保全生物学

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
2016年の保全指標には、海洋保護区、陸域生物群系保護(世界および国内)、種保護(世界および国内)が含まれます。

保全生物学は、、その生息地、および生態系を過剰な絶滅と生物的相互作用の侵食から保護することを目的とした、自然と地球生物多様性の保全の研究です。[1] [2] [3]これは、自然科学と社会科学、および天然資源管理の実践を利用した学際的な主題です。[4] [5] [6] [7] :478 

保全倫理は、保全生物学の発見に基づいています。

起源

訪問者のアクセスに影響を与えることなく、オーストラリアのホープタウン滝の自然の特徴を維持するための努力が払われています。

保全生物学という用語と新しい分野としてのその概念は、1978年にカリフォルニア大学サンディエゴ校でアメリカの生物学者ブルースAが率いる「保全生物学の研究に関する最初の国際会議」の開催に端を発しています。 .WilcoxとMichaelE.Souléは、 Kurt Benirschke、Sir Otto FrankelThomas LovejoyJaredDiamondなどの主要な大学および動物園の研究者と保全活動家のグループと協力しています。会議は、熱帯の森林伐採、種の消失、種内の遺伝的多様性の侵食に対する懸念によって促されました[8]結果として生じた会議と議事録[2]は、一方では生態学と進化遺伝学の理論と、他方では自然保護政策と実践との間のギャップを埋めることを目指しました。[9]

保全生物学と生物多様性(生物多様性)の概念が一緒に出現し、保全科学と政策の現代を結晶化するのに役立っています。保全生物学に固有の学際的基盤は、保全社会科学、保全行動、保全生理学を含む新しいサブディシプリンにつながりました。[10]それは、オットー・フランケルが最初に始めた保全遺伝学のさらなる発展を刺激しましたが、今ではしばしばサブディシプリンと見なされています。

説明

世界中で確立された生物学的システムの急速な衰退は、保全生物学がしばしば「期限のある規律」と呼ばれることを意味します。[11]保全生物学は、希少種または絶滅危惧種の個体群生態学分散移動人口統計有効個体数近交弱勢、および最小個体群生存率)の研究において生態学と密接に関連しています。[12] [13]保全生物学は、生物多様性の維持、喪失、回復に影響を与える現象と、遺伝個体群、生態系の多様性を生み出す進化過程を維持する科学に関係しています。[5] [6] [7] [13]この懸念は、地球上のすべての種の最大50%が今後50年以内に消滅することを示唆する推定から生じています[14]。この惑星の進化の過程をリセットします。[15] [16]

保全生物学者は、生物多様性の喪失、種の絶滅の傾向とプロセス、およびこれらが人間社会の幸福を維持する能力に及ぼす悪影響について調査し、教育します。保全生物学者は、政府、大学、非営利団体、業界の現場やオフィスで働いています。彼らの研究のトピックは多様です。なぜなら、これは生物科学と社会科学の専門家の提携による学際的なネットワークだからです。道徳倫理に基づいた現在の生物多様性危機への世界的な対応を提唱する大義と職業に専念する人々、および科学的理由。組織と市民は、地球規模で地域の懸念に取り組む研究、監視、教育プログラムを指揮する保全行動計画を通じて、生物多様性の危機に対応しています。[4] [5] [6] [7]

歴史

天然資源の保全は根本的な問題です。私たちがその問題を解決しない限り、他のすべてを解決することはほとんど役に立ちません。

–セオドア・ルーズベルト[17]

天然資源保護

地球規模の生物多様性を保全し保護するための意識的な取り組みは、最近の現象です。[7] [18]しかしながら、天然資源の保全には、保全の時代より前にまで及ぶ歴史があります。資源倫理は、自然との直接的な関係を通じて必然的に成長しました。利己的な動機が地域で維持できる以上のものを奪うことを防ぐために規制または共同体の抑制が必要になり、したがって、コミュニティの他の人々への長期的な供給を危うくしました。[7]天然資源管理に関するこの社会的ジレンマは、しばしば「コモンズの悲劇」と呼ばれます。[19] [20]

この原則から、保全生物学者は、共同資源の対立に対する解決策として、文化全体で共同資源に基づく倫理をたどることができます。[7]たとえば、アラスカのトリンギット族と太平洋岸北西部ハイダ族には、ベニザケの釣りに関して、一族の間に資源の境界、規則、および制限がありましたこれらの規則は、彼らが管理する各川と小川の生涯にわたる詳細を知っている一族の長老たちによって導かれました。[7] [21]歴史上、文化が共同の天然資源管理に関して規則、儀式、組織化された慣行に従った例は数多くあります。[22] [23]

紀元前250年頃 のマウリヤ朝の皇帝アショーカ王は、動物や特定の種類の鳥の屠殺を制限する勅令を発行し、獣医クリニックを開設しました。

保全倫理は、初期の宗教的および哲学的な著作にも見られます。道、神道ヒンズー教イスラム教仏教の伝統例があります。[7] [24]ギリシャの哲学では、プラトンは牧草地の劣化について嘆いた。地区の枠組みが去った。」[25]聖書の中で、神はモーセを通して、7年ごとに土地を耕作から休ませるように命じられました。[7] [26]しかし、18世紀以前は、ヨーロッパの文化の多くは、自然を賞賛することは異教の見方であると考えていました。農業開発が称賛されている間、荒野は軽蔑されました。[27]しかし、早くも西暦680年には、彼の宗教的信念に応えて、ファーン諸島セントカスバートによって野生生物保護区が設立されました。[7]

初期の博物学者

中国中部のアジアの野生犬の生態と行動を理解するには、より多くの保護研究が必要です。

自然史は18世紀の主要な関心事であり、壮大な遠征とヨーロッパ北アメリカでの人気のある公開展示の開始がありました1900年までにドイツに150の自然史博物館、英国に250の自然史博物館、米国に250の自然史博物館、フランスに300の自然史博物館がありました[28]保護主義者または保護主義者の感情は、18世紀後半から20世紀初頭にかけて発展したものです。

チャールズダーウィンがHMSビーグル号に出航する前は、ダーウィンを含む世界中のほとんどの人々は、特別な創造物を信じており、すべての種は変わっていないと信じていました。[29]ジョルジュ=ルイ・ルクレールは、この信念に疑問を呈した最初の博物学者の1人でした。彼は44巻の博物学の本で、環境の影響により種が進化することを提案しました。[29]エラズマス・ダーウィンも博物学者であり、種が進化したことも示唆した。エラズマス・ダーウィンは、いくつかの種は、現在の種では明らかな機能を持たないが、種の祖先には有用であったであろう解剖学的構造である痕跡構造を持っていると述べました。[29]これらの18世紀初頭の博物学者の考え方は、19世紀初頭の博物学者の考え方と考え方を変えるのに役立ちました。

19世紀初頭までに、生物地理学は、アレクサンダーフォンフンボルトチャールズライエルチャールズダーウィンの努力によって発火しました[30]博物学への19世紀の魅力は、他のそのような収集家によって絶滅する前にそうすることを目的として、珍しい標本を最初に収集する熱意を生み出しました。[27] [28] 18世紀と19世紀の多くの博物学者の仕事は、自然愛好家や自然保護団体に刺激を与えることでしたが、現代の基準によると、彼らの著作は、コレクションのために何百もの標本を殺すため、自然保護に対して鈍感でした。[28]

保全運動

保全生物学の現代的なルーツは、特にイギリススコットランドで、18世紀後半の啓蒙時代に見られます。[27] [31]多くの思想家、特にモンボドー卿[ 31]は、「自然を保護する」ことの重要性を説明した。この初期の強調の多くは、キリスト教神学に端を発しています。

科学的保護の原則は、最初にイギリス領インドの森林に実際に適用されました。進化し始めた保全倫理には、人間の活動が環境に損害を与えた、将来の世代のために環境を維持する市民の義務があった、そしてこの義務が確実に実行されるように科学的、経験に基づいた方法を適用する必要があるという3つの基本原則が含まれていましたジェームズ・ラナルド・マーティンこのイデオロギーを推進し、大規模な森林伐採と乾燥によって引き起こされた被害の規模を示す多くの医学地形学的報告を発表し、森林局の設立を通じて英国インドの森林保全活動の制度化を広く働きかけました。[32]

マドラス歳入委員会は、科学的原則に基づいて森林保全プログラムを体系的に採用したプロの植物学者であるアレクサンダーギブソンが率いる、1842年に地域の保全活動を開始しました。これは、世界で最初の森林の国家保全管理の事例でした。[33]ダルハウジー総督は、1855年に世界で最初の恒久的かつ大規模な森林保護プログラムを導入しました。このモデルは、すぐに他の植民地や米国にも広がりました[34] [35] [36]イエローストーン国立公園は、1872年に世界初の国立公園としてオープンしました。[37]

保存という用語は19世紀後半に広く使用されるようになり、主に経済的な理由から、木材、魚、狩猟肉、表土牧草地、鉱物などの天然資源の管理を指していました。さらに、森林林業)、野生生物野生生物保護区)、緑地、荒野、および流域の保全についても言及しました。この時期には、最初の自然保護法が可決され、最初の自然保護協会が設立されました。1869年の海鳥保護法海鳥保護協会[39]と尊敬されている鳥類学者アルフレッドニュートンからの広範なロビー活動の後、世界で最初の自然保護法として英国で可決されました[38][40]ニュートンはまた、1872年からの最初のゲーム法の成立に貢献し、繁殖期に動物を保護して、資源が絶滅に近づくのを防いだ。[41]

最初の保護団体の1つは、1889年にマンチェスターで設立された英国王立鳥類保護協会[42]で、毛皮の衣類にカンムリカイツブリキティウェイクの皮と羽を使用することに反対する運動グループとして設立されましたもともとは「羽毛リーグ」として知られていた[43]このグループは人気を博し、最終的にクロイドンのファーアンドフェザーリーグと合併してRSPBを結成しました。[ 44]ナショナルトラスト1895年にマニフェストとともに結成され、「...国の利益のために、土地の恒久的な保存を促進し、...(これまでのところ実行可能な)自然の側面を保存する」。タイタニック号が沈没してから1か月後の1912年5月、銀行家で専門家のナチュラリストであるチャールズロスチャイルドがロンドンの自然史博物館で会議を開き、イギリス諸島の野生生物にとって最高の場所を救うための新しい組織のアイデアについて話し合いました。この会議は、後に野生生物トラストとなる自然保護区推進協会の設立につながりました

アメリカ合衆国では、1891年の森林保護法により、大統領はパブリックドメインの土地から森林保護区を確保する権限を与えられました。ジョンミューアは1892年にシエラクラブを設立し、1895年にニューヨーク動物学会が設立されました。 1901年から1909年にかけてセオドアルーズベルトによって一連の国有林と保護区が設立されました。 [45] [46] 1916年国立公園法ジョン・ミューアが求めた「減損なしの使用」条項が含まれ、最終的に1959年に恐竜国定公園にダムを建設する提案が削除されました。 [47]

