散布体(植物学)

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

植物学ではダイアスポアは、種子または胞子に加えて、分散を支援する追加の組織で構成される植物分散ユニットです。いくつかの種子植物では、ダイアスポアは一緒に種子と果実、または種子とエライオソームです。いくつかの種子植物では、ダイアスポアは植物のほとんどまたはすべてであり、タンブルウィードとして知られています。

散布体は、雑草人里植物によく見られます。総称して、移動のために変更された散布体、種子、および胞子は、散在性として知られています。

分散における役割

種子とエライオソームの散布体は、アリによる種子散布への一般的な適応です( myrmecochory)。これは、オーストラリア南アフリカの 硬葉樹林の植物群落で最も顕著です。[1] 通常、アリは散布体を巣に運び、そこでエライオソームを食べて種子を捨て、その後種子が発芽する可能性があります。

タンポポの痩果(Taraxacum

果食動物によって分散された植物では、種子と果実の散布体が一般的です果物を食べるコウモリは通常、散布体をお気に入りのとまり木に運び、そこで果物を食べて種子を捨てます。果物を食べる鳥は通常、小さな種子を飲み込みますが、コウモリのように、大きな種子のある果物をとまり木に運び、そこで果物を食べて種子を捨てることがあります。痩果翼果などの散布体は、主にによって分散されます。サマラは、静止した空気に落ちるときに、セーリングやタンブリングによっても分散されます。 ドリフトフルーツやその他のいくつかは水によって分散されます。

タンブルウィードは風によって、時には非常に長い距離に分散します。これらは、草原砂漠に自生するさまざまな雑草人里植物で発生します。にはさまざまな分散単位があります。穎果だけではめったになく、多くの場合、散布体です。[2]関節離断は、籾殻 の下、間、または上、およびすべての節で発生します。[2] いくつかの種ではダイアスポアはキツネノテブクロですが、いくつかの種「タンブルグラス」)ではタンブルウィードのようです。

も参照してください

参照

  1. ^ レスリーヒューズとマークウェストビー(1992)。「アリによる分散に適応した種子の除去に対するダイアスポアの特徴の影響」。エコロジー73(4):1300–1312。土井10.2307/1940677JSTOR1940677 _
  2. ^ a b Gibson、David J.(2009)。草と草地の生態学オックスフォード:オックスフォード大学出版局。p。52. ISBN 978-0-19-852919-4