ダイティブシフト

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

言語学では与格シフトとは、動詞のサブカテゴリー化が、斜め与格または二重目的語構文の2つの交互の形式をとることができるパターンを指します。斜め与格(OD)形式では、動詞は名詞句(NP)と与格前置詞句(PP)を取りますが、2番目はコア引数ではありません。

(1)ジョン[ NP に本] [ PP.DATIVE toMary ]を与えました。

二重目的語構造(DOC)形式では、動詞は2つの名詞句を取ります。どちらもコア引数であり、与格引数が他の引数の前にあります。

(2)ジョン[ NP.DATIVE メアリー] [ NP に本]を与えました。

文献で使用されている同義語

日付シフトに関する文献で使用されている用語は異なる場合があります。以下の表は、この記事で使用されている用語を、他の場所で使用されている他の一般的な同義語とともに太字で示しています。

パターン: ジョン[ NP.DATIVE メアリー] [ NP ] を与えました ジョン[ NP に本] [ PP.DATIVE to Mary ]
この記事で使用される用語 ダブルオブジェクト構築(DOC) 斜め与格(OD) デートの交代
他の場所で使用される用語 デートシフト 単純与格 与格構造
動詞句補完構造 与格補体構造 与格変換

英語でのDativeShiftの配布

伝統的な文法は、(「経験則」として)単一音節の動詞のみが二重目的語構文(DOC)に含まれることを示唆しています。[1]

(3a)ジョンは[メアリー] [ケーキ]を買った
(3b)ジョンは[ケーキ] [メアリーのために]を購入しました
(4a)*ジョンは[メアリー] [新車]を買収しました
(4b) ジョン[新しい車] [メアリーのために]を取得しました

これについての1つの説明は、二重目的語の構築を可能にする動詞の起源にあります。一般に、ネイティブ(Anglo-Saxon)動詞はDOC形式を許可しますが、ラテン語動詞は許可しません。これは主に、語源の条件ではなく、ネイティブの動詞に関連するストレスが原因であると考えられます。ネイティブの動詞は、ラテン語の動詞に共通する複数の韻脚とは対照的に、単一の韻脚を持っていることが多いためです。[2]したがって、音韻的性質によって、交代に参加する動詞の分布に対する形態学的制約が影響を受けます。Pinker(1989)は、DOCを許可する1つのメトリックフィート(たとえば、promise、offer、assign、award)を持つラテン語の動詞の例でこの観察をサポートしています。[3]

追加のセマンティックコンポーネントは、一部のネイティブ動詞をさらに制約します。これらの動詞は、DOC形式の場合、シータグリッドに主題関係の受信者/目標/受益者のシータロールを持っている必要があります。シータグリッドは、特定の動詞のシータロールが格納される場所です(シータロールページのセクション2を参照)。例(5)では、動詞の語根が単音節であるにもかかわらず、[wash]には受信者のシータロールがないため、DOC形式は許可されていません。動詞がこのシータロールを欠いている理由の1つの説明は、直接目的語と間接目的語の間に所有格関係がないということです。[1]

(5a)* [ジョン]洗った[メアリー] [皿]
(5b)[ジョン]は[皿を] [メアリーのために]洗った

二重目的語の構築には、所有者と所有者の関係が必要です。つまり、斜め与格構造の間接目的語は、与格交代の候補となるために、受益者([for]によって導入されたPP)または受信者/目標([to]によって導入されたPP)のシータロールを持っている必要があります[4] この理論は、二重目的語の構築のために選択された動詞は、構文プロセスが行われる前に行われることを示唆しています。所有/所有の関係(意味的制約)の知識は、動詞のクラス制約(ネイティブ対ラテン語)の前に学習されます。次の表は、DOC形式を許可する動詞と許可しない動詞を示しています。わかりやすくするために、動詞には下線が引かれています。

DOCフォームを許可する動詞の例 DOCフォームを許可しない動詞の例
あなたの考えを教えてください *彼らにあなたの答えを 公開する
ボールを投げ *に物語を語ってください
サンドイッチを作っ *彼女にお金を 寄付する
私に手紙を送ってください 彼女にバースデーケーキを 購入する
に手紙を送ってください *解決策を説明してください

DativeShiftの分析

チョムスキー1955

ノーム・チョムスキーは、言語理論の論理構造(1955、1975)で、変形文法を使用した与格構造に関する提案を提供しています。[5]

