保全運動

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

自然保護としても知られる保護運動は、動物、真菌、植物種などの天然資源とその将来の生息地を管理および保護することを目的とした政治的、環境的、社会的運動です。保全活動家は、環境を自分たちが見つけた状態よりも良い状態に保つことに関心を持っています。[1]証拠に基づく保全は、保全努力をより効果的にするために高品質の科学的証拠を使用することを目指しています。

初期の保全運動は、漁業野生生物管理土壌保全持続可能な林業などの天然資源を維持するために必然的に発展しました現代の保全運動は、天然資源の持続可能な生産力の使用と荒野地域の保全に重点を置いていた初期の運動から、生物多様性の保全を含むように拡大しました。保全運動は、より広範で広範囲にわたる環境運動の一部であると言う人もいます。、他の人は彼らがイデオロギーと実践の両方で異なると主張している間。主に米国では、自然保護は環境保護主義とは異なると見なされており、一般に、人間による継続的な持続可能な使用のために天然資源を明確に保護することを目的とした保守的な考え方です。[2]米国以外では、自然保護という用語には、より広く環境保護が含まれます。[要出典]

歴史

初期の歴史

シルバ、または森の木の談話と陛下の支配における木材の伝播、初版のタイトルページ(1664)

自然保護運動は、1662年に王立学会に論文として発表されたジョン・イヴリンの作品シルバにまでさかのぼることができます。 2年後に本として出版され、これまでに出版された林業に関して最も影響力のあるテキストの1つでした[3]当時、イングランドの音色資源は危険なほど枯渇しており、エブリンは枯渇率を管理し、伐採された樹木が確実に補充されるようにすることで森林を保護することの重要性を主張しました。

この分野は18世紀に発展し、特に科学的な林業手法が開発されたプロイセンとフランスで発展しました。これらの方法は、19世紀初頭からイギリス領インドで最初に厳密に適用されました。政府は森林産物の使用に関心を持ち、自然の「家庭」を保護するために山火事のリスクを減らすための対策を講じて森林の管理を開始しました。この初期の生態学的アイデアは、英国海軍にとって重要な資源であった繊細なチークの木の成長を維持するためのものでした

チークの枯渇に対する懸念は、ナポレオン戦争中に海軍が大規模な拡大を遂げていた1799年と1805年に提起されました。この圧力は、小さなチークの木の伐採を禁止する最初の正式な保護法につながりました。最初の林業担当官は、造船に必要な樹木を規制および保護するために1806年に任命されました。[4]

この有望なスタートは、1820年代と30年代に、自由放任主義の経済学と民間の土地所有者からの苦情がこれらの初期の保全の試みを終わらせたときに後退しました。

1837年、アメリカの詩人ジョージ・ポープ・モリスは「ウッドマン、その木を惜しまない!」を出版しました。これは、感傷的な価値のある樫の木を避けるように木こりに促すロマンチックな詩です。詩はその年の後半にヘンリーラッセルによって音楽に設定されました。歌のセリフは環境保護論者によって引用されています。[5]

現代の自然保護運動の起源

19世紀半ばに自然保護が復活し、インドの森林に科学的自然保護の原則が最初に実用化されました。進化し始めた保全倫理には、人間の活動が環境に損害を与えた、将来の世代のために環境を維持する市民の義務があった、そしてこの義務が確実に実行されるように科学的、経験に基づいた方法を適用する必要があるという3つの基本原則が含まれていましたジェームズ・ラナルド・マーティンは、このイデオロギーを推進し、大規模な森林伐採と乾燥によって引き起こされた被害の規模を実証する多くの医学地形学的報告を発表し、森林保全活動の制度化のために広くロビー活動を行った。森林局の設立による英領インド[6] エドワード・パーシー・ステビングは、インドの砂漠化について警告した。マドラス歳入委員会は、科学的原則に基づいて森林保全プログラムを体系的に採用したプロの植物学者であるアレクサンダーギブソンが率いる、1842年に地域の保全活動を開始しました。これは、世界で最初の森林管理の事例でした。[7]

これらの地元の試みは、規制されていない樹木の伐採が衰えることなく続いたため、英国政府によって徐々に注目を集めました。1850年、エジンバラの英国学術協会は、初期の自然保護運動の先駆者である ヒュークレグホーン博士の要請により、森林破壊を研究するための委員会を設立しました。

彼は1847年にマイソールの森林保全に興味を持ち、インドの農業の失敗について協会でいくつかの講演をしました。これらの講義は、ダルハウジー総督の下で政府に影響を与え、 1855年に世界で最初の恒久的かつ大規模な森林保全プログラムを紹介しました。このモデルは、すぐに他の植民地米国にも広がりました。同じ年に、クレグホーンはマドラス森林局を組織し、1860年にその局は焼畑耕作の使用を禁止しました。[8]クレグホーンの1861年のマニュアル、南インドの森と庭園 、この主題に関する決定的な仕事となり、亜大陸の森林助手によって広く使用されました。[9] 1861年、森林局はその任務をパンジャブに拡大した[10]

