件に適合した遺伝子型表現型を発達させました。それらは、現代の基準で定義されている計画された品種よりも在来種ですが、それでも「家畜化」されています。[要出典]

運転と乗馬

難しい問題は、飼いならされた馬が最初に乗ったのか、運転されたのかということです。最も明白な証拠は、馬が最初に戦車を引くために使用されたことを示していますが、間接的ではありますが、特にボタイによって最初に乗馬が行われたという強力な証拠があります。ビットの摩耗は乗馬と相関している可能性がありますが、現代のハカモーが示すように、ロープやその他のエバネセント素材を使用して鼻の周りに固定する機器を作ることで、馬はビットなしで乗ることができます。したがって、レコードに早期に乗ったという明白な証拠がないことは、問題を解決しません。

したがって、一方で、論理は、馬が運転されるずっと前に馬に乗っていたであろうことを示唆している。しかし、乗るのに必要な材料(単純なハカモーや毛布)はアーティファクトとして生き残れず、少しの歯の摩耗を除いて、乗った動物の骨格の変化はそうなるため、これの証拠を収集することもはるかに困難です。必ずしも特に目立つわけではありません。馬が運転されているという直接的な証拠ははるかに強力です。[64]

一方、ビット摩耗の証拠は必ずしもライディングと相関しているとは限らないと主張する人もいます。一部の理論家は、馬を地面から制御するには、口に少し入れて、リードロープに接続し、原始的なワゴンやプラウを引っ張って動物を導くことができたと推測しています。メソポタミアでは通常、牛がこの任務に追いやられていたため、馬を使って初期の耕作が試みられた可能性があり、戦争技術としてではなく、農業開発の一環として実際に少し重要だった可能性があります。

歴史的な戦争の馬

Pazyrykの埋葬地からの騎乗した戦士の描写c。西暦前300年

乗馬は紀元前4世紀と3世紀に行われた可能性があり、「旧ヨーロッパ」の集落の消失は馬に乗った戦士による攻撃に関連している可能性がありますが、馬が古代の戦争に最も明確に影響を与えたのは、2000年頃に導入された戦車を引くことでした。 BCE。

青銅器時代の馬は現代の基準では比較的小さかったため、一部の理論家は、古代の馬は小さすぎて乗ることができず、運転に使用されたに違いないと信じていました。ヘロドトスが馬を飼育するには小さすぎて馬車を引くのに非常に効率的だった草原の人々であるシギンナエについての説明は、この段階を示しています。しかし、中世まで馬は一般的に現代の馬よりも小さいままであったため[65]、この理論は非常に疑わしいものです。

メソポタミアの鉄器時代は、パルティア人などのさまざまな侵入騎馬遊牧民によって使用された弓騎兵戦術の顕著な成功によって証明されるように、弓騎兵の台頭を戦争の道具として見ました時間が経つにつれて、戦車は徐々に時代遅れになりました。

鉄器時代の馬はまだ比較的小さく、おそらく12.2から14.2 ハンド(50から58インチ、127から147 cm)の高さ(馨甲で測定)。これは、現代の乗馬馬の平均的な高さよりも全体的に短かった。約14.2から17.2 の手(58から70インチ、147から178cm)。しかし、小さな馬は何世紀にもわたって軽騎兵として首尾よく使用されていました。たとえば、ローマの騎兵隊の馬の子孫であると考えられているフェルポニーは、平均高さ13.2ハンド(54インチ、137 cm)で、完全に成長した大人を快適に運ぶことができます(ただし、地上高はかなり限られています )。同様に、アラビアの馬背が低く、骨が密集していることで有名です。ヨーロッパの重騎士に対するイスラム教徒の成功は、 14.2の (58インチ、147 cm)に立っている馬が成長した人間の大人を簡単に戦場に運ぶことができることを示しました。