チョムスキーの議論は、[ジョンがメアリーに手紙を送った]のような斜め与格の例は、基底形から派生していることを示唆しています。[6] :335 

この斜め与格文[ジョンはメアリーに手紙を送った]では、動詞[送信]とその間接目的語[メアリー]は、直接目的語[手紙]を除外する構成要素を構成します。したがって、OD形式には、主語が[手紙]で目的語が[(to)Mary]である基本的な動詞句(VP)が含まれます。[メアリーに送られた] VPは内部構成員と見なされます。この内部構成要素は、 D-Structureではっきりとわかりますが、V-Raising後のS-Structureでは不明瞭になっています。[6] :335 

例(6)と(7)は、V-Raising(6)の前の基礎となる表現と、V-Raising(7)の後の表面表現に現れる斜め与格を示しています。

(6)ジョン[ VP a letter [ V'send to Mary]](D-Structure)
(7)ジョンは[ VPに手紙[ V 'をメアリーに]](S-Structure)を送る

Kayne 1983

彼の著書「ConnectednessandBinary Branching[7] で、 Richard S. Kayneは、空の前置詞が二重目的語構造のソースであると提案しました。彼の分析では、英語の前置詞には客観的な文法格を割り当てる能力があります。Kayneは、空の前置詞が二重目的語の構築を可能にする責任があると主張します。

(8)ジョンは[ pp P e [メアリー]]本を買った。

Kayneは、空の前置詞(P e )を格の役割のソースにすることはできないという考えを続けています代わりに、空の前置詞は動詞によって割り当てられた大文字小文字を転送します。彼はさらに、格は通常オブジェクト格を割り当てる前置詞を介してのみ転送できると規定していますしたがって、前置詞を介して目的語の格を割り当てない言語(フランス語など)は、二重目的語の形式を持つことはできません。

Barss and Lasnik 1986

BarssとLasnikは、1986年の論文「照応と二重目的語に関する注記」で、二重目的語構造における2つのNPの動作における多くの非対称性を指摘しています。彼らの調査結果はすべて同じ結論を示しています。V-NP1-NP2の形式の動詞句を含む構文では、最初のNPが2番目のNPにコマンドを送信しますが、その逆はありません。[8] :347–54 この論文は、線形句構造ツリーを拒否するための重要な証拠を提供します。[8] :347 

Larson 1988

ラーソンは、チョムスキーによる元の提案に基づいており、斜め与格は基礎となる構造から派生していると述べています。ラーソンは、斜め与格と二重目的語構造の両方が表面表現であると示唆しています。彼は、斜め与格と二重オブジェクト構造を派生的に関連付けます。[6] :350 

斜め与格

斜め与格を説明するために、ラーソンはチョムスキー(1955、1975)によって最初に作成された提案を採用します。この提案では、深層構造の動詞が表面構造(S構造)で発生します(図1を参照)。

図1斜め与格構造の基礎構造[6] :342 
図2斜め与格構造のV上昇[6] :343 
VPの深層構造:[6] :342 
空のV:e
副社長の補足:メアリーに送る手紙
指定者:手紙
頭:送る
PP補数:メアリーへ

頭から頭への動きによる斜め与格面の正しい順序図2を参照してください。空のV位置に移動する動詞[send]には、内部引数テーマに割り当てられた2つの主題の役割があります。[手紙]と目標[メアリーへ]です。[6] :340 動きは、元のVに痕跡を残し、インデックスが付けられた一連のV位置を作成します。[6] :343 レイズは、ケースと語尾変化の合意に起因します。[6] :343 

育てる前に 育てた後
Vは、語尾変化によって支配される投影の頭ではありません 最上位のVPの頭、(V)は語尾変化によって支配されます
NPは動詞に支配されておらず、大文字と小文字を区別できません 動詞は目的格をNPに割り当てることができます

ラーソンのV'Raisingの動機は、アイルランド語などのVSO言語でのレイズの表面順序を導出するために使用される動機と同じです。具体的には、VがNPを支配している場合、サブジェクトNPはVからケースを受け取ることができます。その過程でチョムスキー(1975、55)を引用して、ラーソンは斜め与格の直感的な説明を提供します。彼は、[送信する]が小さな述語[send-to-Mary]を形成すると主張します。この小さな述語は、内部の件名[手紙]を持っていると言えます。これは条項のようなVPを形成します[メアリーに送られる手紙] [6] :342 

二重目的語構築

図3:派生アプローチを使用した二重目的語構造の表面表現[6] :353 

ラーソンは、二重目的語の構築は派生的アプローチの下で説明できると述べています。[6] :350 彼は、次のように定義される「受動態派生」と名付けた操作を提案します。語尾変化句または動詞句の主語位置への議論を促進するNP運動。[6] :351 

