デジタルオブジェクト識別子

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

デジタルオブジェクト識別子
DOIロゴ.svg
頭字語DOI
組織国際DOI財団
紹介された2000年 (2000)
10.1000 / 182
Webサイトwww .doi .org ウィキデータでこれを編集する

デジタルオブジェクト識別子DOIは)で永続的識別子またはハンドルによって標準化一意のオブジェクトを識別するために使用される、国際標準化機構(ISO)。[1]の実装ハンドルシステム[2] [3]のDOIは、雑誌の記事、調査レポート、データセット、および公式の出版物として、主に、学術的専門的、および政府の情報を識別するために広く使用されています。ただし、商用ビデオなど、他の種類の情報リソースを識別するためにも使用されています。

DOIは、通常、DOIが参照する情報オブジェクトへの何らかの形のアクセスに対して「解決可能」であることを目指しています。これは、オブジェクトがどこにあるかを示すURLなどのオブジェクトに関するメタデータにDOIをバインドすることによって実現されます。したがって、DOIは、実用的で相互運用可能であるため、指示対象を一意に識別することのみを目的とするISBNISRCなどの識別子とは異なります。 DOIシステムは、メタデータを表すためにindecsコンテンツモデル使用します。

ドキュメントのDOIはドキュメントの存続期間中固定されたままですが、その場所やその他のメタデータは変更される可能性があります。 DOIでオンラインドキュメントを参照すると、単にURLを使用するよりも安定したリンクが提供されるはずです。ただし、URLが変更されるたびに、発行者はDOIのメタデータを更新して新しいURLにリンクする必要があります。[4] [5] [6] DOIデータベースを更新するのは出版社の責任です。そうしないと、DOIはデッドリンクに解決され、DOIは役に立たなくなります。[要出典]

DOIシステムの開発者および管理者は、2000年に導入されたInternational DOI Foundation(IDF)です。[7] DOIシステムの契約上の義務を果たし、システムのメンバーになるために支払う意思のある組織は、 DOI。[8] DOIシステムは、IDFによって調整された登録機関の連合を通じて実装されます。[9] 2011年4月下旬までに5,000万を超えるDOI名が約4,000の組織によって割り当てられ[10]、2013年4月までにこの数は9,500の組織を通じて割り当てられた8,500万のDOI名に増加しました。

命名法と構文

DOIはハンドルシステムハンドルの一種であり、スラッシュで区切られたプレフィックスとサフィックスの2つの部分に分割され文字列の形式を取ります

prefix/suffix

プレフィックスは識別子の登録者を識別し、サフィックスは登録者によって選択され、そのDOIに関連付けられた特定のオブジェクトを識別します。これらの文字列では、ほとんどの有効なUnicode文字が許可されており、大文字と小文字は区別されませ。プレフィックスは通常、の形式を取ります10.NNNN。ここで、NNNNは少なくとも4桁の数字以上1000であり、その制限は登録者の総数にのみ依存します。[11] [12]プレフィックスは、のようにピリオドでさらに細分化できます10.NNNN.N[13]

たとえば、DOI名10.1000/182では、プレフィックスは10.1000で、サフィックスは182です。プレフィックスの「10」部分は、他のハンドルシステム名前空間とは対照的に、DOI名前空間の一部としてハンドルを区別します[A]1000。プレフィックス内の文字は登録者を識別します。この場合、登録者は国際DOI財団自体です。182は、単一のオブジェクト(この場合はDOIハンドブックの最新バージョン)を識別する接尾辞またはアイテムIDです。

DOI名は、電子的および物理的な形式、パフォーマンス、およびライセンスや取引の当事者などの抽象的な作品[14]の両方で、創造的な作品(テキスト、画像、オーディオまたはビデオアイテム、ソフトウェアなど)を識別できます

名前は、さまざまな詳細レベルでオブジェクトを参照できます。したがって、DOI名は、ジャーナル、ジャーナルの個々の号、ジャーナル内の個々の記事、またはその記事内の単一のテーブルを識別できます。詳細レベルの選択は割り当て者に任されていますが、DOIシステムでは、indecsコンテンツモデルに基づくデータディクショナリを使用して、DOI名に関連付けられたメタデータの一部として宣言する必要があります

表示

公式のDOIハンドブックには、DOIを画面に表示し、フォーマットで印刷する必要があることが明記されていますdoi:10.1000/182[15]

