ディープウォーターホライズンの油流出

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

ディープウォーターホライズンの油流出
Deepwater Horizon oil spill - May 24, 2010 - with locator.jpg
2010年5月24日にNASAテラ衛星によって宇宙から見た油
位置マコンド試掘油ミシシッピキャニオンブロック252)、アメリカ合衆国メキシコ湾中北部(ルイジアナ州南部)
コーディネート北緯28度44分17秒西経 88度21分58秒 / 28.73806°N 88.36611°W / 28.73806; -88.36611座標北緯28度44分17秒西経88度21分58秒  / 28.73806°N 88.36611°W / 28.73806; -88.36611[1]
日にち2010年4月20日〜9月19日
(4か月、4週間、2日)
原因
原因源泉 噴出
死傷者11人が死亡
17人が負傷
オペレーターBPの契約中のトランスオーシャン[2]
こぼれの特徴
音量4.9 Mbbl(210,000,000 US gal; 780,000 m 3)±10%[3]
領域2,500〜68,000平方マイル(6,500〜176,100 km 2[4]
外部ビデオ
video icon フロントライン:流出(54:25)、PBSフロントライン[5]

ディープウォーターホライズン石油流出(「 BP石油流出」 とも呼ばれる)は、2010年4月20日にメキシコ湾でBPが運営するマコンドプロスペクトで始まった産業災害でした[6] [7] [8] [9]石油産業の歴史の中で最大の海洋石油流出であると考えられており、同じくメキシコ湾での以前の最大のIxtoc I石油流出よりも、量が8〜31パーセント多いと推定されています。米国連邦政府は、総流量を4.9 Mbbl(2億1,000万米ガロン、780,000 m 3)と推定しました。[3]流れを封じ込めるためのいくつかの失敗した努力の後、2010年9月19日に井戸は封鎖されたと宣言されました。 [10] 2012年初頭の報告は、井戸サイトがまだ漏れていることを示しました。[11] [12]ディープウォーターホライズンの油流出事故は、アメリカ史上最大の環境災害の1つと見なされています。

スキマー船、浮きブーム、野焼き、1.84 × 10 6  USガロン(7,000 m 3)の油分散剤を利用して、ビーチ、湿地河口を拡散する油から保護するための大規模な対応が行われました[13]数ヶ月にわたる流出と、対応および浄化活動による悪影響により、海洋および野生生物の生息地、漁業および観光産業への甚大な被害が報告された。[14]^ ルイジアナ州では、2013年に4,900,000ポンド(2,200トン)の油性物質がビーチから除去され、2012年に収集された量の2倍以上になりました。 15]油は、マコンドサイトからフロリダパンハンドルとタンパベイ沖の海域まで発見され続け、科学者たちは、油と分散剤の混合物が砂に埋め込まれていると述べた。[16] 2013年4月、イルカやその他の海洋生物は記録的な数で死亡し続け、幼児のイルカは通常の6倍の割合で死亡したと報告された。[17] 2014年に発表されたある研究では、マグロとカンパチが流出による油にさらされた人は、心臓や他の臓器の変形を引き起こし、致命的または少なくとも寿命を縮めると予想され、別の研究では、流出にさらされた動物の生命に心毒性が広まっている可能性があることがわかりました。[18] [19]

多くの調査が爆発と記録的な流出の原因を調査しました。2011年9月に発行された米国政府の報告書は、井戸のセメントの欠陥を指摘しており、ほとんどがBPに欠陥がありますが、リグオペレーターのトランスオーシャンと請負業者のハリバートンにも欠陥があります。[20] [21] 2011年の初め、ホワイトハウス委員会は同様にBPとそのパートナーを一連のコスト削減の決定と不十分な安全システムのせいにしたが、流出は「全身的な」根本原因と「重大な欠如」に起因すると結論付けた。業界慣行と政府の政策の両方における改革は、おそらく再発するかもしれない」と語った。[22]

2012年11月、BPと米国司法省は連邦刑事告発を解決し、BPは過失致死罪11件、軽罪2件、重罪で議会に嘘をついたとして有罪を認めましたBPはまた、その安全慣行と倫理の4年間の政府監視に同意し、環境保護庁はBPが米国政府との新しい契約を一時的に禁止されることを発表しました。BPと司法省は、記録的な45億2,500万ドルの罰金およびその他の支払いに合意しました。[23] [24] [25] 2018年の時点で、クリーンアップ費用、料金、および罰金により、会社は650億ドル以上の費用を負担していました。[26] [27]

2014年9月、米国地方裁判所の裁判官は、BPの重大な過失と無謀な行動のために、BPが主に油流出の責任を負っていると裁定しました。[28] 2016年4月、BPは米国史上最大の企業和解である208億ドルの罰金を支払うことに合意しました。[29]

背景

ディープウォーターホライズン掘削リグ

ディープウォーターホライズンは、深さ10,000フィート(3,000 m)までの海域で動作できる、9年前の[30] 半潜水型、移動式、浮体式動的に配置された 掘削リグでした。[31]韓国の現代重工業[ 32]によって建設され、トランスオーシャンが所有するリグは、マーシャル の便宜置籍船の下で操業し、 2008年3月から2013年9月までBPにチャーターされました。井戸、海面下18,360フィート(5,600 m)、約5,100フィート(1,600 m)の水域。井戸はマコンド試掘油所にありますメキシコ湾のミシシッピキャニオンブロック252(MC252)、米国の排他的経済水域にあります。マコンド井戸ルイジアナ海岸からおよそ41マイル(66 km)離れたところにあります。[33] [34] BPはマコンド試掘油の運営者および主要開発者であり、65%のシェアを持ち、25%はアナダルコ石油が所有し、10%は三井物産のユニットであるMOEXOffshore2007が所有していました。[35]

爆発

沿岸警備隊のヘリコプターから見た補給船は、火事と戦い続けました

2010年4月20日の午後7時45分頃、CDTで、坑井からの高圧メタンガスが海洋ライザーに膨張し、掘削リグに上昇し、そこで発火して爆発し、プラットフォームを飲み込みました。[36] [37] 3日間の米国沿岸警備隊(USCG)の捜索活動にもかかわらず、11人の行方不明の労働者は発見されず、爆発で死亡したと考えられている。[38] [39] 94人の乗組員が救命ボートまたはヘリコプターによって救助され、そのうち17人が負傷の治療を受けた。[36] [40]ディープウォーターホライズンは、2010年4月22日の朝に沈没した。

油流出の量と程度

ディープウォーターホライズンの油流出事故による石油が、2010年5月6日、アラバマ州モビールの海岸に接近
フロリダ州ペンサコーラの油で汚れたビーチ。2010年7月1日
メキシコ湾での燃焼およびスキミング操作。2010年6月10日
ルイジアナに上陸する濃厚な油。2010年6月10日

油漏れは、2010年4月22日の午後、かつてのリグサイトで大きな油膜が広がり始めたときに発見されました。[41]油は87日間流れた。BPは当初、1,000〜5,000 bbl / d(160〜790 m 3 / d)の流量を推定していました。流量技術グループ(FRTG)は、初期流量が62,000 bbl / d(9,900 m 3 / d)であると推定しました[42] [43] [44]漏出油の推定総量は、約4.9 Mbbl(2億1,000万米ガロン、780,000 m 3であり、プラスマイナス10%の不確実性があり、[3]収集された油を含め、[ 45]それは世界最大の偶発的な流出です。[6][46] BPは、政府が量を過大評価していると言って、より高い数字に異議を唱えた。2013年にリリースされた内部電子メールは、1人のBP従業員がFRTGの推定値と一致する推定値を持ち、上司とデータを共有したことを示しましたが、BPはより少ない数で継続しました。[47] [48]同社は、政府の数値は、湾岸海域に入る前に収集または燃焼された810,000 bbl(3,400万米ガロン; 129,000 m 3 )を超える石油を反映していないと主張した[45]

衛星画像によると、流出はオクラホマのサイズに匹敵する70,000平方マイル(180,000 km 2 )の海に直接影響を及ぼしました。[4] [49] 2010年6月初旬までに、石油はルイジアナ州の海岸の125マイル(201 km)と、ミシシッピ川、フロリダ州、アラバマ州の海岸線に沿って洗い流されていた。[50] [51]沿岸内水路ペンサコーラビーチおよび湾岸諸島国立海岸に石油スラッジが出現した[52] 6月下旬、石油はミシシッピ州で最初に出現したガルフパークエステートに到達した。[53] 7月、tarボールが到達しましたグランドアイルポンチャートレイン湖の湖岸。[54] [55] 9月、ルイジアナ州の海岸線の16マイル(26 km)を突然油の新しい波が覆い、プラークミンズ教区のミシシッピ川の西に沼地ができた。[56] 10月、風化した石油がテキサスに到達した。[57] 2011年7月の時点で、ルイジアナ、ミシシッピ、アラバマ、フロリダの海岸線の約491マイル(790 km)が油で汚染されており、流出が始まってから合計1,074マイル(1,728 km)が油で覆われていた。[58] 2012年12月の時点で、339マイル(546 km)の海岸線が評価および/または浄化作業の対象となっている。[59]報告された319万バレルの流出油は、この災害の唯一の影響ではありませんでした。数千トンの炭化水素ガス(HC)が大気中に放出されたことを詳述した報告がありました。[60]

水中で水平方向に伸びた溶存油のプルームの出現について懸念が表明された。研究者たちは、溶存石油とガスの深いプルームはメキシコ湾北部に限定されたままであり、溶存酸素へのピークの影響は遅れて長く続くと結論付けました。[61] 2010年7月15日に坑口に蓋がされてから2週間後、地表油は消失したように見えたが、未知の量の地下油が残っていた。[62]残差の推定値は、石油の約半分が地表下に残っていると主張した2010年のNOAA報告から、最大75%の独立した推定値までの範囲でした。[63] [64] [65]

これは、100 × 10 6 米ガロン(380 Ml)(240万バレル)以上が湾岸に残っていることを意味します。[59] 2011年1月の時点で、タールボール、油の光沢のある小道、汚れた湿地の湿地の草、沿岸の砂はまだ明らかでした。地下の石油は沖合に残り、細かいシルトに残っていました。[66] 2012年4月、ルイジアナの海岸線の200マイル(320 km)に沿って石油がまだ発見され、バリアー島でタールボールが洗い流され続けた。[67] 2013年、メキシコ湾の油流出および生態系科学会議の一部の科学者は、油の3分の1が深海の堆積物と混合し、生態系や商業漁業に損害を与える可能性があると述べた。[68]^

2013年には、ルイジアナ州の海岸から460万ポンド(2,100トン)以上の「油を塗った物質」が除去されました。[15] [69] 2013年も「わずかな」量の石油が洗い流され続けたが、アラバマビーチとフロリダパンハンドルビーチからはほぼ毎日タールボールのパッチが報告されていた。定期的な清掃パトロールはもはや正当であるとは見なされていませんでしたが、公の報告に応じて、必要に応じて清掃が行われていました。[70]

石油はフロリダ州タンパベイまで到達していないと最初に考えられましたしかし、2013年に行われた調査によると、分散剤で処理されたオイルのプルームの1つが、タンパベイ地域から80マイル(130 km)離れた棚に到達しました。研究者によると、「それがその地域で捕獲された魚に病変を引き起こしたかもしれないといういくつかの証拠」があります。[16] [71]

石油の流れを食い止めるための努力

短期的な取り組み

ディープウォーターホライズンの油流出事故のために当初計画された水中石油封じ込めドームの概念図。この段階で、倒れたパイプラインから2つのオイル漏れが残っていました。
4月26日にルイジアナ州ポートフォーチョンでワイルドウェルコントロールに建設中の石油封じ込めドーム

まず、BPは、遠隔操作の水中ビークルを使用して、坑口の噴出防止装置のバルブを閉じようとしましたが失敗しました[72] [73]次に、125トン(280,000ポンド)の封じ込めドームを最大の漏れの上に置き、石油を貯蔵容器にパイプで送った。この手法は浅い​​水域では機能しましたが、ガスが冷水と結合してメタンハイドレートの結晶を形成し、ドーム上部の開口部を塞いだ場合、ここでは失敗しました。[74]セメントで恒久的に密閉する前に、噴出防止装置に重い掘削流体を注入して油の流れを制限することも失敗しました(「トップキル」)。[75][76]

次に、BPはライザー挿入チューブをパイプに挿入し、ライザーの端に差し込まれたチューブの周りにストッパーのようなワッシャーを挿入し、流れを挿入チューブに迂回させました。[77]収集されたガスはフレアされ、石油は掘削船 DiscovererEnterpriseに搭載されていました。[78]チューブを取り外す前に、924,000 USガロン(22,000 bbl; 3,500 m 3)のオイルを収集しました。[79] 2010年6月3日、BPは、損傷した掘削ライザーを噴出防止装置の上部から取り外し、パイプを別のライザーに接続するキャップで覆った。[80]6月16日、噴出防止装置に直接接続された2番目の封じ込めシステムが石油とガスをサービス船に運び始め、そこでクリーンバーニングシステムで消費されました。[81]米国政府の推定によると、キャップやその他の機器は、漏れているオイルの半分未満しか捕捉していませんでした。[52] 7月10日、封じ込めキャップが取り外され、より適切なキャップ(「シルクハット番号10」)に交換された。[82] [83]その後、泥とセメントが井戸の上部から汲み上げられ、井戸内の圧力が低下しました(これも機能しませんでした)。噴出防止装置の上部にボルトで固定されたフランジと、取り付けられたときに流れを閉じるように設定された手動バルブを備えた、流れるパイプよりも大きな直径のチャンバーを取り付けるための最終的な装置が作成されました。7月15日、装置が固定され、バルブが閉じられて一時的な対策が完了するまで、圧力を上げながらアタッチメントを確実に閉じるために時間がかかりました。[84]

よく宣言された「事実上死んだ」

トランスオーシャンの開発ドリラーIIIは、 2010年5月2日に最初のレリーフ掘削を開始しました。GSF開発ドリラーIIは、2010年5月16日に2番目のレリーフの掘削を開始しました毎分約2bbl(320 L)の低速で坑口にポンプで送られました。揚水は8時間続けられ、その終わりに井戸は「静止状態」であると宣言されました。[88] 2010年8月4日、BPは上からセメントの汲み上げを開始し、流路のその部分を恒久的に密閉しました。[89]

2010年9月3日、300トンの噴出防止装置が井戸から取り外され、交換用の噴出防止装置が設置されました。[90] [91] 2010年9月16日、救援井戸が目的地に到着し、井戸を封鎖するためのセメントの汲み上げが開始された。[92] 2010年9月19日、国家事件司令官 サド・アレンは井戸を「事実上死んだ」と宣言し、湾岸にそれ以上の脅威をもたらさないと述べた。[10]

再発または継続的な漏れ

Discoverer EnterpriseとQ4000は、メキシコ湾にあるまだキャップのないディープウォーターホライズンからの望ましくないガスを24時間燃焼しています。2010年6月26日

2010年5月、BPは、「トップキル」の取り組み中に「地下で壊れたものを発見した」ことを認めました。[93]

油膜は2011年3月[94]と8月、[95] [96]、2012年3月[11]と10月、[97] [98] [ 99]、2013年1月に報告された。光沢はマコンド井戸からの油との化学的一致でした。[101] [102]

USCGは当初、石油が分散しすぎて回復できず、海岸線に脅威を与えないと述べたが[103]、後にBPとトランスオーシャンに新しい石油の浄化に財政的責任を負う可能性があると警告した。[104] USGSのディレクターであるMarciaMcNuttは、ライザーパイプは両端が開いているため、最大1,000 bbl(160 m 3 )を保持でき、観測されている量の石油を保持する可能性は低いと述べました。[105]

2012年10月、BPは、メインウェルから約1,500フィート(460 m)離れた場所にある、故障した封じ込めドームから漏れている油を見つけて塞いだと報告しました。[106] [107] [108] 2012年12月、USCGは海底調査を実施しました。井戸や残骸からの油は発見されず、その出所は不明のままです。[59] [109]さらに、残骸から白い乳白色の物質が染み出しているのが観察された。BPとUSCGによると、それは「石油ではなく、有害でもない」ということです。[110]

2013年1月、BPは、油の光沢の考えられる原因を調査し続けていると述べました。化学的データは、その物質が残骸から漏れている残留油である可能性があることを示唆していました。それが事実であることが証明されれば、光沢は最終的に消えることが期待できます。別の可能性は、マコンド坑井ケーシングを流路として使用し、おそらく自然に発生する断層と交差し、その後、坑口からある程度離れた地表で脱出する地層油である可能性があります。それが地下からの石油であることが判明した場合、それは石油の無期限の放出の可能性を示している可能性があります。油膜は、自然に発生する石油の浸透に匹敵するサイズであり、野生生物に差し迫った脅威をもたらすほど大きくはありませんでした。[11] [111]

