キプロス

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

キプロス共和国
国歌: ὝμνοςεἰςτὴνἘλευθερίαν [a]
「自由への賛歌」
Location of Cyprus (pictured lower right), showing the Republic of Cyprus in darker green and the self-declared republic of Northern Cyprus in brighter green, with the rest of the European Union shown in faded green
キプロスの場所(右下の写真)。キプロス共和国は濃い緑色で、北キプロス共和国は明るい緑色で、残りの欧州連合は色あせた緑色で示されています。
資本
そして最大の都市
ニコシア
35°10'N33 °22'E / 35.167°N 33.367°E / 35.167; 33.367
公用語
マイノリティ言語
土語
民族グループ
宗教
(2020;北キプロスを含む)
住民の呼称キプロス
政府単一 大統領 共和国
• 大統領
ニコスアナスタシアデス
• 副社長
空いている[b]
Annita Demetriou
立法府衆議院
イギリスからの独立
1959年2月19日
•独立を宣言
1960年8月16日
1960年10月1日
•  EUに加盟
2004年5月1日
領域
•合計[c]
9,251 km 2(3,572平方マイル)(162番目
• 水 (%)
9
人口
•2018年の見積もり
1,189,265 [c] [5] [6]158番目
•2011年の国勢調査
838,897 [d] [7]
• 密度
123.4 [c] [8] / km 2(319.6 / sq mi)(82番目
GDP  PPP2021年の見積もり
• 合計
Increase385.61億ドル[9]
• 一人あたり
Increase42,832ドル[9]
GDP  (名目)2021年の見積もり
• 合計
Increase26.546億ドル[9]
• 一人あたり
Increase29,486ドル[9]
ジニ (2020)Positive decrease 29.3 [10]
HDI  (2019)Increase 0.887 [11]
非常に高い ・ 33位
通貨ユーロ)(EUR
タイムゾーンUTC +2 EET
•夏(DST
UTC +3 EEST
運転側
市外局番+357
ISO3166コードCY
インターネットTLD.cy [e]

キプロス[ f] / ˈsaɪprəs / listen audio speaker icon正式にキプロス共和国[g]は、アナトリア半島の南にある地中海東部島国です。地中海で3番目に大きく、3番目に人口の多い島であり[12] [13] 、トルコの南、シリアの西、レバノンの北西イスラエルガザ地区に位置しています(パレスチナ)、エジプトの北、ギリシャの南東その首都で最大の都市はニコシアです。

島で最も早く知られている人間の活動は、紀元前10千年紀頃にさかのぼります。この時代の考古学的遺跡には、保存状態の良い新石器時代の村、キロキティアがあり、キプロスには世界で最も古い井戸がいくつかあります。[14]キプロスは、紀元前2千年紀に、ミケーネ文明のギリシャ人によって2つの波で定住しました。地中海東岸の戦略的な場所として、その後、アッシリアエジプトペルシャの帝国を含むいくつかの大国によって占領され、紀元前333年にアレキサンダー大王によって島が占領されました。その後のプトレマイオス王国、古典および東ローマ帝国短期間のアラブカリフ制、フランスのルシニャン 王朝ヴェネツィアによる統治の後に、1571年から1878年までの3世紀以上のオスマン帝国の統治が続きました( 1914年までのデジュリ)[15]

キプロスは1878年のキプロス条約に基づいて英国の管理下に置かれ、 1914年に英国によって正式に併合されました。島の将来は、2つの著名な民族コミュニティであるギリシャ系キプロス人の間の不一致の問題になりました。 1960年の人口と、人口の18%を占めるトルコ系キプロス人。19世紀以降、ギリシャのキプロス人は、1950年代にギリシャの国家政策となったギリシャとの連合であるエノシスを追求しました。[16] [17]トルコ系キプロス人は当初、英国統治の継続を提唱し、その後、トルコへの島の併合を要求し、1950年代に、トルコとともに、タクシム、キプロスの分割、およびトルコの政体の創設の方針を確立しました。北。[18] 1950年代の民族主義的暴力に続いて、キプロスは1960年に独立を認められた。 [19] 1963 – 64年の危機は、2つのコミュニティ間のさらなる共同体間の暴力をもたらし、25,000人以上のトルコ系キプロス人を飛び地に追いやった[20] :56–59  [21]そして共和国でのトルコキプロス代表の終焉をもたらした。1974年7月15日、クーデターギリシャ系キプロス人の民族主義者[22] [23]ギリシャ軍事政権の要素[24]によってエノシスの試みで上演されましたこの行動は7月20日にトルコのキプロス侵攻を引き起こし[25]、現在の北キプロスの領土を占領し、15万人以上のギリシャ系キプロス人[26] [27]と50,000人のトルコ系キプロス人追放した。[28]北部の別のトルコキプロス州は1983年に一方的な宣言によって設立されました。この動きは国際社会によって広く非難され、トルコだけが新しい国家を認めました。これらの出来事とその結果としての政治的状況は、継続的な論争の問題です。

キプロス共和国は、領海排他的経済水域を含む島全体の主権を有しています。ただし、ロンドンとチューリッヒの協定に従って英国の管理下にあるアクロティリとデケリア 主権基地地域は除きます。しかし、キプロス共和国は事実上2つの主要な部分に分割されています。共和国の効果的な管理下にある地域で、島の面積の約59%を占め、南と西に位置し、北は[29]によって管理されています。北キプロスの自己宣言されたトルコ共和国、島の面積の約36%をカバーしています。島の面積の別のほぼ4%は、国連バッファーゾーンによってカバーされています。国際社会は、島の北部をトルコ軍が占領しているキプロス共和国の領土であると考えています。[h]占領は国際法の下で違法と見なされており、キプロスが欧州連合の加盟国になって以来、EU領土の違法な占領に相当します。[35]

キプロスは地中海の主要な観光地です。[36] [37] [38]高度な[ 39] 高所得経済と非常に高い人間開発指数[40] [41]キプロス共和国は、1961年以来連邦の加盟国であり、 2004年5月1日に欧州連合に加盟するまで非同盟運動の創設メンバー。 [42] 2008年1月1日、キプロス共和国はユーロ圏に加盟した。[43]

語源

キプロスの銅鉱山。古代では、キプロスは銅の主要な供給源でした。

キプロスへの最初の証明された言及は、紀元前15世紀のミケネア語ギリシャ語 𐀓𐀠𐀪𐀍ku-pi-ri-jo[44]は、線文字Bの音節文字で書かれた「キプロス」(ギリシャ語:Κύπριος )を意味します。[45] 名前の古典的なギリシャ語の形式はΚύπροςキプロス)です。

名前の語源は不明です。提案は次のとおりです。

海外貿易を通じて、島は、後にキュプラムと短縮された「キプロスの金属」というフレーズaes Cypriumを通じて、銅を意味する古典ラテン語にその名前を付けました。[46] [47]

キプロスまたはその人々または文化に関連する標準的な呼称はキプロスです。キプロスキプロス(後に個人名)という用語も使用されますが、それほど頻繁ではありません。

ギリシャ語での州の正式名称は、文字通り英語で「キプロス共和国」に翻訳されますが、この翻訳は正式には使用されていません。代わりに「キプロス共和国」が使用されます。

歴史

セラミック新石器時代(再建)の間に人間の居住の初期の残骸があるKhirokitiaの考古学的な場所

先史時代と古代キプロス

キプロスで最も早く確認された人間の活動場所は南海岸に位置するAetokremnosであり、狩猟採集が紀元前10 、000年頃から島で活動していたことを示しています[48]最初の人間の到着は、矮星のカバ矮星の象の絶滅と相関しています。[49]キプロス西部の考古学者によって発見された井戸は、9、000年から10、500年前の世界で最も古い井戸の1つであると考えられています。[14]

キプロスの別の新石器時代の場所で、生後8か月の猫の残骸が人体に埋もれているのが発見されました。[50]墓は9、500年(紀元前7500年)と推定されており、古代エジプト文明よりも古く、最も初期の既知の猫と人間の関係を大幅に押し戻しています。[51]非常によく保存されている新石器時代の村、キロキティアは、紀元前6800年頃にさかのぼるユネスコの世界遺産に登録されています。[52]

青銅器時代後期、島はギリシャ人の入植の2つの波を経験しました。[53]最初の波は、紀元前1400年頃にキプロスを訪れ始めたミケーネ文明の貿易商で構成されていた。[54] [55] [56]紀元前1100年から1050年にかけてミケーネ文明が青銅時代に崩壊した後、ギリシャ人の入植の大きな波が起こったと考えられており、島の主なギリシャ人の性格はこの時期にさかのぼります。[56] [57]キプロスの王の最初の記録された名前は、13世紀にウガリットに送られた手紙に現れる「クシュメシュシャ」です。西暦前。[58]キプロスは、ギリシャ神話の発祥の地であるという重要な役割を果たしています。アフロディーテアドニス、そしてキニュラース王テウクロスピグマリオンの故郷。[59]文学的な証拠は、紀元前10世紀の初めにティリアンの支配下にあったキティオンでの初期のフェニキア人の存在を示唆している。[60]タイヤから来たと信じられていたフェニキアの商人がこの地域に植民地化し、キティオンの政治的影響力を拡大した。cの後。紀元前850年、[カタリ遺跡の]聖域はフェニキア人によって再建され再利用されました。」

ゼウスケラウニオス、紀元前500〜480年、ニコシア博物館

キプロスは中東の戦略的な場所にあります。[61] [62] [63]紀元前708年から一世紀の間、新アッシリア帝国によって統治された後、エジプトの統治下での短い呪文、そして最終的には紀元前545年のアケメネス朝の統治が行われた。[56]サラミスの王であるオネシルスに率いられたキプロス人は、紀元前499年のアケメネス朝に対するイオニアの反乱の失敗の間に、イオニアの都市で彼らの仲間のギリシア人に加わった。反乱は鎮圧されたが、キプロスは高度な自治権を維持し、ギリシャの世界に傾倒したままだった。[56]

島は紀元前333年にアレキサンダー大王によって征服されました。彼の死、彼の帝国の分裂、そしてその後のディアドコイ戦争の後、キプロスはプトレマイオス王国のヘレニズム帝国の一部になりました島が完全にヘレニズム化されたのはこの時期でした紀元前58年にキプロスは共和政ローマに買収されました[56]

キュプルス

中世

ニコシアの壁は、オスマン帝国の攻撃の場合に街を守るためにヴェネツィア人によって建てられました
キレニア城はもともとビザンチン帝国によって建てられ、ヴェネツィア人によって拡大されました

395年にローマ帝国が東ローマ帝国と西ローマ帝国に分割されたとき、キプロスは東ローマ帝国、つまりビザンチン帝国の一部となり、800年後の十字軍までその状態が続きました。ビザンチンの支配下で、古代以来顕著であったギリシャの方向性は、ギリシャのキプロスコミュニティの特徴であり続ける強力なヘレニズム-キリスト教の性格を発達させました。[64]

649年以降、キプロスはレバントからの襲撃者によるいくつかの攻撃に耐え、その後300年間続いた。多くは迅速な海賊襲撃でしたが、その他は大規模な攻撃であり、多くのキプロス人が虐殺され、莫大な富が運び去られたり破壊されたりしました。[64]

この時代から生き残っているビザンチン教会はありません。何千人もの人々が殺され、サラミスなどの多くの都市が破壊され、再建されることはありませんでした。[56]ビザンチンの支配は、ニケフォロス2世フォカス皇帝が陸と海で決定的な勝利を収めた965年に復活した。[56]

1191年、第3回十字軍の間に、イギリスのリチャード1世がキプロスのイサキオスから島を占領しました[65]。彼はそれをサラセン人から比較的安全な主要な補給基地として使用しました1年後、リチャードは島をテンプル騎士団に売却しました。テンプル騎士団は血なまぐさい反乱の後、それをギー・ド・リュジニャンに売却しました。彼の兄弟で後継者であるエイメリーは、神聖ローマ皇帝ヘンリー6世によってキプロスの王として認められました[56]

1473年に最後のリュジニャン王であるジェームズ2世が亡くなった後、ヴェネツィア共和国が島の支配権を握り、故王のヴェネツィアの未亡人であるカタリーナコルナーロ女王が首位に就きました。ヴェネツィアは、キャサリンの退位に続いて、1489年にキプロス王国を正式に併合しました。[56]ヴェネツィア人はニコシアの壁を建設することによってニコシアを強化し、それを重要な商業の中心地として使用した。ベネチアの支配を通して、オスマン帝国は頻繁にキプロスを襲撃しました。1539年、オスマン帝国はリマソールを破壊し、最悪の事態を恐れて、ヴェネツィア人もファマグスタを強化しましたキレニア[56]

中世を通してキプロスではルシニャンのフランス貴族が支配的な社会階級であり続けましたが、ギリシャ人は島で農奴としてのみ扱われたという以前の仮定[56]は、もはや学者によって正確であるとは見なされていません。中世には、ギリシャのキプロス人が上流階級に昇格し、ギリシャの中間階級増え[66]、ルシニャンの家政機関がギリシャ人と結婚することさえあったことが今では認められています。これには、エレニ・パレオロジナと結婚したキプロスのジャン2世が含まれていました。[67]

オスマン帝国下のキプロス

1570年、ニコシアとファマグスタの住民による激しい抵抗にもかかわらず、60,000人の軍隊による本格的なオスマン帝国の攻撃が島をオスマン帝国の支配下に置きました。キプロスを占領するオスマン帝国軍は、多くのギリシャ人とアルメニア人のキリスト教徒の住民を虐殺しました。[68]以前のラテン系エリートは破壊され、古代以来の最初の重要な人口動態の変化はイスラム教徒のコミュニティの形成とともに起こった。[69]征服で戦った兵士は島に定住し、トルコの農民と職人はアナトリアから島に連れてこられた[70]この新しいコミュニティには、追放されたアナトリアの部族、「望ましくない」人々、さまざまな「厄介な」イスラム教宗派のメンバー、および島の多くの新しい改宗者も含まれていました。[71]

ニコシアのキャラバンサライであるBüyükHanは、キプロスで生き残ったオスマン建築の例です。

オスマン帝国は以前に実施されていた封建制度を廃止し、キプロスにミレット制を適用しました。キプロスでは、非イスラム教徒は自分たちの宗教当局によって統治されていました。ラテン統治の時代からの逆転で、キプロス教会の長はギリシャのキプロスの人口のリーダーとして投資され、キリスト教のギリシャのキプロスとオスマン帝国当局の間の仲介者として行動しました。この地位は、キプロス教会がローマカトリック教会の絶え間ない侵略を終わらせる立場にあることを確実にしました。[72]オスマン帝国のキプロスの支配は、スルタンや地方公務員の気質に応じて、時には無関心であり、時には抑圧的であり、島は250年以上にわたる経済の衰退を始めた。[73]

イスラム教徒とキリスト教徒の比率は、オスマン帝国の支配の期間を通じて変動しました。1777〜78年には、47,000人のイスラム教徒が島の37,000人のキリスト教徒の過半数を占めました。[74] 1872年までに、島の人口は144,000人に増加し、44,000人のイスラム教徒と100,000人のキリスト教徒で構成されていた。[75]イスラム教徒の人口には、オスマン帝国当局によるカトリックコミュニティの宗教的迫害のために生じたクリプトカトリックコミュニティであるリノバンバキを含む多数のクリプトクリスチャンが含まれていた[76] 。[76] [77]このコミュニティは、イギリス統治時代にトルコ系キプロス人コミュニティに同化するだろう。[78]

1821年にギリシャ独立戦争が勃発するとすぐに、数人のギリシャのキプロス人がギリシャに向けて出発し、ギリシャ軍に加わりました。それに応じて、キプロスのオスマン帝国の知事は、キプロスの大司教、キプリアノス、および他の4人の司教を含む486人の著名なギリシャのキプロス人を逮捕して処刑しました。[79] 1828年、現代ギリシャの初代大統領イオアニス・カポディストリアスはキプロスとギリシャの連合を呼びかけ、数多くの小さな蜂起が起こった。[80]オスマン帝国の誤った支配に対する反応は、ギリシャ系キプロス人とトルコ系キプロス人の両方による蜂起につながりましたが、成功したものはありませんでした。オスマン帝国による何世紀にもわたる怠慢の後、ほとんどの人々と常に存在する徴税人の貧困がギリシャのナショナリズムを煽り、20世紀までに新たに独立したギリシャとのエノシスまたは連合の考えはギリシャのキプロス人の間でしっかりと根付いた。[73]

オスマン帝国の支配下では、計算能力、就学率、識字率はすべて低かった。それらはオスマン帝国の支配が終わった後しばらくの間持続し、その後20世紀の間に急速に増加しました。[81]

大英帝国下のキプロス

ニコシアで英国旗を掲げる

露土戦争(1877〜 1878年)ベルリン議会の余波で、キプロスは大英帝国にリースされ、1878年に事実上その政権を引き継ぎました(ただし、主権の観点からは、キプロスはオスマン帝国のままでした1914年11月5日までの領土、エジプトとスーダンと共に[15]英国がオスマン帝国をロシアの侵略から守るための基地として使用するという保証と引き換えに、[56]