反してDOIハンドブックCrossRefの、主要なDOI登録機関、(例えば、URLを表示することをお勧めしますhttps://doi.org/10.1000/182代わりに、正式に指定されたフォーマットで(例えば、) doi:10.1000/182[16] [17]このURLは永続的である(その契約がありますDOI.ORGドメインでの永続性を保証する)、それはPURLであり、リンクされたアイテムの正しいオンラインの場所にWebアクセスをリダイレクトするHTTPプロキシサーバーの場所を提供します。[8] [18]

CrossRefの推奨事項は、主にDOIが適切なURLにハイパーリンクされずに表示されているという仮定に基づいています。ハイパーリンクがないと、完全なURLをコピーして貼り付けて実際にページを表示するのは簡単ではないという議論があります。したがって、DOIの場合は、URL全体を表示して、DOIを含むページを表示しているユーザーが、URLをコピーして、ブラウザの新しいウィンドウ/タブに手動で貼り付けて、次の適切なページに移動できるようにする必要があります。 DOIが表すドキュメント。[19]

DOIはHandleシステム内の名前空間であるため、URIとして表すことは意味的に正しいinfo:doi/10.1000/182です。

コンテンツ

現在、DOIシステムの主な内容は次のとおりです。

  • 約3,000の出版社のコンソーシアムであるCrossrefを通じた学術資料(ジャーナル記事、本、電子ブックなど)Airiti、中国と台湾の電子学術雑誌の大手プロバイダー。ジャパンリンクセンター(JaLC)は、日本語の電子学術雑誌のリンク管理とDOI割り当てを提供する組織です。
  • 主要な研究図書館、技術情報プロバイダー、科学データセンターのコンソーシアムであるDataciteを介した研究データセット
  • EU出版局を通じた欧州連合の公式出版物;
  • 中国国家知識インフラのプロジェクト清華大学中国の科学技術情報研究所(ISTIC)は、2つの取り組みは、中国政府が主催しました。
  • 一般にEIDRとして知られるエンターテインメントIDレジストリを介した、商用および非商用のオーディオ/ビジュアルコンテンツのタイトル、編集、およびマニフェストの永続的なグローバル識別子

経済協力開発機構の出版サービスOECD iLibrary、OECDのパブリケーション内の各表またはグラフはDOI名で示されている表やグラフの基礎となるデータのExcelファイルにつながります。このようなサービスのさらなる開発が計画されています。[20]

他のレジストリには、Crossref多言語のヨーロッパDOI登録機関が含まれます。[21] 2015年以降、RFCはとして参照できます[22]doi:10.17487/rfc

機能と利点

IDFは、永続的な識別の形式を提供するようにDOIシステムを設計しました。この場合、各DOI名は、関連付けられているオブジェクトを永続的かつ明確に識別します(ただし、ジャーナルの発行者が変更されると、すべてのDOIが変更される場合があります。古いDOIは機能しなくなりました)。またメタデータをオブジェクトに関連付けて、オブジェクトとその関係に関する関連情報をユーザーに提供できるようにします。このメタデータの一部として含まれているのは、DOI名をそれらが記述するオブジェクトを見つけることができるWebの場所に解決できるようにするネットワークアクションです。その目標を達成するために、DOIシステムはハンドルシステムindecsコンテンツモデルをソーシャルインフラストラクチャ組み合わせます。

ハンドルシステムは、オブジェクトのDOI名が、物理的な場所や所有権など、オブジェクトの変更可能な属性に基づいていないこと、オブジェクトの属性がDOI名ではなくメタデータにエンコードされていること、および2つのオブジェクトには同じDOI名が割り当てられます。 DOI名は短い文字列であるため、人間が読める形式であり、テキストとしてコピーして貼り付けることができ、URI仕様に適合します。 DOIの名前解決メカニズムは舞台裏で機能するため、ユーザーは他のWebサービスと同じようにDOIと通信します。オープンアーキテクチャ上に構築されており信頼メカニズムが組み込まれています、およびDOIシステムの変化する要求や新しいアプリケーションに適応できるように、信頼性が高く柔軟に動作するように設計されています。[23] DOI名前解決をOpenURLとともに使用して、リクエストを行っているユーザーの場所に応じて、特定のオブジェクトの複数の場所から最も適切な場所を選択できます。[24]しかし、この能力にもかかわらず、DOIシステムは、他の場所から追加料金なしで利用できたであろう文書の非無料コピーにユーザーを誘導することについて図書館員から批判を集めました。[25]

indecsコンテンツモデルオブジェクトとDOIシステムを関連付けメタデータ内で使用されます。共通のメタデータの小さなカーネルはすべてのDOI名で共有され、オプションで他の関連データで拡張できます。これらのデータは公開または制限されている場合があります。登録者は、パブリケーション情報が変更されたときやオブジェクトが別のURLに移動したときなど、いつでもDOI名のメタデータを更新できます。

