動物の商品状態

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
リニエルス牛市場、ブエノスアイレス、アルゼンチン、2009年

動物の商品的地位は、ほとんどの非人間動物、特に飼育動物使役動物、スポーツ動物の所有物としての法的地位、およびそれらの貿易対象としての使用です。[1] [2] [3] [n 1]米国では、自由に歩き回る動物ferae naturae)は(広く)国によって信頼されています。捕獲された場合にのみ、動産として主張することができます[a] [6]

商品と見なされる動物は、購入、販売、譲渡、遺贈、殺害、および商品生産者として使用される場合があります。肉、卵、牛乳、毛皮、羊毛、皮、子孫などの生産者です。[7] [8]動物の交換価値は、生活の質に依存しません。[9]

家畜の商品状態はオークションヤードで明らかであり、バーコードがタグ付けされ、年齢、体重、性別、繁殖歴などの特定の品質に従って取引されます。[10] [11] [n 2]

商品市場では、動物や動物製品は、採掘される金や銅などの硬い商品とは対照的に、栽培されているため、コーヒーや砂糖などの商品とともに柔らかい商品に分類されます。[12] [n 3]

研究者は、動物を人間による商品として見ることを種差別の現れとして特定しています20世紀 ビーガンおよび動物の権利運動、主に奴隷制度廃止論者のアプローチは、動物の商品または財産の地位を排除することを求めています。

歴史と法

動物は、所有されている場合、個人資産(不動産/不動産に添付されていない動産)として分類されます[n 4]という言葉は、フランス語のcheptelまたは古フランス語chatel、または私物に由来します。[15]

歴史家のジョイス・E・ソールズベリーは、人間と動物の関係は常に支配の観点から表現され、動物は家畜化されることで財産になるという考えを書いています。彼女は、聖アンブローズ(340–397)は、神が野生動物を支配し、人類が残りを支配したという見解を持っていたと述べています。セビリアのイシドールス(560–636)は、トマス・アクィナス(1225–1274)と同様に、家畜化された動物の用語である「牛」と「獣」または野生動物を区別しました。[16]

イギリスの法律家ウィリアム・ブラックストン(1723–1780)は、イギリス法釈義(1765–1769) で、家畜について次のように書いています。

(馬、キネ[牛]、羊、家禽などのように)飼いならされた家畜のようなものでは、人は他の無生物と同じくらい絶対的な財産を持っているかもしれません...これらは彼の中で永続的に続くからです職業であり、偶然または不正な資格がない限り、彼の家または人から外れることはありません。その場合、所有者は彼の財産を失うことはありません...」[17]

野生動物はすべての人、または州に共通しており、捕獲された場合にのみ個人の所有物になることができるということは、「動物の広獣類」の教義として知られています。[6]ブラックストーンは野生動物について、「財産の対象ではないか、または私たちの他の部門、つまり、その性質上ないような資格のある、限定された、または特別な財産の部門に分類される」と書いています。恒久的ですが、時には存続することもあれば、存続しないこともあります。」[18]

感性

18世紀にフランスに輸入された野生動物について書いている歴史家のルイーズ・ロビンズは、「物事の文化的伝記」は、動物が「商品の状態に出入りし、さまざまな人々のためにさまざまな価値観を持っている」ことを示していると書いています彼らの家からパリの街まで。[19]社会学者のローダ・ウィルキーは、「感性商品」という用語を使用して、人間が動物と関係を形成するかどうかに応じて、商品としての動物の概念がどのように変化するかについてのこの見方を説明しました。[20]地理学者のローズマリー・クレア・コラードとジェシカ・デンプシーは、「活気のある商品」という用語を使用しています。[2]

政治学者のサミ・トルソネンは、動物に対する世間の関心のために、動物福祉自体が1990年代からコモディティ化されてきたと主張しています。Torssonenが「販売」と呼ぶ「科学的に認定された福祉製品」は、他の商品と同様に競争の対象となる「商品チェーンのさまざまなポイントで生産および販売可能」です。[21]社会科学者のジェイシー・リース・アンシスは、動物や人間が商品化されないという内在的な権利はないが、残酷または悪質なものだけでなく、動物の商品化に反対する強い実際的な理由があると主張している。[22]

