スペインによるアステカ帝国の征服

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
スペインによるアステカ帝国の征服
南北アメリカとメキシコインディアン戦争のスペイン植民地化の一部
Conquista-de-México-por-Cortés-Tenochtitlan-Painting.png
コルテスによるメキシコ征服、キャンバスに油彩[2]
スペイン語ConquistadeMéxicoporCortés
日にち1519年2月– 1521年8月13日アステカ帝国に対して、
1522年–1530年2月17日タラスカ国家に対して
位置
アステカ帝国およびその他の先住民族(現代のメキシコ)
結果 スペイン人と先住民族の同盟国の勝利
領土
の変更
スペイン帝国によるアステカ帝国タラスカ人、その他 の併合
交戦者

Crown of Castile[1] スペイン帝国

先住民の同盟国:

サポートまたは時折の同盟国b

アステカトリプルアライアンス (1519–21)

連合国の都市国家

独立した王国と都市国家


キューバ県(1520年、参照
司令官と指導者

スペインの司令官:

先住民の同盟国:

アステカの司令官:



  • さまざまな地元の支配者と首長

強さ

スペイン人(合計):

〜80,000〜200,000トラスカルテカ〜10,000トトナック( 〜8,400はセンポアラのコルテスに続くおよび他の多数の先住民の同盟国



  • 他の原住民の数は不明

死傷者と損失

1,800人のスペイン人が死亡[3]

  • 戦闘で1,000人が死亡[4]
  • 15門以上の大砲が失われました[5] [6]
数万人のトラスカルテカ先住民の同盟国が死亡[要出典]

20万人のアステカ人が死亡(民間人を含む)[4]

  • 300の戦闘用カヌーが沈んだ[4]

他の原住民の未知の死傷者
センポアラの戦い(1520年)で5人のスペイン人が死亡、多くが負傷
  • ^ a。ミシュテカに対してペドロデアル同盟を結んだ
^ b。主にテノチティトランに対する軍事支援と包囲に加わった(1521)。

スペインによるアステカ帝国征服は、メキシコ征服またはスペイン・アステカ戦争(1519–21)としても知られ、 [7]は、アメリカ大陸のスペイン植民地化における主要な出来事の1つでしたスペインの 征服者、彼らの先住民の 同盟国、および敗北したアステカによる出来事の複数の16世紀の物語がありますそれは、アステカ帝国を打ち負かすスペイン人の小さな派遣団間のコンテストだけではありませんでしたむしろ、アステカ、特にアステカの先住民の敵とライバルへの支流を持つスペインの侵略者の連合の作成。彼らは力を合わせて2年間テノチティトランのメシカを打ち負かしました。スペイン人にとって、メキシコへの遠征は、25年間のスペイン人の定住とカリブ海でのさらなる探検の後、新世界のスペイン植民地化のプロジェクトの一部でした。

メソアメリカの征服における重要な出来事

メキシコ征服の歴史的資料は、スペインと先住民の両方の資料で同じ出来事のいくつかを語っています。ただし、他のものは、イベントをナレーションする特定の一次資料またはグループに固有のものです。個人やグループは自分の業績を称賛しますが、多くの場合、敵や同盟国、あるいはその両方の業績を軽蔑したり無視したりします。

1518年にフアンデグリハルバが率いるユカタンへの以前の遠征に続いて、スペインの征服者エルナンコルテスがメキシコへの遠征(エントラダ)を主導しました。2年後の1519年、コルテスと彼の従者はメキシコに向けて出航しました。[8]アステカ帝国に対するスペインのキャンペーンは、1521年8月13日、コルテスとXicotencatl the Youngerが率いるスペイン軍とネイティブのトラスカラ戦士の連合軍が皇帝クアウテモックアステカ帝国の首都テノチティトランを占領したときに、最終的な勝利を収めました。テノチティトランの崩壊は、中央メキシコでのスペイン統治の始まりを示し、テノチティトランの廃墟の上 にメキシコシティの首都を設立しました。

コルテスは、アステカ帝国の支流都市国家( altepetl)とその政治的ライバル、特にアステカトリプルアライアンスの元パートナーであるトラスカルテカテツコカンと同盟を結びました。センポアラウエホツィンゴ、メキシコ盆地の内陸湖システムであるテスココ湖に隣接する政体など、他の都市国家も参加しましたスペインの成功にとって特に重要なのは、スペインの征服者にドーニャマリーナ、後にマリンチェとして知られる、マヤに奴隷にされた多言語(ナワトル語、マヤ方言、スペイン語)のナワ語を話す女性でした。アステカ三国同盟のモクテスマ2世の訪問に対する外交的抵抗を克服した、8か月にわたる戦いと交渉の後、コルテスは1519年11月8日にテノチティトランに到着し、そこで仲間のスペイン人とその先住民の同盟国と一緒に住み始めました。ベラクルストトナック族に対するアステカの攻撃中に彼の部下の何人かが死んだというニュースがコルテスに届いたとき、コルテスは彼がモクテスマを捕虜にしたと主張している。カシケを捕まえるまたは先住民の支配者は、カリブ海でのスペイン人の拡大における標準的な操作手順でした。そのため、モクテスマを捕まえることはかなりの前例がありましたが、現代の学者は、コルテスと彼の同胞がこの時点でモクテスマを捕らえたことに懐疑的です。当時のスペインの法律により、彼らは自分たちがそうしたと主張する大きな動機を持っていましたが、彼らの個人的な著作の批判的分析は、モクテスマがずっと後の日付まで捕らえられなかったことを示唆しています。[9]

コルテスがテノチティトランを離れて海岸に戻り、パンフィロデナルバエスの遠征の脅威に対処したとき、コルテスはペドロデアルバラードを離れてテノチティトランを担当しました。コルテスは夜中に攻撃する計画で海岸に小さな軍隊を残しました。ナルバエスの艦隊を打ち負かした後、コルテスは敵の乗組員のほとんどに、大きな富を約束することで彼と一緒に行くように説得しました。テノチティトランに到着すると、コルテスと新たに拡大した部隊は、宗教祭の最中に「アステカがスペインの駐屯軍に対して立ち上がった」というメッセージを受け取りました。[10]アルバラドは彼の軍隊に非武装の群衆を攻撃するように命じました。彼は後に、アステカ人が反撃を隠蔽するために祝賀会を利用したと主張している。コルテスは敗北が差し迫っていることに気づき、まだ逃げることを決心し、アステカ人が攻撃した。虐殺は、「本土に到着する前に、400人のスペイン人、4000人の先住民の同盟国、そして多くの馬が[殺された]」という悲しき夜として最もよく知られています。[10]モクテズマは殺されたが、情報筋は誰が彼を殺したかについては同意していない。[11]ある報告によれば、現在人口に侵入しているスペイン人の単なる人形として見られているモクテズマが、憤慨した大衆を落ち着かせようとしたとき、彼は発射体によって殺された。[12]先住民の報告によると、スペイン人はモクテズマを殺害した。[13]コルテスはテノチティトランに戻り、彼の部下は1520年6月の悲しき夜の間に首都から逃げました。1年後の1521年8月13日、飢餓とスモールポックスによって弱体化した文明にスペイン、トラスカルテカ、援軍が戻りました。これにより、残りのアステカ族を征服することが容易になりました。[14]スペイン人の勝利は、彼らの技術の進歩と天然痘の蔓延によるアステカ帝国の脆弱性に起因しています。その結果、スペイン人の高度な技術に対抗するアステカの戦術は控えめに述べられています。ハシグによれば、「大砲、銃、クロスボウ、鋼の刃、馬、そして軍犬がアステカの兵器で進歩したことは事実です。しかし、これらが数百人のスペインの兵士に与えた利点は圧倒的ではありませんでした。」Restallの言葉によれば、「スペインの武器は先住民の戦士の波の攻撃的な線を断ち切るのに役立ちましたが、これは征服の公式ではありませんでした...むしろ、スペインと先住民の援軍が到着するまで、それは生存の公式でした。」[7]

先住民の同盟国、本質的にはトラスカラとテクスココの同盟国がスペイン軍に統合されたことは、征服において決定的な役割を果たしましたが、他の要因がスペイン人の成功への道を開きました。たとえば、スペイン人の入国のタイミング、両方のグループの説得力のあるイデオロギー、およびアステカ帝国に対するスペインの不慣れ。したがって、スペイン人は帝国内の危険と権力構造の感覚を欠いていました。敵帝国からの「テノチティトランのように強力な都市への直接攻撃は、ありそうもなく予想外でした」。同様に、攻撃している軍隊が予告なしに来ることは非常にまれでした。[15]さらに、スペインの征服における歩兵と同盟国の役割は別として、騎兵隊は「征服における決定の腕」であり、「[16]

1519年のコルテス遠征隊の多くは、コルテスを含め、これまで戦闘を見たことがありませんでした。その後、全世代のスペイン人がカリブ海とティエラフィルメ(中央アメリカ)での遠征に参加し、成功した企業の戦略と戦術を学びました。スペインによるメキシコの征服には、確立された慣行を持つ前例がありました。[17]

アステカ帝国の崩壊は、後にメキシコとなったニュースペインとともに、海外でスペイン帝国を形成する上で重要な出来事でした。

タイムライン

  • 1428年–テノチティトラン、テスココ、トラコパンの三国同盟の創設
  • 1492–93 –コロンバスがカリブ海に到達。恒久的なスペイン人の入植の開始
  • 1493–1515 –カリブ海とスペイン本土でのスペインの探検、征服、奴隷化、定住
  • 1502年–モクテスマ2世が、アステカ三国同盟の皇帝[文字通り:「偉大なスピーカー」]であるhueytlatoaniに選出されました
  • 1503–09 –モクテズマの戴冠式の征服
  • 1504 –エルナンコルテスがカリブ海に到着
  • 1511年–カリブ海のスペインの副王が、キューバを征服し統治するためにディエゴベラスケスを任命する
  • 1510〜フランシスコ・バスケス・デ・コロナドが誕生しました
  • 1515年–テスココの君主ネサワルピリ死去。Cacamatzinは王位を継承します。Ixtlilxochitlの反乱
  • 1517年–フランシスコ・エルナンデス・デ・コルドバのユカタン海岸への遠征
  • 1517年-チョルラ市がトラスカルテカ同盟から脱退し、アステカ三国同盟の支流国となる
  • 1518年–フアンデグリハルバのユカタン海岸と湾岸への遠征。3回目の探索遠征を主導するコルテスの任命

1519

コルテスと彼のカウンセラー、ナワ族の女性ラマリンチェは、1519年11月8日、テノチティトランでモクテスマに会います。
  • 2月10日–コルテス遠征隊がキューバを出発し、エルナンデスデコルドバのルートをたどります。その過程で、コルテスはベラスケスの遠征のキャンセルを無視します
  • 1519年初頭–ヘロニモ・デ・アギラール、難破したスペイン人、ヨーコ・オチョコでバイリンガル、コルテスに参加
フィレンツェのコーデックスに描かれたモクテスマの死
  • 3月24日–ポトンチャンの指導者たちは、平和を求めてスペイン人を訴え、20人の奴隷女性であるスペイン人に贈り物をしました。奴隷にされたナワ族の女性の1人(La Malinche、DoñaMarina、Malintze、Malintzinとして知られています)は多言語であり、遠征の主要な翻訳者の1人としての役割を果たします。[18]
  • 4月21日–サンファンデウルア近くの湾岸に遠征隊が上陸[19]
  • 6月初旬–コルテスは、ヴィラリカデラベラクルスの植民地を設立し、会社をキアフイズトランの集落近くのビーチに移転しました。[20]その後、スペイン人はセンポアラに移動し[19] 、センポアラの指導者であるXicomecoatl(ファットチーフおよびCacique Gordoとしても知られる)[21]との同盟を公式化します。現時点では、センポアラはトトナック連合の首都です。
  • 7月/8月–コルテスの兵士がセンポアラを冒涜する[22]
  • 8月16日–スペイン人とトトナック族の同盟国がテノチティトランの谷に向かって行進し、シトラタペトルやコフレデペローテのような他の多くの注目すべき地理的ランドマークを通過します[23]。
  • 8月31日–トラスカルテカは、トラスカルテカの領土に入った後、スペイン人を攻撃します。彼らは2人の騎手を殺すことに成功しました。[24]
  • 9月–トラスカルテカは昼間はスペインのキャンプを襲撃し、スペイン人は夜に非武装のトラスカルテカの町や村を襲撃することで対応します。トラスカラ王国は、18日間の罰則のある戦争の後、平和を仲介しました。その時点で、スペイン人は騎兵隊の半分と部隊の1/5を失いました。[25] [26] [7]
  • 10月–3月からCholulaへ。征服者は非武装のチョルラを虐殺し、次にスペインとトラスカラが力を合わせてチョルラを解任し、チョルラの政治的リーダーシップをトラスカラを支持する貴族に置き換えます。虐殺は、おそらく差し迫ったチョルラの攻撃を鎮圧するため[27]、またはチョルラの離脱に対する正確な復讐と彼らの新しいスペインの同盟国をテストするためのトラスカルテカの計画を遂行するために、論争の的となった理由で起こった。[7]
  • 1519年11月8日–コルテスとモクテズマの会合
  • 1519年11月