着席列の真ん中にあるシュリッヒは、1892年にザクセンの森を訪れ、オックスフォードの林業学校の生徒たちと一緒に過ごしました。

ドイツのフォレスターであるディートリッヒブランディス卿は、1856年にビルマ東部のペグ地区のチーク林の監督として英国軍に加わりましたその間、ビルマのチークの森は過激派のカレン部族によって支配されていました。彼は「タウンヤ」システムを導入し[11]、カレンの村人がチークのプランテーションの開墾、植林、除草のための労働力を提供した。ビルマで7年間過ごした後、ブランディスはインドの森林監察官に任命され、20年間務めました。彼は新しい森林法を制定し、研究および訓練機関の設立を支援しました。デラドゥン帝国森林学校彼によって設立されました。[12] [13]

イギリス領インドの林業行政ではドイツ人が著名でした。Brandisと同様に、BertholdRibbentropSirWilliam PD Schlichは、インドの保護に新しい方法をもたらしました。後者は、Brandisが辞任した後、1883年に監察官になりました。シュリッヒは1874年にジャーナルインディアンフォレスターの設立を支援し 1885クーパースヒルにあるイギリス最初の林業学校創設ディレクターになりました。管理森林保護、そして森林利用は、林業の学生のための標準的で永続的な教科書になりました。

アメリカ合衆国の保全

アメリカの運動は、人間の使用とは別に、自然の固有の価値を高める19世紀の作品からインスピレーションを受けました。著者のヘンリー・デイヴィッド・ソロー(1817–1862)は、自然を高揚させる重要な哲学的貢献をしました。ソローは人々の自然との関係に興味を持ち、シンプルな生活の中で自然の近くに住むことでこれを研究しました。彼は、人々が自然と親密になるべきであると主張した本Walden彼の経験を発表しました。[15]ブランディス卿、ウィリアムPDシュリッヒ卿カールA.シェンクのアイデアも非常に影響力がありました—ギフォードピンショー、USDA森林サービスは、米国で専門的な森林管理を導入するためのブランディスのアドバイスと、森林サービスを構築する方法に大きく依存していました。[16] [17]

進歩主義時代(1890年代から1920年代初頭)には、保護主義者と保護主義者の両方が政治的議論に登場しました。3つの主要なポジションがありました。

  • 自由放任主義:自由放任主義の立場は、製材会社や鉱業会社を含む私有財産の所有者は、自分の財産に対して望むことは何でもすることを許可されるべきであると主張しました。[18]
  • 自然保護論者:将来のセオドア・ルーズベルト大統領と彼の親しい同盟国であるジョージ・バード・グリンネルが率いる自然保護論者は、伐採や狩猟など、市場の力の手で起こっていた無駄遣いに動機付けられました。[19]この慣行により、多数の北米の狩猟種が絶滅の危機に瀕しました。ルーズベルトは、米国政府の自由放任主義のアプローチは無駄が多すぎて非効率的であることを認識しました。いずれにせよ、彼らは、西部の州の天然資源のほとんどはすでに連邦政府によって所有されていたと述べた。彼らが主張した最善の行動方針は、天然資源の長期的な経済的利益を最大化するために国家の専門家によって考案された長期計画でした。ミッションを達成するために、ルーズベルトとグリンネルはブーンアンドクロケットクラブを結成しました、そのメンバーはその日の最高の頭脳と影響力のある男性の一部でした。自然保護論者、科学者、政治家、知識人の不測の事態は、北アメリカ全体の野生生物と生息地を保護するために、彼の行進中にルーズベルトの最も近い顧問になりました。[20]
  • 保護主義者:ジョン・ミューア(1838–1914)が率いる保護主義者は、経済的生産の源として自然界に焦点を合わせ続けたため、保護政策は自然界の利益を保護するほど強力ではないと主張した。

サンフランシスコの水供給源であるヨセミテ国立公園にカリフォルニアのヘッチヘッチーダム建設することをめぐる公開討論では、保全と保全の間の議論がピークに達しました。シエラクラブを率いるミュアは、その美しさのために谷を保護しなければならないと宣言しました。「人の心によって聖なる寺院が奉献されたことはありません」。

ルーズベルト大統領は、自然保護論者の問題を国の議題の上位に置いた。[21]彼は運動のすべての主要人物、特にこの問題に関する彼の主任顧問であるギフォード・ピンショーと協力し、天然資源の保護に深く取り組んだ。彼は、 1902年のニューランズ開拓法により、小さな農場を灌漑するためのダムの連邦建設を促進し、23000万エーカー(360,000mi2または930,000km2 )を連邦保護下に置くことを奨励しました。ルーズベルトは、彼の前任者全員を合わせたよりも多くの連邦の土地を国立公園自然保護区のために取っておきました。[22]

ルーズベルトは自然保護のリーダーであり、天然資源の浪費を終わらせるために戦いました。

ルーズベルトは、米国森林局を設立し、5つの国立公園の創設に署名し、1906年の古代遺物法に署名し、その下で18の新しい国定記念物を宣言しました。彼はまた、最初の51の鳥類保護区、4つの狩猟保護区、および国内初のショーション国有林を含む150の国有林を設立しました。彼が公的保護下に置いた米国の面積は、合計で約230,000,000エーカー(930,000 km 2)です。

