コナトゥス

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

心理学形而上学初期の哲学ではコナトゥス/ k oʊˈneɪtəs / ; [ 1 ]ラテン語で 努力;努力;衝動、傾向、傾向;引き受け;努力」)は、存在し続け、それ自体を強化します。[2]この「もの」は、問題、または両方の組み合わせである可能性があります。何千年にもわたって、17世紀の哲学者ルネ・デカルト、バールーフ・スピノザを含む多くの異なる定義と治療法が策定されてきました。Gottfried Leibniz、および重要な貢献をしたThomasHobbes 。[3]コナトゥスは 、生物の本能的な「生きる意志」、または運動慣性のさまざまな形而上学的理論を指す場合があります。[4]多くの場合、概念は、自然の汎神論的見解におけるの意志に関連付けられています。[3] [5]概念は、心と体の別々の定義に分割され、遠心力と慣性を議論するときに分割される場合があります。[6]

コナトゥスという用語の歴史は、2千年半の間に開発された範囲の意味と明確化における一連の微妙な微調整の歴史です。この用語を採用する連続した哲学者は、概念に独自のひねりを加え、それぞれが異なる方法で用語を開発しました。[4]コナトゥスについて論じた最初の著者は、古代ギリシャ語の概念に基づいて、主にラテン語で書いた。したがって、これらの思想家は、「コナトゥス」を専門用語としてだけでなく、一般的な言葉として、そして一般的な意味で使用しました。古語のテキストでは、より技術的な使用法をより一般的な使用法と区別することは困難であり、翻訳においても区別することは困難です。英語翻訳では、技術的な意味で使用される場合、または翻訳されて括弧内にコナトゥスが続く場合、この用語はイタリック体になります。[7]現代物理学は慣性運動量保存などの概念を使用しているため、今日、コナトゥスが技術的な意味で使用されることはめったにありません。しかし、それは、アーサーショーペンハウアーフリードリヒニーチェルイスデュモンなど、19世紀と20世紀の思想家に顕著な影響を与えてきました

古典的な起源

ラテン語のcōnātusは動詞cōnorに由来します。これは通常、英語に「努力する」と翻訳されます。しかし、コナトゥスの概念は、西暦前にストア派(紀元前333〜 264年)と逍遙紀元前335年頃)によって最初に開発されましたこれらのグループは、ὁρμήhormê、ラテン語で推進力によって翻訳された)という言葉を使用して、物体に向かう魂の動きを説明し、そこから物理的な行為が生じます。[8]古典的な思想家、マーカス・トゥリウス・シセロ(紀元前106〜43年)とディオゲネス・ラエルティウス(3rdc。CE)は、この原則を拡張して破壊への嫌悪感を含めましたが、その適用を人間以外の動物の動機に限定し続けました。たとえば、ディオゲネスラエルティウスは、この用語の植物への適用を明確に否定しました。ルネッサンス以前はトマス・アクィナス( c。1225–1274 CE)、ダンテ・スコトゥス(c。1266–1308 CE)、ダンテ・アリギエーリ(1265–1321 CE)は、ラテン語のvultvelleappetitをコナトゥスの同義語として使用して同様の感情を表現していました。 ; 実際、4つの用語すべてを使用して、元のギリシャ語のὁρμήを翻訳することができます。その後、テレシウスカンパネッラ古代ギリシャの概念を拡張し、それらをすべてのオブジェクトに適用しました。[9]

最初にアリストテレス、次にシセロとラエルティウスはそれぞれ、コナトゥスと他の感情との関係をほのめかしました。彼らの見解では、前者は後者を誘発します。彼らは、人間はそれが「良い」と思うので何かをしたくないと主張しましたが、むしろ彼らはそれをしたいのでそれを「良い」と思います。言い換えれば、人間の欲求の原因は、コナトゥスの原理に従ってそれ自体を増強するための体の自然な傾向です。[10]

中世の景色

コナトゥスと運動自体の間には伝統的なつながりがあります。アクィナスとアブラバネル(1265–1321)はどちらも、アウグスティヌス(354–430 CE)が彼のDe Civitate Dei説明されている「上下の自然な動き、または中間の位置でバランスが取れている」と見なした概念に直接関連していました。 (c。420CE)。彼らは、物体を上下させるこの力を「アモールナチュラリス」または「自然愛」と呼びました。[11]