分散剤の封じ込め、収集および使用

流出に対処するための基本的な戦略は、封じ込め、分散、除去でした。2010年夏には、約47,000人と7,000隻の船舶がプロジェクトに参加しました。2012年10月3日までに、連邦政府の対応費用は8億5,000万ドルに達し、そのほとんどがBPによって払い戻されました。2013年1月の時点で、935人の職員がまだ関与していた。その時までに、クリーンアップはBPに140億ドル以上の費用がかかりました。[59]

4.9 Mbbl(780,000 m 3)の石油が坑井から放出されたと、プラスマイナス10%の不確実性で推定されました。4.1 Mbbl(650,000 m 3)の石油が湾に流れ込んだ。[112]内務省とNOAAが主導した報告書は、「[石油の] 75%が人または母なる自然によって浄化された」と述べた。しかし、放出された石油の約25%のみが収集または除去され、石油の約75%が何らかの形で環境に残っていました。[113] 2012年、フロリダ州立大学の底生生態学者であるMarkus Huettelは、BPの石油の多くが分解または蒸発したが、少なくとも60%は説明されていないままであると主張した。[114]

2010年5月、地元のネイティブが、人々がビーチの清掃をボランティアで支援するためのネットワークを設立しました。ボートの船長は、油がさらに広がるのを防ぎ、きれいにするのを助けるために彼らのボートの使用を提供する機会を与えられました。努力を支援するために、船長は自分の船を機会船に登録しなければなりませんでした。しかし、実際に清掃活動に参加したよりも多くのボートが登録されたときに問題が発生しました。登録されたボートの3分の1にすぎません。多くの地元の支持者は、BPの反応の遅さに失望し、フロリダキー環境連合の結成を促しました。この連立は、状況をある程度管理しようとするために、油流出の浄化に大きな影響を与えました。[115]

封じ込め

バリアー島を保護するために使用される石油封じ込めブーム

油を囲い込むため、または沼地、マングローブ、エビ/カニ/カキの牧場、またはその他の生態学的に敏感な地域を保護するための障壁として、4,200,000フィート(1,300 km)を超える封じ込めブームが配備されました。ブームは水面の上下18〜48インチ(0.46〜1.22 m)に広がり、比較的穏やかで動きの遅い水域でのみ効果がありました。使い捨ての吸着剤ブームを含めて、合計13,300,000フィート(4,100 km)のブームが配備されました。[116]ブームは、岸で油で洗い流され、油がブームの上または下に逃げることを可能にし、3〜4フィート(90〜120cm)以上の波では効果がないことで批判された。[117] [118] [119]

ルイジアナ州のバリアー島計画は、ルイジアナ州の海岸を保護するためのバリアー島を建設するために開発されました。その計画はその費用と悪い結果のために批判された。[120] [121]批評家は、プロジェクトを遂行するという決定は政治的であり、科学的なインプットはほとんどないと主張している。[122] EPAは、ブームが野生生物を脅かすだろうという懸念を表明した。[123]

しばらくの間、Matter of Trustと呼ばれるグループは、製造された吸油ブームの入手可能性が不十分であることを理由に、ヘアサロン、犬のグルーマー、羊の農家に、パンストやタイツを詰めた髪、毛皮、羊毛の切り抜きを寄付して油を封じ込めるように働きかけました。影響を受けた海岸の近く、ExxonValdezの災害にまでさかのぼる技術。[124] [125]

Corexit分散剤の使用

A large four propeller airplane sprays Corexit onto oil-sheen water
C-130ヘラクレスがメキシコ湾にCorexit分散剤を噴霧します
ボートや飛行機による分散剤の使用に加えて、ディープウォーターホライズンの流出は海中分散剤注入を使用した最初のものでした

流出は、使用されたCorexit 油分散剤の量と、「純粋に実験的な」適用方法でも注目に値しました。[116]全体として、1.84 × 10 6  USガロン(7,000 m 3)の分散剤が使用されました。この771,000米ガロン(2,920 m 3)のうち、坑口で放出されました。[13]海中注入はこれまで試みられたことがなかったが、流出の前例のない性質のために、BPはUSCGおよびEPAと一緒にそれを使用することを決定した。[126]製品をリリースするために400以上の出撃が行われた。[116]分散剤の使用は「海岸線への影響を最小限に抑えるための最も効果的で動きの速いツール」と説明されていましたが、^[116]アプローチは引き続き調査されています。[127] [128] [129]

EarthjusticeとToxipediaが実施した2011年の分析では、分散剤には発ガン性物質、有害毒素、内分泌かく乱化学物質が含まれている可能性があることが示されました。[130]環境科学者は、分散剤が流出の毒性を高め、ウミガメクロマグロへの脅威を増大させることへの懸念を表明した流出源に注がれると、流れによって拾われて湾を洗い流されるため、危険性はさらに大きくなります。[131] BPおよび連邦当局によると、キャップが設置された後、分散剤の使用は停止された。[132] [133]しかし、海洋毒物学者のリキ・オットCorexitの使用はその日以降も継続することをEPAに公開書簡で書き[134]GAPの調査では、「[a] GAPの目撃者の大多数は、Corexitが[2010年7月]以降に使用されたという兆候を引用した」と述べています。[135]

GAPが入手したNALCOのマニュアルによると、Corexit9527は「目と皮膚に刺激を与えるものです。繰り返しまたは過度の曝露は、赤血球(溶血)、腎臓、または肝臓に損傷を与える可能性があります。」マニュアルには次のように付け加えられています。「過度の曝露は中枢神経系への影響、吐き気、嘔吐、麻酔または麻薬の影響を引き起こす可能性があります。」「目、皮膚、衣服に近づかないでください」、「適切な保護服を着用してください」とアドバイスしています。Corexit 9500の場合、マニュアルには、「目、皮膚、衣服に触れないでください」、「蒸気の呼吸を避けてください」、「適切な保護服を着用してください」とアドバイスされています。GAPが入手したFOIAの要請によると、保護具もマニュアルもメキシコ湾原油流出事故の浄化作業員に配布されていませんでした。

CorexitEC9500AおよびCorexitEC9527Aが主要なバリアントでした。[136] 2つの製剤は、EPAが承認した分散剤の中で最も毒性が低く、最も効果的でもありませんが、BPは、リグ爆発の週に利用可能だったため、Corexitを使用することを選択したと述べました。[137] [138] 5月19日、EPAはBPに24時間の猶予を与え、国家緊急時計画製品スケジュールからCorexitの毒性の少ない代替品を選択し、EPA承認から72時間以内に適用を開始するか、承認された製品がない理由の詳細を提供しました。基準を満たしました。[139] [140] 5月20日、BPは、入手可能性、非毒性、および有効性の3つの基準すべてを満たした代替製品はないと判断しました。[141]5月24日、EPA管理者のリサP.ジャクソンは、EPAに代替案の独自の評価を実施するように命令し、BPに分散剤の使用を75%削減するように命令しました。[142] [143] [144] BPは、Corexitの使用量を1日あたり25,689から23,250 USガロン(97,240から88,010 L)削減し、9%減少しました。[145] 2010年8月2日、EPAは、分散剤は油よりも環境に害を及ぼさず、大量の油がより速く分解することで海岸に到達するのを阻止したと述べた。[132]しかしながら、一部の独立した科学者とEPA自身の専門家は、このアプローチについて懸念を表明し続けている。[146]

リークへのCorexitの水中注入は、地表下で発見されたオイルプルームを作成した可能性があります。[138]分散剤は深部に塗布されたため、油の多くが表面に浮き上がることはありませんでした。[147] 1つのプルームは、長さ22マイル(35 km)、幅1マイル(1,600 m)以上、深さ650フィート(200 m)でした。[148]プルームに関する主要な研究では、専門家は、深さ3,000フィート(900 m)の冷たい40°F(4°C)の水で油が分解するペースが遅いことを最も懸念していました。[149]

2012年後半、GeorgiaTechUniversidadAutonoma de AguascalientesのEnvironmentalPollutionジャーナルの調査によると、BPの油流出事故で使用されたCorexitにより、油の毒性が52倍に増加したことが報告されています。[150] 科学者たちは、「分散剤と油を混合すると生態系への毒性が高まり」、メキシコ湾原油流出事故を悪化させたと結論付けました。[151] [152]

削除

メキシコ湾の石油スキミング船(距離)
2010年5月6日、メキシコ湾での野焼き中に石油が燃えると、煙と火の暗い雲が現れます。

水から油を除去するための3つの基本的なアプローチは、燃焼、オフショアろ過、および後の処理のための収集でした。USCGは、5 × 10 6  USガロン(19,000 m 3)の油を含む、33 × 10 6  USガロン(120,000 m 3)の汚染水が回収されたと述べました。BPは、826,800 bbl(131,450 m 3)が回収またはフレアされたと述べた。[153]漏えいした油の約5%が表面で燃焼し、3%がスキムされたと計算されています。[113]最も過酷な日に、47,849人が対応作業に割り当てられ、6,000隻以上の船舶、82機のヘリコプター、および20機の固定翼航空機が関与した。[3]^^

2010年4月から7月中旬にかけて、411件の制御された現場火災により、約265,000 bbl(1110万米ガロン; 42,100 m 3)が修復されました。[116]火事は、ガンを引き起こすダイオキシンを含む少量の毒素を放出しました。EPAの報告によると、放出された量は労働者と沿岸住民に追加のガンリスクをもたらすのに十分ではありませんが、2番目の研究チームはわずかな追加リスクしかないと結論付けました。[154]

流出の影響を受けたビーチを掃除する労働者。

スキマーを使用して水から石油を収集した合計2,063のさまざまなスキマーが使用されました。[3]オフショアでは、12台の専用車両を含む60台以上のアメンボが配備されました。[116] EPA規制は、水中に15パーツパーミリオン(ppm)を超える油を残したスキマーを禁止していました。多くの大型スキマーが制限を超えました。[155]船主TMTのスポークスマンによると、Corexitを使用したため、油が分散しすぎて回収できなかったという[156] 2010年6月中旬、BPは油と水を分離する32台の機械を注文し、各機械は最大2,000 bbl / d(320 m 3 / d)を抽出できました。[157] [158] 1週間のテストの後、BPは進行を開始し[159]、6月28日までに890,000 bbl(141,000 m 3)を除去しました。[160]

井戸に蓋がされた後、岸の清掃が対応作業の主な仕事になりました。影響を受けた海岸の2つの主なタイプは、砂浜と沼地でした。ビーチでの主な技術は、砂をふるいにかけ、タールボールを取り除き、手動または機械装置を使用してタールマットを掘り出すことでした。[3]湿地には、真空と揚水、低圧フラッシュ、植生伐採、バイオレメディエーションなどの技術が使用されました。[116]

油を食べる微生物

分散剤は、微生物による油の消化を促進すると言われています。坑口で分散剤を油と混合すると、油が表面の下に保持され、理論的には、微生物が油を表面に到達する前に消化できるようになります。微生物活動の増加が海中酸素レベルを低下させ、魚や他の動物を脅かす可能性があるというさまざまなリスクが特定され、評価されました。[161]

いくつかの研究は、微生物が油の一部をうまく消費したことを示唆しています。[59] [162] 9月中旬までに、他の研究は、微生物が石油ではなく主に天然ガスを消化したと主張した。[163] [164]カリフォルニア大学サンタバーバラ校の微生物地球化学の教授であるデビッド・L・バレンタインは、漏れた油を分解する微生物の能力は非常に誇張されていたと述べた。[165]しかし、生物地球化学者のクリス・レディは、メキシコ湾での油流出がそれほど悪化しなかった大きな理由は、天然の微生物であると述べた。[166] [167]

消化を速めるために、遺伝子組み換え アルカニヴォラックスボルクメンシスを水に加えました。[165] [168]オイルパッチへの微生物の送達方法は、ロシアの生態学研究開発研究所と天然資源の持続可能な利用によって提案された。[169]

アクセス制限

2010年5月18日、BPは1990年の油濁法の下で主導的な「責任者」に指名されました。これは、BPが対応を調整するための運営権限を持っていたことを意味します。[170] [171]

最初のビデオ画像は5月12日にリリースされ、さらにBPからアクセスを許可された国会議員によってさらにビデオ画像がリリースされました。[172]

流出対応作戦中、沿岸警備隊の要請により、連邦航空局(FAA)は、作戦区域上に900平方マイル(2,300 km 2)の一時的な飛行制限区域を実施しました。[173] [174] [175]制限は、民間の航空交通が対応努力を支援する航空機に干渉するのを防ぐことでした。[172]航空交通管制によって認可された飛行を除いて、作戦地域でのすべての飛行は禁止された; オフショア石油事業を支援する定期便。流出対応を支援する連邦、州、地方および軍の飛行作戦。救急車と法執行活動。これらの制限の例外は、安全性の問題、運用要件、気象条件、および交通量に応じて、ケースバイケースで付与されました。空中化学物質の分散操作を行う航空機、または着陸と離陸のための航空機を除いて、1,000 m(3,300フィート)未満での飛行は許可されませんでした。[173]制限にもかかわらず、作戦中は1日あたり800から1,000便があった。[176]

BPの権限を引用している地方および連邦当局は、空中、ボート、および地上からの流出を記録しようとする報道関係者へのアクセスを拒否し、一般に公開されているエリアへのアクセスをブロックしました。[172] [177] [178] [179] [180] [181] [182]場合によっては、写真家は、BPが契約したボートや航空機に付き添うBP職員のみがアクセスを許可されていた。一例では、米国沿岸警備隊はジャン・ミッシェル・クストーのボートを止め、ジャーナリストが乗船していないことが沿岸警備隊に保証された後にのみ、ボートの進行を許可しました。[179]別の例では、CBSニュース乗組員は、流出地域の油で覆われたビーチへのアクセスを拒否されました。CBSの乗組員は、その地域を撮影しようとしたときに、当局から「これはBPの規則であり、私たちの規則ではない」と言われました。[179] [183]​​ [184]一部の国会議員は、ジャーナリストによるアクセスに課せられた制限を批判した。[172]

FAAは、BPの従業員または請負業者がフライトとアクセスに関する決定を下したことを否定し、それらの決定はFAAと沿岸警備隊によって行われたと述べました。[172] [175] FAAは、メディアへのアクセスは雇われた飛行機またはヘリコプターに限定されていたが、沿岸警備隊を通じて手配されたことを認めた。[176]沿岸警備隊とBPは、ジャーナリストを制限する方針を持つことを否定した。彼らは、メディアのメンバーが当局に組み込まれており、取り組みの開始以来、対応の取り組みをカバーすることを許可されており、現在までに400以上の埋め込みがボートや航空機に搭載されていると述べた。[181]彼らはまた、安全を維持しながら情報へのアクセスを提供したいと述べた。[181]

クリーンアップ

2014年4月15日、BPは、沿岸警備隊の作業が浮きブームなどの物理的障壁を使用して継続している間、沿岸警備隊の 作業が実質的に完了したことを発表しました。彼らはスキマーボートを使用して大部分の油を除去し、吸着剤を使用してスポンジのような油の残りを吸収しました。その方法では油を完全に除去することはできませんでしたが、分散剤と呼ばれる化学物質油が地表水の下の海洋生息地にさらに損傷を与えるのを防ぐために、油の劣化を早めるために使用されます。ディープホライズンの油流出事故では、クリーンアップ作業員が1,400,000米ガロン(5,300,000 l; 1,200,000英ガロン)のさまざまな化学分散剤を使用して、油をさらに分解しました。[185]

ルイジアナ州は、魚、甲殻類、水、砂の定期的な検査を行うためにBPから資金提供を受けました。初期テストでは、クリーンアップに使用される化学物質であるスルホコハク酸ジオクチルナトリウムの検出可能なレベルが定期的に示されました。GulfSource.orgによって報告された過去1年間(2019年)のテストでは、テストされた汚染物質について結果が得られていません。[186]

ディープウォーターホライズンの流出により、海洋生物は苦しんでいました。何千もの動物が目に見えて油で覆われていました。[187]多くの動物が死んでいるのが発見されたが、合衆国魚類野生生物局は流出物の浄化を手伝うために動物を救助した。スミソニアン国立動物園の組織 も、残っている海洋生物の救助に貢献しました。

