複合承認投票

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

複合承認投票CAV)は、各有権者が各候補者に対して承認、不承認、または無関心を表明できる選挙制度です。[1]勝者は最も承認された候補者です。

これは基本的なシステムであり、スコア承認投票のバリエーションであり、不承認投票[2] [3] バランスの取れた承認投票BAV)、[4] [5] 棄権オプション付きの承認AWAO)、[ 6] 真の重み投票TWV1)、[7] [8]または評価投票EV[9](ただし、後者は3つ以上の値を持つバリアントにも使用できます。)これは、ネット承認投票[ 10][11] [12] (ただし、この用語は、承認に基づく委員会の選択の文脈では異なる定義を持っています[13] [14]

手順

空白を棄権として扱い、2人の候補者への支持、2人の候補者への反対、1人からの棄権を示す投票用紙。

投票用紙には候補者のリストが含まれており、それぞれの横に「承認」/「不承認」/「棄権」、「賛成」/「反対」/「中立」などの3つのオプションがあります。[2] 投票用紙は、候補者の空包が「無関心」票として採点されることを警告しています。[2] 有権者は各候補者の意見を表明し、賛成=+1および反対=-1で投票が合計されます。スコアが最も高い候補が勝者です。

「承認」/「不承認」の2つのオプションで投票用紙を使用し、空白を棄権として扱うこともできます。[15]

不承認が不承認または無関心を意味する可能性がある承認投票とは異なり、CAVは不承認の明示的な表現を許可します。これにより、投票率が向上し、投票率の低下や投票用紙の無効化、および実行不可能な候補者への不誠実な投票が減少します。[2] 一部の管轄区域では、すべての候補者の不承認を表す「上記のいずれでもない」オプションが許可されていますが、特定の候補者の不承認を許可する投票用紙は他の点ではまれです。[2] [3]

歴史

CAVは何度も独自に発明されてきました。もともとは1989年にDanFelsenthalによって提案されました。[1] ClaudeHillingerは、2004年に「EvaluativeVoting」という名前で同じ概念を導入しました。[9] AlcantudとLaruelleは、2016年に「Dis&approvalvoting」という名前を付けました。[2] [16]

プロパティ

これは数学的に3レベルの採点投票と同等であるため、[17]同じ特性を共有します。たとえば、有権者が自分の正直なお気に入り(お気に入りの裏切り基準)を承認することは常に安全です。[9]

(-1、0、+ 1)スケールは数学的に(0、1、2)スケールと同じですが、2つの間に心理的な違いがあり、負の評価が導入されています(中間のスコアブランクの変更と組み合わせて)最低成績ではなく成績)は、候補者が各システムで受け取るスコアを変更します。2012年のフランスの有権者の調査によると、最高評価の候補者はどちらのシステムでも同じであり、「排他的」(分極化)候補者の成績は比較的変化していませんが、「包括的」(広く)のスコアはわずかに増加しました。 -好きな)候補者、およびあまり知られていない候補者のスコアの大幅な増加。[18]

他の採点投票スケールとは異なり、CAVは、投票イニシアチブの賛成/反対の投票を処理できる既存の投票マシンと互換性があります。[15]

