指令 1999/74/EC

鶏のペア

指令 1999/74/EC は、採卵鶏を飼育するための最低基準に関して欧州連合によって可決された法律であり、従来のバタリーケージを事実上禁止しています。1999年に可決されたこの指令は、13年間の段階的廃止を経て、EU内で従来のバタリーケージを2012年1月1日から禁止するものであった。バタリーケージは、2012年以前にドイツ、オーストリア、オランダ、スウェーデンですでに禁止されていた。この指令は、産卵鶏が350羽未満の施設や、繁殖用の産卵鶏を飼育する施設には適用されない。ただし、そのような施設には指令 98/58/EC の要件が適用されます。この指令は罰金、罰金、輸出禁止には対応していません。

指令 1999/74/EC では、バッテリー ケージの代替品として、ケージのないシステムと家具付きケージが許可されています。したがって、2012 年以降の EU では、家具付きケージがバタリーケージの実現可能な代替品となります。この指令に基づき、家具付きケージは少なくとも以下のものを提供する必要があります: 鶏あたり 750 cm 2、そのうち 600 cm 2は高さ 45 cm、巣、寝床ひっかいたりつついたりするためのエリア、鶏あたり 15 cm の止まり木と 12 cm の餌箱、および爪短縮装置。オーストリアは2009年にバタリーケージを禁止し、2020年までに家具付きケージを禁止する予定である。ベルギーもバタリーケージを禁止し、2024年までに家具付きケージを禁止することを提案している。ドイツは家具付きケージよりも広いスペースを持つ「ファミリーケージ」を導入している。他の国では使用されていますが、ドイツの消費者はこれらの卵を拒否しています。EU域外では、スイスはすでにバッテリーと家具付きケージの両方のシステムを禁止している。[1]

2010 年 2 月、ポーランド政府は EU に対し、指令 1999/74/EC の制定を 2017 年まで 5 年間延期するよう正式に要請しましたが、これは失敗しました。

2011年に欧州委員会に提出された数字によると、2012年1月1日までに14カ国がバタリーケージを廃止すると予想されていた。しかし、ポルトガル、ポーランド、ルーマニアを含む6カ国は準備が整っていないことを認めた一方、スペインとイタリアなどは、期限に間に合うかどうかは知らなかったし、言わなかった。[3]フランスでは鶏卵生産者の 3 分の 1 が廃業しており、UGPVB (業界団体) の統計によると、2012 年 1 月の時点で生産者の 5% が依然として準拠しておらず、ライセンスが取り消されています。[4]このため、非準拠州からの安価な違法卵、特に液体卵製品が市場に氾濫し、準拠卵生産者を圧迫するのではないかという懸念が生じている。EU保健委員のジョン・ダリ氏は、禁止令を施行する準備や努力が不足しているとして13カ国に法的警告を発した。[5]すでにこの指令に違反していることが判明している加盟国13カ国は、ハンガリー、イタリア、ラトビア、スペイン、ギリシャ、ベルギー、ブルガリア、キプロス、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、オランダである。[6]

2012 年 1 月以降のコンプライアンス

法律の発効日を過ぎても、多くの鶏が依然としてバタリーケージで飼育されていることは明らかです。欧州委員会の統計によれば、EU​​全域で依然として4,700万羽以上の鶏が従来型バタリーケージに入れられており(2012年1月)、これは生産量の14.3%に相当する[7]が、この数字はEUの卵の23%にも達する可能性があると報告されている生産量 – 8,400 万羽の鶏が 1 日に 7,000 万個の卵を産むことに相当します。[8]

EUの15か国は、EUの食物連鎖と動物衛生に関する常設委員会に、準拠していない生産者が存在することを報告した。これらの州は、ベルギー、ブルガリア、キプロス、フランス、ギリシャ、ハンガリー、イタリア、イギリス、ラトビア、マルタ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、スペイン、ルーマニアでした。イタリアやベルギーなど、これらの国の中には違法生産の30%を認めている国もある。

英国には約 3,100 万羽の採卵鶏がいます。基準を満たすために4億ポンド以上が費やされました。2012 年 1 月、環境食糧農村省(DEFRA) の統計によると、英国の 32 の農場で 423,000 羽の雌鳥が依然としてバタリーケージで飼育されていることが報告されました。[9] [10] [11]これは 1% の不遵守率を表します。

参考文献

  1. ^ “生態学者、2011 年 9 月” . 2012 年1 月 22 日に取得
  2. ^ “WorldPultry.net、2010 年 2 月”。2010 年 2 月 20 日のオリジナルからアーカイブ2011 年1 月 15 日に取得
  3. ^ マーティン・ヒックマン (2011 年 12 月 27 日)。「インデペンデント紙、2011年12月27日」。ロンドン2012 年1 月 15 日に取得
  4. ^ “20 Minutes (フランス)、2012 年 3 月 28 日” . 2012 年4 月 29 日に取得
  5. ^ “Vegnews ウェブページ” . 2012 年1 月 15 日に取得
  6. ^ “ファーマーズ・ガーディアン、2011 年 12 月 20 日”。2013 年 5 月 27 日のオリジナルからアーカイブ2012 年1 月 15 日に取得
  7. ^ “ザ・レンジャー、2012 年 1 月”. 2012 年 2 月 6 日のオリジナルからアーカイブ2012 年1 月 27 日に取得
  8. ^ ジェイソン、ルイス (2012 年 1 月 1 日)。「テレグラフ紙、2012年1月15日」。デイリー・テレグラフ紙ロンドン。2012 年 1 月 2 日のオリジナルからアーカイブ2012 年1 月 15 日に取得
  9. ^ “ザ・レンジャー、2012 年 1 月”. 2012 年 2 月 6 日のオリジナルからアーカイブ2012 年1 月 27 日に取得
  10. ^ “世界の農業における慈悲のウェブページ” . 2012 年1 月 14 日に取得
  11. ^ “ファーマーズ・ガーディアン、2012 年 1 月 13 日”. 2012 年 1 月 16 日のオリジナルからアーカイブ2012 年1 月 15 日に取得

外部リンク

  • 指令のテキスト
「https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Directive_1999/74/EC&oldid=1144242036」から取得