1520

フィレンツェコーデックスでのメキシコ征服に関する本XIIに描かれている天然痘
  • 4月または5月–パンフィロデナルバエスが湾岸に到着し、ベラスケス知事がコルテスを制圧するために派遣
  • 5月中旬–ペドロ デアルバラードがトックスカトルの祭りを祝うアステカのエリートを虐殺
  • 5月下旬–コルテス軍がセンポアラでナルバレス軍を攻撃。それらのスペイン人をコルテス軍に編入する
  • 6月24日–スペイン軍がテノチティトランに戻る
  • 6月下旬–テノチティトランでの蜂起。不明確な状況でのモクテスマの死、おそらくスペイン人、おそらく彼自身の人々によって殺された。三国同盟の他の指導者の死
  • 6月30日–「悲しき夜 –テノチティトランからのスペイン-トラスカルテカ連合軍の避難。おそらく1,000人のスペイン人と1,000人のトラスカルテカの死
  • 7月9日または10日–オツンバの戦い、アステカ軍がオツンバでスペイン-トラスカルテカ軍を攻撃
  • 7月11日または12日–トラスカラへの撤退
  • 8月1日–住民によるスペイン人の殺害に対する報復としてのテペアカでのスペインの懲罰遠征。[28]
  • 9月中旬–モクテズマの後継者としてのクィトラワクの戴冠式
  • 10月中旬から12月中旬–天然痘の流行; 12月4日のクィトラワクの死、おそらく天然痘の死
  • 12月下旬–スペイン-トラスカルテカ軍がメキシコ盆地に戻る。Ixtlilxochitlのテスココ軍と合流

1521

Cuauhtemocのキャプチャ17世紀、キャンバスに油彩。
  • 1月下旬–クアウテモックがテノチティトランのhueytlatoaniに選出
  • 2月–スペイン-トラスカルテカ-テスココの合同部隊がシャルトカンとトラコパンを攻撃。テノチティトランに対するキャンペーンの拠点となるテノチティトラン
  • 4月上旬–ヤウテペックとクエルナバカに対する攻撃、その後の解任
  • 4月中旬–テノチティトランの同盟国であるXochimilcansに敗北した合同部隊
  • 4月下旬–スペインの監督下でトラスカルテカの労働者が13の浅底ブリガンティンを建設。大砲を搭載。テスココ湖に打ち上げられ、スペインが内海を支配できるようになりました
  • 5月10日–テノチティトラン包囲の開始。チャプルテペクからの飲料水が遮断された
  • 6月30日–土手道でのスペイン-トラスカルテカ軍の敗北。テノチティトランでのスペイン人とその馬の捕獲と儀式の犠牲
  • 7月–スペインの船がベラクルスに上陸し、多数のスペイン人、軍需品、馬が乗船します
  • 7月20〜25日–テノチティトランの戦い
  • 8月1日–スペイン-トラスカラ-テスココ軍がマヨール広場に入る。アステカの擁護者の最後の抵抗
  • 8月13日–アステカの擁護者の降伏。Cuauhtemocの捕獲
  • 8月13〜17日–テノチティトランの生存者に対する大規模な解任と暴力

1522

1524

1525

  • 2月–Cuauhtemocを含む旧三国同盟の4人の支配者の処刑
  • 元「副王」(シワコアトル)がメキシコシティの先住民部門の知事に任命されたドン・フアン・ベラスケス・トラコツィン

1525〜30

1527〜1547

メソアメリカの征服のための情報源

メキシコの征服、コロンブス以前の偉大な文明の最初の破壊は、世界の歴史の中で重要な出来事です。征服は、同盟国と敵対者の両方による、先住民族の説明を含む、異なる視点を持つさまざまな情報源によって十分に文書化されました。スペインの征服者によるアカウントは、メキシコのベラクルスに最初に上陸したときから存在します(聖金曜日)、1519年4月22日)1521年8月13日のテノチティトランでのメシカに対する最終勝利まで。特に、スペイン人と先住民族の両方の征服の説明には、偏見と誇張があります。すべてではありませんが、一部のスペインのアカウントは、先住民の同盟国のサポートを軽視しています。征服者のアカウントは、同志を犠牲にして征服への個々の貢献を誇張していますが、先住民の同盟国のアカウントは、スペイン人の勝利に対する忠誠心と重要性を強調しています。これらのアカウントは、ベネメリト請願として知られる、報酬の請願に含まれるスペインの征服者のアカウントに似ています[30]

敗北した先住民の視点からの2つの長い説明は、先住民の情報提供者を使用して、スペインの修道士、フランシスコ会ベルナルディーノデサハグンとドミニカディエゴドゥランの指導の下で作成されました[31]

征服の最初のスペインの説明は、主な征服者エルナン・コルテスによって書かれました。エルナン・コルテスは、スペインの君主チャールズ5世に一連の手紙を送り、彼の視点からの征服の現代的な説明を与え、彼は彼の行動を正当化しました。これらはほとんどすぐにスペインで公開され、後にヨーロッパの他の地域で公開されました。ずっと後に、スペインの征服者ベルナル・ディアス・デル・カスティージョは、中央メキシコの征服の経験豊富な参加者であり、コルテスの公式伝記作家であるフランシスコ・ロペス・デ・ゴマラの説明に反論して、彼が「ニュースペイン征服の真の歴史」と呼んだものを書いたベルナル・ディアスのアカウントはベネメリトとして始まった報酬を求める請願書がありましたが、彼はそれを拡大して、カリブ海とティエラ・ファームでの彼の初期の遠征とアステカの征服の完全な歴史を網羅しました。下位のスペインの征服者の多くは、スペインの王冠にベネメリトの請願書を書き、フアンディアス、アンドレスデタピア、ガルシアデルピラール、フレイフランシスコデアギラールなど、征服における彼らの奉仕に対する報酬を要求しました。[32]コルテスの右腕であるペドロ・デ・アルバラードは、新世界での彼の行動について何も書いておらず、1542年にミシュトン戦争で行動者として亡くなった。グアテマラでのアルバラドのキャンペーンについてのコルテスへの2通の手紙はTheConquistadorsに掲載されました[33]

いわゆる「匿名の征服者」の年代記は、16世紀のある時期に書かれ、20世紀初頭に、ニュースペインとテノチティトランの大都市(テノチティトラン)の物語として英語に翻訳されました。多くのスペインのアカウントがそうであったように、それがサービスに対する報酬の請願であるのではなく、匿名の征服者は征服時の先住民の状況について観察しました。このアカウントは、18世紀のイエズス会フランシスコハビエルクラビジェロがメキシコの歴史を説明する際に使用しました。[34]

スペインのトラスカラ同盟国。彼らの指導者、ポーター、そしてスペインの戦士とスペインの軍犬を示しています。Lienzo de Tlaxcala

先住民の側では、コルテスの同盟国、特にトラスカルテカは、征服におけるスペインの王冠への彼らの奉仕について広範囲に書き、彼ら自身のための特別な特権を主張しました。これらの中で最も重要なのは、ディエゴ・ムニョス・カマルゴによる絵画のリエンツォ・デ・トラスカラヒストリア・デ・トラスカラです。あまり成功しなかったが、トラスカラ近くのHuexotzinco(またはHuejotzinco)のナワ族の同盟国は、彼らの貢献がスペイン人によって見過ごされていたと主張した。ナワトル語でスペインの王冠に宛てた手紙の中で、フエキソツィンコの先住民族の領主たちは、彼らの勇敢な奉仕のために彼らの訴訟を提起しました。手紙はナワトル語で出版されており、ジェームズ・ロックハートによる英語訳は私たちここにいる人々: 1991年のメキシコ征服のナワトル語説明特にスペイン人がテノチティトランから追い出された後の征服者の支援。[36]

征服の最も有名な先住民の記述は、ベルナルディーノ・デ・サハグンのニュースペインの事物の一般的な歴史の第12巻であり、ナワトル語とスペイン語の平行した列に絵付きでフィレンツェのコーデックスとして出版されています。あまり知られていないのは、サハグンによる1585年の征服アカウントの改訂です。これは、先住民の視点から完全に移行し、スペイン人、特にエルナンコルテスを称賛する重要な分岐点に挿入されます。[37]スペインの修道士によって編集された別の先住民の記述は、1581年からのドミニカ共和国のディエゴドゥランニュースペインのインディーズの歴史であり、多くのカラーイラストがあります。[38]

ナワ族の観点からのテキスト、おそらく1540年からのナワトル語の初期の先住民の記述であるAnales de Tlatelolcoは、出版されるまで先住民の手に残っていました。[いつ?]この重要な原稿の抜粋は、1991年にジェームズロックハートによってナワトル語の転写と英語の翻訳で出版されました。[39]教室で使用するための英語で人気のあるアンソロジーは、ミゲル・レオン・ポルティーリャ『壊れた槍: 1992年からのメキシコ征服のアステカの記述』です。メキシコの征服は1992年頃に登場しました。クリストファー・コロンブスの最初の航海は、最初の出会いに対する学者的で人気のある関心が急上昇したときです。

メキシコ中部でのスペインのキャンペーンの人気があり永続的な物語は、ニューイングランド生まれの19世紀の歴史家ウィリアム・ヒックリング・プレスコットによるものです。1843年に最初に出版された彼のメキシコ征服の歴史は、征服の重要な統一された物語の統合であり続けています。プレスコットは16世紀のすべての正式な著作を読み、使用しましたが、彼が書いていた19世紀半ばまでに出版されたものはほとんどありませんでした。ベルナルディーノデサハグンの征服に関する1585年の改訂版は、現在失われているオリジナルからプレスコットのプロジェクトのためにスペインで作成されたため、今日ではコピーの形でのみ存続する可能性があります。[41]近世の学者たちはその偏見と欠点を指摘しているが、「プレスコット版ほど、主要な出来事、危機、そしてメキシコ征服の過程についての統一された物語を得ることができる場所はない」。[42]

征服のためのアステカの前兆

モクテズマによって見られた彗星は、差し迫った危険の兆候として解釈されます。先住民の情報提供者によるディエゴ・ドゥランの説明。

16世紀半ばから後半にフランシスコ会ベルナルディーノデサハグンとドミニカディエゴドゥランによって記録された情報源には、征服の超自然的な前兆として解釈された出来事の報告があります。これらの2つの説明は、スペインの反対者の観点から見た本格的な物語です。アステカ帝国の征服についてのほとんどの直接の説明はスペイン人によって書かれました:エルナンコルテスのチャールズ5世への手紙、神聖ローマ皇帝、ベルナルディアスデルカスティージョ一人称の物語、ニュースペイン征服の真の歴史征服の結果として影響を受けた先住民からの主要な情報源は、トラスカルテカなどの特定の先住民グループの見解を反映する傾向があるため、めったに使用されません。先住民の記述は、早くも1525年に絵文字で書かれていました。その後の記述は、アステカの母国語と中央メキシコの他の先住民であるナワトル語で書かれました。

征服の彼らのバージョンを語っている敗北したメシカのネイティブテキストは、メキシコ湾からスペイン人が到着する9年前に起こったと信じられていた8つの前兆を説明しています。[43]

1510年、アステカ三国同盟のモクテスマ2世は、テスココのトラトアニであるだけでなく、偉大な先見者としての評判もあったネサワルピリが訪れました。ネサワルピリはモクテスマに警戒しなければならないと警告しました。数年後にはアステカの都市が破壊されるでしょう。去る前に、彼はモクテスマが彼が言われたことが真実であることを知る前兆があるだろうと言った。何年にもわたって、そして特に1515年にNezhualpilliが死んだ後、いくつかの超自然的な前兆が現れました。[44]

8つの悪い兆候または不思議:[40] :3–11 

スペインの侵略の前夜にアステカ帝国
  1. 真夜中から夜明けまで現れ、1517年に雨が降ったように見える火の柱(12ハウス)
  2. ウィツィロポチトリ神殿を燃やす火
  3. シウテクトリの藁の神殿を破壊する稲妻
  4. 日中に3つに空を横切って流れる火または彗星の出現
  5. テノチティトラン近くの湖の「沸騰深さ」と水攻法
  6. 彼ら(アステカ人)が「この街から遠く離れて逃げる」ために真夜中に泣いている女性、シワコアトル
  7. モンテスマ2世は、mamalhuatztliの星と、漁師が捕まえた鳥の冠の鏡で、「鹿に似た動物の背中に」乗っている戦闘員の画像を見ました。
  8. 通りを駆け抜ける二頭の男、tlacantzolli