ギフォード・ピンショーは、マッキンリーによって農務省の林業部門の責任者に任命されていました。1905年、彼の部門は国有林保護区の管理権を取得しました。Pinchotは、連邦政府の監督下で(有料で)私的使用を促進しました。1907年、ルーズベルトは締め切りのわずか数分前に1,600万エーカー(65,000 km 2 )の新しい国有林を指定しました。[23]

1908年5月、ルーズベルトはホワイトハウスで開催された知事会議を後援し、天然資源とその最も効率的な使用に焦点を当てました。ルーズベルトは開会の辞「国の義務としての保護」を発表しました。

1903年、ルーズベルトはジョンミューアと一緒にヨセミテバレーをツアーしました。ジョンミューアは、保全に対する見方が大きく異なり、水資源と森林の商業利用を最小限に抑えようとしました。ミュアは、彼が設立したシエラクラブを通じて働き、1905年に議会にマリポサグローブとヨセミテバレーを連邦政府に移管させることに成功しました。[24]ミュアは自然を自分たちのために保存したいと考えていたが、ルーズベルトはピンショーの定式化に同意した。木。" [25]

セオドア・ルーズベルトの保全主義に対する見方は、何十年もの間支配的であり続けました。フランクリンD.ルーズベルトは、多くの大規模なダムと水プロジェクトの建設、および国有林システムの拡張による限界以下の農場の買収を承認しました。1937年、野生生物回復法におけるピットマン-ロバートソン連邦援助が法制化され、州政府機関が保護活動を実施するための資金が提供されました。

全米オーデュボン協会は、さまざまな水鳥種の保護/保護を優先して1905年に設立されました。[26]しかし、最初の州レベルのオーデュボングループは、ハリエットヘメンウェイとミンナB.ホールによって、当時の一般的な慣習である鳥の羽で作られた帽子の購入を控えるように女性を説得するために1896年に作成されました。[26]この組織は、博物学者で伝説的な鳥の画家であるジョン・オーデュボンにちなんで名付けられました。[27]あまり知られていない真実は、彼が奴隷所有者であり、彼の多くの本に多くの人種差別的な物語も含めていたということです。[27]人種的不平等についての彼の見解にもかかわらず、オーデュボンは黒人と先住民が科学的に有用であることに気づき、しばしば彼の本で彼らの地元の知識を使用し、彼のために標本を集めるために彼らに頼っていました。[27]

1970年以来

共和党のリチャード・ニクソンが主要な役割を果たし、特に環境保護庁の創設により、環境は1970年に国の議題に再登場しました公有地と環境政治をめぐる議論は、自由主義の衰退と現代の環境主義の台頭を支持する役割を果たしました。アメリカ人は一貫して環境問題を「重要」とランク付けしていますが、投票データによると、投票ブースでは有権者は他の政治的懸念に比べて環境問題を低くランク付けしています。

内陸西部(太平洋岸を除く)での共和党の政治力の成長は、公有地改革に対する一般の反対の高まりによって促進されました。内陸西部とアラスカで成功した民主党員は、通常、沿岸州の民主党員よりも環境問題に関してより保守的な立場をとっています。保守派は、シンクタンク、業界団体、市民志向の組織の新しい組織ネットワークを利用し、個人の財産に対する権利、採掘権の保護、狩猟と再創造、そして幸福を追求する新しい戦略を展開し始めました。資源保護を犠牲にして連邦政府によって妨げられていない。[28]

2019年、陽気な自然保護は、ブラムビュッシャーとロバートフレッチャーによって提案されたアイデアでした。陽気な保全は、社会運動や環境正義や構造変化などの概念を利用して、資本主義後の保全アプローチを生み出します。[29]

コスタリカの保全

図1.保全のさまざまな分野に分割されたコスタリカ

18世紀にヨーロッパで自然保護運動が発展しましたが、国としてのコスタリカは現在、そのチャンピオンであると言われています。[30]コスタリカは、そのサイズを考えると驚くほど多くの種をホストしており、長さ250マイル、幅150マイルでありながら、米国カナダを合わせたものよりも多くの動植物種を持っています[31] 。この異常な種の密度の起源について広く受け入れられている理論は、この「大洋間」および「大陸間」の風景で発生する北アメリカと南アメリカの両方からの種の自由な混合です。[31]したがって、この脆弱な風景の自然環境を保護することは、多くの国際的な学者の注目を集めています。

コスタリカは自然保護を国家の優先事項とし、自然環境の保護の最前線に立っており、その土地の4分の1以上が何らかの形で保護されていると指定されており、SINAC(National System of Conservation Areas)の管理下にあります[ 32] MINAE(環境エネルギー通信省)の一部門。SINACは、その地域の生態系の多様性に応じて、国をさまざまなゾーンに細分化しました。これらのゾーンを図1に示します。

この国は、この生態系の多様性を、繁栄するエコツーリズム産業の形で経済的利益のために利用し、自然への取り組みを世界中からの訪問者に展示しています。2015年には記録的な260万人の外国人がこの国を訪れたと推定されており[33]、コスタリカ自体の人​​口のほぼ半分です。この観光は、コスタリカの民主主義が安定しており、人間開発指数が0.776であり、ラテンアメリカのどの国でも最高であるという事実によって促進されています。[34]