国際DOI財団(IDF)は、技術的および社会的インフラストラクチャを通じて、これらのテクノロジーの統合とシステムの運用を監督しています。DOIサービスを提供する独立した登録機関の連合の社会的インフラストラクチャは、GS1ISBNなどの識別子の既存の成功した連合展開をモデルにしています

他の識別子スキームとの比較

DOI名は、Uniform Resource Locator(URL)などのマテリアルへの一般的に使用されるインターネットポインターとは異なり、オブジェクトが特定の時間に配置される特定の場所ではなく、オブジェクト自体をファーストクラスのエンティティとして識別します。これは、Uniform Resource IdentifierUniform Resource Name)の概念を実装し、それにデータモデルとソーシャルインフラストラクチャを追加します。[26]

DOI名は、ISBNISRCなどの標準の識別子レジストリとも異なります。識別子レジストリの目的は、特定の識別子のコレクションを管理することですが、DOIシステムの主な目的は、識別子のコレクションを実行可能にすることです。相互運用可能。そのコレクションには、他の多くの制御されたコレクションからの識別子を含めることができます。[27]

DOIシステムは、永続的で意味的に相互運用可能なものを提供します関連する現在のデータへの解決であり、発行する譲渡人の直接の管理外のサービスで使用される資料に最も適しています(たとえば、公の引用や価値のあるコンテンツの管理)。管理されたレジストリを使用します(社会的および技術的インフラストラクチャを提供します)。識別子やサービスを提供するための特定のビジネスモデルを想定しておらず、他の既存のサービスが定義された方法でそれにリンクできるようにします。識別子を永続化するためのいくつかのアプローチが提案されています。永続識別子アプローチの比較は、すべてが同じことをしているわけではないため、困難です。一連のスキームを「識別子」と不正確に参照しても、それらを簡単に比較できるとは限りません。他の「識別子システム」は、参入障壁の低い技術を可能にしている可能性があります。誰でも新しいインスタンスを設定できる使いやすいラベル付けメカニズムを提供します(例には次のものがあります)Persistent Uniform Resource Locator(PURL)、URL、グローバル一意識別子(GUID)など)。ただし、レジストリ制御スキームの機能の一部が不足している可能性があり、通常、制御スキームに付随するメタデータが不足しています。 DOIシステムにはこのアプローチがないため、このような識別子スキームと直接比較しないでください。特定のセクター(ARKなど向けにDOIシステムが提供する機能のいくつかを満たす、機能が追加されたこのような実現技術を使用するさまざまなアプリケーションが考案されています

DOI名はオブジェクトの場所に依存せず、このように、Uniform Resource Name(URN)またはPURLに似ていますが、通常のURLとは異なります。2つの異なる場所にある同じドキュメントには2つのURLがありますが、URLはインターネット上のドキュメントの代替識別子としてよく使用されます。対照的に、DOI名などの永続的な識別子は、オブジェクトをファーストクラスのエンティティとして識別します。同じオブジェクトの2つのインスタンスは、同じDOI名を持ちます。

解像度

DOIの名前解決はCorporation for National ResearchInitiativesによって開発されHandleSystemを通じて提供され、DOI名に遭遇したすべてのユーザーが自由に利用できます。解決策は、ユーザーをDOI名から1つ以上の型付きデータ(オブジェクトのインスタンスを表すURL、電子メールなどのサービス、または1つ以上のメタデータ項目)にリダイレクトします。ハンドルシステムにとって、DOI名はハンドルであるため、値のセットが割り当てられており、フィールドのグループで構成されるレコードと見なすことができます。各ハンドル値には、で指定されたデータ型が必要です<type>フィールド。データの構文とセマンティクスを定義します。DOIは、それが割り当てられているオブジェクトを永続的かつ一意に識別しますが、技術的および管理上の問題により、DOI解決は永続的でない場合があります。