さらに、トラスカラは「日の出の3時間前に毎朝東に輝く輝き」と、マリンツイン火山からの「塵の旋風」を見ました。[40] :11 ディアスによれば、「これらのカシケはまた、彼らが彼らの先祖から聞いた伝統について、彼らが特に崇拝した偶像の一人が日の出の方向に遠い国からの男性の到来を予言したと私たちに語った。誰が彼らを征服し、支配するだろうか。」[45] :181 一部の報告では、この偶像または神はケツァルコアトルであり、アステカ人はスペイン人が超自然的であり、反応する方法を知らなかったために敗北したと主張しますが、アステカ人はそれが本当に議論の余地があると信じていたかどうかはわかりません。[46]

前兆は、歴史が繰り返されると信じていたアステカ人にとって非常に重要でした。多くの現代の学者は、そのような前兆が起こったのか、それともメシカが彼らの敗北を説明するのを助けるための事後(回顧的)な創造物であったのかについて疑問を投げかけています。[47]一部の学者は、「これらの前兆の物語の最も可能性の高い解釈は、すべてではないにしても、一部が起こったということである」と主張しているが、「賢いメキシコ人と修道士は、後にメキシコ帝国について書いている。それらの記憶を彼らがヨーロッパで起こったことを知っていることと結びつけて喜んでいた。[48]

スペインの司祭によって監督されたものを含む、前兆と古いアステカの神々の復活を描いた多くの情報源は、1521年のテノチティトラン包囲戦の後に書かれました。感覚ではなく、単に強力な部外者の別のグループとして。[49]一部の歴史家によると、モクテスマはスペインの侵略に合理的に対応した。これらの歴史家は、これはモクテスマがスペイン人が超自然的であるとは考えていなかったことを意味すると信じています。[46]多くのスペインの記述は、征服の事前に定められた性質とスペインの運命としての成功として彼らが見たものを強調するために前兆を取り入れました。これは、侵略に直面した前兆と戸惑いをネイティブに強調することは、「スペイン人を喜ばせたい、またはモンテスマとテノチティトランの戦士がリーダーシップを発揮できなかったことに憤慨した情報提供者による征服後の解釈かもしれない」ことを意味します。[50]ヒュー・トーマスは、コルテスが神であるのか、それとも別の国の偉大な王の大使であるのかについて、モクテズマは混乱しており、曖昧であると結論付けている。[51]スペイン人が1519年に到着したので、モクテスマはこれがケツァルコアトルが戻ると約束された年であるCeAcatlの年であることを知っていた。以前は、フアンデグリハルバの間にの遠征で、モクテスマは、モクテスマとアステカ帝国の他のすべての人々が最終的にケツァルコアトルが戻ってくると信じていたので、それらの男性はケツァルコアトルの先駆者であると信じていました。モクテスマには、テノチティトランに持ち込まれたグリハルバによって残されたガラスビーズさえあり、それらは神聖な宗教的遺物と見なされていました。[52]

スペイン遠征

スペイン人は、クリストファーコロンブスの2回目の航海で、1493年にイスパニョーラ島に定住地を設立しましたカリブ海とスペイン本土ではさらにスペインの探検と入植があり、金の形で富を求め、金やその他の肉体労働を採掘するための先住民の労働へのアクセスを求めていました。新世界での最初のスペイン人の入植から25年後、探検の遠征隊がメキシコの海岸に送られました。

ユカタンへの初期のスペイン遠征

1519年にコルテスの限定的な探検を依頼したディエゴ・ベラスケス

1517年、キューバの知事ディエゴベラスケスは、エルナンデスデコルドバの指揮下にある3隻の船隊に、西に航海してユカタン半島を探索するよう依頼しました。コルドバはユカタンの海岸に到着しました。カトチェ岬マヤ人スペイン人を上陸に招待し、征服者は1513年の要件を読みました。これは、先住民がスペイン王に服従する場合、その保護を提供しました。コルドバは2人の囚人を連れて行き、バプテスマを受けたメルチョルとジュリアンの名前を採用して通訳になりました。その後、2人の囚人は、言語を誤解したり誤解したりして、スペインの征服者に、手に入れるための金がたくさんあるという情報を与えました。[8]ユカタン半島の西側で、スペイン人は夜、マヤの首長モククーに襲われ、50人の兵士が殺された。コルドバは致命傷を負い、彼の乗組員の残りだけがキューバに戻った。[45] :15–26 

当時、ユカタンは征服者によって簡単に探検されましたが、スペインによるユカタンの征服スペイン とその先住民の同盟国による中央メキシコの急速な征服の何年も後に起こりました。 1519–21)。何万人もの秀マヤの戦士の助けを借りて、スペイン人がユカタン北部からエルペテンの中央低地地域とグアテマラ南部の高地に広がるマヤの故郷の完全な支配を確立するのに170年以上かかるでしょう。この後者のキャンペーンの終わりは、一般的にタヤサルに拠点を置くマヤ州の崩壊によって特徴づけられます1697年にペテン地方で。

コルテスの遠征

遠征の試運転

晩年のエルナン・コルテス。左上隅にある彼の紋章。本アメリカ(R.クロナウ19世紀)で再現された絵画。

フアンデグリハルバがスペインに戻る前でさえ、ベラスケスはメキシコの海岸を探索するために3番目のさらに大きな遠征隊を送ることに決めました。当時ベラスケス のお気に入りで義兄弟の一人だったエルナン・コルテスが指揮官に指名され、スペイン植民地のスペイン派遣団に羨望と憤慨をもたらした。[53]遠征の免許により、国王は、企業内の自身の資産を危険にさらすことなく、新たに征服された土地の主権を保持することができました。経済的貢献を喜んで行う人は誰でも、さらに多くの富と権力を得る可能性があります。馬を連れてきた男性、カバレロは、兵役用と馬用の2株の略奪品を受け取りました。[54]コルテスは彼の個人的な財産のかなりの部分を投資し、おそらく追加の資金を借りるために借金をした。ベラスケスは、遠征の費用のほぼ半分を個人的に寄付した可能性があります。

1518年10月23日に署名された協定で、ベラスケス知事はコルテスが率いる遠征を探検と貿易に制限し、本土の征服と定住が彼の指揮下で行われるようにしました。すでに王冠から要求されました。このようにして、ベラスケスは発見された富と労働者の称号を確保しようとしました。[55]しかし、彼がバリャドリッドで公証人として獲得した可能性が高いカスティーリャ法の知識を武器に、コルテスはベラスケスを自分の利益のためではなく自分の利益のために行動する暴君として提示することによって、ベラスケスの権威から自分自身を解放することができた王冠の。[56]コルテスはまた、彼の部下に彼を軍の指導者および遠征の主任判事(裁判官)と名付けるように考案した。

コミッションの取り消し

コルテスの征服ルートを描いた地図

ベラスケス自身は、スペイン本土を征服した人は誰でも、キューバで達成できることをすべて凌駕する名声、栄光、そして幸運を手に入れることを痛感していたに違いありませんしたがって、出発の準備が終わりに近づくと、知事はコルテスが彼に不誠実であり、彼自身の目的のために遠征を指揮しようとするのではないかと疑うようになりました[57]。コントロール。

そのため、ベラスケスはルイス・デ・メディナにコルテスの交代を命じました。しかし、コルテスの義理の兄弟は、メディナを傍受して殺害したとされています。メディナが持っていた書類はコルテスに送られました。このように警告されたコルテスは、遠征の組織と準備を加速させました。[58]

ベラスケスは、コルテスがキューバのトリニダードに向けて出航する前に、「彼とコルテスは再び抱きしめ、大きな褒め言葉を交わして」、直接サンティアゴデキューバのドックに到着しましたその後、ベラスケスは艦隊を拘束するよう命令を出し、コルテスは捕虜になりました。それにもかかわらず、コルテスは出航し、彼の遠征を反逆者の法的地位から始めまし[45] :49、51、55–56 

コルテスの派遣団は、約630人の男性(30人のクロスボウマンと12人の火縄銃、初期の銃器を含む)、医師、数人の大工、少なくとも8人の女性、キューバからの数百人のアラワク族、および解放奴隷と奴隷の両方のアフリカ人を乗せた11隻の船で構成されていました。 現代の用法ではヨーロッパの参加者を「兵士」と呼ぶことがよくありますが、この用語はどのような状況でもこれらの男性自身によって使用されることはありませんでした。これは、征服時代のペルーの16世紀の法的記録を分析したときにジェームズロックハートが認識したものです。[59]

コルテスは2人の翻訳者を獲得しました

コルテスは、ユカタンの東海岸にあるコスメル島で、地元の人々をキリスト教に改宗させようとして、さまざまな結果をもたらしました。コスメルにいる間、コルテスはユカタンに住む他の白人男性の報告を聞いた。コルテスは、1511年に発生したスペインの難破船、ヘロニモデアギラールゴンサロゲレロの生存者であることが判明したこれらの報告されたスペイン人にメッセンジャーを送りました

アギラールは彼のマヤ族の首長に彼の元同胞に加わることを許可するように請願し、彼は解放されてコルテスの船に向かった。現在、マヤや他のいくつかの先住民言語に非常に堪能であることが、翻訳者としてのコルテスにとって貴重な資産であることが証明されました。これは、コルテスの遠征の最終結果となるアステカ帝国のその後の征服にとって特に重要なスキルです。ベルナル・ディアスによれば、アギラールは来る前にゲレロにも去るように説得しようとしたと伝えた。ゲレロは、マヤ文化に慣れ親しんでおり、マヤの妻と3人の子供がいて、彼が住んでいたチェトゥマルのマヤ州内の階級の人物と見なされていたという理由で辞退しました。[60]ゲレロのその後の運命はやや不確かであるが、彼は数年間、スペインの侵略に対してマヤ軍と一緒に戦い続け、軍事顧問を提供し、抵抗を奨励したようである。彼は後の戦いで殺されたのではないかと推測されています。

モクテスマとの会談の前にアフリカの奴隷と一緒に、コルテスとラマリンチェと共にスペイン-トラスカラ軍を描いたコーデックスアズカティトラン見開きページはもう存在しません。

コスメルを離れた後、コルテスはユカタン半島の先端を回り続け、金がほとんどなかったポトンチャンに上陸しました。2回の戦いで地元の原住民を打ち負かした後、彼はコルテスがマリーナと名付けたであろう女性の形ではるかに価値のある資産を発見しました。彼女はしばしばLaMalincheとして知られており、 「 Malintzin」またはMalinalli呼ばれることもあります。[61]その後、アステカ人はコルテスとの密接な関係から、コルテスを「マリンチェ」または「マリンチェ」と呼ぶようになった。[62]ベルナル・ディアス・デル・カスティージョは彼のアカウントにニュースペイン征服の真の歴史を書いた そのマリーナは「本当に素晴らしい王女」でした。後に、ドーニャの敬語のスペイン語の称号が彼女のバプテスマを受けた名前に追加されました。[45] :80、82 

コルテスは、彼の野心を実現するための鍵の1つに出くわしました。彼はスペイン語でヘロニモ・デ・アギラールと話し、その後マリーナのためにマヤ語に翻訳しました。その後、彼女はマヤ語からナワトル語に翻訳しました。この翻訳者のペアにより、コルテスはアステカと通信できるようになりました。[45] :86–87 マリーナはアステカの方言を話さなかったし、花の咲くお世辞の話で有名なアステカの貴族の議定書にも精通していなかったので、どれほど効果的に推測の問題であるか。ドーニャマリーナはすぐにスペイン語を学び、コルテスの主要な通訳、自信を持って、配偶者、文化翻訳者、そして彼の長男マーティンの母親になりました。[45] :82 コルテスが次の妻と結婚するまで、彼がマーティンとも名付けた合法的な息子を生み出した組合は、コルテスのマリーナとの生まれながらの息子であり、彼の想像した財産の相続人でした。

ナワトル語のネイティブスピーカーは彼女を「マリンチェ」と呼ぶでしょう。この名前は、ナワトル語でスペイン語のマリーナの音に最も近い名前です時が経つにつれて、「マリンチェ」(マリンチェの現代スペイン語同族)は、人々への裏切り者の用語になりました。今日まで、malinchistaという言葉は、メキシコ人が他の国の言語や習慣を類人猿にする人を表すために使用されています。[63] [64]数人のフェミニスト作家や学者が、彼女の状況を最大限に活用し、多くの点で強力な女性になった女性として、ラ・マリンチェを更生させようとするのは、20世紀後半になってからでした。[65]