島は、植民地時代のルートの主要な軍事基地として英国に役立つでしょう。1906年までに、ファマグスタ港が完成したとき、キプロスはスエズ運河を見下ろす戦略的な海軍の前哨基地でした。スエズ運河は、当時イギリスで最も重要な海外の所有物であったインドへの重要な主要ルートです。第一次世界大戦の勃発と中央同盟国側での戦争への参加のオスマン帝国の決定に続いて、 1914年11月5日、大英帝国は正式にキプロスを併合し、エジプトのオスマン帝国とスーダンスルタンとイギリスと宣言しました。保護する[15] [56]

1915年、イギリスはギリシャがイギリス側の戦争に参加することを条件に、ギリシャのコンスタンティノス1世が統治したキプロスをギリシャに提供しました。申し出は断られました。1923年、ローザンヌ条約の下で、初期のトルコ共和国はキプロスへの主張を放棄し[82]、1925年に英国の直轄植民地と宣言されました。[56]二次世界大戦中、多くのギリシャ系キプロス人とトルコ系キプロス人がキプロス連盟に参加した。

一方、ギリシャのキプロス人は、英国政権がエノシスにつながることを期待していたエノシスのアイデアは歴史的にメガリ・イデアの一部であり、キプロスやコンスタンティノープルに首都を持つ小アジアを含む旧オスマン帝国のギリシャの住民がいる領土を含むギリシャ国家のより大きな政治的野心であり、キプロスによって積極的に追求されましたメンバーがギリシャで教育を受けた正教会。これらの宗教関係者は、ギリシャ軍の将校や専門家とともに、メガリ・イデアを追求した者もいましたが、後にゲリラ組織を発見しました。Ethniki Organosis KyprionAgonistonまたはNationalOrganization of Cypriot Fighters(EOKA)。[83] [84]ギリシャのキプロス人はこの島を歴史的にギリシャ人と見なし、ギリシャとの連合は自然の権利であると信じていた。[85] 1950年代に、エノシスの追求はギリシャの国家政策の一部となった。[86]

ニコシアでギリシャのキプロスのデモ隊を狙うイギリス兵、1956年

当初、トルコ系キプロス人はイギリス統治の継続を支持していました。[87]しかし、彼らはギリシャのキプロス人がエノシスを要求していることに警鐘を鳴らした。彼らはクレタ島とギリシャの連合を見て、回避すべき前例としてクレタ人トルコ人の脱出につながった[88] [89]。 EOKAの過激な活動に応えて、分割派の立場をとった。[90]トルコ系キプロス人はまた、彼ら自身を島の別個の民族グループと見なし、ギリシャ系キプロス人とは別の民族自決権を持っていると信じていた。[85]一方、1950年代、トルコの指導者メンデレスキプロスを「アナトリアの延長」と見なし、民族に沿ったキプロスの分割を拒否し、島全体をトルコに併合することを支持しました。ナショナリズムのスローガンは「キプロスはトルコ人である」という考えに集中し、与党はキプロスがその安全に不可欠なトルコの故郷の一部であると宣言しました。トルコ系キプロス人の人口が島民のわずか20%であるという事実が併合を実行不可能にしたことに気づいたとき、国策は分割を支持するように変更されました。スローガン「PartitionorDeath」は、1950年代後半に始まり、1960年代を通して続く、トルコ系キプロス人とトルコ人の抗議行動で頻繁に使用されました。[91] [92]

1950年1月、キプロス教会は聖職者の監督下でトルコ系キプロス人の参加なしに国民投票を組織し[93] 、参加したギリシャ系キプロス人の96%がエノシス賛成した[94] [95] [20] : 9 ギリシャ人は、当時の島の総人口の80.2%でした(国勢調査1946年)。憲法の下での制限された自治は、英国政府によって提案されましたが、最終的には拒否されました。1955年にEOKA組織が設立され、武力闘争を通じてギリシャとの連合を模索しました。同時に、トルコ抵抗軍(TMT)は、タクシム、またはパーティションを要求し、カウンターウェイトとしてトルコ系キプロス人によって設立されました。[96]英国当局はまた、1958年7月15日付けの書簡で、トルコの地下組織TMTの創設を容認した。トルコ政府との関係。[92]

独立と共同体間の暴力

キプロスの初代大統領、マカリオス3世(左)とキプロスの初代副大統領、ファジル・クジュク(右)。
1960年の国勢調査によるキプロスの民族地図。

1960年8月16日、イギリス、ギリシャ、トルコの間でチューリッヒとロンドンが合意した後、キプロスは独立を達成しました。キプロスの総人口は573,566人でした。そのうち442,138人(77.1%)はギリシャ人、104,320人(18.2%)はトルコ人、27,108人(4.7%)はその他でした。[97]英国は、アクロティリとデケリアの2つのソブリン基地地域を保持し、政府の役職と公職は民族の割り当てによって割り当てられ、少数派のトルコ系キプロス人に恒久的な拒否権を与え、議会と行政で30%を与え、3人の母親に保証人の権利を述べています。

しかし、憲法によって予見された権力の分割はすぐに双方に法的な行き詰まりと不満をもたらし、ナショナリストの過激派はそれぞれギリシャとトルコの軍事的支援を受けて訓練を再開した。ギリシャ系キプロスの指導者は、1960年の憲法の下でトルコ系キプロスに与えられた権利が広すぎると信じ、ギリシャ系キプロスに有利な憲法を改革し、変更の正しさについて国際社会を激しく説得することを目的としたアクリタス計画を設計しました彼らが計画を受け入れない場合、数日でトルコ系キプロス人を征服します。[98]キプロス大統領マカリオス3世が憲法改正を求めたとき、緊張が高まった。、トルコによって拒否された[20] :17–20 、トルコ系キプロス人によって反対された。[98]

1963年12月21日、ギリシャのキプロス警察が関与した事件で2人のトルコ系キプロス人が殺害されたときに、地域間の暴力が勃発しました。暴力の結果、トルコ系キプロス人364人とギリシャ系キプロス人174人が死亡し、[99]トルコ系キプロス人109人または混合村が破壊され、25,000〜30,000人のトルコ系キプロス人が追放された。危機は、政権へのトルコ系キプロスの関与の終焉と、それがその正当性を失ったという彼らの主張をもたらした。[20] :56–59 このイベントの性質はまだ物議を醸しています。一部の地域では、ギリシャ系キプロス人がトルコ系キプロス人の旅行や政府の建物への立ち入りを阻止しましたが、一部のトルコ系キプロス人はトルコ系キプロス人政権の呼びかけにより喜んで撤退しました。[100]トルコ系キプロス人はエンクレイブに住み始めまし共和国の構造はマカリオスによって一方的に変更され、ニコシアはUNFICYPの配備によりグリーンラインによって分割されました。[20] :56–59 

1964年、トルコはキプロスの共同体間の暴力の継続に応じてキプロスに侵入すると脅迫したが[101] 、6月5日にリンドンB.ジョンソン米国大統領からの強い言葉の電報によって阻止され、米国はトルコのそばに立たないだろうと警告した。結果としてトルコ領土にソビエトが侵攻した場合。[102]一方、1964年までに、エノシスはギリシャの政策であり、放棄されることはなかった。マカリオスとギリシャの首相ゲオルギオス・パパンドレウは、エノシスが究極の目的であり、コンスタンティノス王であることに同意しましたキプロスに「母国との迅速な連合」を望んだ。ギリシャは、トルコの侵略の可能性に対抗するために、キプロスに10,000人の軍隊を派遣しました。[103]

1974年のクーデター、トルコの侵略、分裂

1974年7月15日、ディミトリオスイオアニデス傘下のギリシャ軍事政権は、キプロスでクーデターを実施し、島をギリシャと統合しました[104] [105] [106]クーデターはマカリオス3世大統領を追放し、彼をエノシス国家主義者のニコス・サンプソンと交代させた[107]クーデターに応じて、[i] 5日後の1974年7月20日、トルコ軍は1960年の保証条約から憲法秩序を回復するために介入する権利を理由に、島に侵入した。この正当化は、国連と国際社会によって拒否されました。[113]

トルコ空軍はキプロスでギリシャ軍の陣地を爆撃し始め、数百人の空挺部隊がニコシアとキレニアの間の地域に投下されました。キレニア海岸沖では、トルコ軍の船が6,000人の兵士、戦車、トラック、装甲車を上陸させました。[114] [115]

3日後、停戦が合意されたとき[116]トルコは島に3万人の軍隊を上陸させ、キレニア、キレニアとニコシアを結ぶ回廊、およびニコシア自体のトルコキプロス地区を占領した。[116]アテネの軍事政権、そしてキプロスのサンプソン政権は権力を失った。ニコシアでは、GlafkosCleridesが一時的に大統領に就任しました。[116]しかし、ジュネーブでの和平交渉の後、トルコ政府はキレニアの橋頭堡を強化し、8月14日に2度目の侵攻を開始した。[117]侵略は、モルフォウ、カルパス、ファマグスタ、メサオリアをもたらしたトルコの支配下に入る。

国際的な圧力が停戦につながり、それまでに島の36%がトルコ人に占領され、18万人のギリシャのキプロス人が北部の自宅から追い出されました。[118]同時に、約50,000人のトルコ系キプロス人が北に追放され、追放されたギリシャ系キプロス人の所有地に定住した。トルコに対するさまざまな制裁の中で、1975年半ば、米国議会は1974年のトルコのキプロス侵攻中に米国が供給した機器を使用するためにトルコに武器禁輸を課しました。 [119]ギリシャのキプロス人は1,534人[120]、トルコ人は502人でした。 1963年から1974年までの戦闘の結果、 キプロス[121]が行方不明になりました。

分割後

キプロスの分割を示す地図

1974年12月に憲法秩序が回復し、マカリオス3世大司教がキプロスに戻った後も、トルコ軍は島の北東部を占領していた。1983年、トルコ系キプロスの指導者ラウフ・デンクタシュが率いるトルコ系キプロス議会は、トルコだけが認めている北キプロストルコ共和国(TRNC)を宣言しました。[4]

1974年の夏の出来事は、島の政治とギリシャとトルコの関係を支配します。トルコ人入植者は、トルコとトルコのキプロス諸国の奨励を受けて北部に定住しました。キプロス共和国は、彼らの存在をジュネーブ条約違反と見なしている[20] :56–59 。その後、多くのトルコ人入植者がトルコとの関係を断ち切り、2代目はキプロスを故郷と見なしている。[122]

2012年のEUキプロス議長国時代のリマソールにおける欧州連合諸国の外相

トルコの侵略、その後の占領、およびTRNCによる独立宣言は、国連決議によって非難されており、これは毎年安全保障理事会によって再確認されています。[123]キプロス紛争を解決する試みは続いている。2004年、国連事務総長コフィ・アナンによって起草されたアナン計画は、北キプロスとキプロス共和国の両方で国民投票にかけられました。トルコ系キプロス人の65%が計画に賛成票を投じ、ギリシャ系キプロス人の74%が計画に反対票を投じ、トルコ側を不釣り合いに支持したと主張しました。[124]合計で、有権者の66.7%がアナン計画を拒否した

2004年5月1日、キプロスは他の9か国とともに欧州連合に加盟しました。[125]キプロスは、キプロス問題が最終的に解決するまで北キプロスで一時停止されているが、EU全体として受け入れられた。

両サイド間の移動の自由を高めるための努力がなされてきました。2003年4月、北キプロスは一方的に国境制限を緩和し、キプロス人が30年ぶりに両国間を渡ることを許可しました。[126] 2008年3月、キプロス共和国と国連バッファーゾーンの境界に何十年も立っていた壁が取り壊された。[127]壁はニコシアの中心部にあるレドラ通りを横切っており、島の32年の分裂の強力な象徴と見なされていた。2008年4月3日、ギリシャとトルコのキプロス当局者の立ち会いのもと、レドラ通りが再開されました。[128]北と南は2015年に再統一交渉を再開した[129]しかし、これらは2017年に崩壊しました。[130]

欧州連合は2019年2月に、EU加盟国であるキプロスがEUパスポートをロシアのオリガルヒに販売していることを警告し、組織犯罪シンジケートがEUに侵入することを許可すると述べました。[131] 2020年にリークされた文書は、2019年7月の法改正前にキプロス国籍を購入したアフガニスタン、中国、ドバイ、レバノン、ロシア連邦、サウジアラビア、ウクライナ、ベトナムからの以前および現在の職員のより広い範囲を明らかにした。[132] [133]キプロスとトルコは、表面上はこの地域での石油とガスの探査によって引き起こされた、排他的な経済圏の範囲をめぐって紛争に巻き込まれている。[134]

地理

グレコ岬の海食洞

キプロスは、イタリアシチリア島サルデーニャ島[4]に次いで、地中海で3番目に大きな島です(面積と人口の両方の点で)。また、面積で世界第80位、人口で世界第51位です。端から端までの長さは240キロメートル(149マイル)、最も広い地点での幅は100キロメートル(62マイル)で、トルコは北に75キロメートル(47マイル)あります。北緯34度から36度、東経32度から35度の間にあります。

他の近隣地域には、東と南東にシリアとレバノン(それぞれ105と108キロメートル(65と67マイル))、南東に200キロメートル(124マイル)のイスラエル、南東に427キロメートル(265マイル)のガザストリップが含まれます。 、エジプトは南に380キロメートル(236マイル)、ギリシャは北西に:カステッロリゾ(メギスティ)の小さなドデカネシアの島まで280キロメートル(174マイル)ロードスまで400キロメートル(249マイル)、800キロメートル(497マイル)ギリシャ本土へ。情報源は、代わりにキプロスをヨーロッパ、[135] [136] [137]、または西アジアと中東に配置します。[138] [139]

島の物理的な起伏は、トロードス山脈と小さなキレニア山脈の2つの山脈と、それらを囲む中央の平原であるメサオリアによって支配されています。メサオリア平野は、島で最も長いペディエオス川によって排水されています。トロードス山脈は島の南部と西部のほとんどを覆い、その面積の約半分を占めています。キプロスの最高点は、トロードス山脈の中心にある1,952 m(6,404フィート)のオリンパス山です。北の海岸線に沿って伸びる狭いキレニア山脈は、かなり少ない面積を占め、標高は低く、最大1,024 m(3,360フィート)に達します。島はアナトリアプレート内にあります[140]

キプロスには、キプロスの地中海性森林エコリージョンが含まれています。[141] 2018年の森林景観保全指数の平均スコアは7.06 / 10で、172か国中59位にランクされています。[142]

Petra tou Romiou(「ギリシャの岩」)。

地政学的には、島は4つの主要なセグメントに細分されます。キプロス共和国は島の南部の3分の2(59.74%)を占めています。北キプロスのトルコ共和国は北の3分の1(34.85%)を占めており、国連が管理するグリーンラインは、2つを分離し、島の2.67%をカバーする緩衝地帯を提供します。最後に、イギリスの主権下にある2つの基地、アクロティリとデケリアが島にあり、残りの2.74%をカバーしています。

気候

トロードス山脈冬に大雪を経験します

キプロスは亜熱帯気候地中海型および半乾燥型(島の北東部)–ケッペンの気候区分 CsaおよびBSh[143] [144]非常に穏やかな冬(海岸)で、暖かくて暑い夏。雪は島の中央部にあるトロードス山脈でのみ可能です。雨は主に冬に発生し、夏は一般的に乾燥しています。

キプロスは、欧州連合の地中海地域で最も温暖な気候の1つです。[要出典]海岸の年間平均気温は、日中は約24°C(75°F)、夜は14°C(57°F)です。一般的に、夏は約8か月続き、4月に始まり、日中の平均気温は21〜23°C(70〜73°F)、夜は11〜13°C(52〜55°F)で、11月に終わります。日中の平均気温は22–23°C(72–73°F)、夜は12–14°C(54–57°F)ですが、残りの4か月で気温が20°C(68°F)を超えることもあります。 F)。[145]

欧州連合の地中海地域のすべての都市の中で、リマソールは最も暖かい冬の1つであり、1月から2月の期間の平均気温は日中17〜18°C(63〜64°F)、7〜8°Cです。 (45–46°F)夜、キプロスの他の沿岸地域では、通常、日中は16–17°C(61–63°F)、夜は6–8°C(43–46°F)です。3月中、リマソールの平均気温は、日中は19〜20°C(66〜68°F)、夜は9〜11°C(48〜52°F)です。キプロスの他の沿岸地域では、通常17〜19度です。日中は°C(63–66°F)、夜は8–10°C(46–50°F)。[145]

夏の真ん中は暑いです–海岸の7月と8月の平均気温は、通常、日中は約33°C(91°F)、夜は約22°C(72°F)です(内陸部、高地の平均気温)気温は35°C(95°F)を超えます)一方、海岸の6月と9月の平均気温は、通常、日中は約30°C(86°F)、夜は約20°C(68°F)です。リマソールは、パフォスでは通常、日中は約28°C(82°F)、夜は約18°C(64°F)です。温度の大きな変動はまれです。内陸の気温はより極端で、島の海岸に比べて冬は寒く、夏は暑くなります。[145]