まず、Larsonは、上記の図1の2つのNPが主語と目的語の位置に関連しているという議論を強化します。彼は、統治された前置詞は与格格のマーキングのステータス持っていると述べています。[6] :351 これは、より高度に変化した言語で間接目的語に表示される格のマーキングに似ています。[6] :351 次に、Larsonは、サブジェクトとオブジェクトの間に適用される操作を、図1に示すような構造に拡張します。[6] :351  具体的には、内部VPで発生するパッシブ派生の2つの主な効果を調べます。

•オブジェクトの位置からのケースの撤回

•主語の位置での主題の役割の割り当ての抑制Larsonは、シータロールをV 'の付加詞に割り当てる必要があることを示す、引数降格
と呼ばれるパッシブの派生に1つの修正を加えます。

引数の降格αがX iによって割り当てられたɵロールである場合、αはX iの付加詞に(オプションまで)割り当てられます[6] :352 

パッシブフォーメーションのこの修正されたビューを使用して、Larsonは二重目的語構造の表面表現を導き出します。間接目的語NPがVPの主語位置に移動すると、受動的派生語を適用すると、間接目的語に割り当てられたケースが吸収され、toが吸収されます。VPのサブジェクトに割り当てられたシータロールは降格され、テーマ以外のステータスになります。直接目的語はV '付加詞として実現され、引数降格と一致して、V'からシータロールを受け取ります。[6] :352  DOCの表面構造を導出するための基礎となるフォームからの変更を図3に示し、以下に要約します。

深層構造 表面構造
間接オブジェクトは、その深い位置でケースレスです 間接オブジェクトは、VPサブジェクト位置にNP移動します
VPサブジェクトの位置はテーマがなく空です 動詞がVヘッドの位置に上がり、ケースをVPサブジェクトに割り当てます

[6] :351 

現代理論

現在、dativeshiftの分析には2つの主要なクラスがあります。これらの2つのクラスは、Uniform Multiple Meaning Approach(Levin、2008)およびSingle Meaning Approach(Hovav&Levin、2008)と呼ばれ、前者が主要なアプローチと見なされています。

統一された複数の意味のアプローチ

統一複数意味アプローチのほとんどの変形(Beck&Johnson 2004、[9] Harley 2003、[10] Pinker 1989 [11])では、二重目的語構造と斜め与格の関係は非派生。つまり、交代は純粋に構文上の要因からではなく、意味的な要因からも発生します。それぞれのバリエーションはそれ自身の意味に関連付けられており、したがって、それぞれの意味には独自の引数の実現があります。これは、ラーソンの1988年の分析における主要な信念のいくつかからの明らかな逸脱を示しています。このアプローチのほとんどの実現では、与格動詞は、OD形式で表される、引き起こされた動きの意味と、引き起こされた所有の両方を持っていますDOCフォームで表される意味(Goldberg、1995 [12])。

単一の意味のアプローチ

単一意味アプローチを採用する現代の理論は、ラーソンの1988年の分析によると、DOCとODのバリアントは同じ意味的意味に関連付けられているが、引数の実現が異なるために表面が異なるという主張で、日付シフトを引き続き考慮しています(Hovav&Levin、2008 [ 13])。このアプローチの変形には、Jackendoff(1990)[14]が含まれ、さまざまなタイプの意味を持つ動詞のさまざまな分析を提供します(たとえば、下の表に示す「与える」と「売る」と「投げる」と「蹴る」)。このアプローチは、Hovav and Levin(2008)によっても採用されており、動詞に敏感なアプローチとして知られています。

ギブタイプの動詞 スロータイプの動詞
斜め与格 所持を引き起こした 運動または所持を引き起こした
ダブルオブジェクト構造 所持を引き起こした 所持を引き起こした

心理言語学

DativeShiftの子獲得

一般的な所見

調査結果は[15]、3歳までに3人の子供がデートシフト交替の理解を示していることを示しています。新しい動詞を使用して両方の交替を提示すると、子供はDOC形式を斜め与格形式にシフトする可能性が高くなります。たとえば、子供には、二重目的語構文と斜め与格の両方の形で新しい動詞が提示されました。

(9)「あなたはPetey thecupを盗んだ」(DOC)
(10)「トビーの鍵を奪った」(斜め与格)

これらの2つの形式を聞いた後、2つのうちの一方に対応する交替を生成するように求められた後、子供は二重目的語構造(12)よりも斜め与格(11)を生成する可能性が高くなりました。

(11)「カップをペティにピクルスした」(斜め与格)
(12)「私はトビーの鍵を飲みました」(DOC)。[15]