ベラクルスの創設

ベラクルスのヴィラリカの紋章。スペイン人によって設立された最初の市議会。タイルモザイクはメキシコシティにあります。

コルテスは1519年4月に現代のベラクルス州の海岸に遠征軍を上陸させました。この同じ時期に、コルテスは到着後すぐに、アステカ三国同盟のモクテスマ2世の代表によって歓迎されました。贈り物が交換され、コルテスは彼の火力の表示でアステカの代表団を怖がらせようとしました。[40] :26  [45] :89–91 

知事に逆らったために投獄または死に直面したコルテスの唯一の選択肢は、スペインの王冠で自分自身を償還することを期待して彼の事業を継続することでした。これを行うために、彼は彼の部下に、聖木曜日に到着して聖金曜日に上陸したので、ラヴィラリカデラベラクルス、または「トゥルークロス」と呼ばれる集落を設立するように指示しました法的に構成された「ヴィラリカの町議会」は、すぐに彼にアデランタード、または最高裁判事と提督の地位を提供しまし[45] :102 

この戦略はユニークではありませんでした。[66]ベラスケスは、キューバでのディエゴ・コロンバスの権威から自分自身を解放するために、これと同じ法的メカニズムを使用していた。正式に構成されたカビルドによってアデランタードに指名されたコルテスは、ベラスケスの権威から解放され、遠征を続けることができました。この行動の合法性を確保するために、フランシスコ・モンテホアロンソ・エルナンデス・プエルトカレロを含む彼の遠征隊の数人がスペインに戻り、チャールズ王とのカビルドの宣言の受け入れを求めました。[45] :127–28 

コルテスはセンポアラと呼ばれる先住民の入植地を知り、そこで部隊を進軍させました。センポアラに到着すると、20人の高官と応援する町民が迎えてくれました。[45] :  88、107コルテスはすぐにトトナック族の首長を説得してアステカ族に反抗し、モクテスマの収税人のうち5人を捕虜にした。[45] :111–13トトナック 族は、コルテスがアステカ帝国を征服しようとした出発点であるベラクルスの町を建設するのにも役立ちました。[45] :114 

反乱を聞いて、アステカ皇帝からのより多くの大使が、コルテスが彼の収税人を解放したことに感謝して、「金と布」の贈り物を持っているコルテスを見に戻った。モンテスマはまたコルテスに、スペイン人は「彼自身の種族」であり、「彼の先祖が予告していた」ように到着したと確信していたと語った。コルテスが部下に言ったように、先住民は「私たちを神、または神のような存在だと考えてください」。[40] :  13、21、25、33、35 [45] :115–17 

彼らはコルテスがテノチティトランを訪れることを思いとどまらせようとしましたが、豪華な贈り物と礼儀正しい発言は、エル・カウディロが帝国の首都に向かって行進を続けることを奨励しただけでした。[45] :96、166 

艦隊の自沈と余波

ベラクルス海岸沖のコルテス自沈艦隊

まだキューバの知事に忠実な男性は、船をつかんでキューバに逃げる計画を立てていましたが、コルテスは彼らの計画を押しつぶすために迅速に動きました。2人の指導者が絞首刑に処せられた。2人は鞭打ちされ、1人は足を切断されました。そのような反乱が二度と起こらないようにするために、彼は自分の船を自沈させることに決めました。[45] :128–30 

船が沈むのではなく燃やされたという一般的な誤解があります。この誤解は、1546年にセルバンテスデサラザールが彼の船を燃やしているコルテスに関して行った言及に起因しています。[67]これは、ラテン語で書かれた物語のバージョンの誤訳からも生じた可能性があります。[68]

コルテスはすべての船を自沈させ、メキシコ中部での遠征を事実上立ち往生させました。しかし、それはキューバの知事に忠実であり続けた彼の会社のそれらのメンバーの願望を完全に終わらせませんでした。その後、コルテスは彼のバンドをテノチティトランに向けて内陸に導いた。

スペイン人に加えて、コルテスの部隊には現在、40人のケンポアラン戦士の首長と少なくとも200人の他の原住民が含まれており、その任務は大砲を引きずって物資を運ぶことでした。[45] :134 センポアランは海岸の暑い気候に慣れていたが、テノチティトランに向かって行進するとき、山の寒さ、雨、雹に甚大な被害を受けた。

トラスカラとの提携

コルテスとシコテンカトルの会合

コルテスはすぐにトラスカラに到着しました。トラスカラは約200の町とさまざまな部族の連合国ですが、中央政府はありませんでした。

オトミ族、次にトラスカルテカは、1519年9月2日から5日までの一連の3回の戦闘でスペイン人と戦い、ある時点でディアスは「彼らは私たちを四方八方に囲んだ」と述べました。コルテスが平和のメッセージで囚人を解放し続け、スペイン人がモクテスマの敵であることに気づいた後、長老のXicotencatlとMaxixcatzinは、トラスカラの武将であるXicotencatl the Youngerを説得し、彼らを殺すよりも新参者と同盟を結ぶほうがよいと説得した。[45] :143–55、171 

トラスカルテカの主要都市はトラスカラでした。花戦争との戦いのほぼ1世紀後、トラスカルテカとアステカの間で多くの憎しみと苦しみが生じました。アステカ人はすでにトラスカラ周辺の領土のほとんどを征服し、毎年彼らと戦争をしていました。[45] :154 アステカ人は、彼らの神々に犠牲を払うために戦争捕虜を絶えず供給できるように、トラスカラを独立させたと示唆されている。[69]

1519年9月23日、コルテスはトラスカラに到着し、スペイン人をアステカ人に対する同盟国と見なした支配者たちに喜んで迎えられました。アステカ人による商業封鎖のため、トラスカラは貧しく、とりわけ塩と綿の布が不足していたため、コルテスとその部下に食べ物と奴隷しか提供できませんでした。コルテスはトラスカラに20日間滞在し、部下に戦闘の傷から立ち直る時間を与えました。コルテスは、トラスカラの上級指導者たちの真の友情と忠誠を勝ち取ったようです。その中には、マキシクスカツィン長老のシコテンカトルがいますが、彼は年下のシコテンカトルの心を勝ち取ることができませんでしたスペイン人は神殿のような都市の一部を尊重することに同意し、伝えられるところによると彼らに自由に提供されたものだけを取りました。[45] :172–74 

他のネイティブグループと同様に、コルテスはキリスト教の利点についてトラスカラの指導者たちに説教しました。カシケはコルテスに「彼らの娘と姪の中で最も美しい」ものを与えました長老の娘XicotencatlはDoñaLuisaとして洗礼を受け、Maxixcatzinの娘はDoñaElviraとして洗礼を受けました。それらはコルテスからペドロ・デ・アルバラードフアン・ベラスケス・デ・レオンにそれぞれ与えられました。[45] :176–78 

伝説によると、彼はトラスカラの4人の指導者にバプテスマを受けるよう説得しました。Maxixcatzin、Xicotencatl the Elder、Citalpopocatzin、およびTemiloltecutlは、Don Lorenzo、Don Vicente、DonBartolomé、およびDonGonzaloの名前を受け取りました。これらの指導者がカトリックの信仰を理解したかどうかを知ることは不可能です。いずれにせよ、彼らはすでに複雑な神々のパンテオンに、天の支配者であるクリスチャンの「ディオス」(スペイン語で)を加えることに何の問題もなかったようです。贈り物の交換が行われ、コルテスとトラスカラの間の非常に重要で効果的な同盟が始まりました。[70]

コルテスはチョルラに行進します

一方、トラスカラとの戦いの後、スペインの陣営にいたモクテズマの大使は、トラスカラの同盟国であるウエホツィンゴではなく、アステカの支配下にあったチョルラを経由してメキシコへの道を進むようコルテスに圧力をかけ続けた彼らは、コルテスが「貧しくて育ちの悪い人々の間で」長い間トラスカラに滞在していたことに驚いた。[45] :166、185–86 

チョルラはメソアメリカで最も重要な都市の1つであり、2番目に大きく、おそらく最も神聖な都市でした。[要出典]その巨大なピラミッド(エジプトの大ピラミッドよりも体積が大きい)[71]は、アステカの宗教の最も有名な場所の1つになりましたしかし、コルテスはテノチティトランに向かって行進したとき、チョルラを宗教の中心地というよりも後衛に対する軍事的脅威として認識していたようです。彼は都市に入るための外交的解決策を試みるために先に使者を送りました。

アステカ帝国との戦争をまだ開始することを決定していなかったコルテスは、妥協案を提示することを決定しました。彼はアステカ大使の贈り物を受け入れ、同時に、チョルラへの行進でポーターと1,000人の戦士を提供するというトラスカラ同盟国の申し出を受け入れました。彼はまた、ペドロ・デ・アルバラードベルナルディーノ・バスケス・デ・タピアの2人を大使としてテノチティトランに直接派遣し、適切なルートを探しました。[45] :186–88 

チョルラの虐殺

チョルラの虐殺。Lienzo de Tlaxcala
チョルーラの虐殺、フェリックス・パラ著、1877年。

Cholulaで何が起こったのかについて矛盾した報告がありますモクテスマはコルテスと彼の軍隊の前進に力強く抵抗することを決定したようであり、モクテスマはチョルラの指導者たちにスペイン人を止めようと命じたようです。チョルラは非常に小さな軍隊を持っていました。なぜなら、彼らは神聖な都市として、彼らの名声と神々に自信を持っていたからです。トラスカルテカの年代記によると、チョルラの司祭たちは、侵略者に対して彼らの主要な神であるケツァルコアトルの力を使うことを期待していました。[45] :193、199 

コルテスと彼の部下は積極的な抵抗なしにチョルラに入った。しかし、彼らは市の指導者たちに会わず、3日目に食べ物や飲み物を与えられませんでした。[45] :192  人のCempoalansが都市の周りに要塞が建設されており、Tlaxcalansがスペイン人に警告していると報告した。[45] :193 最後に、マリンチェはコルテスに、チョルラの領主の一人の妻と話した後、地元の人々が眠っている間にスペイン人を殺害する計画を立てていることを知らせた。[45] :196 噂が本当かどうかはわからなかったが、コルテスは先制攻撃を命じた。、Cholulansの敵であるTlaxcalansによって促されました。コルテスは本堂で市の指導者たちと対峙し、彼らが彼の部下を攻撃することを計画していると主張した。彼らはモクテズマから抵抗するように命じられたことを認めたが、彼の命令に従わなかったと主張した。とにかく、命令に応じて、スペイン人は教訓として役立つために地元の貴族の多くを捕まえて殺しました。[45] :199 

彼らはチョルラの指導者であるトラキアハトラルキアックを捕らえ、都市に火を放つよう命じた。軍隊はXacayatzinの宮殿で始まり、次にChialincoYetzcolocに行きました。コルテスは王への手紙の中で、3時間以内に彼の軍隊(トラスカルテカの助けを借りて)が3,000人を殺し、街を焼き払ったと主張した。[72]別の目撃者、ヴァズケス・デ・タピアは、死者数は3万人にも上ると主張した。しかし、女性と子供、そして多くの男性がすでに街から逃げていたので、[45] :200–01 それほど多くの人が殺された可能性は低いです。とにかく、チョルラの貴族の虐殺はメキシコ征服の悪名高い章でした。

虐殺に至るまでの出来事のアステカとトラスカルテカの歴史はさまざまです。トラスカルテカは、彼らの大使パトラワツィンがチョルラに送られ、チョルラによって拷問されたと主張した。したがって、コルテスはチョルラを攻撃することによって彼に復讐していました。[40] :46–47 (Historia de Tlaxcala、porDiegoMuñozCamargo、lib。IIcap。V.1550)。アステカ版はトラスカルテカに責任を負わせ、ウエホツィンゴの代わりにコルテスがチョルラに行くことに憤慨したと主張した。[73]

虐殺は、アステカ族に所属する他の都市国家やグループ、そしてアステカ族自身に萎縮効果をもたらしました。虐殺の物語は、アステカ帝国の他の都市に、同じ運命を危険にさらすのではなく、コルテスの提案を真剣に楽しませるように説得しました。[45] :203 

コルテスはその後、チョルラの人々が彼を策略で扱い、したがって罰せられたというメッセージとともに使者をモクテズマに送りました。[45] :204 

コルテスへの返答の1つで、モクテスマはチョルラでの抵抗について地元のアステカ駐屯軍の指揮官を非難し、コルテスが金と銀の贈り物でテノチティトランに来ることを思いとどまらせようとした彼の長年の試みが失敗したことを認識し、モクテスマはついに招待しましたスペインの情報筋によると、征服者たちは他に何もできないと感じた後、彼の首都を訪れました。[52] [45] :205–06 