結果

環境への影響

リハビリのために沖合20〜40マイルで重油を塗った若いカメを捕獲する。2010年6月14日

流出地域には、1,270種以上の魚、604種のポリケ、218羽の鳥、1,456種の軟体動物、1,503種の甲殻類、4種のウミガメ、29種の海洋哺乳類を含む8,332種が生息し い ます[188] [189] 2010年5月から6月の間​​に、流出水には流出前の40倍の多環芳香族炭化水素(PAH)が含まれていました。[190] [191] PAHはしばしば油流出に関連しており、人間や海洋生物にさまざまな健康リスクをもたらす発がん性物質や化学物質が含まれています。PAHはルイジアナ海岸の近くに最も集中していましたが、アラバマ州、ミシシッピ州、フロリダ州の沖合でもレベルが2〜3倍に跳ね上がりました。[191]PAHは海洋種に直接害を及ぼす可能性があり、油を消費するために使用される微生物は海洋の酸素レベルを低下させる可能性があります。[192]石油は、典型的な石油鉱床で見られる約5%と比較して、重量で 約40%のメタンを含んでいた。[193]メタンは潜在的に海洋生物を窒息させ、酸素が枯渇する「デッドゾーン」を作り出す可能性があります。[193]

米国海洋大気庁(NOAA)、スタンフォード大学、およびモントレーベイ水族館が資金提供し、ジャーナルScienceに掲載された、ブルーフィンマグロに対する油流出の影響に関する2014年の研究では、油流出による毒素が不整脈を引き起こす可能性があることがわかりました。心停止につながる流出の周辺を「世界で最も生産的な海洋生態系の1つ」と呼び、この研究では、非常に低濃度でも「PAHの心毒性は、石油の周辺にある広範囲の種の間で潜在的に一般的な傷害の形態であることがわかりました。 。」[18]2014年3月に発表され、米国とオーストラリアの17人の科学者によって実施され、国立科学アカデミーの議事録に掲載された別のピアレビューされた研究では、流出による油にさらされたマグロとカンパチが奇形を発症したことがわかりました。致命的または少なくとも寿命を縮めると予想される心臓およびその他の臓器。科学者たちは、彼らの発見は他の大型の捕食魚に当てはまる可能性が高く、「発達中の心臓が多くの点で類似している人間にも当てはまる」と述べた。BPは、調査中の石油濃度は湾岸ではめったに見られないレベルであると回答しましたが、ニューヨークタイムズはBPの声明が調査によって矛盾していると報告しました。[19]

ルイジアナ州グランドアイル近郊のカッショクペリカン

以前は表面塗布としてのみ使用されていた油分散剤Corexitは、天然に存在する微生物によってより簡単に生分解されるようにすることを目的として、前例のない量で水中に放出されました。このように、通常は水面に浮かび上がる油は乳化して小さな液滴になり、水と海底に浮遊したままになりました。[194]油と分散剤の混合物は、動物プランクトンを介して食物連鎖 に浸透した[191] [195] [196]油と分散剤の混合の兆候が、小さなワタリガニの幼生の殻の下で見つかりました。[197]流出の影響を受けた沿岸湿地の昆虫個体数の研究でも、重大な影響が見られました。[198]流出による化学物質は、ミネソタまで遠く離れた渡り鳥で発見された。ペリカンの卵には「石油化合物とCorexit」が含まれていました。[129]油からの分散剤とPAHは、科学者や商業漁業者が2012年に見た突然変異魚の「不穏な数」を引き起こしたと考えられており、エビの50%が目と眼窩の欠如を発見しました。[199] [200]にじみ出る痛みと病変のある魚は、2010年11月に漁師によって最初に注目された。[201]流出前は、湾岸の魚の約0.1%に病変または病変があった。からのレポートフロリダ大学によると、多くの場所で病変のある魚の20%が見られましたが、その後の推定では50%に達しました。[201] 2013年10月、アルジャジーラは、魚に見られる奇形や病変だけでなく、魚介類の漁獲量の減少を理由に、湾岸の生態系が「危機に瀕している」と報告した。[202] J. Christopher Haney、Harold Geiger、およびJeffrey Shortによると、環境モニタリングと流出後の死亡率評価に豊富な経験を持つ3人の研究者が、ディープウォーターホライズンの直接の結果として100万羽以上の沿岸の鳥が死亡した。こぼれ。これらの数は、全米オーデュボン協会の科学者による急性期後の鳥のコロニーと鳥の死亡率の観察と相まって、100万羽以上の鳥が最終的に湾岸油流出の致命的な影響に屈したと結論付けました。

2010年7月、流出は「湾岸の海洋生物にすでに「壊滅的な」影響を及ぼしている」と報告された。[203]海底 の損傷は、特にその範囲が流出の影響を受けた地域内に完全に含まれているルイジアナのパンケーキアカグツを危険にさらした。[204] 2012年3月、湾岸サンゴ群集の死と流出との間に決定的な関連性が発見された。[205] [206] [207] [208] NOAAによると、流出が始まる前からクジラ類の異常死亡イベント(UME)が認識されており、NOAAはディープウォーターホライズンから進行中のUMEに寄与する可能性のある要因を調査しています。流出は、流出が関連していることが示された場合、最終的に刑事告発される可能性があります。[209]いくつかの推定では、殺された哺乳類の死骸の2%しか回収されていません。[210]

2010年4月29日に乳化油で観察されたスジイルカ(Stenella coeruleoalba )

流出後のイルカの最初の出産シーズンに、死んだ赤ちゃんイルカはミシシッピ州とアラバマ州の海岸線に沿って通常の約10倍の数で洗い流されました。[211] [デッドリンク]ピアレビューされたNOAA/BPの調査によると、2011年半ばにバラタリア湾でテストされたバンドウイルカのほぼ半数が「警備されているか悪化している」状態でした。生き残ることは期待されていなかった」と語った。BPの当局者は、病気の状態が流出に関連していることを否定し、イルカの死亡はBPの油流出の前に実際に報告され始めたと述べています。[198] [212] [213] 2013年までに、650頭以上のイルカが油流出地域で立ち往生しているのが発見されました。これは過去の平均の4倍の増加です。[214]全米野生生物連盟(NWF)は、主に絶滅危惧種のケンプヒメウミガメであるウミガメが高率で座礁していると報告してます流出前は、年間平均100回の座礁がありました。流出以来、その数はおよそ500に跳ね上がった。[215] NWFの上級科学者ダグ・インクリーは、海洋死亡率は前例がなく、食物連鎖の中で高く発生していると指摘し、「湾岸生態系に何か問題がある」ことを強く示唆している。[216] 2013年12月、ジャーナルEnvironmental Science&Technologyは、32頭のイルカの調査結果を発表しました。ルイジアナ州南東部近くの24kmの範囲から一時的に捕獲され、半分は重病または死亡していた。BPは、報告書は「流出に関連するいかなる因果関係についても決定的ではない」と述べた。[217] [218]

プラークミンズ教区のベイジミーの重油。2010年9月15日

2012年、タールボールは湾岸に沿って洗い流され続けました[219] [220] [221] [222]そして2013年、タールボールはまだミシシッピ川とルイジアナ州の海岸で発見されました。石油への暴露による樹木や湿地草の死によって引き起こされた、沿岸の島々の深刻な侵食の兆候。[223] 2013年、元NASAの物理学者ボニーシューメーカーは、2010年5月以来何度もこの地域を飛行した後、井戸の周囲30〜50マイル(48〜80 km)に「海洋生物の不足」があることに気づきました。[224] [225]

2013年、研究者は海底の油が劣化していないように見えることを発見し[226] 、「汚れた吹雪」と呼ばれる現象を観察しました。水柱の油が浮遊堆積物の周りに凝集し始め、海に落ち始めました。 「油性粒子の水中雨」の床。石油は何世代にもわたって食物連鎖にとどまる可能性があるため、結果は長期的な影響を与える可能性があります。[227]

科学における2014年のクロマグロの研究では、波の作用と化学分散剤によってすでに分解された油は、新鮮な油よりも毒性が高いことがわかりました。[228]サンゴに対する油と分散剤の相対毒性に関する2015年の研究でも、分散剤は油よりも毒性が高いことがわかりました。[229]

PLOS ONE掲載された米国海洋大気庁による2015年の調査では、イルカの死亡数の急増がディープウォーターホライズンの油流出に関連しています。[230] [231]

2016年4月12日、調査チームは、流出地域内の約360頭の赤ちゃんまたは死産のイルカの88%が「異常または未発達の肺を持っていた」と報告しましたが、他の地域では15%でした。この研究は、2016年4月の水生生物の病気に掲載されました。[232]

健康への影響

2010年6月までに、143件の流出暴露事件がルイジアナ州保健病院に報告されましたそのうち108人が清掃作業に従事し、35人が住民から報告されました。[233]油と​​分散剤からの化学物質が原因であると考えられています。分散剤の添加は油をより有毒にしたと考えられています。[234]

2010年5月21日、ルイジアナ州グランドアイルのすぐ西にあるエルマーズアイランドの油性廃棄物を作業員が片付けます。

米国保健社会福祉省は、これらの報告に応えて2010年6月にGuLF調査を開始しました。この研究は国立環境衛生科学研究所によって運営されており、少なくとも5年間続きます。[235] [236]

2010年5月23日、ルイジアナ州ポートフォーチョンのビーチでBPと契約した労働者が石油を浄化する

ルイジアナ州の医師であるマイク・ロビシューは、この状況を「この国の歴史の中で化学中毒による最大の公衆衛生危機」と説明しました。[237] 7月、ルイジアナ、ミシシッピ、アラバマ、フロリダのBPクリーンアップ労働者と居住者の血液を揮発性有機化合物についてテストした後、環境科学者のウィルマ・スブラは「95パーセンタイルを5〜10倍超える量を見つけた」と述べた。 "; 彼女は「血液中のこれらの化学物質の存在は曝露を示している」と述べた。[236] [238] [239] エクソン・ヴァルディーズの油流出の経験を持つ海洋毒物学者のリキ・オットは、家族に湾岸からの避難を勧めた。[240]彼女は、バルデス流出の労働者は長期的な健康への影響に苦しんでいたと述べた。[241]

2010年5月26日、清掃作業員で働いていた7人の漁師が入院した後、BPは、国立労働安全衛生研究所に健康被害評価を実施するよう要請しました。これはすべてのオフショアクリーンアップ活動をカバーするためであり、BPは後にオンショアクリーンアップ操作の2回目のNIOSH調査を要求しました。7人の漁師の化学物質曝露のテストは陰性でした。NIOSHは、入院は、デッキの清掃に使用されていた熱、倦怠感、テルペンの結果である可能性が高いと結論付けました。その後の10回の入院のレビューでは、熱への曝露と脱水は一貫した所見であるが、化学物質への曝露を確立できなかったことがわかりました。NIOSHの職員は、海上、陸上、およびCorexitの適用中に、清掃作業員の周囲の空気モニタリングを実施しました。揮発性有機化合物とPAHの空気中濃度は、許容暴露レベルを超えることはありませんでした。彼らの方法論の限界は、調査を開始する前に一部のVOCがすでに油から蒸発している可能性があることでした。彼らの報告では、呼吸器症状は、おそらく油中の光化学反応から生成された、空気中の高レベルのオゾンまたは反応性アルデヒドによって引き起こされた可能性があることを示唆しています。NIOSHは、関係者の多くが個人用保護具(手袋と不浸透性のつなぎ服)を着用していないことを指摘し、これが石油からの化学物質の経皮吸収に対する重要な保護であると強調しました。熱ストレスが最も差し迫った安全上の懸念であることがわかりました。彼らの方法論の限界は、調査を開始する前に一部のVOCがすでに油から蒸発している可能性があることでした。彼らの報告では、呼吸器症状は、おそらく油中の光化学反応から生成された、空気中の高レベルのオゾンまたは反応性アルデヒドによって引き起こされた可能性があることを示唆しています。NIOSHは、関係者の多くが個人用保護具(手袋と不浸透性のつなぎ服)を着用していないことを指摘し、これが石油からの化学物質の経皮吸収に対する重要な保護であると強調しました。熱ストレスが最も差し迫った安全上の懸念であることがわかりました。彼らの方法論の限界は、調査を開始する前に一部のVOCがすでに油から蒸発している可能性があることでした。彼らの報告では、呼吸器症状は、おそらく油中の光化学反応から生成された、空気中の高レベルのオゾンまたは反応性アルデヒドによって引き起こされた可能性があることを示唆しています。NIOSHは、関係者の多くが個人用保護具(手袋と不浸透性のつなぎ服)を着用していないことを指摘し、これが石油からの化学物質の経皮吸収に対する重要な保護であると強調しました。熱ストレスが最も差し迫った安全上の懸念であることがわかりました。彼らは、呼吸器症状が、おそらく油中の光化学反応から生成された、空気中の高レベルのオゾンまたは反応性アルデヒドによって引き起こされた可能性があることを示唆しています。NIOSHは、関係者の多くが個人用保護具(手袋と不浸透性のつなぎ服)を着用していないことを指摘し、これが石油からの化学物質の経皮吸収に対する重要な保護であると強調しました。熱ストレスが最も差し迫った安全上の懸念であることがわかりました。彼らは、呼吸器症状が、おそらく油中の光化学反応から生成された、空気中の高レベルのオゾンまたは反応性アルデヒドによって引き起こされた可能性があることを示唆しています。NIOSHは、関係者の多くが個人用保護具(手袋と不浸透性のつなぎ服)を着用していないことを指摘し、これが石油からの化学物質の経皮吸収に対する重要な保護であると強調しました。熱ストレスが最も差し迫った安全上の懸念であることがわかりました。NIOSHは、関係者の多くが個人用保護具(手袋と不浸透性のつなぎ服)を着用していないことを指摘し、これが石油からの化学物質の経皮吸収に対する重要な保護であると強調しました。熱ストレスが最も差し迫った安全上の懸念であることがわかりました。NIOSHは、関係者の多くが個人用保護具(手袋と不浸透性のつなぎ服)を着用していないことを指摘し、これが石油からの化学物質の経皮吸収に対する重要な保護であると強調しました。熱ストレスが最も差し迫った安全上の懸念であることがわかりました。[242]

労働者は、呼吸器の使用は許可されておらず、使用すると仕事が脅かされると報告しました。[243] [244] [245] OSHAは、「クリーンアップ作業員は空気中の毒素への「最小限の」曝露を受けている... OSHAは、BPが特定の防護服を提供することを要求するが、呼吸器は提供しない」と述べた。[246] ProPublicaは、保護服を着用せずに作業しているときに労働者が写真に撮られていたと報告した。[247]ニューズウィークの独立した調査によると、BPはCorexitで使用するために法的に必要な安全マニュアルを配布しておらず、安全トレーニングや保護具も提供されていませんでした。[248]

クリーンアップ作業員に対する流出の健康への影響に関する2012年の調査では、「目、鼻、喉の炎症、呼吸器系の問題、尿中の血液、嘔吐、直腸出血、発作、数時間続く吐き気と激しい嘔吐のエピソード、皮膚の炎症、灼熱感」が報告されています。および病変;短期間の記憶喪失および混乱;肝臓および腎臓の損傷;中枢神経系への影響および神経系の損傷;高血圧;および流産」。ジェームズ・ディアス博士、AmericanJournalofDisasterMedicineに寄稿、湾岸に現れるこれらの病気は、エクソン・ヴァルディーズのように、以前の油流出後に報告されたものを反映していると述べた。ディアスは、「癌、肝臓と腎臓の病気、精神的健康障害、先天性欠損症、発達障害を含む慢性的な健康への悪影響は、敏感な集団と最も曝露の多い集団の間で予想されるべきである」と警告した。ディアスはまた、神経障害が予想されるべきであると信じています。[249]

流出から2年後、国立労働安全衛生研究所が開始した調査では、浄化作業員の体内で流出した油と一致するバイオマーカーが見つかりました。[要出典]他の研究では、さまざまなメンタルヘルスの問題、皮膚の問題、呼吸の問題、咳、頭痛が報告されています。[250] 2013年の3日間の「メキシコ湾原油流出事故と生態系科学会議」の間に[251]議論された調査結果には、不安、うつ病、 PTSDなどの精神的健康問題を報告する湾岸住民の「かなりの割合」が含まれていました。これらの研究はまた、元流出浄化作業員の遺体が「油に含まれる多くの化学物質」のバイオマーカーを持っていることを示しました。[252] [253]

海岸から10マイル以内に住むルイジアナ州とフロリダ州の子供たちの健康への影響を調査した研究では、親の3分の1以上が子供たちの身体的または精神的な健康症状を報告していることがわかりました。コロンビア大学の国立災害対策センターの所長であるデビッド・アブラムソン氏によると、両親は「耳の出血、鼻血、女の子の月経の早期開始など、子供たちの原因不明の症状」を報告しました。[252]

ほぼ2,200人のルイジアナ州の女性を対象としたコホート研究では、「高い身体的/環境的曝露は、調査した13の身体的健康症状すべてと有意に関連しており、鼻、喉、または肺の灼熱感、喉の痛み、めまい、喘鳴と最も強い関連がありました。流出の結果として高度な経済的混乱に見舞われた場合、喘鳴、頭痛、水っぽい、灼熱感のある、目のかゆみ、鼻づまり、かゆみ、鼻づまりを報告する可能性が大幅に高くなりました。[254]

