補完者

言語学(特に生成文法において、補語(英訳:complementizer )または補語修飾語(英訳:complementiser、英訳略語comp)は、節を主語または目的語変えるために使用される単語を含む機能カテゴリ(品詞)です。たとえば、Mary believes that it is rainingのような英語の文では、補語呼ばれる単語があります。補語の概念は、特定の現代文法理論に特有のものです。従来の文法では、このような単語は通常、接続詞と見なされます。補語の標準的な略語はCです

Cカテゴリー

CがCPの責任者となる

補語句は、完全な節の統語上のヘッドであると考えられることが多く、そのため、略語CP (語句) で表されることが多い。補語句が節のヘッドとして機能する証拠として、韓国語日本語などのヘッド後置言語では他のヘッドが補語句の後に続くため、補語句は節の最後の要素になることが多いが、英語などのヘッド前置言語ではヘッドが補語句の前に来るため、補語句は節の先頭に現れる。[1]

以下のツリーは、日本語と英語で「太郎は花子と結婚したと言った」というフレーズを示しています。統語ヘッドは赤でマークされており、C が日本語ではヘッド末尾の位置にあり、英語ではヘッド先頭の位置にあることを示しています。

太郎たろう

太郎和

太郎-TOP

花子はなこ

花琴

花子と

結婚けっこん「した」と

結婚した

結婚- PST - COMP

言うった

やった。

言う- PST

太郎たろう「は花子はなこ結婚けっこん「した」と言うった

太郎は花子と結婚したんだ。

太郎-TOP 花子-と結婚-PST-COMP 言う-PST

「太郎は花子と結婚したと言った。」[2]

日本語と英語のフレーズの構文ツリー。構文の見出しは赤でマークされています。補語の位置に注目してください。

Cの供給源

言語の補語が歴史的に他の統語カテゴリから発展することはよくあり、このプロセスは文法化として知られています。

Cは限定詞から発展する

世界中の言語において、代名詞限定詞は特に補語としてよく使用されます (例: 英語のthat )。

今日は寒くなるだろう新聞で読みました。

Cは疑問詞から派生することがある

補語の頻出元としてよくあるもう 1 つの例は、疑問詞です。特に、本来はwhatを意味する形式が補語として借用されることがよくありますが、他の疑問詞もよく使用されます。たとえば、次の英語の口語の例では、強勢のないhowがthatとほぼ同等です

今日は寒くなるだろう新聞で読みました。

Cは前置詞から発展する

非限定節の場合、英語の「I would prefer for there to be a table in the corner」のような文のforは、補語句に発展した前置詞であると言えます。(この文のfor のシーケンスは、この分析では前置詞句ではありません。)

Cは動詞から派生することがある

西アフリカ南アジアの多くの言語では、補語の形は動詞sayに関連します。これらの言語では、補語は引用語とも呼ばれ、多くの拡張機能を実行します。

空の補語

いくつかの分析では、目に見えない、または「空の」補語が存在する可能性を考慮しています。文法規則では補語が存在すると想定されているにもかかわらず、補語が存在しない場合は、補語が存在するとみなされます。補語 (たとえば、「that」) は通常、理解されているとされています。英語話者は補語が存在することを知っているので、補語を言う必要はありません。英語での補語の存在は、次のタイプの交替に基づいて提案されています。

彼はあなたがスピーチを進めることを望んでいます
彼はあなたがスピーチを進めることを望んでいます

動詞と埋め込まれた節の間に補語を挿入しても意味は変わらないため、補語のない元の文は次のように再分析さ れる

彼はあなたがスピーチを進めることを望んでいる

記号C は空の(または「null」の)補数子を表し、これは前述の「how」文の別の解釈を示唆しています。

新聞で読んだのですが、<how> C [今日は寒くなるらしい]

ここで、「how」は空の補数子の指定子として機能し、別の厄介な交替の一貫した分析を可能にします。

昨日会っ男が私の昼食を食べました!
<OP> ∅ C [昨日会った]男が私の昼食を食べました!
[昨日会った]男<OP>が私の昼食を食べました!

