DVD

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

DVD
DVD logo.svg
DVD-Video bottom-side.jpg
SonyDADCによって製造されたDVDのデータ側
メディアタイプ光ディスク
エンコーディングDVD-ROMとDVD-R(W)は1つのエンコーディングを使用し、DVD-RAMとDVD + R(W)は別のエンコーディングを使用します
容量4.7  GB(片面、単層–共通)
8.5 GB(片面、2層)
9.4 GB(両面、単層)
17.08 GB(両面、2層)
最大4層標準形式のDVDで可能です。
読み取り メカニズム300〜650 nmレーザー、10.5  Mbit / s(1x)
書き込み メカニズム読み取りよりも多くのパワーを使用する集束ビームを備えた650nmレーザー、10.5  Mbit / s(1x)
標準DVDフォーラムのDVDブック[1] [2] [3]およびDVD + RWアライアンスの仕様
 によって開発されたソニー
パナソニック
フィリップス
東芝
寸法直径:12 cm(4.7インチ)
厚さ:1.2 mm(0.047インチ)
重さ16グラム(0.56オンス)
使用法ホームビデオHD-DVDおよびBlu-rayに置き換えられました)、コンピューターデータストレージ
 から拡張LaserDisc
コンパクトディスク
拡張 DVD + RWDVD-RAM(固定トラック書き込み可能メディア)
HD DVD
Blu-ray
リリース済み1996年11月1日(日本)[4] 1997年1月CISおよびその他のアジア)1997年3月24日(米国)[5] [6] [7] 1998年3月(ヨーロッパ)1999年2月(オーストラリア) (1996-11-01)
 (1997-01)
 (1997-03-24)
 (1998-03)
 (1999-02)

DVD(のための共通の略語デジタルビデオディスクまたはデジタル多用途ディスク[8] [9]であるデジタル 光ディスク のデータ記憶媒体は、デジタルデータの任意の種類を格納することができる形式遅い1996年に発明され、1995年に開発され、放出されましたソフトウェアやその他のコンピュータファイル、およびDVDプレーヤーを使用して視聴されるビデオプログラムに広く使用されています。 DVDは、同じサイズでありながらコンパクトディスクよりも高いストレージ容量を提供します

事前に記録されたDVDは、DVDにデータを物理的にスタンプする成形機使用して大量生産されます。このようなディスクは、データの読み取りのみが可能であり、書き込みまたは消去ができないため、DVD- ROMの形式です。空の記録可能なDVDディスク(DVD-RおよびDVD + R)は、DVDレコーダーを使用して1回記録すると、DVD-ROMとして機能します。書き換え可能なDVD(DVD-RWDVD + RWDVD-RAM)は、何度でも記録および消去できます。

DVDは、DVD-VideoコンシューマーデジタルビデオフォーマットおよびDVD-Audioコンシューマーデジタルオーディオフォーマットで使用されます。また、高解像度の素材を保持するために特別なAVCHDフォーマットで書き込まれたDVDディスクを作成するためにも使用されます(多くの場合、AVCHDフォーマットのカムコーダーと組み合わせて)。他の種類の情報を含むDVDは、DVDデータディスクと呼ばれる場合があります。

語源

オックスフォード英語辞典は、 1995年に「、そのコメント、製品当初は名前のデジタル・ビデオ・ディスクのライバルメーカーはそれを合意された、マルチメディアアプリケーションのためのフォーマットの柔軟性を強調するために、好ましい略語DVDは、デジタル多用途ディスクを意味すると理解されるだろう。 「」OEDはまた、1995年に「フォーマットの正式名称は単にDVDになると両社は述べた。東芝は「デジタルビデオディスク」という名前を使用していたが、コンピューター会社が不満を述べた後、「デジタル多用途ディスク」に切り替えられた。それは彼らのアプリケーションを除外しました。」[10]

「デジタル多用途ディスク」は、2000年のDVDフォーラム入門書[11] およびDVDフォーラムのミッションステートメントで提供されている説明です。[12]

歴史

開発

Kees Schouhamer Imminkは、DVDおよびBlu-rayディスクへの貢献により、個人的な技術エミー賞を受賞しました
トラックを表示するディスクストレージのいくつかの形式の比較(トラックは縮尺どおりではありません)。緑は開始を示し、赤は終了を示します。
*一部のCD-R(W)およびDVD-R(W)/ DVD + R(W)レコーダーは、ZCLVCAA、またはCAVモードで動作しますが、ほとんどは一定線速度(CLV)モードで動作します。

DVDの前に光ディスクにビデオを記録するために開発されたいくつかのフォーマットがありました。光記録技術が発明されたデビッド・ポール・グレッグジェームズ・ラッセル1963年に最初として知られている1968年Aコンシューマー光ディスクのデータフォーマットで特許を取得したレーザーディスクで開発された、米国、および最初に市場に来たアトランタ、ジョージア州1978年12月に。それは後のフォーマットよりはるかに大きなディスクを使用しました。プレーヤーとディスクのコストが高いため、LaserDiscの消費者による採用は北米とヨーロッパの両方で非常に低く、日本以外の地域や香港など東南アジアのより裕福な地域では広く使用されていませんでしたシンガポールマレーシア台湾

1987年にリリースされ、CDビデオオーディオCDの確立された標準120ミリメートル(4.7単位)のサイズに一致する光ディスク上のアナログビデオ符号化を使用します。ビデオCD(VCD)は、1993年に、この形式でデジタルエンコードされたフィルムを配布するための最初の形式の1つになりました。[13]同じ年に、2つの新しい光ディスクストレージ形式が開発されました。 1つはフィリップスソニー(CDとCD-iの開発者)が支援するマルチメディアコンパクトディスク(MMCD)で、もう1つは東芝タイムワーナー松下電器日立が支援するスーパーデンシティ(SD)ディスクでした。三菱電機パイオニアトムソンJVC。 1995年1月の両方のフォーマットのプレスリリースの時点で、MMCDの命名法は廃止され、フィリップスとソニーはそれらのフォーマットをデジタルビデオディスク(DVD)と呼んでいました。[14] [15]スーパー密度ロゴは、後に再利用されるセキュアデジタル

SDキャンプの代表者は、ディスクに使用するファイルシステムに関するアドバイスをIBMに求め、コンピューターデータを格納するためのフォーマットのサポートを求めました。アラン・E・ベル、IBMの研究者からのアルマデン研究所は、その要求を得た、ともMMCD開発プロジェクトを知りました。1980年代にVHSベータマックスの間で費用のかかるビデオテープ形式の戦争が繰り返されることを恐れて、彼はAppleMicrosoftSun MicrosystemsDellの代表者を含むコンピューター業界の専門家のグループを招集しました。、および他の多く。このグループは、技術作業部会、またはTWGと呼ばれていました。