6世紀、ジョン・フィロポヌス(c。490–c。570 CE)は、アリストテレスの動きの見方を批判し、エーテルの媒体が発射体を動かし続けるアリストテレスの発射体の議論と、そこにあるボイドの議論との間の矛盾を指摘しました。はそのような媒体ではないので、体の動きは不可能なはずです。Philoponusは、動きは周囲の媒体の作用によってではなく、何らかの特性によって維持されるか、またはオブジェクトが動き始めたときにオブジェクトに埋め込まれたコナトゥスによって維持されると提案しました。これは現代の慣性の概念ではありませんでした。なぜなら、体を動かし続けるための固有の力が依然として必要だったからです。[12]この見解は、アヴェロエスと多くの学者によって強く反対されたアリストテレスを支持した哲学者。[13]アリストテレスの見方は、イスラム世界でも異議を唱えられた。たとえば、イブン・アル・ハイサム(Alhazen)は、慣性に似た概念を開発している間、ピロポノスの見解を支持したようです[14][15]慣性の概念は、空気抵抗などの外部要因の結果としてのみ効果が散逸する永久的な力を考案した彼の現代のアビセンナの作品でより明確に開発され、彼を「そのような恒久的なものを最初に考案した」非自然な動きに対する印象的な美徳のタイプ。」[16]アヴィセンナのメイルの概念アリストテレスの暴力的な運動の概念とほぼ反対であり、ニュートンの最初の運動の法則を彷彿とさせます。[17] Avicennaはまた、運動量と同様のアイデアを開発し、移動体の重量速度の間に定量的な関係を提供しようとしました。[18]

ジャン・ビュリダン(1300–1358)はまた、彼が推進力と名付けたこの運動生成特性が自発的に消散するという概念を拒否しました。ビュリダンの立場は、動く物体が空気の抵抗とその推進力に対抗する体の重さによって捕らえられるというものでした。彼はまた、推進力はスピードとともに増加すると主張した。したがって、彼の最初の推進力の考えは、多くの点で現代の勢いの概念と似ていましたより現代的な慣性の考えとの明らかな類似性にもかかわらず、ビュリダンは彼の理論をアリストテレスの基本的な哲学への単なる修正と見なし、他の多くの逍遙学者を維持しまし動いている物体と静止している物体の間にはまだ根本的な違いがあるという信念を含む見解。ビュリダンはまた、推進力は線形であるだけでなく、本質的に円形である可能性があり、天体などの物体が円を描くように動く可能性があると主張しました。[19]

デカルトで

17世紀の前半、ルネデカルト(1596〜1650)は、コナトゥスのより現代的で唯物論的な概念を開発し始め、それを「神の力を表現する、身体が動く活動的な力または傾向」と表現しました。[20]古代人は、特定の目的を達成するために自発的な「努力」または「苦労」に似た厳密に擬人化された意味でこの用語を使用し、中世のスコラ哲学者は、物事の神秘的な固有の特性としてコナトゥスの概念を開発しましたが、デカルトはこの用語を使用しますやや機械的な意味で。[21]より具体的には、デカルトにとって、ビュリダンとは対照的に、動きと停滞は同じものの2つの状態であり、異なるものではありません。デカルトのコナトゥスの概念には多くのあいまいさがありますが、ここでは、自然への欲望と意図の帰属から離れ、より科学的で現代的な見方に向けたその働きの始まりを見ることができます。[22]

デカルトは、アリストテレスの時代から西側で支配的だった目的論的、または目的論的な物質世界の見方を拒否しますデカルトは心を物質界の一部とは見なしていないため、厳密に機械的な自然法則の対象ではありません。一方、運動と休息は、永遠に固定された機械的法則に従った物質の相互作用の特性です。神は最初にすべてを動かし、後で身体の機械的挙動の動的な規則性を維持することを除いて干渉しません。したがって、すべてが法に準拠した衝突とそれらの絶え間ない再構成に還元されるため、物体の動きに実際の目的論はありません。コナトゥス_物体が衝突したときに動く傾向です。神はこの活動を開始することができますが、その後、新しい動きや休息を作成したり破壊したりすることはできません。[23]

デカルトは、コナトゥスの2つの品種を指定しますコナトゥスセントロコナトゥスリセデンディコナトゥスセントロ、または「中心に向かう傾向」は、デカルトによって重力の理論として使用されます。conatus recendendi、または「中心から離れる傾向」は、遠心力を表します。[6]これらの傾向は、生き生きとした性向や意図の観点からではなく、物事の固有の特性や「力」としてではなく、神が授けた物理的宇宙自体の統一された外部特性として考えられるべきです。[24]

デカルトは、彼の最初の自然法則を発展させる際に、コナトゥス・セ・ムーベンディ、または「自己保存のコナトゥス」のアイデアも呼び起こします。[25]この法則は、ガリレオによって以前に開発され、実験的に実証された慣性の原理の一般化ですこの原理はアイザックニュートンによって形式化され、デカルトの死から50年後に彼の3つの運動の法則の最初のものになりました。デカルトのバージョンは次のように述べています。「すべてのものは、それが存在する限り、常に同じ状態で存続し、一度移動すると、常に移動し続けます。」[26]

ホッブズで

コナトゥスと精神

トマス・ホッブズ(1588–1679)も、コナトゥスの原理の以前の概念をうまく利用しました。しかし、彼は運動の起源を説明できなかったという以前の定義を批判しました。この目的に向けた取り組みは、この分野でのホッブズの仕事の主な焦点となりました。確かに、ホッブズは「心のすべての認知機能をその寡黙な機能のバリエーションに還元します」。[27]

さらに、ホッブズは感情を動きの始まりとして、意志をすべての感情の合計として説明しています。この「意志」は体のコナトゥスを形成し[20]、その物理的症状は知覚される「生き残る意志」です。[3]生物が繁栄するために、ホッブズは「彼らは平和を求め、この平和を脅かすものと戦う」と述べています。[20]ホッブズはまた、このコナトゥスを「想像力」と同一視し、コナトゥスの変化、または意志は「審議」の結果であると述べています。[28]

