説明

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

説明は、場所、オブジェクト、キャラクター、またはグループを鮮やかにすることを目的とした物語の展開のパターンです。[1]説明は、解説議論ナレーションとともに、4つの修辞モード(談話モードとも呼ばれます)の1つです。[2] 実際には、4つの基本モードのうちの1つだけを利用した文献を書くことは困難です。[3]

フィクションの書き方として

フィクションの執筆には、アクション、解説、説明、会話、要約、移行のモードもあります。[4]著者PeterSelginは、アクション、対話、思考、要約、シーン、説明などの方法について言及しています。[5]現在、フィクションの執筆モードの数と構成、およびそれらの使用 に関して、執筆コミュニティ内でコンセンサスはありません。

説明は、物語の詳細の精神的なイメージを送信するためのフィクション作成モードです。対話、ナレーション、解説、要約とともに、説明はフィクションの執筆モードの中で最も広く認識されているものの1つです。カーク・ポーキングが編集した「AからZへの執筆」で述べられているように、説明は詳細の蓄積以上のものです。単語やフレーズを慎重に選択して配置し、目的の効果を生み出すことで、何かに命を吹き込みます。[6]説明を提示するための最も適切で効果的なテクニックは、作家と執筆コーチの間で進行中の議論の問題です。

紫色の散文

紫色のパッチは、手の込んだ図やその他の手段によって、作家が印象的な効果を達成するためにあまりにも激しく緊張した、上書きされた一節です。フレーズ(ラテン語: "purpureus pannus")は、ローマの詩人ホラティウス詩論(紀元前20世紀頃)で最初に使用したもので、無関係で過度に華やかな一節を表しています。現代の使用法では、通常、無関係の感覚はありませんが、そのような箇所は通常、違和感があります。ひいては、紫色の散文は、惜しみなく比喩的、リズミカル、またはその他の方法で書き直されています。[7]

哲学

哲学では、バートランド・ラッセルの古典的なテキスト以来、記述の性質は重要な問題でした。[8]

も参照してください

メモ

  1. ^ 乗組員(1977年、13ページ)
  2. ^ 乗組員(1977年、13ページ)
  3. ^ 乗組員(1977年、16ページ)
  4. ^ モレル(2006)、p。127
  5. ^ Selgin(2007)、p。38
  6. ^ ポーキング(1990)、p。106
  7. ^ Baldick(2004)
  8. ^ ラドロー、ピーター(2007)、説明、スタンフォード哲学百科事典

参考文献