また、水力(78%)、風力(10%)、地熱エネルギー(10%)、バイオマス、太陽光(1%)に依存して、再生可能エネルギー源から電力の99%以上を生成している世界で唯一の国です。 。しかし、批評家は、このマイルストーンを達成するために、国はいくつかのダムを建設し(電力の大部分を供給)、そのうちのいくつかは先住民のコミュニティや地元の動植物に悪影響を及ぼしていると指摘しています。[35]

世界自然保護基金

私たちが最初にWWFを設立したとき、私たちの目的は絶滅危惧種を絶滅から救うことでした。しかし、私たちは完全に失敗しました。1つも保存できていません。そのお金をすべてコンドームに入れていれば、何か良いことをしたかもしれません。

— ピーター・スコット卿、世界自然保護基金の創設者コスモスマガジン、2010年[36]

世界自然保護基金(WWF)は、1961年に設立された国際的な 非政府組織であり、荒野の保全と環境への人間の影響の軽減の分野で活動しています[37]以前は「世界自然保護基金」と呼ばれていましたが、カナダ米国では正式な名前のままです。[37]

WWFは世界最大の自然保護団体であり、世界中で500万人以上の支援者がおり、100か国以上で活動し、約1,300の自然保護および環境プロジェクトを支援しています。[38] 1995年以来、12,000を超える保全イニシアチブに10億ドル以上を投資してきました。[39] WWFは、55%が個人および遺族から、19%が政府機関(世界銀行DFIDUSAIDなど)からの資金提供を受けている財団です。 )および2014年の企業からの8%。[40] [41]

WWFは、「地球の自然環境の悪化を食い止め、人間が自然と調和して生きる未来を築くこと」を目指しています。[42]リビングプラネットレポートは、1998年以来WWFによって2年ごとに発行されています。これは、生きている地球指数エコロジカルフットプリントの計算に基づいています。[37]さらに、WWFは、アースアワー自然保護債務スワップなど、いくつかの注目すべき世界的なキャンペーンを開始しました。現在の作業は、食料、気候、淡水、野生生物、森林、海の6つの分野を中心に構成されています。[37] [39]

「遠い保全」アプローチ

自然保護と搾取の二分法は、多くの人が予期しない場所を悩ませてきました。それは自然保護機関です。WWFのような機関は、歴史的に避難の原因であり、先住民と彼らが住む土地との間で分裂しています。このかなり矛盾した真実の背後にある圧倒的な理由は、組織の歴史的に植民地時代の、後援的で、新自由主義的な保全へのアプローチのためです。クロースは、彼の記事「海を近づける:沖縄の里海とサンゴ礁の保全」で、これらのアプローチとその有効性を、保全ではなく、絶滅危惧種の動植物の価値を創造し、商業化することで拡張しています。これが行われた1つの方法は、人々、さらには地元の人々と、彼らが保護しようとした自然空間との間の分離によるものです。これは、クラウスが「保全-遠い」方法と呼んでいるものであり、土地へのアクセスは、外部の外国の実体によって地元の人々や観光客に完全に放棄されます。この実体は、自然を取り巻く領域内の人々が持つ習慣や価値観、そして自然の中での彼らの役割をほとんど認識していません。[43]

クロースは、近代化とペースの速いライフスタイルの台頭により、人々の伝統的な自然への配慮が失われた日本の白保の島の歴史を伝えています。地域内でのこれらの習慣の再生を示唆するのは、「保全に近い」アプローチの見方です。これにより、土地の近くにいる人々が保全活動に参加し、その保全への直接的な影響について責任を負います。自然保護によって許可された実践的な完全な感覚体験とは異なり、自然保護は、人と環境の間の主要な相互作用媒体として視覚と視覚を訓練します。観察の強調は、知性と観察とのより深い関連からのみ生じます。これに代わるものは、より身体的または「原始的」です 意識は、知性の低下と有色人種に関連しています。近年、WWFなどの機関によって、保全に対する新しい統合されたアプローチが調査されています。[43]

根拠に基づく保全

証拠に基づく保全は、自然保護の管理行動と政策立案における証拠の適用です。これは、出版された査読済みの出版物やテキストからの科学情報、開業医の経験、独立した専門家の評価、特定の保護トピックに関する地元および先住民の知識を体系的に評価することとして定義されています。これには、さまざまな管理介入、脅威、新たな問題、および経済的要因の現在の有効性の評価が含まれます。[44]

証拠に基づく保全は、保全における意思決定が直感および/または実践者の経験に基づいており、成功と失敗の他の形式の証拠(科学情報など)を無視することが多いという観察に基づいて編成されました。これは、費用がかかり、結果が悪いことにつながりました。[45]証拠に基づく保全は、保全において「何が機能するか」という証拠に基づく枠組みを通じて意思決定を支援する情報へのアクセスを提供します。[46]

エビデンスに基づく保存へのアプローチは、医学で始まり、後に看護教育心理学、その他の分野に広がったエビデンスに基づく実践に基づいています。これは、エビデンスに基づく実践に向けたより大きな動きの一部です