ベイカーのパラドックスと独自の仮説

DOCと斜め与格は、3歳の子供にとって一般的な作品ですが、与格シフトは、英語を学ぶ幼児にとって逆説となります。「ベイカーのパラドックス」と呼ばれるパラドックスは、次の例に要約できます。

子供が両方の形を聞くとき:

(13a)彼にお金を与える(OD)
(13b)彼にお金を与える(DOC)

子供たちは、斜め与格から二重目的語構文を導き出し、語彙規則を定式化することができます。ただし、このルールでは、次の過度の一般化の例が許可されます。

(14a)彼にお金を寄付します。(OD)
(14b)*彼にお金を寄付します。(DOC)

例14bは、動詞「寄付」に日付シフトが適用されているため、過度に一般化されていますが、実際には「寄付」は日付シフトを受けることができません。[16] :204 

子供たちが非文法的な文章を言うとき、彼らはしばしば訂正されません。では、子供たちはどのようにして上記のような過度の一般化を回避するのでしょうか?子供が過度の一般化を回避する方法を説明しようとする2つの主要な仮説があります。

A)。「保守主義」仮説

「保守主義」の仮説は、子供が入力で非文法的な二重目的語構文を聞くことは決してないため、子供が二重目的語構文を[寄付]や[ささやき]などの動詞に過度に一般化しないことを提案しています(例:[ジョンはメアリーに秘密をささやく])。 。子供は入力で聞いた形を再現するだけなので、二重目的語の構成を一般化することはありません。[16] :204–205 このアイデアは、子供が(14b)に示されているものと同様のエラーを犯したり、(14b)の非文法性に関する情報を受け取ったりすることは決してないというBaker(1979)によって最初に提案されました。[17]したがって、この仮説は、子供が一般化によってではなく、動詞ごとにデートシフトルールを取得することを予測しています。[18]

B)。「基準」仮説

この仮説は、子供たちがデートシフトのルールを制約することを学び、所有権の変化を示す単音節の動詞(1音節の動詞、例[give])にのみ適用できることを提案しています(例[Mary give John the ball] 、ここで[give]は、メアリーからジョンへの所有権の変更を示します)。言い換えれば、子供たちは多くの動詞に日付シフトを適用して、彼らのスピーチで非常に生産的ですが、形態音韻的基準(単音節多音節動詞)と意味論的基準(所有権の変更)によって制約されます。[16] :205 

新しい仮説を立てる

Gropen etal。(1989)[16] :238 はこれらの2つの仮説を調査しました。これらの理論家によると、彼らの研究の子供たちは、以前にその交替で聞いた動詞で二重目的語構造を使用しただけではなかったので、厳密な「保守主義仮説」は誤りです。しかし、理論家たちは、子供たちが動詞を使用するのを聞いた交代でより頻繁に動詞を使用することに基づいて、「弱い保守主義仮説」(「保守主義仮説」のより厳密でないバージョン)を提案しました。仮説」、証拠は、子供たちが確かに基準に支配された生産性を持っていることを示していますが、それは非常に一般的な方法でのみです。

「弱い保守主義仮説」、「基準仮説」、および語彙情報を組み合わせることにより、元の仮説では不可能だったすべてを説明するために、新しい仮説が提案されました[16] :203–257  。提示された主なアイデアは、話者が「広い範囲」と「狭い範囲」の2つのレベルで機能する「与格ルール」を取得することです。

広範囲レベル:

「広範囲レベル」では、ルールは意味的および語彙的に、または「語彙的に」適用されます。このアカウントでは、与格規則の構文上の変更と意味上の制約は、単一の操作、つまり語彙のシフトの結果です。

つまり、「XによってYがZに移動する」構造で始まる動詞が、「XによってZがYになる」構造と交互になり、文が整形式のままである場合、子供はこの動詞がdativeを受けることができることに気付きます。シフト。右側の図4は、交代プロセスを示しています。


図4.Gropen et al。の「広範囲」レベルの交代プロセス[16] :242 

「dativeshift」ルールを受ける動詞も、所有者と所有者の関係で指定する必要があります。所有権の変更の概念と認知的に互換性のない意味を持つ動詞は、二重オブジェクト構造で一貫した意味構造を生成しません。

DOCの例 交代形式 DOCの不調/整形式の理由
*私はシカゴを車で運転しました。 私は車をシカゴまで運転した。 不正な形式:動詞「ドライブ」には、「シカゴに車を所有させる」に対応する意味構造が必要です。これは、人だけが所有者になることができる場合は意味がありません。
*私はメアリーを車で運転しました。 私はメアリーのために車を運転した。 不正な形式:動詞「ドライブ」は、所有させるという概念と互換性がありません
私はメアリーに車を買った。 私はメアリーのために車を買いました。 整形式:「購入」とは、所有させることの一種です。