コナトゥスと物理学

私は[ conatus ]を、与えられるよりも少ない空間と時間で行われる動きであると定義します。つまり、説明または番号によって決定または割り当てることができるよりも少ない。つまり、ポイントの長さ全体にわたって、瞬間またはある時点で行われるモーションです。[29]

彼の心理学理論のように、ホッブズの物理的なコナトゥスは、運動の微小な単位です。それは動きの始まりです:指定された方向への傾き。ホッブズによって使用される推進力の概念は、この物理的なコナトゥスの観点から定義されています。これは、「時間の経過とともに動く物体によって行使されるコナトゥスの尺度」です。[30] 抵抗は反対のコナトゥスによって引き起こされます; は、この動きに「体の大きさ」を加えたものです。[31]ホッブズはまた、ばねを引き起こす可能性のある「回復力」を指すためにコナトゥスという言葉を使用していますたとえば、縮小または拡張します。ホッブズは、これらのオブジェクトに固有の力があり、それらを以前の状態に戻すように傾斜させていると主張しています。今日、科学はこの現象を物質の弾性に起因すると考えています。[32]

スピノザで

コナトゥスは、ベネディクト・デ・スピノザ(1632–1677)の哲学の中心的なテーマです。スピノザによれば、「それぞれのものは、それ自体にある限り、その存在に固執するよう努める」(倫理、パート3、小道具6)。スピノザはこれを信じるいくつかの理由を提示します。第一に、彼が言うように、特定のものは神の様式であり、それはそれぞれが特定の方法で神の力を表現することを意味します(倫理、パート3、小道具6、dem。)。さらに、神のモードが互いに矛盾することは、神の定義の一部になることは決してありません(倫理、パート3、小道具5)。したがって、それぞれのものは「その存在を奪うことができるすべてのものに反対している」(倫理、パート3、小道具。6、dem。)。この破壊への抵抗は、存在し続けるための努力という観点からスピノザによって定式化されており、コナトゥスは彼がこの力を説明するために最も頻繁に使用する言葉です。[33]

忍耐するために努力することは、それが行うかもしれない他の活動に加えて、物事が行うことだけではありません。むしろ、努力は「物事の実際の本質に他ならない」(倫理、パート3、小道具7)。スピノザはまた、デカルトが以前に持っていたように、慣性の基本的な概念を指すためにコナトゥスという用語を使用します。[3]物は外力の作用なしには破壊できないので、動きと休息もまた、邪魔されるまで無期限に存在します。[34]

行動の兆候

Baruch Spinoza心理学で使用されているコナトゥスの概念は、古代と中世の両方の情報源に由来しています。スピノザは、ストア派、シセロ、ラエルティウス、特にホッブズとデカルトが開発した原則を定式ます[35]彼がホッブズの理論に加えた重要な変更の1つは、コナトゥス・アド・モタム運動へのコナトゥス)は精神的ではなく物質的であるという彼の信念です。[36]

スピノザは、彼の決定論とともに、人間と自然は一貫した一連の法の下で統一されなければならないと信じています。自然は一つであり、自由意志はありません。彼の時代のほとんどの哲学者とは反対に、そして現在のほとんどの哲学者に従って、スピノザは、心、志向性、倫理、そして自由が物理的な物体や出来事の自然界とは別のものとして扱われるべきであるという二元論的な仮定を拒否します。[37]彼の目標は、自然主義的な枠組みの中でこれらすべてのものの統一された説明と、彼のコナトゥスの概念を提供することです。このプロジェクトの中心です。たとえば、スピノザにとって、アクションは、エンティティの本質と連続性から生じる場合にのみ、「無料」です。人間の行動や選択を含む自然界のすべての出来事は、避けられない宇宙の自然法則に従って決定されるため、意志の絶対的で無条件の自由はあり得ません。ただし、アクションは、制約されたり、外力を受けたりしないという意味で、依然として自由である可能性があります。[38]

したがって、人間は自然の不可欠な部分です。[34]スピノザは、一見不規則な人間の行動を、本当に「自然」で合理的であり、コナトゥスのこの原理によって動機付けられていると説明しています。[39]その過程で、彼は自由意志の概念をコナトゥスに置き換えます。これは、人間だけでなくすべての自然に適用できる原則です。[34]

感情と感情

コナトゥスと人間の影響との関係についてのスピノザの見解は明確ではありません。メリーランドインスティテュートカレッジオブアートの哲学助教授であるFirminDeBrabanderと、南カリフォルニア大学神経科学教授であるAntonio Damasioは、どちらも人間の影響は円錐形と完璧への永続的な推進力から生じると主張しています[40]確かに、スピノザは彼の倫理の中で幸福、具体的には「それ自体を保存する人間の能力で構成されている」と述べています。この「努力」は、スピノザによって「美徳」。[41]逆に、人は自分のコナトゥスに反対するものに悲しんでいる[42]