20世紀には、チャールズゴードンヒューイット[48]ジェームズハーキンなどのカナダの公務員が野生生物保護への動きを主導しました[49]

21世紀になると、カナダの野生生物を保護するために、専門の保護官が先住民コミュニティと協力し始めました。[50]

世界的な保全活動

20世紀半ばには、個々の種を保護の対象とする取り組み、特にニューヨーク動物学会が主導する南アメリカでの大型ネコの保護への取り組みが始まりました。[51] 20世紀初頭、ニューヨーク動物学会は、特定の種の保護区を設立し、保護の優先順位として最も適切な場所の適合性を判断するために必要な保護調査を実施するという概念の開発に尽力しました。ヘンリー・フェアフィールド・オズボーン・ジュニア、カール・E・アケリーアーチー・カーと彼の息子のアーチー・カー3世の作品は、この時代に注目に値します。[52] [53] [要出典]たとえば、エイクリーは、ヴィルンガ山地への遠征を主導し、野生のマウンテンゴリラを観察したことで、種と地域が保護の優先事項であると確信するようになりました。彼は、マウンテンゴリラを守るために行動し、現在のコンゴ民主共和国にアルベール国立公園(ヴィルンガ国立公園に改名されたため)を設立するようにベルギーのアルベール1世を説得するのに役立ちました[54]

1970年代までに、主に絶滅危惧種法[55]に基づく米国での活動と、カナダの絶滅危惧種法(SARA)に基づく生物多様性行動計画が、オーストラリアスウェーデン英国、数百種に固有の生物多様性行動計画で策定されました。保護計画が続いた。特に、国連は人類の共同遺産にとって文化的または自然的に非常に重要な場所を保護するために行動しました。このプログラムはユネスコの総会で採択されました2006年の時点で、合計830のサイトがリストされています:644の文化、162の自然。国内法を通じて積極的な生物保全を追求した最初の国は米国であり、絶滅の危機に瀕した種法[56](1966)と国家環境政策法(1970)[57]で連続して法案が可決され、大きな資金が投入されました。大規模な生息地保護と絶滅の危機に瀕した種の研究に対する保護措置。しかし、他の保全の進展は世界中で定着しています。たとえば、インドは1972年の野生生物保護法を可決しました。[58]

1980年の重要な進展は、都市保全運動の出現でした。英国のバーミンガムに地元の組織が設立され英国中の都市、そして海外で急速に発展が続きました。草の根運動として認識されていましたが、その初期の開発は、都市の野生生物に関する学術研究によって推進されました。当初は急進的であると認識されていましたが、自然保護が他の人間の活動と密接に関連しているという運動の見方は、現在、自然保護思想の主流になっています。現在、かなりの研究努力が都市保全生物学に向けられています。保全生物学協会1985年に発足しました。[7] :2 

1992年までに、世界のほとんどの国は、生物多様性条約により生物多様性の保全の原則にコミットするようになりました。[59]その後、多くの国が、国境内の絶滅危惧種を特定して保護し、関連する生息地を保護するための生物多様性行動計画のプログラムを開始しました。1990年代後半には、エコロジー環境管理研究所や環境学会など組織が成熟するにつれ、この分野での専門性が高まりました

2000年以降、景観規模の保全の概念が目立つようになり、単一の種や単一の生息地に焦点を当てた行動にさえ重点が置かれなくなりました。代わりに、生態系アプローチはほとんどの主流の保護活動家によって提唱されていますが、いくつかの有名な種を保護するために働いている人々によって懸念が表明されています。

生態学は生物圏の働きを明らかにしました; つまり、人間、他の種、および物理的環境の間の複雑な相互関係。急増する人口とそれに関連する農業産業、およびそれに続く汚染は、生態学的関係がいかに簡単に崩壊する可能性があるかを示しています。[60]

無知の最後の言葉は、動物や植物について「それは何がいいのか」と言う人です。土地のメカニズムが全体として良ければ、私たちがそれを理解しているかどうかにかかわらず、すべての部分が良好です。生物相が、イオンの過程で、私たちが好きであるが理解できない何かを構築した場合、愚か者以外の誰が一見役に立たない部分を捨てるでしょうか?すべての歯車とホイールを維持することは、インテリジェントないじくり回しの最初の予防策です。

概念と基礎

絶滅率の測定

Extinction intensity.svgCambrianOrdovicianSilurianDevonianCarboniferousPermianTriassicJurassicCretaceousPaleogeneNeogene
顕生代の海洋絶滅強度
数百万年前
Extinction intensity.svgCambrianOrdovicianSilurianDevonianCarboniferousPermianTriassicJurassicCretaceousPaleogeneNeogene
青いグラフは、任意の時間間隔で絶滅した海洋動物の見かけの割合(絶対数ではない)を示しています。それはすべての海洋種を表すのではなく、容易に化石化するものだけを表しています。従来の「ビッグファイブ」絶滅イベントと最近認識されたキャピタニアン大量絶滅イベントのラベルはクリック可能なリンクです。詳細については、絶滅イベントを参照してください。ソースおよび画像情報

絶滅率はさまざまな方法で測定されます。保全生物学者は、化石記録の統計的測定値[1] [61]生息地喪失率および生息地喪失率とサイト占有率の関数としての生物多様性の喪失などの他の多数の変数[62]を測定し、適用して、そのような見積もり。[63]島嶼生物地理学の理論[64]は、プロセスと種の絶滅率の測定方法の両方を科学的に理解する上でおそらく最も重要な貢献です。現在のバックグラウンド絶滅率は、数年ごとに1種と推定されています。[65] 実際の絶滅率は桁違いに高いと推定されています。[66]

進行中の種の喪失の測定は、地球の種のほとんどが記述または評価されていないという事実によって、より複雑になっています。推定値は、実際に存在する種の数(推定範囲:3,600,000〜111,700,000) [67]から、種の二名法を受け取ったの数(推定範囲:150〜800万)によって大きく異なります。[67]単にその存在に注意することを超えて記述されたすべての種の1%未満。[67]これらの数字から、IUCNは、脊椎動物の23% 、無脊椎動物5%、および評価された植物の70%が絶滅危惧種または絶滅危惧種に指定されていると報告しています。[68] [69]種の実際の数については、 植物リストによってより良い知識が構築されています。

体系的な保全計画

体系的な保全計画は、最も優先度の高い生物多様性の価値を獲得または維持し、地域の生態系を支援するコミュニティと協力するために、効率的で効果的な種類の保護区の設計を探して特定する効果的な方法です。MargulesとPresseyは、体系的な計画アプローチにおける6つの相互に関連する段階を特定しています。[70]

  1. 計画地域の生物多様性に関するデータをまとめる
  2. 計画地域の保全目標を特定する
  3. 既存の保護地域を確認する
  4. 追加の保護地域を選択する
  5. 保全活動を実施する
  6. 保全地域の必要な価値を維持する

保全生物学者は、助成金の提案のために、または彼らの行動計画を効果的に調整し、最良の管理慣行を特定するために、定期的に詳細な保全計画を作成します(例[71])。体系的な戦略は、一般に、地理情報システムのサービスを使用して、意思決定プロセスを支援します。SLOSSの議論は、計画の際によく考慮されます。

保全生理学:保全への機械論的アプローチ

保全生理学は、スティーブンJ.クックとその同僚によって、次のように定義されています。ストレス要因;そして広範囲の分類群(すなわち、微生物、植物、動物を含む)にわたる保全問題の解決生理学は、あらゆる規模の機能的および機械的応答を含む可能性のある最も広い用語で考慮され、保全には戦略の開発と改良が含まれます人口を再建し、生態系を回復し、保全政策に情報を提供し、意思決定支援ツールを生成し、天然資源を管理するため。」[10] 保存生理学は、因果関係を生み出し、人口減少に寄与する要因を明らかにする可能性があるという点で、開業医に特に関係があります。

職業としての保全生物学

Society for Conservation Biologyは、生物多様性の保全の科学と実践を推進することに専念する保全専門家のグローバルコミュニティです分野としての保全生物学は、生物学を超えて、哲学法学経済学人文科学芸術人類学教育などの主題にまで及びます。[5] [6]生物学の中で、保全遺伝学進化はそれ自体が広大な分野ですが、これらの分野は保全生物学の実践と職業にとって最も重要です。

保全活動家は、生息地の劣化健全な生態系などの定性的な説明を使用してポリシーをサポートするときにバイアスを導入します。保全生物学者は、天然資源の合理的かつ賢明な管理を提唱し、保全管理計画における科学理由論理、および価値の開示された組み合わせを使用してこれを行います。[5]この種のアドボカシーは、健康的なライフスタイルの選択肢を提唱する医療専門家に似ており、どちらも人間の幸福に有益でありながら、科学的なアプローチを維持しています。

保全生物学には、問題の全範囲を社会全体に伝えることができるより効果的な分野に保全生物学を動員するために、新しい形のリーダーシップが必要であることを示唆する動きがあります。[72]この運動は、順応的管理と並行する順応的リーダーシップアプローチを提案しているアプローチ。この概念は、権力、権威、支配の歴史的概念から離れた新しい哲学またはリーダーシップ理論に基づいています。適応的自然保護のリーダーシップは、刺激的で、目的があり、協調的なコミュニケーション手法を使用して、意味のある変化に向けて他者を動員できる社会のあらゆるメンバーに適用されるため、反省的でより公平です。適応型の保全リーダーシップとメンタリングプログラムは、アルドレオポルドリーダーシッププログラムなどの組織を通じて保全生物学者によって実施されています。[73]

アプローチ

保全は、自然生息地で絶滅危惧種を保護する生息域内保全と、自然生息地の外で発生する生息域外保全のいずれかに分類できます。[74]その場での保護には、生息地の保護または回復が含まれます。一方、生息域外保全には、生存可能な個体群が自然生息地に存在しない可能性がある状況で、居留地や遺伝子銀行など、生物の自然生息地の外での保護が含まれます。[74]

また、非干渉を使用することもできます。これは、保護主義的方法と呼ばれます。保護主義者は、自然と種の領域に人間からの干渉を阻止する保護された存在を与えることを提唱しています。[5]この点で、保全生物学は社会に関与し、社会と生態系の両方に公平な解決策を模索しているため、保全主義者は社会的側面において保護主義者とは異なります。一部の保護主義者は、人間のいない世界における生物多様性の可能性を強調しています。

倫理と価値観

保全生物学者は、生物科学および社会科学で倫理を実践する学際的な研究者です。チャンは[75]、保全主義者は生物多様性を擁護しなければならず、他の競合する価値観に対する同時擁護を促進しないことにより、科学的に倫理的な方法でそうすることができると述べています。