ここで、「OP」は演算子と呼ばれる目に見えない疑問詞を表します

より一般的な意味では、提案された空補語は、ほぼ普遍的な空限定詞の提案と類似しています

空の補語∅ が音韻的に明白な補語の代わりになる場合を説明するために、さまざまな分析が提案されています。1つの説明は、補語が認識論的に中立または冗長である場合に省略の対象となるというものです。たとえば、多くの環境では、英語の認識論的に中立なthatやデンマーク語のatは省略できます。さらに、補語がフレーズ内の別のマーカーによっても表現される意味を表す場合、冗長な意味を持つ補語は省略される場合があります。次の例で、不確実性を表す Mbulaの補語be を考えてみましょう。

ニオ

ノム1SG

アエソ

1SG -言う

[(=である)

[( COMP )

ノム3SG

カリフォルニア大学

i-mar]。

3SG -来る]

Nio aη-so [(= be ) ni ko i-mar]。

NOM.1SG 1SG-言う[( COMP ) NOM.3SG UC 3SG-来る]

「彼は来ると思う。」[3]

ここで、マーカーkoは認識論的不確実性も表しているため、beは意味や文法に影響を与えることなく音韻的に無効な補語に置き換えることができます。[4]

補語はさまざまな環境に存在する。いくつかの環境では、Cは必ず明示的であり、空補語で置き換えることはできない。例えば英語では、話し方動詞(whisper、mutter、groanなど)によって選択されたCPはCドロップに抵抗する:[5]

バーニーはウィルマがフレッドと付き合っているとささやいた。
バーニーはウィルマがフレッドと付き合っている言った。

他の環境では、補語を省略しても文法は変わらないが、意味が曖昧になることがある。例えば、「新聞は新しい市長が選出され、 暴動があったと報じた」という英語 を考えてみよう。聞き手は新聞が報じた2つの出来事の間に因果関係があると推測できる。新しい市長が選出され、その結果暴動が起きた。あるいは、2つの出来事は互いに独立していると解釈されることもある。因果関係がないと解釈される可能性が高いのは2番目の補語がある場合だ、因果関係があると解釈される可能性が高いのは空の補語がある場合である。[6]

ここでの曖昧さは、第2補語が空の文は、単に第2補語がないとも解釈できるため生じる。前者の場合、文はCPの調整を伴うため、非因果的解釈になりやすいが、後者の場合、TPの調整を伴うため、因果的解釈に必要な構造となる。[7]考えられる構造の部分的な構文木を以下に示す。

Cによる選択制限

統語ヘッドとして、C は常に補時制句 (TP)を選択します。その統語と意味は C の選択によって決まります。C の選択によって、関連付けられた TP が有限か非有限か、確実性または不確実性の意味を持つかどうか、疑問を表すか断言を表すかなどが決定されます。

命題と間接疑問

英語には、 that、for、if、whether、∅などの補語があります[8]

ifwhetherは間接疑問を表すCPを形成する [8]

ジョンは外で雨が降っているかどうか疑問に思います。

対照的に、の補語、つまり音韻的にヌルな補語∅は、「平叙文または非疑問文」のCPを導入する。[8]

ジョンは外は雨が降っている思っています。
ジョンは外は雨が降っている思っている。
ジョンは雨が降っているほうが好きだ。

有限 TP と非有限 TP

英語の時制句は、限定節(時制のある節)と非限定節(時制のない節)に分けられます。前者は、その内容が発生する相対的な時間を示しますが、後者には時間の明示的な指示はありません。John will leave(ジョンの出発は将来行われます)とJohn wants to leave(ジョンがいつ出発するかは不明です)を比較してください。[8]

特定の補語は有限節([+finite] と表記)を厳密に選択しますが、他の補語は非有限節([-finite] と表記)を選択します。

Sportiche et al., 2014 ページ 96 より引用
Sportiche et al., 2014 [9]より改変
英語の補語「that」と「for」が特定の限定/非限定時制を選択することを示す構文ツリー。C は赤でマークされ、T は青でマークされています。

[+tense] TPを必要とする 補語if :

