ウラジミール評議会

ウラジーミル公会議ロシア: Владимирский собор)は、1274年に首都圏キリル2世の主導でウラジーミル市で開催されたロシア正教会教会評議会である。

背景

モンゴルによるルーシの征服を受けて、キリルはキエフ首都圏に任命された。 1270年、彼はブルガリアの専制君主ヤコブ・スヴェトスラフに、解釈付きの教会法の本(コルムチャイア・クニガを送るよう要請を送った。ギリシア語から古教会スラブ語への翻訳は1225年にセルビアで行われていたが、キリルは教会法の相違を解決するために評議会を招集した。

決定

新しいコルムチャイアを編纂すべきであるという評議会。


「https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Council_of_Vladimir&oldid=1169331987」から取得