入力におけるこれらの形式の頻度に加えて、子供の語彙意味、および構文構造の生来の知識の組み合わせとして、この広範囲レベルの形式によって特徴付けられる制約。[16] :240–242 

狭範囲レベル:

「狭範囲レベル」では、与格規則は広義規則を制限し、意味的および形態学的に類似した動詞のサブクラスにのみ適用できるようにします。狭い範囲の規則は、子供が自由にデートシフトを受けることを許可する動詞は、実際に聞いた動詞が交替するか、意味的に類似している動詞だけであるという点で、弱く保守的な手順によって取得できます。動詞の狭いサブクラスは、子供が交互に聞く動詞に似た動詞のセットです。「意味的類似性」は、文法的に関連する意味構造のほとんどまたはすべてを共有する動詞として定義されます。たとえば、go、be、haveactの概念、および次のような因果関係の種類動詞throwとkickを含む、cause、let、preventはすべて、 causeの同じ一般的な意味構造を共有します[16] :244–246 

形態音韻的制約:

この提案された仮説の最後の制約は、形態音韻的制約です。子供たちは、すべてネイティブクラス(単音節)からの交互動詞のサブクラスに形態音韻的制約を適用することが提案されています。交互の動詞のセットがすべてネイティブクラスのものではない場合、子は形態音韻的制約を適用しません。このアカウントは、形態音韻的制約が一部のセマンティックサブクラスに適用される可能性があるが、他のサブクラスには適用されない可能性があることを正しく予測しています。たとえば、子供は、交互の動詞の次の5つのサブクラスに制約を適用します。

動詞クラス 文法的な例 非文法的な例
1.与える ルーシーはメアリーに本を渡した *ルーシーはメアリーに本を寄付/寄贈しました
2.コミュニケーション ルーシーはメアリーにその知らせを伝えた *ルーシーはメアリーにニュースを説明/発表/報告しました。
3.作成 ルーシーはメアリーにケーキを焼きました *ルーシーはメアリーにケーキを作ったり、デザインしたり、作ったりしました。
4.送信 ルーシーはメアリーに小包を発送しました *ルーシーはメアリーに小包を運びました。
5.取得 ルーシーはメアリーに食べ物を買った。 *ルーシーはメアリーに食べ物を手に入れました/集めました。

子は、すべてがネイティブ(単音節)クラスからのものではないため、「将来の持つ」動詞のクラスに制約を適用しません。これにより、次のDOCの例を整形式にすることができます。

(15)ジョンはメアリーに4枚のチケットを割り当て/割り当て/保証/遺贈しました。
[16] :247–249 

ゲルマン語:オランダ語

英語と同様に、オランダ語も日付交代の現象を示します。(17a)は、マークされていないNPテーマと受信者オブジェクトを持つ二重オブジェクト構造を示しています。(17b)は、裸のNPオブジェクトとしてエンコードされたテーマのみを持ち、受信者が前置詞でマークされている斜め与格構造を示しています。[19]オランダ語には、前置詞aanの分析に対する2つの主要なアプローチがあります。

二重目的語の構築:オランダ語 斜め与格構造:オランダ語
(17a) NP 補助 NP受信者/与格 NPテーマ V (17b) NP1 補助 NPテーマNP P NP受信者/与格
1月 heeft zijn ブロアー een ブック gegeven 1月 heeft een ブック aan zijn ブロアー gegeven
ジョン もっている 彼の 兄弟 a 与えられた ジョン もっている a 彼の 兄弟 与えられた
「ジョンは兄に本をくれました。」 「ジョンは彼の兄弟に本を与えました。」

引き起こされたモーションアプローチ

オランダ語の前置詞句aanは、通常、空間用語で分析されます。Van Belle and Van Langendonck(1996)[20]は、オランダ語の与格交代の主要な意味決定要因の1つが+/-物質移動であることを示唆しています。DOCフォームを使用すると、受信者の関与が強調されますが、ODフォームを使用すると、本の文字通りの物理的な転送が強調されます。[20]この物質移動の考え方は、次の文章でさらに示されています。

(18a)オランダ語:Vader bood oma zijn armaan。(DOC)
英語翻訳:父はおばあちゃんに腕を差し出した
(18b)オランダ語:Vader bood zijn arm aan oma aan(OD)
英訳:父はおばあちゃんに腕を差し出した