1995年8月14日、5つのコンピューター会社(IBM、Apple、CompaqHewlett-Packard、およびMicrosoft)からなるアドホックグループが、単一のフォーマットのみを受け入れると述べたプレスリリースを発行しました。[16] TWGは、2つの陣営が単一の統合された基準に合意しない限り、両方の形式をボイコットすることに投票しました。彼らは、IBMの社長であるLou Gerstnerを採用して、対立する派閥の幹部に圧力をかけました。 1つの重要な妥協案として、MMCDグループとSDグループは、両面ディスクを作成する提案SD 10ではなく、2層ディスクの両方の層を同じ側から読み取ることを指定した提案SD9を採用することに合意しました。そのユーザーはひっくり返す必要があります。[17]その結果、DVD仕様では、単層の片面ディスクで4.7 GB(4.38 GiB[18]、2層の片面ディスクで8.5 GB(7.92 GiB)のストレージ容量が提供されました[17] DVD仕様は、2層オプションを除いて、東芝および松下の超高密度ディスクと同様になりました(MMCDは片面で、オプションで2層でしたが、SDは2つの半厚の単層ディスクでした。別々にプレスしてから接着して、両面ディスク[15])とKees SchouhamerImminkによって設計されたEFMPlus変調を形成します。

フィリップスとソニーは、フォーマット戦争を終わらせることが最善の利益であると判断し、Super Density Discを支援する企業と統合して、両方のテクノロジーを使用して単一のフォーマットをリリースすることに合意しました。 MMCDとSDの間の他の妥協の後、TWGを介したコンピューター会社がその日を勝ち取り、単一のフォーマットが合意されました。 TWGは、新しいDVDで使用するためのISO-13346ファイルシステム(ユニバーサルディスクフォーマットとして知られている)の実装の使用についてOptical Storage Technology Association(OSTA)とも協力しました

1995年11月、Samsungは1996年9月までにDVDの量産を開始すると発表しました。[19]このフォーマットは1996年11月1日に日本で発売され、ほとんどがミュージックビデオのリリースのみでしたワーナーホームビデオからの最初のメジャーリリースは1996年12月20日に到着し、4つのタイトルが利用可能になりました。[a] [4]

2001年のブランクDVD記録可能ディスクの価格は、2020年には32.55米ドルに相当します。[20] [21]

採用

PlayStation 2、DVDを実行する最初のビデオゲームコンソール。

映画およびホームエンターテインメントのディストリビューターは、主要な消費者向けビデオ配信フォーマットとして、ユビキタスVHSテープの代わりにDVDフォーマットを採用しました[22]彼らは、DVDがより高品質のビデオとサウンドを生成し、優れたデータ寿命を提供し、インタラクティブである可能性があるため、DVDを採用しました。[要出典] LaserDiscsでの双方向性は、消費者、特にコレクターにとって望ましいことが証明さました。 LaserDiscの価格が小売店でディスクあたり約100ドルから20ドルに下がったとき、この豪華な機能は大量消費に利用できるようになりました。同時に、映画スタジオは、ホームエンターテインメントのリリースモデルをレンタルモデルから購入モデルに変更することを決定しました。要出典とDVDが大量に販売されました。

同時に、インタラクティブなデザインの才能とサービスに対する需要が生まれました。過去の映画には、独自に設計されたタイトルシーケンスがありました。突然、リリースされるすべての映画は、映画のトーンに一致し、ハリウッドがその製品に要求する品質レベルにある情報アーキテクチャとインタラクティブデザインコンポーネントを必要としました。

フォーマットとしてのDVDには、当時、他のインタラクティブメディアでは利用できなかった2つの品質がありました。それは、高品質のフルモーションビデオとサウンドを提供するのに十分な容量と速度、および消費者向け製品の小売業者が提供する低コストの配信メカニズムです。小売業者はすぐにプレーヤーを200ドル未満で、最終的には小売店で50ドル未満で販売するようになります。さらに、媒体自体は、一般的なファーストクラスの郵便料金を使用して郵送するのに十分に小さく、十分に軽いものでした。ほぼ一夜にして、これはビジネスイノベーターがホームエンターテインメントの流通モデルを再発明するための新しいビジネスチャンスとモデルを生み出しました。また、ダイレクトメールを介してフルモーションビデオでビジネスおよび製品情報を提供する安価な方法を企業に提供しました。

DVDの統一規格が正式に採用された直後、4大ビデオゲームコンソール会社のうち2社(SegaThe 3DO Company)は、DVDをソースメディアとして使用するゲームコンソールを設計する計画があると述べました。[23]ソニーは当時、DVDフォーマットの開発者の1人であり、最終的にDVDベースのコンソールを実際にリリースした最初の会社であるにもかかわらず、ゲームシステムでDVDを使用する予定はないと述べました。[23]ゲームのような慰めプレイステーション2Xboxの、及びXbox 360のゲームやその他のソフトウェアのソースメディアとしてDVDを使用します。Windows用の現代的なゲームもDVDで配布されました。初期のDVDはDLTテープを使用してマスタリングされていましたが[24]、DVD-RDLまたは+ RDLの使用が最終的に一般的になりました。[25] 標準解像度のCRTTVまたはHDフラットパネルTVとCRTの下またはフラットパネルの背面にあるDVDメカニズムを組み合わせたTVDVDコンボ、およびVCR / DVDコンボもかつて購入可能でした。[26]

仕様

DVDフォーラムによって作成および更新されたDVD仕様は、いわゆるDVDブック(DVD-ROMブック、DVD-オーディオブック、DVD-ビデオブック、DVD-Rブック、DVD-RWブック、DVD-RAMブック、 DVD-AR(オーディオレコーディング)ブック、DVD-VR(ビデオレコーディング)ブックなど)。[1] [2] [3] DVDディスクは2枚のディスクで構成されています。通常、1つは空白で、もう1つにはデータが含まれています。各ディスクの厚さは0.6mmで、接着してDVDディスクを形成します。複屈折と「ディスクの傾き」の両方を回避するために、ディスクをできるだけ平らにするために接着プロセスを慎重に行う必要があります。これは、ディスクが完全に平らでなく、読み取られない場合です。[27] [28]

DVD光ディスクの機械的、物理的、および光学的特性に関するいくつかの仕様は、ISOWebサイトから無料で入手できる標準としてダウンロードできます[29] DVD-ROM用のEcma-267など、これらの仕様の一部には、同等のEuropean Computer Manufacturers Association(Ecma)標準もあります。[30]また、DVD + RWアライアンスは、このようなDVD + R、DVD + R DL、DVD + RW又は記録型DVD規格競合パブリッシュDVD + RW DLを。これらのDVDフォーマットもISO規格です。[31] [32] [33] [34]