DOI名を解決するために、doi.orgなどのDOIリゾルバーに入力することができます

リゾルバーへの入力や切り取りと貼り付けを回避する別のアプローチは、https://doi.org/(推奨)[28]などのHTTPプロキシとしてリゾルバーを使用するURLとしてDOIをドキュメントに含めることですhttp://dx.doi.org/。どちらもHTTPSをサポートしています。 。たとえば、DOI10.1000/182は参照またはハイパーリンクにとして含めることができますhttps://doi.org/10.1000/182。このアプローチにより、ユーザーは通常のハイパーリンクとしてDOIをクリックできます。実際、前述のように、これはCrossRefがDOIを常に表すことを推奨する方法です(HTTPよりもHTTPSを優先します)。これにより、DOIが他のドキュメントや電子メールなどにカットアンドペーストされた場合に、実行可能になります。

他のDOIリゾルバーとHTTPプロキシにはhttp://hdl.handle.nethttps://doi.pangaea.de/が含まれます。 2016年の初めに、新しいクラスの代替DOIリゾルバーがhttp://doai.ioによって開始されました。このサービスは、有料版ではない(多くの場合、著者がアーカイブした)バージョンのタイトルを見つけようとし、ユーザーを発行者のバージョンではなくそのバージョンにリダイレクトするという点で珍しいものです。[29] [30]それ以来、他のオープンアクセスを支持するDOIリゾルバー、特に2016年10月のhttps://oadoi.org/が作成されました[31](後のUnpaywall)。従来のDOIリゾルバーはハンドルシステムのみに依存していますが、代替のDOIリゾルバーは最初にBASE(Bielefeld Academic Search Engine)などのオープンアクセスリソースを参照します[29] [31]

HTTPプロキシの代わりに、ブラウザ用の多数のアドオンとプラグインの1つを使用することで、ドメイン名に依存し、変更される可能性のあるURLへのDOIの変換を回避できます[32]。 DOIを通常のハイパーリンクとして扱うことができます。例えば。Firefox用CNRIハンドル拡張機能を使用すると、ブラウザは、ネイティブのハンドルシステムプロトコルを使用して、Firefoxブラウザと同様にhdl:4263537/4000またはFirefoxブラウザでdoi:10.1000/1直接ハンドルシステムハンドルまたはDOIにアクセスできます。このプラグインは、Web-to-Handleプロキシサーバーへの参照をネイティブ解像度に置き換えることもできます。サイト運営者にとってのこのアプローチの欠点は、少なくとも現時点では、ほとんどのユーザーがブラウザでDOIに遭遇することです。メールリーダー、またはこれらのプラグインのいずれかがインストールされていないその他のソフトウェア。

IDFの組織構造

1998年に設立された非営利団体である国際DOI財団(IDF)は、DOIシステムの統治機関です。[33] DOIシステムに関連するすべての知的財産権を保護し、共通の運用機能を管理し、DOIシステムの開発と促進をサポートします。 IDFは、DOIシステムに加えられた改善(DOI名の作成、保守、登録、解決、およびポリシー作成を含む)がすべてのDOI登録者に利用可能であることを保証します。また、サードパーティがDOIシステムのユーザーにIDFの要件を超える追加のライセンス要件を課すことを防ぎます。

IDFは、財団のメンバーによって選出された理事会によって管理されており、その活動の調整と計画を担当する任命された管理エージェントがいます。メンバーシップは、電子出版および関連する実現技術に関心のあるすべての組織に開かれています。 IDFは、DOIおよび関連する問題のトピックに関する公開会議を毎年開催しています。

IDFによって任命された登録機関は、DOI登録者にサービスを提供します。DOIプレフィックスを割り当て、DOI名を登録し、登録者がメタデータと状態データを宣言および維持できるようにするために必要なインフラストラクチャを提供します。登録機関はまた、DOIシステムの普及を積極的に促進し、DOIシステム全体の開発においてIDFと協力し、特定のユーザーコミュニティに代わってサービスを提供することが期待されています。現在のRAのリストは、International DOIFoundationによって管理されています。 IDFは、DONA Foundation(IDFが理事会メンバー)によってHandle Systemのフェデレーションレジストラの1つとして認識されており、最上位のプレフィックスの下にHandleSystemプレフィックスを割り当てる責任があり10ます。[34]

登録機関は通常、新しいDOI名を割り当てるために料金を請求します。これらの料金の一部は、IDFをサポートするために使用されます。DOIシステム全体は、IDFを通じて、非営利のコスト回収ベースで運用されてます。