海の年間平均気温は21〜22°C(70〜72°F)で、2月の17°C(63°F)から8月の27〜28°C(81〜82°F)までです(場所によって異なります)。 )。5月から11月までの合計7か月で、平均海水温は20°C(68°F)を超えます。[146]

海岸の日照時間は年間約3,200時間で、12月の1日あたりの平均日照時間は5〜6時間、7月の平均日照時間は12〜13時間です。[146]これはヨーロッパの北半分の都市の約2倍です。比較のために、ロンドンは年間約1,540を受け取ります。[147] 12月、ロンドンは約50時間の日光を浴び[147]、キプロスの沿岸地域は約180時間(ロンドンの5月とほぼ同じ)です。

水供給

2012年4月にコウリスダムがオーバーフロー

キプロスは慢性的な水不足に苦しんでいます。国は家庭用水を供給するために雨に大きく依存していますが、過去30年間で、年間平均降水量は減少しています。[148] 2001年から2004年の間に、非常に激しい年間降雨量が貯水量を押し上げ、供給が需要を上回り、島の貯水池の総貯蔵量は2005年の初めまでに史上最高に上昇しました。しかし、それ以来、需要は増加しています。毎年–地元の人口増加、キプロスへの外国人の移動、観光客の数の結果–一方で、より頻繁な干ばつの結果として供給が減少しています。[148]

ダムは、家庭用と農業用の両方の主要な水源であり続けています。キプロスには合計107のダム(および現在建設中の1つ)と貯水池があり、総貯水容量は約330,000,000 m 3(1.2 × 10 10  cu ft)です。[149]近年の長期にわたる干ばつに対処するために、海水淡水化プラントが徐々に建設されて いる

政府は2001年以来、家庭用水のほぼ50%を供給している海水淡水化プラントの建設に多額の投資を行ってきました。また、状況に対する国民の意識を高め、家庭用水利用者が保全に対してより多くの責任を負うように促す努力もなされています。このますます希少な商品の。

トルコは、地中海の下に南海岸のアナムルからキプロスの北海岸までの水道パイプラインを建設し、北キプロスに飲料水と灌漑用水を供給しています北キプロス給水プロジェクトを参照)

政治

キプロスは大統領共和国です。国家元首と政府の長は、5年間の普通選挙のプロセスによって選出されます。行政権は政府によって行使され、立法権は衆議院に付与されますが、司法府は行政と立法府の両方から独立しています。

1960年の憲法は、独立した行政、立法、司法の支部を備えた大統領制と、トルコ系キプロス人の利益を保護するために設計された加重パワーシェアリング比率を含む複雑なチェックとバランスのシステムを規定しました。行政は、ギリシャのキプロス大統領とトルコのキプロス副大統領によってそれぞれのコミュニティによって5年間の任期で選出され、それぞれが特定の種類の法律と行政決定に対して拒否権を持っています。立法権は、別々の有権者名簿に基づいて選出された衆議院にかかっていました。

ニコスアナスタシアデス、2013年からキプロスの大統領。

1965年以来、2つのコミュニティ間の衝突の後、家のトルコ系キプロス人の席は空いたままです。1974年、トルコ軍が島の北3分の1を占領したとき、キプロスは事実上分割されました。その後、トルコ系キプロス人は1983年に北キプロスのトルコ共和国として独立を宣言しましたが、トルコによってのみ承認されました。1985年、TRNCは憲法を採択し、最初の選挙を実施しました。国連は、キプロス島全体に対するキプロス共和国の主権を認めています。

下院には現在、5年間の任期で59人の議員が選出され、比例代表制で56人の議員、アルメニアラテンマロナイトの少数派を代表する3人のオブザーバー議員がいます。トルコのコミュニティには24議席が割り当てられていますが、1964年以降は空席のままです。政治環境は、共産党のAKEL、リベラルで保守的な民主運動党、セントリスト[150]民主党、社会民主党のEDEK セントリストEURO.KOによって支配ています。2008年、ディミトリス・クリストフィアス 国の最初の共産主義国家元首になりました。2012〜13年のキプロスの金融危機に関与したため、クリストフィアスは2013年に再選に立候補しませんでした。2013年の大統領選挙では、民主運動党の候補者であるニコスアナスタシアデスが投票の57.48%を獲得しました。その結果、アナスタシアデスが宣誓し、2013年2月28日から大統領に就任しました。アナスタシアデスは2018年の大統領選挙で、投票の56%で再選されました[151] [152]

行政区画

キプロス共和国は、ニコシアファマグスタキレニアラルナカリマソールパフォスの6つの地区に分かれています。[153]

飛び地と飛び地

キプロスには4つの飛び地があり、すべてがデケリアの英国ソブリン基地地域に属する領土にあります最初の2つは、OrmidhiaXylotymvouの村です。3つ目は、英国の道路によって2つの部分に分割されているデケリア発電所です。北部はEAC難民集落です。南部は海沿いにありますが、独自の領海がなく、英国領海であるため、飛び地でもあります。[154]

国連バッファーゾーンはデケリアに向かって走り、アイオスニコラオス沖の東側から再び拾い上げ、薄い陸の回廊でデケリアの他の地域とつながっています。その意味で、緩衝地帯は島の南東の角にあるパラリムニ地域を事実上の飛び地に変えます。

外交関係

キプロス共和国は、次の国際グループのメンバーです:オーストラリアグループCNCECFSPEBRDEIBEUFAOIAEAIBRDICAOICCICCtITUCIDAIFADIFCIHOILOIMFIMOInterpolIOCIOMIPUITUMIGANAMNSGOPCWOSCEPCA、UN、UNCTADUNESCOUNHCRUNIDOUPUWCLWCOWFTUWHOWIPOWMOWToOWTO[4] [155]

軍隊

キプロス国家防衛隊は、キプロス共和国の主要な軍事機関です。これは、陸、空、海軍の要素を組み合わせた武力です。歴史的に、すべての男性は17歳の誕生日から24か月間州兵に勤務する必要がありましたが、2016年には、この強制勤務期間は14か月に短縮されました。[156]

毎年、約10,000人が採用センターでトレーニングを受けています。授与された専門分野に応じて、徴兵制の新兵は専門の訓練キャンプまたは作戦部隊に移されます。

2016年まで、軍隊は主に徴兵制でしたが、それ以来、大規模な徴兵制の機関が採用され(ΣΥΟΠ)、徴兵制サービスの削減と相まって、徴兵制と徴兵制の比率は約3:1になります。

法、正義、人権

最高裁判所

キプロス警察(ギリシャ語:ΑστυνομίαΚύπρουトルコ語:KıbrısPolisi)は、キプロス共和国で唯一の国家警察サービスであり、1993年以来法務省の管轄下にあります。[157]

「フリーダムインザワールド2011」で、フリーダムハウスはキプロスを「無料」と評価しました。[158] 2011年1月、キプロスの人権問題に関する国連人権高等弁務官事務所の報告書は、キプロスの継続的な分裂が島全体の人権に影響を及ぼし続けていることを指摘した。運動、行方不明者の問題に関連する人権、差別、生命への権利、宗教の自由、経済的、社会的、文化的権利。」[159]島の分割に絶えず焦点を当てることは、他の人権問題を覆い隠すことがある。[要出典]

2014年、トルコは欧州人権裁判所から、キプロスへの侵略に対する補償として1億ドルをはるかに超える額を支払うよう命じられました。[160] アンカラは、判決を無視すると発表した。[161] 2014年、キプロス難民のグループと後にキプロス政府が加わったヨーロッパの国会議員が国際司法裁判所に訴状を提出し、トルコがその民間人を直接的または間接的に占領下に移すことによってジュネーブ条約に違反したと非難した。地域。[要出典]ジュネーブ条約とハーグ条約に対するその他の違反は、どちらもトルコによって批准されており、考古学者のソポクレス・ハジサフヴァスが「北部のギリシャとキリスト教の遺産の組織的破壊」と呼んだものに相当します。[162]これらの違反には、文化財の略奪、教会の故意の破壊、芸術作品の無視、および国際記念物遺跡会議によって非難された重要な史跡の名前の変更が含まれます。Hadjisavvasは、これらの行動は、民族浄化の枠組みの中で北キプロスのギリシャの存在を消すというトルコの政策によって動機付けられていると主張しました。しかし、一部の実行者は、貪欲に動機付けられ、利益を求めています。[162]芸術法の専門家であるアレッサンドロ・チェチは、文化遺産の破壊と民族浄化の関係を「ギリシャのキプロスの視点」として分類しました。これは、2つのPACEレポートによって却下されたと彼は報告しています。Chechiは、ギリシャのキプロス過激派の手によるトルコのキプロスの遺産の破壊に留意し、キプロスの文化遺産の破壊に対するギリシャとトルコのキプロスの共同責任を主張します。[163]

経済

キプロスの輸出の比例代表、2019年

21世紀初頭、キプロス経済は多様化し、繁栄しました。[164]しかし、2012年には、ユーロ圏の金融および銀行危機の影響を受けました。2012年6月、キプロス政府はキプロスポピュラー銀行を支援するために18億ユーロの対外援助が必要であると発表し、これに続いてフィッチはキプロスの信用格付けをジャンクステータスに格下げしました。[165]フィッチは、キプロスが銀行を支援するためにさらに40億ユーロが必要であり、格下げは主にキプロス銀行、キプロスポピュラー銀行、ギリシャ銀行のエクスポージャーによるものであると述べた。、キプロスの3大銀行、ギリシャの金融危機へ。[165]

キプロスは通貨同盟、ユーロ圏(紺色)およびEU単一市場の一部です。

2012〜2013年のキプロス金融危機により、2013年3月にユーログループとの間で、国内で2番目に大きい銀行であるキプロスポピュラー銀行(別名ライキ銀行)を「悪い」銀行に分割することに合意しました。そしてキプロス銀行によって吸収されるであろう「良い」銀行。欧州委員会欧州中央銀行国際通貨基金(しばしば「トロイカ」と呼ばれる)からの100億ユーロの救済と引き換えに、キプロス政府は無保険の預金に大幅なヘアカットを課す必要がありました。裕福なロシア人によって開催されましたキプロスをタックスヘイブンとして使用した人。10万ユーロ以下の保証預金は影響を受けませんでした。[166] [167] [168]

リマソール総合病院

2017年の国際通貨基金の見積もりによると、1人当たりGDP (購買力調整済み)は36,442ドルで、欧州連合の平均を下回っています。[169] [170]キプロスは、その低い税率のためにいくつかのオフショア事業の拠点として求められてきました。観光、金融サービス、海運は経済の重要な部分です。キプロス政府の経済政策は、欧州連合への加盟基準を満たすことに重点を置いています。キプロス政府は2008年1月1日に国の通貨としてユーロを採用しました。[164]

キプロスは、エネルギー相互接続から完全に隔離された最後のEU加盟国であり、 EuroAsia Interconnector、2000 MWHVDC 海底電力ケーブルを介してヨーロッパのネットワークに接続されることが期待されています[171] EuroAsia Interconnectorは、ギリシャ、キプロス、およびイスラエルの電力網を接続します。これは、欧州連合の共通の利益の主要なプロジェクトであり、優先電力高速道路相互接続プロジェクトでもあります。[172] [173]

近年、キプロスの排他的経済水域(EEZ)のアフロディーテ(探索掘削ブロック12)として知られる地域[174]で、リマソールの南約175 km(109マイル)の33にある大量の海洋天然ガスが発見されました。 °5'40 "Nおよび32°59'0" E。[175]しかし、トルコの海洋掘削会社は2013年以来、天然ガスと石油資源の両方にアクセスしています。[176]キプロスは、2003年にエジプト、2007年にレバノン[177]、2010年にイスラエルとの海上国境を定めました。 [178] 2011年8月、米国を拠点とする企業Noble Energyブロックの商業開発に関してキプロス政府と生産共有契約を締結しました。[179]

キプロスと近隣諸国との国境協定を認めていないトルコは、[180]キプロスがブロック12で掘削を開始する計画を進めた場合、海軍を動員すると脅迫した[181]キプロスの掘削努力は、米国、EUの支援を受けている、および国連、および2011年9月19日、ブロック12での掘削は、インシデントが報告されることなく開始されました。[182]

観光客や外国人投資家の大量流入により、キプロスの不動産賃貸市場は近年成長しています。[いつ?] [183]​​ 2013年後半、キプロスの都市計画局は、不動産市場を刺激し、国の町の中心部での不動産開発の数を増やすための一連のインセンティブを発表しました。[184]これは、キプロスの資産に投資している第三国の国民に移民許可を迅速に与えるための以前の措置に従った。[185]

輸送

キプロスで最も忙しいリマソルの港
リマソールのアギオスアタナシオスジャンクションとメサゲトニアジャンクションの間のA1高速道路

利用可能な輸送モードは、道路、海上、空路です。1998年のキプロス共和国の10,663km(6,626 mi)の道路のうち、6,249 km(3,883 mi)が舗装され、4,414 km(2,743 mi)が未舗装でした。1996年、トルコの占領地域は、舗装道路と未舗装道路の比率が同様で、舗装道路が約1,370 km(850マイル)、未舗装道路が980 km(610マイル)でした。[要出典]キプロスは、英国の植民地化の名残である道路の左側を車両が走行するEUの3か国のうちの1つです(他はアイルランドとマルタです)。一連の高速道路がパフォス東部からアギアナパまで海岸に沿って走っており、2本の高速道路が内陸からニコシアまで走っています。1本はリマソールから、もう1本はラルナカからです。

一人当たりの自家用車の所有権は世界で29番目に高いです。[186] 2006年にキプロス共和国には約344,000台の自家用車があり、合計517,000台の登録済み自動車があった。[187] 2006年に、キプロス全土でバスサービスおよびその他の公共交通機関を改善および拡大する計画が発表された。欧州連合開発銀行の財政的支援。2010年には、新しいバスネットワークが導入されました。[188]

キプロスには、いくつかのヘリポートと2つの国際空港があります。ラルナカ国際空港パフォス国際空港です。3番目の空港であるエルカン国際空港はトルコ系キプロスの管理区域で運営されており、トルコへの直行便のみが運航されています(トルコ系キプロスの港はトルコ以外の国際交通に閉鎖されています)。ニコシア国際空港は1974年から閉鎖されています。

島の主なリマソールラルナカで、貨物船、旅客船、クルーズ船にサービスを提供しています。

コミュニケーション

国営の電気通信会社であるCytaは、島のほとんどの電気通信とインターネット接続を管理しています。しかし、セクターの規制緩和に続いて、エピック、ケーブルネットOTEnetテレコムオメガテレコム、プライムテルなど、いくつかの民間電気通信会社が出現しました。キプロスのトルコが管理する地域では、2つの異なる会社が携帯電話ネットワークを管理しています。TurkcellKKTCTelsimです。[要出典]

人口統計

人口増加、1961年から2003年(北キプロスに住むトルコ人入植者を除く島全体の数)。
年齢と性別による2010年の人口

CIA World Factbookによると、2001年には、ギリシャ系キプロス人が77%、トルコ系キプロス人が18%、その他がキプロス人の5%を占めていました。[189] 2011年の国勢調査の時点で、キプロスにはロシア出身の10,520人が住んでいた。[190] [191] [192] [193]

1960年12月に実施され、島全体を対象とした独立宣言後の最初の人口調査によると、キプロスの総人口は573,566人で、そのうち442,138人(77.1%)がギリシャ人、104,320人(18.2%)がトルコ人、27,108人が(4.7%)その他。[97] [194]

1963年から1974年までの地域間の民族間の緊張により、島全体の人口調査は不可能と見なされていました。それにもかかわらず、キプロス政府は、トルコ系キプロス人の大衆なしで、1973年にそれを実施しました。[195]この国勢調査によると、ギリシャのキプロスの人口は482,000人でした。1年後の1974年、キプロス政府の統計研究局はキプロスの総人口を641,000人と推定しました。そのうち506,000(78.9%)はギリシャ人、118,000(18.4%)はトルコ人でした。[196] 1974年に島が分割された後、キプロス政府はさらに4つの国勢調査を実施した。1976年、1982年、1992年、2001年。これらは島の北部に住んでいたトルコの人口を除外しました。[194]

キプロス共和国の最新の推定によると、2005年には、キプロス共和国に現在住んでいるキプロス市民の数は約871,036人です。これに加えて、キプロス共和国には110,200人の外国人永住者[197]と、現在島の南部に住んでいる推定10,000〜30,000人の不法移民が住んでいます。[198]

外国人居住者の最大のグループ
国籍 人口(2011)
 ギリシャ 29,321
 イギリス 24,046
 ルーマニア 23,706
 ブルガリア 18,536
 フィリピン 9,413
 ロシア 8,164
 スリランカ 7,269
 ベトナム 7,028
 シリア 3,054
 インド 2,933