テノチティトランへの入国

スペイン征服前夜のメキシコ盆地の地図

1519年11月8日、チョルラの陥落後、コルテスとその部隊はメシカ-アステカの島の首都であるテノチティトランに入りました。[45] :219 この都市は、当時世界最大の都市の1つであり、それまでの南北アメリカで最大だったと考えられています。[74]最も一般的な推定では、人口は約60,000人から300,000人を超えています。[75] 1519年にテノチティトランの人口が25万人だったとすると、テノチティトランはおそらくナポリコンスタンティノープルを除くヨーロッパのどの都市よりも大きく、セビリアの4倍の大きさだったでしょう[74]

アステカ人にとって、テノチティトランは帝国の「祭壇」であり、ケツァルコアトルが最終的に戻る都市でもありました。[76]

モクテスマに歓迎されたコルテス

会談すると、エルナンコルテスは女王、カスティーリャのドーニャフアナの代表であると主張し、彼女の息子であるカスティーリャのカルロス1世と、スペイン王室の聖ローマ皇帝カール5世が登場しました。[77] サハグンは、モクテスマがコルテスをジャイアンツコーズウェイのテノチティトランに迎えたと報告している。[45] :216–17  "モクテスマに同行した首長は次のとおりでした:テスココの王カカマ(altepetl) ;トラコパンの王Tetlepanquetzaltin、トラコパンの王Itzcuauhtzin Tlacochcalcatl、トラテロルコの領主(altepetl); トラテロルコのモテクゾマの会計係であるトパンテモック。」[ 40 ] :65 モクテズマと彼の首長は、肩に羽と宝石で燃える金で飾られていた。交換。[79]

モクテスマは、兄のクィトラワクと甥のカカマツィンと一緒にコルテスに挨拶しに行きましコルテスは指揮官の前を歩き、モクテスマを受け入れようとしましたが、クィトラワクとカカマツィンに拘束されました。[44]コルテスは皇帝に触れることを許可されていなかった。誰も許可されませんでした。[77]

「MotecuhzumaはCortésを受け取ります。湖でメキシコのダンス。」JuanGonzálezとMiguelGonzálezによる。1698年

挨拶の後、モクテスマはコルテスだけに貴重な羽毛細工の花、金色の宝石をちりばめたネックレス、そして花輪を身に着けました。その後、モクテスマはコルテスを女神トチの神社に連れて行き、そこで彼は彼にもっとプライベートな挨拶をし、そこで彼は実際にアステカ帝国をコルテスに与えた[44][77]

モクテズマの挨拶の断片は次のように述べています。あなたの王位。ああ、それは少しの間あなたに予約されていました、それは去った人々、あなたの代理人によって保存されました...これは私たちの支配者によって言われたことです、この都市を統治した人々はこの都市を支配しました。あなたがあなたの王位、あなたの場所、あなたがここに来ることを求めるようになること。土地に来て、来て、休むこと。あなたの王家を所有し、あなたの体に食物を与えること。」[40] :64  [80]

モクテスマには、モクテスマの父であるアシャヤカトルの王宮がコルテスのために用意されていました。[45] :218 スペイン遠征隊とその同盟国がテノチティトランに入ったのと同じ日に、モクテスマはコルテスとその部下を訪ねてきた。この2回目の会議で何が起こったのかは、依然として議論の余地があります。いくつかのスペイン語版によると、数年または数十年後に書かれた、モクテスマは最初にグレートコーズウェイのコルテスへの彼の以前の華やかな歓迎を繰り返しましたが、その後、アステカの伝統と伝承の観点からスペインの遠征が何を表しているかについての彼の見解を説明しました、コルテスと彼の部下(淡い、東からのひげを生やした男)がアステカの伝説からの登場人物の帰還であるという考えを含みます。[45] :220–21 この説明の終わりに、皇帝はスペイン国王への忠誠を誓い、コルテスを国王の代表として受け入れました。ディアスによれば、モクテスマはコルテスに言った、「あなたの偉大な王に関しては、私は彼の借金を負っており、私が持っているものを彼に与えるでしょう」。[45] :223 

アシャヤカトル宮殿にいる間、征服者たちはモクテスマが父親から受け継いだ財宝を保管していた秘密の部屋を発見しました。宝物は「大量の金色の物体–宝石、皿、インゴット」で構成されていました。ディアスは、「そのすべての富の光景は私を驚かせた」と述べた。[45] :218、242 

コルテスは後にモクテスマに、宗教の中心的な場所である本堂のピラミッドの頂上まで114段の階段を上った後、ウィツィロポチテスカトリポカの2つの大きな偶像の隣に十字架と聖母マリアの像を建てることを許可するように依頼しました権限。[81]モクテズマと彼のパパは提案に激怒し、モクテズマは彼の偶像を「私たちに健康と雨と作物と天気、そして私たちが望むすべての勝利を与えてください」と主張した。[45] :237 

征服者とそのトラスカラ同盟国がテノチティトランに入る

十字架と聖母マリアの像を上げるという質問をめぐるコルテスの要請の後、メシカはコルテスのヴィラリカ巡査フアンデエスカランテと多くのトトナック族を含む、コルテスが海岸に残した7人のスペイン兵を殺害しました。コルテスは5人の船長とドーニャマリーナとアギラールとともに、モクテスマに「私たちと一緒に静かに私たちの宿舎に来て、抗議しないでください...あなたが叫んだり騒ぎを起こしたりすると、すぐに殺されます」と説得しました。Moctezumaは後にQualpopocaに関係していましたそしてスペインの兵士を殺した彼の船長。これらのモクテスマの船長は「火刑に処せられた」と宣告されたが、モクテスマは「彼の町での反乱」またはスペイン人が「彼の代わりに別の王子を立てようとする」ことを恐れて、囚人のままであった。これは、モクテスマの首長、甥、そして関係者がスペイン人を攻撃するべきだと示唆しているにもかかわらずです。[45] :243–49 

1519年11月14日の時点で、モクテスマはそれ以上の抵抗に対する保険としてコルテスの囚人でした。1520年5月末まで、モクテスマはアシャヤカトルの宮殿でコルテスと暮らしていました。

しかし、モクテスマは引き続き皇帝として行動し、コルテスの全体的な支配下に置かれました。[45] :248 投獄されている間、モクテスマは「私たちの神々が私たちに彼を監禁する力を与えたか、ウィツィロポチがそれを許可したので、彼は囚人になって喜んだ」と述べた。彼はコルテスと一緒にトトロクのゲームをすることさえしました。[45] :252 カカマツィンの反逆の後、モクテスマと彼のカシケは、スペイン国王に対してより正式な忠誠の誓いを立てることを余儀なくされたが、モクテスマは「彼の涙を抑えることができなかった」。[45] :265 モクテズマは彼のカシケに語った「彼らの先祖伝来の伝統は、彼らの記録簿に記されており、男性は日の出の方向から来てこれらの土地を支配するだろう」と「彼は信じていた...私たちはこれらの男性だった」。[45] :264 

コルテスは、サカトゥラタクステペック、およびチナンテクの土地でアステカの金の供給源を調査するために遠征隊を派遣しました[45] :265–69 その後、モクテズマは彼の父の宝物を含むスペインの王に敬意を表するようになりました。これらの宝物であるスペイン人は溶けて、鉄の型が刻印された金の棒を形成しました。[40] :66–68  [45] :270–72 最後に、モクテズマはカトリックの征服者にアステカの偶像の隣の彼らの寺院に祭壇を建てさせました。[45] :277 

最後に、アステカの神々は、メキシコのパパ、または司祭に、スペイン人が殺されて海を越えて追い返されない限り、彼らは留まらないだろうと言ったと言われています。[説明が必要]モクテスマはコルテスに命が危険にさらされていたので、すぐに立ち去るように警告した。[45] :278–79 貴族の多くはクィトラワクの周りに集まった [ 45] :294 モクテスマの兄弟と彼の相続人。しかし、彼らのほとんどは、皇帝からの命令がない限り、スペイン人に対して明白な行動を取ることはできませんでした。[45] :247 

ナルヴァエスの敗北

1520年4月、コルテスはモクテスマから、パンフィロデナルバエスの指揮下にある19隻の船と1400人の兵士からなるはるかに大きなスペイン軍の部隊が到着したと告げられましたナルバエスは、ベラスケスの命令に逆らったコルテスを殺害または捕獲するために、キューバからベラスケス知事によって派遣されました。[45] :281 

コルテスは、モクテスマを守るために頭の強いペドロ・デ・アルバラードの指揮下にある「最も信頼性の低い兵士」を残して、センポアラに進出したナルバエスに対抗しました。コルテスは夜の攻撃で彼の敵対者を驚かせました。その間、彼の部下はナルバエスの目を負傷させ、彼を捕虜にしました。コルテスが敗北した兵士が国に定住することを許可した後、彼らは「多かれ少なかれ喜んでコルテスの側に渡った」。エルナン・コルテスは、「彼らを豊かにし、彼らに命令を与えることを約束した」ときに彼らの支持を得ました。その後、コルテスは包囲されたアルバラドと他の侵略者を救済するためにテノチティトランに迅速に戻りました。[45] :282–84  [説明が必要]

コルテスは、1520年6月の聖ヨハネの日、1,300人の兵士と96頭の馬、さらに2,000人のトラスカラの戦士とともに、シエラマドレオリエンタルを越えて困難なトレッキングで合同部隊を率いてメキシコに戻りました。[45] :284 

アステカの反応

コルテスが5月下旬にテノチティトランに戻ったとき、彼はアルバラドと彼の部下がアステカ人によって組織された宗教祭の間に起こった大虐殺でアステカの貴族の多くを攻撃して殺したことを発見しました。寺院はアステカの宇宙論的見解の中心でした。神殿は、豊饒、山、雨、大地の神々など、さまざまな神々に捧げられた供物の埋葬地としての役割を果たしました。[82]宗教的および文化的記念碑としての大寺院の中心性と重要性を考慮すると、このような場所を攻撃する決定に影響を与えた可能性があります。コルテスへのアルバラドの説明は、スペイン人は、アステカ人が祭りが完了すると市内のスペインの駐屯軍を攻撃することを計画していることを知っていたので、先制攻撃を開始したというものでした。[45] :286 

テノチティトランからのスペインの撤退

17世紀に描かれた悲しき夜

いずれにせよ、スペイン人が予期していなかったスペインの攻撃の後、都市の人口は一斉に増加しました。[83] [説明が必要]激しい戦闘が続き、アステカ軍はスペイン人とモクテスマを収容する宮殿を包囲した。アルバラドと残りのスペイン人は、アステカ人によって1か月間人質にされました。[83]テノチティトランの貴族は、クィトラワクヒューイ・トラトアニ皇帝)として選んだ。コルテスはモクテスマに宮殿のバルコニーから彼の民に話しかけ、スペイン人が平和に海岸に戻るように説得するように命じました。モクテズマは嘲笑され、石が投げつけられ、致命傷を負った。[45] :287–94 アステカの情報筋は、スペイン人が彼を殺したと述べています。[40] :90 

コルテスはトラスカラと同盟を結んでいた。この同盟には、アステカの首都テノチティトランの追い越しを含む多くの勝利がありました。彼らの首都は宇宙の中心地として使われ、そこで彼らは人体と瀉血の両方を通して神々に犠牲を捧げました。首都はまた、中央および帝国主義の政府の管理のために使用されました。戦争の準備は彼らの首都で始まりました。[84]スペイン人とトラスカラを含む彼らの同盟国は、テノチティトランの人々が彼らに反対して立ち上がったので、中心都市から逃げなければなりませんでした。スペイン人の状況は悪化するだけでした。アステカ人が都市と周辺の土地をつなぐ土手道の隙間に架かる橋を撤去したため、コルテスの部下は湖の水を渡るために携帯用の橋を建設しました。1520年7月10日の雨の夜、スペイン人とその同盟国は、トラコパンへの土手道を経由して本土に向けて出発しました。彼らは最初の隙間に携帯用橋を配置しましたが、その瞬間に彼らの動きが検出され、アステカ軍が土手道に沿って、そして湖のカヌーによって攻撃しました。このようにスペイン人は、両側に水や建物がある狭い道路で捕まりました。[45] :297–99、305 

