コンスタンス2世(コンスタンティノス3世の息子)

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
コンスタンス2世
西ローマ帝国アウグストゥスドミナス
Siliqua Constans II Arelate.jpg
コンスタンス2世の長角果
ローマ帝国の皇帝
治世407–409(コンスタンティヌス3世のカエサル409–411 (コンスタンティヌス3世のアウグストゥスホノリウスに対して)
死亡しましたc。9月18日
411VienneViennensis
名前
フラビウスコンスタンス
尊号
Imperator Caesar Flavius Constans Augustus
父親コンスタンティヌス3世
宗教ニカイア信条

コンスタンティヌス2世ウェールズ語クステニン)は、西ローマ帝国の コンスタンティヌス3世の長男であり、409年から411年にかけて共同皇帝に任命されました。彼は反乱と戦いの最中に殺され、父親の治世を終わらせました。

キャリア

クラウディウス・コンスタンティンの長男でジュリアンの兄弟[1]は、若い頃はコンスタンティヌス2世が僧侶でした。[要出典] 408年の夏、前年に英国で皇帝を宣言し[2]、その後ガリアに渡った父親は、シーザーを宣言し[3] 、ゲロンティウス将軍と知事を連れて彼を送りました。アポリナリスからヒスパニアへ、州を統治し、テオドシウス家のメンバーと戦う(ホノリウスの4人のいとこテオドシウスラゴディウスコンスタンティンを認識せず、皇帝に忠実であり続けたディディムスベレニアヌス)。[4] いくつかの最初の敗北の後、コンスタンスは彼の敵の2人(ディディムスとベレニアヌス)を捕らえ、他の2人(ラゴディウスとテオドシオラス)はコン​​スタンティノープルに逃げた。[5]彼は妻と家族をゲロンティアスの世話の下でサラゴサに残し、アルルに報告するために戻った。そこで2人の囚人は死刑に処された。[6]

409年の秋、野蛮人の侵略者がガリアを略奪し、ピレネー山脈に到達し、ローマの防衛を一掃し、ヒスパニアに入りました。[7]コンスタンスは、ホノリウス皇帝の承認なしに、コンスタンスをアウグストゥスの階級に昇格させた[要出典]コンスタンスは問題を解決するためにヒスパニアに行くことになっていたが、ニュースを残す前に、ゲロンティウスが侵略者を止め、コンスタンティンから反逆し、皇帝を彼自身の部下の一人であるヒスパニアのマキシムスと宣言したというニュースが来た。[6] 野蛮人の支援を受けて、ジェロンティウスはコンスタンティンの領土を乗っ取った。411年、彼はヴィエンヌの街を占領しましたそしてコンスタンスを死に至らしめた。[8]

コンスタンティヌス2世が皇位簒であったかどうかは、議論の余地があります。コンスタンティヌス3世がホノリウスによって共同皇帝として認められた後、彼は戴冠しました。しかし、この承認には、コンスタンティンの家族に帝国の権力を拡大する権利は含まれていなかったでしょう。

凡例

モンマスのジェフリーに助けられたイギリスの伝説によれば、コンスタンティヌス1世の死後、コンスタンツはブリトン人によって王として選出された。これは、彼の英国の物語の残りの部分がそうであるように、コンスタンスの既知の歴史と矛盾しています。伝説によると、アウレリウス・アンブロシウスユーサー・ペンドラゴン兄であるコンスタンス[9]は、幼少期を修道院で勉強していたとのことです。コンスタンティヌス1世の殺害後の継承危機の間、ゲウィセ族の指導者であるヴォーティガンは、コンスタンツに宗教生活を離れて王になるよう説得しました。[10]弱くて人気のない元僧侶は人形になり、彼の事務所の称号以外はすべてヴォーティガンの手に渡った。[11]ヴォーティガンは結局、彼の雇用の連絡係であるピクト人をだまして、彼の睡眠中に彼を殺害することによって彼を処分した。[12]危険なヴォーティガンは自分のために王位に就いた。[13]

参考文献

  1. ^ ジョーンズ、ページ。310
  2. ^ ジョーンズ、ページ。316
  3. ^ バーリー、ページ。459
  4. ^ ベリー、ページ。140
  5. ^ ギボン、Ch。30
  6. ^ a b エルトン、コンスタンス2世(409-411 AD)
  7. ^ エルトン、コンスタンティヌス3世(407-411 AD)
  8. ^ バーリー、ページ。460
  9. ^ Monmouth、 Historia Regum Britanniae、6:5
  10. ^ Monmouth、 Historia Regum Britanniae、6:6
  11. ^ Monmouth、 Historia Regum Britanniae、6:7
  12. ^ Monmouth、 Historia Regum Britanniae、6:9
  13. ^ Monmouth、 Historia Regum Britanniae、6:10

ソース

一次資料

二次資料

  • バーリー、アンソニー(2005)、英国のローマ政府、オックスフォード大学出版局、ISBN 978-0-19-925237-4
  • ジョーンズ、アーノルド・ヒュー・マーティン、ジョン・ロバート・マーティンデール、ジョン・モリス後期ローマ帝国のプロソポグラフィー、第2巻、ケンブリッジ大学出版局、1992年、ISBN 0-521-20159-4 
  • 3 Elton、Hugh、 "Constans III(409-411 AD)"、DIR
  • ベリー、JB、アルカディウスからアイリーンまでの後期ローマ帝国の歴史、Vol。私(1889)
  • ギボン、エドワード、ローマ帝国衰亡史(1888)
伝説のタイトル
前任者 ヴォーティガンとイギリスの
成功