古代ローマ時代のスキタイ人フン族ヴァンダル人、7世紀から14世紀にかけて東ヨーロッパに侵入したモンゴル人、7世紀から14世紀にかけてのアラブ人の戦士、16世紀から19世紀にかけてのアメリカ人などの騎兵何世紀にもわたって、それぞれが軽騎兵の効果的な形態を示しました。

も参照してください

参考文献

  1. ^ Matossian、Mary Kilbourne(2016)。世界史の形成。ラウトレッジ。p。43. ISBN 978-1-315-50348-6
  2. ^ 「私たちが理論化するもの–家畜化がいつどこで起こったか」国際馬の博物館2016年7月19日にオリジナルからアーカイブされました2015年1月27日取得
  3. ^ a b c d "Horsey-aeology、Binary Black Holes、Tracking Red Tides、Fish Re-evolution、Walk Like a Man、Fact orFiction"ボブ・マクドナルドとの癖と癖のポッドキャストCBCラジオ2009年3月7日。
  4. ^ Outram、Alan K。; etal。(2009)。「最も初期の馬の利用と搾乳」。科学323(5919):1332–1335。Bibcode2009Sci ... 323.1332O土井10.1126 /science.11​​68594PMID19265018_ S2CID5126719_  
  5. ^ a b c アンソニー、デビッドW.(2007)。馬、車輪、言語:ユーラシアステップの青銅器時代のライダーが現代世界をどのように形作ったかニュージャージー州プリンストン:プリンストン大学出版局。ISBN 978-0-691-05887-0
  6. ^ a b c ベネッケ、ノーバート; Von den Dreisch、Angela(2003)。「銅器時代と青銅器時代のカザフステップでの馬の搾取」。レバインでは、マーシャ。レンフルー、コリン; ボイル、ケイティ(編)。先史時代の草原の適応と馬ケンブリッジ:マクドナルド研究所。pp。69–82。ISBN 978-1-902937-09-0
  7. ^ ニーダム、ジョセフ(1986)。中国の科学と文明; 第4巻、物理学と物理技術、パート2、機械工学台北:洞窟の本。
  8. ^ Clutton-Brock、Juliet(1992)。馬力:人間社会における馬とロバの歴史マサチューセッツ州ケンブリッジ:ハーバード大学出版局。p。138. ISBN 978-0-674-40646-9
  9. ^ a b c d Weinstock、J。; etal。(2005)。「新世界における更新世の馬の進化、分類学、および系統地理学:分子的展望」PLOS生物学3(8):e241。土井10.1371 /journal.pbio.0030241PMC1159165_ PMID15974804_  
  10. ^ ルイス、クリスティーナ; etal。(2006)。「新世界の馬の品種のイベリアの起源」Journal ofHeredity97(2):107–113。土井10.1093 / jhered / esj020PMID16489143_ 
  11. ^ バック、ケイトリンE。; バード、エドゥアール(2007)。「ベイズ放射性炭素年代測定に基づく北米における更新世のマンモスと馬の絶滅の暦年表」四次科学レビュー26(17–18):2031–2035。Bibcode2007QSRv ... 26.2031B土井10.1016 /j.quascirev.2007.06.013
  12. ^ a b c d e f Jansen、Thomas; etal。(2002)。「ミトコンドリアDNAと国産馬の起源」国立科学アカデミーの議事録99(16):10905–10910。Bibcode2002PNAS ... 9910905J土井10.1073 /pnas.152330099PMC125071_ PMID12130666_  
  13. ^ a b c d Bennett、Deb(1998)。征服者:新世界の馬術のルーツ(第1版)。カリフォルニア州ソルバング:AmigoPublications。ISBN 978-0-9658533-0-9
  14. ^ オルセン、サンドラL.(1996)。「氷河期の馬ハンター」時間を通して馬コロラド州ボルダー:Roberts Rinehart Publishers ISBN 978-1-57098-060-2