経済

BP油流出により漁業が影響を受けた地域の地図
アラバマ州オレンジビーチにサインインし、油流出による水泳を禁止するようアドバイスします

流出はBP [255]と、海洋掘削、漁業、観光などのガルフコーストの経済部門に強い経済的影響を及ぼしました。失われた観光ドルの見積もりは、2013年までに湾岸経済に最大227億ドルの損失をもたらすと予測されました。さらに、ルイジアナ州は、2010年末までに失われた訪問者の支出は合計3200万ドルであり、2013年までの損失は合計1億5300万ドルになると予測されました。状態だけ。[256] [257]メキシコ湾の商業漁業は、ピル後の漁業閉鎖の結果として2億4700万ドルを失ったと推定されました。ある調査によると、湾岸での商業、レクリエーション、海洋牧場の喪失または劣化による全体的な影響は、2020年までに87億ドルになり、同じ時間枠で22,000人の雇用が失われる可能性があります。[257] [258]流出に対するBPの支出には、流出対応、封じ込め、救援井戸掘削、湾岸諸国への助成金、支払われた請求、および罰金と罰金を含む連邦費用が含まれていました。[259] 市場価値の喪失により、BPは2013年までに4つの主要石油会社の中で2番目から4番目に大きい会社に落ち込んだ。[260]危機の間、米国のBPガソリンスタンドは、会社に対する反発により、売上高が10〜40%減少したと報告しました。[261]

ルイジアナ州の地方当局者は、石油産業が直接的または間接的に約318,000人のルイジアナ州住民(州内の全雇用の17%)を雇用しているため、流出に対応して課せられた海洋掘削モラトリアムが沿岸地域の経済にさらに害を及ぼすことへの懸念を表明しました。[262] NOAAは、商業漁業のために86,985平方マイル(225,290 km 2)、つまりメキシコ湾の連邦海域の約36%を閉鎖し、漁業に25億ドルの費用をかけました。[263] [264] [265]米国旅行協会は、年間340億ドルの収益を生み出す40万人以上の旅行業界の仕事を支援する地域で、3年間の湾岸全域の観光に対する油流出の経済的影響が約230億ドルを超える可能性があると推定しました。[266] [267]

海洋掘削政策

米国の石油生産と輸入、1910年から2012年。

2010年4月30日、バラクオバマ大統領は、災害の原因を特定するために、連邦政府に新しい海洋掘削リースの発行を保留するよう命令し、湾岸の29の石油掘削装置の調査を承認しました。[268] [269]その後、6か月の海洋掘削(水深500フィート(150 m)未満)のモラトリアムが米国内務省によって施行された。[270]モラトリアムは、33のリグでの作業を中断し、[270]影響を受けた企業のグループは、Back toWorkCoalitionを結成しました。[271] 6月22日、米国連邦判事 ルイジアナ州マーティンリーチクロスフェルドマン東部地区連邦地方裁判所は、ホーンベックオフショアサービスLLC対サラザールの訴訟で判決を下したとき、モラトリアムを解除し、広すぎ、恣意的で、十分に正当化されていないと判断しました。[270] 2010年10月に解禁された。[要出典]

油流出に先立ち、2010年3月31日、オバマは、エネルギーと気候への支持を獲得するために、米国の東海岸の大部分とアラスカ北部の海岸に沿った石油とガスの掘削の禁止を終了しました。請求し、石油とガスの外国からの輸入を減らす。[272]

2010年4月28日、カナダ北極圏およびブリティッシュコロンビアコースト沿いの海洋掘削を規制するカナダ国立エネルギー委員会は、同じ季節の救援井戸を必要とする安全規則に反対する議論を説明するよう石油会社に求める書簡を発行しました。[273] 5月3日、カリフォルニア州知事のアーノルドシュワルツェネッガーは、カリフォルニアでの海洋掘削プロジェクトの拡大を許可する計画案への支持を撤回した[274] [275] 7月8日、フロリダ州知事チャーリー・クリスト州議会の特別会期で、州海域での海洋掘削を禁止する州憲法の改正案を起草するよう求めたが、州議会は7月20日にこれを拒否した。[276] [277]

2011年10月、米国内務省鉱物管理サービスは、掘削業界に対する監視が不十分であると判断された後、解散しました。安全環境執行局、海洋エネルギー管理局、および天然資源収入局のそれぞれ規制、リース、および収入収集の責任を分離して、3つの新しい機関がそれに取って代わった

2014年3月、BPは再び石油とガスのリースに入札することを許可されました。[278]

反応

米国の反応

BPのボイコットを提唱する抗議者

4月30日、オバマ大統領は、内務省および国土安全保障省の長官、ならびにEPA管理者およびNOAAを湾岸に派遣し、災害を評価しました。[279] 6月15日のスピーチで、オバマ氏は、「この油流出は、アメリカがこれまでに直面した中で最悪の環境災害です。私たちは彼らの会社が引き起こした損害に対してBPに支払いをさせます。そして私たちは湾岸とその人々がこの悲劇から立ち直るのを助けるために必要なことは何でもします。」[280] 内務長官のケン・サラザールは、「私たちの仕事は基本的に、ブーツをブリティッシュ・ペトロリアムの首に留めておくことです」と述べた。[281]一部のオブザーバーは、オバマ政権がその批判に過度に積極的であると示唆し、一部のBP投資家は、彼自身の危機への対処に対する批判をそらす試みと見なした。[282] ランド・ポールはオバマ大統領を反ビジネスで「非アメリカ人」であると非難した。[281]

米国の世論調査は、オバマ大統領と連邦政府が災害に対処する方法に一般的に批判的であり、彼らはBPの対応に非常に批判的でした。米国全土で、数千人がBPガソリンスタンドやその他の場所で数十の抗議に参加し[283] [284] [285]、一部のステーションでの売上を10%から40%削減しました。[286]

業界は、災害はまれであり、この流出は孤立した事件であり、業界の信頼性が失われたという主張を拒否したと主張しました。[287]アメリカ石油協会(API)は、海洋掘削産業は雇用創出と経済成長にとって重要であると述べました。[287] [288]上位5社の石油会社のCEOは全員、安全性の向上に一生懸命取り組むことに同意しました。APIは、APIのロビー活動とは別に、オフショア安全研究所の設立を発表しました。[289]

アメリカの抗議者はユニオンフラッグに立っており、おそらくBPをイギリスに関連付けています

ワシントンDCに本拠を置く米国への海外投資の提唱者である国際投資機構は、激しいレトリックが米国で事業を行う英国企業の評判を損なう可能性があり、米国の保護貿易主義の波を引き起こし、制限する可能性があると警告した政府との契約、政治献金、ロビー活動からの英国企業。[290] [291]

2010年7月、オバマ大統領は、特にディープウォーターホライズンの原油流出事故を引用して大統領命令を発し、省庁間海洋政策タスクフォースからの勧告を採用し、国家海洋評議会を設立しました。[292]評議会は、海洋問題に従事する多くの連邦委員会と部門を召集し、保全と資源管理のために新しく設立された委員会と協力した。[293] 2018年6月、国家海洋評議会を設立する大統領命令は、官僚主義を後退させ、「何百万人ものアメリカ人を雇用する海洋産業」に利益をもたらすために、トランプ大統領によって取り消された。[293] [294]

イギリスの反応

英国では、1998年にBritishPetroleumが米国の会社Amocoと合併してBPAmocoを設立して以来使用されていない名前である、同社の「BritishPetroleum」という用語の誤用について米国の報道機関や報道機関に怒りがありました。米国は英国国民に非難を「投げかけている」と言われ、英国のデービッド・キャメロン首相が米国における英国の利益を保護するよう求められた。英国の年金基金マネージャー(BP株を大量に保有し、その配当に依存している)は、BPが流出と環境被害の補償を支払わなければならない一方で、オバマ大統領からの会社の市場価値へのコストを主張した。[282]

当初、BPは事件を軽視していました。CEOのTonyHaywardは、「非常に大きな海」と比較して、石油と分散剤の量を「比較的少量」と呼んでいます。[295]その後、流出は湾岸の住民の混乱であり、彼自身が「あなたが知っている、私は私の人生を取り戻したい」と付け加えたとき、彼は批判を浴びせた。[296] BPの最高執行責任者であるダグ・サトルズは、水中プルームの議論に反論し、「プルームがここにあるものをどのように定義するかによるかもしれない…発見された油は非常に少量である」と述べた。[297]6月、BPはPRキャンペーンを開始し、Googleやその他の検索エンジンでの流出に関連するいくつかの検索用語に入札し、最初のスポンサー付き検索結果が会社のWebサイトに直接リンクされるようにしました。[298] [299] 2010年7月26日、CEOのTony Haywardが辞任し、以前はAmocoで働いていたアメリカ市民のBobDudleyに交代することが発表されました。[300] [301]

ディープウォーターホライズンへのヘイワードの関与は、彼に非常に物議を醸す公人を残しました。2013年5月、彼はバーミンガム大学から「著名なリーダー」として表彰されましたが、彼の授賞式は、嫉妬とウォークアウト、そしてPeople&Planetメンバーからの抗議の焦点によって何度も中止されました。[302]

2013年7月、ヘイワードはロバートゴードン大学から名誉学位を授与されましたこれは、Friends of the Earth Scotlandによって「非常に深刻な判断の誤り」であり、大学の生徒会長によって「病気の冗談」であると説明されました。[303]

国際的な反応

米国政府は、カナダ、クロアチア、フランス、ドイツ、アイルランド、メキシコ、オランダ、ノルウェー、ルーマニア、韓国、スペイン、スウェーデン、英国、および国連からの浄化支援の申し出を拒否しました。米国国務省は23か国からの70の支援提案をリストし、最初はすべて拒否されましたが、その後8つが受け入れられました。[304] [305] USCGは、いくつかの国からスキミングボートと装備を積極的に要求した。[306]

法的側面と和解

調査

米国では、ディープウォーターホライズンの調査には、USCG国家事件司令官、サドアレン提督、BPディープウォーターホライズン油流出および海洋掘削に関する国家委員会、海洋エネルギー管理、規制および施行局による報告を含む、いくつかの調査および委員会が含まれていました。 (BOEMRE)、国立工学アカデミー国立研究評議会政府説明責任局、国立油流出委員会、および化学物質安全性および危険性調査委員会[59]マーシャル諸島共和国の海事管理者は、海難者について別の調査を実施しました。[2] BPは内部調査を実施しました。

爆発の考えられる原因の調査は、USCGと鉱物管理サービスによって2010年4月22日に開始されました。[36] 5月11日、米国政府は全米技術アカデミーに独立した技術調査の実施を要請した。[307] BPディープウォーターホライズン石油流出および海洋掘削に関する全国委員会は、「災害の根本原因を検討し、安全および環境予防策に関するオプションを提供する」ために5月22日に設立されました。[308]米国司法長官の エリック・ホルダーによる調査は2010年6月1日に発表された。[309]また米国下院エネルギー・商業委員会は、トニー・ヘイワード、アナダーコおよび三井物産の探鉱ユニットの長の公聴会を含む、多くの公聴会を実施しました。[81] [310]米国議会の調査によると、キャメロンインターナショナルコーポレーションによって製造されたリグの噴出防止装置は、油圧漏れとバッテリーの故障があったため、故障しました。[311]

2010年9月8日、BPは自社のWebサイトで193ページのレポートをリリースしました。報告書は、事故の責任の一部をBPだけでなく、ハリバートントランスオーシャンにも置いています。[312]報告書によると、2010年4月20日、管理者は圧力データを読み間違え、坑井内の掘削流体を、坑井に漏れていたガスの発火を防ぐのに十分な重さではない海水に置き換えることをリグ作業員に承認しました。パイプをリグまで上げて、爆発を引き起こします。結論は、リグを所有していたトランスオーシャンと同様に、BPが部分的に責任があるということでした。報告に応えて、トランスオーシャンとハリバートンはすべてBPに責任を負わせた。[313]

2010年11月9日、油流出委員会の報告によると、坑井は「急いで完成」したとのことで、経営陣の決定が不十分であると批判されました。「そのリグには安全文化がなかった」と共同議長は語った。[314]

BPディープウォーターホライズン石油流出および海洋掘削に関する全国委員会は、2011年1月5日に最終報告書を発表しました。[315] [316]パネルは、BP、ハリバートン、およびトランスオーシャンがより安価に作業を試みたため、爆発とそれに続く漏れ。[317]報告書は、「意図的であるかどうかにかかわらず、マコンドの噴出のリスクを高めるためにBP、ハリバートン、およびトランスオーシャンが下した決定の多くは、明らかにこれらの企業にかなりの時間(およびお金)を節約した」と述べた。[317]BPはこれに応えて声明を発表し、「委員会の調査が終了する前でさえ、BPは安全性とリスク管理をさらに強化するように設計された重要な変更を実施した」と述べた。[318]しかしながら、トランスオーシャンは、実際の爆発が起こる前に決定を下したことについてBPを非難し、政府当局者はそれらの決定を許可したことを非難した。[319]ハリバートンは、セメントを井戸の壁に注入したとき、BPの命令にのみ作用していたと述べた。[318] [320] BPは、セメントボンドログテストを実行できなかったと批判した。[319]報告では、BPは9つの過失で告発された。[318] [320]1つは、セメントの強度をテストするための診断ツールを使用していなかったことです。[317]別の人は、失敗した圧力テストを無視していました。[318]さらに別の方法は、パイプをセメントで塞がないことでした。[317]しかしながら、この研究はこれらの出来事のいずれにも責任を負わせなかった。むしろ、「これらの固有のリスクにもかかわらず、4月20日の事故は回避可能であった」と結論付け、「それは、BP、ハリバートン、トランスオーシャン、および業界の彼らの操業の安全性の主張は、深海掘削のリスクを適切に最小化するであろう規制監視のプログラムを作成して適用することに失敗しました。」パネルはまた、政府の規制当局がこれらのコスト削減の決定に気付くのに十分な知識や権限を持っていなかったことにも留意した。[317]

2011年3月23日、BOEMRE(旧MMS)とUSCGは、 DetNorskeVeritasが作成した防噴装置に関する法医学検査レポートを公開しました[321]報告書は、失敗の主な原因は、せん断ブロック間のドリルパイプの座屈の一部が原因で、ブラインドせん断ラムが完全に閉じて密閉できなかったことであると結論付けました。

2011年9月に発行された米国政府の報告書は、BPが最終的に流出の責任を負い、ハリバートンとトランスオーシャンが責任の一部を共有していると述べています。[20] [322]報告書は、主な原因はセメントの仕事の欠陥であり、ハリバートン、BP、トランスオーシャンがさまざまな方法で事故の原因であったと述べている。[20]報告書は、ディープウォーターホライズンの沈没につながるイベントは、井戸の噴出を防ぐことができなかったために動き始めたが、調査により、トランスオーシャンとそのディープウォーターホライズンによる多数のシステムの欠陥と作為および不作為が明らかになったと述べた災害の規模を防止または制限する能力に悪影響を及ぼした乗組員。報告書はまた、パンクの主な原因は、炭化水素がライザーを通ってリグに流れ込み、ブローアウトを引き起こすことを可能にするセメントバリアの故障であったと述べています。メキシコ湾の人命の損失とその後の汚染は、不十分なリスク管理、計画の土壇場での変更、重要な指標の観察と対応の失敗、不十分な適切な管理対応、および企業による不十分な緊急橋梁対応訓練の結果でした。マコンド井戸での掘削と掘削プラットフォームの操作を担当する個人。[20]

流出対応基金

バラク・オバマ大統領は、国家事件司令官、サド・アレン提督、およびEPA管理者のリサ・ジャクソンと会い、流出への対応について話し合います。

2010年6月16日、BPの幹部がオバマ大統領と会談した後、BPは、ディープウォーターホライズン流出から生じる請求を解決するための200億ドルの基金であるガルフコースト請求施設(GCCF)を発表し、設立しました。[81] [323]この基金は、天然資源の損害、州および地方の対応費用、および個人の補償のために確保されましたが、罰金または罰金に使用することはできませんでした。[81] GCCFを設立する前に、緊急補償は最初の施設からBPによって支払われた。[324]

GCCFは、弁護士のケネス・ファインバーグによって管理されました。施設は2010年8月23日に請求の受付を開始した。[323] 2012年3月8日、BPと原告の弁護士チームが集団訴訟の和解に合意した後、裁判所の監督下にある管理者PatrickJuneauが管理を引き継いだ。[325] [326]これまで、22万人の個人および企業の請求者の100万件以上の請求が処理され、62億ドル以上が基金から支払われました。支払いの97%は、湾岸諸国の請求者に対して行われました。[324]2012年6月、GCCFによる請求の和解は、裁判所が監督する和解プログラムに置き換えられました。この移行期間中に、追加の4億400万ドルの請求が支払われました。[327]