関心のある分野

フィンランドのにある保護区の看板。「法で守られた保護区」と書いてあります。

森林破壊人口過多は、世界のすべての地域に影響を与える問題です。その結果としての野生生物の生息地の破壊は、他の国々での保護グループの創設を促しました。その中には、野生生物の個体数の減少を直接目撃した地元のハンターによって設立されたものもあります。また、都市の生活環境や人口過多の問題を解決することは、自然保護運動にとって非常に重要でした。

北方の森と北極圏

インセンティブ保護の考え方は現代的なものですが、その実践は、特にエヴェンキ、ヤクート、サーミ、イヌイット、クリーなどの先住民によって、何千年もの間、亜寒帯の荒野とそれらの地域の野生生物の一部を明確に守ってきました。これらの人々による毛皮貿易と狩猟は、これらの地域を何千年もの間保護してきました。皮肉なことに、彼らに今圧力がかかっているのは、石油などの再生不可能な資源から来ており、時には毛皮の人道的な代替品として提唱されている合成衣類を作ることです。タヌキを参照同様に、ビーバーの場合、狩猟と毛皮貿易は、実際には動物の保護の不可欠な部分であったにもかかわらず、動物の死をもたらすと考えられていました。何年もの間、子供向けの本は、ビーバーの個体数の減少は毛皮貿易によるものであると述べており、今でもそうしています。しかし実際には、ビーバーの数の減少は、生息地の破壊と森林伐採、および害虫としての継続的な迫害(洪水を引き起こす)によるものでした。しかし、クリーの土地では、人口が肉や毛皮で動物を大切にしていたため、繁栄し続けました。イヌイットは、外部の批評家に応えて、アザラシとの関係を擁護します。[47]

ラテンアメリカ(ボリビア)

ボリビアサンタクルス県Izoceño - Guaraníは、Capitania del Alto y Bajo Isoso(CABI)の設立に影響を与えたハンターの部族です。CABIは、ボリビアのグランチャコ内の生息地の急速な破壊を阻止しながら、イゾセノの人々の経済成長と生存を促進します彼らは、34,000平方キロメートルのカーイヤデルグランチャコ国立公園と統合管理地域(KINP)の作成を担当しています。KINPは、アルゼンチン、パラグアイ、ブラジルと共有するエコリージョンであるグランチャコの最も生物多様性の高い部分を保護しています。1996年、野生生物保全協会CABIと協力して、23のIzoceñoコミュニティで野生生物と狩猟の監視プログラムを開始しました。このパートナーシップは、伝統的な信念と地元の知識を、生息地を効果的に管理するために必要な政治的および管理的ツールと組み合わせています。プログラムは、自己監視技術を実行し、彼らの狩猟の記録を保持する地元のハンターによる自発的な参加にのみ依存しています。プログラムに参加しているハンターによって得られた情報は、土地の使用についての知識に基づいた決定を行うために必要な重要なデータをCABIに提供しました。ハンターは、彼らの伝統的な活動への誇り、彼らのコミュニティによる励まし、そして地域への利益への期待のために、このプログラムに積極的に参加してきました。

アフリカ(ボツワナ)

南アフリカの違法な狩猟党を思いとどまらせ、将来の地元での使用と持続可能性を確保するために、ボツワナの先住民ハンターは1960年代にロビー活動を開始し、保護活動を実施しました。Ngamiland動物保護協会(FPS)は、1962年に夫婦チーム、RobertKayとJuneKayによって設立されました。環境保護論者は、野生生物の生息地を保護するためにバタワナ族と協力して活動しています。

FPSは生息地の保全を促進し、野生生物の保全のための地元の教育を提供します。保護イニシアチブは、大物猟に結びついた金銭のためにボツワナ政府からの強い反対に直面しました。1963年、バタワンガ族の首長と部族のハンター/冒険家はFPSと協力して、政府軍ではなく部族の人々によって確保された最初の地域であるモレミ国立公園と野生生物保護区を設立しました。モレミ国立公園には、ライオン、キリン、象、水牛、シマウマ、チーター、カモシカなど、さまざまな野生生物が生息しており、面積は3,000平方キロメートルです。この保護された土地の設立に関与したグループのほとんどは、狩猟に関与し、野生生物と生息地の減少に関する個人的な観察に動機付けられました。