自然保護論者は、資源保護の倫理[7] :15 に触発されている可能性があります。この倫理は、「最も多くの人々に最も長い間、最大の利益をもたらす」手段を特定しようとしています。[5] :13 対照的に、一部の保全生物学者は、自然には人間中心主義の有用性や功利主義とは独立した本質的な価値があると主張しています。[7] :3、12、16–17 アルド・レオポルドは、その哲学、倫理、著作が現代の保全生物学者によって今なお評価され、再考されている、そのような保全倫理に関する古典的な思想家および作家でした。[7] :16–17 

保全の優先順位

図面やアートワークからの子供たちの認識の要約(左)、実際のバイオマスの科学的推定(中央)、および生物多様性の測定(右)による熱帯雨林の相対的なバイオマス表現を示す円グラフ画像。社会性昆虫のバイオマス(中央)が種の数(右)をはるかに上回っていることに注意してください。

国際自然保護連合IUCN)は、絶滅の危機に立ち向かうために、変化する自然状態を監視するために、地球全体に科学者と研究基地の世界的な品揃えを組織しました。IUCNは、レッドリストを通じて種の保全状況に関する最新情報を毎年提供しています。[76] IUCNレッドリスト、保全の注意を最も必要としている種を特定し、生物多様性の状況に関する世界的な指標を提供することにより、国際的な保全ツールとして機能します。[77]しかしながら、種の喪失の劇的な割合以上に、保存科学者は、6番目の大量絶滅は生物多様性の危機であり、希少性に優先的に焦点を当てるよりもはるかに多くの行動を必要とすることを指摘している固有種または絶滅危惧種生物多様性の喪失に関する懸念は、移動などの生態学的プロセス、および遺伝、個体群、生態系の多様性など、種を超えたレベルでの生物多様性の全体的な調査を検討する、より広範な保全義務をカバーしています。[78]生物多様性の喪失の広範囲で体系的かつ急速な割合は、遺伝的および生態系の多様性の複雑で進化する全体的なネットワークによって再生される生態系サービスの供給を制限することにより、人類の持続的な幸福を脅かします。種の保全状況は保全管理に広く採用されていますが、[77]一部の科学者は、人類による搾取と生息地の変化の主な原因は一般的な種であると強調しています。さらに、一般的な種は、生態系サービスの主要な供給源としての役割にもかかわらず、しばしば過小評価されています。[79] [80]

保存科学のコミュニティのほとんどは、生物多様性を維持することの「重要性を強調」していますが[81]生物多様性のすべての構成要素である遺伝子、種、または生態系に優先順位を付ける方法についての議論があります(例:Bowen、1999)。これまでの主なアプローチは、生物多様性のホットスポットを保護することで絶滅危惧種に焦点を当てることでしたが、一部の科学者(eg)[82]や自然保護団体などの保護団体は、費用対効果が高く、論理的で、社会的であると主張しています。生物多様性コールドスポットへの投資に関連します。[83]彼らは、すべての種の分布を発見し、命名し、計画を立てるコストは、賢明ではない保全ベンチャーであると主張しています。彼らは、種の生態学的役割の重要性を理解する方が良いと考えています。[78]

生物多様性のホットスポットとコールドスポットは、遺伝子、種、生態系の空間的集中が地球の表面に均一に分布していないことを認識する方法です。たとえば、「維管束植物の全種の44%と4つの脊椎動物グループの全種の35%は、地球の陸面のわずか1.4%を構成する25のホットスポットに限定されています。」[84]

コールドスポットの優先順位を設定することに賛成する人々は、生物多様性を超えて考慮すべき他の手段があることを指摘しています。彼らは、ホットスポットを強調することは、生物多様性ではなくバイオマスが支配する地球の生態系の広大な地域への社会的および生態学的なつながりの重要性を軽視していると指摘しています。[85]世界の脊椎動物の38.9%を含む地球の表面の36%は、生物多様性のホットスポットとして適格となる固有種を欠いていると推定されています。[86]さらに、測定値は、生物多様性の保護を最大化することは、ランダムに選択された地域を対象とするよりも生態系サービスをうまく捉えることができないことを示しています。[87]個体群レベルの生物多様性(主にコールドスポット)は、種レベルの10倍の速度で消滅しています。[82] [88]保全生物学の懸念としてバイオマス対固有性に取り組むことの重要性のレベルは、必ずしも固有性の領域に存在しない世界の生態系炭素貯蔵に対する脅威のレベルを測定する文献で強調されています。[89] [90]ホットスポット優先アプローチ[91]は、草原セレンゲティ北極圏、またはタイガなどの場所にそれほど多額の投資をしませんこれらの地域は、(種ではなく)人口レベルの生物多様性を非常に豊富に提供しています[ 88]。文化的価値と惑星の養分循環を含む生態系サービス[83]

ExtinctionExtinctionExtinct in the WildCritically EndangeredEndangered speciesVulnerable speciesNear ThreatenedThreatened speciesLeast ConcernLeast ConcernIUCN conservation statuses

2006IUCNレッドリストカテゴリ の概要

ホットスポットアプローチを支持する人々は、種は地球規模の生態系のかけがえのない構成要素であり、最も脅威にさらされている場所に集中しているため、最大限の戦略的保護を受ける必要があると指摘しています。[92]ウィキペディアの種の記事に表示されるIUCNレッドリストのカテゴリは、実行中のホットスポット保護アプローチの例です。希少でも風土病でもない種は最も懸念が少ないと記載されており、それらのウィキペディアの記事は重要度のスケールで低くランク付けされる傾向があります。[疑わしい ]これはホットスポットアプローチです。これは、人口レベルやバイオマスよりも種レベルの懸念をターゲットにすることが優先されるためです。[88] [検証に失敗しました]種の豊富さと遺伝的生物多様性は、生態系の安定性、生態系のプロセス、進化の適応性、バイオマスに貢献し、それを生み出します。[93]しかしながら、双方は、絶滅率を減らし、自然の固有の価値を特定するために生物多様性を保護することが必要であることに同意します。議論は、限られた保全資源を最も費用効果の高い方法で優先する方法にかかっています。

経済的価値と自然資本

保全生物学者は、世界の主要な経済学者と協力して、自然のサービスを測定する方法を決定し、これらの価値を世界の市場取引で明らかにするようになりました[94]この会計システムは自然資本と呼ばれ、たとえば、生態系が開発に道を譲る前に、生態系の価値を登録します。[95] WWFLivingPlanetReportを公開していますまた、1,686種の脊椎動物(哺乳類、鳥類、魚類、爬虫類、両生類)の約5,000の個体群を監視し、株式市場を追跡するのとほぼ同じ方法で傾向を報告することにより、生物多様性の世界的な指標を提供します。[96]

自然の世界的な経済的利益を測定するこの方法は、 G8 +5の指導者と欧州委員会によって承認されています。[94]自然は、人類に利益をもたらす多くの生態系サービス[97]を支えています。[98]地球の生態系サービスの多くは、市場のない公共財であり、したがって価格価値はありません。[94]株式市場が金融危機を記録すると、ウォール街のトレーダー生態系に蓄えられた地球の生きている自然資本の多くのために株を取引するビジネスではありません。海馬、両生類、昆虫、および社会に価値のある生態系サービスの持続可能な供給を提供する他の生き物への投資ポートフォリオを備えた自然の株式市場はありません。[98]社会のエコロジカル・フットプリントは、地球の生態系の生物再生能力の限界を約30%超えました。これは、1970年から2005年に減少を記録した脊椎動物の個体数と同じ割合です。[96]

生態学的信用収縮は世界的な課題です。Living Planet Report 2008によると、世界の人々の4分の3以上が生態系の債務者である国に住んでおり、その国の消費量は自国の生物生産力を上回っています。このように、私たちのほとんどは、世界の他の地域の生態学的資本を利用する(そしてますます過剰に利用する)ことによって、現在のライフスタイルと経済成長を支えています。

WWFリビングプラネットレポート[96]

固有の自然経済は、人類を維持する上で重要な役割を果たします。[99]地球の大気化学の規制、作物の汚染、害虫駆除[100] 土壌栄養素の循環、給水の浄化[101]医薬品と健康上の利益の供給、[102]そして定量化できない生活の質の改善。市場と自然資本の間には関係、相関関係、そして社会的所得の不平等がありますと生物多様性の喪失。これは、富の不平等が最も大きい場所では生物多様性の喪失率が高いことを意味します[103]。

自然資本の直接的な市場比較は、人間の価値の観点からは不十分である可能性がありますが、生態系サービスの1つの測定値は、貢献が年間数兆ドルに達することを示唆しています。[104] [105] [106] [107]たとえば、北米の森林の1つのセグメントには、年間2,500億ドルの価値が割り当てられています。[108]別の例として、ミツバチの受粉は、年間100億ドルから180億ドルの価値をもたらすと推定されています。[109]ニュージーランドのある島の生態系サービスの価値は、 GDPと同じくらい大きいとされていますその地域の。[110]人間社会の要求が地球の生物再生能力を超えているので、この惑星の富は信じられないほどの速度で失われています。生物多様性と生態系は回復力がありますが、それらを失う危険性は、人間が技術革新を通じて多くの生態系機能を再現できないことです。

戦略的種の概念

キーストーン種

キーストーン種と呼ばれるいくつかの種は、その生態系に固有の中心的なサポートハブを形成します。[111]そのような種の喪失は、生態系機能の崩壊、および共存する種の喪失をもたらします。[5]キーストーン種は、生態系内の獲物の個体数を制御する能力があるため、通常は捕食者です。[111]キーストーン種の重要性は、ラッコウニ昆布との相互作用によるステラーカイギュウHydrodamalis gigas )絶滅によって示されました昆布床食物連鎖を支える生き物を保護するために、浅瀬で成長して苗床を形成します。ウニは昆布を食べ、ラッコはウニを食べます。乱獲によるラッコの急速な減少に伴い、ウニの個体数は昆布床で無制限に放牧され、生態系は崩壊しました。未チェックのままにしておくと、ウニはステラーカイギュウの食餌を支えていた浅瀬の昆布群集を破壊し、彼らの死を早めました。[112]ラッコは、ケルプベッドでの多くの生態学的な仲間の共存が彼らの生存のためにカワウソに依存していたので、キーストーン種であると考えられました。しかし、これは後にターベイとリズリーによって質問された[113]。狩猟だけでステラーカイギュウが絶滅したことを示したのです。