オランダ語では、文18aは、おそらく彼女の歩行を助けるために、[Vader]が[oma]彼の腕を提供していると意味的に解釈されます。文18bのように斜め与格を使用すると、意味的には[ベイダー]が腕を物理的に切断して[オマ]に与えると解釈されます。これは、物質的な移動が含まれることを意味するためです。[20]原因運動分析の支持者は、+ /-物質移動は、オランダの交代の分析で使用される主要な意味決定要因の1つにすぎないと信じていますが、それでもなお重要な役割を果たしています。

与格アプローチ

De Schutter etal。[21](1974)は、前置詞句aanの引き起こされた運動分析に反対している。De Schutterは、19のような例文を使用して、オランダ語のDOCと与格の意味上の違いを「原因となる所有」と「原因となる動き」の観点から説明できないことを示してます。これは、これらの文のマークされていない構文が、文自体が空間転送を含まないにもかかわらず、斜め与格構文であるためです。このアプローチによれば、与格のaan、さまざまな意味的役割をエンコードできる前置詞オブジェクトです。

(19a)オランダ語:Ik bracht een laatste groet aan mijngeboortedorp。(OD)
英語訳:「私は生まれた村に最後の敬意を表した。」
(19b)オランダ語:?Ik bracht mijn geboortedorp een laatstegroet。(DOC)
英訳:「生まれた村に最後の敬礼をした」

シナ語派:北京語

Liu(2006)は、北京語の動詞をカテゴリに分類し、動詞クラスには、動詞が発生する可能性のある3つの与格構造のどれに固有の制限があると主張しています。中国語の与格構造には、「give / to」を意味するgeiが含まれます。(16a)のgei -OD構文は、与格前置詞句が[ PP.DATIVEgei オブジェクト]である英語の斜格与格に相当します。(16b)のマンダリンDOC構造は、英語の二重目的語構造と類似しています。さらに、マンダリンは(16c)に V + geiDOCを持っています。

マンダリンゲイオブジェクト構築(ゲル斜め与格)
(16a) NP1 V NP2 ゲイ NP3
ウォ 歌-ル yiben shu ゲイ ta
1sg give.as.present-PERF one.CL 3sg
「私は(プレゼントとして)彼に本をあげました。」(文字通り「私は彼に本を贈りました。」)
マンダリンダブルオブジェクト構築(DOC)
(16b) NP1 V NP2 NP3
ウォ ta yiben shu
1sg give.as.present 3sg one.CL
私は(プレゼントとして)彼に本をあげました。(文字通り「私は彼に本を贈りました」)


マンダリンV + gei二重目的語構造(V + gei DOC)

geiは前の動詞と複合語を形成します)

(16c) NP1 V-ゲイ NP2 NP3
ウォ 歌芸 ta yiben shu
1sg give.as.present-to 3sg one.CL
私は(プレゼントとして)彼に本をあげました。(文字通り「私は彼に本を贈りました」)

Liuは、(16-18)に示されている3方向の交代は、北京語では非常に制限されていることを示しています。これは、主な意味が所有権の移転を伴う動詞でのみ可能であるためです。b具体的には、受信者の役割を持つ引数を選択する動詞のみです。それらは受信者への所有権の移転をエンコードするため、3つの構造すべてで合法です。[22]これは、英語では、目標や受益者格を選択する動詞など、転送の拡張された意味を持つ動詞で与格の交代(つまり、斜め与格と二重目的語の両方の構成)が許可されるのに対し、マンダリンでは許可されないことを意味します。[22]これにより、英語と比較して、北京語の与格交替における動詞の分布がより制限されます。[22]Ai&Chen(2008)はさらに、北京語が目標引数を選択する動詞による与格交代のみを許可することを示しています。[23]これは、 jian "build"などの受益者格を選択する動詞を含む中国語の文の非文法性によって示されます。Ai&Chenは、北京語では、VPの付属物として受益者格が付けられていると主張しています。これは、動詞のローカルドメインの外にあるため、動詞によってサブカテゴリ化されておらず、テーマの引数と交互に使用することはできません。

(16)* Wo jian -le Zhangsan yi-dongfangzi。(非文法的)
私は-PERF Zhangsan one-CL家
を建てます[意図: '私はZhangsanに家を建てました。']

韓国語

英語と同様に、Lee(1997)は、韓国語で斜め与格と二重目的語の両方の構築が行われることを示唆しています

斜め与格

ODでは、動詞to / forを使用する代わりに、受信者は与格マーカー[-ey / eykey]でマークされます。このマーカーは、Levin(2010)が「ギブタイプの動詞」と呼んでいるものを示しています。[24]

(20)