GCCFとその管理者であるFeinbergは、支払いの金額と速度、および透明性の欠如について批判されていました。[328]司法長官エリック・ホルダーによって発表されたGCCFの独立監査は、2011年10月21日に上院によって承認された。[329]監査人BDOコンサルティングは、7,300人の原告が誤って拒否または過少支払されたことを発見した。その結果、約6,400万ドルの追加支払いが行われました。[325]ミシシッピ司法センターは、10,000人の人々が「複雑な請求プロセスをナビゲートする」のを支援するために無料の支援を提供しました。ニューヨークタイムズミシシッピ州司法センターのスタッフ弁護士であるスティーブン・ティーグの意見記事は、BPが「妨害的な支払い」において「ますます勇敢になっている」と主張した。「しかし、何万人もの湾岸住民はまだ彼らの損失を完全に補償されておらず、多くは目的を達成するのに苦労しています。たとえば、漁業やサービス産業の多くの低賃金労働者は失われた賃金の補償を求めていますと3年間の仕事。」[330]

2013年7月、BPは法廷で数万件の請求に対する支払いを凍結するよう申し立て、とりわけ、補償請求の評価を担当するプログラムであるDeepwater Horizo​​n Court-SupervisedSettlementProgramのスタッフ弁護士が請求から不適切な利益を得たと主張しました。ニューオーリンズの法律事務所によって提出されました。弁護士は、彼が会社に紹介したクライアントの和解請求の一部を受け取ったと言われています。[330]事件に割り当てられた連邦裁判官、バルビエ裁判官は、広範な詐欺の証拠を見たことがないと述べ、和解プログラムの中止を拒否し、「請求を管理する弁護士を中傷する試みとして彼が見たものに腹を立てた」と付け加えた。 。」[331]

民事訴訟および和解

2010年5月26日までに、流出に関連する130件を超える訴訟がBP、トランスオーシャン、キャメロンインターナショナルコーポレーションハリバートンエネルギーサービス1つ以上に対して提起されました[ 333]。多地区訴訟として1つの裁判所に統合されました[333] 2011年4月21日、BPは、リグの所有者であるトランスオーシャン、セメント製造業者のハリバートン、および噴出防止装置に対して400億ドル相当の訴訟を起こしました。メーカーキャメロン。石油会社は、ハリバートンが安全な掘削条件を分析するためにモデリングソフトウェアを適切に使用できなかったという主張を含め、安全システムの失敗と請負業者の無責任な行動が爆発を引き起こしたと主張しました。[334]企業はその主張を否定している。

2012年3月2日、BPと原告は訴訟を解決することに合意しました。この取引により、流出の影響を受けた個人や企業が提出した約100,000件の請求が解決されます。[335] [336] 8月13日、BPは米国地区裁判官Carl Barbierに和解の承認を求め、その行動は「重大な過失または故意の違法行為を構成するものではなかった」と述べた。[337] 2013年1月13日、Barbier裁判官は、BPが提案した78億ドルの部分的和解の医療給付部分を承認した。石油の影響を受けた海岸沿いに少なくとも60日間住んでいる人、または石油や分散剤によって引き起こされた1つ以上の特定の健康状態を記録できる清掃に携わっている人は、清掃中に負傷した人と同様に、給付を受ける資格があります。[338]BPはまた、湾岸地域の健康支援プログラムを立ち上げ、健康診断の費用を支払うために、5年間で1億500万ドルを費やすことに同意しました。[45]原告を提示するグループによると、この取引には特定の上限はない。[339] BPは、請求を支払うために信託に95億ドルの資産を確保しており、この和解により、会社が流出関連費用に予算を組んだ372億ドルが増えることはないと述べています。[335] BPは当初78億ドルを費やすと予想されていました。2013年10月までに、予測は92億ドルに増加し、「大幅に高くなる可能性がある」と述べています。[340]

2012年8月31日、米国司法省(DOJ)は、ニューオーリンズの連邦裁判所に、メキシコ湾原油流出事故のBPを非難する書類を提出し、流出事故を「重大な過失と故意の違法行為」の例として説明しました。彼らの声明の中で、DOJは、BPの主張のいくつかは「明らかに誤解を招く」ものであり、裁判所は湾岸地域が「力強い回復を遂げている」というBPの主張を無視すべきであると述べた。BPは、「BPは、それが重大な過失ではなかったと信じており、1月の裁判でこの問題に関する証拠を提示することを楽しみにしている」と述べて告発を拒否した。[341] [342] DOJはまた、ディープウォーターホライズンリグの所有者および運営者であるトランスオーシャンも重大な過失の罪を犯したと述べた。[341] [343]

2012年11月14日、BPと米国司法省は和解に達しました。BPは、45億ドルの罰金およびその他の支払いを行います。これは、米国史上最大の金額です。さらに、米国政府は、BPの「ビジネスの完全性の欠如」を理由に、BPが新しい連邦契約を一時的に禁止しました。[344] [345]罪状認否は、 2013年1月31日にルイジアナ州東部地区連邦地方裁判所サラ・ヴァンス 裁判官によって受け入れられた。 [346]和解には、国立魚類野生生物財団への23億9400万ドルの支払い1.15ドルが含まれる。油流出責任信託基金に10億ドル、国立科学アカデミーに3億5000万ドル油流出の防止と対応の研究のために、北米湿地保全基金に1億ドル、財務省に600万ドル、証券取引委員会に5億2500万ドル。[23] [59]ロンドンに本拠を置く投資銀行CanaccordGenuityの石油セクターアナリストは、開示された方針に沿った和解は、BPに対する多くの請求の部分的な解決にすぎないと述べた。[347]

2013年1月3日、米国司法省は「Transocean Deepwater Inc.は、水質浄化法に違反したことで有罪を認め、合計14億ドルの民事および刑事上の罰金と罰金を支払うことに同意しました」と発表しました。[348] 8億ドルは湾岸修復信託基金に、3億ドルは油流出責任信託基金に、1億5000万ドルは全米野生トルコ連盟に、1億5000万ドルは全米科学アカデミーに支払われます。MOEX Offshore 2007は、油流出責任信託基金に4,500万ドル、5つの湾岸諸国に2,500万ドル、補足的な環境プロジェクトに2,000万ドルを支払うことに合意しました。[59]

2013年7月25日、ハリバートンは、油流出後の重要な証拠の破棄について有罪を認め、最大許容罰金20万ドルを支払い、3年間の保護観察の対象になると述べました。[349]

2014年1月、米国第5巡回控訴裁判所の委員会は、石油流出の影響を受けた企業および個人の和解基金に対する「架空の」および「不条理な」請求の支払いを抑制するためのBPによる取り組みを却下しました。BPは、2012年の和解の管理は、実際の損害賠償のない人々が請求を行うことができるという事実によって損なわれたと述べた。裁判所は、BPが「この裁判所または地方裁判所が「認識できる傷害を被っていない原告」の存在をどのように特定または識別すべきか」を説明しなかったと裁定した[340]その後、裁判所はさらに進んで、BPの立場を「無意味」と呼んだ。 。」[350] [ 351]合衆国最高裁判所後に、犠牲者と原告が、多数の湾岸地域の商工会議所とともに、和解合意に同意するための石油メジャーの努力に反対した後、BPの訴えを聞くことを拒否した。[352]

2014年9月、ハリバートンは、2年間で3回の分割払いで、11億ドルを信託に支払うことにより、それに対する法的請求の大部分を解決することに合意しました。[353]

司法省訴訟

BPとその油井のパートナーであるトランスオーシャンとハリバートンは、2013年2月25日、ニューオーリンズのルイジアナ州東部地区連邦地方裁判所で、水質浄化法と天然資源被害に基づく支払いと罰金を決定するための裁判にかけられました。評価。原告には、米国司法省、湾岸諸国および個人が含まれていました。数百億ドルの責任と罰金が危機に瀕していた。重大な過失が見つかった場合、BPは連邦水質浄化法に違反した場合に支払う必要のある罰金が4倍になり、会社は私的請求に対する懲罰的損害賠償の責任を負います。[354]

裁判の最初の段階は、BP、トランスオーシャン、ハリバートン、およびその他の企業の責任を判断し、それらが重大な過失と故意の違法行為で行動したかどうかを判断することでした。[355] [356] 2013年9月に予定されている第2段階は石油の流量に焦点を当て、2014年に予定されている第3段階は損害を検討することでした。[357]原告の弁護士によると、爆発の主な原因はリグの安全性試験の取り扱いの誤りであり、スタッフの不十分な訓練、設備の不十分なメンテナンス、および標準以下のセメントも災害につながるものとして言及された。[356] [357]ウォールストリートジャーナルによると米国政府とガルフコースト州は、160億ドルの和解のためにBPへの申し出を準備していました。しかし、この取引がBPに正式に提案されたかどうか、およびBPがそれを受け入れたかどうかは明らかではありませんでした。[358]

2014年9月4日、米国地方裁判所のカール・バルビエ裁判官支配されたBPは重大な過失と故意の違法行為で有罪でした。彼はBPの行動を「無謀」と表現した。彼は、トランスオーシャンとハリバートンの行動は「過失」であると述べた。彼は、流出の責任の67%をBPに、30%をトランスオーシャンに、3%をハリバートンに割り当てました。罰金は、流出した石油のバレル数に対して測定された、当事者の過失の程度に応じて配分されます。水質浄化法の下では、裁判官の裁量により、罰金は1バレルあたり最大4,300ドルの費用に基づくことができます。裁判所は420万バレルが流出したと主張している間、バレルの数は、流出が続いた87日間で250万バレルが流出したとBPが主張して、裁判の終わりに争われました。BPは、この調査結果に強く反対し、裁判所に次のように述べた声明を発表しました。[359]

バルビエは、BPが「既知のリスクを意識的に無視」して行動したと判断し、他の当事者が油流出に対して同等の責任を負っているというBPの主張を拒否しました。彼の判決は、BPが「米国史上最大の環境災害につながるリスクを負った」と述べています。同社は「無謀」であり、いくつかの重要なBPの決定は、「井戸の安全を確保するのではなく、主に時間とお金を節約したいという願望によって推進された」と判断しました。BPはこの判決に強く反対し、直ちに上訴しました。[28] [360]

2015年7月2日、BP、米国司法省、および5つの湾岸諸国は、同社が187億ドルの記録的な和解金を支払うことに合意したと発表しました。[361]これまでのところ、クリーンアップ、環境および経済的損害および罰則に対するBPの費用は540億ドルに達しています。[362]

刑事告発

連邦政府は、私的訴訟と市民政府の行動に加えて、複数の企業と5人の個人を連邦犯罪で起訴しました。

2012年11月の連邦犯罪の決議で、BPは、11人の労働者の死亡に関連する11件の重罪罪で有罪を認めることに同意し、40億ドルの罰金を支払いました。[23]トランスオーシャンは、14億ドルの罰金の一部として軽罪罪で有罪を認めた。

2012年4月、司法省はBPのエンジニアであるKurt Mixに対して、BPが会社の最初の請求の3倍の流量であることを知っていて、「トップキル「成功する可能性は低いが、そうではないと主張した。[363] [364] [365] 2012年11月にさらに3人のBP従業員が起訴された。サイトマネージャーのドナルド・ヴィドリンとロバート・カルツァは、爆発前にリグで実施された主要な安全性試験の監督を怠ったとして過失致死罪で起訴された。掘削作業の問題について陸上エンジニアに警告しなかった。[366]メキシコ湾での探鉱を担当したBPの元副大統領であるDavidRaineyは、石油が井戸から流出する速度を不当表示したことで議会を妨害した罪で起訴されました。[367]最後に、ハリバートンのマネージャーであるアンソニー・バダラメンティは、2人の従業員に油井でのハリバートンのセメント作業に関連するデータを削除するように指示した罪で起訴された。[368]

個人に対する告発はいずれも懲役刑にはならず、上級幹部に対しても告訴は行われなかった。アンソニー・バダレメンティは1年間の保護観察を宣告され、[368]ドナルド・ヴィドリンは5万ドルの罰金を支払い、10か月の保護観察を受け、[369]カートミックスは6か月の保護観察を受け[370]、デビッド・レイニーとロバート・カルツァは無罪となった。[369] [370]

大衆文化で

ドキュメンタリー

  • 2011年3月28日、ディスパッチはジェームスブラバゾンBP:In Deep Waterによる、メキシコ湾での油流出やその他の事件、および政府との関係を取り上げた石油会社BPに関するドキュメンタリーを放送しました。[371] [372]
  • 2012年4月、ナショナルジオグラフィックチャンネルのドキュメンタリーシリーズ「衝撃の瞬間」では、「ディープウォーターホライズン」というタイトルのエピソードで事故が取り上げられました。[373]
  • 2012年、Beyond Pollution 2012 [374] [375] [376]は湾岸を旅し、環境の専門家、政府当局、漁師、科学者、掘削エンジニア、主要なBP請負業者にインタビューし、経済と健康への影響を調査しました。
  • 2012年、The Big Fixは、ディープウォーターホライズン石油掘削装置の沈没後のメキシコ湾での2010年4月の石油流出を記録しました。
  • 2014年、マーガレットブラウンの 『メキシコ湾原油流出事故』は、この悲劇の影響を受けた人々の社会的影響に焦点を当てることを選択しました。[377] [378] [379] [380] [381] [382] [383] 2015年4月19日、インディペンデントレンズ のシーズン16、エピソード14として放映されました[384] [385]
  • 2014年、ルイジアナ州のVanishing Pearls:The Oystermen of Pointe a la Hacheは、BPの油流出事故により作物が死に、財政が破綻した後、生き残るために苦労している300人近くの町を記録しました。[386] [387] [388] [389]
  • 2016年、Pretty Slickは、米国史上最大の人為的環境災害について、湾岸4州の清掃活動と地元住民を記録しました。[390] [391] [392] [393]

ドラマ

音楽

テレビ

  • ディープウォーターホライズンの油流出事故は、サウスパークの2010年のエピソード「クーン2:後知恵」で言及されています。BP掘削船が湾岸に新しい穴を開けるとき、それは誤って保護区域に油流出を引き起こし、乗組員の1人に「ああ、私たちがもう一度やったと言わないでください」と叫ぶように促します。エピソードの後半で、DPは再び掘削し、別の次元へのポータルを開き、湾をその生き物に攻撃させました。それから彼らは地球の引力を変えて海のうねりを鎮め、ポータルにキャップを置くことを望んでを掘削しました。残念ながら、これを行う際に、クトゥルフポータルから出現しました。彼らが掘削するたびに、トニー・ヘイワードは「ごめんなさい」キャンペーンを発表しました。湾岸の穴は2話後まで閉鎖されませんでした