メアリーはゲームに勝つこと願っています。 (未来)
メアリーは、ゲームに勝てばジョンとデートできると信じています。(現在)

補語には[-tense] TPが必要です:

メアリーはケイトが試合に勝つこと望んでいる。 (不定詞)

補語は[+tense] または [-tense] のどちらを許可する かTP:

ジョンはメアリーがゲームに勝つかどうか疑問に思う。 (未来)
メアリーはゲームに勝つかどうか疑問に思う。不定詞)
閉クラスの機能カテゴリ: 補完子
カテゴリー サブカテゴリー 英語の例 数 (n)
補完者(C) 有限C {∅、それ} 5 位
非有限C { ∅, に対して}
疑問文C { ∅, もし、かどうか}

認識論的選択

補語は、話者が疑わしいかどうかなど、話者の確信度や、話者が推論しているのか直接的な証拠を持っているのかなど、話者の情報源に関する認識論的な意味を頻繁に持ちます。英語の「if」と「that」の意味を対比してみましょう。

ジョンはメアリーがそこにいるかどうか知りません
ジョンはメアリーがそこにいることを知りません

「もし」は、関連する時制句が不確実性の認識論的意味を持たなければならないことを示している。対照的に、「それ」は認識論的に中立である。[10]この対比は言語間では珍しいことではない。補語が2つしかない言語では、1つは中立で、もう1つは不確実性の意味を持つことが多い。そのような言語の1つはランゴ語(ウガンダで話されているナイル語族の言語)である。[10]

アレコ

女の子

アーコブ

3SG .say. BEN . PFV

ダコ

女性

[いいえ

COMP

ダイスル

ヤギ

[オカモ]。

3SG .eat. PFV

ɲákô áokobbɪ̀ dákô [ dyεl ocamo] は、英語で「ナクソス」という意味です。

女の子 3SG.say.BEN.PFV 女性COMPヤギ 3SG.eat.PFV

「少女は女性に、ヤギがそれを食べたと伝えた。」[11]

ダコ

女性

パロ

3SG .考慮してください。HAB

アパラ

検討してください。GER

[

COMP

アレコ

女の子

オレゴ

3SG .grind. PFV

kál]。

キビ

ダコ パロ アパラ [ ɲákô orego kál]。

女性 3SG.考慮する.HAB 考慮する.GER COMP女の子 3SG.挽く.PFV キビ

「その女性は、少女がキビを挽いたかどうか疑っている。」[12]

中立性/不確実性の補対比を持つ言語には、ヨーロッパの言語も含まれる: [13]

さまざまな言語における中立的補語と不確実的補語[14]
言語 中立的な補語 不確かな補完者
フェロー語 'それ' えーと 、「もし
新アラム語 qed 'それ' '場合'
ブルガリア語 ce 'それ' ダリ もし、かどうか
エストニア語 et 'それ' kas 'もし、かどうか'
アイルランド語 'それ'に行く もし、かどうか

他の言語では、補語はより豊かな認識論的意味を持っています。例えば、パプアニューギニアのオーストロネシア語族の言語であるムブラ語では、次のような補語が存在します。[15]

マンガップ・ムブラにおける補語の認識論的意味[15]
補完者 認識論的意味
コケナベ / ∅ 「lest」
(=「私はこれが起きてほしくない」)
ケンベイ 「like」
(=「私はこのように思います。」)
「主張された事実」
(=「これは起こった、または起こっていることだと私は言います。」)
ta(u) / ∅ 「前提となる事実性」
(「私はこれが起こったことだと知っていますし、あなたもそれを知っていると思います。」)
タベ 「前提となる非事実性」
(「私はこれが起こったことであり、あなたがそれを知っていることを知っています。」)
「習慣的な出来事」
(=「これはいつも起こっている種類のことです。」)

より一般的には、補語は言語間で以下の価値を表現することがわかっています:確実性、(一般的な)不確実性、確率、否定的な確率/虚偽、不安、報告性。[16]

イツァジ・マヤ語の補語も認識論的意味を示す。例えば、英語のthatとイツァジ・マヤ語のkejは補語を特定するだけでなく、関係節を導入するためにも使われる。[17]

(1)ア.