人間以外の動物の商品化は、動物産業複合体の主な影響の1つです。Meneka Repkaは、 『Education for Total Liberation 』の中で、 Barbara Noskeが、食料システムにおける非人間動物の商品化は、人間、非人間、および環境。[23]リチャード・トワインは、「官能的な物質的な喜びとして動物性食品の消費を構築する際に、マーケティング、広告、および風味操作を通じて企業の影響力が直接的な関心を持っていた」と述べています。[23]

も参照してください

メモ

  1. ^ David N. Cassuto(ペース法科大学院教授)、2009年:「これらの[農民と動物]の関係は、必ずしも収穫量を最大化するわけではなく、動物の商品の究極の現実としても、一連の規範的なガイドラインに基づいていました。ステータスは必然的にその絆に非現実感を吹き込みました。」[4]

    サマンサヒルヤード(ダラム大学社会学の読者)、2007年:「FMD(口蹄疫)の「経済的」疾患(純粋に動物の健康ではなく、経済的および経済的理由で管理されている疾患)としての構築福祉の懸念)認識された動物の商品の状態。」[5]

  2. ^ ローズマリー・クレア・コラード、キャサリン・ギレスピー、2015年:「人間以外の動物は、商品として交換され、新しい商品の生産に使用されるオークションヤードのスペースでさまざまな身体的管理モードにさらされます。...飼育動物、バーコード#743の牛のように、商品生産者(繁殖、牛乳生産、精液生産など)として、また商品自体(「肉」のために屠殺されるなど)として使用するためにオークションで売買されます。」[7]
  3. ^ 商品先物取引を規制する米国商品取引所法は、商品を定義しています「小麦、綿、米、トウモロコシ、オート麦、大麦、ライ麦、亜麻仁、穀物ソルガム、ミルフィード、バター、卵、大豆(アイルランドのジャガイモ)、羊毛、羊毛のトップ、油脂(ラード、獣脂、綿実を含む)油、ピーナッツ油、大豆油、およびその他すべての油脂)、綿実ミール、綿実、ピーナッツ、大豆、大豆ミール、家畜、畜産物、冷凍濃縮オレンジジュース、および玉ねぎを除くその他すべての商品および物品(このタイトルのセクション13–1によって提供される)および映画ボックスオフィスの領収書(またはそのような領収書に関連するインデックス、メジャー、値、またはデータ)、およびすべてのサービス、権利、および利益(映画ボックスオフィスの領収書、または将来の配達のための契約が現在または将来取り扱われる、そのようなレシートに関連するインデックス、メジャー、値、またはデータ)。」[13]
  4. ^ 財産の4つのカテゴリーは、個人財産(動産、動産)、不動産(土地および備品)、知的財産(著作権など)、および文化的財産(国定記念物など)です。[14]

脚注

  1. ^ ただし、米国では絶滅危惧種の捕獲が禁止されている可能性があります

参照

  1. ^ Rhoda Wilkie、「感性商品としての動物」、Linda Kalof(ed。)、 The Oxford Handbook of Animal Studies、Oxford University Press(近日公開、Wilkieの記事、2015年8月)。土井 10.1093 / oxfordhb / 9780199927142.013.16
    Rhoda Wilkie、「Sentient Commodities:The Ambiguous Status of Livestock」、家畜/デッドストック:ペンシルベニア州フィラデルフィア、 誕生から虐殺までの家畜の取り扱い:Temple University Press、2010年、 115〜128ページ176〜177
    Gregory R. Smulewicz-Zucker、「The Problem with Commodifying Animals」、Gregory R. Smulewicz-Zucker(ed。)、Strangers to Nature:Animal Lives and Human Ethics、Lanham、MD:Lexington Books、2012、  pp。157– 175 [永久デッドリンク]

    そのコンパニオンアニマルは商品です、Lori GruenEthics and Animals、ニューヨーク:Cambridge University Press、2011年、p。 156

