クームズの方法

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

Coombsの方法(またはCoombsルール[1]は、単一の勝者の選挙に使用されるClydeCoombsによって作成された選好投票システムです。優先順位付投票と同様に、1人の候補者が過半数の票を獲得するまで、候補者の排除とその候補者に投じられた票の再配分を使用します。

手順

各有権者は、投票用紙にすべての候補者をランク付けします。投票者の絶対過半数によって、いつでも1人の候補者が(除外されていない候補者の中で)最初にランク付けされた場合、その候補者が勝ちます。それ以外の場合は、最大数(または複数)の有権者によって最後にランク付けされた候補(これも除外されていない候補の中で)が削除されます。逆に、優先順位付投票では、最も少ない有権者によって(除外されていない候補の中で)最初にランク付けされた候補が削除されます。

一部の情報源では、投票者の過半数によって候補者が最初にランク付けされているかどうかに関係なく、排除が進行し、最後に排除される候補者が勝者です。[2] この方法の変形は、前者とは異なる勝者になる可能性があります(投票者の過半数によって候補者が最初にランク付けされているかどうかを確認することは、投票に影響を与えないショートカットにすぎない、即時投票とは異なります。結果)。

テネシー州とその4つの主要都市:南西部のメンフィス。 中央がナッシュビル、南がチャタヌーガ、東がノックスビル

テネシー州が首都の場所で選挙を行っていると想像してみてくださいテネシー州の人口は、州全体に広がる4つの主要都市に集中しています。この例では、有権者全員がこれら4つの都市に住んでいて、誰もができるだけ首都の近くに住みたいと考えているとします。

首都の候補者は次のとおりです。

有権者の選好は次のように分けられます。

有権者の42%
(メンフィスに近い)
有権者の26%
(ナッシュビルに近い)
有権者の15%
(チャタヌーガに近い)
有権者の17%
(ノックスビルに近い)
  1. メンフィス
  2. ナッシュビル
  3. チャタヌーガ
  4. ノックスビル
  1. ナッシュビル
  2. チャタヌーガ
  3. ノックスビル
  4. メンフィス
  1. チャタヌーガ
  2. ノックスビル
  3. ナッシュビル
  4. メンフィス
  1. ノックスビル
  2. チャタヌーガ
  3. ナッシュビル
  4. メンフィス

すべての有権者が誠実に投票すると仮定すると(戦略的投票については以下で説明します)、結果はパーセンテージで次のようになります。

Coombsの方法選挙結果
ラウンド1 ラウンド2
初め 最後 初め 最後
メンフィス 42 58 42 0
ナッシュビル 26 0 26 68
チャタヌーガ 15 0 15
ノックスビル 17 42 17
  • 最初のラウンドでは、1位の投票の絶対過半数を持っている候補者はいません(51)。
  • したがって、最下位の票(26 + 15 + 17 = 58)を持つメンフィスは排除されます。
  • 第2ラウンドでは、メンフィスは実行されていないため、除外する必要があります。メンフィスはグループAの投票用紙で第1位にランクされたため、グループAの2番目の選択肢であるナッシュビルはさらに42票を獲得し、第1位の投票の絶対過半数(68対15 + 17 = 32)を獲得します。それが勝者です。
  • 最後の投票は、絶対多数を達成する候補者がいない投票ラウンドで候補者を排除するためにのみ使用されることに注意してください。候補者が51%以上のラウンドでは無視されます。したがって、最終投票は最終ラウンドでは何の役割も果たしません。

を使用

リアリティテレビ番組Survivorで使用される投票ラウンドは、連続投票ラウンドを使用したCoombsの方法のバリエーションと見なすことができます。全員が各ラウンドの排除を支持する1人の候補者に投票し、その投票が複数ある候補者は排除されます。戦略の違いは、投票の連続ラウンドは、その候補者が排除されるまで、排除の選択がランク付けされた投票用紙クームズの方法で固定されることを意味することです。

戦略的投票の可能性

Coombsの方法は、3つの戦略投票戦略に対して脆弱です。 [要出典]妥協、プッシュオーバー、およびチーム化です。Coombsは不完全な投票用紙に敏感であり、投票者が投票用紙の下部に記入する方法が大きな違いを生みます。[3]

も参照してください

メモ

  1. ^ Grofman、Bernard、およびScott L. Feld(2004)「代替投票(別名、即時投票)が好きな場合は、Coombsルールについて知っておく必要があります」 Electoral Studies 23:641-59。
  2. ^ Pacuit、Eric、「Voting Methods」スタンフォード哲学百科事典(2017年秋版)、Edward N. Zalta(ed。)
  3. ^ 「操作性に関するデータ」