指標種

指標種は生態系の要件が狭いため、生態系の健全性を観察するための有用なターゲットになります。半透性の皮膚と湿地へのつながりを持つ両生類などの一部の動物は、環境への害に鋭敏に反応するため、鉱夫のカナリアとして機能する可能性があります。指標種は、汚染または近隣の人間活動へのその他のリンクによる環境劣化を捉えるために監視されます。[5]指標種のモニタリングは、さまざまな森林造林などを通じて、実践を助言または修正するのに役立つ可能性のある重大な環境影響があるかどうかを判断するための手段です処理と管理のシナリオ、または農薬が生態系の健康に与える可能性 のある害の程度を測定するため。

政府の規制当局、コンサルタント、またはNGOは定期的に指標種を監視していますが、アプローチを効果的にするために従わなければならない多くの実際的な考慮事項と相まって制限があります。[114]生態系のダイナミクスからの複雑で、しばしば予測不可能な反応への害を防ぐ効果的な保全測定のために、複数の指標(遺伝子、個体群、種、コミュニティ、および景観)を監視することが一般的に推奨されます(Noss、1997 [115] :88–89 )。

傘と代表種

アンブレラ種の例は、その長い移動美的価値のためにモナークバタフライです。君主は北アメリカを越えて移動し、複数の生態系をカバーするため、広いエリアが存在する必要があります。オオカバマダラに与えられた保護は、同時に他の多くの種や生息地を包括します。アンブレラ種はジャイアントパンダシロナガスクジラタイガーマウンテンゴリラ、オオカバマダラなど、世間の注目を集め、保護対策への支持を集める代表種としてよく使われます。[5]逆説的ですが、しかし、主力種に対する保全バイアスは、他の主な関心種を脅かすことがあります。[116]

コンテキストとトレンド

保全生物学者は、種の絶滅に関連する状況を理解しながら、古生物学の過去から生態学的な現在までの傾向とプロセスを研究します。[1]地球の歴史に登録されている、5つの主要な世界的な大量絶滅があったことは一般的に認められています。これらには、オルドビス紀(440 mya)、デボン紀(370 mya)、ペルミアン-三畳紀(245 mya)、三畳紀-ジュラ紀(200 mya)、白亜紀-古第三紀の絶滅イベントが含まれます。(66 mya)絶滅のけいれん。過去1万年以内に、地球の生態系に対する人間の影響は非常に広範囲に及んだため、科学者は失われた種の数を推定することが困難になっています。[117]つまり、森林伐採サンゴ礁の破壊湿地の排水、その他の人間の行為の割合は、人間による種の評価よりもはるかに速く進んでいます。世界自然保護基金による最新のLivingPlanet Reportは、私たちが地球の生物再生能力を超えており、私たちの天然資源に課せられた需要をサポートするために1.6個の地球を必要としていると推定しています。[118]

完新世の絶滅

(b)重要性の科学的推定と比較した、(a)子供の認識の要約を通じて、熱帯雨林における動物の相対的な重要性を示すアートスケープ画像。動物の大きさはその重要性を表しています。子供の心のイメージは、社会性昆虫(アリなど)の実際の優勢に対して、大きな猫、鳥、蝶、そして爬虫類を重要視しています。

保全生物学者は、人類が6番目で最速の惑星絶滅イベントを引き起こしている可能性があることを示す、惑星の隅々からの証拠を扱って公開しています。[119] [120] [121]完新世の絶滅イベントとして知られているもので、前例のない数の種が絶滅しつつあることが示唆されています。[122]世界的な絶滅率は、自然のバックグラウンド絶滅率よりも約1,000倍高い可能性があります。[123]すべての哺乳類の3分の2およびすべての哺乳類の2分の1が推定されている 少なくとも44キログラム(97ポンド)の重さは、過去5万年間で絶滅しました。[113] [124] [125] [126]世界的な両生類の評価[127]は、両生類が他のどの脊椎動物グループよりも急速に世界規模で減少しており、生き残ったすべての種の32%以上が絶滅の危機に瀕していると報告しています。生き残った人口は、絶滅の危機に瀕している人々の43%で絶えず減少しています。1980年代半ば以降、実際の絶滅率は、化石記録から測定された率の211倍を超えています。[128]しかしながら、「現在の両生類の絶滅率は、両生類のバックグラウンド絶滅率の25,039から45,474倍の範囲である可能性がある。」[128]世界的な絶滅の傾向は、監視されているすべての主要な脊椎動物グループで発生しています。たとえば、すべての哺乳類の23%とすべてのの12%は国際自然保護連合(IUCN)によってレッドリストに登録されています。つまり、彼らも絶滅の危機に瀕しています。絶滅は自然なことですが、種の減少は信じられないほどの速さで起こっているため、進化は単純に一致しません。したがって、地球上で最大の継続的な大量絶滅につながります。[129]人間は地球を支配しており、私たちの資源の大量消費は、発生した汚染とともに、他の種が住む環境に影響を与えています。[129][130]ハワイアンクロウやテキサスのアメリカシロヅルなど、人間が保護するために取り組んでいる種は多種多様です。[131]人々はまた、気候緩和気候回復の概念の下で、気候を改善する世界的および国家的政策を提唱し、投票することにより、種の保全に取り組むことができます気候変動がpHレベルを変化させ続け、結果として溶解する貝殻を持つ生物が住めないようにするため、地球の海洋は特に注意を払う必要があります。[123]

海とサンゴ礁の状況

世界のサンゴ礁の世界的な評価は、劇的で急速な減少率を報告し続けています。2000年までに、世界のサンゴ礁生態系の27%が事実上崩壊しました。最大の衰退期は、1998年の劇的な「白化」イベントで発生しました。このイベントでは、世界のすべてのサンゴ礁の約16%が1年以内に姿を消しました。サンゴの白化は、海水温や酸性度の上昇などの環境ストレスの混合によって引き起こされ、共生の放出とサンゴの死の両方を引き起こします。[132] サンゴ礁の生物多様性の衰退と絶滅のリスクは、過去10年間で劇的に上昇しています。次の世紀に絶滅すると予測されているサンゴ礁の喪失は、世界の生物多様性のバランスを脅かし、大きな経済的影響を及ぼし、何億人もの人々の食料安全保障を危険にさらします。[133]保全生物学は、世界の海洋を対象とする国際協定[132] (および生物多様性に関連するその他の問題[134] ) において重要な役割を果たしています。

これらの予測は間違いなく極端に見えるでしょうが、人間の行動に根本的な変化がなければ、そのような変化がどのように実現しないかを想像するのは困難です。

JBジャクソン[16] :11463 

CO 2レベルの上昇により、海洋は酸性化の脅威にさらされています。これは、海洋天然資源に大きく依存している社会にとって最も深刻な脅威です懸念されるのは、すべての海洋種の大部分が、海洋化学の変化に応じて進化または順応することができないということです。[135]

伝えられるところによると、「海洋の大型(平均約50 kg以上)の外洋マグロ、カジキ、サメの90%がなくなった」場合、大量絶滅を回避する可能性は低いと思われます[16]現在の傾向の科学的レビューを考えると、海洋には生き残った多細胞生物がほとんどなく、海洋生態系を支配するために微生物だけが残っていると予測されています[16]

脊椎動物以外のグループ

脊椎動物と同程度の社会的注目を集めていない、または資金を集めていない分類学的グループについても深刻な懸念が提起されています。これらには、真菌地衣類形成種を含む)、[136]無脊椎動物(特に昆虫[14] [137] [138])、および生物多様性の大部分が代表される植物 群落が含まれます。特に菌類の保全と昆虫の保全は、保全生物学にとって極めて重要です。菌根菌のシンビオントとして、また分解者やリサイクル業者として、菌類は森林の持続可能性に不可欠です。[136]昆虫の価値生物圏は、種の豊富さの尺度で他のすべての生物圏を上回っているため、巨大です陸上のバイオマスの大部分は植物に見られ、昆虫の関係によって支えられています。昆虫のこの大きな生態学的価値は、これらの美的に「不快な」生き物に対してしばしば否定的に反応する社会によって対抗されます。[139] [140]

昆虫界で注目を集めているのは、ミツバチApis mellifera)が行方不明になったという謎の事件です。ミツバチは、多種多様な農作物を支える受粉行為を通じて、不可欠な生態系サービスを提供します。蜂蜜とワックスの使用は、世界中で広く使用されるようになりました。[141]空のじんましんや蜂群崩壊症候群(CCD)を残すミツバチの突然の消失は珍しいことではありません。しかし、2006年から2007年までの16か月間で、577人の養蜂家の29%が全米で、コロニーの最大76%でCCDの損失が報告されました。ミツバチの数のこの突然の人口動​​態の減少は、農業部門に負担をかけています。大規模な衰退の背後にある原因は、不可解な科学者です。害虫殺虫剤地球温暖化はすべて考えられる原因として考えられています。[142] [143]

保全生物学を昆虫、森林、気候変動に結び付けるもう1つのハイライトは、1999年以来470,000 km 2(180,000平方キロメートル)の森林地帯に蔓延しているカナダブリティッシュコロンビア州のアメリカマツノキクイムシDendroctonus ponderosae)の流行ですこの問題に対処するために、ブリティッシュコロンビア州政府によって行動計画が作成されました。[144] [145]

この影響[マツカブトムシの流行]は、発生中と発生直後の両方で、森林を小さな正味の炭素吸収源から大きな正味の炭素源に変えました。最悪の年には、ブリティッシュコロンビアでのカブトムシの発生による影響は、1959年から1999年の間にカナダ全土からの年間平均直接森林火災排出量の75%に相当しました。

—  Kurz etal[90]

寄生虫の保全生物学

寄生虫種の大部分は絶滅の危機に瀕しています。それらのいくつかは、人間や家畜の害虫として根絶されています。ただし、それらのほとんどは無害です。脅威には、宿主個体群の減少または断片化、あるいは宿主種の絶滅が含まれます。

生物多様性への脅威

今日、生物多様性に対する多くの脅威が存在します。現在のHIPPOの最大の脅威を表すために使用できる頭字語は、生息地の喪失、侵入種、汚染、人口増加、乱獲の略です。[146]生物多様性に対する主な脅威は、生息地の破壊森林破壊農業の拡大都市開発など)、および乱獲野生生物の取引など)です。[117] [147] [148] [149] [150] [151] 保護地域の世界的なネットワークは地球の表面の11.5%しかカバーしていないため、生息地の分断化も課題を提起します。[152]断片化と関連する保護地域 の欠如の重大な結果は、地球規模での動物の移動の減少です。数十億トンのバイオマスが地球全体の養分循環の原因であることを考えると、移動の減少は保全生物学にとって深刻な問題です。[153] [154]

人間の活動は、現在の絶滅のけいれんのほぼすべての側面に直接的または間接的に関連しています。

ウェイクとフレデンバーグ[119]