一部のDVD仕様(DVDビデオなど)は公開されておらず、DVD Format / Logo Licensing Corporation(DVD FLLC)からのみ5000米ドルの料金で入手できます。[35] [36] DVDブックの特定の情報は専有情報であり機密情報であるため、すべての加入者は機密保持契約に署名する必要があります。[35]さらに、DVD6Cパテントプールには、DVDドライブおよびディスクで使用される特許が含まれています。

DVDの容量は、従来に記載されているギガバイト例えば1- GB = 10、この用語の小数の定義と、(GB)9バイト。

複数のレイヤーを持つディスク

それ以前の他の光ディスクフォーマットと同様に、基本的なDVDディスク(DVDブックではDVD-5と呼ばれ、ISO規格ではタイプAと呼ばれます)には、片側からのみ読み取り可能な単一のデータレイヤーが含まれています。ただし、DVD形式には、追加の記録レイヤーを備えた3種類のディスクの仕様も含まれており、同じ物理ディスクサイズを維持しながら、ディスクデータ容量を4.7GBのDVD-5を超えて拡張します。

両面ディスク

LaserDisc形式から借用したDVD規格には、ディスクのいずれかの側から1つの層にのみアクセスできるように、2つの記録されたデータ層を備えたDVD-10ディスク(ISOのタイプB)が含まれています。これにより、DVD-10ディスクの合計公称容量が2倍の9.4 GB(8.75 GiB)になりますが、各面は4.7GBにロックされます。DVD-5ディスクと同様に、DVD-10ディスクは単層(SL)ディスクとして定義されます。[29]

両面ディスクは、AとBとして側面を識別します。ディスク構造には、識別ラベルが片面ディスクに印刷されるダミーレイヤーがないため、タイトルや側面などの情報が非データクランプの片面または両面に印刷されます。ディスクの中心にあるゾーン。

DVD-10ディスクは、2層ディスクとは異なり、ユーザーが手動でフリップして完全なコンテンツにアクセスする必要があるため(DVDムービーの場合は比較的ひどいシナリオ)、容量のメリットはごくわずかであるため、好まれなくなりました。さらに、データ以外の側面がなければ、処理と保存が困難であることがわかりました。

2層ディスク

2層ディスクも2番目の記録層を採用していますが、どちらも同じ側から読み取ることができます(反対側からは読み取ることができません)。これらのDVD-9ディスク(ISOのタイプC)は、DVD-5ディスクの容量をほぼ2倍の公称8.5 GBにしますが、追加の記録レイヤーの物理データ構造の違いにより、DVD-10ディスクの全体的な容量を下回ります。 。ただし、完全に記録されたデータにアクセスするためにディスクを裏返す必要がないという利点(サイズが単一レイヤーの容量を超えるA / Vコンテンツのほぼ連続したエクスペリエンスを可能にする)は、大量生産されたDVDムービーにとってより好ましいオプションであることが証明されました。

DVDハードウェアは、通常配置されている半透明の第1層(レイヤー0)を介してレーザーの焦点を再調整することにより、追加のレイヤー(レイヤー1)にアクセスします。このレーザーのリフォーカスと、それに続くレーザートラッキングの再取得に必要な時間により、以前のDVDプレーヤーでのA / V再生が著しく一時停止する可能性があり、その長さはハードウェアによって異なります。[37]レイヤー遷移の一時停止が誤動作ではなかったことを説明する印刷されたメッセージがDVDの保管ケースで標準になりました。マスタリング中、スタジオは、カメラアングルの変更やその他の突然のシフトの直前に遷移が発生するようにタイミングを調整することで、遷移を目立たなくすることができます。初期の例は、トイストーリーのDVDリリースです[38]フォーマットの後半では、より大きくデータバッファDVDプレーヤーの高速光ピックアップにより、マスタリングに関係なく、レイヤーの遷移が事実上見えなくなりました。

2層DVDは、Opposite Track Path(OTP)を使用して記録されます。[39]ほとんどの2層ディスクは、層数に関係なく、ほとんどの光メディアの場合と同様に、内径から始まり外側に進むレイヤー0でマスタリングされますが、レイヤー1は絶対外径から始まり内側に進みます。さらに、データトラックは、ディスクが同じ方向に回転して両方のレイヤーを読み取るようにらせん状になっています。 DVDビデオDLディスクは、わずかに異なる方法でマスタリングできます。単一のメディアストリームをレイヤー間で分割して、レイヤー1がレイヤー0の終了と同じ直径で開始するようにすることができます。この変更により、再焦点合わせ後、残りのディスク直径を通過する追加の時間が失われるのではなく、レーザーが所定の位置に留まるため、可視層遷移の一時停止が減少します。

DVD-9は、そのような技術の最初の商業的に成功した実装でした。[いつ?] [要出典]

上記の組み合わせ

DVD-18ディスク(ISOのタイプD)は、4つの記録されたデータレイヤー(レイヤー0と1の2つのセットとして割り当てられる)を含むことにより、DVD-9とDVD-10のディスクタイプを効果的に組み合わせ、どちらの側からも1つのレイヤーセットにのみアクセスできるようにします。ディスクの。これらのディスクは、片面あたり8.5 GBで、合計公称容量17.0GBを提供します。このフォーマットは当初、DVDでリリースされたテレビシリーズ(MiamiViceQuantumLeapの最初のリリースなど)で使用されていましたが、最終的には放棄され、再発行用の片面ディスクが採用されました。

DVDブックでは、DVD-14と呼ばれる追加のディスクタイプも許可されています。1つのデュアルレイヤーサイド、1つのシングルレイヤーサイド、および合計公称容量12.3GBのハイブリッド両面ディスクです。[40] DVD-14にはISOに対応するものがありません。[29]

これらの追加のディスクタイプは両方とも、製造が複雑で高価であるため、非常にまれです。[40]

注: ディスクの種類に関する上記のセクションは、12cmのディスクに関連しています。同じディスクタイプが8cmディスクにも存在します。ISO規格では、これらのディスクは引き続きタイプA〜Dと見なされますが、DVDブックでは異なるディスクタイプが割り当てられています。DVD-14には類似の8cmタイプはありません。8cmディスクの比較データはさらに下に提供されています。

DVDの記録と書き換えが可能

ソニーリライタブルDVD
PC用DVDバーナードライブ

HPは当初、バックアップと転送のためにデータを保存する必要性から、記録可能なDVDメディアを開発しました。[41] [検証に失敗しました] DVD記録可能ファイルは、消費者向けのオーディオおよびビデオの記録にも使用されるようになりました。DVD-R / RWDVD + R / RW(plus)、DVD-RAMの3つのフォーマットが開発されましたDVD-Rは、一般(650 nm)とオーサリング(635 nm)の2つの形式で利用できます。オーサリングディスクは、CSS暗号化ビデオコンテンツで記録できますが、一般ディスクでは記録できません。[42]