ジョン-i

ジョン-NOM

メアリーアイキー

メアリー-DAT

mwul-ul

-ACC

cwu-ess-ta

give- PST - IND

John-i Mary-eykey mwul-ul cwu-ess-ta

John-NOM Mary-DAT water-ACC give-PST-IND

「ジョンはメアリーに水を与えた」

これは、処格またはソース引数を示す与格マーカー[-eyse / eykeyse]を使用した同様の構造とは異なります。これは、引き起こされた動きを示す「送信タイプの動詞」をマークします。[24]

(21)

ジョンウン

ジョン-TOP

ソウル-eyse / * ey

ソウルイン/ DAT

hankwuke-lul

韓国語-ACC

kongpwuha-ess-ta

研究-PST - IND

John-un Seoul-eyse/*ey hankwuke-lul kongpwuha-ess-ta

John-TOP Seoul-in/DAT Korean-ACC study-PST-IND

「ジョンはソウルで韓国語を勉強しました」

(22)

ナヌン

I- TOP

ky

the

si-lul

-ACC

これ

chayk-eyse / * ey

本-から。DAT

inyongha-ess-ta

引用-PST - IND

Na-nun ky si-lul i chayk-eyse/*ey inyongha-ess-ta

I-TOP the poem-ACC this book-from.DAT cite-PST-IND

「私はこの本から詩を引用しました」

Levinは、韓国語が与格動詞がイベントタイプと明確に関連付けられていることを予測する動詞に敏感なアプローチを採用することを提案しています。[24] このアプローチは、前述の現代の単一意味アプローチの拡張として提案されました。

ダブルオブジェクト構造

韓国語と英語の違いの1つは、動詞が韓国語の文の最後の位置にのみ表示され、subject-object-verb(SOV)語順を採用しているのに対し、英語の文の大部分はsubject-verb-で形成されていることです。オブジェクト(SVO)構造。[25] Baek and Lee(2004)[26] は、韓国語もテーマフレーズとゴールフレーズの間に非対称の関係を示すことを示唆した。テーマフレーズをc-コマンドするゴールフレーズを示す英語とは異なり、韓国語は、テーマフレーズが実際にゴールフレーズをc-コマンドするという逆の順序を示します。

以下の例は、Larson(1988)の作品で与えられており、[6]は、英語の二重目的語構文のゴールフレーズによってcコマンドされているテーマフレーズを示しています。

(23a)ジョン自身に見せた
(23b)*ジョンを見せた。

韓国語のテーマ目標構造をさらに理解するために、ペクとリー(2004)は2つの説明を提案している。

後方バインディング

後方バインディングアプローチは、照応をcコマンドするための先行詞を必要とするバインディング理論を示すのに役立ちます。

(24)

メアリー尼僧

メアリー-TOP

[seolo-uy chinkwu] -lul

お互いの友達-DAT

[アンクワピーター]-アイキー

アンとピーター-ACC

poyecwuesta

示した。

Mary-nun {[seolo-uy chinkwu]-lul} {[Ann-kwa Peter]-eykey} poyecwuesta

Mary-TOP {each other's friends-DAT} {Ann and Peter-ACC} showed.

「メアリーはお互いの友達のアンとピーターを見せ合った。」

上記の例は、テーマをゴールに逆方向にバインドできる韓国語のダブルオブジェクト構造で逆方向にバインドできることを示しています。ゴールフレーズ[seolo]はテーマフレーズ[Ann-kwaPeter]によってc-commandされ、韓国語がテーマ-ゴール順序を示すという観察をサポートします。

数量詞スコープ

Baek and Lee(2004)が調査研究で説明した数量化スコープ理論も、以前に紹介したテーマ-目標構造をサポートしています。韓国語のDOCの例に複数の数量詞が含まれている場合、与格-対格(目標-テーマ)構造はあいまいさを引き起こしますが、反対の構造はあいまいさを引き起こしません。Baek and Lee(2004)によって提供された例は次のとおりです。

あいまいなケース:

(25a)

メアリー尼僧

メアリー-TOP

motun

毎日

hagsaeng-eykey

学生-DAT

エッテン

いくつか

eumsig-lul

食品-ACC

cwuessta

与えた。

Mary-nun motun hagsaeng-eykey etten eumsig-lul cwuessta

Mary-TOP every student-DAT some food-ACC gave.

「メアリーはすべての生徒に食べ物を与えました」

明確なケース:

(25b)

メアリー尼僧

メアリー-トップ

motun

毎日

eumsig-lul

食品-ACC

エッテン

いくつか

hagsaeng-eykey

学生-DAT

cwuessta

与えた。

Mary-nun motun eumsig-lul etten hagsaeng-eykey cwuessta

Mary-Top every food-ACC some student-DAT gave.