リトリートはすぐに敗走に変わりました。スペイン人は、最初の隙間からポータブルブリッジユニットを取り外すことができないことを発見したため、それを置き去りにするしかありませんでした。コルテスと他の騎手によって残されたスペインの歩兵の大部分は、彼らに反対するアステカの戦士の大衆を通り抜けなければなりませんでした。スペイン人の多くは、鎧と戦利品で圧迫されたり、土手道の隙間で溺死したり、アステカ人に殺されたりしました。スペイン人がテノチティトランで獲得した富の多くは失われました。橋は後に「アルバラードの飛躍」と呼ばれました。[45] :299–300、306 

チャンネルは現在、メキシコシティの「プエンテデアルバラド」(アルバラドの橋)と呼ばれる通りになっています。これは、アルバラドが目に見えない橋を渡って逃げたように見えたためです(Hhは、彼の前にいた兵士や攻撃者の体を歩いていた可能性があります。湖の浅さ。)。[要出典]

コルテスは、トラコパンで本土に到着すると、彼らの損失を嘆いたと言われています。このエピソードは「悲しき夜」と呼ばれコルテスが泣いたとされる古い木(「悲しき夜」)は今でもメキシコシティの記念碑です。

アステカ人は、トラスカラの同盟国に導かれて、トラスカラの聖域に向かってズンパンゴ湖を移動したスペイン人を追跡し、嫌がらせをしました。1520年7月14日、アステカ人はオツンバの戦いでスペイン人を永久に破壊しようとしましたスペインの歩兵は圧倒されましたが、圧倒的な数の敵の戦士を阻止することができました。一方、コルテスの指揮下にあるスペインの騎兵隊は、敵を何度も突撃しました。コルテスと彼の部下がアステカの指導者の一人を殺したとき、アステカは戦いを打ち切り、フィールドを去りました。[45] :303–05 

この後退で、スペイン人は大きな犠牲者を出し、860人の兵士、5人の女性を含むコルテスのグループの他の72人のスペイン人メンバー、および1,000人のトラスカラの戦士を失いました。カカマツィンを含むコルテスに忠誠を誓う数人のアステカの貴族とその家族も、モクテズマの息子と2人の娘を含めて亡くなりました。[45] :302、305–06 

スペイン人はトラスカラに避難所を見つけます

オツンバの戦いを描いた、リエンツォデトラスカラのページ

スペイン人はトラスカラへの脱出を完了することができました。そこでは、440頭すべてが負傷し、残りの馬は20頭​​だけだったので、彼らは援助を受けました。MaxixcatzinXicotencatl the Elder、ChichimecatecleはCortésの部下に次のように語っています。以前の男性、私たちはあなたを今はとても勇敢だと考えています。」[45] :306–07 

パヌコ川の集落が放棄され、キューバとスペインから補給船が到着したとき、コルテスは援軍を獲得しました。コルテスはまた、13のブリガンティンを建造し、それらに大砲を搭載させ、テスココ湖をテノチティトランを攻撃するための戦略的な水域に変えました。しかし、 Xicotencatl the Youngerはメキシコ人との同盟を求めたが、反対された。[45] :309–11 

コルテスはディエゴ・デ・オルダスとナルバエズの部下の残党をスペインへの船で送り、フランシスコ・モンテホはサント・ドミンゴへの船で王立裁判所での彼の事件を代表するために送りました。[45] :311 

先住民がスペイン人が「メキシコ人が行っていたレイプと強盗に終止符を打った」ことに気づいた後、コルテスは国を鎮めることができました。最後に、ドン・ロレンツォ・デ・バルガスとして洗礼を受けた長老のシコテンカトルは、テスココに対するコルテスの遠征を支援することに同意しました。ベルナル・ディアスによれば、1520年のクリスマスの翌日にコルテスが行進したとき、彼はチチメカテクルの指揮下で10,000人以上の戦士を派遣した。[45] :309、311–12 

テノチティトラン包囲戦と崩壊

アステカ人は、1520年9月に始まった天然痘の疫病に襲われました。これは70日間続きました。彼らの新しいリーダーである皇帝クィトラワクを含む多くの人々が殺されました。[40] :92–93 

トラスカラとコルテスの合同部隊は手ごわいことが証明されました。彼らはアステカの支配下にあるほとんどの都市を一つずつ引き継ぎ、一部は戦闘中、その他は外交によって引き継いだ。結局、テノチティトランと隣接する都市トラテロルコだけが征服されなかったか、スペイン人と同盟を結ばなかった。[45] :326–52 

エルナン・コルテスは2人のアステカと戦います。

その後、コルテスはテノチティトランに近づき、本土から土手道を切り取り、スペイン人によって建設され、陸路で湖に運ばれた武装したブリガンティンで湖を支配することを含む都市の包囲を開始しました。テノチティトラン包囲戦は8ヶ月続きました包囲者たちは食糧の供給を遮断し、都市に水を運ぶ水道橋を破壊しました。[45] :359、368 

新しい皇帝クアウテモックによって組織された頑固なアステカの抵抗にもかかわらず、モクテスマ2世、テノチティトラン、トラテロルコのいとこは1521年8月13日に倒れ、その間に皇帝はカヌーで街を脱出しようとして捕らえられました。都市の包囲とその防衛は両方とも残忍でした。主に彼が彼の王と皇帝に都市を提示したかったので、コルテスは外交を通して包囲を終わらせるためにいくつかの試みをしました、しかしすべての申し出は拒否されました。戦闘中、ディフェンダーは、スペイン人捕虜70人から、スペイン人を激怒させたウィツィロポチトリまで、殴打する心を切り落としました。[45] :386–87、391、401–03 

その後、コルテスは神殿にいるアステカの神々の偶像を降ろし、キリスト教のアイコンに置き換えるように命じました。彼はまた、神殿が二度と人身御供に使われることはないと発表しました。アステカ帝国の原住民の間で一般的な人身御供と共食いの報告は、コルテスを動機付け、死ぬまで戦っている間降伏を避けるように兵士を励ます主な理由でした。[45]

テノチティトランは、トラスカルテカの人員に加えて、包囲中に火と大砲の火を使ってほぼ完全に破壊されました。そして、それが最終的に落ちた後、スペイン人はすぐにその場所にメキシコシティになる基礎を確立し始めたので、破壊を続けました。 。生き残ったアステカの人々は、テノチティトランとその周辺の島々に住むことを禁じられ、トラテロルコに住むことを追放されました。

さらなるスペインの征服戦争

ミチョアカン

コルテスのライバルであるヌーニョ・デ・グスマンは、ミチョアカンの征服でトラスカラの同盟国と共にスペインの兵士を率いました。

アステカ帝国の崩壊について聞いた後、タラスカの支配者(カソンシのタンガシュアン2世はスペインの勝利者に使者を送りました(タラスカの国家はアステカ帝国と同時代であり、敵でした)。数人のスペイン人が彼らと一緒にツィンツンツァンに行き、そこで彼らは支配者に提示され、贈り物が交換されました。彼らは金のサンプルを持って戻ってきて、タラスカ王国へのコルテスの関心が目覚めました。

1522年、クリストバルデオリドの指揮下にあるスペイン軍がタラスカの領土に派遣され、数日以内にツィンツンツァンに到着しました。タラスコ軍は数千人、おそらく10万人にも上るが、決定的な瞬間に彼らは戦わないことを選んだ。[85]タンガシュアンはスペイン政府に服従したが、彼の協力により、かなりの自治権が認められた。その結果、コルテスとタンガシュアンの両方が次の年にミチョアカンの支配者であると見なすという奇妙な取り決めが生じました。この地域の住民は両方に敬意を表しました。

当時最初のアウディエンシアの大統領だったヌーニョ・ベルトラン・デ・グズマンは、征服する新しい人口を求めて5,000〜8,000人の部隊でメキシコ北西部を行進することを決定しました。彼がミチョアカンに到着したとき、タンガシュアンがまだ事実上​​の支配者であることがわかりました。彼の帝国の彼はカソンシに対してタラスカの高貴なドンペドロパンザクイニエランガリと同盟を結びました。カソンシは反乱を企て、賛辞を差し控え、ソドミーと異端を企てて裁判にかけられ、拷問され処刑されました[86]彼の灰はレルマ川に投げ込まれた暴力と混乱の時代が始まりました。次の数十年の間に、タラスコ族の傀儡支配者はスペイン政府によって設置されました。

ユカタン半島の征服

スペインによるユカタンの征服には約170年かかりました。ネイティブアメリカンに大きな打撃を与え、人口を半分に減らし、伝統的な社会構造を弱体化させた3つの別々の流行がなければ、プロセス全体はもっと長くかかったかもしれません。[87]

チチメカ戦争

ペドロデアルバラードの1541年の死、先住民のコーデックステレリアーノ-レメンシスに描かれています。彼の頭の右側にあるグリフは、彼のナワトル語の名前、トナティウ(「太陽」)を表しています。

スペインによる中央メキシコの征服後、遠征隊はメソアメリカのさらに北に向かって、ラグランチチメカとして知られる地域に送られました。ヌーニョ・ベルトラン・デ・グズマンの下での遠征は、チチメカ族に特に厳しく、テナマックストリの指導の下で反乱を起こし、ミシュトン戦争を開始しました

1540年、チチメカ族はミシュトンノチストラン、その他の山間の町を強化し、グアダラハラのスペイン人の入植地を包囲しました。有名な征服者ペドロ・デ・アルバラードは、クリストバル・デ・オニャーテ知事代理の助けを借りて、ノチストランへの攻撃を主導しました。しかし、チチメカ族は反撃し、アルバラドの部隊は敗走した。ドン・アントニオ・デ・メンドーサ副王の指導の下、スペイン軍とそのインドの同盟国は、最終的に町を奪還し、抵抗を抑えることに成功しました。しかし、その後の数年間で戦闘は完全に停止することはありませんでした。

1546年、スペイン当局はサカテカス地方で銀を発見し、チチメカ族の領土に鉱業集落を設立し、地形とチチメカ族の伝統的な生活様式を変えました。チチメカ族は、「銀の道」に沿って旅行者や商人を攻撃することにより、祖先の土地への侵入に抵抗しました。続くチチメカ戦争(1550–1590)は、スペイン軍と南北アメリカの先住民との間で最も長く、最も費用のかかる紛争になるでしょう。攻撃は年を追うごとに激化した。1554年、チチメカ族は60台の貨車の列車を攻撃し、30,000ペソ以上の貴重品を捕獲したときに、スペイン人に大きな損失を与えました。1580年代までに、数千人が亡くなり、チチメカ族の領土にあるスペインの鉱山集落は絶えず脅威にさらされていました。1585年、ビジャマンリケ侯爵のドン・アルバロ・マンリケ・デ・ズニガが副王に任命されました。副王は、一部のスペイン兵が平和なインディアンの村を奴隷制に売り込むために襲撃することで収入を補い始めたことを知って激怒しました。紛争の軍事的終焉は見えず、彼はその地域に平和を取り戻すことを決意し、チチメカ族の指導者と交渉し、土地、農産物、その他の物資を提供することにより、本格的な平和攻勢を開始しました。この「購入による平和」の方針は、ついにチチメカ戦争を終結させました。[88] l

スペインの支配下にあるアステカ人

インディアス枢機会議は1524年に、最初のアウディエンシアは1527年に設立されました。1535年、神聖ローマ皇帝カール5世(チャールズ1世として知られるスペイン国王)は、スペインの貴族ドンアントニオデメンドーサを最初の副官に任命しました。ニュースペインメンドーサは、キューバのベラスケス知事の権威を放棄したときに、彼が独立心を持ち、公式の命令に逆らったことを示したメキシコの征服者エルナン・コルテスとは異なり、スペインの王冠に完全に忠実でした。「ニュースペイン」という名前はコルテスによって提案され、後にメンドーサによって正式に確認されました。

アステカ帝国は、1521年8月にスペインによるテノチティトランの最終征服で消滅しました。帝国は、テノチティトランのメキシコと同盟または征服された別々の都市国家で構成され、テノチティトランを維持しながらメキシコに敬意を表しました。内部支配構造。これらの政体は現在スペインの支配下にあり、支配エリートと賛辞を払う平民の内部構造、および土地所有と他の経済構造はほとんど無傷のままです。歴史家チャールズ・ギブソンによる2つの重要な作品、16世紀Tlaxcala(1952)[89]と彼のモノグラフThe Aztecs Under Spanish Rule:A History of the Indians of the Valley of Mexico、1519–1810(1964)[90]スペインの征服から1810年のメキシコ独立時代まで、先住民とそのコミュニティの歴史学を再構築する上で中心的な役割を果たしました。[91]