も参照してください

メモ

  1. ^ ハーディング、ラス。「自然保護論者か環境保護論者か?」マッキナック公共政策センター2008年12月3日にオリジナルからアーカイブされました2021-05-02を取得
  2. ^ ギフォード、ジョンC.(1945)。土地のそばに住むフロリダ州コーラルゲーブルズ:グレイドハウス。p。8.ASINB0006EUXGQ _ _ 
  3. ^ John Evelyn Sylva、またはA Discourse of Forest Trees ... John Nisbetによる著者の生涯と作品に関するエッセイ、第4版(1706)、ロンドン再版:Doubleday&Co.、1908、V1、p。lxv; online edn、2007年3月[1]、2012年12月29日にアクセス。この情報源(John Nisbet)は、次のように述べています。 、彼の魅力的なシルバを通して、他のどの個人に帰することができるよりも多くの個人的な影響を及ぼしました。」Nisbetは、「Evelynは、[林業]について書いた最初の[著者]ではありませんでした。その名誉は、畜産のボケであるマスターFitzherbert1534年に出版されました」(V1、p.lxvi)。
  4. ^ 「インドの森林の歴史」
  5. ^ 最もよく覚えられている詩マーティンガードナー。ニューヨーク:ドーバー出版。1992.p。118. ISBN 0-486-27165-XOCLC26401592 _{{cite book}}: CS1 maint: others (link)
  6. ^ Stebbing、EP(1922)インドの森vol。1、72〜81ページ
  7. ^ バートン、グレッグ(2002)。帝国林業と環境保護の起源ケンブリッジ大学出版局。p。48. ISBN 9781139434607
  8. ^ MUTHIAH、S.(2007年11月5日)。「林業の生活」ヒンドゥー2007年11月8日にオリジナルからアーカイブされました2009年3月9日取得
  9. ^ クレグホーン、ヒュー・フランシス・クラーク(1861)。南インドの森と庭園(ミシガン大学からのオリジナル、2006年2月10日版のデジタル化)。ロンドン:WHアレン。OCLC301345427_ 
  10. ^ オリバー、JW(1901)。「インドの林業」インドのフォレスターv.27(ハーバード大学からのオリジナル、2008年4月4日版のデジタル化)。アラハバード:RPシャルマ、ビジネスマネージャー、インディアンフォレスター。pp。617–623。
  11. ^ キングKFS(1968)。「農林業(タウンヤシステム)」。イバダン大学/林学部、会報No. 1、109
  12. ^ ワイル、ベンジャミン(2006年4月1日)。「インドの森林局における保全、搾取、および文化的変化、1875-1927」環境史11(2):319–343。土井10.1093 / envhis/11.2.319
  13. ^ MadhavGadgilとRamachandraGuha、この亀裂のある土地:インドの生態学的歴史(1993)
  14. ^ バーリー、ジェフリー、他。2009.「オックスフォードの林業の歴史」、英国の学者、Vol。1、No. 2.、pp.236-261。アクセス日:2012年5月6日。
  15. ^ Verfasser、Thoreau、Henry David、WaldenOCLC 1189910652、2022-02-26を取得  {{citation}}|last=一般名があります(ヘルプ
  16. ^ アメリカは、自然保護の歴史の起源とその現代的な形態、環境史の両方の背景であり、 WaybackMachineで2012年3月13日にアーカイブされましたAsiaticsociety.org.bd。2011年9月1日に取得。
  17. ^ Rawat、Ajay Singh(1993)。インドの林業:展望インダスパブリッシング。pp。85–88。ISBN 9788185182780
  18. ^ サミュエル・P・ヘイズ、保全と効率の福音:進歩的な保全運動、1890-1920(1959)
  19. ^ ベンジャミン・レデコップ、「ストーリーの具現化:セオドア・ルーズベルトの保全リーダーシップ」、リーダーシップ(2015)。DOI:10.1177/1742715014546875。 ウェイバックマシンでオンライン アーカイブ2016-01-14
  20. ^ 「ブーンとクロケットクラブのアーカイブ」
  21. ^ ダグラス・G・ブリンクリー、荒野の戦士:セオドア・ルーズベルトとアメリカの十字軍(2009)
  22. ^ W.トッドベンソン、セオドアルーズベルト大統領の保護遺産(2003)
  23. ^ チャー・ミラー、最高の善を求めて:ギフォード・ピンショーの保存遺産(2013)
  24. ^ 「合衆国法全集第26巻、第1263章、650〜52ページ。「カリフォルニア州の特定の土地を森林保護区として分離する行為。」[HR12187]"保全運動の進化、1850-1920議会図書館。
  25. ^ ギフォード・ピンショー、新境地の開拓、(1947)p。32。
  26. ^ ab 「オーデュボンの歴史オーデュボン2015-01-09 2022-03-29を取得
  27. ^ abc 「ジョンジェームズオーデュボン 神話」オーデュボン2020-07-31 2022-03-29を取得
  28. ^ *ターナー、ジェームズ・モートン、「環境主義の亡霊」:荒野、環境政治、そして新右翼の進化。Journal of American History 96.1(2009):123-47 online at History Cooperative Archived 2009-07-03 at the Wayback Machine
  29. ^ ビュッシャー、ブラム; ドレスラー、ウルフラム; フレッチャー、ロバート、編。(2014-05-29)。NatureIncアリゾナ大学出版。土井10.2307/j.ctt183pdh2ISBN 978-0-8165-9885-4
  30. ^ ワット、ジョナサン(2010-10-25)。「コスタリカは生物多様性保護のために認められました」ガーディアン2018年6月9日取得
  31. ^ a b Evans、Sterling(2010-06-28)。緑の共和国:コスタリカの保全の歴史テキサス大学プレス。ISBN 9780292789289
  32. ^ "http://www.inbio.ac.cr/es/biod/estrategia/estudio.html"inbio.ac.cr2010-03-01にオリジナルからアーカイブされました2018年6月7日取得 {{cite web}}:(ヘルプ外部リンク|title=
  33. ^ 「コスタリカの観光は2015年に260万人の訪問者で新記録を樹立します」ティコタイムズコスタリカ2018年6月8日取得
  34. ^ 「|人間開発報告書」hdr.undp.org 2018年6月8日取得
  35. ^ 「コスタリカは今年300日間完全に再生可能エネルギーで稼働しています」インデペンデント2018年6月7日取得
  36. ^ 「人々の疫病」コスモス2010年5月13日。2016年11月6日のオリジナルからアーカイブ。
  37. ^ a b c dTroëng 、セバスチャン; ランキン、エディ(2005-01-01)。「長期的な保護活動は、コスタリカのトルトゥゲーロでのアオウミガメCheloniamydasの営巣傾向に貢献しています」。生物学的保護121(1):111–116。土井10.1016/j.biocon.2004.04.014ISSN0006-3207_ 
  38. ^ 「世界中のWWF保護プロジェクト」
  39. ^ ab "WWF-絶滅危惧種 保護"世界自然保護基金2018年4月18日取得
  40. ^ 「WWFはどのように実行されますか?」2011年7月21日取得
  41. ^ WWFN-国際年次レビュー(PDF)世界自然保護基金。2014.p。37 2015年9月17日取得
  42. ^ 「WWFの使命、指導原則および目標」WWF2019-01-13にオリジナルからアーカイブされました2019-01-13を取得しました。
  43. ^ a b クラウス、C。アン(2020)。近くの海を描く:沖縄の里海と珊瑚礁の保全ミネアポリス。ISBN 978-1-4529-5947-4OCLC1156432505 _
  44. ^ 「基本」保全の証拠2015年3月7日取得
  45. ^ サザーランド、ウィリアムJ; プルイン、アンドリューS .; ドルマン、ポールM .; Knigh、Teri M.(2004年6月)。「証拠に基づく保全の必要性」。エコロジーと進化のトレンド19(6):305–308。土井10.1016/j.tree.2004.03.018PMID16701275_ 
  46. ^ サザーランド、ウィリアムJ.(2003年7月)。「根拠に基づく保全」。実際の保全4(3):39–42。土井10.1111/j.1526-4629.2003.tb00068.x
  47. ^ 「イヌイットはヨーロッパ人にそのアザラシ猟と生き方を支持するように頼む」(PDF)2006年3月6日。2007年6月28日のオリジナル(PDF)からアーカイブ2007年7月12日取得