北キプロスが実施した2006年の国勢調査によると、北キプロスには256,644人(de jure)の人々が住んでいました。178,031人は北キプロスの市民であり、そのうち147,405人はキプロスで生まれました(北から112,534人、南から32,538人、371人はキプロスのどの地域から来たのかを示していません)。トルコ生まれの27,333人。英国生まれの2,482人とブルガリア生まれの913人。キプロスで生まれた147,405人の市民のうち、120,031人は両親がキプロスで生まれたと言っています。16,824は、両親がトルコで生まれたと言います。10,361人の親がトルコで生まれ、もう1人がキプロスで生まれています。[199]

2010年、国際危機グループはキプロスの総人口は110万人と推定し[200]、そのうち北部には推定30万人の居住者がおり、その半分はトルコで生まれたか、そのような入植者の子供です。[201]

リゾカルパソ(北キプロス)、ポタミア(ニコシア地区)、ピララルナカ地区)の村は、ギリシャとトルコのキプロス人が混在する唯一の集落です。[202]

Y-Dnaハプログループは、キプロスで次の頻度で見られます:J(43.07%、6.20%J1を含む)、E1b1b(20.00%)、R1(12.30%、9.2%R1bを含む)、F(9.20%)、I(7.70%) 、K(4.60%)、A(3.10%)。[203] J、K、F、およびE1b1bハプログループは、中東、北アフリカ、およびヨーロッパ内で分布が異なる系統で構成されていますが、R1およびIはヨーロッパの集団で一般的です。

キプロスの外では、英国、オーストラリア、カナダ、米国、ギリシャ、トルコに、 ギリシャのキプロスのディアスポラトルコのキプロスのディアスポラの両方で、重要で繁栄しているディアスポラがあります。

 
ランク 名前 区域 ポップ。
Nicosia (north and south)
ニコシア(北と南)リマソール
Limassol
1 ニコシア(北と南) ニコシア 200,452 Strovolos
Strovolosラルナカ
Larnaca
2 リマソール リマソール 154,000
3 Strovolos ニコシア 67,904
4 ラルナカ ラルナカ 51,468
5 ファマグスタ ファマグスタ 42,526
6 ラカタミア ニコシア 38,435
7 キレニア キレニア 33,207
8 パフォス パフォス 32,892
9 加藤ポレミディア リマソール 22,369
10 アグランジア ニコシア 20,783

機能的な都市部

機能的な都市部 人口(2016)[204]
ニコシア 330,000
リマソール 237,000

宗教

キプロスの宗教ピュー研究所[205] [206]
宗教 パーセント
東方正教会
78%
イスラム教
20%
他の
1%
なし
1%
ペドゥラスのキッコス修道院(左)とラルナカ塩湖近くのハラスルタンテッケ(右)。

ギリシャ系キプロス人の大多数はキリスト教徒、特にギリシャ正教であると特定しているが[206] [207] [208]、ほとんどのトルコ系キプロス人はスンニ派イスラム教の信奉者である。Eurobarometer 2005によると、[209]キプロスは、マルタに次ぐ、当時の欧州連合で2番目に宗教的な州でした(ただし、2005年にはルーマニアは欧州連合に加盟していませんでした。現在、ルーマニアはEUで最も宗教的な州です)欧州連合の宗教を参照してくださいキプロスの初代大統領マカリオス3世大司教であり、キプロスの副大統領はFazılKüçükでした。キプロスのギリシャ正教会の現在の指導者はクリソストモス2世大司教です。

ラルナカ塩湖の近くにあるハラスルタンテッケは、イスラム教徒の巡礼の対象です

政府が管理する地域で実施された2001年の国勢調査によると、[210]人口の94.8%が東方正教会、0.9%がアルメニア人マロナイト派、1.5%がローマカトリック教徒、1.0%がイングランド国教会、0.6%がイスラム教徒でした。キプロスにはユダヤ人のコミュニティもあります。残りの1.3%は他の宗派に固執しているか、彼らの宗教を述べていませんでした。

言語

Melkonian EducationalInstituteのアルメニア文字アルメニア語はキプロスでは少数言語として認識されています。

キプロスには、ギリシャ語とトルコ語の2つの公用語があります。[211] アルメニア語キプロス語のマロナイトアラビア語は少数言語として認識されています。[212] [213]公用語はないが、英語は広く話されており、道路標識、公告、広告などで広く取り上げられている。[214]英国植民地支配の間、英語は唯一の公用語であり、 1960年、1989年まで法廷で、1996年まで法廷で(事実上)使用され続けた。[215]キプロス人の80.4%は、第二言語としての英語に堪能である[216]ロシア語は、国の少数派、ポストソビエト諸国の居住者と市民、およびポントスギリシャ人の間で広く話されています。ロシア語は、英語とギリシャ語に続いて、特にリマソールとパフォスで、ショップやレストランの多くの標識で使用される3番目の言語です。これらの言語に加えて、12%がフランス語を話し、5%がドイツ語を話します。[217]

ギリシャ語キプロス人の日常の話し言葉はキプロスギリシャ語であり、トルコ系キプロス人のそれはキプロストルコ語です。[215]これらの土語は両方とも、標準のレジスターとは大きく異なります[215]

教育

Faneromeni Schoolは、キプロスで最も古いオールガールの小学校です。

キプロスには、公立と私立の両方の教育を提供する、高度に発達した初等中等教育システムがあります。教育の質の高さは、GDPの7%近くが教育に費やされているという事実に一部起因している可能性があり、キプロスはデンマークやスウェーデンと並んでEUの教育支出のトップ3の1つになっています。[218]

公立学校は一般的に、教育の質において私立学校と同等であると見なされています。ただし、州の高校の卒業証書の価値は、取得した成績が各トピックの最終成績の約25%にすぎず、残りの75%が学期中に教師によって割り当てられるという事実によって制限されます。透明な方法。キプロスの大学(ギリシャの大学など)は、入学の目的で高校の成績をほぼ完全に無視しています。大学への入学には高校の卒業証書が義務付けられていますが、入学は、すべての大学候補者が受験する必要のある中央管理の大学入試のスコアに基づいてほぼ独占的に決定されます。

キプロス人の大多数は、ギリシャ、イギリス、トルコ、その他のヨーロッパおよび北米の大学で高等教育を受けています。キプロスは現在[いつ?]は、EUで高等教育を受けている労働年齢の市民の割合が最も高く30%であり、フィンランドの29.5%を上回っています。さらに、25〜34歳の人口の47%が高等教育を受けており、これはEUで最も高い教育です。キプロスの学生の体は非常に機動性が高く、78.7%がキプロス以外の大学で勉強しています。

文化

ギリシャ系キプロス人とトルコ系キプロス人は、文化交流のために文化において多くの共通点を共有していますが、違いもあります。いくつかの伝統的な食べ物(スブラハルーミなど)と飲み物は似ており、表現や生き方も似ています。おもてなしとゲストや他の人のための食べ物や飲み物の購入または提供は、両方の間で一般的です。どちらのコミュニティでも、音楽、ダンス、アートは社会生活の不可欠な部分であり、多くの芸術的、言語的、非言語的表現、チフテテリなどの伝統的なダンス、ダンス衣装の類似性、社会活動の重要性がコミュニティ間で共有されています。[219]しかし、2つのコミュニティには異なる宗教と宗教文化があり、ギリシャ系キプロス人は伝統的にギリシャ正教であり、トルコ系キプロス人は伝統的にスンニ派イスラム教徒であり、文化交流を部分的に妨げています。[220]ギリシャ系キプロス人はギリシャとキリスト教の影響を受けており、トルコ系キプロス人はトルコとイスラム教の影響を受けています。

リマソールカーニバルフェスティバルは、キプロスリマソールで毎年開催されるカーニバルです。キプロスで大人気のイベントは20世紀に紹介されました。[221]

芸術

ニコシア、キプロスの古い部分の典型的なキプロスの建築

キプロスの美術史は、 KhoirokoitiaLempaの村で一連の銅器時代の彫刻が施された人物が発見されてから、1万年前までさかのぼると言えます[222]島には、中世からの高品質の宗教的な図像の多くの例と、多くの描かれた教会があります。キプロス建築は、ラテン支配の時代(1191〜1571)に島に導入され たフランスゴシックとイタリアのルネッサンスの影響を強く受けました。

少なくとも14世紀にさかのぼる有名な伝統芸術は、レフカラレース(レフカラ村に由来する「レフカラティカ」とも呼ばれます。レフカラレースはユネスコによって無形文化遺産(ICH)として認識されています。独特のデザインパターンと、その複雑で時間のかかる製造プロセスが特徴です。完全な刺繍が施された本物のレフカラレースは、通常、数百時間かかるため、通常はかなり高額になります。 Lefkaraに由来するのは、Cypriot Filigree(地元ではTrifourenioとして知られています)の制作です。)、銀のねじれた糸で作られたジュエリーの一種。Lefkara村には、Lefkara Handicraft Centerという名前の政府資金によるセンターがあり、その使命は、刺繡と銀の宝飾品を作る技術を教育し、教えることです。村には地元の手作りアートのコレクションがたくさんある伝統刺繡と銀細工の博物館もあります。

現代のキプロス美術史は、ヴェネツィアの美術アカデミーで学んだ画家Vassilis Vryonides(1883–1958)から始まります。[223]おそらく、現代キプロス芸術の創設者の2人は、ロンドンの王立芸術大学で学んだアダマンティオスディアマンティス(1900〜 1994年)と、同じくロンドンのセントマーチン美術学校で学んだクリストフェロスサヴバ(1924〜 1968年)でした。[224] 1960年、Savvaは、ウェールズの芸術家Glyn Hughesと共に、新しく設立されたキプロス共和国の最初の独立した文化の中心地であるApophasis [Decision]を設立しました。1968年、Savvaは、第34回ヴェネツィアビエンナーレの最初のパビリオンでキプロスを代表する芸術家の1人でした。英語のキプロスアーティストGlynHUGHES 1931–2014。[225]多くの点で、これらの2人の芸術家は、その後のキプロス芸術のテンプレートを設定し、彼らの芸術スタイルと教育のパターンの両方が今日まで影響力を持っています。特にキプロスの芸術家の大多数は今でもイギリスで訓練を受けており[226] 、ギリシャの美術学校やキプロス芸術大学、ニコシア大学フレデリック工科大学などの地元の芸術機関で訓練を受けている人もいます。

キプロスの芸術の特徴の1つは、コンセプチュアルアートが多くの芸術「機関」、特にニコシア市立芸術センターによって厳密に推進されているにもかかわらず、比喩的な絵画への傾向です。市立美術館はすべての主要な町に存在し、大きくて活気のある商業アートシーンがあります。

キプロスは2006年に国際芸術祭マニフェスタを主催する予定でしたが、マニフェスタのオランダの主催者とキプロス教育文化省との間でトルコのマニフェスタイベントのいくつかの場所をめぐって論争があったため、これは土壇場でキャンセルされました首都ニコシアの。[227] [228]キプロスの地元の芸術コミュニティのメンバーを「無知」および「文明化されていない原住民」として扱いながら、マニフェスタ組織がイベントに参加するために国際的な芸術家を輸入しているという一部のキプロスの芸術家からの苦情もありました。 「適切な芸術を作る方法」を教えられる。[229]

他の著名なギリシャのキプロスの芸術家には、ヘレン・ブラックカロペディス家パナイオティス・カロルコティニコス・ニコライデス、スタス・パラスコスアレスティス・スタシ、テレマコス・カントス、コンスタンティア・ソフォクレウスクリス・アキレオストルコ系キプロスの芸術家にはイスメトギュニー

音楽

ラウト、キプロスの伝統音楽の支配的な楽器。

キプロスの伝統的な民俗音楽には、ギリシャ音楽、トルコ音楽、アラブ音楽と共通の要素がいくつかあります。これらはすべて、ギリシャのキプロスとトルコのキプロスのダンス(sousta、syrtos、zeibekikos、tatsia、karsilamasなど)を含むビザンチン音楽から派生ます。中東風のチフテテリ治療法としてチャティスタとして知られている音楽詩の形式もありますこれは、伝統的なごちそうやお祝いでよく行われます。キプロスのフォークミュージックに一般的に関連する楽器は、バイオリン( "fkiolin")、リュート( "laouto")、キプロスフルート(pithkiavlin)、ウード( "outi")、カノナキ、パーカッション( " tamboutsia "を含む)です。伝統的なキプロス音楽に関連する作曲家には、Solon MichaelidesMarios Tokas、Evagoras Karageorgis、SavvasSalidesが含まれます。ミュージシャンの中には、高く評価されているピアニストのシプリアン・カツァリス、作曲家のアンドレアス・G・オルファニデスもいます。

キプロスのポピュラー音楽は、一般的にギリシャのライカシーンの影響を受けています。このジャンルで演奏するアーティストには、国際的なプラチナスターのAnna Vissi[230] [231] [232] [233] Evridiki、およびSarbelが含まれます。ヒップホップR&Bは、キプロスのラップとアギアナパのアーバンミュージックシーンの出現によって支えられてきましたが、ここ数年、特に毎年恒例のレゲエサンジャムフェスティバルに多くのキプロスのアーティストが参加することで、レゲエシーンが成長しています。キプロスのロックミュージックやÉntekhnoロックは、 MichalisHatzigiannisAlkinoosIoannidisなどのアーティストと関連付けられることがよくます。Metalはまた、キプロスでArmageddon(rev.16:16)、Blynd、 Winter's Verge Methysos、Quadraphonicなどのバンドに代表される小さな支持者を持っています。

文学

ストア派哲学学校の創設者、シチウムのゼノン。

古代の文学作品には、おそらく紀元前7世紀後半に作曲され、スタシヌスに起因する叙事詩あるキュプリアが含まれています。Cypriaは、ギリシャとヨーロッパの詩の最初の標本の1つです[234]シチウムのキプロスゼノンはストア派の哲学の創設者であった。

叙事詩、特に「アクリティカ歌話」は中世に栄えました。1つはLeontiosMachairasによって書かれ、もう1つはGeorgios Boustroniosによって書かれた、2つの年代記は、フランクの支配の終わり(4世紀から1489年)までの中世全体をカバーしています。中世ギリシャのキプロスで書かれたPoèmesd'amourは、16世紀にさかのぼります。それらのいくつかは、ペトラルカベンボアリオスト、G。 サンナッツァーロによって書かれた詩の実際の翻訳です。[235]多くのキプロスの学者は、IoannisKigalasのような問題のある時期にキプロスから逃げました。(c。1622–1687)17世紀にキプロスからイタリアに移住した彼の作品のいくつかは、他の学者の本に残っています。[236]

Ioannis Kigalas(c。1622–1687)は、ニコシア生まれのギリシャのキプロスの学者であり、17世紀に主に活躍した哲学の教授でした。[237]

トルコ系キプロスの詩人、ハサン・ヒルミ・エフェンディは、オスマン帝国のスルタン、マフムト2世から報酬を受け、「詩のスルタン」と言われています。[238]

現代ギリシャのキプロスの文学者には、詩人で作家のKostas Montis、詩人のKyriakos Charalambides、詩人のMichalis Pasiardis、作家のNicos Nicolaides、Stylianos Atteshlis、Altheides、Loukis Akritas [239] 、DemetrisThが含まれます。ゴッツィス。Dimitris LipertisVasilis Michaelides 、Pavlos Liasidesは、主にキプロスとギリシャの方言で詩を書いた民俗詩人です。[240] [241]トルコ系キプロスの主要な作家の中にはノーベル文学賞に2度ノミネートされたOsmanTürkayがいる[242] ÖzkerYaşın 、 Neriman CahitUrkiye Mine BalmanMehmetYaşınNeşeYaşın

世界文学には、一時的および恒久的な移民のキプロス作家の存在がますます強くなっています。また、海外で生まれ育った第2世代および第3世代のキプロス作家による執筆もあり、多くの場合英語で執筆しています。これには、マイケルパラスコスステファノスステファニデスなどの作家が含まれます。[243]

外国文学におけるキプロスの例には、シェイクスピアの作品が含まれ、ウィリアムシェイクスピアのオセロのほとんどがキプロス島を舞台にしています。イギリスの作家、ロレンス・ダレルは、1952年から1956年までキプロスに住み、島のイギリス植民地政府で働いていました。また、1957年に第2回ダフクーパー賞を 受賞たキプロスでの彼の時代についての本を書きました。

マスメディア

フリーダムハウスの2015年の報道の自由の報告では、キプロス共和国と北キプロスは「無料」にランク付けされました。キプロス共和国は、報道の自由で25/100、法務環境で5/30、政治環境で11/40、経済環境で9/30のスコアを獲得しました(スコアが低いほど良い)。[244] 国境なき記者団は、2015年の世界報道自由度ランキングでキプロス共和国を180か国中24位にランク付けし、スコアは15.62です[245]。

法律は言論報道の自由を規定しており、政府は一般的にこれらの権利を実際に尊重しています。独立した報道機関、効果的な司法制度、および機能している民主的な政治システムが組み合わさって、言論と報道の自由を確保しています。法律はプライバシー、家族、家、または通信への恣意的な干渉を禁止しており、政府は一般的にこれらの禁止を実際に尊重します。[246]