ママ

否定

t-inw-ojel-t-aj

?- 1SG . A -知っている- TR - ITS

[け

COMP

[tub 'et-aj]。

完了- 3 . A -do- CTS

Ma' t-inw-ojel-t-aj [ke {tub 'et-aj}]。

NEG ?-1SG.A-知っている-TR-ITS COMP COMPL-3.A-CTSを行う

「彼がそんなことをしたとは知らなかった」[18]

(1)イ

ママ

否定

インウオジェル

1SG . A知っている

[わ

COMP

[tub 'et-aj]。

完了- 3 . A -do- CTS

マ・インウ・オジェル [wa {tub 'et-aj}]。

NEG 1SG.A-知っているCOMP COMPL-3.A-CTSを行う

「彼がそれをやったかどうかは分からない」[18]

(1a)は従属節を導入し、(1b)は英語と同様に条件節を導入する。前者のサブタイプ情報源の観点から定義でき、直接証拠、間接証拠、伝聞、推論などの意味を含む。後者のサブタイプは確実性の度合いの観点から定義でき、確実性、確率、認識論的可能性、疑いなどの意味を含む。したがって、認識論的意味全体は正当化の裏付けという概念の観点から定義することができる[10]

補完物質スタッキング

イツァジ・マヤは、中立補語keと非中立補語wajを組み合わせることもできる。これは、中立補語keが単独で出現する例(2a)と、不確実補語wajの前に任意に挿入される例(2b)に示されている[13] [19]

Boye (2015) [20]より改変
(2)ア.

ウイオジェル

3 - 知っている

[け

COMP

ラアイティ

3.プロ

ウシピル

3 -犯罪

[tu-jaj-il]。

〜3〜本当〜ABST

ウイ・オジェル[ke la'ayti' u-si'pil tu-jaj-il]。

3-知っているCOMP 3.PRO 3-犯罪から3-真実-ABST

「彼はそれが本当に自分の罪だと知っている。」[20]

(2)イ

カ'

いつ

t-inw-a'al-aj

COMPL - 1SG -言う- TR

ティジ

3 .インドールOBJ

[(け)

COMP

COMP

パタル・ウイ・アン・ティクエン。

ABIL - 3 -ヘルプ- TR - INCH - 1SG

Ka' t-inw-a'al-aj ti'ij [(ke) wa patal-uy-an-t-ik-en].

COMPL-1SG-say-TR 3.INDIR.OBJ COMP COMP ABIL-3-help-TR-INCH-1SGの場合

「そして私は彼女に助けてもらえないかと尋ねました。」[20]

(1a,b)と(2a)では、各補語は節内で1回ずつライセンスされるが、(2b)では、Itzaj Mayaと英語の大きな違いが見られる。英語は、埋め込まれたVまたはDで節が完成する限り、複数のCをライセンスすることができる。たとえば、私は、トミーが世話をした庭に向かって走ったキツネを見た。このような場合、CはVまたはDの補語として何度も現れることができる。しかし、2段階のCP再帰や、最大投影CPの直接の補語として現れるCPは、英語では許されない。補語スタッキングのその動作は、非文法的に実現される。

Nyvad et al., 2017 [21]より改変

しかし、スカンジナビア語では、補語スタッキングの現象が起きる。例えば、研究者はデンマーク語で独立して起きる2つの基本的なCP再帰を観察した。V2を持つCP(つまり、先頭に語彙述語があるCP)はCP(「大きなCP」)と呼ばれ、V2を持たないCP(つまり、先頭に非語彙要素があるCP)はcP(「小さなcP」)と呼ばれる。[22]

  • [cP c° [– 語彙]] (「小さな cP」)
  • [cP C° [+ 語彙]] (「大きなCP」)[23]

小さな CP/大きな CP のケースは、英語の「VP シェル」構造に相当します。これは、ツリーの上位の位置に小さなvを導入し、ツリーの下位の位置に 大きなV を導入します。

例では、デンマーク語では、口語会話における補語節と関係節からの主語抽出を含む構文で補語の積み重ねも許可されています。

(3)ア.