最近では新文献学と呼ばれるメソアメリカ 民族史の一部門の一部であった学者は、先住民の言語の先住民のテキストを使用して、スペイン植民地支配の時代に先住民がどのように生活していたかをかなり詳細に調べることができました。植民地時代の先住民のテキストを主な情報源として利用している主要な作品は、ジェームズ・ロックハートの「征服後のナフア:征服後の中央メキシコの歴史と哲学」です。[92]征服前の先住民の構造のかなりの継続性がどれほど可能であったかを理解するための鍵は、スペインの植民地時代の先住民の貴族の利用でした。植民地時代には、先住民の貴族はスペイン植民地政権によって主に貴族として認識され、貴族には貴族のスペインの称号ドン、貴族の女性にはドーニャなどの特権がありました。今日まで、モクテスマ公爵の称号はスペインの高貴な家族によって保持されています。先住民の貴族の何人かはスペイン語を学びました。スペインの修道士は先住民族にラテン文字で自分の言語を書くように教えました。それはすぐに地方レベルで自己永続的な伝統になりました。[93]彼らの生き残った著作は、植民地時代のナワ族の知識において非常に重要です

メキシコ中部の最初の托鉢修道士、特にフランシスコ会とドミニコ会は、先住民に母国語で伝道するために、ナワトル語の先住民の言語を学びました。初期のメンディカントは、キリスト教化のプロジェクトを進めるためにテキストを作成しました。特に重要なのは、フランシスコ会のフレイ・アロンソ・ド・モリーナによって編集された1571年のスペイン語-ナワトル語辞書[94]と、彼の1569年のバイリンガルのナワトル語-スペイン語の司祭向け告白マニュアルでした。[95]メキシコのフランシスカンによる主要なプロジェクトは、ベルナルディーノ・デ・サハグン兄弟のナワ族の宗教的信念と文化に関する知識の編集でした。先住民の情報提供者の使用を監督し、多くの重要なテキストを生み出し、12巻のテキストで最高潮に達しました。「ニュースペインの物事の一般的な歴史」は、フィレンツェのコーデックスとして英語で出版されました16世紀後半のインディアス枢機会議とフランシスコ会の命令によるスペインの王冠は、彼らが異端であり、インディアスの真の回心を妨げることを懸念して、司祭や聖職者によって書かれた先住民の言語での作品に対してますます敵対的になりました。[96]

現在のメキシコの征服に参加したスペイン人に報酬を与えるためにスペインの王冠は、先住民の労働力の付与、特にエンコミエンダを介した労働への先住民コミュニティ全体の割り当てを承認しました。先住民族はこのシステムの下では奴隷ではなく、動産は彼らの故郷コミュニティで売買または撤去されましたが、それでもこのシステムは強制労働の1つでした中央メキシコの先住民は、労働力を与え、彼らの政体のエリートに製品を提供し、それらのエリートをテノチティトランのメシカの大君主に捧げる慣習を持っていたので、スペインのエンコミエンダ制は既存の労働サービスのパターンに基づいて構築されました。[[要出典]

植民地時代初期のメキシコのスペイン人征服者は、先住民の労働から離れて暮らしていました。先住民に対するいくつかの恐ろしい虐待の事例のために、バルトロメ・デ・ラス・カサス司教は彼らを置き換えるために黒人の奴隷を輸入することを提案しました。ラスカサスは後に、黒人奴隷に与えられたさらに悪い扱いを見たときに悔い改めました。[97]

メキシコの福音化

この先住民の強制労働のシステムを永続させた他の発見は、ペルーの高地(現在のボリビア)のポトシや新世界のスペイン帝国の他の場所で発見された広大な銀山であり、強制的な先住民の労働とスペインに流れた富のほとんどに貢献しました。

ウェストによれば、「奴隷制はアステカ人とその隣人の間で確立された制度でした」。「征服の間、スペイン人は合法的に多くの先住民(男性、女性、子供)を戦利品として奴隷にし、頬に各個人をブランド化しました。」実際、「コルテスは数百を所有し、主に金の配置に使用されていました。」インドの奴隷制は1542年に廃止されましたが、1550年代まで続いていました。[98]

スペインは、プロテスタント改革と戦い、トルコのヨーロッパ侵攻を阻止するために、この富を大量に傭兵に雇いましたヨーロッパの製造品はアジアと中東で需要がなかったため、銀は海外で商品を購入するために使用されました。マニラガレオン船は、南米の鉱山から中国に直接、陸地のシルクロードよりもはるかに多くの銀を持ち込みました。インド洋のヨーロッパの交易路でさえも可能でした

アステカの教育制度は廃止され、非常に限られた教会教育に取って代わられました。アマランサスなど、メソアメリカの宗教的慣習に関連するいくつかの食品でさえ禁止されていました。[要出典]カトリックの宣教師はアステカの文化的伝統に反対するキャンペーンを行い、他のキリスト教以前の伝統と同様に、サイロシビンキノコの使用はすぐに抑制されました。人々をカトリックに改宗させる際に、スペイン人はテオナナカトルから聖体のカトリック秘跡への切り替えを求めました。この歴史にもかかわらず、一部の遠隔地では、テオナナカトルの使用が続いています。[99]

16世紀には、おそらく24万人のスペイン人がアメリカの港に侵入しました。彼らは次の世紀に45万人が加わった。[100]北米の英語を話す入植者とは異なり、スペイン人の入植者の大多数は、先住民と結婚したり妾を作ったりした独身男性であり[要出典]イザベラ女王から植民地化。これらの組合の結果として、妾[要出典]と秘密の愛人の結果として、メスティーソとして知られる混血の個人は、スペインの征服後の何世紀にもわたってメキシコの人口の大多数になりました。

アステカの文化的描写

オペラ「ラ・コンキスタ」のシーン、2005年

スペインによるアステカ帝国の征服は、オペラ「ラ・コンキスタ」(2005年)と、イタリアの作曲家ロレンツォ・フェレーロによる6つの交響詩「ラ・ヌエバ・エスパーニャ」(1992〜99年)の主題です。

コルテスの征服は、数多くのテレビドキュメンタリーに描かれています。これらには、Engineering an Empireのエピソードや、BBCシリーズのHeroes and Villainsが含まれ、CortésはBrianMcCardieによって描かれています。

征服への道(1947)は、初期のコルテスとアステカについてです。

遠征は、主人公のトゥリオとミゲルがエルナンコルテスのメキシコへの艦隊の密航者として終わるため、アニメーション映画「エルドラドへの道」にも部分的に含まれていました。ここでは、コルテスは容赦のない野心的な悪役として表されており、新世界の伝説的な金の街、エルドラドを見つけるための探求をリードしています。エルナン・コルテスの声はジム・カミングスです。

文化的アイデンティティを維持するためのアステカ人の闘争を含むスペインの征服の余波は、サルバドール・カラスコ監督のメキシコの長編映画「その他の征服」の主題です。

歴史家のダニエレ・ボレッリは、彼の「History on Fire」ポッドキャストの4つのエピソードで、スペインによる征服について詳細に取り上げました。[101]

メキシコの壁画家ディエゴリベラ(1886–1957)は、1929–1930 年にクエルナバカのコルテスパレスの壁にモレロスの歴史、征服と革命を描きました。

マヤ、ナワトル語、スペイン語で「エルナン」と題された歴史劇シリーズは、2019年にテレビシオンアステカ、ドーパミン、オンザエンターテインメントによって共同制作されました。プロットは、ヘルナンコルテスとその幹部を中心に、メキシコ沿岸に到着してから敗北するまでを中心に展開しています。メキシカ。