キプロスの地元のテレビ会社には、 2つのテレビチャンネルを運営する国営のキプロス放送協会が含まれます。さらに、島のギリシャ側には、プライベートチャンネルANT1キプロス、プラスTV、メガチャンネル、シグマTV、ニモニアTV(NTV)、ニューエクストラがあります。北キプロスでは、ローカルチャンネルはBRT、キプロス放送協会に相当するトルコ系キプロス、およびいくつかのプライベートチャンネルです。地元の芸術と文化番組の大部分は、キプロス放送協会とBRTによって制作されており、地元の芸術ドキュメンタリー、レビュープログラム、映画化されたドラマシリーズがあります。

シネマ

海外で働いたことがある最も世界的に知られているキプロスの監督は、マイケル・カコヤニスです。

1960年代後半から1970年代初頭にかけて、George Filisは、Gregoris AfxentiouEtsi Prodothike i Kypros、およびThe MegaDocumentを制作および監督しました。1994年、シネマ諮問委員会の設立により、キプロスの映画製作が後押しされました。2000年には、国家予算で映画製作のために確保された年間金額はCYP£ 500,000(約€850,000)でした。政府の助成金に加えて、キプロスの共同制作は、欧州評議会ユーリマージュ基金からの資金提供を受ける資格があります。この基金は、ヨーロッパの映画の共同制作に資金を提供しています。現在までに、キプロスが製作総指揮を務めた4本の長編映画がユーリマージュから資金提供を受けています。最初はISphagitouKokoraでした(1996)、続いてHellados(未発表)、To Tama(1999)、O Dromos gia tin Ithaki(2000)。[247]

キプロスで作られた外国映画はごくわずかです。これには、Damned(1970)、The Beloved(1970)、Ghost in the Noonday Sun(1973)の香が含まれます。[248]ジョン・ウェインの映画「史上最大の作戦」 (1962年)の一部もキプロスで撮影された。

料理

キプロスメゼ_

中世の間に、キプロスのフランスのルシニャン君主の下で、フランス、ビザンチン、中東の形式を融合させた精巧な形式の宮廷料理が開発されました。リュジニャン王はシリアの料理人をキプロスに輸入することで知られており、中東のレシピをフランスやブランマンジェなどの他の西ヨーロッパ諸国に輸入するための重要なルートの1つは、キプロスのリュジニャン王国を経由することでした。これらのレシピは、西洋ではVyands de Chypre、またはFoods of Cyprusとして知られるようになり、食品史家のWilliam Woys Weaverは、中世の英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語のレシピ本で100以上を特定しました。中世から近世にかけてヨーロッパで特に人気を博したのは、鶏肉や魚で作ったシチューでした。マルモニア、これは英語でモーメニーになりました。[249]

西ヨーロッパのカノンに入るキプロスの食材のもう1つの例は、中世初期のキプロスに関連していたカリフラワーで、今日でも島でさまざまな方法で人気があり、さまざまな方法で使用されています。12世紀と13世紀に、アラブの植物学者イブン・アルアッワームイブン・アル・バイタールは、野菜の起源はキプロスにあると主張し[250] [251]、この島との関係はカリフラワーがあった西ヨーロッパにも反映されていました。もともとはキプロスキャベツまたはキプロスコレワートとして知られています。また、16世紀に入るまで、キプロスからのカリフラワーの種子の長期にわたる広範な取引がありました。[252]

1571年にキプロスがオスマン帝国に陥落した後、リュジニャンの食文化の多くは失われましたが、今日では、さまざまな形のタヒニやフムス、ザラティーナ、スコルダリア、野生の歌の漬物など、リュジニャンに馴染みのある多くの料理が残っています。アンベロポリアと呼ばれる鳥。今日非常に物議を醸し、違法であるアンベロポリアは、ルシニャンとベネチアの時代にキプロスから、特にイタリアとフランスに大量に輸出されました。1533年、キプロスへのイギリス人旅行者、ジョンロックは、漬けた野鳥が大きな壺に詰め込まれているのを見た、またはキプロスから毎年1200個の壺が輸出されたと主張しました。[253]

リュジニャン家にもよく知られているのは、バルーミチーズでした。これは、今日、ビザンチン時代にキプロスで生まれたと主張する食品作家もいます[254] [255] [256]。ただし、チーズの名前自体は、学者によってアラビア語に由来すると考えられています。[257]イタリアの歴史家フロリオ・バストロンが彼がカルミと呼んだキプロスからの羊乳チーズについて書いた1554年以前に、チーズがキプロスに関連しているという証拠は残っていない[257] Halloumi(Hellim)は通常、前菜またはメゼ料理として、スライス、グリル、揚げ物、時には新鮮なものとして提供されます。

キプロスのハルーミ
ニコシアのアーケードにあるキプロススタイルのカフェ

シーフードと魚料理には、イカ、タコ、ウミヒゴイシーバスなどがあります。きゅうりとトマトはサラダに広く使われています。一般的な野菜の準備には、オリーブオイルとパセリのジャガイモ、カリフラワーとビートのピクルス、アスパラガスとサトイモが含まれます。他の伝統的な料理は、乾燥したコリアンダーシードとワインでマリネした肉であり、最終的には乾燥燻製ますmesentery)。Pourgouriブルグル、ひびの入った小麦)は、パン以外の伝統的な炭水化物源であり、珍味のコウベを作るために使用されます。

新鮮な野菜や果物は一般的な食材です。よく使われる野菜には、クルジェット、ピーマン、オクラ、インゲン、アーティチョーク、ニンジン、トマト、きゅうり、レタス、ブドウの葉、豆類、ソラマメ、エンドウ豆、黒目豆、ひよこ豆、レンズ豆などがあります。最も一般的な果物とナッツは、梨、リンゴ、ブドウ、オレンジ、マンダリン、ネクタリン、メドラー、ブラックベリー、チェリー、イチゴ、イチジク、スイカ、メロン、アボカド、レモン、ピスタチオ、アーモンド、栗、クルミ、ヘーゼルナッツです。

キプロスは、ロクム(ターキッシュデライトとも呼ばれます)やSoutzoukosなどのデザートでもよく知られています。[258]この島は、 Geroskipouの村で生産されたロクムの地理的表示(PGI)を保護しています。[259] [260]

スポーツ

スポーツ統治機関には、キプロスフットボール協会キプロスバスケットボール連盟キプロスバレーボール連盟キプロス自動車協会、キプロスバドミントン連盟、[261] キプロスクリケット協会キプロスラグビー連盟、キプロスプール協会が含まれます。

Notable sports teams in the Cyprus leagues include APOEL FC, Anorthosis Famagusta FC, AC Omonia, AEL Lemesos, Apollon FC, Nea Salamis Famagusta FC, AEK Larnaca FC, AEL Limassol B.C., Keravnos B.C. and Apollon Limassol B.C. Stadiums or sports venues include the GSP Stadium (the largest in the Republic of Cyprus-controlled areas), Tsirion Stadium (second largest), Neo GSZ Stadium, Antonis Papadopoulos Stadium, Ammochostos Stadium and Makario Stadium.

In the 2008–09 season, Anorthosis Famagusta FC was the first Cypriot team to qualify for the UEFA Champions League Group stage. Next season, APOEL FC qualified for the UEFA Champions League group stage, and reached the last 8 of the 2011–12 UEFA Champions League after finishing top of its group and beating French Olympique Lyonnais in the Round of 16.

The Cyprus national rugby union team known as The Moufflons currently holds the record for most consecutive international wins, which is especially notable as the Cyprus Rugby Federation was only formed in 2006.

Tennis player Marcos Baghdatis was ranked 8th in the world, was a finalist at the Australian Open, and reached the Wimbledon semi-final, all in 2006. High jumper Kyriakos Ioannou achieved a jump of 2.35 m at the 11th IAAF World Championships in Athletics in Osaka, Japan, in 2007, winning the bronze medal. He has been ranked third in the world. In motorsports, Tio Ellinas is a successful race car driver, currently racing in the GP3 Series for Marussia Manor Motorsport. There is also mixed martial artist Costas Philippou, who competes in the Ultimate Fighting Championship promotion's middleweight division. Costas holds a 6–3 record in UFC bouts, and recently defeated "The Monsoon" Lorenz Larkin by a knockout in the first round.

Also notable for a Mediterranean island, the siblings Christopher and Sophia Papamichalopoulou qualified for the 2010 Winter Olympics in Vancouver, British Columbia, Canada. They were the only athletes who managed to qualify and thus represented Cyprus at the 2010 Winter Olympics.

The country's first ever Olympic medal, a silver medal, was won by the sailor Pavlos Kontides, at the 2012 Summer Olympics in the Men's Laser class.

See also

Notes

  1. ^ The Greek national anthem was adopted in 1966 by a decision of the Council of Ministers.[1]
  2. ^ The vice presidency is reserved for a Turkish Cypriot. However the post has been vacant since the Turkish invasion in 1974.[4]
  3. ^ a b c Including Northern Cyprus, the UN buffer zone and Akrotiri and Dhekelia.
  4. ^ Excluding Northern Cyprus.
  5. ^ The .eu domain is also used, shared with other European Union member states.
  6. ^ Greek: Κύπρος, romanizedKýpros [ˈcipros]; Turkish: Kıbrıs [ˈkɯbɾɯs]
  7. ^ Greek: Κυπριακή Δημοκρατία, romanized: Kypriakí Dimokratía, [cipriaˈci ðimokraˈti.a], lit: Cypriot Republic; Turkish: Kıbrıs Cumhuriyeti, [ˈkɯbɾɯs ˈdʒumhuɾijeti], lit: Republic of Cyprus
  8. ^ See:[30][31][32][33][34]
  9. ^ See:[108][109][110][111][112]