現在のほとんどのDVDライターは、DVD + R / RW形式とDVD-R / RW形式の両方で書き込むことができます(通常は「DVD±RW」またはDVDフォーラムロゴとDVD + RWアライアンスロゴの両方が存在します)。 「プラス」と「ダッシュ」の形式は、異なる書き込み仕様を使用します。ほとんどのDVDハードウェアは両方の種類のディスクを再生しますが、古いモデルでは「プラス」バリアントで問題が発生する可能性があります。

初期のDVDプレーヤーの中には、それらを読み取ろうとするとDVD±R / RW / DLに損傷を与えるものがありました。[要出典]

記録可能なDVDの構造を構成するらせん状の溝の形は、メディア識別コード(MID)として知られる変更不可能な識別データをエンコードします。MIDには、製造元とモデル、バイト容量、許可されたデータレート(速度とも呼ばれます)などのデータが含まれています。[要出典]

二層記録

2層記録(2層記録と呼ばれることもあります)により、DVD-RおよびDVD + Rディスクは、1層ディスクのほぼ2倍のデータ(それぞれ8.5ギガバイトおよび4.7ギガバイトの容量)を保存できます。[43]追加の容量にはコストがかかります。DVD±DLはDVD±Rと比較して書き込み速度が遅くなります。[要出典] DVD-R DLパイオニアコーポレーションによってDVDフォーラム用に開発されましたDVD + R DLは、Mitsubishi Kagaku Media(MKM)とPhilipsによってDVD + RWアライアンスのために開発されました[44]

デュアルレイヤーテクノロジをサポートする記録可能なDVDディスクは、記録可能なメディアより前に開発された一部のハードウェアと下位互換性があります。[44]現在のDVDレコーダーの多くは2層テクノロジーをサポートしており、時間の経過とともにコストは1層バーナーに匹敵するようになりましたが、ブランクの2層メディアは1層メディアよりも高価なままです。[要出典]

容量

DVDの基本的なタイプ(直径12 cm、片面または均一両面)は、ギガバイト単位の容量の概算で表されます。仕様のドラフトバージョンでは、DVD-5は実際に5ギガバイトを保持していましたが、上記で説明したように一部のパラメータが後で変更されたため、容量が減少しました。他のフォーマット、直径8 cmのフォーマット、およびハイブリッドバリアントは、さらに大きな偏差で同様の数値名を取得しました。

12cmタイプは標準DVDで、8cmタイプはMiniDVDとして知られています。これらは、それぞれ標準CDおよびミニCDと同じサイズです。表面積によって容量(のMIB /センチメートル2)6.92 MIBから/ cmの変化2にDVD-1を18.0メガバイト/ cmの2 DVD-18。[説明が必要]

各DVDセクターには2,418バイトのデータが含まれており、そのうち2,048バイトはユーザーデータです。+-(ハイフン)形式のストレージスペースにはわずかな違いがあります。

DVD-Rのスキャン; 「a」の部分は記録されていますが、「b」の部分は記録されていません。CD-RBD-Rではあまり目立たないかもしれません
容量と命名法[45] [46]
SS =片面、DS =両面、SL =単層、DL =二重層
指定 側面 レイヤー
(合計)
直径
(cm)
容量
GB
DVD-1 [47] SS SL 1 1 8 1.46
DVD-2 SS DL 1 2 8 2.65
DVD-3 DS SL 2 2 8 2.92
DVD-4 DS DL 2 4 8 5.31
DVD-5 SS SL 1 1 12 4.70
DVD-9 SS DL 1 2 12 8.54
DVD-10 DS SL 2 2 12 9.40
DVD-14 [40] DS SL + DL 2 3 12 13.24
DVD-18 DS DL 2 4 12 17.08
すべてのサイズは10進数で表されます(つまり、1ギガバイト= 1,000,000,000バイトなど)。
サイズ比較:12cm DVD + RWと19cm鉛筆
保護カバーを外した状態でDVD-RWドライブが動作中(書き込み(書き込み)動作中)
(再)書き込み可能なディスクの容量と命名法
指定 側面 レイヤー
(合計)
直径
(cm)
容量
(GB)
DVD-R SS SL(1.0) 1 1 12 3.95
DVD-R SS SL(2.0) 1 1 12 4.70
DVD-RW SS SL 1 1 12 4.70
DVD + R SS SL 1 1 12 4.70
DVD + RW SS SL 1 1 12 4.70
DVD-R SS DL 1 2 12 8.50
DVD-RW SS DL 1 2 12 8.54
DVD + R SS DL 1 2 12 8.54
DVD + RW SS DL 1 2 12 8.54
DVD-RAM SS SL 1 1 8 1.46 *
DVD-RAM DS SL 2 1 8 2.47 *
DVD-RAM SS SL(1.0) 1 1 12 2.58
DVD-RAM SS SL(2.0) 1 1 12 4.70
DVD-RAM DS SL(1.0) 2 1 12 5.15
DVD-RAM DS SL(2.0) 2 1 12 9.39 *
すべてのサイズは10進数で表されます(つまり、1ギガバイト= 1,000,000,000バイトなど)。
書き込み可能なDVDフォーマットの容量の違い
タイプ セクター バイト kB MB GB
DVD-R SL 2,298,496 4,707,319,808 4,707,320 4,707 4.7
DVD + R SL 2,295,104 4,700,372,992 4,700,373 4,700 4.7
DVD-R DL 4,171,712 8,543,666,176 8,543,666 8,544 8.5
DVD + R DL 4,173,824 8,547,991,552 8,547,992 8,548 8.5
すべてのサイズは10進数で表されます(つまり、1ギガバイト= 1,000,000,000バイトなど)。

DVDドライブとプレーヤー

DVDドライブは、コンピューターでDVDディスクを読み取ることができるデバイスです。DVDプレーヤーは、動作するのにコンピューターを必要としない特定のタイプのデバイスであり、DVDビデオおよびDVDオーディオディスクを読み取ることができます

レーザーと光学

さまざまな光記憶媒体の比較

3つの一般的な光ディスクメディア(コンパクトディスク、DVD、およびBlu-ray)はすべて、スペクトルの純度と正確に焦点を合わせる能力のために、レーザーダイオードからの光を使用します。DVDは、650nmの波長(赤色)の光を使用し、780nmのとは対照的に(遠赤、通称赤外線CD用)。この短い波長により、CDと比較してメディア表面のピットを小さくすることができ(DVDの場合は0.74 µm、CDの場合は1.6 µm)、DVDのストレージ容量の増加を部分的に説明しています。