も参照してください

参照

  1. ^ 「ディープウォーターホライズン」米国海洋大気庁2019年6月28日取得
  2. ^ a b c ディープウォーターホライズン海洋被害調査報告書(PDF)(報告書)。海事管理局。2011年8月17日2013年2月25日取得
  3. ^ a b c d e f ディープウォーターホライズンの油流出に関する現場コーディネーターレポート(PDF)(レポート)。2011年9月。 2012年9月15日のオリジナルからアーカイブ(PDF)2018年8月10日取得
  4. ^ a b 「BP/メキシコ湾原油流出事故– 68,000平方マイルの直接影響」(プレスリリース)。SkyTruth.org。2010年7月27日。2010年8月11日のオリジナルからアーカイブ2001年5月13日取得
  5. ^ 「最前線:流出」PBS最前線2010年10月26日2013年4月27日取得
  6. ^ a b ロバートソン、キャンベル; クラウス、クリフォード(2010年8月2日)。「湾岸流出はその種類の中で最大である、と科学者は言います」ニューヨークタイムズ2010年8月12日取得
  7. ^ 「BPは世界最悪の偶発的な油流出を漏らしている」デイリーテレグラフロンドン。2010年8月3日。2022年1月11日のオリジナルからアーカイブ2010年8月15日取得
  8. ^ ジャービス、リック; レビン、アラン(2010年5月27日)。「湾岸のオバマ大統領は、リークの阻止を推し進めることを約束している」USAトゥデイAP通信2013年3月3日取得
  9. ^ 「追悼式は11人の死んだ石油掘削装置労働者を称える」USAトゥデイ
  10. ^ a b Weber、Harry R.(2010年9月19日)。「吹き飛ばされたBPはついに湾の底で殺された」ボストングローブAP通信2011年2月26日取得
  11. ^ a b c Jamail、Dahr(2012年3月4日)。「マコンドが浸透する間、BPは落ち着く」"アルジャジーラ。 2012年6月1日取得
  12. ^ 「ロッキーキスナー:BPの背中のマコンドモンキー」ハフィントンポスト2011年9月30日2012年6月1日取得
  13. ^ abBP ディープウォーターホライズンの油流出時の地表および海中分散剤の使用ドラフト(PDF)(レポート)。BPディープウォーターホライズン石油流出および海洋掘削に関する全国委員会2010年10月6日2013年2月17日取得
  14. ^ タングリー、ローラ(2010年4月30日)。「油流出によって脅かされている鳥の生息地」国立野生生物全米野生生物連盟2010年5月3日取得
  15. ^ a b "BPクリーンアップの場合、2013年は460万ポンドの油性ガンクを意味します"NPR。
  16. ^ a b "BP流出からの油が、水中の流れによってタンパ湾の棚に押し出された、研究によると"タンパベイタイムズ2013年8月20日。
  17. ^ Viegas、Jen(2013年4月2日)。「イルカ、湾岸流出以来のウミガメの死を記録する」2016年1月30日にオリジナルからアーカイブされました。
  18. ^ a b サハグン、ルイ(2014年2月13日)。「油流出によって放出された毒素は、魚の心臓を心停止に陥れます」ロサンゼルスタイムズ2014年2月17日取得
  19. ^ a b ワイン、マイケル(2014年3月24日)。「BP流出による油にさらされた魚の胚は奇形を発症する、と研究が発見した」ニューヨークタイムズ2014年3月25日取得
  20. ^ a b c d 海洋エネルギー管理・規制・執行局(BOEMRE)/米国沿岸警備隊合同調査チーム(2011年9月14日)。「ディープウォーターホライズン合同捜査チームが最終報告書を発表」(プレスリリース)。米国政府。2011年9月24日にオリジナルからアーカイブされました2011年10月6日取得
  21. ^ 「BPはほとんど、しかし完全にではなく、湾岸流出のせいにする–全国的」アトランティックワイヤー。2011年9月14日2012年6月1日取得
  22. ^ 「オバマ油流出委員会の最終報告書は、BPとパートナーによるコスト削減の災害を非難している」デイリーテレグラフロンドン。2011年1月5日2011年11月5日取得
  23. ^ a b c クラウス、クリフォード; シュワルツ、ジョン(2012年11月15日)。「BPは有罪を認め、40億ドル以上を支払う」ニューヨークタイムズ2013年2月3日取得
  24. ^ Muskal、Michael(2013年1月29日)。「BPは2010年のメキシコ湾原油流出事故で過失致死罪で有罪を認める」ロサンゼルスタイムズ2013年2月3日取得
  25. ^ ゴールデンバーグ、スザンヌ; 特派員、米国環境; マカリスター、およびテリー(2012年11月28日)。「BPは深海災害をめぐる新しい米国連邦契約を停止した」ガーディアン
  26. ^ ブッソ、ロン(2018年1月16日)。「BPディープウォーターホライズンのコストは650億ドルに膨れ上がります」ロイター2018年5月31日取得
  27. ^ ワード、アンドリュー(2018年5月1日)。「BPは将来の増配を示唆している」フィナンシャルタイムズ2018年5月31日取得
  28. ^ a b ロバートソン、キャンベル; クラウス、クリフォード(2014年9月4日)。「BPは湾岸での流出に対して最高180億ドルの罰金を科される可能性がある」ニューヨークタイムズ2014年9月6日取得
  29. ^ 「ディープウォーターホライズンの油流出事故の解決:お金がどこに行ったのか」NOAA2017年4月20日。
  30. ^ コンラッド、ジョン; シュローダー、トム(2011)。湾岸の石油災害の秘話が地平線に向かって発砲します。ニューヨーク:HarperLuxe。p。3. ISBN 9780062066541
  31. ^ 「トランスオーシャン::ディープウォーターホライズンは世界で最も深い石油とガスの井戸を掘削します」deepwater.com。2012年。 2010年4月26日のオリジナルからアーカイブ2012年11月20日取得
  32. ^ 「ディープウォーターホライズンシンクオフショルイジアナ」RIGZONE業界ニュース、ストーリー、分析、社説2010年4月22日。
  33. ^ ジャービス、リック(2010年4月21日)。「La。石油掘削装置の爆発後に少なくとも11人の労働者が行方不明になっている」USAトゥデイAP通信2010年4月21日取得
  34. ^ 「BPはTransoceanLtdが本日次の声明を発表したことを確認します」(プレスリリース)。BP。2010年4月21日。2010年4月25日のオリジナルからアーカイブ2010年4月21日取得
  35. ^ 「オフショアフィールド開発プロジェクト:Macondo」Subsea.Org 2010年5月18日取得
  36. ^ a b c ブレナー、ノア; ゲゲル、アンソニー; Hwee Hwee、Tan; ピット、アンシア(2010年4月22日)。「CoastGuardはHorizo​​nのシンクを確認します」アップストリームオンラインNHSTメディアグループ2010年4月22日取得
  37. ^ シュワルツ、直樹; ウェーバー、ハリーR.(2010年5月1日)。「メタンの泡がリグブラストを引き起こした」南カリフォルニア公共ラジオ。AP通信2010年6月29日取得
  38. ^ カウフマン、レスリー(2010年4月24日)。「行方不明の石油掘削作業員の検索は終了します」ニューヨークタイムズp。A8 2010年4月24日取得
  39. ^ リーダー、ジェシカ(2012年11月15日)。「ディープウォーターホライズン爆発中に死亡した11人の労働者」ハフィントンポスト
  40. ^ カーカム、クリス(2010年4月22日)。「救助された石油掘削装置の爆発作業員がケナーホテルで家族に会うために到着します」タイムズピカユーン2010年4月22日取得
  41. ^ 「コーストガード:爆発した石油掘削装置が沈んだ」CNN。2010年4月22日2010年4月30日取得
  42. ^ 「米軍はメキシコ湾の油流出の努力に加わります」BBCニュース2010年4月29日2010年4月29日取得
  43. ^ クラウス、クリフォード; ブロダー、ジョン; カルメス、ジャッキー(2010年5月30日)。「リークマウントに対する批判としてのホワイトハウスの闘争」ニューヨークタイムズ2010年6月1日取得
  44. ^ ヘンリー、レイ(2010年6月15日)。「科学者たちは、ガルフオイルの漏出を推定している」MSNBC。AP通信2010年6月15日取得
  45. ^ a b c Kunzelman、Michael(2013年1月11日)。「BPは裁判官からのメキシコ湾原油流出事故の規模の決定を求めている」ハフィントンポストAP通信2013年1月20日取得
  46. ^ Hoch、モーリーン(2010年8月2日)。「新しい見積もりでは、ガルフオイルの漏出は2億500万ガロンになります」PBSNewsHourMacNeil /LehrerProductions 2010年12月19日取得
  47. ^ ルドルフ、ジョン(2012年12月8日)。「新しいBP油流出メールは隠蔽を示唆している」ハフィントンポスト
  48. ^ ケネディ、チャールズケネディ(2012年12月10日)。「カバーアップ:ディープウォーターホライズン流出事故で当局に嘘をついたBPを示す電子メール」OilPrice.com 2013年2月14日取得
  49. ^ Norse、Elliott A .; ジョン・エイモス(2010年11月)。「BP/ディープウォーターホライズンの石油およびガス災害の影響、認識、および政策への影響」(PDF)環境法レポーター40(11):11058–11073。ISSN0046-2284 _ 2013年2月22日取得  
  50. ^ 「ガルフアイランドビーチの石油への対応は続く」(プレスリリース)。国立公園局2010年6月4日2010年6月13日取得
  51. ^ ブルースタイン、グレッグ(2010年6月3日)。「油膜がフロリダを脅かしているため、BPには別の後退があります」プレインディーラーAP通信2011年2月26日取得
  52. ^ a b Kunzelman、Michael(2010年6月24日)。「湾岸で再び噴出する油」サンニュースAP通信。2012年3月20日にオリジナルからアーカイブされました2010年6月24日取得
  53. ^ McConnaughey、Janet; ステイシー、ミッチ(2010年6月27日)。「流出のために湾岸に戻った提督」サンニュースAP通信。2012年3月22日にオリジナルからアーカイブされました2010年7月1日取得
  54. ^ Lozano、Juan A.(2010年7月6日)。「BP流出はテキサスに広がる」サンニュースAP通信。2012年4月3日にオリジナルからアーカイブされました2010年7月6日取得
  55. ^ Mui、Ylan Q .; Fahrenthold、David A.(2010年7月7日)。「ポンチャートレイン湖の石油はニューオーリンズで心配をかき立てる」ワシントンポスト2010年7月8日取得
  56. ^ マーシャル、ボブ(2010年9月12日)。「新しい石油の波がミシシッピ川の西に上陸します」タイムズピカユーン2010年9月14日取得
  57. ^ 「メキシコ湾で発見された風化した油の大規模なストレッチ」タイムズピカユーンNola.com。2010年10月23日2010年10月23日取得
  58. ^ ポルソン、ジム(2011年7月15日)。「湾岸流出の終わりから1年後もまだ上陸しているBPオイル」ブルームバーグ2011年11月5日取得
  59. ^ a b c d e f g h Ramseur、Jonathan L .; Hagerty、Curry L.(2013年1月31日)。ディープウォーターホライズンの油流出:最近の活動と進行中の開発(PDF)(レポート)。議会のためのCRSレポート。議会調査局R42942 2013年2月13日取得
  60. ^ Beyer、Jonny; トランナム、ヒルデC .; Bakke、Torgeir; ホドソン、ピーターV .; Collier、Tracy K.(2016年9月15日)。「ディープウォーターホライズンの油流出の環境への影響:レビュー」海洋汚染速報110(1):28–51。土井10.1016/j.marpolbul.2016.06.027hdl11250/2569780ISSN0025-326X_ PMID27301686_  
  61. ^ Adcroft、A .; R.ホールバーグ; JPダン; BLサミュエルズ; JAゴールト; CH Barker&D。Payton(2010)。「メキシコ湾における溶存油の水中プルームのシミュレーション」(PDF)地球物理学研究レター37(18):L18605。Bibcode2010GeoRL..37186​​05A土井10.1029/2010GL044689
  62. ^ ギリス、ジャスティン; ロバートソン、キャンベル(2010年7月28日)。「湾岸表面の油がすぐに消える」ニューヨークタイムズ
  63. ^ Bolsatd、エリカ; Schoof、Renee; タレフ、マーガレット(2010年8月5日)。「疑わしいのはバラ色の石油レポートに従う」サンニュース2012年4月3日にオリジナルからアーカイブされました2010年8月5日取得
  64. ^ Zabarenko、Deborah(2010年8月4日)。「BP流出油のほぼ3/4が湾岸から流出した」ロイター2010年8月15日取得
  65. ^ 「科学者は新しい湾の流出報告を「ばかげている」と呼びます–OneindiaNews」News.oneindia.in 2010年8月15日取得
  66. ^ 「汚い水、BPの油流出からの厳しい教訓」CNN。2011年1月13日。
  67. ^ Schleifstein、Mark(2012年4月20日)。「こぼれたBPオイルはルイジアナ海岸に残っている」タイムズピカユーン2012年6月1日取得
  68. ^ Schrope、Mark(2013年1月26日)。「ダーティブリザード埋没ディープウォーターホライズンオイル」自然2013年2月3日取得
  69. ^ 「40,000ポンドのタールマットは私達に油流出が終わっていないことを思い出させます」2013年6月27日。
  70. ^ 「BPは湾岸浄化から撤退し、未回答の質問を残します」ハフィントンポスト2013年6月16日。
  71. ^ Paul, John H.; Hollander, David; Coble, Paula; Daly, Kendra L.; Murasko, Sue; English, David; Basso, Jonelle; Delaney, Jennifer; McDaniel, Lauren; Kovach, Charles W. (3 September 2013). "Toxicity and Mutagenicity of Gulf of Mexico Waters During and After the Deepwater Horizon Oil Spill". Environ. Sci. Technol. 47 (17): 9651–9659. Bibcode:2013EnST...47.9651P. doi:10.1021/es401761h. PMID 23919351. S2CID 206970807.
  72. ^ "Robot subs trying to stop Gulf oil leak". CBC News. 25 April 2010. Retrieved 25 April 2010.
  73. ^ 「米国の石油流出は「生き方を脅かす」、知事は警告する」BBCニュース2010年5月2日2010年5月2日取得
  74. ^ ボルスタッド、エリカ; クラーク、レスリー; チャン、ダニエル(2010年5月14日)。「エンジニアは、油流出現場にサイフォンチューブを配置するために作業します」トロントスターマクラッチー新聞2010年5月14日取得
  75. ^ "「トップキル」BP操作で米国の石油漏れの半分が失敗する」。BBCニュース2010年5月29日。2010年5月29日取得
  76. ^ 「トップキルは失敗します」アップストリームオンラインNHSTメディアグループ2010年5月28日2010年6月1日取得
  77. ^ ブレナー、ノア; ゲゲル、アンソニー; ピット、アンシア(2010年5月15日)。「BPは最初のチューブトライでミスします」アップストリームオンラインNHSTメディアグループ2010年6月30日取得
  78. ^ 「メキシコ湾の油流出対応に関する最新情報– 5月24日」(プレスリリース)。BP。2010年5月24日。2010年5月24日のオリジナルからアーカイブ2010年5月24日取得
  79. ^ Nuckols、ベン; ブルースタイン、グレッグ(2010年5月27日)。「湾岸は、油漏れを塞ぐための最新の入札に関する発表を待っている」ノックスビルニュースAP通信2010年6月29日取得
  80. ^ ネルソン、メリッサ; モール、ホルブルック(2010年6月5日)。「油は、滑らかな広がりとしてビーチや観光客を汚します」CNBCAP通信。2011年4月30日にオリジナルからアーカイブされました2010年6月29日取得
  81. ^ a b c d ブレナー、ノア(2010年6月17日)。「ヘイワードは、流出は「決して起こらないはずだった」と言っています"アップストリームオンライン。NHSTメディアグループ2010年6月17日取得
  82. ^ ブリーン、トム(2010年7月9日)。「ロボットは、噴出する井戸からキャップを取り除く作業を開始します」ボストンヘラルドAP通信2011年2月26日取得[デッドリンク]
  83. ^ ウェルズ、ケント。「シーリングキャップの取り付けアニメーション」BP 2010年7月18日取得
  84. ^ 「BPは新しい油井キャップのテストを開始します」アルジャジーラ2010年7月15日2013年3月3日取得
  85. ^ 「救援井戸と海底封じ込めイラスト」BP。2010年7月20日にオリジナルからアーカイブされました。
  86. ^ 「2番目のMacondoの救済は順調に進んでいます」アップストリームオンラインNHSTメディアグループ。2010年5月17日2010年5月25日取得
  87. ^ ヴェルガノ、ダン(2010年6月14日)。「救援井戸は18,000フィートの深さのパイプを目指しています」USAトゥデイ2010年6月15日取得
  88. ^ オイルドラム(2010年8月4日)。「BPの深海油流出事故–テストが終了し、殺害が開始され、静的な状態に十分に達しました」Theoildrum.com 2011年12月27日取得
  89. ^ Achenbach、Joel; マフソン、スティーブン; ブラニギン、ウィリアム(2010年8月5日)。「BPは「静的キル」の次の段階でセメントの圧送を開始します"ワシントンポスト。 2011年12月27日取得
  90. ^ 「BP:メキシコ湾の油漏れを止めることができなかった噴出防止装置が井戸から取り除かれました」フォックスニュースチャンネル。AP通信。2010年9月3日2010年9月3日取得
  91. ^ 「噴出防止装置の故障、メキシコ湾原油流出事故調査の重要な証拠、ボートに固定」フォックスニュースチャンネル。AP通信。2010年9月4日2010年9月5日取得
  92. ^ 「BP:メキシコ湾で会社の吹き飛ばされた井戸を永久に密封するためにポンプで注入されているセメント」フォックスニュースチャンネル。2010年9月16日2010年9月18日取得
  93. ^ マフソン、スティーブン; Hilzenrath、David S.(2010年5月31日)。「石油は8月まで噴出する可能性がある、と当局者は言う」ワシントンポスト2013年2月14日取得
  94. ^ 新鮮な油がルイジアナ海岸を襲うMSNBC2011年3月22日2013年2月14日取得
  95. ^ Jamail、Dahr。「メキシコ湾の石油に終わりはない」アルジャジーラ。
  96. ^ Jamail、Dahr(2011年9月1日)。「BP災害の復活?」アルジャジーラ2011年11月5日取得
  97. ^ 「新しい湾のスリックのオイルは2010年の流出のそれと一致します」ワシントンポスト
  98. ^ Lavelle、マリアンヌ(2012年10月13日)。「BPサイトにリンクされた新しい石油でプローブが深まる」グレートエナジーチャレンジブログ。
  99. ^ Aeppli_2013
  100. ^ 「20130127-穏やかな海だが問題のある海」Onwingsofcare.org。2013年2月4日にオリジナルからアーカイブされました2013年2月16日取得
  101. ^ ベン・レインズ、プレス登録(2011年8月26日)。「科学者:石油汚染湾はディープウォーターホライズンとよく一致します(フォトギャラリー、ビデオ)|al.com」Blog.al.com 2011年11月5日取得
  102. ^ Schleifstein、Mark(2012年11月26日)。「CoastGuard、BPがDeepwaterHorizo​​nサイトでの石油の報告を調査しています」タイムズピカユーン2011年11月5日取得
  103. ^ 「CoastGuardは、BPの北東16マイルの油の光沢が分散しすぎて回収できないと言っています」NOLA。
  104. ^ 「ディープウォーターホライズンの災害現場の光沢はBPオイルです、とコーストガードは言います」NOLA。
  105. ^ 「海岸警備隊はマコンドの近くの光沢が2010年のBP流出と一致すると言います」ブルームバーグビジネスウィーク2012年10月11日。2012年10月16日のオリジナルからアーカイブ2013年2月16日取得
  106. ^ シャリル・アットキソン(2012年12月17日)。「BPはガルフオイルリークの最新の検索を終了します」CBSニュース2013年2月13日取得
  107. ^ シャリル・アットキソン(2012年12月13日)。「DeepwaterHorizo​​nサイトからオイルが浸透している可能性があります」CBSニュース2013年2月13日取得
  108. ^ Schleifstein、Mark(2012年10月25日)。「ディープウォーターホライズンサイトの近くの新しい油の光沢の源は塞がれている、とBPは言います」タイムズピカユーン2013年2月13日取得
  109. ^ Schleifstein、Mark(2012年12月28日)。「BPマコンドよく、沿岸警備隊によってリリースされたディープウォーターホライズンの残骸のビデオ」タイムズピカユーン2013年2月13日取得
  110. ^ シャリル・アットキソン(2013年1月31日)。「ディープウォーターホライズンサイトからの未知の物質の漏出」CBSニュース2013年2月13日取得
  111. ^ ゴキブリ、ジョン(2013年1月31日)。「謎の「油の光沢」は、BP湾岸の災害現場の近くで成長します」と研究者は言います。NBCニュース2014年2月21日取得
  112. ^ スザンヌ・ゴールデンバーグ、米国環境特派員(2010年8月19日)。「BPの油流出:米国の科学者は、浄化の成功に対する保証を撤回します|環境」ガーディアンロンドン2010年9月5日取得
  113. ^ a b Kerr、Richard A.(2010年8月13日)。「緩いところにたくさんの油がありますが、それほど多くは見つかりません」(PDF)科学329(5993):734–5。Bibcode2010Sci...329..734K土井10.1126/science.329.5993.734PMID20705818_  
  114. ^ 「BPの油流出によるタールボールがガルフビーチで洗い流される」ナショナルジオグラフィック2012年3月22日。
  115. ^ 「フロリダキーズの環境保護論者は2010年夏のBP油流出から保護するために行動します|グローバル非暴力行動データベース」nvdatabase.swarthmore.edu 2017年9月28日取得
  116. ^ a b c d e f g バトラー、J。スティーブン(2011年3月3日)。BPマコンドウェルインシデント。米国メキシコ湾。汚染の封じ込めと修復の取り組み(PDF)リレハンメルエネルギークレーム会議。BDOコンサルティング2014年8月21日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2013年2月17日取得
  117. ^ Containment boom effort comes up short in BP oil spill. The Christian Science Monitor. (11 June 2010). Retrieved 7 April 2011.
  118. ^ Klein, Naomi (19 June 2010). "BP oil spill Deepwater Horizon, BP (Business), Oil spills (Environment), Oil and gas companies (Business), Oil (environment), Oil (business), US news, Conservation (Environment), Pollution (Environment), World news, Environment, Business". The Guardian. London.
  119. ^ BP spill response plans severely flawed | MNN – Mother Nature Network Archived 17 May 2013 at the Wayback Machine
  120. ^ "Slosh and Berm: Building Sand Barriers off Louisiana's Coast to Hold Back Oil Spill Has Low Probability of Success" David Biello in Scientific American 8 June 2010. Retrieved 19 July 2010
  121. ^ "Are the Sand Berms Really Stopping Oil?". Popular Mechanics. 22 July 2010.
  122. ^ "Sand berms partially political" article by Amy Wold in The Advocate 11 July 2010. Retrieved 19 July 2010 Archived 12 July 2010 at the Wayback Machine
  123. ^ EPA slams Jindal's sand berm plan | wwltv.com New Orleans Archived 26 July 2014 at the Wayback Machine
  124. ^ "How can human hair mop up the oil spill?". BBC News. 11 May 2010. Retrieved 5 June 2018.
