クリケット場

標準的なクリケット競技場で、クリケット ピッチ(茶色)、打者から 15 ヤード (14 m) 以内の内野近辺 (薄緑) 、30 ヤード (27 m) の白い円の内側の内野 (中緑)、および外野 (濃緑) が示され、両端の境界の向こう側に視界スクリーンがあります。
ボウラー側から見たクリケット ピッチの透視図。ボウラーはボウラー側でウィケットの片側を通り過ぎ、ウィケットを「越えて」または「回って」走ります。
クリケットのピッチの寸法

クリケット競技場またはクリケット オーバルは、クリケットの試合が行われる大きな芝生の競技場です。一般的には楕円形ですが、その中にはさまざまな形があります。完全な円、細長い楕円、丸みを帯びた長方形、対称性がほとんどまたはまったくない不規則な形などです。ただし、ほとんど例外なく、鋭角のない滑らかな境界があります。競技場の寸法は決まっていませんが、その直径は通常、男子クリケットでは 450 ~ 500 フィート (140 ~ 150 m)、女子クリケットでは 360 ~ 420 フィート (110 m) です。

クリケットは、ゴルフオーストラリアンフットボール野球など主要スポーツの中でも珍しく、プロの試合では決まった形のグラウンドに関する公式ルールがない。ローズ・クリケット・グラウンドの2.5メートルの傾斜や、セント・ローレンス・グラウンドのフェンスの内側に生えていた菩提樹など、場合によっては、さらに特殊な形状のグラウンドが許可されることもある

ほとんどの競技場では、ロープが競技場の周囲を区切っており、境界と呼ばれています境界内で、通常は中心にできるだけ近いところに、試合用にクリケット ピッチを準備してマークできる、入念に整備された芝生のエリアである広場があります。ピッチは、打者がボールを打ち、ウィケットの間を走って得点を獲得する場所であり、守備側はこれを防ぐためにボールをどちらかのウィケットに戻そうとします。

フィールドサイズ

ICC標準競技条件は、国際試合の競技面の最小サイズと最大サイズを定義しています。ICC男子テストマッチ競技条件の規則19.1.3 [1]およびICC男子ワンデイ国際競技条件では次ように規定されています。

19.1.3 各会場の競技エリアの面積を最大化することを目標とする。境界の大きさに関しては、使用するピッチの中心から境界の長さは 90 ヤード (82 メートル) より長くてはならず、また境界の長さは 65 ヤード (59 メートル) より短くてはならない。

国際女子クリケットの同等のICC競技条件(規則19.1.3)では、使用されるピッチの中心から60〜70ヤード(54.86〜64.01メートル)の境界が必要であると規定されている。[1]

さらに、条件では「ロープ」と周囲のフェンスや広告板の間に最低 3 ヤードの隙間を設けることが求められています。これにより、プレーヤーは怪我の危険なしにダイビングを行うことができます。

この条件には、2007 年 10 月以前に建設されたスタジアムを免除する歴史的建造物条項が含まれています。ただし、国際試合を定期的に開催するスタジアムのほとんどは、最低限の規模を簡単に満たしています。

典型的なテストマッチスタジアムは、これらの定義された最小値よりも大きく、20,000平方ヤード(17,000 m 2)以上の芝生(約80メートルの直線境界を持つ)を備えています。[2]対照的に、サッカー場には約9,000平方ヤード(7,500 m 2 )の芝生しか必要ありませんが、オリンピックスタジアムには400メートルのランニングトラック内に8,350平方ヤード(6,980 m 2 )の芝生が含まれるため、国際クリケットを目的に建設されていないスタジアムでプレイすることは困難です。それでも、 2000年にシドニーオリンピックを開催したスタジアムオーストラリアでは、8,000万豪ドルの費用をかけてランニングトラックに芝生を敷き詰め、30,000の座席を撤去してクリケットをプレイできるようにしました。[3]これが、クリケットの試合が、伝統的にクリケットをプレーしている国や、テスト基準のスタジアムを建設したカナダ、UAE、ケニアなどのいくつかの非テスト国以外では開催できない理由の1つです。

ピッチ

試合のほとんどは、このグラウンドの中央、通常はピッチと呼ばれる短い芝が敷かれた長方形の粘土の帯の上で行われますピッチの長さは 22 ヤード (20.12 m) (1チェーン) です。

ピッチの両端には、スタンプと呼ばれる 3 本の垂直な木の杭が地面に打ち込まれています。ベイルと呼ばれる 2 本の木の横木が、スタンプの上の溝に収まり、隣のスタンプとつながっています。 3 本のスタンプと 2 本のベイルのセットは、まとめてウィケットと呼ばれます。ピッチの一方の端は、打者が立つバッティング エンド、もう一方の端は、ボウラーが走り込んで投球するボウリング エンドと指定されています。 ウィケットを結ぶ線の側の、打者がバットを持つフィールドの領域 (右利きの打者の場合は右側、左利きの場合は左側) はオフ サイド、もう一方の領域はレッグ サイドまたはオン サイドと呼ばれます。

ピッチ上に描かれたりペイントされた線は、クリースと呼ばれます。クリースは、打者のグラウンドの位置を示すことによって打者のアウトを判定し、投球がフェアであるかどうかを判断するために使用されます

クリケット競技場は通常、可能な限り南北方向に向けられています。午後の低い太陽は真西を向いている打者にとって危険だからです。[4]つまり、楕円形の競技場の中には、長軸がウィケットと一直線になるように配置されているものもあれば、長軸がウィケットと直角になるように配置されているものもあります。

フィールドの各部分

制限オーバーのクリケットの試合では、守備制限に関連するエリアを定義するために、2 つの追加のフィールド マーキングがあります。「サークル」または「フィールディング サークル」は、ピッチの幅に対して各ウィケットの中心から半径 30 ヤード (27 m) の半円を描き、ピッチの長さに対して30 ヤード (27 m) の平行線でそれらを結んで表される楕円です。これにより、フィールドが内野と外野に分割され、ペイントされた線または等間隔の円盤でマークできます。クローズ インフィールドは、ウィケットの端のポッピング クリースのミドル スタンプ ガードを中心とする半径 15 ヤード (14 m) の円で定義され、多くの場合、点でマークされます。

参照

参考文献

  1. ^ ab 「クリケットのルールと規則 | ICCクリケットルール」www.icc-cricket.com 。 2019年3月27日閲覧
  2. ^ 「VIP-Flags.comによる世界最大のパキスタン国旗 - パキスタン国旗、すべての国の国旗、世界最大の国旗、特注国旗、アップリケ国旗、刺繍国旗、政党国旗、オリンピック2008国旗パキスタン、企業国旗、卓上国旗、屋内国旗、手旗、バッジ、メーカー、輸出業者、サプライヤー、カラチ、パキスタン、英国、米国、コソボ、ノルウェー、イタリア、フランス、ドイツ、デンマーク、スウェーデン、アイルランド」。2010年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。 2010年8月16日閲覧340 フィート x 510 フィート、つまり 173,400 平方フィート (19,266 平方ヤード) の旗がカラチの国立競技場で公開されました。このビデオでは、長方形の旗が完全に広げられたときに競技エリア内に快適に収まることが示されています。
  3. ^ 「CSA、FIFAワールドカップ会場でのクリケット開催を禁止 | クリケット | ESPN Cricinfo」。Cricinfo.com 。 2016年1月3日閲覧
  4. ^ 「屋外遊び場の向き」。西オーストラリア州政府、スポーツ・レクリエーション省。2013年8月7日。 2014年4月11日閲覧
「https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Cricket_field&oldid=1210115275」から取得