これに対して、DVDフォーマットの後継であるBlu-ray Discは、405 nm(バイオレット)の波長を使用し、1枚の2層ディスクには50GBのストレージ容量があります。

転送速度

DVD-ROMドライブの内部メカニズム。詳細については、テキストを参照してください。

最初のDVDドライブやプレーヤーのための読み取りと書き込み速度は1385だった キロバイト/秒(1353  KiBの/秒)。この速度は通常「1×」と呼ばれます。最近のモデルでは、18倍または20倍で、その速度は18倍または20倍です。CDドライブの場合、1xは153.6 kB / s(150 KiB / s)を意味し、約9分の1の速度であることに注意してください。[47] [48]

DVDドライブの速度
駆動速度(回転ではない) データレート 〜書き込み時間(分)[49] 1分あたりの回転数(一定の線速度、CLV)[50] [51] [b]
Mbit / s MB / s 単層 デュアルレイヤー
11 1.4 57 103 1400 (inner) 580 (outer)[48]
22 2.8 28 51 2800 (inner) 1160 (outer)
2.4× 27 3.3 24 43 3360 (inner) 1392 (outer)
2.6× 29 3.6 22 40 3640 (inner) 1508 (outer)
33 4.1 19 34 4200 (inner) 2320 (outer)
44 5.5 14 26 5600 (inner) 2900 (outer)
67 8.3 9 17 8400 (inner) 3480 (outer)
89 11.1 7 13 4640 (CAV; no longer uses pure CLV)
10× 111 13.9 6 10 5800
12× 133 16.6 5 9 6960
16× 177 22.2 4 6 9280
18× 199 24.9 3 6 10440
20× 222 27.7 3 5 11600
22× 244 30.5 3 5 12760
24× 266 33.2 2 4 13920

DVDs can spin at much higher speeds than CDs – DVDs can spin at up to 32000 RPM vs 23000 for CDs.[52] However, in practice, discs should never be spun at their highest possible speed, to allow for a safety margin and for slight differences between discs, and to prevent material fatigue from the physical stress.

DVD recordable and rewritable discs can be read and written using either constant angular velocity (CAV), constant linear velocity (CLV), Partial constant angular velocity (P-CAV) or Zoned Constant Linear Velocity (Z-CLV or ZCLV).[53]

Due to the slightly lower data density of dual layer DVDs (4.25 GB instead of 4.7 GB per layer), the required rotation speed is around 10% faster for the same data rate, which means that the same angular speed rating equals a 10% higher physical angular rotation speed. For that reason, the increase of reading speeds of dual layer media has stagnated at 12× (constant angular velocity) for half-height optical drives released since around 2005,[c] and slim type optical drives are only able to record dual layer media at 6× (constant angular velocity), while reading speeds of 8× are still supported by such.[58][59][60]

Disc quality measurements

Error rate measurement on a DVD+R. The error rate is still within a healthy range.

The quality and data integrity of optical media is measureable, which means that future data losses caused by deteriorating media can be predicted well in advance by measuring the rate of correctable data errors.[61]

Errors on DVDs are measured as:

  • PIE — Parity Inner Error
  • PIF — Parity Inner Failure
  • POE — Parity Outer Error
  • POF — Parity Outer Failure

A higher rate of errors may indicate a lower media quality, deteriorating media, scratches and dirt on the surface, and/or a malfunctioning DVD writer.

PI errors, PI failures and PO errors are correctable, while a PO failure indicates a CRC error, one 2048 byte block (or sector) of data loss, a result of too many consecutive smaller errors.

Additional parameters that can be measured are laser beam focus errors, tracking errors, jitter and beta errors (inconsistencies in lengths of lands and pits).

Support of measuring the disc quality varies among optical drive vendors and models.

[62][63]

DVD-Video

DVD-Video is a standard for distributing video/audio content on DVD media. The format went on sale in Japan on November 1, 1996,[4] in the United States on March 24, 1997 to line up with the 69th Academy Awards that day;[6] in Canada, Central America, and Indonesia later in 1997, and in Europe, Asia, Australia, and Africa in 1998. DVD-Video became the dominant form of home video distribution in Japan when it first went on sale on November 1, 1996, but it shared the market for home video distribution in the United States until June 15, 2003, when weekly DVD-Video in the United States rentals began outnumbering weekly VHS cassette rentals.[64] DVD-Video is still the dominant form of home video distribution worldwide except for in Japan where it was surpassed by Blu-ray Disc when Blu-ray first went on sale in Japan on March 31, 2006.

Security

The Content Scramble System (CSS) is a digital rights management (DRM) and encryption system employed on almost all commercially produced DVD-video discs. CSS utilizes a proprietary 40-bit stream cipher algorithm. The system was introduced around 1996 and was first compromised in 1999.

The purpose of CSS is twofold:

  1. CSS prevents byte-for-byte copies of an MPEG (digital video) stream from being playable since such copies do not include the keys that are hidden on the lead-in area of the restricted DVD.
  2. CSS provides a reason for manufacturers to make their devices compliant with an industry-controlled standard, since CSS scrambled discs cannot in principle be played on noncompliant devices; anyone wishing to build compliant devices must obtain a license, which contains the requirement that the rest of the DRM system (region codes, Macrovision, and user operation prohibition) be implemented.[65]

While most CSS-decrypting software is used to play DVD videos, other pieces of software (such as DVD Decrypter, AnyDVD, DVD43, Smartripper, and DVD Shrink) can copy a DVD to a hard drive and remove Macrovision, CSS encryption, region codes and user operation prohibition.

Consumer restrictions

The rise of filesharing has prompted many copyright holders to display notices on DVD packaging or displayed on screen when the content is played that warn consumers of the illegality of certain uses of the DVD. It is commonplace to include a 90-second advertisement warning that most forms of copying the contents are illegal. Many DVDs prevent skipping past or fast-forwarding through this warning.

Arrangements for renting and lending differ by geography. In the U.S., the right to re-sell, rent, or lend out bought DVDs is protected by the first-sale doctrine under the Copyright Act of 1976. In Europe, rental and lending rights are more limited, under a 1992 European Directive that gives copyright holders broader powers to restrict the commercial renting and public lending of DVD copies of their work.

DVD-Audio

DVD-Audio is a format for delivering high fidelity audio content on a DVD. It offers many channel configuration options (from mono to 5.1 surround sound) at various sampling frequencies (up to 24-bits/192 kHz versus CDDA's 16-bits/44.1 kHz). Compared with the CD format, the much higher-capacity DVD format enables the inclusion of considerably more music (with respect to total running time and quantity of songs) or far higher audio quality (reflected by higher sampling rates, greater sample resolution and additional channels for spatial sound reproduction).

DVD-Audio briefly formed a niche market, probably due to the very sort of format war with rival standard SACD that DVD-Video avoided.