さらに読む

ワールド

  • バートン、グレゴリーA. 帝国、林業と環境主義の起源、(2002)、大英帝国をカバー
  • クローバー、チャールズ。 ラインの終わり:乱獲が世界と私たちが食べるものをどのように変えているか(2004)Ebury Press、ロンドン。ISBN 0-09-189780-7 
  • Haq、Gary、およびAlistairPaul。1945年以来の環境保護(ラウトレッジ、2013年)。
  • ジョーンズ、エリックL.「西側世界における天然資源開発の歴史」、経済史研究、 1991年補足6、235〜252ページ
  • マクニール、ジョンR.太陽の下で何か新しいもの:20世紀の環境史(2000)。

地域研究

アフリカ

  • アダムス、ジョナサンS .; マクシェーン、トーマスO.野生アフリカの神話:幻想のない保全(1992)266p; 1900〜1980年代をカバー
  • アンダーソン、デビッド; グローブ、リチャード。アフリカの保全:人々、政策と実践(1988)、355pp
  • Bolaane、Maitseo。「チーフ、ハンター、冒険家:ボツワナのオカバンゴ/モレミ国立公園の創設」。 歴史地理学ジャーナル。31.2(2005年4月):241–259。
  • Carruthers、ジェーン。「アフリカ:歴史、生態学、および社会」、環境と歴史、10(2004)、pp。379–406;
  • シャワー、ケイトB.インペリアルガリーズ:レソトの土壌侵食と保全(2005)346pp

アジア太平洋

  • ボルトン、ジェフリー。ネタバレとネタバレ:オーストラリア人は彼らの環境を作る、1788-1980(1981)197pp
  • 経済、エリザベス。川は真っ暗になる:中国の未来への環境的挑戦(2010)
  • エルヴィン、マーク。象の退却:中国の環境史 (2006)
  • グローブ、リチャードH .; ダモダラン、ビニタジャイン; Sangwan、Satpal。自然と東洋:南アジアと東南アジアの環境史(1998)1036pp
  • ジョンソン、エリックW.、斉藤、吉高、西木戸、誠。「日本の環境主義の組織人口統計」、社会学的調査、 2009年11月、Vol。79第4号、481〜504ページ
  • タパー、ヴァルミックタイガーの土地:インド亜大陸の自然史(1998)288pp

ラテンアメリカ

  • ボイヤー、クリストファー。政治的景観:メキシコの森林、保全、コミュニティデューク大学出版会(2015)
  • ディーン、ウォーレンBroadaxとFirebrandを使用:ブラジルの大西洋岸森林の破壊(1997)
  • Evans、S. The Green Republic:A Conservation History ofCostaRicaテキサス大学プレス。(1999)
  • Funes Monzote、Reinaldo。キューバの熱帯雨林から杖畑へ:1492年(2008年)以来の環境史
  • Melville、Elinor GK羊の疫病:メキシコ征服の環境への影響(1994)
  • ミラー、ショーンウィリアム。ラテンアメリカの環境史(2007)
  • Noss、Andrew、ImkeOetting。「ボリビアのチャネ族のIzoceño-Guaraniによるハンターの自己監視」。 生物多様性と保全14.11(2005):2679–2693。
  • シモニアン、レーン。ジャガーの土地を守る:メキシコの保全の歴史(1995)326pp
  • ワキルド、エミリー。予期しない環境:国立公園の作成、資源管理、およびメキシコ革命アリゾナ大学出版(2011)。