イェール大学の教授であるDavidBidney(1908–1987)は同意しません。ビドニーは、主な影響である「欲望」をスピノザのコナトゥスの原則と密接に関連付けています。この見解は、「食欲と欲求の間には、食欲を意識している限り、一般的に男性に関連していることを除いて、違いはありません。したがって、欲求は一緒に食欲として定義することができます。食欲を意識して」[3]ビドニーによれば、この欲求は他の影響、喜び、痛みによって制御されているため、コナトゥスは喜びを引き起こすものに向かって努力し、痛みを引き起こすものを避けます。[43]

ライプニッツで

[コナトゥス]は、点が空間に対して、または1から無限大に対して、つまり運動の始まりと終わりであるため、運動に対してです。

[44]

ゴットフリート・ライプニッツ(1646–1716)は、エアハルト・ヴァイゲル(1625–1699)の学生でありホッブズからコナトゥスの原理を学びました。[44]具体的には、ライプニッツはホッブズと同様の概念を説明するために彼の新システムの解説と防衛(1695)でコナトゥスという言葉を使用しているは体と魂のコナトゥスを区別している。それ自体の力によって直線的になり、後者はより複雑な動きを「覚えている」可能性があります。[45]

ライプニッツにとって、運動の問題はゼノンのパラドックスの解決になります。動きは連続的であるため、空間は無限に分割可能でなければなりません。何かが動き始めるためには、それらを推進する宇宙の基本的な構成要素に固有の、心のような、自発的な特性または力がなければなりません。このコナトゥスは、静的な場合でも、すべてのものが持つ一種の瞬間的または「仮想」の動きです。一方、モーションは、物事の相互作用とともに、物事が持つすべての混乱の単なる合計です。コナトゥスは、点が空間に対してであるように、動きに対してです。[46]このビューの問題は、他のオブジェクトと衝突するオブジェクトが、作用する唯一の力がコナトゥスである場合、跳ね返ることができないことです。したがって、ライプニッツは、物体を動かし続け、弾性衝突を可能にするエーテルの存在を仮定することを余儀なくされました。ライプニッツの心のような記憶のないコナトゥスの性質の概念は、彼の原子の拒絶と相まって、最終的に彼のモナドの理論につながりました。[47]

ライプニッツはまた、積分計算の原理を開発する際にコナトゥスの概念を使用し、この場合、ニュートンの加速的な「」の数学的類似物を表すために用語の意味を適応させます。そのような無数の無限大を合計することによって(つまり、現在統合と呼ばれているもの)、ライプニッツは連続的な力の効果を測定することができます。[46]彼は、活力(または「生きている力」)が非アクティブな活力の合計であるの同じように、体のコナトゥスの連続的な合計の結果として推進力を定義します。[48]

ケプラーとおそらくデカルトの研究に基づいて、ライプニッツはコナトゥスの原理、エーテルと流体のアイデアに基づいた惑星運動のモデルを開発します。この理論は、Tentamen de motuum coelestium causis(1689)の研究で説明されています。[46]ライプニッツによれば、楕円軌道を円形および半径方向の成分に分析することは、遠心力と重力を組み合わせた円運動の「調和渦」によって説明できます。これらは両方ともコナトゥスの例です。ラジアルモーション用。[47]ライプニッツは後に、モナドのコナトゥスという用語を、彼のモナドが永続的に前進する「変化の状態」として定義している。[49]

関連する使用法と用語

コナトゥスという用語の他のいくつかの使用法は、上記の主要な使用法とは別に、何世紀にもわたってさまざまな哲学者によって定式化されてきました。また、多かれ少なかれ同様の意味と使用法を持ついくつかの重要な関連用語と概念があります。ジャンバッティスタヴィーコ(1668–1744)は、コナトゥスを人間社会の本質として定義し[50]、また、より伝統的な、hylozoisticな意味で、自然のすべてに浸透する運動の生成力として定義しました。[51]新プラトン主義に触発された、現代科学の始まりからほぼ1世紀後のVico、慣性の原理とニュートン力学の運動の法則を明示的に拒否しました。彼にとって、自然は、支配的な見方のように原子で構成されておらず、デカルトのように拡張で構成されていませんでしたが、神によって引き起こされたコナトゥスの原理によってアニメーション化された形而上学的な点で構成されていました。[52]

Arthur Schopenhauer (1788–1860)は、ホッブズのコナトゥスと特に類似した原理を含む哲学を開発しましたこの原則、Wille zum Leben、または「Will to Live」は、生物の自己保存本能の特定の現象を説明しました。[53]しかしながら、ショーペンハウアーは、生きる意志が期間に制限されていないことを示唆することによってこれを修飾した。むしろ、世代を超えて、「意志は絶対にそしていつまでも意志」です。[54] ショーペンハウアーの初期の弟子であるフリードリヒ・ニーチェ(1844–1900)は、ショーペンハウアーの意志と表象の優位性の拒絶と他の自己保存の概念から生まれた別の原則を開発した。、またはWille zurMacht[55]