  15. ^ MacPhee、Ross DE(ed。)(1999)。MacPhee、Ross D. E(ed。)近い時間での絶滅:原因、状況、および結果ニューヨーク:KluwerPress。土井10.1007 / 978-1-4757-5202-1ISBN 978-0-306-46092-0S2CID21839980 _ {{cite book}}|author=一般名があります(ヘルプ
  16. ^ a b Groves、Colin(1986)。「最近のウマの分類法、分布、および適応」。Meadowでは、Richard H。; Uerpmann、Hans-Peter(編)。古代世界のウマBeiheftezumTübingerAtlasdesVorderenOrients:Reihe A(Naturwissenschaften)。19.ヴィースバーデン:Ludwig ReichertVerlag。pp。11–65。
  17. ^ Wutke S、Benecke N、Sandoval-Castellanos E、DöhleH、他 (2016年12月7日)。「馬の斑点のある表現型は中世に魅力を失った」ScientificReports6:38548。Bibcode 2016NatSR ... 638548W土井10.1038 / srep38548PMC5141471_ PMID27924839_  
  18. ^ シューベルト、ミッケル; ジョンソン、ハーコン; チャン、ダン; Der Sarkissian、クリオ; エルミニ、ルカ; Ginolhac、Aurélien; アルブレヒトセン、アンダース; Dupanloup、Isabelle; フーコー、エイドリアン; ピーターセン、ベント; フマガッリ、マッテオ; ラガヴァン、マアナサ; セギン-オーランド、アンデーヌ; Korneliussen、Thorfinn S。; Velazquez、Amhed MV; Stenderup、Jesper; フーバー、シンディA。; ルービン、カール-ヨハン; Alfarhan、Ahmed H。; Alquraishi、Saleh A。; Al-Rasheid、Khaled AS; MacHugh、David E。; Kalbfleisch、テッド; マクラウド、ジェームズN。; ルービン、エドワードM。; Sicheritz-ポンテン、トーマス; アンダーソン、レイフ; Hofreiter、Michael; マーケス-ボネット、トーマス; ギルバート、M。トーマスP。; ニールセン、ラスムス; Excoffier、Laurent; Willerslev、Eske; シャピロ、ベス; オーランド、ルドビッチ(2014)。「先史時代のゲノムは、馬の家畜化の遺伝的基盤とコストを明らかにしています」国立科学アカデミーの議事録111(52):E5661–E5669。Bibcode2014PNAS..111E5661S土井10.1073 /pnas.1416991111PMC4284583 _ PMID25512547 _
  19. ^ ベグリー、シャロン(2014年12月16日)。「私たちはどのようにして馬を飼いならしたのですか?遺伝学的研究は新しい証拠を生み出します」クリスチャンサイエンスモニター
  20. ^ a b c ラウ、AN; Peng、L。; 後藤秀樹; Chemnick、L。; ライダー、OA; マコバ、KD(2009)。「性染色体および常染色体配列から推測されるPrzewalskiの馬の馬の家畜化および保全遺伝学」モレキュラーバイオロジーアンドエボリューション26(1):199–208。土井10.1093 / molbev / msn239PMID18931383_ 
  21. ^ a b c リンドグレン、ガブリエラ; NiclasBackström; ジューン・スウィンバーン; リンダ・ヘルボーグ; Annika Einarsson; カイサンドバーグ; ガスコスラン; カルレスビラ; マシュービンズ; ハンス・エレグレン(2004)。「馬の家畜化における限られた数のパトリリン」ネイチャージェネティクス36(4):335–336。土井10.1038 / ng1326PMID15034578_ 
  22. ^ abcVilà C 。; etal。(2001)。「国内の馬の系統の広範な起源」。科学291(5503):474–477。Bibcode2001Sci ... 291..474V土井10.1126 /science.291.5503.474PMID11161199_ 