  125. ^ Farhi, Paul (8 May 2010). "Matter of Trust creates hair-and-nylon booms to help clean up BP oil spill in Gulf". Washington Post. Retrieved 5 June 2018.
  126. ^ Swartz, Spencer (3 September 2010). "BP Provides Lessons Learned From Gulf Spill". The Wall Street Journal. Retrieved 5 September 2010.
  127. ^ "Oil dispersants used in Gulf of Mexico spill causing alarm". 17 May 2010.
  128. ^ Lustgarten, Abrahm (30 April 2010). "Chemicals Meant To Break Up BP Oil Spill Present New Environmental Concerns". ProPublica.
  129. ^ a b "Migratory Birds Carry Chemicals from BP Oil Spill to Minnesota Two Years After Disaster". Audubon. 23 May 2012. Archived from the original on 19 January 2013.
  130. ^ Blair, Kimberly (26 September 2011). "DISPERANTS: Chemicals BP used may cause cancer". Pensacola News Journal. Archived from the original on 28 July 2013.
  131. ^ Suzanne Goldenberg (5 May 2010). "Dispersant 'may make Deepwater Horizon oil spill more toxic' | Environment". The Guardian. London. Retrieved 5 September 2010.
  132. ^ a b Bolstad, Erika; Clark, Lesley (2 August 2010). "Government defends BP's use of dispersants, but worries linger". McClatchy Newspapers. Archived from the original on 3 August 2010. Retrieved 3 August 2010.
  133. ^ (Photo credit Jerry Moran\Native Orleanian) (31 August 2010). "Degraded oil in Mississippi Sound tests positive for dispersants, says lawyer | al.com". Blog.al.com. Retrieved 5 September 2010.
  134. ^ "Riki Ott: An Open Letter to US EPA, Region 6". Huffington Post. 27 August 2010. Retrieved 5 September 2010.
  135. ^ "Corexit: Deadly Dispersant in Oil Spill Cleanup". GAP. 19 April 2013. Retrieved 1 April 2014.
  136. ^ "What are oil dispersants?". CNN. 15 May 2010. Retrieved 2 July 2010.
  137. ^ Mark Guarino (15 May 2010). "In Gulf oil spill, how helpful – or damaging – are dispersants?". The Christian Science Monitor.
  138. ^ a b Mark Guarino (17 May 2010). "Gulf oil spill: Has BP 'turned corner' with siphon success?". The Christian Science Monitor.
  139. ^ "National Contingency Plan Product Schedule". Environmental Protection Agency. 13 May 2010. Archived from the original on 21 May 2010. Retrieved 21 May 2010.
  140. ^ "Dispersant Monitoring and Assessment Directive – Addendum" (PDF). Environmental Protection Agency. 20 May 2010. Archived from the original (PDF) on 23 May 2010. Retrieved 20 May 2010.
  141. ^ Tilove, Jonathan (21 May 2010). "BP is sticking with its dispersant choice". Times-Picayune. Retrieved 22 May 2010.
  142. ^ Wald, Matthew L. (31 July 2010). "BP Used Much Dispersant Despite E.P.A. Directive of Rarely". The New York Times.
  143. ^ Elisabeth Rosenthal (24 May 2010). "In Standoff With Environmental Officials, BP Stays With an Oil Spill Dispersant". The New York Times. Retrieved 25 May 2010.
  144. ^ Jackson, Lisa P. (24 May 2010). "Statement by EPA Administrator Lisa P. Jackson from Press Conference on Dispersant Use in the Gulf of Mexico with U.S. Coast Guard Rear Admiral Landry" (PDF). Environmental Protection Agency. Retrieved 25 May 2010.
  145. ^ Lavandera, Ed (3 June 2010). "Dispersants flow into Gulf in 'science experiment'". CNN. Retrieved 2 August 2010.
  146. ^ Goldenberg, Suzanne (3 August 2010). "BP oil spill: Obama administration's scientists admit alarm over chemicals". The Guardian. London. Retrieved 8 August 2010.
  147. ^ Khan, Amina (4 September 2010). "Gulf oil spill: Effects of dispersants remain a mystery". Los Angeles Times. Retrieved 5 September 2010.
  148. ^ "22-mile-long oily plume mapped near BP site – Disaster in the Gulf". MSNBC. 19 August 2010. Retrieved 5 September 2010.
  149. ^ AOL. "News & latest headlines from AOL". AOL.
  150. ^ "Drowning in Oil". Newsweek. 22 April 2013.
  151. ^ "Chemical Dispersant Made BP Oilspill 52 Times More Toxic". Mother Jones.
  152. ^ "Dispersant makes oil from spills 52 times more toxic". NBC News. 30 November 2012.
  153. ^ Schoof, Renee (17 July 2010). "Mother Nature left to mop up oily mess". The Sun News. Archived from the original on 20 March 2012. Retrieved 17 July 2010.
  154. ^ "Burning off oil from BP spill in Gulf posed little health risk, feds say in new report (video)". 12 November 2010.
  155. ^ Why Is the Gulf Cleanup So Slow?, The Wall Street Journal, 2 July 2010
  156. ^ Rioux, Paul (16 July 2010). "Giant oil skimmer 'A Whale' deemed a bust for Gulf of Mexico spill". The Times-Picayune. Retrieved 2 August 2010.
  157. ^ Gabbatt, Adam (16 June 2010). BP oil spill: Kevin Costner's oil-water separation machines help with clean-up. The Guardian.
  158. ^ Fountain, Henry (24 June 2010). "Advances in Oil Spill Cleanup Lag Since Valdez". The New York Times. Retrieved 5 July 2010.
  159. ^ Clarke, Sanchez, Bonfiles, Escobedo (15 June 2010). "BP 'Excited' Over Kevin Costner's Oil Cleanup Machine, Purchases 32". ABC News Good Morning America.
  160. ^ "Gulf of Mexico Oil Spill Response: Current Operations as of June 28". Deep Water Horizon Unified Command Agency. 28 June 2010. Archived from the original on 30 June 2010. Retrieved 28 June 2010.
  161. ^ Kintisch, Eli (13 August 2010). "An Audacious Decision in Crisis Gets Cautious Praise" (PDF). Science. 329 (5993): 735–736. Bibcode:2010Sci...329..735K. doi:10.1126/science.329.5993.735. PMID 20705819. Archived from the original (PDF) on 29 July 2013. Retrieved 18 February 2013.
  162. ^ Valentine, David L.; et al. (2011). "Dynamic autoinoculation and the microbial ecology of a deep water hydrocarbon irruption" (PDF). Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 109 (50): 20286–20291. Bibcode:2012PNAS..10920286V. doi:10.1073/pnas.1108820109. PMC 3528554. PMID 22233808. Retrieved 13 February 2013.
  163. ^ Brown, Eryn (16 September 2010). "Bacteria in the gulf mostly digested gas, not oil, study finds". Los Angeles Times.
  164. ^ Biello, David. "How Microbes Helped Clean BP's Oil Spill". Scientific American.
  165. ^ a b Oil-eating microbes may not be all they're cracked up to be | The Upshot Yahoo! News. Yahoo!!! News. Retrieved 7 April 2011.
  166. ^ Biello, David (28 April 2015). "How Microbes Helped Clean BP's Oil Spill". Scientific American. Retrieved 26 December 2017. The microbes did a spectacular job of eating a lot of the natural gas
  167. ^ Biello, David (25 May 2010). "Slick Solution: How Microbes Will Clean Up the Deepwater Horizon Oil Spill". Scientific American. Retrieved 26 December 2017.
  168. ^ Riki Ott: Bio-Remediation or Bio-Hazard? Dispersants, Bacteria and Illness in the Gulf. Huffington Post. Retrieved 7 April 2011.
  169. ^ "West Siberian research institute to help clean up Deepwater Horizon spill". Moscow. RIA Novosti. 27 July 2010. Retrieved 8 August 2013.
  170. ^ Marisa Taylor and Renee Schoof for McClatchy Newspapers, 18 May 2010. BP withholds oil spill facts — and government lets it Archived 25 March 2013 at the Wayback Machine
  171. ^ Gerald Baron for Crisisblogger, 8 June 2012. White House and BP legal wrangling: more damage to collaborative work in disaster response
  172. ^ a b c d e Jeremy W Peters for The New York Times, 9 June 2010 Efforts to Limit the Flow of Spill News
  173. ^ a b "Deepwater Horizon NOTAM Overview: Air Traffic Organization, System Operations, Security" (PPT). Federal Aviation Administration. 25 July 2010. Retrieved 11 April 2013.
  174. ^ Huber, Mark (January 2011). "The Other Gulf War". Air & Space. Retrieved 11 April 2013.
  175. ^ a b Warren, Michael (11 June 2010). "Is BP Stopping Journalists from Observing the Oil Slick?". The Weekly Standard. Retrieved 11 April 2013.
  176. ^ a b Maggi, Laura (29 May 2010). "Limits on access to oiled waters, coast frustrates journalists". The Times-Picayune. Retrieved 11 April 2013.
  177. ^ CBS News May 18, 2010 Broadcast
  178. ^ Mac McClelland for Mother Jones, 24 May 2010. "It's BP's Oil': Running the Corporate Blockade at Louisiana's Crude-Covered Beaches
  179. ^ a b c Matthew Philips, "BP's Photo Blockade of the Gulf Oil Spill: Photographers Say BP and Government Officials Are Preventing Them from Documenting the Impact of the Deepwater Horizon Disaster", Newsweek, 25 May 2010.
  180. ^ Matthew Lysiak and Helen Kennedy, "Dying, dead marine wildlife paint dark, morbid picture of Gulf Coast following oil spill", Daily News (New York), 2 June 2010.
  181. ^ a b c Dan Zak for the Washington Post, 3 June 2010. As oil spread, did BP battle to contain the media?
  182. ^ NPR. 4 June 2010 Transcript: Media Encounter Access Problems While Covering The Oil Spill Archived 17 May 2013 at the Wayback Machine
  183. ^ "Coast Guard Under 'BP's Rules". CBS Evening News. 18 May 2010.
  184. ^ PR Newser, 20 May 2010, Crisis Communications, CBS Denied Access to Shoot Oil Spill
  185. ^ "Gulf Oil Spill". Smithsonian Ocean Portal. Retrieved 23 November 2015.
  186. ^ GulfSource.org Archived 17 May 2016 at the Portuguese Web Archive
  187. ^ "Gulf Oil Spill | Smithsonian Ocean". ocean.si.edu. Retrieved 18 October 2021.
  188. ^ Biello, David (9 June 2010). "The BP Spill's Growing Toll on the Sea Life of the Gulf". Yale Environment 360. Yale School of Forestry & Environmental Studies. Archived from the original on 12 June 2010. Retrieved 14 June 2010.
  189. ^ Shirley, Thomas C.; John W. Tunnell Jr.; Fabio Moretzsohn; Jorge Brenner (May 2010). "Biodiversity of the Gulf of Mexico: Applications to the Deep Horizon oil spill" (PDF) (Press release). Harte Research Institute for Gulf of Mexico Studies, Texas A&M University. Archived from the original (PDF) on 30 January 2016. Retrieved 14 June 2010.
  190. ^ "OSU researchers find heightened levels of known carcinogens in Gulf – News and Research Communications". Oregon State University. 30 September 2010.
  191. ^ a b c Schneyer, Joshua (27 September 2010). "U.S. oil spill waters contain carcinogens: report". Reuters. Retrieved 1 October 2010.
  192. ^ Collins, Jeffrey; Dearen, Jason (16 May 2010). "BP: Mile-long tube sucking oil away from Gulf well". The Washington Times. Associated Press. Retrieved 29 June 2010.
  193. ^ a b "Oil spill full of methane, adding new concerns". MSNBC. 18 June 2010. Retrieved 20 June 2010.
  194. ^ "Oil spill's environmental costs". Toronto Sun.
  195. ^ Ortmann, Alice C.; Anders, Jennifer; Shelton, Naomi; Gong, Limin; Moss, Anthony G.; Condon, Robert H. (July 2012). "Dispersed Oil Disrupts Microbial Pathways in Pelagic Food Webs". PLOS ONE. 7 (7): e42548. Bibcode:2012PLoSO...742548O. doi:10.1371/journal.pone.0042548. PMC 3409195. PMID 22860136. e42548.
  196. ^ Mitra, Siddhartha; Kimmel, David G.; Snyder, Jessica; Scalise, Kimberly; McGlaughon, Benjamin D.; Roman, Michael R.; Jahn, Ginger L.; Pierson, James J.; Brandt, Stephen B.; Montoya, Joseph P.; Rosenbauer, Robert J.; Lorenson, Thomas D.; Wong, Florence L.; Campbell, Pamela L. (20 March 2012). "Oil from Deepwater Horizon disaster entered food chain in the Gulf of Mexico". Geophysical Research Letters. 39 (1): L01605. Bibcode:2012GeoRL..39.1605M. doi:10.1029/2011GL049505. hdl:10342/4283. Retrieved 1 June 2012.
  197. ^ Froomkin, Dan (29 July 2010). "Scientists Find Evidence That Oil And Dispersant Mix Is Making Its Way into The Foodchain". Huffington Post. Retrieved 2 August 2010.
  198. ^ a b Beaumont, Peter (31 March 2012). "Gulf's dolphins pay heavy price for Deepwater oil spill". The Guardian. London.
  199. ^ "BP oil spill: The 'horribly mutated' creatures living in the Gulf". Yahoo.
  200. ^ "Eyeless shrimp and mutant fish raise concerns over BP spill effects". Fox News Channel. 7 April 2010. Retrieved 1 June 2012.
  201. ^ a b Dahr Jamail. "Gulf seafood deformities alarm scientists – Features". Al Jazeera. Retrieved 1 June 2012.
  202. ^ Jamail, Dahr. "Gulf ecosystem in crisis after BP spill". Al Jazeera.
  203. ^ Deepwater Horizon spill threatens more species than legally protected, study finds
  204. ^ Smith, Lewis (23 May 2011). "Deep sea fish named in world top ten new species". Fish2Fork. Archived from the original on 26 May 2011. Retrieved 23 May 2011.
  205. ^ Gerken, James (26 March 2012). "Gulf Oil Spill: Coral Death 'Definitively' Linked To BP Spill". Huffington Post. Retrieved 1 June 2012.