ジークムント・フロイト(1856–1939)は、スピノザの自己保存システムとしてのコナトゥス原理の定式化に大きく依存していましたが、彼は出版されたどの作品でも彼を直接引用したことはありませんでした。[56] [57]同じ頃、アンリ・ベルクソン(1859–1941)は、生物の進化を助けると考えられていたエラン・ヴィタール、つまり「バイタル・インパルス」の原理を開発しましたこの概念は、すべての生命の背後にある基本的な原動力を意味し、スピノザなどのコナトゥスの原理を彷彿とさせます。[58]

マックス・シェーラーにとって、ドランの概念は哲学的人類学形而上学の目玉です彼の概念は彼の哲学的キャリア全体を通して重要でしたが、彼の焦点が現象学から形而上学に移ったとき、それは彼の人生の後半にのみ開発されました。ベルクソンのエラン・ヴィタールのように、 ドラン(ドライブまたは衝動)はすべての生命の推進力です。しかし、ベルクソンの生気論的形而上学とは異なり、ドランの重要性は、それがスピリット(ガイスト)の動機と原動力を提供することです。すべての理論的志向性を含む精神は、ドランの動きなしでは無力です、物質的な原理、およびエロス、心理的な原理。[59]

文化人類学者 ルイス・デュモン(1911–1988)は、スピノザの倫理のIIIP3における独創的な定義に直接基づいて構築された文化的コナトゥスについて説明しました。この派生的な概念の背後にある原則は、与えられた文化は、「他の文化を支配することによって、またはそれらの支配と戦うことによって、その存在に固執する傾向がある」と述べています。[60]

現代の意義

物理的

ニュートン物理学の出現後、すべての物体のコナトゥスの概念は、慣性運動量保存の原理に大きく取って代わられましたビドニーが述べているように、「論理的な欲求またはコナトゥスは単なる慣性の原則であるというのは事実です...しかし、これはスピノザの使用法ではないという事実は残っています。」[61]同様に、コナトゥスは、徐々に時代遅れになっている他の概念を説明するために多くの哲学者によって使用されました。たとえば、 Conatus recendendiは遠心力になり、以前はconatuscentroが使用されていた場所で重力が使用されます。[6]今日、コナトゥスが扱ったトピックは科学の問題であり、したがって科学的方法による調査の対象となっています。[62]

生物学的

コナトゥスの古風な概念は、今日、アントニオ・ダマシオなどの科学者によって現代の生物学と調和しています。しかし、今日のコナトゥスは、以前は形而上学とテウルギアの問題であった化学と神経学の観点から説明されています。[63]この概念は、「生命を脅かす多くのオッズに対して、生物の構造と機能の一貫性を維持するように構築されている」可能性があります。[64]

システム理論

コナトゥスのスピノジスティックな概念は、生物学的システムにおけるオートポイエーシスの現代理論の歴史的な先駆けでした。[65]システム理論および一般的な科学では、コナトゥスの概念は創発の現象に関連している可能性があり、それによって複雑なシステムが複数のより単純な構造から自発的に形成される可能性があります。したがって、生物学的および社会的システムの自己調節および自己維持特性は、スピノザのコナトゥス原理の現代版と見なすことができます。[66]しかし、以前の多様性の宗教的な意味がなければ、今日のアイデアの範囲は間違いなく狭くなっています。[67]

も参照してください

メモ

  1. ^ "conatus —Dictionary.comからの定義"Dictionary.comLexico PublishingGroup 2008年7月3日取得
  2. ^ Traupman 1966、p。52
  3. ^ a b c d e LeBuffe 2006
  4. ^ a b Wolfson 1934、p。202
  5. ^ Schopenhauer 1958、p。357
  6. ^ a b c Kollerstrom 1999、pp。331–356
  7. ^ Leibniz 1989、p。118
  8. ^ アレクサンドリアのクレメンス、SVF、III、377; シセロ義務について、私、132; セネカ・ザ・ヤンガー Epistulae morales ad Lucilium
  9. ^ Wolfson 1934、pp。196、199、202
  10. ^ Wolfson 1934、p。204
  11. ^ Wolfson 1934
  12. ^ Sorabji 1988
  13. ^ リーマン1997
  14. ^ Sabra 1994、pp。133–136
  15. ^ Salam 1987、pp。179–213
  16. ^ Sayili 1987、p。477:

    「それは、空気抵抗などの外部要因の結果としてのみ効果が散逸した永続的な力でした。彼は明らかに、非自然な動きに対するそのような永続的なタイプの印象的な美徳を最初に思いついたのです。」

  17. ^ Sayili 1987、p。477:

    「確かに、イブン・スィーナによって考案されたタイプの自己運動は、発射体タイプの暴力的な運動のアリストテレスの概念とほぼ反対であり、慣性の原理、つまりニュートンの最初の運動の法則を彷彿とさせます。」