ヨーロッパとロシア

  • Arnone Sipari、LorenzoScritti scelti di Erminio Sipari sul Parco Nazionale d'Abruzzo(1922-1933)(2011)、360pp。
  • バルカ、ステファニア、アナデリカド。「ヨーロッパにおける反核動員と環境保護主義:ポルトガルからの見解(1976-1986)」環境と歴史22.4(2016):497–520。オンライン
  • ボノム、ブライアン。森林、農民および革命家:ソビエトロシアの森林保全および組織、1917-1929(2005)252pp。
  • Cioc、マーク。ライン:エコバイオグラフィー、1815-2000(2002)。
  • ドライゼク、ジョンS.、他。緑の州と社会運動:米国、英国、ドイツ、ノルウェーの環境保護(Oxford UP、2003)。
  • Jehlicka、Petr。「ヨーロッパの環境保護:東西の比較。」社会の変化と政治的変革(ラウトレッジ、2018年)pp。112–131。
  • シモンズ、IGイギリスの環境史:1万年前から現在まで(2001年)。
  • ウエコッター、フランク。最も環境に配慮した国?:ドイツの環境保護主義の新しい歴史(MIT Press、2014年)。
  • ワイナー、ダグラスR.自然のモデル:ソビエトロシアの生態学、保全および文化革命(2000)324pp; 1917年から1939年までをカバーしています。

アメリカ合衆国

  • ベイツ、J。レナード。「アメリカの民主主義の実現:保全運動、1907年から1921年」、ミシシッピバレー歴史評論、(1957)、44#1 pp。29–57。JSTORで
  • ブリンクリー、ダグラスG.荒野の戦士:セオドア・ルーズベルトとアメリカの十字軍、(2009)抜粋とテキスト検索
  • Cawley、R.McGreggor。連邦土地、西部の怒り:保守派に関するセイジブラシの反乱と環境政治(1993)
  • フリッペン、J。ブルックス。ニクソンと環境(2000)。
  • Hays、Samuel P. Beauty、Health、and Permanence:Environmental Politics in the United States、1955–1985(1987)、標準的な学問的歴史
    • ヘイズ、サミュエルP. 1945年(2000年)以来の環境政治の歴史、より短い標準的な歴史
  • ヘイズ、サミュエルP. 保全と効率の福音(1959)、進歩主義時代。
  • キング、ジャドソン。セオドア・ルーズベルトからテネシー川流域公社までの保全の戦い(2009)
  • ナッシュ、ロデリック。荒野とアメリカの心、(第3版、1982年)、標準的な知的歴史
  • ピンショー、ギフォード(1922)。「保全方針」 ブリタニカ百科事典(第12版)。
  • Rothmun、Hal K.国の緑化?1945年(1998年)以降の米国の環境保護
  • シェファー、ビクターB.アメリカにおける環境主義の形成(1991)。
  • 売り手、クリストファー。メヒシバるつぼ:20世紀のアメリカにおける郊外の自然と環境保護主義の台頭(2012)
  • 強い、ダグラスH. ドリーマーズ&ディフェンダーズ:アメリカの保護主義者。(1988)オンライン版、主要な指導者の優れた伝記研究
  • テイラー、ドルセタE.アメリカの保護運動の台頭:権力、特権、環境保護 (Duke UP 2016)x、486pp。
  • ターナー、ジェームズ・モートン、「環境主義の亡霊」:荒野、環境政治、そして新右翼の進化。Journal of American History 96.1(2009):123-47オンラインHistory Cooperative
  • フォーゲル、デビッド。California Greenin':ゴールデンステートが環境リーダーになった経緯(2018)280pp オンラインレビュー

歴史学

  • Cioc、Mark、Björn-OlaLinnér、およびMatt Osborn、「北ヨーロッパにおける環境史の執筆」、環境史、 5(2000)、396〜406ページ
  • Bess、Michael、Mark Cioc、およびJames Sievert、「南ヨーロッパにおける環境史の執筆」、Environmental History、 5(2000)、pp。545–56;
  • コーツ、ピーター。「荒野からの出現(または、レッドウッドからバナナへ):米国およびその他のアメリカ大陸における最近の環境史」、Environment and History、10(2004)、pp。407–38
  • ヘイ、ピーター。西部環境思想の主な流れ(2002)、標準的な学歴の抜粋とテキスト検索
  • マクニール、ジョンR.「環境史の性質と文化に関する観察」、歴史と理論、 42(2003)、5–43ページ。
  • ロビン、リビー、トム・グリフィス、「オーストラレーシアの環境史」、環境と歴史、 10(2004)、439〜74ページ
  • ワースター、ドナルド、編 地球の果て:現代の環境史の展望(1988)

外部リンク