  206. ^ White, Helen K.; Hsing, Pen-Yuan; Cho, Walter; Shank, Timothy M.; Cordes, Erik E.; Quattrini, Andrea M.; Nelson, Robert K.; Camilli, Richard; Demopoulos, Amanda W. J.; German, Christopher R.; Brooks, James M.; Roberts, Harry H.; Shedd, William; Reddy, Christopher M.; Fisher, Charles R. (11 December 2012). "Impact of the Deepwater Horizon oil spill on a deep-water coral community in the Gulf of Mexico". PNAS. 109 (50): 20303–20308. Bibcode:2012PNAS..10920303W. doi:10.1073/pnas.1118029109. PMC 3528508. PMID 22454495.
  207. ^ Association, Press (26 March 2012). "BP oil spill seriously harmed deep-sea corals, scientists warn". The Guardian.
  208. ^ Gutman, Matt; Netter, Sarah (3 December 2010). "Submarine Dive Finds Oil, Dead Sea Life at Bottom of Gulf of Mexico". ABS News. Retrieved 26 February 2011.
  209. ^ "2010–2011 Cetacean Unusual Mortality Event in Northern Gulf of Mexico – Office of Protected Resources – NOAA Fisheries". Nmfs.noaa.gov. 1 November 2011. Retrieved 5 November 2011.
  210. ^ Conservation Letters: Whale and dolphin death toll during Deepwater disaster may have been greatly underestimated by Dr. Rob Williams, et al. – Offshore Oil Drilling. Reefrelieffounders.com (30 March 2011). Retrieved 7 April 2011.
  211. ^ Nelson, Karen (22 February 2011). "Spike Reported in Number of Stillborn Dolphins on Coast". SunHerald.com. Archived from the original on 1 May 2011. Retrieved 3 April 2011.
  212. ^ "Half of bottlenose dolphins in Barataria Bay were seriously ill or dying in 2011, new study finds". NOLA. December 2013.
  213. ^ Kaufman, Leslie (23 March 2012). "Gulf Dolphins Exposed to Oil Are Seriously Ill, Agency Says". The New York Times. Gulf of Mexico;Louisiana. Retrieved 1 June 2012.
  214. ^ "Restoring A Degraded Gulf of Mexico – National Wildlife Federation". NWF.
  215. ^ "How You Can Help Wildlife Impacted by the BP Oil Spill – National Wildlife Federation". NWF.
  216. ^ Gerken, James (2 April 2013). "Is The Gulf Still Sick?". Huffington Post.
  217. ^ "BP Oil Spill: Dolphins Plagued By Death, Disease Years After Rig Explosion". Huffington Post Canada. 12 February 2014. Retrieved 17 February 2014.
  218. ^ Gander, Kashmira (17 February 2014). "Dolphins 'suffering miscarriage, lung disease, losing teeth after BP oil spill' researchers claim". The Independent (UK). London. Retrieved 17 February 2014.
  219. ^ "Tar Balls from BP Oil Spill Wash Up on Gulf Beaches". National Geographic. 22 March 2012. Retrieved 1 June 2012.
  220. ^ "About 565,000 pounds of oiled material from Deepwater Horizon stirred up by Hurricane Isaac". NOLA.
  221. ^ "Tropical Storm Lee surge reveals tar mats on Fourchon Beach". NOLA.
  222. ^ "Discovery of 'tar mat' prompts Gulf closure". WDSU. Archived from the original on 16 June 2013.
  223. ^ Dermansky, Julie (20 April 2013). "Three Years After the BP Spill, Tar Balls and Oil Sheen Blight Gulf Coast". The Atlantic. Retrieved 29 April 2013.
  224. ^ Science. "Mystery 'oil sheen' grows near site of BP Gulf disaster, says researcher". NBC News.
  225. ^ Gulf of Mexico, since the BP Oil Spill of 2010 April Archived 8 March 2014 at the Wayback Machine
  226. ^ "AP: BP oil not degrading on Gulf floor, study says". Retrieved 1 April 2014.
  227. ^ "Study: "Dirty bathtub" buried oil from BP spill". CBS News.
  228. ^ "Tuna study reveals how pollution causes heart problems". The Australian. 14 February 2014. Retrieved 18 February 2014.
  229. ^ "Dispersant Used to Clean Deepwater Horizon Spill More Toxic to Corals Than the Oil". NewsWise.
  230. ^ Ryan Grenoble (20 May 2015). Spike In Dolphin Deaths Directly Tied To Deepwater Horizon Oil Spill, Researchers Say. The Huffington Post. Retrieved 20 May 2015.
  231. ^ Nicholas St. Fleur (20 May 2015). Study Links Dolphin Deaths to Deepwater Horizon Oil Spill. The New York Times. Retrieved 21 May 2015.
  232. ^ Staletovich, Jenny (13 April 2016). "Hundreds of baby dolphin deaths tied to BP's Gulf oil spill". The Sun News. The Miami Herald. Retrieved 13 April 2016.
  233. ^ "Louisiana DHH Releases Oil Spill-Related Exposure Information". Louisiana Department of Health & Hospitals(DHH). 14 June 2010. Retrieved 16 June 2010.
  234. ^ Leader, Jessica (23 April 2013). "Is This Oil Spill Solution Worse Than The Problem?". Huffington Post.
  235. ^ Schmidt, Charles W. (2011). "OCCUPATIONAL HEALTH. Study to Examine Health Effects in 'Deepwater Horizon' Oil Spill Cleanup workers". Environmental Health Perspectives. 119 (5): A204. doi:10.1289/ehp.119-a204. ISSN 0091-6765. JSTOR 41203284. PMC 3094437. PMID 21531657.
  236. ^ a b Jamail, Dahr (29 October 2010). "BP dispersants 'causing sickness'". Al Jazeera. Retrieved 21 May 2013.
  237. ^ Blumenfeld, Erika (17 May 2011). "Exposing the human side of BP's oil spill". Al Jazeera. Retrieved 3 March 2013.
  238. ^ Jamail, Dahr (9 March 2011). "Gulf spill sickness wrecking lives". Al Jazeera. Retrieved 27 March 2013.
  239. ^ "BP Oil Spill Cleanup Workers Getting Sick, Exxon Valdez Survivor Warns of Long-Term Health Effects". Democracy Now!. 7 July 2010. Retrieved 1 June 2013.
  240. ^ Rose Aguilar, "Experts: Health Hazards in Gulf Warrant Evacuations Archived 15 November 2012 at the Wayback Machine", Truthout, 22 July 2010.
  241. ^ "Health of Exxon Valdez cleanup workers was never studied", Herald-Review (McClatchy), 4 July 2010.
  242. ^ Health Hazard Evaluation of Deepwater Horizon Response Workers National Institute for Occupation Safety and Health, August 2011.
  243. ^ Vanhemert, Kyle. "BP Reportedly Preventing Clean-Up Workers From Wearing Respirators". Gizmodo. Retrieved 5 March 2014.
  244. ^ Cohen, Elizabeth (31 May 2010). "Fisherman files restraining order against BP". CNN. Retrieved 5 March 2014.
  245. ^ Schor, Elana (9 July 2010). "Petition Urges Obama Admin to Protect Gulf Spill Cleanup Workers". NYT. Retrieved 5 March 2014.
  246. ^ Trotman, Melanie. "OSHA Says Cleanup Workers Don't Need Respirators". The Wall Street Journal. Retrieved 5 March 2014.
  247. ^ Chavkin, Sasha (13 July 2010). "Coast Guard Photos Show Spill Workers Without Protective Gear". ProPublica. Retrieved 5 March 2014.
  248. ^ Hertgaard, Mark (22 April 2013). "What BP Doesn't Want You to Know About the 2010 Gulf Spill". Newsweek. Retrieved 5 March 2014.
  249. ^ Juhasz, Antonia (18 April 2012). "Investigation: Two Years After the BP Spill, A Hidden Health Crisis Festers". The Nation. Retrieved 1 June 2012.
  250. ^ International, Living on Earth / World Media Foundation / Public Radio. "Living on Earth: Research Update on the Impact of BP Oil Spill". LCE.
  251. ^ "Gulf of Mexico Oil Spill & Ecosystem Science Conference (21–23 January 2013, New Orleans, LA)". Archived from the original on 23 February 2017. Retrieved 22 February 2017.
  252. ^ a b "BP Deepwater Horizon spill: Scientists say seafood safe, but health effects being measured". NOLA.
  253. ^ Conferences on this theme occurred at least in 2016 and 2017. "2016 Gulf of Mexico Oil Spill and Ecosystem Science Conference". CVENT.com. "2017 Oil Spill and Ecosystem Science Conference". CVENT.com.
  254. ^ Lauren C. Peres, Edward Trapido, Ariane L. Rung, Daniel J. Harrington, Evrim Oral, Zhide Fang, Elizabeth Fontham, and Edward S. Peters. Deepwater Horizon Oil Spill and Physical Health among Adult Women in Southern Louisiana: The Women and Their Children’s Health (WaTCH) Study.[permanent dead link] Environ Health Perspect;DOI:10.1289/ehp.1510348. advance publication, retrieved 5 February 2016
  255. ^ Pepitone, Julianne (10 June 2010). "BP shares recover after reassurance". CNNMoney.
  256. ^ "The Impact of the BP Oil Spill on Visitor Spending in Louisiana: Revised estimates based on data through 2010 Q4, Prepared for the Louisiana Office of Tourism". Tourism Economics. Retrieved 4 November 2016.
  257. ^ a b "Summary of Information concerning the Ecological and Economic Impacts of the BP Deepwater Horizon Oil Spill Disaster" (PDF). Natural Resources Defense Council. Retrieved 4 November 2016.
  258. ^ Sumaila, U.R.; et al. (March 2012). "Impact of the Deepwater Horizon well blowout on the economics of U.S. Gulf fisheries". Canadian Journal of Fisheries and Aquatic Sciences. 69 (3): 499–510. doi:10.1139/f2011-171. S2CID 53585645.
  259. ^ Breen, Tom (5 July 2010). "BP costs for oil spill response pass $3 billion". Associated Press. Retrieved 5 July 2010.
  260. ^ "Smaller BP's profits down as oil spill trial looms". Reuters. 5 February 2013.
  261. ^ Weber, Harry (19 December 2010). "Time to scrap BP brand? Gas-station owners divided". Associated Press. Retrieved 30 July 2010.
  262. ^ Sasser, Bill (24 May 2010). "Despite BP oil spill, Louisiana still loves Big Oil". The Christian Science Monitor.
  263. ^ "FB10-055: BP Oil Spill: NOAA Modifies Commercial and Recreational Fishing Closure in the Oil-Affected Portions of the Gulf of Mexico" (PDF). NOAA, National Marine Fisheries Service, Southeast Regional Office, Southeast Fishery Bulletin. 21 June 2010. Archived from the original (PDF) on 5 July 2010. Retrieved 22 June 2010.
  264. ^ "Deepwater Horizon/BP Oil Spill: Size and Percent Coverage of Fishing Area Closures Due to BP Oil Spill". NOAA, National Marine Fisheries Service, Southeast Regional Office. 21 June 2010. Archived from the original on 18 June 2010. Retrieved 22 June 2010.
  265. ^ "Bryan Walsh. (1 May 2010). Gulf of Mexico Oil Spill: No End in Sight for Eco-Disaster. Time. Retrieved 1 May 2010". Yahoo! News. 1 May 2010. Archived from the original on 3 May 2010. Retrieved 3 May 2010.
  266. ^ Proctor, Carleton (1 August 2010). "Big price tag for recovery of Gulf Coast". Pensacola News Journal. Archived from the original on 27 April 2011. Retrieved 1 August 2010.
  267. ^ "Potential Impact of the Gulf Oil Spill on Tourism" (PDF). Oxford Economics. 21 July 2010. Archived from the original (PDF) on 7 May 2012. Retrieved 1 August 2010.
  268. ^ Johnston, Nicholas; Nichols, Hans (1 May 2010). "New Offshore Oil Drilling Must Have Safeguards, Obama Says". Bloomberg. Retrieved 1 May 2010.
  269. ^ CBS/AP (29 April 2010). "Oil Spill Reaches Mississippi River". CBS News. Retrieved 29 April 2010.
  270. ^ a b c "Judge denies stay in moratorium ruling". Upstream Online. NHST Media Group. 24 June 2010. Retrieved 30 June 2010.
  271. ^ Durio, Katie. "Back to Work Coalition Established to Address Federal Permitting Issues". KATC.com. Archived from the original on 29 September 2011.
  272. ^ Neuman, Scott (31 March 2010). "Obama Ends Ban On East Coast Offshore Drilling". NPR. Retrieved 30 October 2021.
  273. ^ VanderKlippe, Nathan (30 April 2010). "Arctic drilling faces tougher scrutiny". The Globe and Mail. Canada. pp. B1, B8. Retrieved 2 May 2010.
  274. ^ Wood, Daniel B. (4 May 2010). "Citing BP oil spill, Schwarzenegger drops offshore drilling plan". The Christian Science Monitor. Retrieved 6 May 2010.
  275. ^ Mirchandani, Rajesh (3 May 2010). "California's Schwarzenegger turns against oil drilling". BBC News. Retrieved 6 May 2010.
  276. ^ "Fla. governor calls special oil drilling session". The Miami Herald. Associated Press. 8 July 2010. Archived from the original on 20 July 2010. Retrieved 8 July 2010.
  277. ^ Bosquet, Steve (20 July 2010). "Party-line vote ends Florida's oil drilling ban special session". The Miami Herald. Archived from the original on 22 July 2010. Retrieved 20 July 2010.
  278. ^ Robertson, Campbell; Schwartz, John (27 April 2014). "BP shifts its position on Gulf payouts". The Charlotte Observer. The New York Times. p. 4A.
  279. ^ Office of the Press Secretary (30 April 2010). "Statement by the President on the Economy and the Oil Spill in the Gulf of Mexico". whitehouse.gov (Press release). Archived from the original on 16 February 2017. Retrieved 5 May 2010 – via National Archives.
  280. ^ "Full text of President Obama's BP Oil Spill speech". Reuters. 15 June 2010. Retrieved 16 June 2010.
  281. ^ a b "Rand Paul: Obama BP criticism 'un-American'". MSNBC. Associated Press. 21 May 2010. Retrieved 19 November 2011.
  282. ^ a<