Security

DVD-Audio discs employ a DRM mechanism, called Content Protection for Prerecorded Media (CPPM), developed by the 4C group (IBM, Intel, Matsushita, and Toshiba).

Although CPPM was supposed to be much harder to crack than a DVD-Video CSS, it too was eventually cracked, in 2007, with the release of the dvdcpxm tool. The subsequent release of the libdvdcpxm library (based on dvdcpxm) allowed for the development of open source DVD-Audio players and ripping software. As a result, making 1:1 copies of DVD-Audio discs is now possible with relative ease, much like DVD-Video discs.

Successors and decline

In 2006, two new formats called HD DVD and Blu-ray Disc were released as the successor to DVD. HD DVD competed unsuccessfully with Blu-ray Disc in the format war of 2006–2008. A dual layer HD DVD can store up to 30 GB and a dual layer Blu-ray disc can hold up to 50 GB.[66][67]

However, unlike previous format changes, e.g., vinyl to Compact Disc or VHS videotape to DVD, there is no immediate indication that production of the standard DVD will gradually wind down, as they still dominate, with around 75% of video sales and approximately one billion DVD player sales worldwide as of April 2011. In fact, experts claim that the DVD will remain the dominant medium for at least another five years as Blu-ray technology is still in its introductory phase, write and read speeds being poor and necessary hardware being expensive and not readily available.[68][69]

Consumers initially were also slow to adopt Blu-ray due to the cost.[70] By 2009, 85% of stores were selling Blu-ray Discs. A high-definition television and appropriate connection cables are also required to take advantage of Blu-ray disc. Some analysts suggest that the biggest obstacle to replacing DVD is due to its installed base; a large majority of consumers are satisfied with DVDs.[71] The DVD succeeded because it offered a compelling alternative to VHS. In addition, the uniform media size let manufacturers make Blu-ray players (and HD DVD players) backward-compatible, so they can play older DVDs. This stands in contrast to the change from vinyl to CD, and from tape to DVD, which involved a complete change in physical medium. As of 2019 it is still commonplace for studios to issue major releases in "combo pack" format, including both a DVD and a Blu-ray disc (as well as a digital copy). Also, some multi-disc sets use Blu-ray for the main feature, but DVDs for supplementary features (examples of this include the Harry Potter "Ultimate Edition" collections, the 2009 re-release of the 1967 The Prisoner TV series, and a 2007 collection related to Blade Runner). Another reason cited (July 2011) for the slower transition to Blu-ray from DVD is the necessity of and confusion over "firmware updates" and needing an internet connection to perform updates.

This situation is similar to the changeover from 78 rpm shellac recordings to 45 rpm and 33⅓ rpm vinyl recordings. Because the new and old media were virtually the same (a disc on a turntable, played by a needle), phonograph player manufacturers continued to include the ability to play 78s for decades after the format was discontinued.

Manufacturers continue to release standard DVD titles as of 2020, and the format remains the preferred one for the release of older television programs and films. Shows that were shot and edited entirely on film, such as Star Trek: The Original Series, cannot be released in high definition without being re-scanned from the original film recordings. Certain special effects were also updated to appear better in high-definition.[72] Shows that were made between the early 1980s and the early 2000s were generally shot on film, then transferred to cassette tape, and then edited natively in either NTSC or PAL, making high-definition transfers impossible as these SD standards were baked into the final cuts of the episodes. Star Trek: The Next Generation is the only such show that has gotten a Blu-ray release. The process of making high-definition versions of TNG episodes required finding the original film clips, re-scanning them into a computer at high definition, digitally re-editing the episodes from the ground up, and re-rendering new visual effects shots, an extraordinarily labor-intensive ordeal that cost Paramount over $12 million. The project was a financial failure and resulted in Paramount deciding very firmly against giving Deep Space Nine and Voyager the same treatment.[73] However, What We Left Behind included small amounts of remastered Deep Space Nine footage.

DVDs are also facing competition from video on demand services.[74][75][76][77] With increasing numbers of homes having high speed Internet connections, many people now have the option to either rent or buy video from an online service, and view it by streaming it directly from that service's servers, meaning they no longer need any form of permanent storage media for video at all. By 2017, digital streaming services had overtaken the sales of DVDs and Blu-rays for the first time.[78]

Longevity

Longevity of a storage medium is measured by how long the data remains readable, assuming compatible devices exist that can read it: that is, how long the disc can be stored until data is lost. Numerous factors affect longevity: composition and quality of the media (recording and substrate layers), humidity and light storage conditions, the quality of the initial recording (which is sometimes a matter of mutual compatibility of media and recorder), etc.[79] According to NIST, "[a] temperature of 64.4 °F (18 °C) and 40% RH [Relative Humidity] would be considered suitable for long-term storage. A lower temperature and RH is recommended for extended-term storage."[80]

According to the Optical Storage Technology Association (OSTA), "Manufacturers claim lifespans ranging from 30 to 100 years for DVD, DVD-R and DVD+R discs and up to 30 years for DVD-RW, DVD+RW and DVD-RAM."[81]

According to a NIST/LoC research project conducted in 2005–2007 using accelerated life testing, "There were fifteen DVD products tested, including five DVD-R, five DVD+R, two DVD-RW and three DVD+RW types. There were ninety samples tested for each product. [...] Overall, seven of the products tested had estimated life expectancies in ambient conditions of more than 45 years. Four products had estimated life expectancies of 30–45 years in ambient storage conditions. Two products had an estimated life expectancy of 15–30 years and two products had estimated life expectancies of less than 15 years when stored in ambient conditions." The life expectancies for 95% survival estimated in this project by type of product are tabulated below:[79][dubious ]

Disc type 0–15 years 15–30 years 30–45 years over 45 years
DVD-R 20% 20% 0% 60%
DVD+R 20% 0% 40% 40%
DVD-RW 0% 0% 50% 50%
DVD+RW 0% 33.3% 33.3% 33.3%
10
20
30
40
50
60
70
80
90
100
DVD-R
DVD+R
DVD-RW
DVD+RW
  •   0–15 years
  •   15–30 years
  •   30–45 years
  •   over 45 years

See also

Notes

  1. ^ The four titles being The Fugitive, Blade Runner: Director's Cut, Eraser, and Assassins.
  2. ^ Due to the data track circumference of 12cm discs being 2.4 times as long at the outer edge as at the innermost edge of the data area, a constant angular velocity number equals the physical rotation speed the disc has when accessed with the same constant linear velocity number at the outermost edge. This means that the listed CLV (constant linear velocity) speeds at the outer edge equal the same number of rotations per minute as the same CAV (constant angular velocity) rating number.
  3. ^ The first optical drive model from a major optical drive vendor that achieved ×12 speeds on DVD-ROM Dual Layer was the Pioneer DVR-107 (2004).[54][55] Later optical drives such as the HL data storage GSA-H10N (2006)[56] have also achieved 12×(CAV) reading speeds on recordable dual-layer media (DVD-R DL, DVD+R DL), and TSSTcorp SH-S202/S203/TS-H653B (2007) achieved writing speeds of 12×(CAV) and 16×(CAV) on DVD-R DL and DVD+R DL respectively, on quality media from selected vendors.[57]