  2. ^ a b Rosemary-Claire Collard、Jessica Dempsey、「Life for Sale?The Politics of Lively Commodities」Environment and Planning、45(11)、2013年11月。doi10.1068 / a45692
  3. ^ 「国連商品貿易統計データベース」、国連ComTrade。

    「健康基準:商品ベースのアプローチ」、OiE、国際獣疫事務局。

  4. ^ David N. Cassuto、「Owning What You Eat:The Discourse of Food」、J。Ronald Engel、Laura Westra、Klaus Bosselman(eds。)、 Democracy、Ecological Integrity and International Law、Newcastle upon Tyne:Cambridge Scholars Publishing、 2009年、p。 314 ; 306〜320ページも参照してください 
  5. ^ サマンサヒルヤード、農村生活の社会学、バーグ、2007年、p。70
  6. ^ a b Joan E. Shaffner、動物と法の紹介、Palgrace Macmillan、2001年、19〜20ページ。
  7. ^ a b Rosemary-Claire Collard、Kathryn Gillespie、「Introduction」、Kathryn Gillespie、Rosemary-Claire Collard(eds。)、Critical Animal Geographies、London:Routledge、2015年、p。 2
  8. ^ Francione 2004、p。116。
  9. ^ Cassuto 2009、p。 314
  10. ^ Wilkie 2010、  pp。73ff 79–81
  11. ^ キャサリン・ギレスピー、「非人間的な動物の抵抗と生き物の不正」、 Irus Braverman(ed。)、 Animals、Biopolitics、Law、Abingdon、Oxon:Routledge、2015年、  117〜118ページ。「商品としての動物」のセクションも参照してください。 121ff
  12. ^ Patrick Maul、 Investing in Commodities、ハンブルク:Diplomica Verlag GmbH、2011年、p。 8、表c。
  13. ^ 商品取引所法、合衆国法典§1a-定義、コーネル大学ロースクール。
  14. ^ Shaffner 2001、p。20。
  15. ^ Wilkie 2010、  pp。115–116 ; 「動産」、リーガルインフォメーションインスティテュート、コーネル大学ロースクール。
  16. ^ ジョイス・ソールズベリー、内なる獣:中世の動物、ラウトレッジ、2012年[1994]、p。 10、13〜15
  17. ^ ウィリアム・ブラックストン、英国法釈義、第1巻、キャラハン、1884 [1765–1769]、p。 389、Wilkie 2010、p。 116
  18. ^ Blackstone 1884、p。390
  19. ^ Louise E. Robbins、象の奴隷と甘やかされたオウム:18世紀のフランスにおけるエキゾチックな動物とその意味、ウィスコンシン大学-マディソン、1998年、p。10.10。
  20. ^ Wilkie 2010、p。 115ff
  21. ^ Sami Torssonen、「販売:ガバナンスとしての家畜福祉商品化の歴史」、71(1)、2015年秋。
  22. ^ リース、ジェイシー(2018年11月16日)。「人道的な肉や卵のようなものはありません。冗談を言うのはやめてください」ガーディアン2020年5月17日取得
  23. ^ a b Repka、Meneka(2019)。完全解放のための教育:重要な動物教育学と種差別に対する教育過激な動物研究と完全解放(1版)。ニューヨーク:ピーターラング。土井10.3726/b14204ISBN 978-1-4331-5789-9

さらに読む

外部リンク
本、論文
  • ペダーセン、ヘレナ; Staescu、Vasile。「結論:批判的動物研究の将来の方向性」、ニック・テイラー、リチャード・トワイン(編)、批判的動物研究の台頭:マージンからセンターまで、ロンドン:ラウトレッジ、2014年、262〜276ページ。
  • フランシオン、ゲイリー動物、財産および法律、ペンシルベニア州フィラデルフィア:テンプル大学出版局、1995年。
  • リチャーズ、ジョンF. ワールドハント:動物の商品化の環境史、カリフォルニア大学出版、2014年。
  • シュタイナー、ゲイリー動物とポストモダニズムの限界、ニューヨーク:コロンビア大学出版、2013年。