  18. ^ Seyyed Hossein Nasr&Mehdi Amin Razavi(1996)、ペルシャのイスラムの知的伝統ラウトレッジ、p。72、ISBN 978-0-7007-0314-2
  19. ^ Grant 1964、pp。265–292
  20. ^ a b c Pietarinen 2000
  21. ^ Garber 1992、pp。150、154
  22. ^ Gaukroger 1980
  23. ^ Gueroult 1980、pp。120–34
  24. ^ Garber 1992、pp。180、184
  25. ^ Wolfson 1934、p。201
  26. ^ Blackwell 1966、p。220
  27. ^ Bidney 1962、p。91
  28. ^ シュミッター2006
  29. ^ ホッブズ1998、III、xiv、2
  30. ^ Jesseph 2006、p。22
  31. ^ Jesseph 2006、p。35
  32. ^ Osler 2001、pp。157–61
  33. ^ アリソン1975、p。124
  34. ^ a b c Allison 1975、p。125
  35. ^ Morgan 2006、p。ix
  36. ^ Bidney 1962、p。93
  37. ^ Jarrett 1991、pp。470–475
  38. ^ Lachterman 1978
  39. ^ Dutton 2006、chp。5
  40. ^ DeBrabander 2007
  41. ^ Damasio 2003、p。170
  42. ^ Damasio 2003、pp。138–9
  43. ^ Bidney 1962、p。87
  44. ^ a b Arthur 1998
  45. ^ Leibniz 1988、p。135
  46. ^ a b c Gillispie 1971、pp。159–161
  47. ^ a b Carlin 2004、pp。365–379
  48. ^ Duchesneau 1998、pp。88–89
  49. ^ Arthur 1994、秒。3
  50. ^ Goulding 2005、p。22040
  51. ^ Vico 1710、pp。180–186
  52. ^ Landucci 2004
  53. ^ Rabenort 1911、p。16
  54. ^ Schopenhauer 1958、p。568
  55. ^ Durant&Durant 1963、chp。IX
  56. ^ Damasio 2003、p。260
  57. ^ Bidney 1962、p。398
  58. ^ Schrift 2006、p。13
  59. ^ Scheler 2008、pp。231–41、323–33
  60. ^ ポールト1996
  61. ^ Bidney 1962、p。88
  62. ^ Bidney 1962
  63. ^ Damasio 2003、p。37
  64. ^ Damasio 2003、p。36
  65. ^ Ziemke 2007、p。6
  66. ^ Sandywell 1996、pp。144–5
  67. ^ Mathews 1991、p。110