ヴィ

私たちは

ケンダー

知る

リングビスター

言語学者

 

[cP

 

OP1 1件目

 

[c°

 

ソム]

それ。REL

[cP

 

[c°

 

で]

それ。COMP

[cP

 

[c°

 

der]

それ。REL

[IP

 

__1

 

ヴィル

意思

読む

読む

デン

これ

彼女

ここ

沼地]]]]。

言語の勉強をもっとしたい…[cP OP1 [c° som] [cP [c° at] [cP [c° der] [IP __1 vil læse den her bog]]]]。

言語学者がこの本を読むことはわかっています

(3)イ

ピーター

ポスト

[cP

[c°

で]

[CP

詳細

彼女1

[C°

クンネ

ハン

ゴール

__1

メゲット

ベッドレ

Peter påstod [cP [c° at] [CP det her1 [C° kunne] han gøre __1 meget bedre]]

ピーターは、これならもっとうまくできると主張した[22]

補語は確かに節の始めに積み重ねられ、DPの補語として機能します。右側のCP再帰構造は各節に適用されており、デンマーク語で補語が積み重ねられている証拠を示しています。さらに、 (3a)のderでのsomの組み合わせは特定の順序でのみ可能であり、研究者はs omのSpec-CP位置に空演算子を必要としない可能性があると信じるに至りました[22]

さまざまな言語で

アッシリア新アラム語

現代アラム語であるアッシリア新アラムではkat方言によってはqat )は補語として使用され、相対語と関連しています。日常会話ではあまり一般的ではありませんが、フォーマルな会話ではよく使用されます。

ヘブライ語

ヘブライ語(現代語と古代語の両方)には、2つの補語が共存している。[24] שֶ [ʃe]は相対語 asher(<アッカド語 ashru「場所」)および/または代名詞セム祖語dhu (「これ」)に関連している。כִּי [ki] は「なぜなら、いつ」を意味する接続詞としても使用される。現代の用法では、後者はより正式な文章のために予約されている。

アメリカの手話

アメリカ手話には手話補語もいくつか存在するが、通常は手話ではなく顔の表情で表現される。例えば、条件節は眉を上げることで示される。手話補語が使用される場合、顔の表情も伴う。[25]補語を手話以外で示すことは多くの手話で見られる一般的な現象であり、ファビアン・ブロスによって、Cカテゴリーは手話では普遍的に顔で示されると示唆されたことさえある。[26]