References

  1. ^ a b "DVD FLLC – DVD Format Book". Dvdfllc.co.jp. Archived from the original on April 25, 2010. Retrieved October 28, 2017.
  2. ^ a b "DVD FLLC – DVD Format Book". Dvdfllc.co.jp. Archived from the original on February 2, 2010. Retrieved October 28, 2017.
  3. ^ a b "BOOKS OVERVIEW". Mpeg.org. Archived from the original on May 1, 2010. Retrieved October 28, 2017.
  4. ^ a b c Taylor, Jim (March 21, 1997). "DVD Frequently Asked Questions (with answers!)". Video Discovery. Archived from the original on March 29, 1997. Retrieved August 20, 2019.
  5. ^ Johnson, Lawrence B. (September 7, 1997). "For the DVD, Disney Magic May Be the Key". The New York Times. Archived from the original on July 29, 2018. Retrieved May 25, 2009.
  6. ^ a b Copeland, Jeff B. (March 23, 1997). "Oscar Day Is Also DVD Day". E! Online. Archived from the original on April 11, 1997. Retrieved August 21, 2019.
  7. ^ Staff (March 24, 1997). "Creative Does DVD". PC Gamer. Archived from the original on February 18, 1998. Retrieved December 5, 2019.
  8. ^ Popular Mechanics, June 1997, p. 69;
  9. ^ Jim Taylor, DVD demystified, McGraw Hill, 1998, 1st edition, p. 405
  10. ^ Oxford English Dictionary, DVD.
  11. ^ "DVD Primer". DVD Forum. September 6, 2000. Archived from the original on June 9, 2010. Retrieved December 14, 2013.
  12. ^ "DVD Forum's Mission". DVD Forum. January 14, 2010. Archived from the original on May 10, 2014. Retrieved June 11, 2014.
  13. ^ "Super Video Compact Disc, A Technical Explanation (PDF)" (PDF). Philips System Standards and Licensing. 1998: 2. Archived from the original (PDF) on May 28, 2008. Retrieved February 13, 2008. Cite journal requires |journal= (help)
  14. ^ "WCES: The Calm Before the Storm". Next Generation. Imagine Media (3): 18. March 1995.
  15. ^ a b "DVD Plagued by Double Standards". Next Generation. Imagine Media (6): 16–17. June 1995.
  16. ^ "Electronic Giants Battle On". Next Generation. Imagine Media (11): 19. November 1995.
  17. ^ a b "DVD: coming soon to your PC?". Computer Shopper. 16 (3): 189. March 1, 1996.
  18. ^ 1 GB = one billion bytes
  19. ^ Souter, Gerry (2017) [1997]. "DVD: The Five-Inch Digital Video Disc". Buying and Selling Multimedia Services. CRC Press. ISBN 978-1-136-13437-1.
  20. ^ Practical Television, November 2001 issue
  21. ^ Calculated pound sterling inflation using https://www.bankofengland.co.uk/monetary-policy/inflation/inflation-calculator, 15 pounds in 2001 to 2019 = 25 pounds, then calculated exchange rate using Google
  22. ^ Uhlig, Robert (November 22, 2004). "DVD kills the video show as digital age takes over". Telegraph.co.uk. Archived from the original on February 16, 2018. Retrieved October 28, 2017.
  23. ^ a b "DVD Game Consoles?". Next Generation. No. 18. Imagine Media. June 1996. p. 40.
  24. ^ "DVD Authoring — What is DLT?". HellmanProduction.com. Archived from the original on September 24, 2019. Retrieved April 13, 2020.
  25. ^ "DVD Authoring — How to make a proper DVD master". HellmanProduction.com. Archived from the original on September 6, 2019. Retrieved April 13, 2020.
  26. ^ Kidman, Alex (October 21, 2010). "Toshiba 22DV615Y LCD TV/DVD Combo review". CNET. Archived from the original on July 16, 2020. Retrieved July 16, 2020.
  27. ^ Watson, Stephanie. "How Blu-ray Reads Data". HowStuffWorks.com. Archived from the original on December 20, 2019. Retrieved April 21, 2020.
  28. ^ Watson, Stephanie. "Building a Blu-ray Disc". HowStuffWorks.com. Archived from the original on January 15, 2020. Retrieved April 21, 2020.
  29. ^ a b c ISO ISO Freely Available Standards Archived October 26, 2018, at the Wayback Machine, Retrieved on 2009-07-24
  30. ^ "Standard ECMA-267". Ecma-international.org. Archived from the original on May 22, 2013. Retrieved October 28, 2017.
  31. ^ ISO ISO/IEC 17344:2009, Data interchange on 120 mm and 80 mm optical disc using +R format – Capacity: 4,7 Gbytes and 1,46 Gbytes per side (recording speed up to 16X) Archived April 29, 2011, at the Wayback Machine, Retrieved on 2009-07-26
  32. ^ ISO ISO/IEC 25434:2008, Data interchange on 120 mm and 80 mm optical disc using +R DL format – Capacity: 8,55 Gbytes and 2,66 Gbytes per side (recording speed up to 16X) Archived April 29, 2011, at the Wayback Machine, Retrieved on 2009-07-26
  33. ^ ISO ISO/IEC 17341:2009, Data interchange on 120 mm and 80 mm optical disc using +RW format – Capacity: 4,7 Gbytes and 1,46 Gbytes per side (recording speed up to 4X) Archived April 29, 2011, at the Wayback Machine, Retrieved on 2009-07-26
  34. ^ ISO ISO/IEC 26925:2009, Data interchange on 120 mm and 80 mm optical disc using +RW HS format – Capacity: 4,7 Gbytes and 1,46 Gbytes per side (recording speed 8X) Archived April 29, 2011, at the Wayback Machine, Retrieved on 2009-07-26
  35. ^ a b DVD FLLC (2009) DVD Format Book Archived April 4, 2010, at the Wayback Machine, Retrieved on 2009-08-14
  36. ^ DVD FLLC (2009) How To Obtain DVD Format/Logo License (2005–2009) Archived March 18, 2010, at the Wayback Machine, Retrieved on 2009-08-14
  37. ^ "DVD players benchmark". hometheaterhifi.com. Archived from the original on March 13, 2008. Retrieved April 1, 2008.
  38. ^ DVD: The Death Knell of Laserdisc, retrieved July 16, 2021
  39. ^ "DVD Studio Pro 4 User Manual". documentation.apple.com. Archived from the original on September 26, 2013. Retrieved October 28, 2017.
  40. ^ a b c "DVD-14". AfterDawn Ltd. Retrieved February 6, 2007.
  41. ^ Watson, James. "The recordable DVD clinic". The Register. Archived from the original on July 21, 2017. Retrieved October 15, 2001.