標準化

DOIシステムは、国際標準化機構が識別と説明に関する技術委員会TC46 / SC9で開発した国際規格です。[35]ドラフト国際標準ISO / DIS 26324、情報と文書–デジタルオブジェクト識別子システムは承認のためのISO要件を満たしていました。後でFDIS(最終国際規格案)投票、として配布するためにISOに編集されたバージョンを提出し、関連するISOのワーキンググループ[36] 2010年11月15日終了の投票でそれらの議決権の100%で承認された[37]最終基準は2012年4月23日に公開されました。[1]

DOIは、下のURIを登録してある情報URIスキームIETFによって指定されたRFC  4452info:doi /は、デジタルオブジェクト識別子のinfoURI名前空間です。[38]

DOI構文はNISO標準であり、2000年に最初に標準化された、デジタルオブジェクト識別子のANSI / NISOZ39.84-2005構文です。[39]

DOIシステムのメンテナは、URNのDOI名前空間を意図的に登録しておらず、次のように述べています。

URNアーキテクチャは、DNSベースのResolution Discovery Service(RDS)を想定して、特定のURNスキームに適したサービスを見つけます。ただし、現在、そのような広く展開されているRDSスキームは存在しません。URN登録はDOIシステムに利点をもたらさないように見えるため、すべての機能要件を満たしているにもかかわらず、DOIはURN名前空間として登録されていません。 DOIをURN名前空間(urn:doi:10.1000/1単純ではなく文字列)として定義するための追加の管理レイヤーdoi:10.1000/1と、httpプロキシまたはネイティブ解決のいずれかを介してすでに達成されている解決サービスにアクセスするための不要なリダイレクトの追加ステップが必要です。 URN仕様をサポートするRDSメカニズムが広く利用可能になると、DOIはURNとして登録されます。

も参照してください

注意事項

  1. ^ 他のレジストリは、プレフィックスの先頭にある他の文字列によって識別されます。「100」で始まる名前を処理します。たとえば、次の引用のように、 Hammond、Joseph L.、Jr。も使用されていますブラウン、ジェームズE。; Liu、Shyan-Shiang S.(1975年5月)。「伝送エラーモデルとエラー制御モデルの開発l」テクニカルレポートRADC-TR-75-138。ローマ航空開発センター。Bibcode1975STIN ... 7615344Hhdl100.2 / ADA013939 Cite journal requires |journal= (help)