しかし、人間の活動は必ずしも生物圏に取り返しのつかない害を及ぼす必要はありません。遺伝子から生態系に至るまで、あらゆるレベルでの生物多様性の保全管理と計画により、人間が自然と持続可能な方法で相互に共存する例があります。[155]生物多様性に対する現在の脅威があっても、現在の状態を改善し、新たに始める方法があります。

病気や気候変動を含む生物多様性への脅威の多くは、保護地域の境界の内側に達し、「それほど保護されていない」ままになっています(例:イエローストーン国立公園)。[156] たとえば、気候変動は、種の絶滅と大気中への二酸化炭素の放出との間にフィードバックループがあるため、この点で深刻な脅威としてしばしば引用されます。[89] [90]生態系は、地球の状態を調節する大量の炭素を貯蔵し、循環させます。[157]現在、気温の変化に伴う大きな気候変動があり、一部の種の生存が困難になっています。[146]地球温暖化規模の生物多様性の大量絶滅に向けて壊滅的な脅威を追加します。[158]自然保護論者は、すべての種を救うことができるわけではなく、保護するためにどの努力を使用すべきかを決定しなければならないと主張しています。この概念は、保全トリアージとして知られています。[146]絶滅の脅威は、2050年までに全種の15から37パーセント、 [158]、または今後50年間で全種の50パーセントに及ぶと推定されています。[14]現在の絶滅率は、過去数十億年に比べて、今日では10万から10万倍の速さです。[146]