参照

  1. ^ a b Felsenthal、Dan S.(1989)。「承認と不承認投票の組み合わせについて」。行動科学34(1):53–60。土井10.1002/bs.3830340105ISSN0005-7940 _ k人の候補者...CAVに基づく各有権者はk票を持ち、各候補者に関して、この候補者に賛成1票を投じるか、この候補者に1票を投じるか、この候補者への投票を控えることができます。CAV投票の結果は、正味投票総数が最大の候補者です(賛成票と反対票の代数和)
  2. ^ a b c d e f Alcantud、JoséCarlosR .; ラリュエル、アニック(2013-09-06)。「不承認投票:特徴づけ」。社会的選択と福祉43(1):1–10。土井10.1007/s00355-013-0766-7hdl10366/127275ISSN0176-1714_ 3つのレベルの解釈は次のとおりです。1は承認、0は無関心、棄権、または「わからない」を意味し、-1は不承認を意味します。...賛成票数と反対票数の差が最も大きい候補者を選択する「不承認ルール」を調査します。
  3. ^ a b 「承認するかしないか:これは問題ではありません-マッピングの無知」マッピングの無知2018年6月27日取得
  4. ^ 「少ないほうがいいのか?」反対票協会2018-01-22 2020-02-28を取得合計は候補者ごとに計算され、勝者は正味投票数が最大の候補者です。
  5. ^ コーエン、ポール(2014-05-29)。「記事:最高の投票システムは何でしょうか?」OpEdNews2018年6月16日にオリジナルからアーカイブされまし2020-02-28を取得候補者の賛成票反対票が集計され、各候補者の正味投票が差として計算されます
  6. ^ 「すべてへの答えのハイライト」AnswersToEverything2020年4月8日2020年4月11日取得各候補者の承認から不承認が差し引かれ、正味承認のマージンが最も高い候補者が勝ちます。
  7. ^ ミネット、ロイA.(2020-02-19)。「後続の選挙シミュレーションは決定的な提案につながる」(PDF)p。3. TWV1では、投票者は-1、0、および+1の3つのスコア値のみを許可します。
  8. ^ ミネット、ロイA.(2019-11-23)。「選挙シミュレーションは投票方法に新たな光を当てる」(PDF)p。9.正の(または負の)合計が最も高い候補が勝者です
  9. ^ a b c クロード、ヒリンガー(2004-06-01)。「投票と判決の枢機卿の集約」epub.ub.uni-muenchen.de 2018年6月27日取得合計を最大化する代替案が勝ちます。...私は総選挙の3つの価値のある尺度を主張します。...スケール付き(-1(に対して)、0(ニュートラル)、+ 1(に対して))。専門家の委員会では、スケール(-2、-1,0、+ 1、+ 2)のより差別化されたルールEV-5が適切な場合があります。... EVの大きな利点は、有権者が最も好きな候補者から投票を取り下げる戦略的インセンティブがないことです。
  10. ^ cestith(2018-06-08)。「ネット承認投票とは何ですか?」ハッカーニュース2020-02-29を取得各候補者に賛成、反対、または中立に投票します。最も多くの承認から特定の不承認を差し引いた候補が勝ちます。
  11. ^ 「デモステネスのゲーム:おそらく方法」2020-02-29を取得投票用紙には、あなたが誰に賛成で、誰に反対するかという2行だけがあります。「賛成」と「反対」の投票の違いにより、候補者の正味承認投票が得られます。最高の正味承認投票が勝ちます。
  12. ^ クロノス、ドナルドアーサー(2011-12-08)。「より簡単な解決策-正味承認投票システム」Facebook 2020-02-29を取得任意の数の候補者の承認または不承認を示すことができます...承認を示すための加法混色投票および不承認を示すための減法混色投票として、最高の正味承認を示した候補者が勝者です。
  13. ^ Dey、Palash; ミスラ、ニールダーラ; ナラハリ、Y。(2015-11-13)。「外れ値の存在下での承認投票に基づく委員会の選択について」。arXiv1511.04190 [ cs.MA ]。
  14. ^ Faliszewski、Piotr; Slinko、Arkadii; タルモン、ニムロッド(2017-11-17)。「勝者の数が変動する複数の勝者の投票ルールの複雑さ」。arXiv1711.06641 [ cs.GT ]。
  15. ^ a b Ossipoff、Mike(2005年8月)。「MikeOssipoffによる採点投票の承認」RangeVoting.org2017年11月20日にオリジナルからアーカイブされました2018年6月27日取得0の評価を示すマークがない場合は、イニシアチブの投票で使用したのと同じ投票用紙とカウント機構を使用して-1,0,1を実装できます。この場合、イニシアチブのリストで「はい」または「いいえ」で投票できます。
  16. ^ ラルエル、アニック。「セルジー大学の研究プロジェクト-ポントワーズ-集団的意思決定」(PDF)
  17. ^ ウィリアム、パウンドストーン(2008)。投票の賭け:選挙が公平でない理由(そしてそれについて私たちができること)(第1版)。ニューヨーク:ヒルアンドワン。pp。248  _ ISBN 9780809048939OCLC156818830 _ 「評価投票」と呼ばれる3値システムが、DS Felsenthal、Claude Hillinger、およびMikeOssipoffによって提案されました。...数学的には、これは0、I、または2の投票を許可することと同じです。
  18. ^ バウジャード、アントワネット; Gavrel、Frédéric; イガースハイム、ヘラード; Laslier、Jean-François; レボン、イザベル(2018)。「有権者が評価投票で成績評価をどのように使用するか」政治経済学のヨーロッパジャーナル55:14–28。土井10.1016/j.ejpoleco.2017.09.006ISSN0176-2680_