参考文献

  • アリソン、ヘンリーE.(1975)、ベネディクトデスピノザ、サンディエゴ:トウェイン出版社、ISBN 978-0-8057-2853-8
  • アーサー、リチャード(1994)、「ニュートンとライプニッツの空間と相対性理論」、科学哲学のための英国ジャーナル45(1):219–240、doi10.1093 / bjps / 45.1.219、トムソンゲイル文書番号: A16109468
  • アーサー、リチャード(1998)、「結束、分裂、調和:ライプニッツの連続体問題の物理的側面(1671–1686)」、科学の展望6(1):110–135、トムソンゲイル文書番号:A54601187
  • ビドニー、デビッド(1962)、スピノザの心理学と倫理:アイデアの歴史と論理の研究、ニューヨーク:ラッセル&ラッセル
  • Blackwell、Richard J.(1966)、「デカルトの運動の法則」、Isis57(2):220–234、doi10.1086 / 350115S2CID  144278075
  • カーリン、ローレンス(2004年12月)、「コナトゥス、因果関係、自由に関するライプニッツ」、Pacific Philosophical Quarterly85(4):365–379、doi10.1111 / j.1468-0114.2004.00205.x
  • ダマシオ、アントニオR.(2003)、スピノザを探して:喜び、悲しみ、そして感情、フロリダ:ハーコート、ISBN 978-0-15-100557-4
  • DeBrabander、Firmin(2007年3月15日)、Spinoza and the Stoics:Power、Politics and the Passions、ロンドン; ニューヨーク:Continuum International Publishing Group、ISBN 978-0-8264-9393-4
  • Duchesneau、Francois(1998年春夏)、「フォラノムスとダイナミカデポテンシアにおけるライプニッツの理論的変化」、科学の展望6(2):77–109、トムソンゲイル文書番号:A54601186
  • デュラント、ウィル; デュラント、アリエル(1963)、「XXII:スピノザ:1632–77」文明の物語、vol。8、ニューヨーク:サイモン&シュスター、 2007年4月23日にオリジナルからアーカイブ、2007年3月29日取得
  • Dutton、Blake D.(2006)、「Benedict De Spinoza」、インターネット哲学百科事典、2007年1月15日検索
  • ガーバー、ダニエル(1992)、デカルトの形而上学的物理学、シカゴ:シカゴプレス大学、ISBN 978-0-226-28217-6
  • Gaukroger、Stephen(1980)、Descartes:Philosophy、Mathematics and Physics、Sussex:Harvester Press。、ISBN 978-0-389-20084-0
  • ギリスピー、チャールズ・コールストン編 (1971)、「ライプニッツ、ゴットフリートウィルヘルム」科学人名事典、ニューヨーク、 2007年3月27日検索
  • Goulding、Jay(2005)、Horowitz、Maryanne(ed。)、 "Society"、New Dictionary of the History of Ideas、Detroit:Charles Scribner's Sons、5、Thomson Gale Document Number:CX3424300736
  • グラント、エドワード(1964)、「中世の虚空の動きと慣性の原理」、イシス55(3):265–292、doi10.1086 / 349862S2CID  120402625
  • Gueroult、Martial(1980)、 "The Metaphysics and Physics of Force in Descartes"、in Stephen Gaukroger(ed。)、Descartes:Philosophy、Mathematics and Physics、Sussex:Harvester Press
  • Hobbes、Thomas(1998)、De Corpore、ニューヨーク:Oxford Publishing Company、ISBN 978-0-19-283682-3
  • ジャレット、チャールズ(1991)、「スピノザの心身相互作用の否定と人間の行動の説明」、The Southern Journal of Philosophy29(4):465–486、doi10.1111 /j.2041-6962.1991.tb00604。バツ
  • Jesseph、Doug(2006)、「Hobbesian Mechanics」 (PDF)Oxford Studies in Early Modern Philosophy3ISBN 978-0-19-920394-9、 2006-11-07にオリジナル (PDF)からアーカイブ、2007-03-10を取得
  • Kollerstrom、Nicholas(1999)、「ハレー彗星の経路、およびニュートンの重力の法則の遅い理解」、Annals of Science59(4):331–356、doi10.1080 / 000337999296328
  • Lachterman、D。(1978)、Robert Shahan; JIビロ。(編)、スピノザにおけるスピノザの倫理の物理学:新しい展望、ノーマン:オクラホマ大学出版
  • Landucci、Sergio(2004)、 "Vico、Giambattista"、in Gianni Vattimo(ed。)、Enciclopedia Garzantine della Filosofia、Milan:Garzanti Editore、ISBN 978-88-11-50515-0
  • Leaman、Olivier(1997)、Averroesと彼の哲学、Richmond、Surrey:Curzon Press、ISBN 978-0-7007-0675-4
  • LeBuffe、Michael(2006-03-20)、「Spinoza's Psychological Theory」、スタンフォード哲学百科事典、Edward N. Zalta(ed。) 、 2007年1月15日検索
  • Leibniz、Gottfried Wilhelm、Freiherr von(1988年12月31日)[1695]、 "Exposition and Defense of the New System"、in Morris、Mary、MA(ed。)、Leibniz:Philosophical Writings、JM Dent&Sons、p。136、ISBN 978-0-460-87045-0
  • Leibniz、Gottfried Wilhelm、Freiherr von(1989)[1695]、Ariew、Roger; ガーバー、ダニエル(編)、哲学的エッセイ、インディアナポリス:ハケットパブ。株式会社、ISBN 978-0-87220-063-0
  • Mathews、Freya(1991)、The Ecological Self、Routledge、ISBN 978-0-415-10797-6
  • Morgan、Michael L.(2006)、The Essential Spinoza、Indianapolis / Cambridge:Hackett Publishing Company、Inc.、p。ix、ISBN 978-0-87220-803-2
  • Osler、Margaret J.(2001)、「誰が終わるのか?近世の自然哲学における目的論」、Osiris16(1):151–168、doi10.1086 / 649343S2CID  143776874、Thomson Gale文書番号:A80401149
  • Pietarinen、Juhani(2000-08-08)、「Hobbes、Conatus and the Prisoner's Dilemma」、Paideia Modern Philosophyボストン大学、 2007年1月15日検索
  • ポールト、リチャード(1996)、「ドイツの思想:フランスからドイツへ、そしてその逆」、形而上学のレビュー49(3)、トムソンゲイル文書番号:A18262679
  • ラベノールト、ウィリアムルイス(1911年)、教育者としてのスピノザ、ニューヨーク市:コロンビア大学ティーチャーズカレッジ
  • Sabra、AI(1994)、Ibn al-Haythamの実験概念の天文学的な起源、パリ:Aldershot Variorum、ISBN 978-0-86078-435-7
  • Salam、Abdus(1987)[1984]、Lai、CH(ed。)、Ideals and Realities:Selected Essays of Abdus Salam、Singapore:World Scientific
  • Sandywell、Barry(1996)、Reflexivity and the Crisis of Western Reason、vol。1:LogologicalInvestigations、ロンドンとニューヨーク:Routledge、pp。144–5、ISBN 978-0-415-08756-8
  • Sayili、A。(1987)、「発射体の動きに関するイブン・スィーナーとブリダン」、ニューヨーク科学アカデミーの年報500(1):477–482、Bibcode1987NYASA.500..477Sdoi10.1111 / j.1749-6632.1987.tb37219.xS2CID  84784804
  • シェーラー、マックス(2008)、人間の憲法ジョン・カッティング、ミルウォーキー:マルケット大学出版、p。430
  • Schmitter、Amy M.(2006)、「Hobbes on the Emotions」、スタンフォード哲学百科事典、 2006年3月4検索
  • ショーペンハウアー、アーサー(1958)、ペイン、EFJ(編)、意志と表象としての世界、vol。1、マサチューセッツ州クリントン:The Colonial Press Inc.
  • Schrift、Alan D.(2006)、20世紀のフランスの哲学:主要なテーマと思想家、Blackwell Publishing、ISBN 978-1-4051-3218-3
  • ソラブジ、リチャード(1988)、物質、宇宙、運動:古代の理論とその続編、ロンドン:ダックワース
  • Traupman、John C.(1966)、The New Collegiate Latin&English Dictionary、New York:Bantam Books、ISBN 978-0-553-25329-0
  • Vico、Giambattista(1710)、LM Palmer(ed。)、De antiquissima Italiorum sapientia ex linguae originibus eruenda librir tres、Ithaca:Cornell University Press
  • Wolfson、Harry Austryn(1934)、The Philosophy of Spinoza、Cambridge、Massachusetts:Harvard University Press、ISBN 978-0-674-66595-8
  • Ziemke、Tom(2007)、「人生はそれと何の関係があるのか​​?」、Chella、A。; Manzotti、R。(eds。)、Artificial Consciousness、Exeter、UK:Imprint Academic、ISBN 9781845406783