も参照してください

参考文献

  1. ^ a b c Sahney、S。; ベントン、M。J(2008)。「史上最も深刻な大量絶滅からの回復」王立協会紀要B:生物科学275(1636):759–65。土井10.1098 /rspb.2007.1370PMC2596898 _ PMID18198148 _
  2. ^ abSoulé Michael E。; ウィルコックス、ブルースA.(1980)。保全生物学:進化生態学的展望マサチューセッツ州サンダーランド:Sinauer Associates ISBN 978-0-87893-800-1
  3. ^ Soulé、Michael E.(1986)。「保全生物学とは何ですか?」(PDF)バイオサイエンスアメリカ生体科学研究所。35(11):727–34。土井10.2307 / 1310054JSTOR1310054_  
  4. ^ a b Soule、Michael E.(1986)。保全生物学:希少性と多様性の科学シナウアーアソシエイツ。p。584. ISBN 978-0-87893-795-0
  5. ^ a b c d e f g h i j Hunter、Malcolm L.(1996)。保全生物学の基礎オックスフォード:ブラックウェルサイエンス。ISBN 978-0-86542-371-8
  6. ^ a b c d Meffe、Gary K。; マーサJ.グルーム(2006)。保全生物学の原則(第3版)。マサチューセッツ州サンダーランド:Sinauer Associates ISBN 978-0-87893-518-5
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n Van Dyke、Fred(2008)。保全生物学:基礎、概念、応用(第2版)。ニューヨーク:Springer-Verlag土井10.1007 / 978-1-4020-6891-1ISBN 9781402068904OCLC232001738 _
  8. ^ J。ダグラス。1978年。生物学者は、保護のために米国の寄付を促します。ネイチャーVol。275、1978年9月14日。カットウィリアムズ。1978年。自然科学。科学ニュース。1978年9月30日。
  9. ^ 会議自体の組織化は、遺伝学と生態学の間のギャップを埋めることも必要としました。ソレは、小麦の遺伝学者であるオットー・フランケル卿と協力して、当時の新しい分野として保全遺伝学を進歩させた進化遺伝学者でした。ウィルコックスに会議のアイデアを提案したジャレド・ダイアモンドは、保全へのコミュニティ生態学と島嶼生物地理学理論の適用に関心を持っていました。1977年6月にラブジョイが世界自然保護基金でシード資金のコミットメントを確保したときに一緒に会議の計画を開始したウィルコックスとトーマスラブジョイは、遺伝学と生態学の両方を代表する必要があると感じました。ウィルコックスは、新しい用語の 保全生物学の使用を提案しました、フランケルの「保全遺伝学」の概念と造語を補完し、生物科学一般の保全への応用を網羅します。その後、SouléとWilcoxは、1978年9月6〜9日に共同で開催された会議の議題を「保全生物学の研究に関する最初の国際会議」と題して作成しました。プログラムでは、「この会議の目的は、保全生物学と呼ばれる厳格な新しい分野の開発を加速および促進することです。これは、主に個体群生態学、コミュニティ生態学、社会生物学、集団遺伝学から洞察と方法論を引き出す学際的な分野です。と生殖生物学。」動物の繁殖に関連する会議でのこのトピックの包含は、動物園と飼育下の繁殖コミュニティの参加と支援を反映していました。
  10. ^ a b Cooke、SJ; サック、L。; フランクリン、CE; ファレル、AP; Beardall、J。; Wikelski、M。; Chown、SL(2013)。「保存生理学とは何ですか?ますます統合され、不可欠な科学の展望」保全生理学1(1):cot001。土井10.1093 / conphys / cot001PMC4732437_ PMID27293585_  
  11. ^ ウィルソン、エドワードオズボーン(2002)。人生の未来ボストン:リトル、ブラウン。ISBN 978-0-316-64853-0[必要なページ]
  12. ^ Kala、Chandra Prakash(2005)。「インドのヒマラヤの保護地域における先住民の使用、人口密度、および脅威にさらされた薬用植物の保全」。保全生物学19(2):368–78。土井10.1111 /j.1523-1739.2005.00602.xJSTOR3591249_ 
  13. ^ a b Sahney、S。; ベントン、MJ; ペンシルベニア州フェリー(2010年)。「世界的な分類学的多様性、生態学的多様性、および陸上での脊椎動物の拡大の間の関連」生物学の手紙6(4):544–7。土井10.1098 /rsbl.2009.1024PMC2936204_ PMID20106856_  
  14. ^ a b c コ、リアンピン; ダン、ロバートR。; Sodhi、Navjot S。; コルウェル、ロバートK。; プロクター、ヘザーC。; スミス、ヴィンセントS.(2004)。「種の共絶と生物多様性の危機」。科学305(5690):1632–4。Bibcode2004Sci ... 305.1632K土井10.1126 /science.11​​01101PMID15361627_ S2CID30713492_  
  15. ^ ミレニアム生態系評価(2005)。生態系と人間の福利:生物多様性の統合。ワシントンDCの世界資源研究所。[1]
  16. ^ a b c d ジャクソン、JBC(2008)。「勇敢な新しい海における生態学的絶滅と進化」国立科学アカデミーの議事録105(Suppl 1):11458–65。Bibcode2008PNAS..10511458J土井10.1073 /pnas.0802812105PMC2556419_ PMID18695220_  
  17. ^ セオドア・ルーズベルト、テネシー州メンフィスの深層水路大会への演説、1907年10月4日
  18. ^ 「生物多様性の保護と保全」ffem.fr。 _ 2016年10月18日にオリジナルからアーカイブされまし2016年10月11日取得
  19. ^ ハーディンG(1968年12月)。「コモンズの悲劇」科学162(3859):1243–8。Bibcode1968Sci ... 162.1243H土井10.1126 /science.162.3859.1243PMID5699198_ 
  20. ^ また、進化の結果であると考えられており、グループ選択よりも個人選択が優先されます。最近の議論については、 Kay CE(1997)を参照してください。「コモンズの究極の悲劇」。節約する。Biol11(6):1447–8。土井10.1046 /j.1523-1739.1997.97069.x
    および ウィルソンDS、ウィルソンEO(2007年12月)。「社会生物学の理論的基礎を再考する」(PDF)Q RevBiol82(4):327–48。土井10.1086 / 522809PMID18217526_ S2CID37774648_ 2009年3月26日にオリジナルからアーカイブされました。   {{cite journal}}: CS1 maint: bot: original URL status unknown (link)
  21. ^ メイソン、レイチェル、ジュディス・ラモス。(2004)。ドライベイ地域のベニザケ漁業に関するトリンギットの人々の伝統的な生態学的知識、内務省国立公園局とヤクタットトリンギット族の間の協力協定、最終報告書(FIS)プロジェクト01-091、アラスカ州ヤクタット。「ドライベイエリアのベニザケ漁業に関するトリンギットの人々の伝統的な生態学的知識」(PDF)2009年2月25日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2009年1月7日取得
  22. ^ マーフリー、マーシャルW.(2009-05-22)。「共同天然資源管理の戦略的柱:利益、エンパワーメントおよび保全」。生物多様性と保全18(10):2551〜2562。土井10.1007 / s10531-009-9644-0ISSN0960-3115_ S2CID23587547_  
  23. ^ Wilson、David Alec(2002)。ダーウィンの大聖堂:進化論、宗教、そして社会の性質シカゴ:シカゴプレス大学。ISBN 978-0-226-90134-3
  24. ^ プリマック、リチャードB.(2004)。保全生物学の入門書、第3版シナウアーアソシエイツ。pp。320pp。  _ ISBN 978-0-87893-728-8
  25. ^ ハミルトン、E。、およびH.ケアンズ(編)。1961年。プラトン:収集された対話。プリンストン大学出版局、ニュージャージー州プリンストン
  26. ^ 聖書、レビ記、25:4-5
  27. ^ a b c Evans、David(1997)。英国の自然保護の歴史ニューヨーク:ラウトレッジ。ISBN 978-0-415-14491-9
  28. ^ a b c ファーバー、ポール・ローレンス(2000)。自然の中で秩序を見つける:リンネからEOウィルソンまでの博物学者の伝統ボルチモア:ジョンズホプキンス大学出版局。ISBN 978-0-8018-6390-5
  29. ^ a b c Mader、Sylvia(2016)。生物学ニューヨーク、ニューヨーク:マグロウヒルエデュケーション。p。262. ISBN 978-0-07-802426-9
  30. ^ 「保全生物学および生物地理学の紹介」web2.uwindsor.ca
  31. ^ a b Cloyd、EL(1972)。ジェームズバーネット、モンボドー卿ニューヨーク:オックスフォード大学出版局。p。196. ISBN 978-0-19-812437-5
  32. ^ Stebbing、EP(1922)インドの森vol。1、72〜81ページ
  33. ^ バートン、グレッグ(2002)。帝国林業と環境保護の起源ケンブリッジ大学出版局。p。48. ISBN 978-1-139-43460-7
  34. ^ MUTHIAH、S。(2007年11月5日)。「林業の生活」ヒンドゥーチェンナイ、インド。2007年11月8日にオリジナルからアーカイブされました2009年3月9日取得
  35. ^ クレグホーン、ヒュー・フランシス・クラーク(1861)。南インドの森と庭園(ミシガン大学からのオリジナル、2006年2月10日版のデジタル化)。ロンドン:WHアレン。OCLC301345427_ 
  36. ^ ベネット、ブレットM.(2005)。「ベンガルとイギリス領インドの初期の保全の歴史:1875-1922」バングラデシュアジア協会誌バングラデシュアジア協会。50(1–2):485–500。ISSN1016-6947_ 2012年3月4日にオリジナルからアーカイブされました。 
  37. ^ ヘインズ、オーブリー(1996)。イエローストーンストーリー:私たちの最初の国立公園の歴史:第1巻改訂版イエローストーン自然科学協会、教育の歴史。
  38. ^ G. Baeyens; MLマルチネス(2007)。沿岸砂丘:生態学と保全スプリンガー。p。282。
  39. ^ Makel、Jo(2011年2月2日)。「ベンプトンクリフで海鳥を守る」BBCニュース
  40. ^ ニュートンA. 1899年。プルーム貿易:借りたプルーム。タイムズ1876年1月28日; とプルーム貿易。タイムズ1899年2月25日。1899年4月に鳥類保護協会によって一緒に転載。
  41. ^ ニュートンA. 1868年。ゲーム法の動物学的側面。英国協会への演説、セクションD、1868年8月。鳥類保護協会によって[nd]転載。
  42. ^ 「マイルストーン」RSPB 2007年2月19日取得
  43. ^ Penna、Anthony N.(1999)。自然の恵み:歴史的および現代的な環境の視点アーモンク、NYUSA:MEシャープp。 99ISBN 978-0-7656-0187-2
  44. ^ 「RSPBの歴史」RSPB 2007年2月19日取得
  45. ^ 「セオドア・ルーズベルトと保護-セオドア・ルーズベルト国立公園(米国国立公園局)」www.nps.gov 2016年10月4日取得
  46. ^ 「環境タイムライン1890–1920」runet.edu2005-02-23にオリジナルからアーカイブされました。
  47. ^ デイビス、ピーター(1996)。博物館と自然環境:生物学的保護における自然史博物館の役割ロンドン:レスター大学プレス。ISBN 978-0-7185-1548-5
  48. ^ 「年代記-伝記のスケッチ:チャールズゴードンヒューイット」people.wku.edu 2017年5月7日取得
  49. ^ カナダの野生生物保護と保護の歴史のレビューと紹介については、 Foster、Janet(1997)を参照してください。野生生物のために働く:カナダでの保存の始まり(第2版)。トロント:トロント大学プレス。ISBN 978-0-8020-7969-5
  50. ^ Cecco、Leyland(2020年4月19日)。「先住民の意見は、邪悪なハイイログマを要約殺害から救うのに役立ちます」ガーディアン2020年4月23日取得
  51. ^ AR Rabinowitz、ジャガー:世界初のジャガー保護区を設立するための一人の戦い、アーバーハウス、ニューヨーク、ニューヨーク(1986)
  52. ^ カー、マージョリーハリス; カー、アーチーフェアリー(1994)。フロリダの自然主義者:エデンのお祝いコネチカット州ニューヘブン:エール大学出版局。ISBN 978-0-300-05589-4
  53. ^ 「クロノ-伝記のスケッチ:(ヘンリー)フェアフィールドオズボーンジュニア」www.wku.edu
  54. ^ Akeley、C.、1923年。最も明るいアフリカニューヨーク、ダブルデイ。188-249。
  55. ^ 1973年の米国絶滅危惧種法(7USC§136、16USC§1531以降)、ワシントンDC、米国政府印刷局
  56. ^ 「16米国法§1531-議会の調査結果および目的と方針の宣言」LII /リーガルインフォメーションインスティテュート
  57. ^ 「合衆国政府出版局-FDsys-出版物を閲覧する」frwebgate.access.gpo.gov
  58. ^ クラウスマン、ポールR。; ジョンシン、AJT(1990)。「インドの保護と野生生物教育」。野生生物協会会報18(3):342–7。JSTOR3782224_ 
  59. ^ 生物多様性条約公式ページ 2007-02-27にウェイバックマシンでアーカイブ
  60. ^ ゴア、アルバート(1992)。バランスの取れた地球:エコロジーと人間の精神ボストン:ホートンミフリン。ISBN 978-0-395-57821-6
  61. ^ リーガン、ヘレンM。; ルピア、リチャード; Drinnan、Andrew N。; バーグマン、マークA.(2001)。「絶滅の通貨とテンポ」。アメリカンナチュラリスト157(1):1–10。土井10.1086 / 317005PMID18707231_ S2CID205983813_  
  62. ^ MacKenzie、Darryl I。; ニコルズ、ジェームズD。; ハインズ、ジェームズE。; Knutson、Melinda G。; フランクリン、アランB.(2003)。「種が不完全に検出された場合のサイト占有率、コロニー形成、および局所絶滅の推定」。エコロジー84(8):2200–2207。土井10.1890 / 02-3090hdl2027.42 / 149732JSTOR3450043_ 
  63. ^ バルムフォード、アンドリュー; グリーン、リスE。; ジェンキンス、マーティン(2003)。「変化する自然状態の測定」(PDF)エコロジー&エボリューションのトレンド18(7):326–30。土井10.1016 / S0169-5347(03)00067-3
  64. ^ マッカーサー、RH ; ウィルソン、EO(2001)。島嶼生物地理学の理論ニュージャージー州プリンストン:プリンストン大学出版局。ISBN 978-0-691-08836-5
  65. ^ ラウプDM(1991)。「顕生代の海洋種の殺害曲線」。古生物学17(1):37–48。土井10.1017 / S0094837300010332PMID11538288_ 
  66. ^ Ceballos、Gerardo; エーリッヒ、ポールR。; バルノスキー、アンソニーD。; ガルシア、アンドレ; プリングル、ロバートM。; パーマー、トッドM.(2015-06-01)。「加速された現代の人間によって引き起こされた種の損失:6番目の大量絶滅に入る」サイエンスアドバンシス1(5):e1400253。Bibcode2015SciA .... 1E0253C土井10.1126 /sciadv.1400253ISSN2375-2548_ PMC4640606_ PMID26601195_   
  67. ^ a b c Wilson、Edward O.(2000)。「保全生物学の未来について」。保全生物学14(1):1–3。土井10.1046 /j.1523-1739.2000.00000-e1.x
  68. ^ IUCNレッドリスト統計(2006)2006年 6月30日、 WaybackMachineでアーカイブ
  69. ^ IUCNは、これらの統計の目的で、絶滅危惧種と絶滅危惧種または絶滅危惧種を分類していません
  70. ^ Margules CR、Pressey RL(2000年5月)。「体系的な保全計画」(PDF)ネイチャー405(6783):243–53。土井10.1038 / 35012251PMID10821285_ S2CID4427223_ 2009年2月25日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました   
  71. ^ 両生類保護行動計画はその一例です。参照: Chan KM、Shaw MR、Cameron DR、Underwood EC、Daily GC(2006年10月)。「生態系サービスの保全計画」PLOSBiol4(11):e379。土井10.1371 /journal.pbio.0040379PMC1629036_ PMID17076586_   open access
  72. ^ Manolis JC、Chan KM、Finkelstein ME、Stephens S、Nelson CR、Grant JB、Dombeck MP(2009)。「リーダーシップ:保全科学の新しいフロンティア」。節約する。Biol23(4):879–86。土井10.1111 /j.1523-1739.2008.01150.xPMID19183215_ 
  73. ^ 「アルドレオポルドリーダーシッププログラム」スタンフォード大学ウッズ環境研究所。2007年2月17日にオリジナルからアーカイブされました
  74. ^ a b Kala、チャンドラプラカーシュ(2009)。「薬用植物の保全と企業の発展」。薬用植物-植物医学および関連産業の国際ジャーナル1(2):79–95。土井10.5958 /j.0975-4261.1.2.011
  75. ^ チャン、カイMA(2008)。「保全生物学における価値と擁護:危機の規律または危機の規律?」保全生物学22(1):1–3。土井10.1111 /j.1523-1739.2007.00869.xPMID18254846_ 
  76. ^ 「脅威にさらされた種のIUCNレッドリスト」2014年6月27日にオリジナルからアーカイブされまし2013年10月20日取得
  77. ^ abVié JC; ヒルトン-テイラー、C。; スチュアート、SN(2009)。「変化する世界の野生生物–脅威にさらされている種の2008年IUCNレッドリストの分析」(PDF)スイス、グラン:IUCN:180 2010年12月24日取得 {{cite journal}}: Cite journal requires |journal= (help)
  78. ^ a b Molnar、J。; マーヴィエ、M。; カレイバ、P。(2004)。「合計は部分よりも大きい」。保全生物学18(6):1670–1。土井10.1111 /j.1523-1739.2004.00l07.x
  79. ^ Gaston、KJ(2010)。「一般的な種の評価」。科学327(5962):154–155。Bibcode2010Sci ... 327..154G土井10.1126 /science.11​​82818PMID20056880_ S2CID206523787_  
  80. ^ カーンズ、キャロルアン(2010)。「生物多様性の保全」自然教育の知識3(10):7。
  81. ^ 最近絶滅した生物に関する委員会。なぜ絶滅した種を気にするのか?2006年7月30日にアクセスされたURL。
  82. ^ a b 幸運、ゲイリーW。; 毎日、Gretchen C。; エーリッヒ、ポールR.(2003)。「人口の多様性と生態系サービス」。エコロジー&エボリューションのトレンド18(7):331–6。土井10.1016 / S0169-5347(03)00100-9
  83. ^ a b カレイバ、ピーター; マーヴィエ、ミシェル(2003)。「生物多様性コールドスポットの保護」。アメリカンサイエンティスト91(4):344–51。土井10.1511 /2003.4.344
  84. ^ マイヤーズ、ノーマン; ミッターマイヤー、ラッセルA。; Mittermeier、Cristina G。; da Fonseca、Gustavo AB; ケント、ジェニファー(2000)。「保全の優先事項のための生物多様性ホットスポット」。ネイチャー403(6772):853–8。Bibcode2000Natur.403..853M土井10.1038 / 35002501PMID10706275_ S2CID4414279_  
  85. ^ Underwood EC、Shaw MR、Wilson KA、他。(2008)。サマーズM(編)。「お金が重要なときに生物多様性を保護する:投資収益率を最大化する」PLOSONE3(1):e1515。Bibcode2008PLoSO ... 3.1515U土井10.1371 /journal.pone.0001515PMC2212107_ PMID18231601_   open access
  86. ^ Leroux SJ、Schmiegelow FK(2007年2月)。「生物多様性の一致と固有性の重要性」。節約する。Biol21(1):266–8、ディスカッション269–70。土井10.1111 /j.1523-1739.2006.00628.xPMID17298533_ 
  87. ^ Naidoo R、Balmford A、Costanza R、他。(2008年7月)。「生態系サービスと保全の優先順位のグローバルマッピング」Proc。国立 Acad。科学 アメリカ105(28):9495–500。Bibcode2008PNAS..105.9495N土井10.1073 /pnas.0707823105PMC2474481_ PMID18621701_  
  88. ^ a b c Wood CC、Gross MR(2008年2月)。「元素保護ユニット:保護の目標を指示せずに絶滅リスクを伝達する」(PDF)節約する。Biol22(1):36–47。土井10.1111 /j.1523-1739.2007.00856.xPMID18254851_ 2018-10-01にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2009年1月5日取得  
  89. ^ a b c ランニング、SW(2008)。「気候変動:生態系の乱れ、炭素、および気候」。科学321(5889):652–3。土井10.1126 /science.11​​59607PMID18669853_ S2CID206513681_  
  90. ^ a b c Kurz、WA; ダイモンド、CC; スティンソン、G。; ランプリー、GJ; ニールソン、ET; キャロル、AL; 江畑徹; Safranyik、L。(2008)。「気候変動に対するアメリカマツノキクイムシと森林炭素のフィードバック」。ネイチャー452(7190):987–90。Bibcode2008Natur.452..987K土井10.1038 / nature06777PMID18432244_ S2CID205212545_  
  91. ^ WaybackMachineにアーカイブされ2007-11-16年のGlobalConservation Fundは、戦略的キャンペーンで生物多様性のコールドスポットを除外する資金提供組織の例です。
  92. ^ 「生物多様性ホットスポット」2008年12月22日にオリジナルからアーカイブされまし
  93. ^ 以下の論文は、生物多様性、バイオマス、および生態系の安定性の関係を示す研究の例です: Bowen、BW(1999年12月)。「遺伝子、種、または生態系を保護しますか?保護政策の破壊された基盤を癒します」(PDF)分子生態学8(12 Suppl 1):S5–10。土井10.1046 /j.1365-294X.1999.00798.xPMID10703547_ S2CID33096004_
      