  23. ^ Warmuth、Vera; エリクソン、アンダース; アンバウアー、ミム; バーカー、グレアム; バレット、エリザベス; ケントハンクス、ブライアン; Li、Shuicheng; Lomitashvili、David; Ochir-Goryaeva、Maria; シゾノフ、グリゴリーV。; Soyonov、Vasiliy; マニカ、アンドレア(2012)。「ユーラシアステップにおける馬の家畜化の起源と広がりの再構築」国立科学アカデミーの議事録109(21):8202–8206。土井10.1073 /pnas.1111122109PMC3361400_ PMID22566639_  
  24. ^ abLesté -Lasserre、Christa 研究者:西部草原で最初に家畜化された馬、2012年6月13日、記事番号20162
  25. ^ Cozzi、MC、Strillacci、MG、Valiati、P.、Bighignoli、B.、Cancedda、M。&Zanotti、M。(2004)「イタリアの馬の品種間のミトコンドリアDループ配列変異」遺伝学選択の進化36(6):663–672。土井10.1051 / gse:2004023PMC2697199_ PMID15496286_  {{cite journal}}:CS1 maint:複数の名前:著者リスト(リンク
  26. ^ a b c d リラ、ハイメ; etal。(2010)。「古代DNAは、現代のイベリアン馬のイベリア新石器時代と青銅器時代の血統の痕跡を明らかにしています」(PDF)分子生態学19(1):64–78。土井10.1111 /j.1365-294X.2009.04430.xPMID19943892_ S2CID1376591_   
  27. ^ a b Priskin、K。; Szabo、K。; トモリー、G。; Bogacsi-Szabo、E。; Csanyi、B。; Eordogh、R。; ダウンズ、CS; Rasko、I。(2010)。「カルパチア盆地からの古代の馬と可能な現代の親類におけるミトコンドリア配列変異」。Genetica138(2):211–218。土井10.1007 / s10709-009-9411-xPMID19789983_ S2CID578727_  
  28. ^ a b Cai、DW; 唐、ZW; ハン、L。; スペラー、CF; ヤン、DYY; Ma、XL; Cao、JE; 朱、H。; 周、H。(2009)。「古代DNAは中国の家畜馬の起源への新しい洞察を提供します」(PDF)考古学ジャーナル36(3):835–842。土井10.1016 /j.jas.2008.11.006
  29. ^ a b ダイアモンド、ジャレド(1997)。銃、生殖および鋼:人間社会の運命ニューヨーク:WWノートン。ISBN 978-0-393-03891-0
  30. ^ クズネツォフ、PF(2006)。「東ヨーロッパにおける青銅器時代の戦車の出現」古代80(309):638–645。土井10.1017 / s0003598x00094096S2CID162580424_ 2012年7月7日にオリジナルからアーカイブされました。 
  31. ^ abBökönyi Sándor(1978)。「東ヨーロッパで最も早い国産馬の波」。印欧語学ジャーナル6(1/2):17–76。
  32. ^ a b Olsen、Sandra L.(2003)。「カザフスタンのボタイでの馬の搾取」。レバインでは、マーシャ。レンフルー、コリン; ボイル、ケイティ(編)。先史時代の草原の適応と馬ケンブリッジ:マクドナルド研究所。pp。83–104。ISBN 978-1-902937-09-0
  33. ^ a b c d アンソニー、デビッドW。; ブラウン、ドーカス(2000)。「ユーラシアステップにおける銅器時代の馬の搾取:食事、儀式、乗馬」。古代74(283):75–86。土井10.1017 / S0003598X00066163S2CID163782751_ 
  34. ^ a b Levine、Marsha A.(1999)。「ユーラシアステップにおける畜産の起源」。レバインでは、マーシャ。ラサマキン、ユリ; Kislenko、Aleksandr; タタリンツェワ、ナタリヤ(編)。ユーラシアステップの先史時代後期の搾取ケンブリッジ:マクドナルド研究所のモノグラフ。pp。5–58。ISBN 978-1-902937-03-8