「メアリーは何人かの学生にすべての食べ物を与えました」

(25a)の例は、与格の数量詞が対格の数量詞の前にある場合、文があいまいに見えることを示していますが、その逆はありません。実際、(25b)は、ベースで生成された位置にあるゴールフレーズが、韓国語のテーマ-ゴール分析と一致するスコープの相互作用に参加することにより、あいまいさの問題を解決することを示すのに役立ちます。

も参照してください

参考文献

  1. ^ a b ペイン、トーマス(2010)。英文法を理解するケンブリッジ大学出版局。pp。322–323。
  2. ^ Grimshaw、J。; プリンス、A。(1986)。「to-dative交互の韻律的説明」。MSブランダイス大学
  3. ^ ピンカー、S(1989)。学習可能性と認知:議論構造の獲得マサチューセッツ州ケンブリッジ:MIT Press ISBN 9780262161114
  4. ^ マズルケウィッチ、アイリーン; ホワイト(1984)。「与格交代の獲得:非学習の過剰一般化」。認知16(3):261–283。土井10.1016 / 0010-0277(84)90030-1PMID6541106_ S2CID45995594_  
  5. ^ チョムスキー、ノーム(1975)。言語理論の論理構造ニューヨーク。ISBN 0-306-30760-X
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t Larson、Richard K.(1988)。「二重目的語の構築について」。言語に関するお問い合わせ。 19(3)。
  7. ^ ケイン、リチャードS.(1983)。接続性とバイナリ分岐米国:ForisPublications。pp。193–196。ISBN 90-6765-028-5
  8. ^ a b バー、A; ラズニック(1986)。「照応と二重オブジェクトに関する注記」。言語に関するお問い合わせ 17
  9. ^ ベック&ジョンソン(2004)。「ダブルオブジェクトアゲイン」。言語のお問い合わせ冬(35):97–123。土井10.1162 / 002438904322793356S2CID18749803_ 
  10. ^ Harley、H。(2003)。「所有と二重目的語の構築」。言語変異年鑑2:31〜70。土井10.1075 /livy.2.04harS2CID18479625_ 
  11. ^ ピンカー、スティーブン(1989年6月)。「英語の与格交代の学習可能性と習得」。言語65(2):203–257。土井10.2307 / 415332JSTOR415332_ 
  12. ^ ゴールドバーグ、アデル(1995)。構文:引数構造への構文文法アプローチシカゴ:シカゴプレス大学。
  13. ^ Hoavav&Levin(2008)。「英語の与格交代:動詞感受性の場合」。44:129–167。 {{cite journal}}: Cite journal requires |journal= (help)
  14. ^ Jackendoff、R。(1990)。「ラーソンの二重目的語構成の分析について」。言語のお問い合わせ21:427–456。
  15. ^ a b コンウェル、エリン; デムス(2007年5月)。「初期の統語的生産性:日付シフトからの証拠」。Elsevier 103(2):163–179。
  16. ^ a b c d e f g h i Gropen、J; ウィルソン(1989)。「英語の与格交代の学習可能性と習得」。言語 65:204。
  17. ^ ベイカー、CL(1979)。「統語論と射影問題」。言語のお問い合わせ10(4):533–581。
  18. ^ A. Greenhill etal。(編)、BUCLD22議事録。109-120。
  19. ^ コルマン、ティモシー; De Clerck、Bernard(2009)。「」「引き起こされた動き」?英語の与格とオランダ与格の意味論」。認知言語学.20(1)。doi10.1515 / cogl.2009.002。ISSN0936-5907。S2CID60678860  
  20. ^ a b c Van Belle、William; ヴァンランゲンドンク、ウィリー、編 (1996-03-20)。与格土井10.1075 /cagral.2ISBN 978-90-272-2812-3
  21. ^ De Schutter、Georges(1974)。「DeNederlandsezin:Poging tot beschrijving van zijnstructuur。」Brugge: DeTempel。
  22. ^ a b c Liu、Feng-hsi(2006)。「中国語の与格構造」。言語と言語学7(4):863–904。
  23. ^ Ai、Ruixi Ressy; チェン、ジドン(2008)。「中国のDativeシフトのパズル」。中国言語学に関する第20回北米会議の議事録(2):527–538。
  24. ^ a b c Levin、Beth(2010)。「日本と韓国の二重他動詞の意味基盤」。第20回JKカンファレンススタンフォード大学
  25. ^ Que Lee(1997)。カナダ、韓国語の与格構築と与格理論:サイモンフレイザー大学
  26. ^ Judy Yoo-KyungBaekと肺-MoLee。(2004)。韓国語の二重目的語構文:テーマと目標の間の非対称性。言語研究40(3)、669-679。