    Cardinale BJ、Wright JP、Cadotte MW、他 (2007年11月)。「植物の多様性がバイオマス生産に与える影響は、種の相補性のために時間とともに増加します」Proc。国立 Acad。科学 アメリカ104(46):18123–8。Bibcode2007PNAS..10418123C土井10.1073 /pnas.0709069104PMC2084307 _ PMID17991772 _
  94. ^ a b c 欧州共同体(2008)。生態系と生物多様性の経済学。中間報告(PDF)ヴェッセリング、ドイツ:ウェルゼル+ハード。ISBN  978-92-79-08960-2
  95. ^ R. Costanza、R。d'Arge、R。deGroot、S。Farberk、M。Grasso、B。Hannon、K。Limburg、S。Naeem、RV O'Neill、J。Paruelo、RG Raskin、P。サットンクとM.ファンデンベルト。世界の生態系サービスと自然資本の価値 " Nature 387:253-260 "世界の生態系サービスと自然資本の価値 " (PDF) 。2009年12月26日にオリジナル(PDF)からアーカイブ。2009年に取得- 12-30
  96. ^ a b cWWF 「世界自然保護基金」(PDF)2009年2月25日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2009年1月8日取得
  97. ^ 「アメリカ生態学会(ESA)から」2010年7月26日にオリジナルからアーカイブされました。2008年12月30日取得
  98. ^ ab ミレニアム生態系評価(2005)。生態系と人間の福利:生物多様性の統合ワシントンDCの世界資源研究所。
  99. ^ 「ミレニアム生態系評価」2008年12月19日にオリジナルからアーカイブされまし2008年12月30日取得
  100. ^ ブラック、リチャード(2008-12-22)。「ミツバチは植物の害虫を羽ばたきます」BBCニュース2010年4月1日取得
  101. ^ Hermoso、Virgilio; エイベル、R; リンケ、S; ブーン、P(2016)。「淡水生物多様性保全のための保護地域の役割:急速に変化する世界における課題と機会」。水生保全:海洋および淡水生態系26(S1):3–11。土井10.1002 /aqc.2681
  102. ^ Mitchell R、Popham F(2008年11月)。「健康の不平等に対する自然環境への曝露の影響:観察集団研究」(PDF)ランセット372(9650):1655–60。土井10.1016 / S0140-6736(08)61689-XPMID18994663_ S2CID37232884_   
  103. ^ Mikkelson GM、Gonzalez A、Peterson GD(2007)。チャブJ(編)。「経済的不平等は生物多様性の喪失を予測する」PLOSONE2(5):e444。Bibcode2007PLoSO ... 2..444M土井10.1371 /journal.pone.0000444PMC1864998_ PMID17505535_   open access
  104. ^ 世界資源プログラムのスタッフ。(1998)。ウェイバックマシン2008年11月30日にアーカイブされた生態系サービス の評価。世界資源1998-99。
  105. ^ 生物多様性の非経済的および経済的価値に関する委員会、生物学委員会、生命科学委員会、全米研究評議会(1999)。生物多様性の展望:絶え間なく変化する世界におけるその役割の評価ワシントンDC:ナショナルアカデミープレス。土井10.17226 / 9589ISBN 978-0-309-06581-8PMID25077215 _
  106. ^ 生態系サービスの評価: ウェイバックマシンで2007年5月5日にアーカイブされた背景資料
  107. ^ エコシステムサービス:ウェイバックマシンで2007年4月7日にアーカイブされた兆単位の推定値
  108. ^ カナダ森林会議:炭素回収、水ろ過、推定2500億ドル/年に相当するその他の北方森林エコサービス
  109. ^ APIS、第10巻、第11号、1992年11月、MT Sanford: WaybackMachineでアーカイブされたミツバチの受粉の推定値 2007-02-02
  110. ^ 地域評議会、ワイカト: ウェイバックマシンで2011年7月19日にアーカイブされた隠れた経済
  111. ^ a b Society、ナショナルジオグラフィック(2011-01-21)。「キーストーン種」ナショナルジオグラフィック協会2016年10月11日取得
  112. ^ PKアンダーソン。(1996)。ステラーカイギュウ、 Hydrodamalis gigasの競争、捕食、進化と絶滅海洋哺乳類科学、11(3):391-394
  113. ^ a b Turvey、ST; リズリー、CL(2006)。「ステラーカイギュウの絶滅のモデル化」生物学の手紙2(1):94–7。土井10.1098 /rsbl.2005.0415PMC1617197_ PMID17148336_  
  114. ^ Landres PB、Verner J、Thomas JW(1988)。「脊椎動物指標種の生態学的使用:批評」(PDF)節約する。Biol2(4):316–28。土井10.1111 /j.1523-1739.1988.tb00195.x
  115. ^ キャロル、C。デニス; Meffe、Gary K.(1997)。保全生物学の原則マサチューセッツ州サンダーランド:Sinauer。ISBN 978-0-87893-521-5
  116. ^ Fedriani、JM; ガルシア、L; サンチェス、M; カルデロン、J; ラモ、C(2017)。「保護された植民地の鳥が危険にさらされたコルクガシの個体数に及ぼす長期的な影響:保全の偏見は回復の失敗につながる」。応用生態学ジャーナル54(2):450–458。土井10.1111 /1365-2664.12672hdl10261/135920
  117. ^ a b Ehrlich、Anne H。; エーリッヒ、ポールR.(1981)。絶滅:種の消失の原因と結果ニューヨーク:ランダムハウス。ISBN 978-0-394-51312-6[必要なページ]
  118. ^ WWF(2016)。リビングプラネットレポート2016。新時代のリスクとレジリエンス(PDF)スイス、グラン:WWFインターナショナル。p。39. ISBN  978-2-940529-40-7
  119. ^ a b ウェイク、DB; フレデンバーグ、VT(2008)。「私たちは6回目の大量絶滅の真っ只中にいますか?両生類の世界からの眺め」国立科学アカデミーの議事録105(Suppl 1):11466–73。Bibcode2008PNAS..10511466W土井10.1073 /pnas.0801921105PMC2556420_ PMID18695221_  
  120. ^ http://www.millenniumassessment.org [完全な引用が必要] [永久的なデッドリンク]
  121. ^ 全国調査で生物多様性の危機が明らかに-科学の専門家は、私たちが地球史上最速の大量絶滅の真っ只中にいると信じています。アメリカ自然史博物館のウェブサイトからの「バイオファクト」です。
  122. ^ 5月、ロバートルイス; ロートン、ジョン(1995)。絶滅率オックスフォード[オックスフォードシャー]:オックスフォード大学出版局。ISBN 978-0-19-854829-4
  123. ^ a b Dell'Amore、Christine(2014年5月30日)。「人間のせいで種の絶滅が1,000倍速く起こっているのか?」ナショナルジオグラフィックナショナルジオグラフィック2016年10月11日取得
  124. ^ Avise、JC; ハッベル、SP; アヤラ、FJ(2008)。「進化IIに照らして:生物多様性と絶滅」国立科学アカデミーの議事録105補足1:11453–7。Bibcode2008PNAS..10511453A土井10.1073 /pnas.0802504105PMC2556414_ PMID18695213_  
  125. ^ ベントレー、モリー(2009年1月2日)。「ダイヤモンドは獣の死への手がかり」BBCニュース
  126. ^ ケネット、DJ; ケネット、JP; West、A。; マーサー、C。; ねえ、SSQ; ベメント、L。; 束、TE; 売り手、M。; ウォルバッハ、WS(2009)。「ヤンガードリアス境界堆積物層のナノダイヤモンド」。科学323(5910):94。Bibcode2009Sci ... 323 ... 94K土井10.1126 /science.11​​62819PMID19119227_ S2CID206514910_  
  127. ^ 「2008IUCNレッドリストの両生類の分析。主要な調査結果の要約」グローバル両生類評価IUCN。2009年7月6日にオリジナルからアーカイブされました
  128. ^ a b McCallum、Malcolm L.(2007)。「両生類の衰退または絶滅?現在の衰退ドワーフのバックグラウンド絶滅率」。爬虫両棲類学ジャーナル41(3):483–91。土井10.1670 / 0022-1511(2007)41 [483:ADOECD] 2.0.CO; 2JSTOR4498614_ 
  129. ^ a b ヴィンス、ガイア。「人間によって引き起こされた迫り来る大量絶滅」www.bbc.comBBC 2016年10月11日取得
  130. ^ テート、カール(2015年6月19日)。「新しい死:人間が引き起こした絶滅が惑星にどのように影響するか(インフォグラフィック)」ライブサイエンスライブサイエンス2016年10月11日取得
  131. ^ ウォラル、サイモン(2016年8月20日)。「現在の動物の大量絶滅が人間をどのように脅かしているのか」ナショナルジオグラフィックナショナルジオグラフィック2016年10月11日取得
  132. ^ ab オーストラリア環境委員会(2001)。オーストラリアの環境状況2001:連邦環境大臣への独立報告書(PDF)Collingwood、VIC、オーストラリア:CSIROPublishing。ISBN  978-0-643-06745-5
  133. ^ 大工、KE; Abrar、M。; Aeby、G。; アロンソン、RB; 銀行、S。; ブルックナー、A。; Chiriboga、A。; コルテス、J。; デルビーク、JC; DeVantier、L。; エドガー、GJ; エドワーズ、AJ; Fenner、D。; グズマン、HM; Hoeksema、BW; ホジソン、G。; Johan、O。; リクアナン、ワイオミング州; リビングストーン、SR; Lovell、ER; ムーア、JA; 大浦、DO; Ochavillo、D。; ポリドーロ、BA; Precht、WF; キビラン、MC; Reboton、C。; リチャーズ、ZT; ロジャーズ、AD; Sanciangco、J。; シェパード、A。; シェパード、C。; スミス、J。; スチュアート、S。; Turak、E。; ベロン、JEN; ウォレス、C。; ワイル、E。; ウッド、E。(2008)。「造礁サンゴの3分の1は、気候変動と地域の影響による絶滅リスクの高まりに直面しています」。科学321(5888):560–3。Bibcode2008Sci ... 321..560C土井10.1126 /science.11​​59196PMID18653892 _ S2CID206513451 _
  134. ^ http://laws.justice.gc.ca/en/showdoc/cs/M-7.01///en?page=1 [完全な引用が必要]
  135. ^ 王立学会。2005年。大気中の二酸化炭素の増加による海洋酸性化。ポリシー文書12/05。ISBN0-85403-617-2ダウンロード_ 
  136. ^ a b 「リオの孤児」(PDF)fungal-conservation.org 2011年7月9日取得
  137. ^ トーマス、JA; テルファー、MG; ロイ、DB; プレストン、CD; グリーンウッド、JJ; アッシャー、J; フォックス、R; クラーク、RT; ロートン、JH(2004)。「英国の蝶、鳥、植物の比較損失と世界的な絶滅の危機」。科学303(5665):1879–81。Bibcode2004Sci ... 303.1879T土井10.1126 /science.1095046PMID15031508_ S2CID22863854_  
  138. ^ Dunn、Robert R.(2005)。「現代の昆虫の絶滅、無視された大多数」。保全生物学19(4):1030–6。土井10.1111 /j.1523-1739.2005.00078.x
  139. ^ ウィルソン、エドワードO.(1987)。「世界を動かすささいなこと(無脊椎動物の重要性と保全)」。保全生物学1(4):344–6。土井10.1111 /j.1523-1739.1987.tb00055.xJSTOR2386020_ 
  140. ^ Samways、Michael J.(1993)。「生物多様性保全における昆虫:いくつかの展望と指示」。生物多様性と保全2(3):258–82。土井10.1007 / BF00056672S2CID43987366_ 
  141. ^ 社会、ナショナルジオグラフィック。"ミツバチ。" ナショナル・ジオグラフィック。ナショナルジオグラフィック、ndWeb。2016年10月11日。
  142. ^ ホールデン、C。(2006)。「エコロジー:北米で迫り来る受粉危機の警告を報告する」。科学314(5798):397。doi 10.1126 /science.314.5798.397PMID17053115_ S2CID30877553_  
  143. ^ Stokstad、E。(2007)。「昆虫学:空のじんましんの場合」。科学316(5827):970–2。土井10.1126 /science.316.5827.970PMID17510336_ S2CID170560082_  
  144. ^ 「ブリティッシュコロンビアのマウンテンパインビートル行動計画2006-2011」(PDF)www.gov.bc.ca/pinebeetle2013年4月19日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました
  145. ^ 「紀元前の山の松のカブトムシ」(PDF)gov.bc.ca。 _
  146. ^ a b cd 「生物多様性への脅威| GEOG 030:持続可能性と人間環境システムに関する地理的展望、2011年」www.e-education.psu.edu 2016年10月7日取得
  147. ^ フレックスルトン、ロブ; Sodhi、Navjot S。; ビックフォード、デビッド; Diesmos、Arvin C。; リー、ティエン・ミン; コ、リアンピン; ブルック、バリーW。; Sekercioglu、Cagan H。; Bradshaw、Corey JA(2008)。「メルトダウンの測定:世界的な両生類の絶滅と衰退の推進要因」PLOSONE3(2):e1636。Bibcode2008PLoSO ... 3.1636S土井10.1371 /journal.pone.0001636PMC2238793_ PMID18286193_  
  148. ^ ロングコア、トラビス; リッチ、キャサリン(2004)。「生態学的光害」エコロジーと環境のフロンティア2(4):191–8。土井10.1890 / 1540-9295(2004)002 [0191:ELP] 2.0.CO; 2JSTOR3868314_ S2CID33259398_  
  149. ^ 「市場に消えるアジアの生物多様性」(プレスリリース)。野生生物保全協会。2004年2月9日2016年10月13日取得
  150. ^ 「アジアの野生生物に対する最大の脅威は狩猟である、と科学者は言います」(プレスリリース)。野生生物保全協会。2002年4月9日2016年10月13日取得
  151. ^ ハンス、ジェレミー(2009年1月19日)。「世界中で「空の森症候群」を生み出す野生生物取引」モンガベイ
  152. ^ ロドリゲス、アナSL; アンデルマン、サンディJ。; バカー、モハメドI。; ボイタニ、ルイージ; ブルックス、トーマスM。; カウリング、リチャードM。; フィッシュプール、リンカーンDC; da Fonseca、Gustavo AB; ガストン、ケビンJ。; ホフマン、マイケル; ロング、ジャニスS。; マルケ、パブロA。; 巡礼者、ジョンD。; Pressey、Robert L。; シッパー、1月; Sechrest、Wes; スチュアート、サイモンN。; アンダーヒル、レG。; ウォーラー、ロバートW。; ワット、マシューEJ; ヤン、謝(2004)。「種の多様性を表現する上での世界的な保護地域ネットワークの有効性」(PDF)ネイチャー428(6983):640–3。Bibcode2004Natur.428..640R土井10.1038 / nature02422PMID15071592_  S2CID4320526 _
  153. ^ ウィルコーブ、デビッドS; Wikelski、Martin(2008)。「行く、行く、なくなった:動物の移動は消えている」PLOS生物学6(7):e188。土井10.1371 /journal.pbio.0060188PMC2486312_ PMID18666834_  
  154. ^ ベッカー、CG; フォンセカ、CR; ハダッド、CFB; バティスタ、RF; プラド、PI(2007)。「生息地の分割と両生類の世界的な衰退」。科学318(5857):1775–7。Bibcode2007Sci ... 318.1775B土井10.1126 /science.11​​49374PMID18079402_ S2CID22055213_  
  155. ^ シュミット、ジェラルド(2005)。「生態人類学:未来のない分野?」生態学的および環境人類学1(1):13–5。OCLC729066337_ 
  156. ^ マクメナミン、SK; やっぱり、EA; ライト、CK(2008)。「気候変動と湿地の乾燥は、イエローストーン国立公園で両生類の衰退を引き起こします」国立科学アカデミーの議事録105(44):16988–93。Bibcode2008PNAS..10516988M土井10.1073 /pnas.0809090105PMC2579365_ PMID18955700_  
  157. ^ ワイマン、リチャードL.(1991)。地球規模の気候変動と地球上の生命ニューヨーク:ラウトレッジ、チャップマン、ホール。ISBN 978-0-412-02821-2
  158. ^ a b トーマス、クリスD。; キャメロン、アリソン; グリーン、リスE。; バッケネス、ミシェル; ボーモント、リンダJ。; コリンガム、イボンヌC。; エラスムス、バレンドFN; de Siqueira、Marinez Ferreira; グレインジャー、アラン; ハンナ、リー; ヒューズ、レスリー; ハントリー、ブライアン; van Jaarsveld、Albert S。; Midgley、Guy F。; マイル、レラ; Ortega-Huerta、Miguel A。; タウンゼントピーターソン、A。; フィリップス、オリバーL。; ウィリアムズ、スティーブンE.(2004)。「気候変動による絶滅リスク」(PDF)ネイチャー427(6970):145–8。Bibcode2004Natur.427..145T土井10.1038 / nature02121PMID14712274_ S2CID 969382   レイサマリーナショナルジオグラフィックニュース(2004年7月12日)。 {{cite journal}}Citeは非推奨のパラメーターを使用します|lay-date=help