テノチティトランの堕落の架空のバージョンは、2019年のマーベルシネマティックユニバースの映画「エターナルズ」に描かれています。

も参照してください

メモ

  1. ^ Teoríadelabandera.GuidoVilla.1974「新世界の企業の大規模な発見と征服は、カスティーリャの化身の旗の下で会いました」。Las portentosas empresas del descubrimiento y la conquista del Nuevo Mundo、se cumplieron bajo los encarnados pendonesdeCastilla。
  2. ^ 「Indigenisoehispanismo」Arqueologíamexicana。2016年3月4日にオリジナルからアーカイブされました2015年10月20日取得 (スペイン語)
  3. ^ a b Thomas、Hugh.Conquest:Montezuma、Cortes、and the Fall of Old Mexico、(New York:Simon and Schuster、1993)、528–529。
  4. ^ a b c Clodfelter 2017、p。32。
  5. ^ Diaz、B.、1963、The Conquest of New Spain、London:Penguin Books、 ISBN 0140441239 :コルテスの部隊は、悲しきの間に最初に到着したすべての大砲を失ったと述べています。 
  6. ^ Bernard Grunberg、「La folle aventured'HernanCortés」、L'Histoire n°322、2007年7月から8月:コルテスは、パンフィロデナルバエスの軍隊を獲得する前に、15の大砲を持ってメキシコに到着したと述べています。
  7. ^ a b c d 作者、Restall、Matthew、1964年-(2019年1月15日)。モンテスマがコルテスに会ったとき:歴史を変えた会議の実話ISBN 978-0-06-242727-4OCLC1042102952 _ {{cite book}}|last=一般名があります(ヘルプ
  8. ^ ab 「アステカ帝国 征服パートI」www.spanishwars.net 2017年5月6日取得
  9. ^ タウンゼント、カミラ。マリンツィンの選択:メキシコ征服のインド人女性。p。92
  10. ^ a b マーク・A・バークホルダー、ライマン・L・ジョンソン(2019)。植民地時代のラテンアメリカ(第10版)。2019. pp。54–57。ISBN 97801906424022020年12月6日取得
  11. ^ Schwartz、Stuart B.(2000)。ビクターと打ち負かされた:メキシコ征服のスペインとナワの見解ボストン:ベッドフォード/セントマーティンズ。p。157. ISBN 978-0-312-39355-7
  12. ^ Ida Altman、etal。グレーターメキシコの初期の歴史、ピアソン、2003年、p。59。
  13. ^ Schwartz、Stuart B.(2000)。ビクターと打ち負かされた:メキシコ征服のスペインとナワの見解ボストン:ベッドフォード/セント マーティンズ。p。157. ISBN 978-0-312-39355-7
  14. ^ Egerton、Douglas R .; etal。(2007)。大西洋世界イリノイ州ウィーリング:Harlan Davidson、Inc.p。100. ISBN 978-0-88295-245-1
  15. ^ a b ロスハシグ(2006)。アステカ戦オクラホマ大学出版局:ノーマンとロンドン。ISBN 978-08061379332020年12月6日取得
  16. ^ ダグラス、ダニエル(1992)。「スペインによるアステカ征服の戦術的要因」人類学の四半期ごと65(4):187–194。土井10.2307/3317246JSTOR3317246_ S2CID73637531 _ 2020年12月6日取得  
  17. ^ Lockhart and Schwartz、初期ラテンアメリカ(1983)。特に第3章「島から本土へ:カリブ海の段階とその後の征服」を参照してください。
  18. ^ タウンゼント、カミラ。「マリンツィンの選択:メキシコ征服のインド人女性」ニューメキシコ大学出版会、2006年。p、36
  19. ^ a b エルナン・コルテスによるアステカ征服のタイムライン、https://www.thoughtco.com/hernan-cortes-conquest-of-aztecs-timeline-2136533
  20. ^ トーマス、ヒュー。"征服。" Apple Books https://itunes.apple.com/us/book/conquest/id593921773?mt=11
  21. ^ センポアラhttp://www.mexicoarcheology.com/cempoala/
  22. ^ レビー、バディ。征服者:エルナン・コルテス、モンテスマ王、そしてアステカの最後の立場。p。55-56
  23. ^ レビー、バディ。征服者:エルナン・コルテス、モンテスマ王、そしてアステカの最後の立場。p 62-64
  24. ^ トーマス、ヒュー。征服:モンテスマ、コルテス、そしてオールドメキシコの崩壊。p。237
  25. ^ トーマス、ヒュー。征服:モンテスマ、コルテス、そしてオールドメキシコの崩壊。p。237-246
  26. ^ タウンゼント、カミラ。マリンツィンの選択:メキシコ征服のインド人女性。p。60-62
  27. ^ 「スペイン人はディアスデルカスティージョからCholulansを攻撃する、第2巻、第83章」。アメリカ歴史学会。2012-10-08にオリジナルからアーカイブされました。2012年4月8日取得。
  28. ^ ディアス・デル・カスティージョ、ベルナル; 「ヒストリア・ヴェルダデラ・デ・ラ・コンキスタ・デ・ラ・ヌエバ・エスパーニャ」キャップCXXXpp.104-108。
  29. ^ ロベール・リカール、メキシコの精神的征服レスリーバードシンプソン訳。バークレー校:カリフォルニア大学バークレー校1966年。
  30. ^ サラ・クライン、「征服物語」、メソアメリカのオックスフォード百科事典、デビッド・カラスコ編。ニューヨーク:オックスフォード大学出版局2001、vol。1、p。248
  31. ^ Ida Altman、Sarah Cline、およびJavier Pescador、大メキシコの初期の歴史、第4章、「征服の物語」。ピアソン、2003年、73〜96ページ
  32. ^ Patricia de Fuentes、ed。征服者:一人称はメキシコの征服を説明します、ノーマン:オクラホマ大学プレス1993年。以前はオリオンプレス1963年発行。
  33. ^ コンキスタドール、パトリシア・デ・フェンテ、編集者および翻訳者「ペドロ・デ・アルバラードの2通の手紙」Norman:University of Oklahoma Press 1993、pp。182–96
  34. ^ 征服者の「匿名の征服者のクロニクル」:メキシコの征服の一人称パトリシア・デ・フェンテ、(編集者およびトランス)。Norman:University of Oklahoma Press 1993、pp。165–81
  35. ^ James Lockhart、 We People Here、カリフォルニア大学出版1991年、289〜97ページ
  36. ^ Fernando Alva Ixtlilxochitil, Ally of Cortés: Account 13 of the Coming of the Spaniards and the Beginning of the Evangelical Law. Douglass K. Ballentine, translator. El Paso: Texas Western Press 1969
  37. ^ Fray Bernardino de Sahagún, The Conquest of New Spain, 1585 Revision translated by Howard F. Cline, with an introduction by S.L. Cline. University of Utah Press 1989.
  38. ^ Fray Diego Durán, The History of the Indies of New Spain[1581], Trans., annotated, and with an introduction by Doris Heyden. Norman: University of Oklahoma Press, 1994.
  39. ^ James Lockhart, We People Here: Nahuatl Accounts of the Conquest of Mexico, University of California Press 1991, pp. 256–73
  40. ^ a b c d e f g h i j k León-Portilla, M. 1992, 'The Broken Spears: The Aztec Accounts of the Conquest of Mexico. Boston: Beacon Press, ISBN 978-0807055014
  41. ^ S.L. Cline "Introduction," History of the Conquest of New Spain, 1585 Revision by Bernardino de Sahagún, Salt Lake City: University of Utah Press 1989.
  42. ^ Lockhart, James, "Introduction" to William Hickling Prescott, History of the Conquest of Mexico, New York: The Modern Library, 2001, p. xxv.
  43. ^ Fray Bernardino de Sahagún, General History of the Things of New Spain (The Florentine Codex). Book 12. Arthur J.O. Anderson and Charles Dibble, translators. Salt Lake City: University of Utah Press.
  44. ^ a b c Tsouras, Peter (2005). Moctezuma: Warlord of the Aztecs. Washington, DC: University of Nebraska Press.
  45. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn Diaz, B., 1963, The Conquest of New Spain, London: Penguin Books, ISBN 0140441239
  46. ^ a b Egerton, Douglas R.; et al. (2007). The Atlantic World. Wheeling, Illinois: Harlan Davidson, Inc. p. 97. ISBN 978-0-88295-245-1.
  47. ^ Camilla Townsend, "Burying the White Gods: New Perspectives on the Conquest of Mexico" The American Historical Review Vol. 108, No. 3 (June 2003), pp. 659–87
  48. ^ Levy, Thomas. Conquest: Cortes, Montezuma, and the Fall of Old Mexico. p. 43
  49. ^ Restall, Matthew. Seven Myths of the Spanish Conquest. Oxford University Press (2003), ISBN 0-19-516077-0
  50. ^ Schwartz, Stuart B., ed. Victors and Vanquished: Spanish and Nahua Views of the Conquest of Mexico. Boston: Bedforf, 2000.
  51. ^ (p. 192)
  52. ^ a b Cohen, Sara E. (March 1972). "How the Aztecs Appraised Montezuma". The History Teacher. 5 (3): 21–30. doi:10.2307/491417. JSTOR 491417.
  53. ^ a b Hassig, Ross, Mexico and the Spanish Conquest. Longman: London and New York, 1994. p. 45
  54. ^ Ida Altman, S.L. (Sarah) Cline, The Early History of Greater Mexico, Pearson, 2003, p. 54
  55. ^ David A. Boruchoff, "Hernán Cortés," International Encyclopedia of the Social Sciences, 2nd ed. (Detroit: Macmillan, 2008), vol. 2, pp. 146–49.
  56. ^ Boruchoff, "Hernán Cortés."
  57. ^ Hassig, Ross, Mexico and the Spanish Conquest. Longman: London and New York, 1994. p. 46.
  58. ^ Thomas, Hugh. Conquest: Montezuma, Cortés, and the fall of Old Mexico p. 141
  59. ^ James Lockhart, Spanish Peru, 1532–1560., Madison: University of Wisconsin Press 1968.
  60. ^ Guerrero is reported to have responded, "Brother Aguilar, I am married and have three children, and they look at me as a Cacique here, and a captain in time of war [...] But my face is tattooed and my ears are pierced. What would the Spaniards say if they saw me like this? And look how handsome these children of mine are!" (p. 60)
  61. ^ Townsend, Camilla (2006). Malintzin's Choices: An Indian Woman in the Conquest of Mexico. Albuquerque: University of New Mexico Press. p. 12. ISBN 978-0826334053.
  62. ^ "Conquistadors – Cortés". PBS. Retrieved 31 October 2010.
  63. ^ Karttunen, Frances. "Malinche and Malinchismo" in Encyclopedia of Mexico, vol. 2, p. 777-78. Chicago: Fitzroy Dearborn 1997.
  64. ^ Tuck, Jim (9 October 2008). "Affirmative action and Hernán Cortés (1485–1547) : Mexico History". Mexconnect.com. Retrieved 31 October 2010.
  65. ^ Karttunen, Frances. "Rethinking Malinche," in Indian Women: Gender Differences and Identity in Early Mexico. Norman: University of Oklahoma Press 1993.
  66. ^ See: Restall, Matthew. Seven Myths of the Spanish Conquest. Oxford University Press: Oxford and New York, 2003.
  67. ^ Matthew Restall, "Seven Myths of the Spanish Conquest", 2003
  68. ^ Cortés Burns His Boats pbs.org
  69. ^ "Conquistadors – Cortés". PBS. Retrieved 31 October 2010.
  70. ^ Hugh Tomas, The conquest of Mexico, 1994
  71. ^ Evans, Susan Toby (2001). Archaeology of ancient Mexico and Central America, an Encyclopedia. New York & London: Garland Publishing, Inc. pp. 139–41.
  72. ^ "Empires Past: Aztecs: Conquest". Library.thinkquest.org. Archived from the original on 2 February 2009. Retrieved 31 October 2010.
  73. ^ Informantes de Sahagún: Códice Florentino, lib. XII, cap. X.; Spanish version by Angel Ma. Garibay K.
  74. ^ a b Russell, Philip L. (2010). The history of Mexico from pre-conquest to present. New York: Routledge. p. 12. ISBN 9781136968280. Retrieved 21 October 2016.
  75. ^ Denevan, William M., ed. (1992). The Native population of the Americas in 1492 (2nd ed.). Madison, Wis.: University of Wisconsin Press. pp. 148–49. ISBN 9780299134334. Retrieved 21 October 2016.
  76. ^ Carrasco, David (2000). The Return of Quetzalcoatl and the Irony of Empire: Myths and Prophecies in the Aztec Tradition. University Press of Colorado. p. 150.
  77. ^ a b c Brooks, Francis J. (May 1995). "Motecuzoma Xocoyotl, Hernán Cortés, and Bernal Díaz del Castillo: The Construction of an Arrest". The Hispanic American Historical Review. 75. No. 2: 149–83.
  78. ^ Prescott, William H. (1873). The History of the Conquest of Mexico. Philadelphia: J.B. Lippincott. pp. 82–83.
  79. ^ Egerton, Douglas R.; et al. (2007). The Atlantic World. Wheeling, Illinois: Harlan Davidson, Inc. p. 98. ISBN 978-0-88295-245-1.
  80. ^ Anonymous informants of Sahagún, Florentine Codex, book XII, chapter XVI, translation from Nahuatl by Angel Ma. Garibay
  81. ^ Brumfiel, Elizabeth M. (1990). "Review: Aztec Religion and Warfare: Past and Present Perspectives". Latin American Research Review. 25 N.2: 248–59.
  82. ^ Nagao, Debra (Winter 1990). "Reviewed Work: The Great Temple of Tenochtitlan: Center and Periphery in the Aztec World by Johanna Broda, David Carrasco, Eduardo Matos Moctezuma". Ethnohistory. 37 (1): 97–99. doi:10.2307/481953. JSTOR 481953.
  83. ^ a b Egerton, Douglas R.; et al. (2007). The Atlantic World. Wheeling, Illinois: Harlan Davidson, Inc. p. 99. ISBN 978-0-88295-245-1.
  84. ^ Matthew, Laura E. (2012). Memories of Conquest: Becoming Mexicano in Colonial Guatemala. University of North Carolina Press. ISBN 978-1-4696-0179-3.
  85. ^ Gorenstein (1993, xiv).
  86. ^ Gorenstein (1993, xv). According to some other sources Tangaxuan II was dragged behind a horse and then burned.
  87. ^ Nancy Marguerite Farriss (1984). Maya Society Under Colonial Rule: The Collective Enterprise of Survival. Princeton UP. pp. 58–59. ISBN 0691101582.
  88. ^ "John P. Schmal". Somosprimos.com. Retrieved 31 October 2010.
  89. ^ Charles Gibson, Tlaxcala in the Sixteenth Century, New Haven: Yale University Press 1952
  90. ^ Charles Gibson, The Aztecs Under Spanish Rule: A History of the Indians of the Valley of Mexico, 1519–1810, Stanford: Stanford University Press 1964.
  91. ^ Review by Benjamin Keen in Hispanic American Historical Review Vol. 45, No. 3 (Aug. 1965), pp. 477–80
  92. ^ James Lockhart, The Nahuas After the Conquest: Postconquest Central Mexican History and Philology, Stanford: Stanford University Press 1992.
  93. ^ Frances Karttunen, "Aztec Literacy," in George A. Coller et al., eds. The Inca and Aztec States, pp. 395–417. New York: Academic Press 1982.
  94. ^ Fray Alonso de Molina, Vocabulario en lengua cstellana y mexicana y mexcana y castellana(1571), Mexico: Editorial Porrúa, 1970
  95. ^ Fray Alonso de Molina, Confessionario mayor en la lengua castellana y mexicana (1569), With an introduction by Roberto Moreno. Mexico: Instituto de Investigaciones Filológicos, Instituto de Investigaciones Históricos, Universidad Nacional Autónoma de México.
  96. ^ Howard F. Cline, "Evolution of the Historia General" in Handbook of Middle American Indians, Guide to Ethnohistorical Sources, vol. 13, part 2, Howard F. Cline, volume editor, Austin: University of Texas Pres, 1973 p. 196.
  97. ^ Blackburn 1997: 136; Friede 1971: 165–66
  98. ^ West, Robert. Early Silver Mining in New Spain, 1531–1555 (1997). Bakewell, Peter (ed.). Mines of Silver and Gold in the Americas. Aldershot: Variorum, Ashgate Publishing Limited. pp. 65–66.{{cite book}}: CS1 maint: multiple names: authors list (link)
  99. ^ Guzmán, Gastón (1 November 2008). "Hallucinogenic Mushrooms in Mexico: An Overview". Economic Botany. 62 (3): 404–412. doi:10.1007/s12231-008-9033-8. ISSN 1874-9364. S2CID 22085876.
  100. ^ Axtell, James (September–October 1991). "The Columbian Mosaic in Colonial America". Humanities. 12 (5): 12–18. Archived from the original on 17 May 2008. Retrieved 8 October 2008.
  101. ^ "The Conquest of Mexico".

Further reading

Primary sources

Secondary sources

Additional bibliography

  • Brandt, Anthony. "Perfect storm at Tenochtitlan 1521: How Cortes's band of hidalgos destroyed the Mexica Empire." MHQ: The Quarterly Journal of Military History (2014): 58.
  • Daniel, Douglas A. "Tactical Factors in the Spanish Conquest of the Aztecs." Anthropological Quarterly (1992): 187–94.
  • Raudzens, George. "So Why Were the Aztecs Conquered, and What Were the Wider Implications? Testing Military Superiority as a Cause of Europe's Pre-Industrial Colonial Conquests." War in History (1995): 87–104.
  • Townsend, Camilla. Malintzin's Choices: An Indian Woman in the Conquest of Mexico. Albuquerque: University of New Mexico Press, 2006.
  • White, John Manchip. "Cortes and the Downfall of the Aztec Empire: A Study in a Conflict of Cultures." The Hispanic American Historical Review (1972): 467–68.

External links

0.15610098838806