References

  1. ^ "National Anthem". www.presidency.gov.cy. Archived from the original on 13 August 2011. Retrieved 3 June 2015.
  2. ^ "Cyprus". The World Factbook. CIA. Retrieved 15 January 2016.
  3. ^ "Cyprus". Global Religious Future. Pew Research Center. Retrieved 13 July 2021.
  4. ^ a b c d "Europe :: Cyprus — The World Factbook – Central Intelligence Agency". www.cia.gov. Retrieved 22 November 2019.
  5. ^ ""World Population prospects – Population division"". population.un.org. United Nations Department of Economic and Social Affairs, Population Division. Retrieved 9 November 2019.
  6. ^ ""Overall total population" – World Population Prospects: The 2019 Revision" (xslx). population.un.org (custom data acquired via website). United Nations Department of Economic and Social Affairs, Population Division. Retrieved 9 November 2019.
  7. ^ "Statistical Service – Population and Social Conditions – Population Census – Announcements – Preliminary Results of the Census of Population, 2011" (in Greek). Statistical Service of the Ministry of Finance of the Republic of Cyprus. 29 December 2011. Archived from the original on 15 January 2013. Retrieved 29 January 2012.
  8. ^ United Nations, Department of Economic and Social Affairs, Population Division (2013). "World Population Prospects: The 2012 Revision, DB02: Stock Indicators". New York. Archived from the original on 7 May 2015. Retrieved 18 June 2015.{{cite web}}: CS1 maint: multiple names: authors list (link)
  9. ^ a b c d "World Economic Outlook Database: October 2021". Washington, D.C.: International Monetary Fund. 12 October 2021. Retrieved 12 October 2021.
  10. ^ "Gini coefficient of equivalised disposable income - EU-SILC survey". Luxembourg: Eurostat. 12 October 2021. Retrieved 12 October 2021.
  11. ^ Human Development Report 2020 The Next Frontier: Human Development and the Anthropocene (PDF). United Nations Development Programme. 15 December 2020. pp. 343–346. ISBN 978-92-1-126442-5. Retrieved 16 December 2020.
  12. ^ "Biggest Islands In The Mediterranean Sea By Area". WorldAtlas. Archived from the original on 12 May 2018. Retrieved 11 May 2018.
  13. ^ "The Most Populated Islands In The Mediterranean Sea". WorldAtlas. Archived from the original on 12 May 2018. Retrieved 11 May 2018.
  14. ^ a b "Stone Age wells found in Cyprus". BBC News. 25 June 2009. Archived from the original on 5 October 2013. Retrieved 31 July 2009.
  15. ^ a b c "Treaty of Lausanne". Archived from the original on 12 January 2013. Retrieved 7 October 2014.
  16. ^ Faustmann, Hubert; Ker-Lindsay, James (2008). The Government and Politics of Cyprus. Peter Lang. p. 48. ISBN 978-3-03911-096-4.
  17. ^ Mirbagheri, Farid (2009). Historical Dictionary of Cyprus. Scarecrow Press. p. 25. ISBN 9780810862982.
  18. ^ Trimikliniotis, Nicos (2012). Beyond a Divided Cyprus: A State and Society in Transformation. Palgrave Macmillan. p. 104. ISBN 978-1-137-10080-1.
  19. ^ Cyprus date of independence Archived 13 June 2006 at the Wayback Machine (click on Historical review)
  20. ^ a b c d e f Hoffmeister, Frank (2006). Legal aspects of the Cyprus problem: Annan Plan and EU accession. EMartinus Nijhoff Publishers. ISBN 978-90-04-15223-6.
  21. ^ "U.S. Library of Congress – Country Studies – Cyprus – Intercommunal Violence". Countrystudies.us. 21 December 1963. Archived from the original on 23 June 2011. Retrieved 25 October 2009.
  22. ^ Mallinson, William (2005). Cyprus: A Modern History. I. B. Tauris. p. 81. ISBN 978-1-85043-580-8.
  23. ^ "website". BBC News. 4 October 2002. Archived from the original on 26 July 2004. Retrieved 25 October 2009.
  24. ^ Constantine Panos Danopoulos; Dhirendra K. Vajpeyi; Amir Bar-Or (2004). Civil-military Relations, Nation Building, and National Identity: Comparative Perspectives. Greenwood Publishing Group. p. 260. ISBN 978-0-275-97923-2. Archived from the original on 15 September 2015. Retrieved 20 June 2015.
  25. ^ Eyal Benvenisti (23 February 2012). The International Law of Occupation. Oxford University Press. p. 191. ISBN 978-0-19-958889-3. Archived from the original on 10 September 2015. Retrieved 20 June 2015.
  26. ^ Barbara Rose Johnston, Susan Slyomovics. Waging War, Making Peace: Reparations and Human Rights (2009), American Anthropological Association Reparations Task Force, p. 211 Archived 12 April 2016 at the Wayback Machine
  27. ^ Morelli, Vincent. Cyprus: Reunification Proving Elusive (2011), DIANE Publishing, p. 10 Archived 13 April 2016 at the Wayback Machine
  28. ^ Borowiec, Andrew. Cyprus: A Troubled Island (2000), Greenwood Publishing Group, p. 125 Archived 12 April 2016 at the Wayback Machine
  29. ^ "According to the United Nations Security Council Resolutions 550 and 541". United Nations. Archived from the original on 19 March 2009. Retrieved 27 March 2009.
  30. ^ European Consortium for Church-State Research. Conference (2007). Churches and Other Religious Organisations as Legal Persons: Proceedings of the 17th Meeting of the European Consortium for Church and State Research, Höör (Sweden), 17–20 November 2005. Peeters Publishers. p. 50. ISBN 978-90-429-1858-0. Archived from the original on 12 April 2016. Retrieved 20 June 2015. There is little data concerning recognition of the 'legal status' of religions in the occupied territories, since any acts of the 'Turkish Republic of Northern Cyprus' are not recognized by either the Republic of Cyprus or the international community.
  31. ^ Quigley (6 September 2010). The Statehood of Palestine. Cambridge University Press. p. 164. ISBN 978-1-139-49124-2. Archived from the original on 6 September 2015. Retrieved 20 June 2015. The international community found this declaration invalid, on the ground that Turkey had occupied territory belonging to Cyprus and that the putative state was therefore an infringement on Cypriot sovereignty.
  32. ^ Nathalie Tocci (January 2004). EU Accession Dynamics and Conflict Resolution: Catalysing Peace Or Consolidating Partition in Cyprus?. Ashgate Publishing, Ltd. p. 56. ISBN 978-0-7546-4310-4. Archived from the original on 15 September 2015. Retrieved 20 June 2015. The occupied territory included 70 percent of the island's economic potential with over 50 percent of the industrial ... In addition, since partition Turkey encouraged mainland immigration to northern Cyprus. ... The international community, excluding Turkey, condemned the unilateral declaration of independence (UDI) as a.
  33. ^ Dr Anders Wivel; Robert Steinmetz (28 March 2013). Small States in Europe: Challenges and Opportunities. Ashgate Publishing, Ltd. p. 165. ISBN 978-1-4094-9958-9. Archived from the original on 22 September 2015. Retrieved 20 June 2015. To this day, it remains unrecognised by the international community, except by Turkey
  34. ^ Peter Neville (22 March 2013). Historical Dictionary of British Foreign Policy. Scarecrow Press. p. 293. ISBN 978-0-8108-7371-1. Archived from the original on 18 September 2015. Retrieved 20 June 2015. ...Ecevit ordered the army to occupy the Turkish area on 20 July 1974. It became the Turkish Republic of Northern Cyprus, but Britain, like the rest of the international community, except Turkey, refused to extend diplomatic recognition to the enclave. British efforts to secure Turkey's removal from its surrogate territory after 1974 failed.
  35. ^ James Ker-Lindsay; Hubert Faustmann; Fiona Mullen (15 May 2011). An Island in Europe: The EU and the Transformation of Cyprus. I.B.Tauris. p. 15. ISBN 978-1-84885-678-3. Archived from the original on 18 September 2015. Retrieved 20 June 2015. Classified as illegal under international law, and now due to Cyprus' accession into the European Union is also an illegal occupation of EU territory.
  36. ^ Lesley Pender; Richard Sharpley (2005). The Management of Tourism. SAGE. p. 273. ISBN 978-0-7619-4022-7. Archived from the original on 10 September 2015. Retrieved 20 June 2015.
  37. ^ Richard Sharpley (16 May 2012). Tourism Development and the Environment: Beyond Sustainability?. Routledge. p. 296. ISBN 978-1-136-57330-9. Archived from the original on 18 September 2015. Retrieved 20 June 2015.
  38. ^ Sharpley, Richard; Telfer, David John (2002). Tourism and Development: Concepts and Issues. Channel View Publications. p. 334. ISBN 978-1-873150-34-4. Archived from the original on 18 September 2015. Retrieved 22 July 2015.
  39. ^ "World Economic Outlook Database May 2001". International Monetary Fund. Archived from the original on 26 July 2011. Retrieved 28 June 2011.
  40. ^ "Country and Lending Groups". World Bank. Archived from the original on 18 March 2011. Retrieved 11 May 2010.
  41. ^ "Human Development Index (HDI)–2011 Rankings". United Nations Development Programme. Archived from the original on 12 January 2013. Retrieved 4 November 2011.
  42. ^ "The Non-Aligned Movement: Background Information". Non-Aligned Movement. 21 September 2001. Archived from the original on 9 February 2016. Retrieved 19 January 2010.
  43. ^ "Human Development Index (HDI)–2011 Rankings". Stanford University. Archived from the original on 3 April 2015. Retrieved 17 November 2019.
  44. ^ Strange, John (1980). Caphtor : Keftiu : a new investigation. Leiden: Brill. p. 167. ISBN 978-90-04-06256-6. Archived from the original on 11 September 2015. Retrieved 20 June 2015.
  45. ^ Palaeolexicon Archived 3 February 2011 at the Wayback Machine, Word study tool of ancient languages
  46. ^ a b R. S. P. Beekes, Etymological Dictionary of Greek, Brill, 2009, p. 805 (s.v. "Κύπρος").
  47. ^ Fisher, Fred H. Cyprus: Our New Colony And What We Know About It. London: George Routledge and Sons, 1878, pp. 13–14.
  48. ^ Mithen, S. After the Ice: A Global Human History, 20000 BC–5000 BC. Boston: Harvard University Press 2005, p. 97. [1] Archived 10 September 2015 at the Wayback Machine
  49. ^ Stuart Swiny, ed. (2001). The Earliest Prehistory of Cyprus: From Colonization to Exploitation (PDF). Boston, MA: American Schools of Oriental Research. Archived from the original (PDF) on 6 June 2016.
  50. ^ Wade, Nicholas (29 June 2007). "Study Traces Cat's Ancestry to Middle East". New York Times. Archived from the original on 9 May 2015. Retrieved 4 October 2012.
  51. ^ Walton, Marsha (9 April 2004). "Ancient burial looks like human and pet cat". CNN. Archived from the original on 22 December 2007. Retrieved 23 November 2007.
  52. ^ Simmons, A. H. Faunal extinction in an island society: pygmy hippopotamus hunters of Cyprus. New York: Springer 1999, p. 15. [2] Archived 12 April 2016 at the Wayback Machine
  53. ^ Thomas, Carol G. and Conant, Craig: The Trojan War, pp. 121–122. Greenwood Publishing Group, 2005. ISBN 0-313-32526-X, 9780313325267.
  54. ^ Andreas G. Orphanides, "Late Bronze Age Socio-Economic and Political Organization, and the Hellenization of Cyprus", Athens Journal of History, volume 3, number 1, 2017, pp. 7–20
  55. ^ A.D. Lacy. Greek Pottery in the Bronze Age. Taylor & Francis. p. 168. Archived from the original on 15 September 2015. Retrieved 20 June 2015.
  56. ^ a b c d e f g h i j k l m n "Library of Congress Country Studies. Cyprus". Lcweb2.loc.gov. Archived from the original on 10 January 2009. Retrieved 1 November 2009.
  57. ^ Thomas, Carol G. The Trojan War. Santa Barbara, CA, USA: Greenwood Publishing Group 2005. p. 64. [3] Archived 3 December 2015 at the Wayback Machine
  58. ^ Eric H. Cline (22 September 2015). 1177 B.C.: The Year Civilization Collapsed. Princeton University Press. ISBN 978-1-4008-7449-1.
  59. ^ Stass Paraskos, The Mythology of Cyprus (London: Orage Press, 2016) p.1f
  60. ^ Hadjisavvas, Sophocles (2013). chive.org/web/20160304111945/http://www.fas.harvard.edu/~semitic/wl/publications/2012/hadjisavvas.html The Phoenician Period Necropolis of Kition, Volume I. Shelby White and Leon Levy Program for Archaeological Publications. p. 1. Archived from the original on 4 March 2016. {{cite book}}: Check |archive-url= value (help)
  61. ^ Getzel M Cohen (1995). The Hellenistic Settlements in Europe, the Islands and Asia Minor. University of California Press. p. 35. ISBN 978-0-520-91408-7. Archived from the original on 11 September 2015. Retrieved 20 June 2015.
  62. ^ Charles Anthony Stewart (2008). Domes of Heaven: The Domed Basilicas of Cyprus. p. 69. ISBN 978-0-549-75556-2. Archived from the original on 15 September 2015. Retrieved 20 June 2015.
  63. ^ Michael Spilling; Jo-ann Spilling (2010). Cyprus. Marshall Cavendish. p. 23. ISBN 978-0-7614-4855-6. Archived from the original on 12 April 2016. Retrieved 20 June 2015.
  64. ^ a b Public Domain This article incorporates text from this source, which is in the public domain. Keefe, Eugene K.; Solsten, Eric (1993). "Historical Setting". In Solsten, Eric (ed.). Cyprus: A Country Study (Fourth ed.). Washington, D.C.: Federal Research Division, Library of Congress. pp. 10–12. ISBN 0-8444-0752-6.
  65. ^ Riddle, J.M. A History of the Middle Ages. Lanham, MD, USA: Rowman & Littlefield 2008. p. 326. [4] Archived 15 September 2015 at the Wayback Machine
  66. ^ See James G. Schryver, 'Colonialism or Conviviencia in Frankish Cyprus?' in I.W. Zartman (ed.), Understanding Life in the Borderlands: Boundaries in Depth and in Motio (Athens, GA: University of Georgia Press, 2010) pp. 133–159; see also Evangelia Skoufari 'Cyprus during the 16th century: a Frankish kingdom, a Venetian colony, a multicultural society,' in Joves pensant la Mediterrània – Mar de diàleg, no. 5 dir. Enric Olivé Serret, Tarragona, Publicacions de la Universitat Rovira y Virgili, Tarragona 2008, pp. 283–295.
  67. ^ Benjamin Arbel, David Jacoby, Intercultural Contacts in the Medieval Mediterranean, (London: Taylor and Francis, 1996) p. 45
  68. ^ Eric Solsten, ed. (1991). "Cyprus: A Country Study". Countrystudies.us. Washington: GPO for the Library of Congress. Archived from the original on 17 January 2013. Retrieved 16 April 2013.
  69. ^ Mallinson, William (30 June 2005). Cyprus: A Modern History. I. B. Tauris. p. 1. ISBN 978-1-85043-580-8.
  70. ^ Orhonlu, Cengiz (2010), "The Ottoman Turks Settle in Cyprus", in Inalcık, Halil (ed.), The First International Congress of Cypriot Studies: Presentations of the Turkish Delegation, Institute for the Study of Turkish Culture, p. 99
  71. ^ Jennings, Ronald (1993), Christians and Muslims in Ottoman Cyprus and the Mediterranean World, 1571–1640, New York University Press, p. 232, ISBN 978-0-8147-4181-8
  72. ^ Mallinson, William. "Cyprus a Historical Overview (Chipre Una Visión Historica)" (PDF). Ministry of Foreign Affairs of the Republic of Cyprus website (in Spanish). Archived (PDF) from the original on 17 October 2013. Retrieved 22 September 2012.
  73. ^ a b Cyprus – OTTOMAN RULE Archived 17 January 2013 at the Wayback Machine, U.S. Library of Congress
  74. ^ Hatay, Mete (2007), Is the Turkish Cypriot population shrinking? (PDF), International Peace Research Institute, p. 19, ISBN 978-82-7288-244-9, archived (PDF) from the original on 2 July 2015, retrieved 7 May 2015
  75. ^ Osmanli Nufusu 1830–1914 by Kemal Karpat, ISBN 975-333-169-X and Die Völker des Osmanischen by Ritter zur Helle von Samo.
  76. ^ a b Ronald Jennings (1 August 1992). Christians and Muslims in Ottoman Cyprus and the Mediterranean World, 1571–1640. NYU Press. pp. 596–. ISBN 978-0-8147-4318-8. Archived from the original on 12 April 2016. Retrieved 20 June 2015.
  77. ^ Captain A. R. Savile (1878). Cyprus. H.M. Stationery Office. p. 130. Archived from the original on 11 September 2015. Retrieved 20 June 2015.
  78. ^ Chrysostomos Pericleous (2009). Cyprus Referendum: A Divided Island and the Challenge of the Annan Plan. I.B.Tauris. p. 131. ISBN 978-0-85771-193-9. Archived from the original on 11 September 2015. Retrieved 20 June 2015.
  79. ^ Mirbagheri, Farid (2010). Historical dictionary of Cyprus ([Online-Ausg.]. ed.). Lanham, Md. [u.a.]: Scarecrow Press. pp. xxvii, 124. ISBN 978-0-8108-6298-2.
  80. ^ William Mallinson; Bill Mallinson (2005). Cyprus: a modern history. I.B.Tauris. p. 10. ISBN 978-1-85043-580-8.
  81. ^ Baten, Jörg (2016). A History of the Global Economy. From 1500 to the Present. Cambridge University Press. p. 51. ISBN 978-1-107-50718-0.
  82. ^ Xypolia, Ilia (2011). "'Cypriot Muslims among Ottomans, Turks and British". Bogazici Journal. 25 (2): 109–120. doi:10.21773/boun.25.2.6.
  83. ^ Ker-Lindsay, James (2011). The Cyprus Problem: What Everyone Needs to Know. Oxford University Press. pp. 14–5. ISBN 978-0-19-975716-9. They hoped that the transfer of administration would pave the way for the island to be united with Greece—an aspiration known as "enosis." At the time, these calls for enosis were not just limited to Cyprus. Instead, Cyprus was part of a wider political movement [...] This overarching political ambition was known as the Megali Idea (Great Idea).
  84. ^ Lange, Matthew (2011). Educations in Ethnic Violence: Identity, Educational Bubbles, and Resource Mobilization. Cambridge University Press. p. 88. ISBN 978-1-139-50544-4.
  85. ^ a b Diez, Thomas (2002). The European Union and the Cyprus Conflict: Modern Conflict, Postmodern Union. Manchester University Press. p. 83. ISBN 978-0-7190-6079-3.
  86. ^ Huth, Paul (2009). Standing Your Ground: Territorial Disputes and International Conflict. University of Michigan Press. p. 206. ISBN 978-0-472-02204-5. From early 1950s onward Greece has favored union with Cyprus through a policy of enosis