さらに読む

科学文献
教科書
  • クラウダー、ラリーB。; ノース、エリオットA。; 海洋保護生物学研究所。(2005)。海洋保全生物学:海の生物多様性を維持する科学ワシントンDC:アイランドプレス。ISBN 978-1-55963-662-9{{cite book}}: CS1 maint: multiple names: authors list (link)
  • 新郎、マーサJ。; Meffe、Gary K。; キャロル、C。ロナルド。(2006)。保全生物学の原則マサチューセッツ州サンダーランド:Sinauer Associates ISBN 978-0-87893-597-0
  • プリマック、リチャードB.(2004)。保全生物学の入門書マサチューセッツ州サンダーランド:Sinauer Associates ISBN 978-0-87893-728-8
  • プリマック、リチャードB.(2006)。保全生物学の要点マサチューセッツ州サンダーランド:Sinauer Associates ISBN 978-0-87893-720-2
  • ウィルコックス、ブルースA。; Soulé、Michael E。; スーレ、マイケルE.(1980)。保全生物学:進化生態学的展望マサチューセッツ州サンダーランド:Sinauer Associates ISBN 978-0-87893-800-1
  • Kleiman、Devra G。; トンプソン、カテリーナV。; Baer、Charlotte Kirk(2010)。飼育下の野生哺乳類イリノイ州シカゴ:シカゴプレス大学。ISBN 978-0-226-44009-5
  • Scheldeman、X。; van Zonneveld、M。(2010)。植物の多様性と分布の空間分析に関するトレーニングマニュアル国際生物多様性センター。2011年9月27日にオリジナルからアーカイブされまし
  • Sodhi、Navjot S。; エーリッヒ、ポールR.(2010)。すべての人のための保全生物学オックスフォード大学出版局。ダウンロード用の無料の教科書。
  • サザーランド、W。; etal。(2015)。サザーランド、ウィリアムJ; ディックス、リンV; オッケンドン、ナンシー; スミス、レベッカK(編)。保全で機能するものブックパブリッシャーを開きます。土井10.11647 /OBP.0060ISBN 978-1-78374-157-1ダウンロード用の無料の教科書。
一般的なノンフィクション
定期刊行物
トレーニングマニュアル
  • ホワイト、ジェームズエメリー; Kapoor-Vijay、Promila(1992)。保全生物学:生物多様性と遺伝資源のためのトレーニングマニュアルロンドン:連邦科学評議会、連邦事務局。ISBN 978-0-85092-392-6

外部リンク