さらに読む

  • Ariew、Roger(2003)、デカルトとカルテシアン哲学の歴史的辞書、メリーランド州ランハム; オックスフォード:かかしプレス
  • Bernstein、Howard R.(1980)、 "Conatus、Hobbes、and the Young Leibniz"、Studies in History and Philosophy of Science11(1):167–81、doi10.1016 / 0039-3681(80)90003-5
  • Bove、Laurent(1992)、L'affirmation absolue d'une present:essaisurlastratégieduconatusSpinoziste、UniversitédeLilleIII:Lille、OCLC  57584015
  • ケアード、エドワード(1892)、文学と哲学に関するエッセイ:グラスゴー、J。マクレホースと息子、 2007年3月20日検索
  • チェンバーランド、ジャック(2000年9月)、デュシェノー、フランソワ(編)、「Les conatus chez Thomas Hobbes」、形而上学のレビュー、モントリオール大学、54(1)
  • Deleuze、Gilles(1988)、Spinoza:Practical PhilosophyCity Lights Book
  • ダフ、ロバート・アレクサンダー(1903)、スピノザの政治的および倫理的哲学、J。Maclehoseand Sons、ISBN 9780678006153、 2007年3月19日取得
  • ガーバー、ダニエル(1994)、「デカルトとスピノザの永続性とコナトゥス」、Studia Spinozana、Walther&Walther、10
  • Garret、D。(2002)、Koistinen、Olli; Biro、John(eds。)、 "Spinoza's Conatus Argument"、Spinoza:Metaphysical Themes、Oxford:Oxford University Press、1:127–152、doi10.1093 / 019512815X.003.0008ISBN 9780195128154
  • ライプニッツ、ゴットフリートウィルヘルム; Gerhardt、K。; ラングレー、アルフレッドギデオン(1896年)、ラングレー、アルフレッドギデオン(編)、人間の理解に関する新しいエッセイ、マクミラン社、ISBN 9780790578965、 2007年3月19日取得
  • リン、マーティン(2004)、「スピノザの欲望の形而上学:IIIP6D」、ArchivfürGeschichtederPhilosophie86(1):21–55、doi10.1515 / agph.2004.003
  • リヨン、ジョージズ(1893)、ラ・フィロソフィー・ド・ホッブズ、F。アリーン、 2007年3月19日検索
  • Montag、Warren(1999)、Bodies、Mass、Power:Spinoza and his Contemporaries、New York:Verso、ISBN 978-1-85984-701-5
  • Rabouin、David(2000年6月〜7月)、「Entre Deleuze et Foucault:Lejeududésiretdupouvoir」、批評:637〜638
  • Schrijvers、M。(1999)、Yovel、Yirmiyahu(ed。)、 "The Conatus and the Mutual Relationship between Active and Passive Affects in Spinoza"、Desire and Affect:Spinoza as Psychologist、New York:Little Room Press
  • Schulz、O。(1995)、 "Schopenhauer's Ethik — die Konzequenz aus Spinoza's Metaphysik?"、Schopenhauer-Jahrbuch76:133–149、ISSN  0080-6935
  • Spinoza、Baruch(2005)、Curley、Edwin(ed。)、Ethics、New York:Penguin Classics、pp。144–146、ISBN 978-0-14-043571-9
  • スタインバーグ、ダイアン(2005年春)、「スピノザにおける信念、肯定、およびコナトゥスの教義」、Southern Journal of Philosophy43(1):147–158、doi10.1111 / j.2041-6962.2005.tb01948.xISSN  0038-4283
  • Tuusvuori、Jarkko S.(2000年3月)、Nietzsche&Nihilism:Exploring a Revolutionary Conception of Philosophical Conceptuality、ヘルシンキ大学、ISBN 978-951-45-9135-8
  • ウェンデル、リッチ(1997)、スピノザのコナトゥスの教義:存在、存在、および自殺、マサチューセッツ州ウォルサム、OCLC  37542442
  • Youpa、A。(2003)、 "Spinozistic Self-Preservation"、The Southern Journal of Philosophy41(3):477–490、doi10.1111 / j.2041-6962.2003.tb00962.x