  87. ^ Papadakis, Yiannis; Peristianis, Nicos; Welz, Gisela (18 July 2006). Divided Cyprus: Modernity, History, and an Island in Conflict. Indiana University Press. p. 2. ISBN 978-0-253-11191-3.
  88. ^ Isachenko, Daria (2012). The Making of Informal States: Statebuilding in Northern Cyprus and Transdniestria. Palgrave Macmillan. p. 37. ISBN 978-0-230-39207-6.
  89. ^ Pericleous, Chrysostomos (2009). Cyprus Referendum: A Divided Island and the Challenge of the Annan Plan. I.B. Tauris. pp. 135–6. ISBN 978-0-85771-193-9.
  90. ^ Mirbagheri, Farid (2009). Historical Dictionary of Cyprus. Scarecrow Press. p. xiv. ISBN 978-0-8108-6298-2. Greek Cypriots engaged in a military campaign for enosis, union with Greece. Turkish Cypriots, in response, expressed their desire for taksim, partition of the island.
  91. ^ Behlul (Behlul) Ozkan (Ozkan) (26 June 2012). From the Abode of Islam to the Turkish Vatan: The Making of a National Homeland in Turkey. Yale University Press. p. 199. ISBN 978-0-300-18351-1. Archived from the original on 15 September 2015. Retrieved 20 June 2015. In line with the nationalist rhetoric that "Cyprus is Turkish", Menderes predicated his declaration upon the geographic proximity between Cyprus and Anatolia, thereby defining "Cyprus as an extension of Anatolia". It was striking that Menderes rejected partitioning the island into two ethnic states, a position that would define Turkey's foreign policy regarding Cyprus after 1957
  92. ^ a b G. Bellingeri; T. Kappler (2005). Cipro oggi. Casa editrice il Ponte. pp. 27–29. ISBN 978-88-89465-07-3. Archived from the original on 11 September 2015. Retrieved 20 June 2015. The educational and political mobilisation between 1948–1958, aiming at raising Turkish national consciousness, resulted in the involving Turkey as motherland in the Cyprus Question. From then on, Turkey, would work hand in hand with the Turkish Cypriot leadership and the British government to oppose the Greek Cypriot demand for Enosis and realise the partition of Cyprus, which meanwhile became the national policy.
  93. ^ Grob-Fitzgibbon, Benjamin (2011). Imperial Endgame: Britain's Dirty Wars and the End of Empire. Palgrave Macmillan. p. 285. ISBN 978-0-230-30038-5.
  94. ^ Dale C. Tatum (1 January 2002). Who Influenced Whom?: Lessons from the Cold War. University Press of America. p. 43. ISBN 978-0-7618-2444-2. Archived from the original on 12 October 2013. Retrieved 21 August 2013.
  95. ^ Kourvetaris, George A. (1999). Studies on modern Greek society and politics. East European Monographs. p. 347. ISBN 978-0-88033-432-7.
  96. ^ Caesar V. Mavratsas. "Politics, Social Memory, and Identity in Greek Cyprus since 1974". cyprus-conflict.net. Archived from the original on 5 June 2008. Retrieved 13 October 2007.
  97. ^ a b Eric Solsten, ed. Cyprus: A Country Study Archived 11 May 2011 at the Wayback Machine, Library of Congress, Washington, DC, 1991.
  98. ^ a b Eric Solsten, ed. Cyprus: A Country Study Archived 12 October 2011 at the Wayback Machine, Library of Congress, Washington, DC, 1991.
  99. ^ Oberling, Pierre. The road to Bellapais (1982), Social Science Monographs, p. 120: "According to official records, 364 Turkish Cypriots and 174 Greek Cypriots were killed during the 1963–1964 crisis."
  100. ^ Ker-Lindsay, James (2011). The Cyprus Problem: What Everyone Needs to Know. Oxford University Press. pp. 35–6. ISBN 978-0-19-975716-9.
  101. ^ "1964: Guns fall silent in Cyprus". BBC News. 24 April 2004. Archived from the original on 17 December 2008. Retrieved 25 October 2009.
  102. ^ Jacob M. Landau (1979). Johnson's 1964 letter to Inonu and Greek lobbying of the White House. Hebrew University of Jerusalem, Leonard Davis Institute for International Relations.
  103. ^ Mirbagheri, Farid (2014). Cyprus and International Peacemaking 1964–1986. Routledge. p. 28. ISBN 978-1-136-67752-6.
  104. ^ Papadakis, Yiannis (2003). "Nation, narrative and commemoration: political ritual in divided Cyprus". History and Anthropology. 14 (3): 253–270. doi:10.1080/0275720032000136642. S2CID 143231403. [...] culminating in the 1974 coup aimed at the annexation of Cyprus to Greece
  105. ^ Atkin, Nicholas; Biddiss, Michael; Tallett, Frank (23 May 2011). The Wiley-Blackwell Dictionary of Modern European History Since 1789. p. 184. ISBN 978-1-4443-9072-8.
  106. ^ Journal of international law and practice, Volume 5. Detroit College of Law at Michigan State University. 1996. p. 204.
  107. ^ "CYPRUS: Big Troubles over a Small Island". TIME. 29 July 1974. Archived from the original on 21 December 2011. Retrieved 13 November 2011.
  108. ^ Ronen, Yaël (2011). Transition from Illegal Regimes under International Law. Cambridge University Press. p. 62. ISBN 978-1-139-49617-9. Tensions escalated again in July 1974, following a coup d'état by Greek Cypriots favouring a union of Cyprus with Greece. In response to the coup, Turkey invaded Cyprus.
  109. ^ Bryant, Rebecca; Papadakis, Yiannis (2012). Cyprus and the Politics of Memory: History, Community and Conflict. I.B.Tauris. p. 5. ISBN 978-1-78076-107-7. In response to the coup, Turkey launched a military offensive in Cyprus that divided the island along the Green Line, which now splits the entire island.
  110. ^ Diez, Thomas (2002). The European Union and the Cyprus Conflict: Modern Conflict, Postmodern Union. Manchester University Press. p. 105. ISBN 978-0-7190-6079-3. Turkey did, however, act unilaterally in 1974, in response to a military coup in Cyprus instigated by the military junta ruling then in Greece with the apparent objective of annexing the island.
  111. ^ Ker-Lindsay, James; Faustmann, Hubert; Mullen, Fiona (2011). An Island in Europe: The EU and the Transformation of Cyprus. I.B. Tauris. p. 3. ISBN 9781848856783. Divided since 1974, when Turkish forces invaded in response to a Greek led coup, many observers felt that taking in the island would either be far too risky or far too problematic.
  112. ^ Mirbagheri, Faruk (2009). Historical Dictionary of Cyprus. Scarecrow Press. p. 43. ISBN 978-0-8108-6298-2. On 20 July 1974, in response to the coup and justifying its action under the Treaty of Guarantee, Turkey landed forces in Kyrenia.
  113. ^ Gray, Christine (2008). International Law and the Use of Force. Oxford University Press. p. 94. ISBN 978-0-19-102162-6.
  114. ^ Taki Theodoracopulos (1 January 1978). The Greek Upheaval: Kings, Demagogues, and Bayonets. Caratzas Bros. p. 66. ISBN 978-0-89241-080-4. Archived from the original on 11 September 2015. Retrieved 20 June 2015.
  115. ^ Eric Solsten; Library of Congress. Federal Research Division (1993). Cyprus, a country study. Federal Research Division, Library of Congress. p. 219. ISBN 978-0-8444-0752-4. Archived from the original on 5 September 2015. Retrieved 20 June 2015.
  116. ^ a b c Brendan O'Malley; Ian Craig (25 June 2001). The Cyprus Conspiracy: America, Espionage and the Turkish Invasion. I.B. Tauris. pp. 195–197. ISBN 978-0-85773-016-9. Archived from the original on 12 April 2016. Retrieved 11 October 2015.
  117. ^ Sumantra Bose (30 June 2009). Contested Lands: Israel-Palestine, Kashmir, Bosnia, Cyprus, and Sri Lanka. Harvard University Press. p. 86. ISBN 978-0-674-02856-2. Archived from the original on 12 April 2016. Retrieved 11 October 2015.
  118. ^ U.S. Congressional Record, V. 147, Pt. 3, 8 March 2001 to 26 March 2001 [5] Archived 10 September 2015 at the Wayback Machine
  119. ^ Turkey and the United States: The Arms Embargo Period. Praeger Publishers (5 August 1986). 1986. ISBN 978-0275921415.
  120. ^ "Over 100 missing identified so far". Cyprus Mail. Archived from the original on 27 September 2007. Retrieved 13 October 2007.
  121. ^ "Missing cause to get cash injection". Cyprus Mail. Archived from the original on 30 September 2007. Retrieved 13 October 2007.
  122. ^ Encyclopedia of Human Rights, Volume 5. Oxford University Press. 2009. p. 460. ISBN 978-0195334029.
  123. ^ "Full list UN Resolutions on Cyprus". Un.int. Archived from the original on 30 September 2012. Retrieved 29 January 2012.
  124. ^ Palley, Claire (18 May 2005). An International Relations Debacle: The UN Secretary-general's Mission of Good Offices in Cyprus 1999–2004. Hart Publishing. p. 224. ISBN 978-1-84113-578-6.
  125. ^ Stephanos Constantinides & Joseph Joseph, 'Cyprus and the European Union: Beyond Accession', Études helléniques/Hellenic Studies 11 (2), Autumn 2003
  126. ^ "Emotion as Cyprus border opens". BBC News. 23 April 2003. Archived from the original on 4 March 2016. Retrieved 3 May 2016.
  127. ^ "Greek Cypriots dismantle barrier". BBC News. 9 March 2007. Archived from the original on 7 March 2008. Retrieved 7 March 2008.
  128. ^ Ledra Street crossing opens in Cyprus Archived 15 June 2008 at the Wayback Machine. Associated Press article published on International Herald Tribune Website, 3 April 2008
  129. ^ Hadjicostis, Menelaos (11 May 2015). "UN envoy says Cyprus reunification talks to resume May 15". Associated Press. Archived from the original on 24 May 2015. Retrieved 24 May 2015.
  130. ^ Smith, Helena (7 July 2017). "Cyprus reunification talks collapse amid angry scenes". The Guardian. Retrieved 1 March 2021.
  131. ^ "Cyprus 'golden passports' bring Russians into the EU". Al Jazeera. Archived from the original on 4 February 2019. Retrieved 4 February 2019.
  132. ^ "Exclusive: Cyprus sold passports to 'politically exposed persons'". Al Jazeera. Retrieved 24 August 2020.
  133. ^ Rakopoulos, Theodoros; Fischer, Leandros (10 November 2020). "In Cyprus, the Golden Passports Scheme Shows Us How Capitalism and Corruption Go Hand in Hand". Jacobin. Retrieved 13 November 2020.
  134. ^ "Cyprus: EU 'appeasement' of Turkey in exploration row will go nowhere". Reuters. 17 August 2020.
  135. ^ "Travel – National Geographic". travel.nationalgeographic.com. Archived from the original on 17 August 2016. Retrieved 19 July 2016.
  136. ^ "BBC News – Cyprus country profile". 23 December 2011. Archived from the original on 28 July 2011. Retrieved 1 November 2009.
  137. ^ "Europe map / Map of Europe – Facts, Geography, History of Europe – Worldatlas.com". Archived from the original on 16 May 2015. Retrieved 20 May 2015.
  138. ^ "United Nations Statistics Division- Standard Country and Area Codes Classifications (M49)". United. UNSD. Archived from the original on 17 April 2010. Retrieved 20 May 2015.
  139. ^ "The World Factbook". Retrieved 15 May 2007.
  140. ^ Erdik, Mustafa (2013). Strong Ground Motion Seismology. p. 469.
  141. ^ Dinerstein, Eric; Olson, David; Joshi, Anup; Vynne, Carly; Burgess, Neil D.; Wikramanayake, Eric; Hahn, Nathan; Palminteri, Suzanne; Hedao, Prashant; Noss, Reed; Hansen, Matt; Locke, Harvey; Ellis, Erle C; Jones, Benjamin; Barber, Charles Victor; Hayes, Randy; Kormos, Cyril; Martin, Vance; Crist, Eileen; Sechrest, Wes; Price, Lori; Baillie, Jonathan E. M.; Weeden, Don; Suckling, Kierán; Davis, Crystal; Sizer, Nigel; Moore, Rebecca; Thau, David; Birch, Tanya; Potapov, Peter; Turubanova, Svetlana; Tyukavina, Alexandra; de Souza, Nadia; Pintea, Lilian; Brito, José C.; Llewellyn, Othman A.; Miller, Anthony G.; Patzelt, Annette; Ghazanfar, Shahina A.; Timberlake, Jonathan; Klöser, Heinz; Shennan-Farpón, Yara; Kindt, Roeland; Lillesø, Jens-Peter Barnekow; van Breugel, Paulo; Graudal, Lars; Voge, Maianna; Al-Shammari, Khalaf F.; Saleem, Muhammad (2017). "An Ecoregion-Based Approach to Protecting Half the Terrestrial Realm". BioScience. 67 (6): 534–545. doi:10.1093/biosci/bix014. ISSN 0006-3568. PMC 5451287. PMID 28608869.
  142. ^ Grantham, H. S.; Duncan, A.; Evans, T. D.; Jones, K. R.; Beyer, H. L.; Schuster, R.; Walston, J.; Ray, J. C.; Robinson, J. G.; Callow, M.; Clements, T.; Costa, H. M.; DeGemmis, A.; Elsen, P. R.; Ervin, J.; Franco, P.; Goldman, E.; Goetz, S.; Hansen, A.; Hofsvang, E.; Jantz, P.; Jupiter, S.; Kang, A.; Langhammer, P.; Laurance, W. F.; Lieberman, S.; Linkie, M.; Malhi, Y.; Maxwell, S.; Mendez, M.; Mittermeier, R.; Murray, N. J.; Possingham, H.; Radachowsky, J.; Saatchi, S.; Samper, C.; Silverman, J.; Shapiro, A.; Strassburg, B.; Stevens, T.; Stokes, E.; Taylor, R.; Tear, T.; Tizard, R.; Venter, O.; Visconti, P.; Wang, S.; Watson, J. E. M. (2020). "Anthropogenic modification of forests means only 40% of remaining forests have high ecosystem integrity – Supplementary Material". Nature Communications. 11 (1): 5978. doi:10.1038/s41467-020-19493-3. ISSN 2041-1723. PMC 7723057. PMID 33293507.
  143. ^ Peel, M. C.; Finlayson B. L. & McMahon, T. A. (2007). "Updated world map of the Köppen – Geiger climate classification". Hydrol. Earth Syst. Sci. 11 (5): 1633–1644. Bibcode:2007HESS...11.1633P. doi:10.5194/hess-11-1633-2007. ISSN 1027-5606. (direct: Final Revised Paper Archived 3 February 2012 at the Wayback Machine)
  144. ^ CIA Factbook – Geographic location
  145. ^ a b c "Meteorological Service – Climatological and Meteorological Reports". Archived from the original on 21 June 2010. Retrieved 25 November 2010.
  146. ^ a b "Cyprus Climate Guide". Archived from the original on 1 December 2009. Retrieved 5 June 2009.
  147. ^ a b "Met Office: Climate averages 1981–2010". Met Office. Archived from the original on 5 April 2016. Retrieved 28 February 2016.
  148. ^ a b Department of Meteorology. "The Climate of Cyprus". Archived from the original on 14 June 2015. Retrieved 8 August 2015. Statistical analysis of rainfall in Cyprus reveals a decreasing trend of rainfall amounts in the last 30-year[s].
  149. ^ Dams of Cyprus Archived 14 October 2017 at the Wayback Machine Water Development Department, Republic of Cyprus.
  150. ^ DotNetNuke. "Ιδεολογική Διακήρυξη του Δημοκρατικού Κόμματος". Diko.org.cy. Archived from the original on 11 June 2007. Retrieved 6 January 2009.
  151. ^ Σύνταξης, Αίθουσα (4 February 2018). "Νικητής των εκλογών στην Κύπρο με 56% ο Νίκος Αναστασιάδης". Archived from the original on 5 February 2018. Retrieved 5 February 2018.
  152. ^ "Cyprus country profile". BBC News. 19 October 2020. Retrieved 13 July 2021.
  153. ^ "EUROPA – The EU at a glance – Maps – Cyprus". Europa (web portal). Archived from the original on 18 April 2009. Retrieved 27 March 2009.
  154. ^ "Dhekelia". Geosite.jankrogh.com. 30 January 2012. Archived from the original on 24 April 2013. Retrieved 28 June 2013.
  155. ^ "European Commission – Enlargement: Archives Country Profiles". Europa (web portal). Archived from the original on 4 February 2009. Retrieved 6 January 2009.
  156. ^ Kolasa-Sikiaridi, Kerry (15 July 2016). "Cyprus Drastically Reduces Mandatory Army Service to 14 Months - GreekReporter.com". Archived from the original on 13 July 2017. Retrieved 21 July 2017.
  157. ^ Cyprus Government Web Portal"Defence – Security – Police". Retrieved 11 October 2012.[permanent dead link]
  158. ^ Freedom in the World 2011 Report > Cyprus Archived 7 March 2013 at the Wayback Machine. Retrieved 28 June 2013. Also, p. 29.
  159. ^ "Report of the Office of the United Nations High Commissioner for Human Rights on the question of human rights in Cyprus: 16th Session, Human Rights Council, United Nations" (PDF). Ohchr.org. 7 January 2011. Archived (PDF) from the original on 31 July 2013. Retrieved 14 February 2014.
  160. ^ Borger, Julian (12 May 2014). "European court orders Turkey to pay damages for Cyprus invasion". The Guardian. Archived from the original on 14 April 2015. Retrieved 8 April 2015.
  161. ^ Karadeniz, Tulay; Tokasabay, Ece (13 May 2014). "Turkey to ignore court order to pay compensation to Cyprus". Reuters. Archived from the original on 24 September 2015. Retrieved 7 April 2015.
  162. ^ a b Hadjisavvas, S. (2015). "Perishing Heritage: The Case of the Occupied Part of Cyprus". Journal of Eastern Mediterranean Archaeology & Heritage Studies. 3 (2): 128–140. doi:10.5325/jeasmedarcherstu.3.2.0128. JSTOR 10.5325/jeasmedarcherstu.3.2.0128. Quote on p. 129: "the deliberate destruction of [Greek] heritage as an instrument toward the obliteration of an identity of a people in the framework of ethnic cleansing."
  163. ^ Chechi, Alessandro (2014). "Sacred heritage in Cyprus: bolstering protection through the implementation of international law standards and the adoption of an object-oriented approach". In Benzo, Andrea; Ferrari, Silvio (eds.). Between Cultural Diversity and Common Heritage: Legal and Religious Perspectives on the Sacred Places of the Mediterranean. Routledge. pp. 314–316.
  164. ^ a b "Cyprus Economy". Republic of Cyprus. cyprus.gov.cy. Archived from the original on 23 June 2012. Retrieved 4 May 2007.
  165. ^ a b "Cyprus's credit rating cut to junk status by Fitch". BBC News. BBC News Online. 25 June 2012. Archived from the original on 28 June 2012. Retrieved 25 June 2012.
  166. ^ "Eurogroup Statement on Cyprus". Eurogroup. 25 March 2013. Archived from the original on 11 October 2017. Retrieved 30 March 2013.
  167. ^ Jan Strupczewski; Annika Breidthardt (25 March 2013). "Last-minute Cyprus deal to close bank, force losses". Reuters. Archived from the original on 25 March 2013. Retrieved 25 March 2013.
  168. ^ "Eurogroup signs off on bailout agreement reached by Cyprus and troika". Ekathimerini. Greece. 25 March 2013. Archived from the original on 26 March 2013. Retrieved 25 March 2013.
  169. ^ Cyprus, World Economic Outlook Database, April 2017 Archived 14 October 2017 at the Wayback Machine, International Monetary Fund. Retrieved 3 October 2017.
