緊急事態および武力紛争における女性と子どもの保護に関する宣言

フリー百科事典ウィキペディアより
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

緊急事態および武力紛争における女性と子どもの保護に関する宣言は、 1974 年に国連によって採択され、同年に発効しました。これは国連経済社会理事会によって提案されたもので、女性や子供はしばしば戦争、内乱、その他の緊急事態の犠牲者となり、「非人道的な行為により深刻な危害を被る」ことになります。[1]

概要

宣言は、武力紛争中に女性と子供が「抑圧、侵略、植民地主義、人種差別、外国人の支配、および外国による征服」のために被害を受けると述べています. この宣言は、民間人への攻撃と爆撃(第 1 条)と、民間人に対する化学兵器および生物兵器の使用(第 2 条)を具体的に禁止しています。第 3 条は、各国に対し、1925 年のジュネーブ議定書と1949 年のジュネーブ条約を遵守することを求めています。宣言はまた、各国が「迫害、拷問、懲罰的措置、品位を傷つける取扱いおよび暴力」を終わらせるための措置を講じることを求めています。 「投獄、拷問、銃撃、大量逮捕、集団処罰」を認めるとともに、、住居の破壊、および強制立ち退き」を犯罪行為として[2] 。

宣言には、緊急事態に陥った女性や子供に提供される食料、避難所、医療へのアクセスなど、奪うことのできない権利も含まれています。[3]

最後に、宣言は、世界人権宣言、市民的および政治的権利に関する国際規約、経済的、社会的および文化的権利に関する国際規約、子どもの権利宣言を挙げて、他の国際法文書の拘束力を挙げています。[4]

も参照

参考文献

  1. ^ キニア、カレン L. (2011). 開発途上国の女性: リファレンス ハンドブックABC-CLIO。p。182.ISBN _ 9781598844252.
  2. ^ キニア、カレン L. (2011). 開発途上国の女性: リファレンス ハンドブックABC-CLIO。pp.182–183。ISBN 9781598844252.
  3. ^ キニア、カレン L. (2011). 開発途上国の女性: リファレンス ハンドブックABC-CLIO。p。183.ISBN _ 9781598844252.
  4. ^ クマール、アヌラーダ V. (2002). Under Privileged の人権開発百科事典、第 2 巻サラップ&サンズ。p。89.ISBN _ 9788176253246.

外部リンク