参照

参考文献

  1. ^ 1995年に販売。
  2. ^ 石原2021、1頁。
  3. ^ ブゲンハーゲン 1991、270ページ。
  4. ^ Boye、van Lier、Theilgaard Brink 2015、p. 13.
  5. ^ de Cuba 2018、p. 32–1–13.
  6. ^ ローデ、タイラー、カールソン 2017、53ページ。
  7. ^ ビョルクマン2013、391-408頁。
  8. ^ abcd Sportiche、Koopman&Stabler 2014年。
  9. ^ Sportiche、Koopman & Stabler 2014、96ページ。
  10. ^ abc Boye、van Lier、Theilgaard Brink 2015、p. 1~17.
  11. ^ ヌーナン1992年、220ページ。
  12. ^ ヌーナン1992、220、227頁。
  13. ^ Nordström & Boye 2016、p.131-174より引用。
  14. ^ Nordström & Boye 2016、8ページ。
  15. ^ Bugenhagen 1991、226ページを参照。
  16. ^ Boye、van Lier、Theilgaard Brink 2015、p. 15.
  17. ^ ホフリング&テスクン 2000、496、495頁。
  18. ^ ab Boye、van Lier、Theilgaard Brink 2015、p. 3.
  19. ^ ホフリング&テスクン 2000、495、506頁。
  20. ^ abc Boye、van Lier、Theilgaard Brink 2015、p. 9.
  21. ^ Nyvad、Christensen、Vikner 2017、p. 451.
  22. ^ abc Nyvad、Christensen、Vikner 2017、p.463-464。
  23. ^ Nyvad、Christensen、Vikner 2017、p. 453.
  24. ^ ザッカーマン2006、79-81頁。
  25. ^ リデル 1980年。
  26. ^ ブロス2020年。
  • Nyvad, Anne Mette; Christensen, Ken Ramshøj; Vikner, Sten (2017-01-01). 「デンマーク語の CP 再帰: cP/CP 分析」.言語レビュー. 34 (3). doi :10.1515/tlr-2017-0008. ISSN  0167-6318. S2CID  171704958.
  • Boye, Kasper; van Lier, Eva; Theilgaard Brink, Eva (2015-09-01). 「認識論的補語: 言語間調査」.言語科学. 51 : 1–17. doi :10.1016/j.langsci.2015.04.001. ISSN  0388-0001 – Elsevier Science Direct 経由.
  • Nordström, Jackie; Boye, Kasper (2016-07-11). 「ゲルマン語における補語意味論」.ヨーロッパ言語における補語意味論. De Gruyter. doi :10.1515/9783110416619-007. ISBN 9783110416619
  • Noonan, Michael (1992).ランゴ語の文法. ムートン文法図書館. 第7巻. Walter de Gruyter. doi :10.1515/9783110850512. ISBN 9783110129922
  • ホフリング、チャールズ・アンドリュー、テスクン、フェリックス・フェルナンド(2000年)。イツァジ・マヤ文法。ソルトレイクシティ:ユタ大学出版局。ISBN 978-1-60781-218-0. OCLC  812924896.
  • Bjorkman, Bronwyn M. (2013)。「実用的なパズルに対する統語的回答:非対称と」。Folli, Raffaella、Sevdali , Christina、Truswell, Robert (編)。統語論とその限界。doi :10.1093/acprof:oso/9780199683239.003.0019。ISBN 9780199683239
  • Bugenhagen, Robert D. (1991). Mangap-Mbula の文法: パプアニューギニアのオーストロネシア語族 (博士論文). doi :10.25911/5d723a51866ce.
  • スポルティッシュ、ドミニク、クープマン、ヒルダ・ジュディス、ステイブラー、エドワード・P (2014)。統語分析と理論入門。ホーボーケン:ジョン・ワイリー・アンド・サンズ社。ISBN 9781118470480
  • Zuckermann, Ghil'ad (2006)。「イスラエル語の補語節の種類」。RMW Dixon著、Alexandra Y. Aikhenvald編著。『相補性: 言語間類型論』。オックスフォード: オックスフォード大学出版局。
  • Rohde, Hannah; Tyler, Joseph; Carlson, Katy (2017). 「形態と機能: オプションの補語は因果推論を減らす」. Glossa (ロンドン) . 2 (1). doi : 10.5334/gjgl.134 . ISSN  2397-1835. PMC  5552188 . PMID  28804781.
  • de Cuba, Carlos (2018-03-03). 「補完的な話し方と密接な同格構造」。アメリカ言語学会紀要。3 ( 1)。doi : 10.3765 / plsa.v3i1.4320。ISSN 2473-8689  。
  • 石原由紀(2021年9月)「日本語の語根補語「って」」PDF)日本語・韓国語学研究28
  • セルズ、ピーター(1995)。「語彙の観点から見た韓国語と日本語の形態論」。言語的調査。26 (2):277–325。ISSN  0024-3892。JSTOR 4178898  。
  • リデル、スコット K. (1980)。アメリカ手話構文。ハーグ: De Gruyter Mouton。doi :10.1515/9783112418260。
  • Bross, Fabian (2020). ドイツ手話の節構文: 地図学的アプローチ(PDF) 。ベルリン: Language Science Press。 2022年11月25日時点のオリジナル(PDF)からアーカイブ。

COMP:complementizer A:set A person marker ITS:incompletive transitive status CTS:completive transitive status COMPL:completive aspect ABST:abstract ABIL:abilitive INDIR:indirect (object)

Retrieved from "https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Complementizer&oldid=1217245987"