  170. ^ European Union, World Economic Outlook Database, April 2017 Archived 4 October 2017 at the Wayback Machine, International Monetary Fund. Retrieved 3 October 2017.
  171. ^ "The EuroAsia Interconnector" (PDF). Archived (PDF) from the original on 16 February 2018. Retrieved 20 February 2018.
  172. ^ "EU Projects by country". Archived from the original on 17 January 2018. Retrieved 20 February 2018.
  173. ^ "Funding for Projects of Common Interest – Energy – European Commission". Energy. 5 April 2017. Archived from the original on 27 January 2018. Retrieved 20 February 2018.
  174. ^ Gilson, George (23 January 2011). "Something sizzling in Cyprus: gas shakes regional chessboard". Athens News. Archived from the original on 28 January 2012. Retrieved 7 September 2011.
  175. ^ Ali, Jaber (15 July 2011). "Lebanese Cabinet discusses offshore energy policies". Middle East Confidential. Archived from the original on 18 January 2012. Retrieved 7 September 2011.
  176. ^ "Turkey may drill for oil and gas in Cyprus: Minister – ENERGY". Archived from the original on 2 February 2014. Retrieved 1 February 2014.
  177. ^ "Cyprus – Exclusive Economic Zone – Turkey's provocative behaviour". Republic of Cyprus. 10 August 2011. Archived from the original on 11 January 2012. Retrieved 7 September 2011.
  178. ^ "'Don't attempt to test Turkey's past'". Hürriyet Daily News. Istanbul. 6 September 2011. Archived from the original on 8 September 2011. Retrieved 7 September 2011.
  179. ^ Ament, Carol (19 August 2011). "Full speed ahead for Cyprus drilling". Famagusta Gazette. Archived from the original on 26 March 2012. Retrieved 7 September 2011.
  180. ^ "Noble Energy: Good chance of large gas find off Cyprus". New Europe. 20 February 2011. Archived from the original on 30 March 2012. Retrieved 7 September 2011.
  181. ^ "Ankara threatens naval action over Cyprus' Block 12 drill". PanARMENIAN.Net. 6 September 2011. Archived from the original on 6 April 2012. Retrieved 7 September 2011.
  182. ^ "Turkey's Miscalculation Over Cypriot Drilling". Stratfor News. 20 September 2011. Archived from the original on 14 June 2015. Retrieved 12 June 2015.
  183. ^ "Growth in tourism has stimulated the property market in Cyprus". Property Abroad. apropertyincyprus.com. 10 November 2008. Archived from the original on 18 December 2008. Retrieved 15 December 2008.
  184. ^ "New Incentives for Town Centres in Cyprus". Cyprus real Estate. urban-keys.com. 7 March 2014. Archived from the original on 4 March 2016. Retrieved 11 October 2013.
  185. ^ "Immigration Permits for Investors in Cyprus". Cyprus real Estate. urban-keys.com. 7 March 2014. Archived from the original on 4 March 2016. Retrieved 16 April 2013.
  186. ^ "World Bank Data: Motor vehicles (per 1,000 people)". The World Bank. Archived from the original on 9 February 2014. Retrieved 27 August 2011.
  187. ^ "Public Works Department official statistics". Mcw.gov.cy. 24 March 2006. Archived from the original on 26 March 2012. Retrieved 25 October 2009.
  188. ^ "Cyprus By Bus". Archived from the original on 18 February 2011. Retrieved 16 February 2011.
  189. ^ "The World Factbook – Ethnic Groups". Central Intelligence Agency. Archived from the original on 25 June 2014. Retrieved 22 June 2013.
  190. ^ Boyle, Kevin; Sheen, Juliet (1997). Freedom of Religion and Belief: A World Report. Routledge. p. 288. ISBN 978-0-415-15978-4.
  191. ^ Salih, Halil Ibrahim (2004). Cyprus: Ethnic Political Counterpoints. University Press of America. p. 121. ISBN 978-0-415-15978-4.
  192. ^ Karoulla-Vrikki, Dimitra (2009). "Greek in Cyprus: Identity Oscillations and Language Planning". In Georgakopoulou, Alexandra; Silk, M.S. (eds.). Standard languages and language standards: Greek, past and present. Ashgate Publishing. p. 188. ISBN 978-0-7546-6437-6.
  193. ^ Hadjipavlou, Maria (2002). "Cyprus: A Partnership Between Conflict Resolution and Peace Education". In Salomon, Gavriel; Nevo, Baruch (eds.). Peace Education: The Concept, Principles, and Practices Around the World. Routledge. p. 195. ISBN 978-0-8058-4193-0.
  194. ^ a b Hatay, Mete "Is the Turkish Cypriot Population Shrinking?", International Peace Research Institute, 2007. Pages 22–23.
  195. ^ St John-Jones, L.W. (1983). The Population of Cyprus: Demographic Trends and Socio-Economic Influences. London: Maurice Temple Smith Ltd. p. 17. ISBN 978-0-85117-232-3.
  196. ^ Cyprus Ministry of Interior (1992). "The Demographic Structure of Cyprus" (PDF). Parliamentary Assembly. p. 6. Archived (PDF) from the original on 7 January 2011. Retrieved 22 January 2011.
  197. ^ Republic of Cyprus Statistical Service (2006), Demographic Report 2005, Nicosia: Republic of Cyprus Statistical Service, p. 12.
  198. ^ Nicos, Trimikliniotis; Demetriou, Corina (2007). "Active Civic Participation of Immigrants in Cyprus" (PDF). POLITIS. p. 8. Archived (PDF) from the original on 11 May 2011. Retrieved 22 January 2011.
  199. ^ "Census.XLS" (PDF). Archived from the original (PDF) on 16 January 2013. Retrieved 25 October 2009.
  200. ^ International Crisis Group (2010). "CYPRUS: BRIDGING THE PROPERTY DIVIDE". International Crisis Group. p. 1. Archived from the original on 3 November 2011.
  201. ^ International Crisis Group (2010). "CYPRUS: BRIDGING THE PROPERTY DIVIDE". International Crisis Group. p. 2. Archived from the original on 3 November 2011.
  202. ^ "Cyprus Population 2019". WorldPopulationReview.com. Archived from the original on 23 February 2019. Retrieved 25 January 2019.
  203. ^ (n=65), Capelli, C.; Redhead, N.; Romano, V.; Cali, F.; Lefranc, G.; Delague, V.; Megarbane, A.; Felice, A. E.; Pascali, V. L.; Neophytou, P. I.; Poulli, Z.; Novelletto, A.; Malaspina, P.; Terrenato, L.; Berebbi, A.; Fellous, M.; Thomas, M. G.; Goldstein, D. B. (2006). "Population Structure in the Mediterranean Basin: A Y Chromosome Perspective". Annals of Human Genetics. 70 (2): 207–225. doi:10.1111/j.1529-8817.2005.00224.x. hdl:2108/37090. PMID 16626331. S2CID 25536759.
  204. ^ "Archived copy". Archived from the original on 3 September 2015. Retrieved 16 September 2016.{{cite web}}: CS1 maint: archived copy as title (link)
  205. ^ Pew Research Center's Religion & Public Life Project: Cyprus Archived 17 July 2014 at the Wayback Machine. Pew Research Center. 2010.
  206. ^ a b "Cyprus". The World Factbook. Central Intelligence Agency. Retrieved 9 February 2010.
  207. ^ "About Cyprus – Towns and Population". Government Web Portal – Areas of Interest. Government of Cyprus. Archived from the original on 25 February 2012. Retrieved 9 February 2010.
  208. ^ Solsten, Eric (January 1991). "A Country Study: Cyprus". Federal Research Division. Library of Congress. Archived from the original on 5 September 2011. Retrieved 9 February 2010.
  209. ^ "Social values, Science and Technology" (PDF). Archived from the original (PDF) on 24 May 2006. Retrieved 25 October 2009.
  210. ^ Statistical Service of Cyprus: Population and Social Statistics, Main Results of the 2001 Census. Retrieved 29 February 2009.Archived 21 August 2010 at the Wayback Machine
  211. ^ "Article 3". The Constitution of the Republic of Cyprus (PDF). President of the Republic of Cyprus. p. 2. Archived from the original (PDF) on 3 December 2013. Retrieved 18 November 2013.
  212. ^ "Implementation of the Charter in Cyprus". Database for the European Charter for Regional or Minority Languages. Public Foundation for European Comparative Minority Research. Archived from the original on 7 February 2014. Retrieved 20 May 2013.
  213. ^ "EUROPA – Education and Training – Regional and minority languages – Euromosaïc study". Europa (web portal). 27 October 2006. Archived from the original on 4 July 2010. Retrieved 3 April 2011.
  214. ^ Ammon, Ulrich; Dittmar, Norbert; Mattheier, Klaus J.; Trudgill, Peter, eds. (2006). "Greece and Cyprus". Sociolinguistics: an international handbook of the science of language and society / Soziolinguistik: ein internationales Handbuch zur Wissenschaft von Sprache und Gesellschaft. Handbooks of linguistics and communication science / Handbücher zur Sprach- und Kommunikationswissenschaft. Vol. 3 (2nd ed.). Berlin: Walter de Gruyter. pp. 1881–1889. ISBN 9783110184181.
  215. ^ a b c European Commission, Directorate-General for Education and Culture, ed. (2006). Euromosaic III: Presence of regional and minority language groups in the new member states. Brussels: Office for official publications of the European communities. pp. 19–23. ISBN 978-92-79-01291-4. Retrieved 8 August 2015.
  216. ^ Mejer, Lene; Boateng, Sadi q Kwesi; Turchetti, Paolo (2010). "Population and social conditions" (PDF). Statistics in Focus. eurostat. Archived (PDF) from the original on 17 February 2016. Retrieved 13 December 2014.
  217. ^ Europeans and their Languages Archived 14 April 2016 at the Wayback Machine, Eurobarometer, European Commission, 2006.
  218. ^ UNICEF, Division of Policy and Practice, Statistics and Monitoring Section Archived 10 May 2011 at the Wayback Machine childinfo.org, May 2008.
  219. ^ Fong, Mary; Chuang, Rueyling (2004). Communicating Ethnic and Cultural Identity. Rowman & Littlefield. p. 286. ISBN 978-0-7425-1739-4.
  220. ^ Patrick R. Hugg (November 2001). Cyprus in Europe: Seizing the Momentum of Nice. Vanderbilt Journal of Transnational Law. SSRN 2257945.
  221. ^ Merin & Burdick1979, p. 82.
  222. ^ "Lemba Archaeological Research Centre". Arcl.ed.ac.uk. Archived from the original on 17 January 2013. Retrieved 25 October 2009.
  223. ^ Chrysanthos Christou, A short History of Modern and Contemporary Cypriot Art, Nicosia 1983.
  224. ^ "Christoforos Savva". www.hatjecantz.de. Retrieved 12 September 2021.
  225. ^ Ministry of Education and Culture, State Gallery of Contemporary Cypriot Art (Nicosia: MOEC,1998)
  226. ^ Michael Paraskos, 'The Art of Modern Cyprus', in Sunjet, Spring 2002, 62f
  227. ^ "Schools Out". www.frieze.com. September 2006. Archived from the original on 30 December 2009. Retrieved 6 January 2010.
  228. ^ "Manifesta no more". www.artnet.com. Archived from the original on 4 November 2010. Retrieved 6 January 2010.
  229. ^ Michael Paraskos, "In Darkest Cyprus: Manifesta 6," in The Cyprus Weekly, (Cyprus newspaper) January 20–26, 2006, p. 181 [6]
  230. ^ Nielsen Business Media, Inc. (8 May 1999). Billboard. Nielsen Business Media, Inc. p. 8. ISSN 0006-2510. Archived from the original on 11 September 2015. Retrieved 20 June 2015. Sony Music executives congratulate Greek artist Anna Vissi before her recent sold-out performance at the Theater at Madison Square Garden in New York the first stop in her North-American tour to promote her album Antidoto
  231. ^ Hellander, Paul; Kate Armstrong; Michael Clark; Christopher Deliso (2008). Lonely Planet Greek Islands. Lonely Planet. p. 49. ISBN 978-1-74104-314-3. Archived from the original on 22 September 2015. Retrieved 20 June 2015. The country's big pop and laïka stars include Anna Vissi, Notis Sfakiana- kis, Despina Vandi, Yiannis Ploutarhos, Antonis Remos, Mihalis Hatziyian- nis, heartthrob Sakis Rouvas and Greek-Swedish singer Elena Paparizou, who won Greece ...
  232. ^ Nielsen Business Media, Inc. (14 July 2001). Billboard. Nielsen Business Media, Inc. p. 71. ISSN 0006-2510. Retrieved 20 June 2015. The hits of platinum stars Anna Vissi, Despina Vandi and Keti Garbi are played in clubs together with the Anna Vissi international dance hits of Deep- swing, Planetfunk ...
  233. ^ Rhythm: Global Sounds and Ideas. Vol. 9. World Marketing Incorporated. 2000. p. 70. Archived from the original on 10 September 2015. Retrieved 20 June 2015. We have a Euro Music category with clips by the Gipsy Kings and Anna Vissi, a huge star for Sony Greece "We also have ...
  234. ^ "An indication that at least the main contents of the Cypria were known around 650 BC is provided by the representation of the Judgment of Paris on the Chigi vase" (Burkert 1992:103). On the proto-Corinthian ewer of c. 640 BC known as the Chigi "vase"[permanent dead link], Paris is identified as Alexandros, as he was apparently called in Cypria.[dead link]
  235. ^ Th. Siapkaras- Pitsillidés, Le Pétrarchisme en Cypre. Poèmes d' amour en dialecte Chypriote d' après un manuscript du XVIe siècle, Athènes 1975 (2ème édition)
  236. ^ Deutsche Akademie der Wissenschaften zu Berlin. Institut für Griechisch-Römische Altertumskunde, Deutsche Akademie der Wissenschaften zu Berlin. Zentralinstitut für Alte Geschichte und Archäologie (1956). Berliner byzantinistische Arbeiten, Volume 40. Akademie-Verlag. pp. 209–210. John Cigala (born at Nicosia 1622). He studied at the College of Saint Athanasios, Rome (1635–1642), which he graduated as Doctor of Philosophy and Theology and at which he taught Greek successfully for eight years (1642–1650) ... What has survived of his work as a number of epigrams published in books of other scholars.
  237. ^ Serena, Sebastiano; Barbarigo, Gregorio (1963). S. Gregorio Barbarigo e la vita spirituale e cultuale nel suo Seminario di Padova; lettre e saggi editi dagli amici in memoria. Editrice Antenore. p. 495. OCLC 6706000. Giovanni Cicala, greco di Cipro, prof. di Filosofia nella Università ... Al qual fine permetteva tutta la confidenza con il Cigala e con il Papadopoli, ambedue greci nativi e Lettori pubblici nell'Universita di Padova, coi quail si tratteneva, in frequenti discorsi sopra questa material, le mezze giornate intiere ...
  238. ^ Gazioğlu, Ahmet C. (1990). The Turks in Cyprus: a province of the Ottoman Empire (1571–1878), 293–295, K. Rüstem.
  239. ^ "Cyprus Stamp Issue: Loukis Akritas". Archived from the original on 11 May 2011. Retrieved 29 December 2009.
  240. ^ "Cyprus Stamp Issue: Cyprus Poets". Archived from the original on 11 May 2011. Retrieved 29 December 2009.
  241. ^ "Cyprus Stamp Issue: Centenary Birthday Anniversary of Poet Pavlos Liasides". Archived from the original on 11 May 2011. Retrieved 29 December 2009.
  242. ^ Kozmik şiirin yazarı Archived 17 October 2015 at the Wayback Machine (Hürriyet). Retrieved 31 December 2014.
  243. ^ Alexander Davidian, 'A literary resilience' in The Cyprus Weekly (Cyprus newspaper), 10 January 2016
  244. ^ Freedom House Archived 16 February 2016 at the Wayback Machine, 2015 report Cyprus
  245. ^ RSF Archived 19 April 2016 at the Wayback Machine, Cyprus
  246. ^ "Cyprus", Country Reports on Human Rights Practices for 2012, Bureau of Democracy, Human Rights and Labor, U.S. Department of State, 22 March 2013. Retrieved 7 January 2014.
  247. ^ "Film Birth – History of Cinema – Cyprus Archived 24 September 2015 at the Wayback Machine".
  248. ^ Roger Lewis, The Life and Death of Peter Sellers (London: Arrow, 1995) p. 130
  249. ^ William Woys Weaver, 'Poland in the Middle Ages' in Maria Dembinska (ed.) Food and Drink in Medieval Poland: Rediscovering a Cuisine of the Past(Philadelphia: University of University of Pennsylvania Press, 1999) pp. 41–46
  250. ^ "Cabbage Flowers for Food". Aggie Horticulture. Texas AgriLife Extension Service, Texas A&M System. Archived from the original on 12 August 2014. Retrieved 12 October 2014.
  251. ^ Fenwick, G. Roger; Heaney, Robert K.; Mullin, W. John; VanEtten, Cecil H. (1982). "Glucosinolates and their breakdown products in food and food plants". CRC Critical Reviews in Food Science and Nutrition. 18 (2): 123–201. doi:10.1080/10408398209527361. PMID 6337782.
  252. ^ Jon Gregerson, Good Earth (Portland: Graphic Arts Center Publishing Company, 1990) p.41
  253. ^ David Bannerman and Mary Bannerman Birds of Cyprus (London: Oliver and Boyd, 1958) p. 384
  254. ^ Goldstein, Darra; Merkle, Kathrin; Parasecoli, Fabio; Mennell, Stephen; Council of Europe (2005). Culinary cultures of Europe: identity, diversity and dialogue. Council of Europe. p. 121. ISBN 978-92-871-5744-7. Most culinary innovations in the Cypriot cuisine occurred during the Byzantine era ... Experimentation with dairy products resulted in the now-famous halloumi and feta cheese.
  255. ^ Robinson, R. K.; Tamime, A. Y. (1991). Feta and Related Cheeses. Woodhead Publishing. p. 144. ISBN 978-1-85573-278-0. Halloumi is a semi-hard to hard, unripened cheese that traditionally is made from either sheep's or goat's milk or a mixture. Although the cheese has its origins in Cyprus, it is widely popular throughout the Middle East, and hence many countries have now become involved with its manufacture.
  256. ^ Murdoch Books Pty Limited (2005). Essential Mediterranean. Murdoch Books. p. 21. ISBN 978-1-74045-539-8. HALOUMl Originating in Cyprus, this salty, semi-hard sheep's milk cheese is a popular table cheese
  257. ^ a b P. Papademas, "Halloumi Cheese" in A.Y. Tamime (ed.), Brined Cheeses (Oxford: Blackwell Publishing, 2006) p.117
  258. ^ "Cyprus villagers make giant sweet", BBC News, 18 October 2004
  259. ^ "Turks riled as Cyprus set to win EU trademark on Turkish Delight". International Herald Tribune. Associated Press. 13 December 2007. Archived from the original on 2 December 2008. Retrieved 14 December 2007.
  260. ^ Andreou, Evie (4 July 2016). "Agros rose preserve included in protected geographical indication list". Cyprus Mail. Archived from the original on 20 January 2018. Retrieved 19 January 2018.
  261. ^ "Cyprus Badminton Federation". Cyprusbadminton.com. Archived from the original on 3 April 2009. Retrieved 27 March 2009.

Further reading

External links

Government
Tourism
Official publications

Coordinates: 35°N 33°E / 35°N 33°E / 35; 33