クリッター クリーク ファーム サンクチュアリ

クリッター クリーク ファーム サンクチュアリ
形成2016年; 7年前 ( 2016 )
創設者エリン・アマーマン博士
83-2914563
法的地位501(c)(3)
目的動物保護
位置
Webサイトwww.crittercreekfarmsanctuary.org

Critter Creek Farm Sanctuary は、フロリダ州ゲインズビルにあるアメリカの非営利団体501(c)(3) の動物保護団体です。ここは、2020 年 10 月現在、98 頭の牛がいる米国最大の飼育牛保護施設です。[1]この保護区は、2016 年にエリン アマーマン博士とその夫クリス アマーマン博士によって設立されました。クリッター クリーク ファーム サンクチュアリの使命は、飼育牛への思いやりを促進することです。救助と教育を通じて動物を保護します。

歴史

クリッター クリーク ファーム サンクチュアリは、2016 年にフロリダ州ゲインズビルの 200 エーカーの敷地に設立されました。クリッター クリークの元の敷地は、125 エーカーの野生生物保護区と 75 エーカーの保護区で構成されています。2019年、アマーマン夫妻は元牧場だった205エーカーの「クリッター・ヒルズ」を購入し、保護区を拡大した。人体解剖学と生理学教科書の著者であるアマーマン氏は、動物に対する生涯にわたる愛情が保護区を始めるきっかけになったと述べています。[2]

聖域

クリッター クリーク ファーム サンクチュアリには、合計 415 エーカーの 2 つの施設があります。2020年10月現在、牛98頭、豚19頭、馬11頭、ロバ9頭、七面鳥3頭、水牛1頭が飼育されている。この保護区に収容されている動物たちは、負傷したり、放置されたり、虐待されたり、あるいは屠殺される差し迫った危険にさらされていた。[3]

教育はこの保護区の使命の重要な部分です。その使命を追求するために、動物たちとの触れ合いを促進するために、オープンハウス、ツアー、ビーガンファーマーズマーケットを主催しています。アマーマン氏によると、これらのイベントの目的は、人々が家畜を異なる視点から見ることができるようにすることだという。[4] [5]

著名な保護区の住人には、水牛のシーモア、子牛のイーライ、子豚のマーリーがいます。イーライとマーリーの二人組は一緒に聖域に移送された。旅行中に、彼らは友情を築きました。この友情は、 The Dodoの Comeback Kids のエピソードで取り上げられました[6] [7] [8]イーライとマーリーの物語は、ウェブサイト One Green Planet による 2020 年のトップ 10 動物物語の第 6 位にランクされました。[9] 2021年4月、コネチカット州の屠殺場から逃げた動物のバディ・ザ・ビーファローがプリマス警察署長のエド・ベネキによって捕獲され、クリッター・クリーク・ファーム・サンクチュアリに移送された。[10] [11]

救助協力

クリッター クリーク ファーム サンクチュアリは、SPCA人道協会などの他の救助団体と頻繁に協力しています。[12] 2020年4月、同社はファーム・サンクチュアリ動物法的弁護基金、フロリダ州の5つの保護区と提携し、フロリダ州フォートマイヤーズの違法屠殺場から100頭以上の動物を救出した。[13] また、2020年4月、クリッタークリークファームサンクチュアリはトラックをレンタルし、新型コロナウイルス感染症のパンデミックによって経済的に打撃を受けた救援団体に寄付された農作物を届け[14]

こちらも参照

参考文献

  1. ^ アコスタ、サラ (2020年10月10日). 「女性は、望まれなくなった家畜たちに、生きる二度目のチャンスを与える。」ksat.com2020年10月13日のオリジナルからアーカイブ2021 年1 月 24 日に取得
  2. ^ ファレル、ブレンダン (2019 年 8 月 9 日)。「牛天国へようこそ」。ゲインズビル・サン2021年1月16日のオリジナルからアーカイブ2021 年1 月 24 日に取得
  3. ^ ランス、レイノルズ (2020年10月10日). 「ビーファローは捕らえられたとき(そして捕らえられた場合)、暖かい気候へ向かいました。」共和党系アメリカ人2020年10月16日のオリジナルからアーカイブ2021 年1 月 24 日に取得
  4. ^ スワールコ、シンディ (2019 年 10 月 26 日)。「オインクトーバーフェスト: 生き物や動物愛好家のための楽しみ」。ゲインズビル・サン2019年10月28日のオリジナルからアーカイブ2021 年1 月 24 日に取得
  5. ^ ヘルナンデス・デ・ラ・クルス、メリッサ(2021年5月17日)。「ビーガン農家のムーケットは北フロリダの住民を喜ばせています。」独立したフロリダ アリゲーター2021年5月17日のオリジナルからアーカイブ2021 年7 月 8 日に取得
  6. ^ ジャドラン、ファラー (2019 年 10 月 11 日)。「水牛は永遠の故郷を目指してワトキンスグレンからフロリダまで旅する」。CNYセントラル2019年10月22日のオリジナルからアーカイブ2021 年1 月 24 日に取得
  7. ^ ヘトラー、シェルビー (2020 年 6 月). 「トラックから転落した子豚と酪農場から救出された牛がお互いの新しい家族になる」。ワングリーンプラネット.com2020年11月1日のオリジナルからアーカイブ2021 年1 月 24 日に取得
  8. ^ マブラキス、エミリー (2020 年 3 月 2 日)。「子牛と子豚はゲインズビル保護区で永遠の家を見つけます。」ゲインズビル・サン2020年3月3日のオリジナルからアーカイブ2021 年1 月 24 日に取得
  9. ^ ヘトラー、シェルビー (2020 年 12 月). 「2020年の動物物語トップ10」。ワングリーンプラネット.com2020年12月29日のオリジナルからアーカイブ2021 年1 月 24 日に取得
  10. ^ テイラー、シャラ (2021年4月15日). 「ビーファローの「バディ」がゲインズビルに新しい家を見つけました。」WTIC-TV2021年5月18日のオリジナルからアーカイブ2021 年7 月 8 日に取得
  11. ^ バーチル、ケイトリン(2021年4月15日)。「プリマスの有名な相棒ビーファローの次は何だろう?」NBCコネチカット2021年4月16日のオリジナルからアーカイブ2021 年7 月 8 日に取得
  12. ^ ハラー、ランドン (2020 年 9 月 18 日)。「コネチカット州のビーフ・アローから逃亡し、ゲインズビルで最後の日々を過ごす予定だ」。wcjb.com2020年10月4日のオリジナルからアーカイブ2021 年1 月 24 日に取得
  13. ^ “残虐行為に対する協力: 6 つの保護区が裏庭での屠殺から 113 匹の動物を救出”. ファームサンクチュアリ.org2020年5月22日。2020年8月11日のオリジナルからアーカイブ2021 年1 月 24 日に取得
  14. ^ スワールコ、シンディ (2020 年 4 月 30 日). 「サンクチュアリは収入減に対処している、ボランティアよ」。ゲインズビル・サン2020年5月1日のオリジナルからアーカイブ2021 年1 月 24 日に取得

外部リンク

  • 公式ウェブサイト