  35. ^ 新しい研究は、インド・ヨーロッパ語族がアジア全体にどのように広がっているかを示していますサイエンスデイリー。
  36. ^ ブラウン、ドーカス; アンソニー、デビッドW.(1998)。「カザフスタンのビットウェア、乗馬、ボタイ文化」。考古学ジャーナル25(4):331–347。土井10.1006 /jasc.1997.0242
  37. ^ ベンドリー、ロビン(2007)。「馬を噛んだ証拠を特定するための新しい方法は、遺跡から残っています」。考古学ジャーナル34(7):1036〜1050。土井10.1016 /j.jas.2006.09.010
  38. ^ アンソニー、デビッドW。; ブラウン、ドーカスR。; ジョージ、クリスチャン(2006)。「初期の乗馬と戦争:首の周りのカササギの重要性」。オルセンでは、サンドラL。; グラント、スーザン; チョイケ、アリス; Bartosiewicz、Laszlo(編)。馬と人間:馬と人間の関係の進化英国考古学レポートインターナショナルシリーズ。1560年。オックスフォード:Archaeopress。pp。137–156。ISBN 978-1-84171-990-0
  39. ^ a b アンソニー、デビッドW。; テレギン、ディミトリ; ブラウン、ドーカス(1991)。「乗馬の起源」。サイエンティフィックアメリカン265(6):94–100。Bibcode1991SciAm.265f..94A土井10.1038 / scientificamerican1291-94
  40. ^ フランス語、チャーリー; Kousoulakou、マリア(2003)。「カザフスタンのボタイにおける古土壌、谷の堆積物、および沈んだ床の住居の地形学的および微細形態学的調査」。レバインでは、マーシャ。レンフルー、コリン; ボイル、ケイティ(編)。先史時代の草原の適応と馬ケンブリッジ:マクドナルド研究所。pp。105–114。ISBN 978-1-902937-09-0
  41. ^ オルセン、サンドラL.(2006年10月23日)。カザフスタンのKrasnyiYarのCopperAgeBotai集落での馬の家畜化の可能性の地球化学的証拠アメリカ地質学会年次総会。
  42. ^ a b c Benecke、Norbert(1994)。ArchäozoologischeStudienzurEntwicklungder HaustierhaltunginMitteleuropaundSüdskandinavienvonAnfängenbiszumausgehendenMittelalterSchriften zur Ur–undFrühgeschichte。46.ベルリン:AkademieVerlag。ISBN 978-3-05-002415-8
  43. ^ abBökönyi Sándor(1991)。「アナトリアの後期銅器時代の馬」。Meadowでは、Richard H。; Uerpmann、Hans-Peter(編)。古代世界のウマBeiheftezumTübingerAtlasdesVorderenOrients:Reihe A(Naturwissenschaften)。19.ヴィースバーデン:Ludwig ReichertVerlag。pp。123–131。
  44. ^ Benecke、Norbert(1997)。「北ポントス地域の中石器時代から新石器時代への移行に関する考古学的研究」(PDF)Anthropozoologica25–26:631–641。
  45. ^ Uerpmann、Hans-Peter(1990)。「DieDomestikationdes Pferdes im Chalcolithikum West– undMitteleuropas」。マドリダーミッテイルンゲン31:109–153。
  46. ^ Meadow、Richard H。; パテル、アジタ(1997)。「SándorBökönyiによる「Surkotadaからの馬の残骸」へのコメント」。南アジア研究13:308–315。土井10.1080 /02666030.1997.9628545
  47. ^ ラッセル、ネリッサ; マーティン、ルイーズ(2005)。「チャタル・ヒュク哺乳類遺跡」。ホッダーでは、イアン(編)。チャタルヒュクに生息する:1995年から1999年の季節からの報告4.ケンブリッジ:マクドナルド考古学研究所。pp。33–98。