参考文献

  1. ^ a b "ISO 26324:2012(en)、情報と文書–デジタルオブジェクト識別子システム"ISO 取得した20年4月2016
  2. ^ 「ハンドルシステム」
  3. ^ 「ファクトシート」
  4. ^ Witten、Ian H。; Bainbridge、David&Nichols、David M.(2010)。デジタルライブラリの構築方法(第2版)。モーガンカウフマン。pp。352–253。ISBN 978-0-12-374857-7
  5. ^ ラングストン、マーク; タイラー、ジェームズ(2004)。「オンライン教育環境でのジャーナル記事へのリンク:永続リンク、DOI、およびOpenURL」。インターネットと高等教育7(1):51–58。土井10.1016 /j.iheduc.2003.11.004
  6. ^ 「「デジタルオブジェクト識別子」のしくみ」BusinessWeek2001年7月23日。2010年10月2日のオリジナルからアーカイブ取得した20年4月2010年出版社がデータベースを維持する仕事をしていると仮定すると、これらの一元化された参照は、現在のWebリンクとは異なり、古くなったり壊れたりすることはありません。
  7. ^ Paskin、Norman(2010)、「Digital Object Identifier(DOI)System」、Encyclopedia of Library and Information Sciences(3rd ed。)、Taylor and Francis、pp。1586–1592
  8. ^ a b デビッドソン、ロイドA。; ダグラス、キンバリー(1998年12月)。「デジタルオブジェクト識別子:学術出版の約束と問題」電子出版のジャーナル4(2)。土井10.3998 /3336451.0004.203
  9. ^ 「DOIシステムへようこそ」Doi.org。2010年6月28日取り出さ年8月7 2010
  10. ^ 「DOIニュース、2011年4月:1。DOIシステムは5000万の割り当てられた識別子を超えています」Doi.org2011年4月20日取り出さ年7月3 2011
  11. ^ 「doi情報とガイドライン」CrossRef.orgPublishers International Linking Association、Inc.2013 2002年10月21日のオリジナルからアーカイブ取得した10年6月2016すべてのDOIプレフィックスは、DOIをハンドルシステムの他の実装と区別するために「10」で始まり、その後に4桁の数字または文字列が続きます(プレフィックスは必要に応じて長くすることができます)。
  12. ^ 「ファクトシート—デジタルオブジェクト識別子システムの重要な事実」doi.org国際DOI財団。2016年6月6日取得した10年6月2016DOIシステム内の18,000を超えるDOI名プレフィックス
  13. ^ 「DOIハンドブック—2ナンバリング」doi.org国際DOI財団。2016年2月1日取得した10年6月2016登録者コードは、必要に応じて、管理上の便宜のためにさらにサブ要素に分割することができます。登録者コードの各サブ要素の前にはピリオドを付ける必要があります。
  14. ^ 「DOIシステムに関するよくある質問:6。DOI名は何に割り当てることができますか?」国際DOI財団。2018年7月3日[以前のバージョンの更新] 2018年7月19日取得 Cite journal requires |journal= (help)
  15. ^ 「DOIハンドブック–ナンバリング」doi.org2014年2月13日。セクション2.6.1画面と印刷のプレゼンテーション。2014年6月30日にオリジナルからアーカイブされました検索された30年6月2014
  16. ^ 「DOI表示ガイドライン」
  17. ^ 「新しいCrossrefDOI表示ガイドラインが進行中です」
  18. ^ パウエル、アンディ(1998年6月)。「イカを使用したDOIベースのURNの解決:UKOLNでの実験システム」D-LibマガジンISSN 1082から9873まで 
  19. ^ ChrissieCW。「CrossrefがDOI表示ガイドラインを改訂-Crossref」www.crossref.org
  20. ^ Green、T。(2009)。「データセットとデータテーブルの公開標準が必要です研究情報土井10.1787 / 603233448430
  21. ^ 「多言語のヨーロッパDOI登録機関」mEDRA.org。2003年。
  22. ^ Levine、John R.(2015)。「RFCへのデジタルオブジェクト識別子の割り当て§RFCのDOI」IAB土井10.17487 / rfc7669RFC 7669 
  23. ^ ティマー、ジョン(2010年3月6日)。「DOIとその不満」ArsTechnica検索された5年3月2013
  24. ^ DeRisi、Susanne; ケニソン、レベッカ; Twyman、Nick(2003)。「社説:DOIの内容と理由」PLoS生物学1(2):e57。土井10.1371 /journal.pbio.0000057PMC 261894PMID 14624257   オープンアクセス
  25. ^ フランクリン、ジャック(2003)。「科学的および技術的情報へのオープンアクセス:最先端」。グリュッテマイヤーでは、ハーバート。マホン、バリー(編)。科学的および技術的情報へのオープンアクセス:最先端および将来の傾向IOSプレス。NS。74. ISBN 978-1-58603-377-4
  26. ^ 「DOIシステムとインターネット識別子の仕様」Doi.org。2010年5月18日取り出さ年8月7 2010
  27. ^ 「DOIシステムおよび標準識別子レジストリ」Doi.org 取り出さ年8月7 2010
  28. ^ 国際DOI財団(2014年8月7日)。「解像度」DOIハンドブック取得した3月19日に2015
  29. ^ a b "DOAI"CAPSH(科学と人文科学の出版物のアクセシビリティのための委員会)取り出さ年8月6 2016
  30. ^ Schonfeld、Roger C.(2016年3月3日)。「オープン性のためのインフラストラクチャを介した「公式」チャネルの採用」学術キッチン取得した17年10月2016
  31. ^ a b Piwowar、Heather(2016年10月25日)。「oaDOIの紹介:DOIをOAに直接解決する」2017年3月17日取得
  32. ^ 「DOIシステムツール」
  33. ^ 「第7章:国際DOI財団」。DOIハンドブックDoi.org 取り出さ年7月8 2015
  34. ^ 「DONA財団マルチプライマリ管理者」2017年1月14日にオリジナルからアーカイブされまし2017年2月7日取得
  35. ^ 「デジタルオブジェクト識別子(DOI)はISO標準になります」iso.org。2012年5月10日2012年5月10日取得
  36. ^ 「about_the_doi.htmlDOI標準と仕様」Doi.org。2010年6月28日取り出さ年8月7 2010
  37. ^ 「概要と標準–標準と仕様:1。ISOTC46 / SC9標準」Doi.org。2010年11月18日取り出さ年7月3 2011
  38. ^ 「「情報」URIについて–よくある質問」情報-uri.info 取り出さ年8月7 2010
  39. ^ 「デジタルオブジェクト識別子のANSI / NISO Z39.84-2005構文」(PDF)米国情報標準化機構2021年6月25日取得

外部リンク