  42. ^ "DVD Media / DVD-R Media". Tape Resources. Archived from the original on July 27, 2011. Retrieved August 9, 2011.
  43. ^ "DVDs" (PDF). PDST Technology in Education. Archived from the original (PDF) on December 2, 2013. Retrieved January 22, 2017.
  44. ^ a b DeMoulin, Robert. "Understanding Dual Layer DVD Recording". BurnWorld.com. Archived from the original on April 21, 2010. Retrieved July 6, 2007.
  45. ^ "DVD Book A: Physical parameters". Mpeg.org. Archived from the original on January 17, 2012. Retrieved August 22, 2009.
  46. ^ "AVOS Companies – OSFAL Group" (PDF). www.avos.eu. Archived from the original on May 28, 2008.
  47. ^ a b Taylor, Jim. "DVD Demystifed FAQ". Dvddemystified.com. Archived from the original on August 22, 2009. Retrieved August 22, 2009.
  48. ^ a b "Understanding DVD -Recording Speed". Optical Storage Technology Association. Archived from the original on June 11, 2004. Retrieved August 9, 2011.
  49. ^ The write time is wildly optimistic for higher (>4x) write speeds, due to being calculated from the maximum drive write speed instead of the average drive write speed.[citation needed]
  50. ^ "Angular Speed of a DVD – The Physics Factbook". hypertextbook.com. Archived from the original on May 28, 2019. Retrieved April 12, 2020.
  51. ^ "DVD-ROM". August 8, 2003. Archived from the original on August 8, 2003.
  52. ^ "Life in the fast lane can be a disc-shattering experience". The Sydney Morning Herald. December 9, 2002.
  53. ^ "Understanding DVD -Recording Speed". Optical Storage Technology Association. Archived from the original on June 11, 2004. Retrieved July 24, 2011.
  54. ^ "DVR-107D, DVR-107BK General Specifications" (PDF). Pioneer Electronics USA. 2004. Retrieved July 31, 2020.
  55. ^ Pioneer DVR-A06 brochure (2003)
  56. ^ "GSA-H10N, H10L, QSG-1008S (owner's manual)" (PDF). Hitachi-LG data storage. September 1, 2006. p. 3. Archived from the original (PDF) on August 17, 2020. Retrieved August 17, 2020.
  57. ^ "Super -writemaster DVD Writer SH-S203B(TS-H653B)/ SH-S203D(TS-H653D)" (PDF) (User manual) (in Korean). Samsung Electronics. 2007. Archived (PDF) from the original on August 7, 2020. Retrieved August 7, 2020.
  58. ^ "View All Discontinued LG Burners & Drives". LG USA. Archived from the original on July 11, 2020.
  59. ^ "Manual".
  60. ^ Pioneer computer drive archive
  61. ^ "QPxTool – check the quality". qpxtool.sourceforge.io.
  62. ^ "QPxTool glossary". qpxtool.sourceforge.io. QPxTool. August 1, 2008. Retrieved July 22, 2020.
  63. ^ "One DVD "DATA" Sector – LightByte".
  64. ^ Bakalis, Anna (June 20, 2003). "It's unreel: DVD rentals overtake videocassettes". The Washington Times. Archived from the original on May 26, 2007.
  65. ^ "IEEE – Copy Protection for DVD Video p.2" (PDF). Archived from the original (PDF) on March 18, 2009.
  66. ^ "What is Blu-ray Disc?". Sony. Archived from the original on December 3, 2009. Retrieved November 25, 2008.
  67. ^ "DVD FAQ: 3.13 – What about the new HD formats?". September 21, 2008. Archived from the original on August 22, 2009. Retrieved November 25, 2008.
  68. ^ "High-Definition Sales Far Behind Standard DVD's First Two Years". Movieweb.com. February 20, 2008. Archived from the original on September 14, 2008. Retrieved August 22, 2009.
  69. ^ "Blu-ray takes 25% Market share". September 21, 2008. Archived from the original on June 23, 2011. Retrieved June 28, 2011.
  70. ^ Martorana, Robert (November 4, 2009). "Slow Blu-ray Adoption: A Threat to Hollywood's Bottom Line?". Seeking Alpha. Archived from the original on March 4, 2016. Retrieved August 9, 2011.
  71. ^ "Gates And Ballmer On "Making The Transition"". BusinessWeek. April 19, 2004. Archived from the original on August 26, 2009. Retrieved August 22, 2009.
  72. ^ "Kirk/Spock STAR TREK To Get All-New HD Spaceships". Aintitcool.com. Archived from the original on December 9, 2012. Retrieved August 22, 2009.[unreliable source?]
  73. ^ Burt, Kayti (February 6, 2017). "Star Trek: DS9 & Voyager HD Blu-Ray Will Likely Never Happen". Den of Geek. Archived from the original on October 17, 2018. Retrieved January 12, 2019.
  74. ^ "Are DVDs becoming obsolete?". Electronics.howstuffworks.com. November 1, 2014. Archived from the original on April 5, 2015. Retrieved December 30, 2016.
  75. ^ "Amazon.com: Customer Discussions: When will DVDs be obsolete?". Amazon.com. Archived from the original on March 5, 2016. Retrieved December 30, 2016.
  76. ^ Romano, Nick. "Is the DVD Becoming Obsolete?". ScreenCrush. Archived from the original on April 12, 2015. Retrieved December 30, 2016.
  77. ^ "DVD Going The Way Of VHS In 2016 – CINEMABLEND". Cinemablend.com. June 6, 2014. Archived from the original on April 12, 2015. Retrieved December 30, 2016.
  78. ^ Sweney, Mark (January 5, 2017). "Film and TV streaming and downloads overtake DVD sales for first time". Theguardian.com. Archived from the original on January 3, 2018. Retrieved October 28, 2017.
  79. ^ a b Final Report: NIST/Library of Congress (LC) Optical Disc Longevity Study Archived February 28, 2017, at the Wayback Machine, Loc.gov, September 2007 (table derived from figure 7)
  80. ^ Chang, Wo (August 21, 2007). "NIST Digital Media Group: docs/disccare". National Institute of Standards and Technology. Archived from the original on January 4, 2013. Retrieved December 18, 2013.
  81. ^ "Understanding DVD – Disc Longevity". Osta.org. Archived from the original on May 2, 2010. Retrieved October 28, 2017.

Further reading

External links