  48. ^ a b Oates、Joan(2003)。「西アジアにおける馬と馬の乗馬の初期の証拠に関するメモ」。レバインでは、マーシャ。レンフルー、コリン; ボイル、ケイティ(編)。先史時代の草原の適応と馬ケンブリッジ:マクドナルド研究所。pp。115–125。ISBN 978-1-902937-09-0
  49. ^ デビッド・W・アンソニー、馬、車輪、言語:ユーラシアの草原のブロンズ時代のライダーが現代世界をどのように形作ったか。プリンストン大学出版局、2010 ISBN 1400831105 p291 
  50. ^ ドリューズ、ロバート(2004)。Early Riders:アジアとヨーロッパでのマウントされた戦争の始まりロンドン:ラウトレッジ。ISBN 978-0-415-32624-7
  51. ^ オーウェン、デビッドI.(1991)。「最初の馬術:ウル第三王朝の謎めいたシーン」。ActaSumerologica13:259–273。
  52. ^ Linduff、Katheryn M.(2003)。「野生の側の散歩:中国での馬のシャン後期の流用」。レバインでは、マーシャ。レンフルー、コリン; ボイル、ケイティ(編)。先史時代の草原の適応と馬ケンブリッジ:マクドナルド研究所。pp。139–162。ISBN 978-1-902937-09-0
  53. ^ Mire、Sada(2008)。「ダンバリンロックアートサイトの発見、ソマリランド」アフリカ考古学レビュー25(3–4):153–168。土井10.1007 / s10437-008-9032-2S2CID162960112_ 2013年6月27日にオリジナルからアーカイブされました。 
  54. ^ Alberge、Dalya(2010年9月17日)。「英国の考古学者は、アフリカの100の新しい場所で洞窟壁画を見つけました」ガーディアン
  55. ^ Dergachev、Valentin(1999)。「バルカン半島と東ヨーロッパの間の文化史的対話、新石器時代-青銅器時代」。Thraco-Dacica(ブカレスト)20(1–2):33–78。
  56. ^ a b Kuzmina、EE(2003)。「ユーラシアステップにおける牧畜の起源」。レバインでは、マーシャ。レンフルー、コリン; ボイル、ケイティ(編)。先史時代の草原の適応と馬ケンブリッジ:マクドナルド研究所。pp。203–232。ISBN 978-1-902937-09-0
  57. ^ Telegin、Dmitriy Yakolevich(1986)。デレイフカ:中期ドニエプル川の銅器時代の馬の飼育係の集落と墓地英国考古学レポートインターナショナルシリーズ。287.オックスフォード:BAR。ISBN 978-0-86054-369-5
  58. ^ Dergachev、Valentin A.(2002)。「移住の概念を擁護する2つの研究」。ボイルでは、ケイティ。レンフルー、コリン; レバイン、マーシャ(編)。古代の相互作用:ユーラシア大陸の東と西ケンブリッジ:マクドナルド研究所のモノグラフ。pp。93–112。ISBN 978-1-902937-19-9
  59. ^ a b Todorova、Henrietta(1995)。「ブルガリアの先史時代の新石器時代、銅器時代、そして過渡期」。ベイリーでは、ダグラスW。; パナヨトフ、イワン(編)。先史時代のブルガリア世界考古学のモノグラフ。22.ウィスコンシン州マディソン:先史時代の報道機関。pp。79–98。ISBN 978-1-881094-11-1
  60. ^ Pernicka、Ernst(1997)。「ブルガリアの先史時代の銅」。ユーラシアアンティクア3:41–179。
  61. ^ ギンブタス、マリヤ(1991)。女神の文明サンフランシスコ:ハーパー。ISBN 978-0-06-250368-8
  62. ^ ディーツ、ウテルイーズ(1992)。「ヨーロッパのZurFragevorbronzezeitlicherTrensenbelege」。ゲルマニア70(1):17–36。
  63. ^ a b Budiansky、Stephen(1997)。馬の性質ニューヨーク:フリープレス。ISBN 978-0-684-82768-1
  64. ^ 「乗馬の初期の試み:ソフトビットとブライドル」2007年10月30日にオリジナルからアーカイブされました2007年10月26日取得
  65. ^ グラヴェット、クリストファー(2002)。イギリスの中世の騎士1300–1400オックスフォード:オスプレイ出版。ISBN 978-1-84176-145-9

さらに読む

外部リンク